カテゴリー

全件表示 (5298) 福袋 (12) 新入荷商品 (70) クリスマスフェア (88) お歳暮ギフトフェア (108) 祝 勤労感謝の日フェア (76) アウガルテン (89) アビランド (412) アラビア (4) ウェッジウッド (1174) エインズレイ (56) エルメス (143) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (26) スポード/ダッチェス (17) スワロフスキー (93) バカラ (267) ビレロイボッホ (8) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (60) ブルガリ・ローゼンタール (37) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (437) ボヘミア (66) ホヤ (18) マイセン (502) ミントン (44) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (893) その他 (1) 赤にわとり/ オロディドッチア (7) アクアレール / ストレッサー (15) イントラ/ ジオカルティン/ ジュエリー/ デルフィー (9) アガサブルーフラワー (31) アマデウスジャーダー&ブルー (27) アマデウス・トリオンフォ・イタリアーノ (12) アマデウスの唄 ジャーダー (18) アマデウスの唄 トラメ (18) アマデウスの唄 ブルー (21) アラゴスタ/ フィッシュデコー (13) アンティックローズ (8) アンティコ・エデン/ チェリー/ ミレーラ (16) イタリアンシーン(フィレンツェ) (14) イタリアンフルーツ (30) インペロフルーツ (13) ベッキオフルーツ(ペルージャ)/ ヴァル・ド・オルチャ (13) イヤー/ ナタールプレート (5) インペロカメリア (15) インペロジュリエッタ (18) インペロスカラ (8) インペロダイヤモンド (3) インペロミストラル (16) インペロメッシュ(ポルトフィノ) (5) インペロイェロー (12) インペログリーン (12) インペロブラック (21) インペロブルー (9) インペロロッソ (12) インペロ色々 (16) エルバ/ カプリ (7) オリエントエクスプレス (7) ガーデンローズ (8) カポデモンテ (4) カラーコレクション (2) グランデューカ (12) クリッパー (16) サボイア家 森の果実 (1) サンタマルガリータ/ 手作りの花 (2) ジオポンティ・ファンティニ・フィグレ・ムーゼ (4) ジャルディーノブルー (6) ジュビレオコレクション (22) シリウス座/ ヌヴォラアイリス (17) ヅッカ/ ボルドオロ (2) トスカーナ (13) パールブルー (2) ピノキオ (2) ピンク・ブルーのチューリップ/ りんごの花 (11) ファルダ / インテリアデザイン (7) ファルファッレフィオリータ (2) プリマヴェーラ (6) プリンセスローズ (11) ベッキオ・グレース (8) ベッキオ・ジェンマ(翡翠) (19) ベッキオ・フィオーリ(レバント) (11) ベッキオ・ホワイト (96) ベネチアンローズ (7) ボルドーブルー (10) ホワイトアイリス (2) ホワイト・アンティコ/ デダロ/ ヴェラ/ ラゴ (4) ボンジョルノストロベリー (3) ボンショルノチェリー (15) ボンジョルノプルーン (14) マルコポーロ・ブルー/ レッド (4) ミュージオ・クラシコ (16) ミュージオ・パストラーレ/ フィオッコ (14) ミュージオ・ドッチア/ ローマ (2) ミュラレス(壁画)  (1) メダイオン (20) ラベロ (36) ローズブルー (17) ロイヤルブルー (6) ロゼリーニ (6) リヤドロ (78) レイノー (5) ローゼンタール ロイヤルアルバート (64) ロイヤルウースター (27) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (434) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

リチャードジノリ > インペロロッソ

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • リチャードジノリ 【インペロロッソ】  ポンペイトロフィー(ベース) H21cm 30%Off
    リチャードジノリ 【インペロロッソ】  ポンペイトロフィー(ベース) H21cm 30%Off
    196,560円

    本体価格: ¥260.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。


    旧・ジノリで 廃盤に


    優勝記念に
    トロフィー(英: Trophy)は、主にスポーツの試合や競技会において優勝者に授与される優勝カップ・優勝楯・像などの総称である。元々は戦利品を意味し、勝利の女神(ニーケー ギリシア神話に登場する勝利の女神。ローマ神話ではヴィクトーリア (Victōria) と呼ばれる。一般には有翼の女性の姿で表される。アテーナーの随神だが、アテーナーの化身とする場合もある。サモトラケ島で発掘された彫像 ルーヴル美術館所蔵「サモトラケのニケ」が有名。英語ではナイキ)に祝福された勝者を称える儀式的な意味合いがある。狩猟で仕留めた鹿などの首から上の部分を剥製にするなどして、壁に飾ったりするものをハンティング・トロフィーという。狩猟戦利戦争で敵から奪い取った鎧・兜・盾などを戦利品として飾る慣習からといわれる。紀元前の硬貨・テトラドラクマ銀貨の裏面には、柱に飾られた戦利品の甲冑に勝利の女神・ニケが銘文を刻もうとしている様子が描かれており 古くからの慣習であったと言える。


    ステュクス河(Stuvx)
    「ぞっとするもの、タブーであるもの」の意。ギリシア神話において冥界を流れる主要な河。ステュクス河はタブーであったが、それはこの河が、クリトールの町の近くの山中にある、大地母神を祀った、女陰をかたどった秘密の神殿から流れ出てくる、母神の経血になぞらえられていたからである。古代世界のたいていの河と同じく、ステュクス河も女神に擬せられ、「大洋の娘」と呼ばれた。彼女はパッラス(「リンガ」)と結婚し、「力」、「強さ」、「支配」(ニーケー)を生んだ。これは、精液と経血を混合すると生じると、一般に信じられていた魔力の神話的表現である。


