カテゴリー

全件表示 (5298) 福袋 (12) 新入荷商品 (70) クリスマスフェア (115) お歳暮ギフトフェア (108) 祝 勤労感謝の日フェア (69) アウガルテン (89) アビランド (412) アラビア (4) ウェッジウッド (1174) エインズレイ (56) エルメス (143) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (26) スポード/ダッチェス (17) スワロフスキー (93) バカラ (267) ビレロイボッホ (8) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (60) ブルガリ・ローゼンタール (37) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (437) ボヘミア (66) ホヤ (18) マイセン (502) ミントン (44) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (893) その他 (1) 赤にわとり/ オロディドッチア (7) アクアレール / ストレッサー (15) イントラ/ ジオカルティン/ ジュエリー/ デルフィー (9) アガサブルーフラワー (31) アマデウスジャーダー&ブルー (27) アマデウス・トリオンフォ・イタリアーノ (12) アマデウスの唄 ジャーダー (18) アマデウスの唄 トラメ (18) アマデウスの唄 ブルー (21) アラゴスタ/ フィッシュデコー (13) アンティックローズ (8) アンティコ・エデン/ チェリー/ ミレーラ (16) イタリアンシーン(フィレンツェ) (14) イタリアンフルーツ (30) インペロフルーツ (13) ベッキオフルーツ(ペルージャ)/ ヴァル・ド・オルチャ (13) イヤー/ ナタールプレート (5) インペロカメリア (15) インペロジュリエッタ (18) インペロスカラ (8) インペロダイヤモンド (3) インペロミストラル (16) インペロメッシュ(ポルトフィノ) (5) インペロイェロー (12) インペログリーン (12) インペロブラック (21) インペロブルー (9) インペロロッソ (12) インペロ色々 (16) エルバ/ カプリ (7) オリエントエクスプレス (7) ガーデンローズ (8) カポデモンテ (4) カラーコレクション (2) グランデューカ (12) クリッパー (16) サボイア家 森の果実 (1) サンタマルガリータ/ 手作りの花 (2) ジオポンティ・ファンティニ・フィグレ・ムーゼ (4) ジャルディーノブルー (6) ジュビレオコレクション (22) シリウス座/ ヌヴォラアイリス (17) ヅッカ/ ボルドオロ (2) トスカーナ (13) パールブルー (2) ピノキオ (2) ピンク・ブルーのチューリップ/ りんごの花 (11) ファルダ / インテリアデザイン (7) ファルファッレフィオリータ (2) プリマヴェーラ (6) プリンセスローズ (11) ベッキオ・グレース (8) ベッキオ・ジェンマ(翡翠) (19) ベッキオ・フィオーリ(レバント) (11) ベッキオ・ホワイト (96) ベネチアンローズ (7) ボルドーブルー (10) ホワイトアイリス (2) ホワイト・アンティコ/ デダロ/ ヴェラ/ ラゴ (4) ボンジョルノストロベリー (3) ボンショルノチェリー (15) ボンジョルノプルーン (14) マルコポーロ・ブルー/ レッド (4) ミュージオ・クラシコ (16) ミュージオ・パストラーレ/ フィオッコ (14) ミュージオ・ドッチア/ ローマ (2) ミュラレス(壁画)  (1) メダイオン (20) ラベロ (36) ローズブルー (17) ロイヤルブルー (6) ロゼリーニ (6) リヤドロ (78) レイノー (5) ローゼンタール ロイヤルアルバート (64) ロイヤルウースター (27) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (434) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

リチャードジノリ > クリッパー

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • リチャードジノリ 【クリッパーホワイト】 マグ 300cc 30%Off
    リチャードジノリ 【クリッパーホワイト】 マグ 300cc 30%Off
    3,024円
    本体価格: ¥4.000

    アルモニアホワイト (現在は エコーシェープ)

    「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」
    雄雄しく 歴史に名を連ねた 覇者達。
    彼らが 歴史の頂点を 極めた時 王者に相応しい 王者の尊厳に 背かぬものを求めて 白い黄金にたどり着く。
    その威信に賭けて 集い 選び抜かれた 美術・工芸家達。その達人らの 技の珠玉は 王者の目に叶い やがて至福のときを迎える。
    時の栄枯を超え 美を慕い 継承するもの 途絶える事無く 英雄を今に 存在させる縁に。出合いは 彼らと 至福のときを ひとつにする。

