カテゴリー

全件表示 (5298) 福袋 (12) 新入荷商品 (70) クリスマスフェア (115) お歳暮ギフトフェア (108) 祝 勤労感謝の日フェア (69) アウガルテン (89) アビランド (412) アラビア (4) ウェッジウッド (1174) エインズレイ (56) エルメス (143) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (26) スポード/ダッチェス (17) スワロフスキー (93) バカラ (267) ビレロイボッホ (8) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (60) ブルガリ・ローゼンタール (37) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (437) ボヘミア (66) ホヤ (18) マイセン (502) ミントン (44) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (893) その他 (1) 赤にわとり/ オロディドッチア (7) アクアレール / ストレッサー (15) イントラ/ ジオカルティン/ ジュエリー/ デルフィー (9) アガサブルーフラワー (31) アマデウスジャーダー&ブルー (27) アマデウス・トリオンフォ・イタリアーノ (12) アマデウスの唄 ジャーダー (18) アマデウスの唄 トラメ (18) アマデウスの唄 ブルー (21) アラゴスタ/ フィッシュデコー (13) アンティックローズ (8) アンティコ・エデン/ チェリー/ ミレーラ (16) イタリアンシーン(フィレンツェ) (14) イタリアンフルーツ (30) インペロフルーツ (13) ベッキオフルーツ(ペルージャ)/ ヴァル・ド・オルチャ (13) イヤー/ ナタールプレート (5) インペロカメリア (15) インペロジュリエッタ (18) インペロスカラ (8) インペロダイヤモンド (3) インペロミストラル (16) インペロメッシュ(ポルトフィノ) (5) インペロイェロー (12) インペログリーン (12) インペロブラック (21) インペロブルー (9) インペロロッソ (12) インペロ色々 (16) エルバ/ カプリ (7) オリエントエクスプレス (7) ガーデンローズ (8) カポデモンテ (4) カラーコレクション (2) グランデューカ (12) クリッパー (16) サボイア家 森の果実 (1) サンタマルガリータ/ 手作りの花 (2) ジオポンティ・ファンティニ・フィグレ・ムーゼ (4) ジャルディーノブルー (6) ジュビレオコレクション (22) シリウス座/ ヌヴォラアイリス (17) ヅッカ/ ボルドオロ (2) トスカーナ (13) パールブルー (2) ピノキオ (2) ピンク・ブルーのチューリップ/ りんごの花 (11) ファルダ / インテリアデザイン (7) ファルファッレフィオリータ (2) プリマヴェーラ (6) プリンセスローズ (11) ベッキオ・グレース (8) ベッキオ・ジェンマ(翡翠) (19) ベッキオ・フィオーリ(レバント) (11) ベッキオ・ホワイト (96) ベネチアンローズ (7) ボルドーブルー (10) ホワイトアイリス (2) ホワイト・アンティコ/ デダロ/ ヴェラ/ ラゴ (4) ボンジョルノストロベリー (3) ボンショルノチェリー (15) ボンジョルノプルーン (14) マルコポーロ・ブルー/ レッド (4) ミュージオ・クラシコ (16) ミュージオ・パストラーレ/ フィオッコ (14) ミュージオ・ドッチア/ ローマ (2) ミュラレス(壁画)  (1) メダイオン (20) ラベロ (36) ローズブルー (17) ロイヤルブルー (6) ロゼリーニ (6) リヤドロ (78) レイノー (5) ローゼンタール ロイヤルアルバート (64) ロイヤルウースター (27) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (434) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

リチャードジノリ > アマデウスの唄 ジャーダー

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー ベル 30%Off
    リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー ベル 30%Off
    15,120円
    本体価格: ¥20.000

    ミュージオ・ドッチア
    ジオ・ポンティ アマデウスシェイプ
    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ

    声楽家 クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金サイン・バックロゴ
    ギリシャ神話や アマデゥス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。 重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。本金は 古色が付きます。風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。

  • リチャードジノリ 【アマデウスの唄 ジャーダー 】 キャンドルスタンド H9cm 30%Off
    リチャードジノリ 【アマデウスの唄 ジャーダー 】 キャンドルスタンド H9cm 30%Off
    45,360円

    本体価格: ¥60.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。     


     十八世紀オーストリアで活躍したウィーン古典派の三巨匠(ハイドン、ベートーヴェン)の一人 作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト制作オペラ 『ポントの王ミトリダーテ』K.87は、3幕からなるオペラ。モーツァルトの最初のオペラ・セリアである。
    1770年に、14歳のモーツァルトはボローニャで、当時オーストリア領だったロンバルディア地方総督府長官フィルミアン伯爵からの依頼を受け、12月末には全曲が完成し、初演は12月26日にミラノ宮廷劇場において、モーツァルト自身の指揮によって行われ、大成功を収めたという。
    なお、このオペラの登場人物であるミトリダーテは、アナトリア半島のポントスの王ミトリダテス6世(紀元前120年 - 紀元前63年)のことである。ミトリダテス6世はローマ内部の抗争に乗じて小アジア一帯に勢力を広げると共に、ローマの東方における覇権に挑戦して3次にわたって戦火を交えた人物であった。 