    Nike(ニーケー)
    「支配」または「勝利」を意味し、生誕の川の擬人化であるステュクス河から生まれた古代ギリシア以前の時代の女神。ニーケーの生んだ子がパッラス〔男根の意〕であった。《勝利》の意で、その擬人化された女神。ローマのウィクトーリア。
    ヘーシオドスは彼女をティーターン神族のパラースとステュクスとの娘で、ゼーロース《競争心》、クラトス《支配》、ビアー《暴力》の姉妹としている。オリュムポスの神々をたすけてティーターン親族と闘ったので、ゼウスに賞せられた。
    彼女はまた競技の勝利の女神であり、ペルシア戦争の勝利は彼女の人気を急激に増大させた。
    彼女はよく軍の女神としてアテーナーに従って表されている。普通有翼の若い女神として造形美術で表現され、オリュムポス出土のパイオーニオス作
    ニーケー
    ニーケー オリュムポス出土のパイオーニオス作


    およびサモトラーケー出土の有名な像が残っている。彼女はギリシア各地に神殿を持っていた。


    ステュクス河は冥界を7巡りしていたが、これは、妊娠状態は7太陰月の間続くから、再生も月の満ち欠けの周期を7回経たのちに達成されるであろうという信仰の名残であった。ひとはステュクス河を「渡って」死-再生の国に到着すると言われた。同じくトマス・ライマーが血の川を渡って妖精に国に達したし、ユダヤ教の聖人たちはヨルダン河を渡ると言われた。ステュクス河とヨルダン河は「死の河」であるとともに「生誕の河」でもあった。ステュクス河の別名はアルファ(「生誕」)であった。同様に、ある男が7度ヨルダン河に身を浸すと、「その肉がもとにかえって幼子の肉のようになった」(『列王紀下』第5章 14節)。
    ステュクス河
    ステュクス河 

    ステュクス河
    死者は、ステュクス河の渡し守(霊魂導師)カローンの操る渡し船に乗ってステュクス河を渡らねばならないという古代の考えは、17、8世紀にいたるまでギリシア、アイルランドや他の国でも文字通りに信じられていた。農民は名目上はキリスト教徒であったが、たいてい死者を埋葬する前に、「渡し賃が払えるように」、死者の口に貨幣をくわえさせた。〔古代ギリシアでは、その額は1オボロスであった〕。


    79年のヴェスヴィオ火山噴火
    79年8月24日の午後1時頃にヴェスヴィオ火山が大噴火し、一昼夜に渡って火山灰が降り続けた。翌25日の噴火末期に火砕流が発生し、ポンペイ市は一瞬にして完全に地中に埋まった。降下火山灰はその後も続いた。海の水がみるみる引いていった後に「津波」がおきた。噴火直後に当時のローマ皇帝ティトゥスはポンペイに使者を出すが、市は壊滅したあとだった。
    ポンペイの遺跡とヴェスヴィオ山
    ポンペイの遺跡とヴェスヴィオ火山


    伊名 コンテッサロッサ(赤)

    日本俗名 インペロタン(舌の色)


    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    有るのが不思議なエナメル手工芸・廃盤品
    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。


    本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。


    インペロシェープ

    ジノリを 代表する アンピール様式の花
    (ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)


    この重厚感あふれ ジノリを代表するシリーズは 18年前 当時ヨーロッパ最大の ジノリ 代理店の 依頼を受けて マルクで仕込みました。欧州一番店に比べ アインに足らざる  歴史と伝統を買いました。現在では コスト面から 制作困難な手工芸品を 創業26周年 謝恩特価でご提供


    雄雄しく 歴史に名を連ねた 覇者達 彼らが 歴史の頂点を 極めた時 王者に相応しい 王者の尊厳に そむかぬものを求めて 白い黄金にたどり着く。


    「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」 コチラをクリック してください。

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。

    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。




  • リチャードジノリ・インペロタン シュガー 300cc  30%Off
    リチャードジノリ・インペロタン シュガー 300cc  30%Off
    29,484円

    本体価格: ¥39.000


    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。


    ピカピカの 新品です。

    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    有るのが不思議なエナメル手工芸・廃盤品
    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。

    この重厚感 あふれ ジノリを代表するシリーズは 14年前 当時 ヨーロッパ最大の ジノリ代理店の 依頼を受けて マルクで仕込みました。欧州一番店に比べ アインに足らざる 歴史と伝統を買いました。現在では コスト面から 制作困難な手工芸品を 創業23周年謝恩特価でご提供

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。

    本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 



     

  • リチャードジノリ・インペロタン シュガー 150cc  30%Off
    リチャードジノリ・インペロタン シュガー 150cc  30%Off
    24,948円

    本体価格: ¥33.000


    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。


    ピカピカの 新品です。

    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    有るのが不思議なエナメル手工芸・廃盤品
    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。

    この重厚感 あふれ ジノリを代表するシリーズは 14年前 当時 ヨーロッパ最大の ジノリ代理店の 依頼を受けて マルクで仕込みました。欧州一番店に比べ アインに足らざる 歴史と伝統を買いました。現在では コスト面から 制作困難な手工芸品を 創業23周年謝恩特価でご提供

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。

    本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 




     

  • リチャードジノリ・インペロタン クリーマー 135cc  30%Off
    リチャードジノリ・インペロタン クリーマー 135cc  30%Off
    18,144円

    本体価格: ¥24.000


    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。


    ピカピカの 新品です。

    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    有るのが不思議なエナメル手工芸・廃盤品
    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。

    この重厚感 あふれ ジノリを代表するシリーズは 14年前 当時 ヨーロッパ最大の ジノリ代理店の 依頼を受けて マルクで仕込みました。欧州一番店に比べ アインに足らざる 歴史と伝統を買いました。現在では コスト面から 制作困難な手工芸品を 創業23周年謝恩特価でご提供

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。

    本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 

  • リチャードジノリ・インペロタン ティーポット 1.6L 30%Off
    リチャードジノリ・インペロタン ティーポット 1.6L 30%Off
    58,212円

    本体価格: ¥77.000


    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。


    ピカピカの 新品です。

    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    有るのが不思議なエナメル手工芸・廃盤品
    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。

    この重厚感 あふれ ジノリを代表するシリーズは 14年前 当時 ヨーロッパ最大の ジノリ代理店の 依頼を受けて マルクで仕込みました。欧州一番店に比べ アインに足らざる 歴史と伝統を買いました。現在では コスト面から 制作困難な手工芸品を 創業23周年謝恩特価でご提供