    貴方の眼に キラリと光る 未だ知らぬ一品
    いわれを聞けば 納得の逸品
    古の栄華の人との 美の追求と共有
    喜びは やがて秘かな誇りへと 
    歴史は 今貴方と駆ける。

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。
    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年ごろからリモージュのカオリンを 用いることで完璧な白磁を完成させております。
    1834年には スペイン王カルロ3世の カポデモンテ窯の 閉窯に際し モールド類を引き取り以後 ジノリが カポデモンテを引き継いでおります。
    1869年には リチャード社を 合併して 今の リチャードジノリ社になりました。
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して 新しい 芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。
  • リチャードジノリ・クリッパー シュガー 250cc 30%Off
    リチャードジノリ・クリッパー シュガー 250cc 30%Off
    6,804円
    本体価格: ¥9.000
  • リチャードジノリ・クリッパー ポット 960cc 20%Off
    リチャードジノリ・クリッパー ポット 960cc 20%Off
    16,416円

    本体価格: ¥19.000

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    アルモニアシェープ (現在は エコーシェープ)

    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。

    18世紀後半 喫茶の習慣が ひろまり アルコール類が 退廃的とされ ますます 紅茶葉が 求められ 快速船ティー・クリッパーの 登場するところと なりました。沢山の名窯に よく似た共通の シリーズが ありますが この小旗シリーズは 多分 ジノリだけだと思います。
    モダーンなシェイプの使い勝手の良さと シンプルでスポーティーなデザインが 世界中に受けて ジノリを代表する 一作となっておりました。

  • リチャードジノリ 【クリッパー】  ティーポット  1.25L 20%Off
    リチャードジノリ 【クリッパー】  ティーポット  1.25L 20%Off
    21,600円

    本体価格: ¥25.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。

     

    6855 砂浜で (1)
    リヤドロ 真正ロゴ 【 砂 浜 で 6855 】


    リヤドロ 真正ロゴ 【 砂 浜 で 6855 】  20%Off  のお求めはコチラ


    2chクリッパー【ブラジル】女性のお尻が
    2ch. クリッパー 【ブラジル女性 美尻コンテスト】 ブラジル人の美尻自慢は有名です。


    クリッパーとは、19世紀に発達した大型帆船のこと。快速帆船と訳されることもある。大部分はアメリカ合衆国とイギリスの造船所で造られたが、フランスやブラジル、オランダなど他の国でも建造された。
    積載量よりも速度を重視していたことから、一般的に全長に比して狭い船体と、多くのマストと帆を持っていた。多くはシップ型帆装で多くの横帆を持ち、スピードを得るために広大な総帆面積を誇る。そういった外観から熱狂的なファンが多く、帆船模型では定番となっている。イギリスのカティーサークを始め、保存されている船も存在する。
    イギリス本国とオーストラリアやニュージーランドを繋ぐクリッパーの航路。吠える40度と呼ばれる強風を利用している。


    【ロイヤル・クリッパー Royal Clipper】 世界最大の5本マスト帆船


    ロイヤル・クリッパー 
    2001年のギネスブックで世界最大の横帆艤装船と認定されたロイヤル・クリッパー。マスト上の乗客用の見晴台・クローズネストから壮大な景観をお楽しみいただけます。フランスに本部を置く「ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会」に所属するシェフ監修の美食や、重厚感のある家具を配置したクラシックな内装ともに上質な大人の時間を感じさせるクルーズを体験できます。

    SHIP DATA
    建造:2000年   船籍:マルタ  総トン数:4,425トン 全長:134m 全幅:16m 乗客定員:227名 客室数:114室 マスト:5本 帆面積:5,000㎡ 乗組員数:106名