    「ポントの王ミトリダーテ」2                       
    『ポントの王ミトリダーテ』

    第1幕

    黒海沿岸のポントスの王ミトリダーテは、ローマに対する戦役に出陣するに際して、結婚を約していたアスパージアを、2人の息子シーファレと兄ファルナーチェに託していた。そのミトリダーテが戦死したという報告が伝わり、かねてからアスパージアに対してよこしまな恋心を抱いていたファルナーチェは、その思いを遂げようとしてアスパージアに迫る。アスパージアは既に密かな愛を感じていたシーファレに対して保護を願う。ファルナーチェはアスパージアをはっきりと自分のものにしようと迫るが、彼女はこれを拒み、シーファレに助けを求める。2人は争うが、そこにニンフェアの領主であるアルバーテが来て、2人を押し留める。アルバーテは「ミトリダーテは生きていて、しかもニンフェアの港に帰ってきた」と告げる。2人は争いを止め、ミトリダーテを迎えようとする。だが、ファルナーチェはミトリダーテを裏切ろうとし、一方シーファレは父に従う気持ちを捨てなかった。つづいてローマの護民官であるマルツィオが登場し、ファルナーチェに対してローマ側に寝返るようにすすめる。
    場面は港の情景に転換し、ミトリダーテがファルナーチェの花嫁としてイズメーネを連れて船を降りてくる。シーファレとファルナーチェも父親を迎えにやって来る。イズメーネはファルナーチェとの再会にもあまり心が動かず、アルバーテに対してミトリダーテは、自分が故意に戦死の報告を流し、2人の息子のアスパージアに対する態度を知ろうとしたのであると打ち明ける。アルバーテが2人の王子のとった態度について報告すると、ミトリダーテはファルナーチェの行為に激怒し、シーファレの態度には一応安堵する。

    第2幕

    ファルナーチェとイズメーネとのやりとりで始まり、イズメーネはファルナーェの心変わりを責めるが、ファルナーチェは相変わらず冷たいままである。ミトリダーテはイズメーネに、息子だとしても容赦はしないと語る。つづいてミトリダーテとアスパージアとのやりとりがあり、彼は許婚がファルナーチェを愛していると思い込む。アスパージアはこの後、初めてシーファレに自分の思いを告白する。ミトリダーテが一同を呼ぶのを知って、アスパージアはシーファレを完全に避けようとする。
    場面が転換してミトリダーテの陣営となる。ミトリダーテとイズメーネ
    ミトリダーテ  イズメーネ

    ミトリダーテはイズメーネに、ファルナーチェはアスパージアによこしまな恋心を抱いているばかりか、敵国のローマに通じている裏切り者であると告げる。ミトリダーテは2人の息子を呼びつけ、ローマに対する戦争の続行と敵の本拠地であるローマを攻撃すると宣言する。しりごみするファルナーチェ、進んでローマへの攻撃を自分に任せるよう進み出るシーファレ。ローマの護民官マルツィオの出現にミトリダーテは激怒し、マルツィオを追いやる。父の怒りに触れたファルナーチェは、弟シーファレこそアスパージアの恋の相手であると暴露する。ミトリダーテは驚愕し、事実を確かめるべくシーファレをテントの陰に隠れさせ、アスパージアに罠をかける。彼女は罠に気付かずに、自分が愛しているのはファルナーチェではなくシーファレであると告白してしまう。事実を知ったミトリダーテは復讐を誓う。残されたアスパージアとシーファレは互いに自分の死を求め、やがて一緒に自殺しようと考える。
    第3幕
    架空庭園にミトリダーテが姿を現し、つづいてイズメーネに付き添われて来たアスパージアが登場する。ミトリダーテは自分を裏切った2人の息子を殺す決意を述べる。イズメーネはミトリダーテを諭し、アスパージアはシーファレの消息を尋ね、ミトリダーテはやはり自分の妃となって欲しいと乞う。これを拒むアスパージアも自分の復讐の生贄にしようというミトリダーテの前にアルバーテが駆けつけ、ローマ軍が上陸し、ミトリダーテの軍勢が潰走したと報告する。ひとり残されたアスパージアには毒の入った杯が届けられる。杯を飲み干そうとする瞬間、シーファレが兵士たちと登場して飲むのを止めさせる。自分はミトリダーテと共に戦争に行くと語って、兵士にアスパージアを託したシーファレは、自分はもうこうした人生に疲れたと歌う。
    場面がニンフェアの城壁に通じる塔の内部に転換し、ファルナーチェは鎖に繋がれている。マルツィオがローマ兵と共に登場して、ファルナーチェを解放する。しかしファルナーチェは良心の呵責に苛まれる。


    「ポントの王ミトリダーテ」
    再び場面はニンフェアの王宮の大広間に変わり、負傷したミトリダーテが運ばれて来るが、シーファレとアルバーテが付き添っている。ミトリダーテは自分の死を覚悟し、シーファレの忠誠心と勇気の証人になったことを喜ぶ。アスパージアが登場すると、ミトリダーテは彼女をシーファレに委ねる。そこにファルナーチェとイズメーネも姿を現すが、イズメーネはファルナーチェもローマ軍を撃破し、その軍艦に火を放った忠誠心の持ち主であると告げる。ミトリダーテは彼を許し、こうしてシーファレとアスパージア、ファルナーチェとイズメーネは結ばれ、ミトリダーテは心安らかに息絶える。そしてポントをはじめとする東方の国々は、ローマに屈服することなく戦い続けることを誓う。


    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    アマデウスシェープ アール・デコ様式

    ミュージオ・ドッチア (ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ) 付け忘れ


    ジオ・ポンティ原型 
    建築家としても知られた アート・ディレクターの 
    ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名


    声楽家・デザイナー クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 (金サイン・バックロゴ) 付け忘れ

    アマデウス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。 

    手塗 銅板転写 ハンドトランスファー 手描き金彩

    重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。


    本金は 古色が付きます。
    風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。


    お店で アマデウスの唄・ジャーダーを 見たお客さんが 言われます。

    美しいですね。明るい翡翠色ですね。


    私は お答えします。

    コレはよく お部屋の飾りとして 買われます。
    ジノリ 中興の祖 ジオ・ポンティ造型に ヴィオラさん原画の 手工芸・美術品です。
    それにしても 二人の巨匠による この逸品を 
    美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 両巨匠のお眼眼と 一体です。      