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。

    本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 


     

  • リチャードジノリ・インペロタン ポット 1.2L 30%Off
    リチャードジノリ・インペロタン ポット 1.2L 30%Off
    52,920円

    本体価格: ¥70.000


    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。


    ピカピカの 新品です。

    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    有るのが不思議なエナメル手工芸・廃盤品
    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。

    この重厚感 あふれ ジノリを代表するシリーズは 14年前 当時 ヨーロッパ最大の ジノリ代理店の 依頼を受けて マルクで仕込みました。欧州一番店に比べ アインに足らざる 歴史と伝統を買いました。現在では コスト面から 制作困難な手工芸品を 創業23周年謝恩特価でご提供

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。

    本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 




     

  • リチャードジノリ・インペロタン ポット 810cc 30%Off
    リチャードジノリ・インペロタン ポット 810cc 30%Off
    45,360円

    本体価格: ¥60.000


    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。


    ピカピカの 新品です。

    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    有るのが不思議なエナメル手工芸・廃盤品
    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。

    この重厚感 あふれ ジノリを代表するシリーズは 14年前 当時 ヨーロッパ最大の ジノリ代理店の 依頼を受けて マルクで仕込みました。欧州一番店に比べ アインに足らざる 歴史と伝統を買いました。現在では コスト面から 制作困難な手工芸品を 創業23周年謝恩特価でご提供

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。

    本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 



     

  • リチャードジノリ 【インペロロッソ】  ティーC/S 30%Off
    リチャードジノリ 【インペロロッソ】  ティーC/S 30%Off
    18,144円

    本体価格: ¥24.000


    小さい写真をクリックすれば 拡大します。


    通常25%Off  祝 勤労感謝の日フェア ( 本日~11/23)   30%Off      


    頑張る貴方に ご褒美を !!  
       

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか
    ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。 

    新品はお熟成アインでしか買えません。

    18年前 ヨーロッパ最大のドイツの リチャードジノリ代理店が代理店契約終了に当たり 在庫の処理を巡り リチャードジノリ社とトラブっておりましたので アインが 40フィートコンテナ2本分の在庫を引き受けました。超一流店として アインに足らざるブランド洋食器300年の歴史と伝統を買いました。

    以来 グッチジノリになるまで フィレンツェ本店から 直接仕入れておりました..。

    主だったお店を調べましたが
    新旧作ともに割引のある一般店で 取り扱いのあるお店はございません。お熟成アインがお安い部類です。

    クッチシノリ社は 安売りをして倒産するのは嫌だと公言して プライスを大幅に上げております。苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で10%ffがせいぜいです。

    それではお熟成アインは何故 重厚な旧作をお安すくできるのでしょう ?
    それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてお高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では これだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂
    ! !  


    旧リチャードジノリで廃盤になりました。
    新品は お熟成アインでしか買えません。


    18年前 ヨーロッパ最大のドイツの リチャードジノリ代理店が代理店契約終了に当たり 在庫の処理を巡り リチャードジノリ社とトラブっておりましたので アインが 40フィートコンテナ2本分の在庫を引き受けました。超一流店として アインに足らざる ブランド洋食器300年の歴史と伝統を買いました。


    伊名 コンテッサ・ロッサ(赤)
    日本俗名 インペロタン(舌の色)

    コンテッサとは伯爵夫人 伯爵の妻か 女性の伯爵を言う

    伯爵夫人 フランス文学者で元東大総長の蓮實重彦/著 三島賞受賞
    帝大入試を間近に控えた二朗は、謎めいた伯爵夫人に誘われ、性の昂ぶりを憶えていく。そこに容赦なく挑発を重ねる、従妹の蓬子や和製ルイーズ・ブルックスら魅力的な女たち。しかし背後には、開戦の足音が迫りつつあるらしい――。
    伯爵夫人
    戦争という名のエロス 早稲田大学教授・石原千秋 
    蓮實重彦「伯爵夫人」(新潮)は、全ページ「卑猥(ひわい)」な言葉で埋め尽くされていると言っても過言ではない、渾身(こんしん)のポルノ小説である。昭和16年、おそらく第一高等学校在学中で東京帝国大学法学部の受験準備をしている二朗が「伯爵夫人」にセックスに関する「感情教育」(この作品名は中に示されているし、年上の女性による恋愛の手ほどきはフランス文学の伝統だ)をされる物語だが、二朗は従妹の蓬子に関心を持っている。その蓬子は許嫁と交わり、もし妊娠したら二朗の子だということにすると言うのだ。「伯爵夫人」とは本物の華族ではなく、戦地で性の道具となるなどして生き抜くうちにそう呼ばれるようになったのだ。最後に米英に宣戦布告した記事が載った新聞が示される。