    ティークリッパー、
    クリッパーは1843年、好景気により急激に増える茶の需要に応じる形で、アジアからの輸送を迅速に行うために使用され始めたとされる。クリッパー需要は1848年にカリフォルニア、1851年にオーストラリアで金が発見されると加熱していくが、1869年に大陸横断鉄道とスエズ運河が完成すると急速に衰退していった。
    イギリスで利用されたクリッパーは、輸送する荷物によりティークリッパー(茶)、ウールクリッパー(羊毛)と呼ばれる。これらの輸送は通常18〜24ヶ月を要していたが、クリッパーの登場によって100〜120日前後での輸送が可能となった。こういった船の航海は商機を得るために植民地〜イギリス本国間で輸送競争(レース)となることがあり、後に「○○〜○○間を○日で到達」といった最速記録が伝説的に語り継がれることとなった。特にライバル関係にあったカティーサークとサーモピレーは有名で、1885年にはカティーサーク(ゲール語で「短いシミーズ」)がシドニー〜ロンドン間を72日という最速記録を打ち立てている


    カティサーク
    カティー・サーク ゲール語で「短いシミーズ」カティー・サーク ゲール語(スコットランド語)で「短いシミーズ」

    ロバート・バーンズ 作の詩「タモシャンター」に登場する魔女に由来します。


    タモシャンター
    農夫のタムが馬にのって家路を急いでいると、悪魔や魔法使いが集会をしているところに出くわしました。そこでタムは、カティサークを身にまとった若くて妖艶な魔女に魅了され、思わず手を出そうとしました。そのとたん、にわかに空が暗くなり、魔女たちがタムを捕まえようとしました。タムは馬に疾駆して、命からがら逃げ出しました。カティサークの魔女は馬の尾をつかまえましたが、尾が抜けてしまったため、タムは逃げのびることができました。


    帆船『カティーサーク』の船首像はカティサークを身にまとった魔女であり、その手には馬の尾が握りしめられてます。


    カティー・サークの船首像
    カティー・サークの船首像


    カティサークは現存する唯一のティークリッパーとしてロンドン近郊のグリニッジで保存展示されている。


    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    アルモニアシェープ (現在は エコーシェープ)


    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。


    18世紀後半 喫茶の習慣が ひろまり アルコール類が 退廃的とされ ますます 紅茶葉が 求められ 快速船ティー・クリッパーの 登場するところと なりました。沢山の名窯に よく似た共通の シリーズが ありますが この小旗シリーズは 多分 ジノリだけだと思います。
    モダーンなシェイプの使い勝手の良さと シンプルでスポーティーなデザインが 世界中に受けて ジノリを代表する 一作となっておりました。


    類稀な 美貌と知性の女性は 鄙に生まれながら 自らの運命に従い 皇帝の妃に。
    生まれながら 王家の姫は 運命られし縁に 時の王妃へと。


    「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」コチラをクリック してください。

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。

    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。



  • リチャードジノリ・クリッパー マグ 30%Off
    リチャードジノリ・クリッパー マグ 30%Off
    3,780円
    本体価格: ¥5.000

    エコー(アルモニア)シェープ

    18世紀後半 喫茶の習慣が ひろまり アルコール類が 退廃的とされ ますます 紅茶葉が 求められ 快速船ティー・クリッパーの 登場するところと なりました。沢山の銘窯に よく似た共通の シリーズが ありますが この小旗シリーズは 多分 ジノリだけだと思います。
  • リチャードジノリ・クリッパー ティーC/S 20%Off
    リチャードジノリ・クリッパー ティーC/S 20%Off
    5,184円

    本体価格: ¥6.000

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    アルモニアシェープ (現在は エコーシェープ)

    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。

    18世紀後半 喫茶の習慣が ひろまり アルコール類が 退廃的とされ ますます 紅茶葉が 求められ 快速船ティー・クリッパーの 登場するところと なりました。沢山の名窯に よく似た共通の シリーズが ありますが この小旗シリーズは 多分 ジノリだけだと思います。
    モダーンなシェイプの使い勝手の良さと シンプルでスポーティーなデザインが 世界中に受けて ジノリを代表する 一作となっておりました。

  • リチャードジノリ 【クリッパー】  コーヒーC/S 120cc 20%Off  
    リチャードジノリ 【クリッパー】  コーヒーC/S 120cc 20%Off  
    4,320円

    本体価格: ¥5.000

    小さい写真をクリックすると 拡大します。         

       