    類稀な 美貌と知性の女性は 鄙に生まれながら 自らの運命に従い 皇帝の妃に。
    生まれながら 王家の姫は 運命られし縁に 時の王妃へと。


    「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」コチラをクリック してください。

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。

    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。

     


  • リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー 36cmオーバルケーキプラター 30%Off
    リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー 36cmオーバルケーキプラター 30%Off
    66,528円

    本体価格: ¥88.000

    小さい写真をクリックすると拡大します。


    『後宮からの誘拐』K.384は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1782年に作曲した三幕からなるドイツ語オペラである。
    クリストフ・フリードリヒ・ブレッツナーが前年に発表した戯曲「ベルモンテとコンスタンツェ」を、ゴットリープ・シュテファニーが改作したものによる(ただし、シュテファニーはブレッツナーに無断で改作して曲を付けさせたため、ブレッツナーから激しく抗議された)。オペラの筋は、主人公ベルモンテが召使ペドリッロの助けを借りながら、恋人のコンスタンツェをトルコ人の太守セリムの後宮(ハレム)から救い出すというもの。モーツァルト五大オペラ 『後宮からの誘拐』、『フィガロの結婚』、『ドン・ジョヴァンニ』、『コジ・ファン・トゥッテ』、『魔笛』のひとつとして高い人気を誇る。中ではもっとも若い時期の作であり、溌剌としたリズムと親しみやすいメロディにあふれ、標準的な台詞をふくめた上演時間もやや短めである。
    オーストリア皇帝ヨーゼフ2世の依頼により作曲された。1781年7月30日にステファニーから台本を受け取ったのちに作曲を開始した。同年9月にウィーンを訪問するロシアの大公の歓迎式典で演奏される予定だったが、大公の訪問が11月に延期されたうえ別の曲が使われることになったため、モーツァルトは曲の構成を練り直して翌1782年5月19日に完成。そして7月16日、ウィーンのブルク劇場で初演された。モーツァルトは前年に故郷のザルツブルクからウィーンに移住したばかりであったが、初演の成功によりウィーンでの名声を確立した。このオペラは、ブルク劇場でドイツ語オペラを成功させるという、皇帝の長年の望みを果たすものであった。それ以前にこの劇場で成功したドイツ語オペラは、外国語作品の模倣や翻訳によるものだけだったのである。
    このオペラは、ジングシュピールと呼ばれるジャンルに属する。劇はセリフによって進行し、レチタティーヴォを欠いている。気楽な娯楽作品であり、モーツァルトの後期のオペラのような深い人物造形や深刻な側面はない。「エキゾチックな」トルコ文化の流行を反映しているのが特徴である。


    コンスタンツェとセリム太守 絵画


    第1幕
    ベルモンテは婚約者コンスタンツェを探している。コンスタンツェはイギリス人の女中ブロンデとともに海賊の手に落ち、太守セリムに売られたのだった。太守の家来オスミンが庭にイチジクを摘みにやってくるが、ベルモンテのあいさつを無視する。ベルモンテは召使ペドリッロの情報を聞き出そうとする。オスミンは怒り出す。ベルモンテはペドリッロと再会し、コンスタンツェを誘拐することにする。イェニチェリ(オスマン帝国常備歩兵軍団)の合唱に伴われて、セリムがコンスタンツェと登場する。コンスタンツェはセリムの求愛を拒む。ペドリッロの勧めによって、セリムはベルモンテをイタリアの建築家として雇う。しかし、オスミンはベルモンテを王宮に入れようとしない。
    第2幕
    ブロンデはオスミンの荒っぽい求愛を拒絶する。コンスタンツェは悲嘆に暮れながらブロンデを迎える。セリムは暴力を使うと脅すが、コンスタンツェは苦痛も死も恐れないと答える。ペドリッロは恋人のブロンデに会い、ベルモンテが来て逃亡の用意をしていることを伝える。ブロンデは大喜びする。ペドリッロはオスミンを誘って酒を飲ませ、眠らせようとする。この作戦は成功し、ベルモンテはコンスタンツェと再会する。ベルモンテとペドリッロは、コンスタンツェとブロンデの貞節を疑うが、誤解が解けて和解する。
    第3幕
    ベルモンテとペドリッロがはしごを持って庭にやってくる。ベルモンテはコンスタンツェを連れ出すことに成功するが、ペドリッロがブロンデと逃げ出そうとするときにオスミンに捕まる。ベルモンテとコンスタンツェも衛兵に連行される。セリムはベルモンテが仇敵の息子であると知り、死刑を命令しようとする。しかし、セリムは二人の悲嘆を聞いて改心し、全員を釈放する。残忍な処刑を楽しみにしていたオスミンはろうばいする。


    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが 
    お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    アマデウスシェープ アール・デコ様式


    ミュージオ・ドッチア
    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    ジオ・ポンティ原型 
    建築家としても知られた アート・ディレクターの 
    ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名


    声楽家・デザイナー クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金サイン・バックロゴ
    アマデウス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。 
    手塗 銅板転写 ハンドトランスファー 手描き金彩
    重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。


    本金は 古色が付きます。
    風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。


    お店で アマデウスの唄・ジャーダーを 見たお客さんが 言われます。
     美しいですね。明るい濃紺色ですね。

     

    私は お答えします。
    コレはよく お部屋の飾りとして 買われます。
    ジノリ 中興の祖 ジオ・ポンティ造型に ヴィオラさん原画の 手工芸・美術品です。
    それにしても 二人の巨匠による この逸品を 
     美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 両巨匠のお眼眼と 一体です。      