    6月下旬に刊行されるや8月初め 既に4刷まで版を重ね、発行部数は3万5千部を数えた。蓮實さん自身は、「女性の方が真面目に読んでくださっている」

    「血の伯爵夫人」
    血の伯爵夫人
    ジュリー・デルピー監督。本作でも監督・脚本・製作・音楽・主演を務めている。
    ハンガリー王国の貴族である、史上名高い連続殺人者、吸血鬼伝説のモデルともなった「血の伯爵夫人」という異名を持つエリザベート・バートリーを描いた作品。
    史実
    バートリ・エルジェーベトは 娘達の皮膚をナイフや針で切り裂いたり、性器や指を切断するといった行為に及び、また、内側に鋭い棘を生やした球形の狭い檻「鉄の処女」の中に娘達を入れて天井から吊るし、娘達が身動きするたびに傷付くのを見て楽しむこともあった。さらに身体の具合が悪いときには、娘達の腕や乳房や顔に噛み付き、その肉を食べたともいう。同性愛、多淫、黒魔術を行ったなどの証言もあった。被害者の数は、エルジェーベト本人の記録では650人。1611年1月、トゥルゾーが裁判官を務める裁判所は、エルジェーベトの共犯者として従僕を斬首刑に処し、2人の女中を火刑に処したが、エルジェーベト本人は高貴な家系であるため死刑を免れ、扉と窓を漆喰で塗り塞いだチェイテ城の自身の寝室に生涯幽閉されることが決まった。その屋上には、彼女が本来であれば死刑に処せられるべき重罪人であることを示すために絞首台が設置されたという。
    わずかに1日1回食物を差し入れるための小窓だけを残し、扉も窓もすべて厳重に塗り塞がれた暗黒の寝室の中で、彼女はなお3年半にわたって生き長らえた。そして、1614年8月21日、食物の差し入れ用の小窓から寝室をのぞいた監視係の兵士により、彼女の死亡が確認された。彼女の所領は子供達が相続することを許されている。
    エルジェーベト自身は一切の犯行を否認している。ハプスブルグ王家に絶えず反旗を翻すハンガリーのマジャール貴族 その権力闘争に係わる思惑により捜査が進められ、証言が誇張された可能性はあるが、事実無根と考える研究者は殆どいない。
    (現ハンガリー第三共和国は 896年をもって建国としている。いかに調べてもこの根拠が判らないのですが・・・・・
    「血の伯爵夫人」バートリ・エルジェーベトを調べていて ハプスブルグ王家からの独立を ハンガリーのマジャル貴族が 血を購って勝ち取った。 彼らは建国の歴史的正当性を ハンガリーへの登場に遡ったと理解しました。)

    ゴダイヴァ伯爵夫人(990年頃 - 1067年?)は、11世紀イングランドの女性。マーシア伯レオフリックの夫人で、自身も後に領主となった。夫レオフリックの圧政を諌めるためコヴェントリーの街を裸で行進したという有名な伝説が残っているが、中世を専門とする歴史家の見解は、これは史実ではないことで一致している。同時代頃(?)の偽イングルフの年代記によれば、ゴダイヴァは「美しいかぎりの、聖い心もちの女性」であったといわれる。
    英米で広く信じられている漠然とした伝説は、領民に対して情けぶかい夫人が、理不尽な夫に難癖をいわれて素裸で長髪をなびかせ馬に乗って町内を横断する羽目になり、町人は夫人に恩義を感じて目をそむけ野次馬を差し控えた。
    だが、ただ一人、トムという男が盗み見たため、以来、ピーピング・トムといえば覗き見をする人間の代名詞となった。
    この伝説については、ロジャー・オブ・ウェンドーヴァー(1236年没)の年代記、『歴史の花』がもっとも簡素かつ最古とされる典拠である。
    「ゴダイヴァ夫人」2
    伯爵夫人ゴダイヴァ

    伯爵夫人ゴダイヴァは聖母の大そうな敬愛者で、コヴェントリーの町を重税の苦から解放せんと欲し、たびたび夫に対して祈願して(減税を)迫った。…伯爵はいつもきつく叱りつけ、二度とその話はせぬようと嗜めたが、(それでもなお粘るので)ついに「馬にまたがり、民衆の皆がいるまえで、裸で乗りまわせ。町の市場をよぎり、端から端まで渡ったならば、お前の要求はかなえてやろう」と言った。ゴダイヴァは「では私にその意があればお許し頂けますのですね?」念をおしたが、「許す」という。さすれば神に愛されし伯爵夫人は、髪を解きほどき、髪の房を垂らして、全身をヴェールのように覆わせた。そして馬にまたがり二人の騎士を供につけ、市場を駆けてつっきったが、その美しいおみ足以外は誰にも見られなかった。そして道程を完走すると、彼女は喜々として 驚愕する夫のところに舞い戻り、先の要求を叶えた。レオフリク伯は、コヴェントリーの町を前述の役から免じ、勅令によってこれを認定した。


    コンテッサ『伯爵夫人』
    コンテッサ
    1967年 公開された喜劇映画で、チャールズ・チャップリン最後の監督作品。

    本作は チャップリン作品中、唯一のカラー映画である。また、チャップリンが自分の監督作品で主演をしなかったのは この「伯爵夫人」と、1923年公開の「巴里の女性」のみである。白髪のチャップリンは 端役でカメオ出演(スペシアルゲストのワン・シーン)しているが、これは彼がスクリーンに見せた最後の姿となった。アルフレッド・ヒッチコック監督の作品で一躍 スター女優となったティッピ・ヘドレン、そしてチャップリンの次男であるシドニー・アール・チャップリンも出演。


    本作は興行的にも失敗し、批評家からの評価も得られなかった。しかし チャップリン自身が作曲した劇中の楽曲 "This Is My Song" は、ペトゥラ・クラークの歌唱によりヒット曲となり、制作費の赤字が穴埋めされることとなった。


    粗筋

     石油王の息子で駐サウジアラビア大使に任命されたオグデン・ミアーズ(マーロン・ブランド)は、世界旅行を終え、アメリカに帰国する船の上にいた。彼は寄港した香港で ロシア革命を逃れ 落ちぶれた亡命貴族 伯爵夫人ナターシャ(ソフィア・ローレン)に会う。彼女は売春行為を強要される香港での生活から逃れるため、オグデンの乗る船に忍び込みアメリカへの密航を図るが、オグデンに見つかってしまう。無口で聡明な彼女に心惹かれたオグデンは 同情し彼女を匿うことを承諾する。俳優たちのドタバタぶりが往年の彼の芝居にそっくりなのが微笑ましいロマンチック・コメディ。執事役のP・カーギルが“これぞ執事の鏡”とでも言うような見事な演技とギャグを見せる。ラストシーンは、オグデンがワシントンに向かわず、離婚調停中の妻の元を離れ(それは地位や財力を失うことを意味する)、ナターシャに会いにいく。 「この世で一番大切なものは愛だ!」


    この重厚感 あふれ ジノリを代表するシリーズは 20年前ヨーロッパ最大の ジノリ代理店の 依頼を受けて マルクで仕込みました。欧州一番店に比べ アインに足らざる歴史と伝統を買いました。現在ではコスト面から制作困難な手工芸品を 創業26周年謝恩価格でご提供