    6855 砂浜で (1)
    リヤドロ 真正ロゴ 【 砂 浜 で 6855 】


    リヤドロ 真正ロゴ 【 砂 浜 で 6855 】  20%Off  のお求めはコチラ


    2ch クリッパー 【ブラジル女性 美尻
    2ch. クリッパー 【ブラジル女性 美尻コンテスト】 ブラジル人の美尻自慢は有名です。


    クリッパーとは、19世紀に発達した大型帆船のこと。快速帆船と訳されることもある。大部分はアメリカ合衆国とイギリスの造船所で造られたが、フランスやブラジル、オランダなど他の国でも建造された。
    積載量よりも速度を重視していたことから、一般的に全長に比して狭い船体と、多くのマストと帆を持っていた。多くはシップ型帆装で多くの横帆を持ち、スピードを得るために広大な総帆面積を誇る。そういった外観から熱狂的なファンが多く、帆船模型では定番となっている。イギリスのカティーサークを始め、保存されている船も存在する。
    イギリス本国とオーストラリアやニュージーランドを繋ぐクリッパーの航路。吠える40度と呼ばれる強風を利用している。


    イギリスのクリッパー、ライトニング
    クリッパー


    ティークリッパー  クリッパーは1843年、好景気により急激に増える茶の需要に応じる形で、アジアからの輸送を迅速に行うために使用され始めたとされる。クリッパー需要は1848年にカリフォルニア、1851年にオーストラリアで金が発見されると加熱していくが、1869年に大陸横断鉄道とスエズ運河が完成すると急速に衰退していった。
    イギリスで利用されたクリッパーは、輸送する荷物によりティークリッパー(茶)、ウールクリッパー(羊毛)と呼ばれる。これらの輸送は通常18〜24ヶ月を要していたが、クリッパーの登場によって100〜120日前後での輸送が可能となった。こういった船の航海は商機を得るために植民地〜イギリス本国間で輸送競争(レース)となることがあり、後に「○○〜○○間を○日で到達」といった最速記録が伝説的に語り継がれることとなった。特にライバル関係にあったカティーサークとサーモピレーは有名で、1885年にはカティーサーク(ゲール語で「短いシミーズ」)がシドニー〜ロンドン間を72日という最速記録を打ち立てている。
    カティー・サーク ゲール語で「短いシミーズ」


    カティー・サーク ゲール語(スコットランド語)で「短いシミーズ」
    ロバート・バーンズ 作の詩「タモシャンター」に登場する魔女に由来します。、
    タモシャンター
    農夫のタムが馬にのって家路を急いでいると、悪魔や魔法使いが集会をしているところに出くわしました。そこでタムは、カティサークを身にまとった若くて妖艶な魔女に魅了され、思わず手を出そうとしました。そのとたん、にわかに空が暗くなり、魔女たちがタムを捕まえようとしました。タムは馬に疾駆して、命からがら逃げ出しました。カティサークの魔女は馬の尾をつかまえましたが、尾が抜けてしまったため、タムは逃げのびることができました。


    帆船『カティーサーク』の船首像はカティサークを身にまとった魔女であり、その手には馬の尾が握りしめられてます。
    カティー・サークの船首像
    カティー・サークの船首像

    カティサークは現存する唯一のティークリッパーとしてロンドン近郊のグリニッジで保存展示されている。


    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    アルモニアシェープ (現在は エコーシェープ)


    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。


    18世紀後半 喫茶の習慣が ひろまり アルコール類が 退廃的とされ ますます 紅茶葉が 求められ 快速船ティー・クリッパーの 登場するところと なりました。沢山の名窯に よく似た共通の シリーズが ありますが この小旗シリーズは 多分 ジノリだけだと思います。
    モダーンなシェイプの使い勝手の良さと シンプルでスポーティーなデザインが 世界中に受けて ジノリを代表する 一作となっておりました。


    類稀な 美貌と知性の女性は 鄙に生まれながら 自らの運命に従い 皇帝の妃に。
    生まれながら 王家の姫は 運命られし縁に 時の王妃へと。


    「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」コチラをクリック してください。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでも カオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。

    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    1771年 ナポリ窯が創設される。ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国 フェルディナンド3世治世下の(ナポリ窯)カポデモンテを 1834年 ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印Ginoriを施したものは正当です。ただここからが問題ですがジノリは ナポリを訪れる観光客への街道沿いのお土産屋からの依頼で モニュメント的なベースや キャンドルスタンドなどのモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginoriの施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる 中国製の清水焼に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。