    類稀な 美貌と知性の女性は 鄙に生まれながら 自らの運命に従い 皇帝の妃に。
    生まれながら 王家の姫は 運命られし縁に 時の王妃へと。


    <a href="http://einsshop.blog43.fc2.com/blog-entry-10490.html" target="_blank" title="「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」コチラをクリック">「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」コチラをクリック</a> してください。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。



  • リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー ペッパー H4cm 30%Off
    リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー ペッパー H4cm  30%Off
    18,144円

    本体価格: ¥24.000

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱い中古品ですが アインのは ピカピカの 新品です。

    アマデウスシェープ アール・デコ様式

    ミュージオ・ドッチア
    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    ジオ・ポンティ原型 
    建築家としても知られた アート・ディレクターの ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名

    声楽家 クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金略サイン・バックロゴ

    ギリシャ神話や アマデゥス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。

    手塗 手描き金彩

    重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。

    本金は 古色が付きます。風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。

  • リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー ソルト H4cm 30%Off
    リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー ソルト H4cm  30%Off
    18,144円

    本体価格: ¥24.000

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品ですが アインのは ピカピカの 新品です。

    アマデウスシェープ アール・デコ様式

    ミュージオ・ドッチア
    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    ジオ・ポンティ原型 
    建築家としても知られた アート・ディレクターの ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名

    声楽家 クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金略サイン・バックロゴ

    ギリシャ神話や アマデゥス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。

    手塗 ハンドトランスファー  手描き金彩

    重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。

    インペロシェープに この絵柄を絵付けしたのが アマデウスジャーダー

    今時の アルミ粉末に金色着色したものと違って 本金は 古色が付きます。風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。


  • リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー ポット 1.1L 30%Off
    リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー ポット 1.1L 30%Off
    102,060円
    本体価格 ¥135.000

    写真をクリックすると ドッチア窯 金サインロゴが見られます。

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが アインのは ピカピカの 新品です。

    アマデウスシェープ アール・デコ様式

    ミュージオ・ドッチア
    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    ジオ・ポンティ原型 
    建築家としても知られた アート・ディレクターの ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名

    声楽家 クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金サイン・バックロゴ

    ギリシャ神話や アマデゥス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。

    手塗 ハンドトランスファー 手描き金彩

    重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。

    インペロシェープに この絵柄を絵付けしたのが アマデウスジャーダー

    今時の アルミ粉末に黄色着色したものと違って 本金は 古色が付きます。風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。

  • リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー シュガー 300cc 30%Off
    リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー シュガー 300cc  30%Off
    37,800円
    本体価格: ¥50.000

    写真をクリックすると ドッチア窯 金サインロゴが見られます。

    アンティック ヴィンテージの世界ですが アインのは ピカピカの 新品です。

    アマデウスシェープ アール・デコ様式

    ミュージオ・ドッチア
    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    ジオ・ポンティ原型 
    建築家としても知られた アート・ディレクターの ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名

    声楽家 クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金サイン・バックロゴ

    ギリシャ神話や アマデゥス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。

    手塗 手描き金彩

    重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。

    今時の アルミ粉末に黄色着色したものと違って 本金は 古色が付きます。風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。

  • リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー クリーマー 30%Off
    リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー クリーマー 30%Off
    30,240円
    本体価格: ¥40.000

    写真をクリックすると ドッチア窯 金サインロゴが見られます。

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが アインのは ピカピカの 新品です。

    シャーダー 翡翠

    アマデウスシェープ アール・デコ様式

    ミュージオ・ドッチア
    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    ジオ・ポンティ原型 
    建築家としても知られた アート・ディレクターの ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名

    声楽家・デザイナー クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金サイン・バックロゴ

    ギリシャ神話や アマデゥス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。

    手塗 ハンドトランスファー 手描き金彩

    重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。

    今時の アルミ粉末に黄色着色したものと違って 本金は 古色が付きます。風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。総て ピカピカの新品です。

  • リチャードジノリ 【アマデウスの唄 ジャーダー 】 ティーC/S 25%Off 
    リチャードジノリ 【アマデウスの唄 ジャーダー 】 ティーC/S 25%Off 
    25,920円