    インペロシェープ

     ジノリを 代表する アンピール様式の花
    (ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)


    「コンテッサ」(伯爵夫人)は、色彩の美しさを 最大限表現したシリーズです。緻密に計算されたデザインは、卓越したクラフトマンシップの手工芸から生まれます。


    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ

    有るのが不思議なエナメル手工芸・廃盤品
    今や ドッチアミュージアムでしか 出会えません。

     手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。

    ソーサー中央に描かれるは 古代ローマ ヴェスピオス火山噴火により 埋もれた ポンペイ遺跡より 出土の壷


    本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くと すぐ元の金ピカになります。


    類稀な 美貌と知性の女性は 鄙に生まれながら 自らの運命に従い 皇帝の妃に。
    生まれながら 王家の姫は 運命られし縁に 時の王妃へと。


    <a href="http://einsshop.blog43.fc2.com/blog-entry-10490.html" target="_blank" title="「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」コチラをクリック">「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」コチラをクリック</a> してください。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ジノリ カポデモンテ ナポリ窯 の真贋について
    スペイン・ブルボン家のカルロス王子・パルマ公(1716年 - 1788年)は ポーランド継承戦争(1733年 - 1735年)が起こると、フランス王ルイ15世の支援を受け、兵を集めて1734年、オーストリア領シチリアとナポリを占領した。南イタリアは 13世紀から代々スペイン領であったが、先のスペイン継承戦争(1701年 - 1713年)でオーストリアに 奪われた土地であった。1735年 ナポリ王、シチリア王(在位:1735年 - 1759年)に即位してカルロ7世およびカルロ5世となる。当時、ナポリとシチリアは 別々の王国として扱われたが、実質的にはこの時 両シチリア王国が成立したといえる。1738年、ザクセン選帝侯兼ポーランド王アウグスト3世の長女マリア・アマリア・フォン・ザクセン(神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世の孫でもある)と結婚した。彼女は王に愛され 生涯にわたり13人の子をなすのですが 初めの40,42年の2人の娘は 喜びも束の間に夭折します。1743年 3人目の娘が無事に生まれ 喜びの中 マリア・アマリアは 磁器王女(マイセン創窯のアウグスト強襲王・ポーランド王の孫娘)に相応しいカポディモンテ窯を創設させました。(蝶よ花よと育てられたこの姫も6歳にしてなくなるのですが 前年には後継ぎのカルロス4世を儲けております。更に前年の長男フェリペは 病により継承辞退。)
    1759年、カルロスは 異母兄フェルナンド6世の死去によりスペイン王即位の為、スペインに帰国し カルロス3世に就く。カルロス3世は、ブルボン朝のスペイン王(在位:1759年 - 1788年)スペインの啓蒙専制君主と言われる。帰国に際し、カポディモンテ窯はモールドは 勿論 職人も含めて、総てを スペインのBuen Retiro (1808年まで生産が続けられた。)に譲渡されました。両シチリア王国の王位は 8歳の三男フェルナンド(フェルディナンド1世)に譲られた。


    1771年 王妃マリア・カロリーナ ナポリ窯創設の根拠。
    フェルディナンド1世(1751年 - 1825年)は、両シチリア王国の最初の王(在位:1815年 - 1825年)。シチリア王としてはフェルディナンド3世(在位:1759年 - 1815年)、ナポリ王としてはフェルディナンド4世(在位:1759年 - 1806年、1815年)を名乗っていた。
    スペイン王カルロス3世とマリア・アマリア・フォン・ザクセンの三男、カルロス4世の弟。妻は神聖ローマ皇帝フランツ1世とマリア・テレジアの娘でフランス王妃マリー・アントワネットの姉であるマリア・カロリーナである。
    マリア・カロリーナ
    当初はフランス王ルイ16世との縁組みが考えられていたが、ナポリ王と婚約していたすぐ上の姉マリア・ヨーゼファが1767年、結婚直前に急死したため、翌1768年に急遽マリア・カロリーナがナポリのフェルディナンド4世へ嫁ぐことになった。突然の結婚に、同じ部屋で暮らし非常に親しかった妹マリア・アントーニア(マリー・アントワネット)は大変悲しんだという。
    婚前の約束から、政治に興味を持たなかった夫フェルディナンドに代わって政治の実権を握った。長きにわたって続いたスペインの政治的干渉からナポリ王国を解放し、前国王時代から政治を牛耳っていたベルナルド・タヌッチを追放、兄レオポルト2世にならい士官学校を作り、軍隊の再編をしている。また、多くの子にも恵まれ、母マリア・テレジアに最も似た人生を送った。軽率なマリー・アントワネットではなくマリア・カロリーナが当初の予定通りフランス王妃となっていたら、歴史は大きく異なっていたと言われている。
    フェルディナンド1世は アウグスト強襲王(強精と強力は 夙に有名で 両手で 馬の蹄鉄をへし折って 驚く人にご満悦)血筋ゆえか 体力に恵まれ性格も非常に善良であったが、王族としての正式な教育を受けておらず、若い頃から重要な書類には家臣に自分のサインのスタンプを押させ、自らは狩りやスポーツに明け暮れた。性格が正反対と言ってもいいマリア・カロリーナ妃が嫁ぐとすぐに妃に夢中になった。妃からは教養の無さや行儀作法の悪さを「かわいいおばかさん」と呼ばれていた。しかし夫婦仲は良好であり、子に恵まれ家庭生活は幸せなものであった。結婚時の約束の一つに、妃が王子を産めば摂政になれるという約束があり、王子誕生後は政治的実権は完全にマリア・カロリーナが握っており、フェルディナンドは狩りや社交に徹していた。
    フェルディナンド1世は女性の手、特に手袋をした手を偏愛しており、マリア・カロリーナは何か頼みごとがある時は長手袋の手をすっと彼に差し出していた。フェルディナンドはうっとりとし、何でも妃の願い事を聞いたという。
    庶民の食べ物であった細打ちのパスタ(いわゆるスパゲティ)を気に入り、宮廷で供するよう命じたが、当時スパゲティは手づかみで食べるものであり、マリア・カロリーナから下品であると反対された。このことからパスタを食べるための道具としてフォークが採用されたという。1820年のカルボナリによって引き起こされたナポリ革命後は妃の故里ウィーンに亡命。晩年はアブルッツォやリエーティで暮らし、ナポリで亡くなった。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。