    1869年には リチャード社を 合併して 今の リチャードジノリ社になりました。(真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年ごろからリモージュのカオリンを 用いることで完璧な白磁を完成させております。特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して 新しい 芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。


  • リチャードジノリ・クリッパー スープC/S 30%Off
    リチャードジノリ・クリッパー スープC/S 30%Off
    6,048円
    本体価格: ¥8.000

    アルモニアシェープ (現在は エコーシェープ)

    18世紀後半 喫茶の習慣が ひろまり アルコール類が 退廃的とされ ますます 紅茶葉が 求められ 快速船ティー・クリッパーの 登場するところと なりました。沢山の名窯に よく似た共通の シリーズが ありますが この小旗シリーズは 多分 ジノリだけだと思います。
    モダーンなシェイプの使い勝手な良さと シンプルでスポーティーなデザインが世界中に受けて ジノリを代表する 一作となっております。
  • リチャードジノリ 【クリッパー】  キャンドルスタンド H15cm 20%Off
    リチャードジノリ 【クリッパー】  キャンドルスタンド H15cm 20%Off
    12,096円

    本体価格:¥14.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。 


    キャンドル
    古代エジプトではミイラ作成などで古くから蜜蝋が使われており、2300年前のツタンカーメンの王墓からは燭台が発見されていることから古くからろうそくが使われていた。紀元前3世紀のエトルリア(イタリアの一部)の遺跡から燭台の絵が出土し、この時代にろうそくがあったことは確かだとされる。この時代の中国の遺跡でも燭台が出土している。
    ヨーロッパにおいては、ガス灯の登場する19世紀まで、室内の主な照明として用いられた。キリスト教の典礼で必ず使われるため、修道院などでミツバチを飼い、巣板から蜜ろうそくを生産することが行われた。釣燭台(シャンデリア)は本来ろうそくを光源とするものであり、従僕が長い棒の先に灯りをつけ、ろうそくにそれぞれ点火した。蜜ろうそくのほかには獣脂を原料とするろうそくが生産された。マッコウクジラの脳油を原料とするものが高級品とされ、19世紀にはアメリカ合衆国を中心に盛んに捕鯨が行われた。

    RG クリッパー キャンドル

    和蝋燭

    日本でろうそくが最初に登場したのは奈良時代である。当時のろうそくは中国から輸入された蜜ろうそくと考えられている。恐らく、仏教の伝来とともにあわせて伝わった。平安時代になり、蜜ろうそくに代わって松脂ろうそくの製造が始まったと考えられる。その後、和ろうそくと呼ばれる はぜの蝋や漆の蝋などを使ったものに変わり、江戸時代にはろうと松ヤニと混ぜてハードワックスにしていた。また、江戸時代には木蝋の原料となるハゼノキが琉球から伝わり、外出用の提灯のための需要が増えたこともあって、和ろうそくの生産量が増えた。和ろうそくは裸で使うより提灯などに入れて使うことが多かったので、蝋が減っても炎の高さが変わりにくいように上の方が太く作られていた。明治以降の西洋ろうそくの輸入により、その地位も取って代わられている。

    産業革命、石油化学工業の発達により18世紀後半以降、石油パラフィンからろうそくが作られるようになり、工業的大量生産が可能になった。厳密には蝋ではないが、「ろうそく」として最も普及している。


    クリッパーとは、19世紀に発達した大型帆船のこと。快速帆船と訳されることもある。大部分はアメリカ合衆国とイギリスの造船所で造られたが、フランスやブラジル、オランダなど他の国でも建造された。
    積載量よりも速度を重視していたことから、一般的に全長に比して狭い船体と、多くのマストと帆を持っていた。多くはシップ型帆装で多くの横帆を持ち、スピードを得るために広大な総帆面積を誇る。そういった外観から熱狂的なファンが多く、帆船模型では定番となっている。イギリスのカティーサークを始め、保存されている船も存在する。
    イギリス本国とオーストラリアやニュージーランドを繋ぐクリッパーの航路。吠える40度と呼ばれる強風を利用している。