    本体価格: ¥32.000


    小さい写真を クリックすると 拡大します。     


    十八世紀オーストリアで活躍したウィーン古典派の三巨匠(ハイドン、ベートーヴェン)の一人 作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト制作オペラ 1791年 『魔笛』 T・F・F・ゲーブラーの戯曲『エジプト王ターモス』等を下敷きに作曲。
    俳優・歌手にして興業主・劇場支配人、台本作家(魔笛)のエマヌエル・シカネーダーは、当時仕事がなく生活に困っていたモーツァルトに自分の一座のための大作を依頼した。現在もモーツァルトのオペラの中で筆頭の人気を持つ。
    本作にはフリーメイソンのさまざまなシンボルや教義に基づく歌詞や設定が用いられていることも特徴で、2人の作者(モーツァルトとシカネーダー)がメンバーとしてフリーメイソンの精神をオペラ化したとも、当時皇帝から圧迫を受けつつあったフリーメイソンの宣伝であったなど、教団との関わりを重視する指摘があり、今日の演出にも影響を与えている。
                     ババゲーノ
    ババゲーノ
    【第1幕】
    日本の狩衣を着た王子タミーノが大蛇に襲われ、「神々よ助けて!」と叫ぶ。そこに「夜の女王」配下の3人の侍女があらわれ彼を救出する。女王に鳥を献上して暮らす鳥刺しのパパゲーノがやってきて 大蛇のことを聞かれ、自分がやっつけたと嘘をつくが、戻ってきた3人の侍女に見つかり口に鍵をかけられてしまう。侍女たちがタミーノに女王の娘パミーナ姫の絵姿を見せると 彼は彼女に一目惚れする。そこに夜の女王が登場し、悪魔ザラストロにさらわれた娘の救出を彼に依頼し、タミーノは意気込んで引き受け、ようやくしゃべることを許されたパパゲーノとともに姫の救出に向かう。2人にはお供の3人の童子が付き添い、タミーノには魔笛、パパゲーノには魔鈴が渡される。
    ザラストロの神殿内。逃げ出そうとしたパミーナを捕らえようとする奴隷頭モノスタトスと部下の奴隷の前に、偵察に来たパパゲーノが突然現れる。彼らは互いに驚き、双方ともパミーナを置き去りにして逃げ出すが パパゲーノは取って返し、パミーナに救出にきたと告げ 神殿から逃げようとする。
    タミーノが案内役の3人の童子につれられてザラストロの神殿の3つの扉を開き得て 登場した弁者(神官の一人)にから ザラストロは偉大な祭司で 世界征服を企む夜の女王の邪悪な野望の犠牲とならないようにパミーナを保護していたと知らされる。タミーノが魔笛を吹いて、パパゲーノとパミーナを呼び集めようとするが モノスタトスに捕らえられる。パパゲーノの鳴らす魔鈴に 皆 浮かれ踊って去ってしまう。そこへザラストロと神官たちが現れ パミーナにやさしく語り掛けているところに、モノスタトスがタミーノを捕らえてやってくる。初対面のパミーナとタミーノは 互いに惹かれて走り寄り、抱き合う。怒ったモノスタトスが2人を引き離すが、ザラストロに足を77回叩きの仕置きを受ける。一同ザラストロの裁きを受け容れて讃える合唱で幕となる。
    魔笛2
     【第2幕】
    ザラストロはタミーノに、パミーナを得るための試練を授けます。ついでにパパゲーノも恋人を得るために試練を受けることになりました。そこに3人の侍女がやってきてタミーノに翻意させようとするがタミーノは取り合わない。一方パパゲーノは侍女たちの話に釣られそうになるが、そこに雷鳴とともに神官が現れ彼女らは去る。庭で眠っているパミーナに現れて 女王はパミーナに剣を渡し ザラストロを刺すように命じて去る。隠れていたモノスタトスがパミーナに迫るが、ザラストロが登場し、彼を叱責して去らせる。恨んだモノスタトスは 女王に寝返る。
    まずは「沈黙」の試練。沈黙するタミーノに、事情を知らないパミーナは深く悲しみタミーノに捨てられたと思い込み、母のくれた剣で自殺しようとする。3人の童子が現れてそれを止め、彼女をタミーノのもとに連れて行く。試練に立ち向かっているタミーノにパミーナが合流し、魔笛を使って 次の「火」の試練、「水」の試練を通過する。
    沈黙の業に落第したパパゲーノに 神官がやってきて、望みは何かと聞かれ 恋人か女房がほしいというと 先程 雷鳴の轟とともに消えた18歳の老女がやってきて、私と一緒になると誓わないと地獄に落ちると脅かされ 一緒になると約束すると、老女は18歳の若い娘に変身する。「パパゲーナ」に抱擁をしようとするが、神官が連れ去る。パパゲーナを失ったパパゲーノが絶望して首を吊ろうとすると 再び童子たちが現れ魔鈴を使うように勧める。パパゲーノが鈴を振ると不思議なことにパパゲーナがあらわれ、2人は喜んで子どもを大勢作るんだ、とおおはしゃぎする。
    場面が変り、夜の女王と侍女たちを案内してモノスタトスが神殿を襲撃しようとやってくる。しかし光に打ち勝つことはできない。
    ザラストロが太陽を讃え、一同 太陽神の子オリシスとイシスを讃え合唱のうちに タミーノとパミーナを祝福して幕となる。
    プラハ国立歌劇場 モーツァルト《魔笛》
    プラハ国立歌劇場 モーツァルト《魔笛》


    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    アマデウスシェープ アール・デコ様式


    ミュージオ・ドッチア
    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    ジオ・ポンティ原型 
    建築家としても知られた アート・ディレクターの 
    ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名声楽家・デザイナー 


    クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金サイン・バックロゴ

    RG アマデウスの唄ブルー 裏声楽家・デザイナー クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金サイン・バックロゴ
    ギリシャ神話や アマデウス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。 
    手塗 銅板転写 ハンドトランスファー 手描き金彩
    重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。


    本金は 古色が付きます。
    風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。


    お店で アマデウスの唄・ブルーを 見たお客さんが 言われます。
     美しいですね。明るい濃紺色ですね。


     私は お答えします。
    コレはよく お部屋の飾りとして 買われます。
    ジノリ 中興の祖 ジオ・ポンティ造型に ヴィオラさん原画の 手工芸・美術品です。
    それにしても 二人の巨匠による この逸品を 
     美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 両巨匠のお眼眼と 一体です。      