     


  • リチャードジノリ・インペロロッソ  コーヒーC/S 30%Off
    リチャードジノリ・インペロロッソ  コーヒーC/S 30%Off
    15,876円

    本体価格: ¥21.000


    小さい写真をクリックすれば 拡大します。


    伊名 コンテッサロッサ(赤)
    日本俗名 インペロタン(舌の色)

    ピカピカの 新品です。

    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    有るのが不思議なエナメル手工芸・廃盤品
    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。
    ソーサー中央に描かれるは 古代ローマ ヴェスピオス火山噴火により 埋もれた ポンペイ遺跡より 出土の壷


    この重厚感あふれ ジノリを代表するシリーズは 20年前 当時 ヨーロッパ最大の ジノリ代理店の 依頼を受けて マルクで仕込みました。欧州一番店に比べ アインに足らざる 歴史と伝統を買いました。現在では コスト面から 制作困難な手工芸品を 創業26周年謝恩特価でご提供


    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花
    (ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)


    ルイ・ナポレオン ナポレオン3世へ
    1808年にフランス皇帝ナポレオン・ボナパルトの弟ルイ・ボナパルトの息子として生まれるが、1815年にナポレオンが反フランス連合軍に敗れると、フランスの統治権を握ったブルボン家の復古王政によって国を追われ、亡命生活をへ。1830年に復古王政が倒れてルイ・フィリップの7月王政が樹立されるも、帰国許されず。ボナパルト家の帝政復古を夢見て国外から、1836年にストラスブール、1840年にブローニュで武装蜂起するも失敗し 終身刑に処されてアム要塞に投獄。5年半に及ぶ獄中生活は 政治研究に明け暮れ、1844年に著した『貧困の根絶』ので労働者階級の保護を主張し、貧困層に新ボナパルティズムをアピールした。1846年にアム要塞を脱獄する。1848年革命で7月王政が倒されて第二共和政が樹立されると、フランスへ帰国して大統領選挙に出馬し、王党派の消極的な支持や「ナポレオン」の名の高い知名度によって当選を果たした。しかし第二共和政の大統領の権限は弱く、共和派、王党派が牛耳る国民議会によって主導権を奪われた。1851年に国民議会に対するクーデターを起こし、大統領権限を強化した新憲法を制定して独裁体制を樹立。1852年  国民投票のうえで皇帝即位を宣言し、第二帝政を樹立、「ナポレオン3世」と名乗る。治世の前期の「権威帝政-強圧的統治」を、1860年代には「自由帝政-自由主義的統治」に転換した。内政ではサン=シモン主義を背景に金融改革を起こし 産業融資を行う近代的金融業の確立に努め、鉄道建設に投資を振り向けさせた。またパリ改造によって現代のパリの基礎を築いた。一方外交面ではクリミア戦争でイギリスと同盟し ロシア帝国に勝利したことでヨーロッパ国際政治のバランサー的存在となった。イタリア統一戦争ではサルデーニャ王国とともにオーストリア帝国と戦うも、サルデーニャに独断で早々にオーストリアと休戦協定を結び、以降教皇領の保護にあたるなどイタリア統一にブレーキをかけた。非ヨーロッパ諸国には 帝国主義政策をもって、アフリカやアジアの諸国を フランス植民地に組み込んだ。その治世下にフランス植民地帝国の領土を3倍に拡張した。ナポレオン3世の権力は これら外交的成功によって支えられていた。メキシコ出兵の失敗で国内的地位を弱めた。さらに小ドイツ主義統一を推し進めるプロイセン王国と対立を深め、スペイン王位継承問題を利用したプロイセン鉄血宰相ビスマルク(ドイツ統一の立役者)はエムス電報事件でフランスとの対立を煽り、激昂に駆られたフランス国民の支持を背景にフランスは戦争へ突入する羽目になり ドイツ諸邦の参戦を恐れたフランスは7月19日にプロイセンのみに宣戦したが、ドイツ諸邦は自発的にプロイセン側に立って参戦した(普仏戦争:プロイセン=フランス戦争と呼称している日本の世界史の教科書もあるが独仏戦争が正しい)。ドイツ首相ビスマルク野戦砲と鉄道輸送を巧みに活用したプロイセン軍の精強さは、ドイツ国境に侵攻したフランス軍を叩きのめした。防戦一方となったフランス軍は9月2日にセダンの戦いで包囲に置かれ、10万人のフランス兵と皇帝ナポレオン3世自身がプロイセン軍の捕虜になった。
    <a href="http://blog-imgs-86.fc2.com/e/i/n/einsshop/20160203183418954.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-86.fc2.com/e/i/n/einsshop/20160203183418954.jpg" alt="セダンで降伏するナポレオン3世(中央)" border="0" width="500" height="352" /></a> ここをクリックすると  写真がでます。
    セダンで降伏するナポレオン3世(中央)
    求心力を決定的に落としたパリではクーデターが発生し 第二帝政は打倒され、フランスは第三共和政へ移行した。プロイセン軍から釈放された後、ナポレオン3世はイギリスへ亡命した。復位を諦めず、クーデターを起こすことを計画していたが、実行に移す前に1873年に同国で死去した。
    皇后はスペイン貴族のウジェニー。彼女との間の子である皇太子ルイ(ナポレオン4世)を儲けたが 1879年に南アフリカのズールー戦争に従軍し、戦死した。ルイに子はなく フランス皇位請求者の地位はナポレオン3世の従弟ナポレオン公の子孫に移り、現在に至る。