    雄雄しく 歴史に名を連ねた 覇者達 彼らが 歴史の頂点を 極めた時 王者に相応しい 王者の尊厳に そむかぬものを求めて 白い黄金にたどり着く。


    <a href="http://einsshop.blog43.fc2.com/blog-entry-10490.html" target="_blank" title="「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」コチラをクリック">「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」コチラをクリック</a> してください。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ジノリ カポデモンテ ナポリ窯 の真贋について
    スペイン・ブルボン家のカルロス王子・パルマ公(1716年 - 1788年)は ポーランド継承戦争(1733年 - 1735年)が起こると、フランス王ルイ15世の支援を受け、兵を集めて1734年、オーストリア領シチリアとナポリを占領した。南イタリアは 13世紀から代々スペイン領であったが、先のスペイン継承戦争(1701年 - 1713年)でオーストリアに 奪われた土地であった。1735年 ナポリ王、シチリア王(在位:1735年 - 1759年)に即位してカルロ7世およびカルロ5世となる。当時、ナポリとシチリアは 別々の王国として扱われたが、実質的にはこの時 両シチリア王国が成立したといえる。1738年、ザクセン選帝侯兼ポーランド王アウグスト3世の長女マリア・アマリア・フォン・ザクセン(神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世の孫でもある)と結婚した。彼女は王に愛され 生涯にわたり13人の子をなすのですが 初めの40,42年の2人の娘は 喜びも束の間に夭折します。1743年 3人目の娘が無事に生まれ 喜びの中 マリア・アマリアは 磁器王女(マイセン創窯のアウグスト強襲王・ポーランド王の孫娘)に相応しいカポディモンテ窯を創設させました。(蝶よ花よと育てられたこの姫も6歳にしてなくなるのですが 前年には後継ぎのカルロス4世を儲けております。更に前年の長男フェリペは 病により継承辞退。)
    1759年、カルロスは 異母兄フェルナンド6世の死去によりスペイン王即位の為、スペインに帰国し カルロス3世に就く。カルロス3世は、ブルボン朝のスペイン王(在位:1759年 - 1788年)スペインの啓蒙専制君主と言われる。帰国に際し、カポディモンテ窯はモールドは 勿論 職人も含めて、総てを スペインのBuen Retiro (1808年まで生産が続けられた。)に譲渡されました。両シチリア王国の王位は 8歳の三男フェルナンド(フェルディナンド1世)に譲られた。


    1771年 王妃マリア・カロリーナ ナポリ窯創設の根拠。
    フェルディナンド1世(1751年 - 1825年)は、両シチリア王国の最初の王(在位:1815年 - 1825年)。シチリア王としてはフェルディナンド3世(在位:1759年 - 1815年)、ナポリ王としてはフェルディナンド4世(在位:1759年 - 1806年、1815年)を名乗っていた。
    スペイン王カルロス3世とマリア・アマリア・フォン・ザクセンの三男、カルロス4世の弟。妻は神聖ローマ皇帝フランツ1世とマリア・テレジアの娘でフランス王妃マリー・アントワネットの姉であるマリア・カロリーナである。
    マリア・カロリーナ
    当初はフランス王ルイ16世との縁組みが考えられていたが、ナポリ王と婚約していたすぐ上の姉マリア・ヨーゼファが1767年、結婚直前に急死したため、翌1768年に急遽マリア・カロリーナがナポリのフェルディナンド4世へ嫁ぐことになった。突然の結婚に、同じ部屋で暮らし非常に親しかった妹マリア・アントーニア(マリー・アントワネット)は大変悲しんだという。
    婚前の約束から、政治に興味を持たなかった夫フェルディナンドに代わって政治の実権を握った。長きにわたって続いたスペインの政治的干渉からナポリ王国を解放し、前国王時代から政治を牛耳っていたベルナルド・タヌッチを追放、兄レオポルト2世にならい士官学校を作り、軍隊の再編をしている。また、多くの子にも恵まれ、母マリア・テレジアに最も似た人生を送った。軽率なマリー・アントワネットではなくマリア・カロリーナが当初の予定通りフランス王妃となっていたら、歴史は大きく異なっていたと言われている。
    フェルディナンド1世は アウグスト強襲王(強精と強力は 夙に有名で 両手で 馬の蹄鉄をへし折って 驚く人にご満悦)血筋ゆえか 体力に恵まれ性格も非常に善良であったが、王族としての正式な教育を受けておらず、若い頃から重要な書類には家臣に自分のサインのスタンプを押させ、自らは狩りやスポーツに明け暮れた。性格が正反対と言ってもいいマリア・カロリーナ妃が嫁ぐとすぐに妃に夢中になった。妃からは教養の無さや行儀作法の悪さを「かわいいおばかさん」と呼ばれていた。しかし夫婦仲は良好であり、子に恵まれ家庭生活は幸せなものであった。結婚時の約束の一つに、妃が王子を産めば摂政になれるという約束があり、王子誕生後は政治的実権は完全にマリア・カロリーナが握っており、フェルディナンドは狩りや社交に徹していた。
    フェルディナンド1世は女性の手、特に手袋をした手を偏愛しており、マリア・カロリーナは何か頼みごとがある時は長手袋の手をすっと彼に差し出していた。フェルディナンドはうっとりとし、何でも妃の願い事を聞いたという。
    庶民の食べ物であった細打ちのパスタ(いわゆるスパゲティ)を気に入り、宮廷で供するよう命じたが、当時スパゲティは手づかみで食べるものであり、マリア・カロリーナから下品であると反対された。このことからパスタを食べるための道具としてフォークが採用されたという。1820年のカルボナリによって引き起こされたナポリ革命後は妃の故里ウィーンに亡命。晩年はアブルッツォやリエーティで暮らし、ナポリで亡くなった。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。



  • リチャードジノリ 【アマデウスの唄 ジャーダー】 モカC/S 30%Off
    リチャードジノリ 【アマデウスの唄 ジャーダー】 モカC/S 30%Off
    22,680円