    本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くと すぐ元の金ピカになります。


    <a href="http://einsshop.blog43.fc2.com/blog-entry-25874.html" target="_blank" title="「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」 詳しくは コチラをクリック">「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」 詳しくは コチラをクリック</a> してください。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ジノリ カポデモンテ ナポリ窯 の真贋について
    スペイン・ブルボン家のカルロス王子・パルマ公(1716年 - 1788年)は ポーランド継承戦争(1733年 - 1735年)が起こると、フランス王ルイ15世の支援を受け、兵を集めて1734年、オーストリア領シチリアとナポリを占領した。南イタリアは 13世紀から代々スペイン領であったが、先のスペイン継承戦争(1701年 - 1713年)でオーストリアに 奪われた土地であった。1735年 ナポリ王、シチリア王(在位:1735年 - 1759年)に即位してカルロ7世およびカルロ5世となる。当時、ナポリとシチリアは 別々の王国として扱われたが、実質的にはこの時 両シチリア王国が成立したといえる。1738年、ザクセン選帝侯兼ポーランド王アウグスト3世の長女マリア・アマリア・フォン・ザクセン(神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世の孫でもある)と結婚した。彼女は王に愛され 生涯にわたり13人の子をなすのですが 初めの40,42年の2人の娘は 喜びも束の間に夭折します。1743年 3人目の娘が無事に生まれ 喜びの中 マリア・アマリアは 磁器王女(マイセン創窯のアウグスト強襲王・ポーランド王の孫娘)に相応しいカポディモンテ窯を創設させました。(蝶よ花よと育てられたこの姫も6歳にしてなくなるのですが 前年には後継ぎのカルロス4世を儲けております。更に前年の長男フェリペは 病により継承辞退。)
    1759年、カルロスは 異母兄フェルナンド6世の死去によりスペイン王即位の為、スペインに帰国し カルロス3世に就く。カルロス3世は、ブルボン朝のスペイン王(在位:1759年 - 1788年)スペインの啓蒙専制君主と言われる。帰国に際し、カポディモンテ窯はモールドは 勿論 職人も含めて、総てを スペインのBuen Retiro (1808年まで生産が続けられた。)に譲渡されました。両シチリア王国の王位は 8歳の三男フェルナンド(フェルディナンド1世)に譲られた。


    1771年 王妃マリア・カロリーナ ナポリ窯創設の根拠。
    フェルディナンド1世(1751年 - 1825年)は、両シチリア王国の最初の王(在位:1815年 - 1825年)。シチリア王としてはフェルディナンド3世(在位:1759年 - 1815年)、ナポリ王としてはフェルディナンド4世(在位:1759年 - 1806年、1815年)を名乗っていた。
    スペイン王カルロス3世とマリア・アマリア・フォン・ザクセンの三男、カルロス4世の弟。妻は神聖ローマ皇帝フランツ1世とマリア・テレジアの娘でフランス王妃マリー・アントワネットの姉であるマリア・カロリーナである。
    マリア・カロリーナ
    当初はフランス王ルイ16世との縁組みが考えられていたが、ナポリ王と婚約していたすぐ上の姉マリア・ヨーゼファが1767年、結婚直前に急死したため、翌1768年に急遽マリア・カロリーナがナポリのフェルディナンド4世へ嫁ぐことになった。突然の結婚に、同じ部屋で暮らし非常に親しかった妹マリア・アントーニア(マリー・アントワネット)は大変悲しんだという。
    婚前の約束から、政治に興味を持たなかった夫フェルディナンドに代わって政治の実権を握った。長きにわたって続いたスペインの政治的干渉からナポリ王国を解放し、前国王時代から政治を牛耳っていたベルナルド・タヌッチを追放、兄レオポルト2世にならい士官学校を作り、軍隊の再編をしている。また、多くの子にも恵まれ、母マリア・テレジアに最も似た人生を送った。軽率なマリー・アントワネットではなくマリア・カロリーナが当初の予定通りフランス王妃となっていたら、歴史は大きく異なっていたと言われている。
    フェルディナンド1世は アウグスト強襲王(強精と強力は 夙に有名で 両手で 馬の蹄鉄をへし折って 驚く人にご満悦)血筋ゆえか 体力に恵まれ性格も非常に善良であったが、王族としての正式な教育を受けておらず、若い頃から重要な書類には家臣に自分のサインのスタンプを押させ、自らは狩りやスポーツに明け暮れた。性格が正反対と言ってもいいマリア・カロリーナ妃が嫁ぐとすぐに妃に夢中になった。妃からは教養の無さや行儀作法の悪さを「かわいいおばかさん」と呼ばれていた。しかし夫婦仲は良好であり、子に恵まれ家庭生活は幸せなものであった。結婚時の約束の一つに、妃が王子を産めば摂政になれるという約束があり、王子誕生後は政治的実権は完全にマリア・カロリーナが握っており、フェルディナンドは狩りや社交に徹していた。
    フェルディナンド1世は女性の手、特に手袋をした手を偏愛しており、マリア・カロリーナは何か頼みごとがある時は長手袋の手をすっと彼に差し出していた。フェルディナンドはうっとりとし、何でも妃の願い事を聞いたという。
    庶民の食べ物であった細打ちのパスタ(いわゆるスパゲティ)を気に入り、宮廷で供するよう命じたが、当時スパゲティは手づかみで食べるものであり、マリア・カロリーナから下品であると反対された。このことからパスタを食べるための道具としてフォークが採用されたという。1820年のカルボナリによって引き起こされたナポリ革命後は妃の故里ウィーンに亡命。晩年はアブルッツォやリエーティで暮らし、ナポリで亡くなった。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。


  • リチャードジノリ・インペロタン  25cmプレート 30%Off
    リチャードジノリ・インペロタン  25cmプレート 30%Off
    12,096円

    本体価格: ¥16.000


    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。


    ピカピカの 新品です。

    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    有るのが不思議なエナメル手工芸・廃盤品
    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。
    中央に描かれるは 古代ローマ ヴェスピオス火山噴火により 埋もれた ポンペイ遺跡より 出土の壷

    この重厚感 あふれ ジノリを代表するシリーズは 14年前 当時 ヨーロッパ最大の ジノリ代理店の 依頼を受けて マルクで仕込みました。欧州一番店に比べ アインに足らざる 歴史と伝統を買いました。現在では コスト面から 制作困難な手工芸品を 創業23周年謝恩特価でご提供