    本体価格: ¥30.000

    小さい写真をクリックすると拡大します。 


    『コジ・ファン・トゥッテ』は、モーツァルトが1790年に作曲したオペラ・ブッファである。正式なタイトルは女はみなこうしたもの、または恋人たちの学校。『フィガロの結婚』、『ドン・ジョヴァンニ』に引き続いて、ロレンツォ・ダ・ポンテの台本に作曲された。初演は1790年ウィーンのブルク劇場。初演後まもなく皇帝ヨーゼフ2世が死去したため、10回ほどの上演にとどまった。
    物語は姉妹の恋人である二人の男が、それぞれの相手の貞節を試すために互いの相手を口説いたら、二人とも心変わりしてしまった。どちらにも言い分がありそのまま認めあうしかないものだということ。『フィガロの結婚』の第一幕に出て来た台詞で、全てを仕組んだアルフォンソが事態を収拾するために恋人たちに説いて聞かせる台詞でもある。本作品は19世紀を通じて、内容が不道徳であるとして評価が低く、特にワーグナーは音楽面をふくめて酷評している。20世紀に到って再評価され、モーツァルトのオペラの代表作であると認識されるようになった。商業的には、『フィガロの結婚』、『ドン・ジョヴァンニ』『魔笛』の3大オペラにこれを加えて4大オペラと呼んだり、さらに『後宮からの誘拐』を加えて5大オペラと呼ぶことがあ.る。


    第1幕

    舞台は18世紀末のナポリ。青年士官フェルランドとグリエルモは、老哲学者ドン・アルフォンソの「女は必ず心変わりする」との主張に対して、「自分たちの恋人に限ってそんなことはない」と言い争う。ドン・アルフォンソは、自分の主張を証明するために二人と賭けを行なうことを提案し、二人はドン・アルフォンソの指示に従うことを約束する。
    フィオルディリージとドラベッラの姉妹が登場、自分たちと恋人の愛を讃える歌を歌う。そこにドン・アルフォンソが現れ、フェルランドとグリエルモが国王の命令で戦場に行くことになったと伝える。フェルランドとグリエルモが現れ、別れを嘆き悲しむふりをする。港に船が着き、兵士たちが出発する。四人の恋人たちが別れを告げ愛を誓う間に、ドン・アルフォンソは「笑いが止まらない」と歌う。兵士たちが出発したあとで、残された三人は航海の無事を祈る。
    フィオルディリージとドラベッラの家。女中のデスピーナが愚痴をこぼしながら働いている。姉妹が嘆きながら帰ってくる。ドラベッラは、絶望の歌をコミカルに歌う。デスピーナは、「男は他にもいる」と「つまみ食い」を勧め、「男や兵士の貞節なんて」と歌う。
    ドン・アルフォンソはデスピーナをまるめこみ、芝居に協力させる。ドン・アルフォンソは「アルバニア人」に変装したフェルランドとグリエルモをデスピーナに紹介する。フィオルディリージとドラベッラが現れ、二人の男を追い出そうとするが、ドン・アルフォンソは彼らは自分の古い友人たちだと偽る。変装した二人は姉妹に求愛するが、フィオルディリージは貞節を誓うアリアを歌う。グリエルモは求愛の歌を歌うが、姉妹は立ち去る。
    二人の青年は賭けに勝ったと笑うが、ドン・アルフォンソは芝居を続けろと命じる。フェルランドは愛のアリアを歌い上げる。ドン・アルフォンソはデスピーナと姉妹を陥落させる計画を進める。
    姉妹は庭で恋人を想う二重唱を歌う。そこへ変装したフェルランドとグリエルモが現れ、絶望のあまり毒を飲んだふりをする。姉妹は驚き、変装した二人に同情しかかる。医者に変装したデスピーナが現れ、「磁気療法」を二人にほどこす。デスピーナは、のた打ち回る二人を支えるように姉妹に命ずる。意識を取り戻した二人は姉妹にキスを迫り、混乱のうちに幕を閉じる。


    『コジ・ファン・トゥッテ』


    第2幕

    デスピーナはフィオルディリージとドラベッラに「気晴らし」することを勧め、「女の子は恋の手管を覚えなければなりません」と歌う。姉妹は互いに「どちらを選ぶ?」と尋ね、ドラベッラは「ブルネットの方」(グリエルモ)、フィオルディリージは「ブロンドの方」(フェルランド)と実際の逆の恋人を選んでしまう。
    ドン・アルフォンソは姉妹を庭へ誘う。変装したフェルランドとグリエルモが木管の調べに乗って現れる。姉妹と二人の男が打ち解けないので、ドン・アルフォンソとデスピーナが四人をくっつけようとする。フェルランドとフィオルディリージは庭に散歩に出かける。残されたグリエルモがドラベッラを口説くと、ドラベッラは陥落してしまう。一方、フィオルディリージはフェルランドの求愛を拒絶し、揺れ動く心を長大なアリア(ロンド)に歌う。
    フェルランドとグリエルモは互いの首尾を報告する。グリエルモはフィオルディリージの貞節を喜ぶが、フェルランドはドラベッラの心変わりにショックを受ける。グリエルモはフェルランドをなぐさめるために「女はたくさんの男と付き合うものだ」と歌う。フェルランドは裏切られたと嘆く。ドン・アルフォンソはさらに実験を続けると宣言する。
    苦悩するフィオルディリージに向かって、ドラベッラは恋の楽しさを陽気に歌う。フィオルディリージは貞節を守るために恋人のいる戦場へ行こうと決意し軍服をまとう。しかし、そこに現れたフェルランドの激しい求愛に、フィオルディリージもついに陥落する。
    賭けに勝ったドン・アルフォンソは、互いに認め合いそれぞれの恋人と結婚するよう提案し、「女はみなこうしたもの」と歌う。
    結婚式の祝宴の準備が進められる。フィオルディリージとフェルランド、ドラベッラとグリエルモのカップルが登場する。公証人に扮したデスピーナが現れ、二組のカップルは結婚の証書にサインする。そこに兵士たちの歌声が響き、婚約者たちが戻ってきたと知らされ、姉妹は呆然とする。変装を解いたフェルランドとグリエルモが現れる。二人の青年は結婚証書を見つけて激怒し、姉妹は平謝りする。そこですべてが種明かしされ、一同和解して幕となる。

    コジ・ファン・トゥッテ

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    アマデウスシェープ アール・デコ様式

    ミュージオ・ドッチア
    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    ジオ・ポンティ原型 
    建築家としても知られた アート・ディレクターの 
    ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名

    声楽家・デザイナー クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金サイン・バックロゴ


    RG アマデウスの唄ブルー 裏


    アマデウス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。

    手塗 銅板転写 ハンドトランスファー 手描き金彩

    重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。


    本金は 古色が付きます。
    風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。


    お店で アマデウスの唄・ジャーダーを 見たお客さんが 言われます。

    美しいですね。明るい翡翠色ですね。


    私は お答えします。

    コレはよく お部屋の飾りとして 買われます。
    ジノリ 中興の祖 ジオ・ポンティ造型に ヴィオラさん原画の 手工芸・美術品です。
    それにしても 二人の巨匠による この逸品を 
    美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 両巨匠のお眼眼と 一体です。      


    「欧州磁器戦争史 (リチャードジノリ)」 詳しくは コチラをクリック してください。


    「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」

    そして それはヨーロッパ文化の論理的価値観の体現(具体的表現)にほかなりません。
    各々が 各々を 最善に主張しながら 全体の場を 相乗的に盛り上げます。
    洋食器は ヨーロッパの 論理的価値観が生み出した 交響楽 そのものです。
    洋食器店 そう呼べるのが アインです。
    なぜ アインが?
    それは まごうことなき洋食器が 所を得て キラ星の如くあるからです。
    作る人 商う人 購う人 この三者の 苦しくも 楽しき努力は 
    振舞われる人の いともたやすき理解 感嘆となるでしょう。
    オーケストラ それは洋食器です。
    されど洋食器の殿堂 それは黙して奏でます。
    美しき妖精達は 美しき日本の貴方の琴線に 触れずにはおかないでしょう


  • リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー 26cmプレート 30%Off
    リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー 26cmプレート 30%Off
    36,288円

    本体価格: ¥48.000

    写真をクリックすると ドッチア窯 金サインロゴが見られます。

    アンティック ヴィンテージの世界ですが アインのは ピカピカの 新品です。

    アマデウスシェープ アール・デコ様式

    ミュージオ・ドッチア
    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    ジオ・ポンティ原型 
    建築家としても知られた アート・ディレクターの ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名

    声楽家 クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金サイン・バックロゴ
    ギリシャ神話や アマデゥス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。 手塗 手描き金彩 スクロール文。
    重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。

    本金は 古色が付きます。風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。

  • リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー 21cmスーププレート 30%Off
    リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー 21cmスーププレート 30%Off
    24,192円
    本体価格: ¥32.000

    写真をクリックすると ドッチア窯 金サインロゴが見られます。

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが アインのは ピカピカの 新品です。

    シャーダー 翡翠

    アマデウスシェープ アール・デコ様式

    ミュージオ・ドッチア
    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    ジオ・ポンティ原型 
    建築家としても知られた アート・ディレクターの ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名

    声楽家・デザイナー クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金略サイン・バックロゴ

    ギリシャ神話や アマデゥス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。

    手塗 ハンドトランスファー 手描き金彩

    重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。

    今時の アルミ粉末に黄色着色したものと違って 本金は 古色が付きます。風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。総て ピカピカの新品です。

  • リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー シュガーボトル H10cm 30%Off
    リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー シュガーボトル H10cm 30%Off
    31,752円
    本体価格: ¥42.000

    写真をクリックすると ドッチア窯 金サインロゴ が見られます。

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが アインのは ピカピカの 新品です。

    シャーダー 翡翠

    アマデウスシェープ アール・デコ様式

    ミュージオ・ドッチア
    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    ジオ・ポンティ原型 
    建築家としても知られた アート・ディレクターの ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名

    声楽家・デザイナー クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金サイン・バックロゴ

    ギリシャ神話や アマデゥス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。

    手塗 ハンドトランスファー 手描き金彩

    重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。

    インペロシェープに この絵柄を絵付けしたのが アマデウスジャーダー

    今時の アルミ粉末に黄色着色したものと違って 本金は 古色が付きます。風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。総て ピカピカの新品です。

  • リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー 27cmケーキサーバー 30%Off
    リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー 27cmケーキサーバー 30%Off
    33,264円
    本体価格: ¥44.000

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが アインのは ピカピカの 新品です。

    シャーダー 翡翠

    アマデウスシェープ アール・デコ様式

    ミュージオ・ドッチア
    ジオ・ポンティ原型 
    建築家としても知られた アート・ディレクターの ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名

    声楽家・デザイナー クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 

    ギリシャ神話や アマデゥス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。

    手塗  手描き金彩

    重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。

    今時の アルミ粉末に黄色着色したものと違って 本金は 古色が付きます。風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。

    お店で アマデウスの唄・ジャーダーを 見たお客さんが 言われます。
    美しいですね。

    私は お答えします。
    コレはよく お部屋の飾りとして 買われます。
    ジノリ 中興の祖 ジオ・ポンティ造型に ヴィオラさん原画の 美術品です。それにしても  二人の巨匠による この逸品を 美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 両巨匠のお眼眼と 一体です。

  • リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー 8cm角盃 30%Off
    リチャードジノリ・アマデウスの唄 ジャーダー 8cm角盃 30%Off
    21,168円
    本体価格: ¥28.000

(カテゴリー内:18点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索