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。

    本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 


     

  • リチャードジノリ・インペロタン  23cmクレセント 30%Off
    リチャードジノリ・インペロタン  23cmクレセント 30%Off
    24,948円

    本体価格: ¥33.000


    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。


    ピカピカの 新品です。

    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    有るのが不思議なエナメル手工芸・廃盤品
    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。
    中央に描かれるは 古代ローマ ヴェスピオス火山噴火により 埋もれた ポンペイ遺跡より 出土の壷

    この重厚感 あふれ ジノリを代表するシリーズは 14年前 当時 ヨーロッパ最大の ジノリ代理店の 依頼を受けて マルクで仕込みました。欧州一番店に比べ アインに足らざる 歴史と伝統を買いました。現在では コスト面から 制作困難な手工芸品を 創業23周年謝恩特価でご提供

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。

    本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 


     

  • リチャードジノリ・インペロロッソ 21cmスーププレート  30%Off
    リチャードジノリ・インペロロッソ 21cmスーププレート  30%Off
    11,340円

    本体価格: ¥15.000


    小さい写真をクリックすれば 拡大します。


    ナポレオン・ボナパルト 第一統領(第一執政)への道
    1784年にパリ陸軍士官学校砲兵科に入学。卒業試験の成績は58人中42位であったが 通常の在籍期間が4年前後であるのを、わずか11か月での卒業は 開校以来の最短記録であった。
    1785年に砲兵士官として任官。
    1793年、反革命側の第一次対仏大同盟 イギリス・スペイン艦隊の支援を受けていた要塞都市トゥーロン攻囲戦に参加 反革命軍を降伏に追い込んだ。この功績により 当時24歳のナポレオンは一挙に若き英雄 旅団陸将(少将相当)に昇進が。
    1794年、革命政府内で ジャコバン派が クーデターで失脚しこれに与するとして逮捕、収監され短期拘留された。
    しかし1795年、パリにおける王党派の蜂起ヴァンデミエールの反乱の鎮圧にナポレオンは 国民公会軍司令官の副官として登用され 成功した。これによってナポレオンは 師団陸将(中将相当)に昇進。国内軍副司令官、ついで国内軍司令官の役職を手に入れ、「ヴァンデミエール将軍」の異名をとった。
    1796年には、貴族の未亡人で総裁政府総裁バラスの愛人でもあったジョゼフィーヌ・ド・ボアルネと結婚。(寝ているナポレオンの鼻先に ブルーチーズを持って行ったところ「おお、ジョゼフィーヌ 今夜は勘弁してくれ」と 寝言を言ったという有名な冗談の人。ナポレオンは 妻ジョゼフィーヌのベッドに入った際、彼女の愛犬フォーチュン『パグ』に噛まれたことがある。)
    同年 ナポレオンは フランス革命戦争のイタリア方面軍の司令官に抜擢され ドイツ二方面軍がオーストリア軍の抵抗に頓挫したのに対し ナポレオン軍は連戦連勝。 第一次対仏大同盟を崩壊させ ナポレオン軍はイタリア北部に広大な領土を獲得して、いくつもの衛星国を建設し、膨大な戦利品を得た。このイタリア遠征を フランス革命戦争からナポレオン戦争への転換点とみる民衆に フランスの英雄ナポレオンは熱狂的な歓迎をうけ凱旋した。
    1798年7月 対仏大同盟の雄 強力な海軍を有し制海権を握っているイギリスにとって重要な 英印交易の中継地点 オスマン帝国支配下のエジプト攻略 ピラミッドの戦いで勝利して ナポレオン軍はカイロに入城した。しかし その直後、ネルソンのイギリス艦隊14隻に ナイル海戦で フランス艦隊17隻が大敗し、ナポレオン軍はエジプトに孤立してしまった。12月にはイギリスにより第二次対仏大同盟が結成され、フランス本国も危機に陥った。ナポレオンは 敵前逃亡罪及び国家反逆罪の危険を犯し 側近のみをつれ 単身フランス本土へ舞い戻った。歓喜する民衆に ナポレオンは ブリュメールのクーデターを起こし、統領政府を樹立し 自ら第一統領(第一執政)となり、実質的に独裁権を握った。

    続 ナポレオン・ボナパルト フランス皇帝ナポレオン1世 絶頂期へ


    伊名 コンテッサロッサ(赤)
    日本俗名 インペロタン(舌の色)


    ピカピカの 新品です。

    ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
    有るのが不思議なエナメル手工芸・廃盤品
    手塗りのエナメルは 深い漆の質感を 呈します。
    中央に描かれるは 古代ローマ ヴェスピオス火山噴火により 埋もれた ポンペイ遺跡より 出土の壷

    この重厚感 あふれ ジノリを代表するシリーズは 18年前 当時 ヨーロッパ最大の ジノリ代理店の 依頼を受けて マルクで仕込みました。欧州一番店に比べ アインに足らざる 歴史と伝統を買いました。現在では コスト面から 制作困難な手工芸品を 創業25周年謝恩特価でご提供

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)



    この重厚感 あふれ ジノリを代表するシリーズは 18年前ヨーロッパ最大の ジノリ代理店の 依頼を受けて マルクで仕込みました。欧州一番店に比べ アインに足らざる歴史と伝統を買いました。現在ではコスト面から制作困難な手工芸品を 創業25周年謝恩価格でご提供


    本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 


    「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」 詳しくは コチラをクリック してください。

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでも カオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。
    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年ごろからリモージュのカオリンを 用いることで完璧な白磁を完成させております。
    1834年には スペイン王カルロ3世の カポデモンテ窯の 閉窯に際し モールド類を引き取り 以後 ジノリが カポデモンテを引き継いでおります。(カポディモンティ窯とジノリについては ジノリ社の主張に 完全に信じ難きことあり もっと検証後に)
    1869年には リチャード社を 合併して 今の リチャードジノリ社になりました。
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して 新しい 芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。

     


1

(カテゴリー内:12点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索