    カティー・サーク ゲール語で「短いシミーズ」
    ティークリッパー、カティー・サーク

    クリッパーは1843年、好景気により急激に増える茶の需要に応じる形で、アジアからの輸送を迅速に行うために使用され始めたとされる。クリッパー需要は1848年にカリフォルニア、1851年にオーストラリアで金が発見されると加熱していくが、1869年に大陸横断鉄道とスエズ運河が完成すると急速に衰退していった。
    1885年にはカティーサーク(ゲール語で「短いシミーズ」)がシドニー〜ロンドン間を72日という最速記録を打ち立てている。

    カティー・サークの船首像
    カティー・サークの船首像

    カティー・サーク ゲール語(スコットランド)で「短いシミーズ」 R・バーンズ 作の詩「タモシャンター」に登場する魔女に由来します。、
    農夫のタムが馬にのって家路を急いでいると、悪魔や魔法使いが集会をしているところに出くわしました。そこでタムは、カティサークを身にまとった若くて妖艶な魔女に魅了され、思わず手を出そうとしました。そのとたん、にわかに空が暗くなり、魔女たちがタムを捕まえようとしました。タムは馬に疾駆して、命からがら逃げ出しました。カティサークの魔女は馬の尾をつかまえましたが、尾が抜けてしまったため、タムは逃げのびることができました。
    帆船『カティーサーク』の船首像はカティサークを身にまとった魔女であり、その手には馬の尾が握りしめられてます。


    カティサークは現存する唯一のティークリッパーとしてロンドン近郊のグリニッジで保存展示されている。


    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    アルモニアシェープ (現在は エコーシェープ)


    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。


    18世紀後半 喫茶の習慣が ひろまり アルコール類が 退廃的とされ ますます 紅茶葉が 求められ 快速船ティー・クリッパーの 登場するところと なりました。沢山の名窯に よく似た共通の シリーズが ありますが この小旗シリーズは 多分 ジノリだけだと思います。

    モダーンなシェイプの使い勝手の良さと シンプルでスポーティーなデザインが 世界中に受けて ジノリを代表する 一作となっておりました。


    類稀な 美貌と知性の女性は 鄙に生まれながら 自らの運命に従い 皇帝の妃に。
    生まれながら 王家の姫は 運命られし縁に 時の王妃へと。


    「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」 コチラをクリック してください。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。

    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。






  • リチャードジノリ・クリッパー 18cmスフレボウル 20%Off
    リチャードジノリ・クリッパー 18cmスフレボウル 20%Off
    7,776円

    本体価格: ¥9.000

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    アルモニアシェープ (現在は エコーシェープ)

    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。

    18世紀後半 喫茶の習慣が ひろまり アルコール類が 退廃的とされ ますます 紅茶葉が 求められ 快速船ティー・クリッパーの 登場するところと なりました。沢山の名窯に よく似た共通の シリーズが ありますが この小旗シリーズは 多分 ジノリだけだと思います。

    モダーンなシェイプの使い勝手の良さと シンプルでスポーティーなデザインが 世界中に受けて ジノリを代表する 一作となっておりました。

  • リチャードジノリ・クリッパー 10cmスフレボウル 30%Off
    リチャードジノリ・クリッパー 10cmスフレボウル 30%Off
    3,024円
    本体価格:¥4.000

    エコー(アルモニア)シェープ

    18世紀後半 喫茶の習慣が ひろまり アルコール類が 退廃的とされ ますます 紅茶葉が 求められ 快速船ティー・クリッパーの 登場するところと なりました。沢山の銘窯に よく似た共通の シリーズが ありますが この小旗シリーズは 多分 ジノリだけだと思います。
  • リチャードジノリ・クリッパー 14cmフルーツコンポーチャー 20%Off
    リチャードジノリ・クリッパー 14cmフルーツコンポーチャー 20%Off
    6,480円

     本体価格:¥7.500

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    アルモニアシェープ (現在は エコーシェープ)

    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。

    18世紀後半 喫茶の習慣が ひろまり アルコール類が 退廃的とされ ますます 紅茶葉が 求められ 快速船ティー・クリッパーの 登場するところと なりました。沢山の名窯に よく似た共通の シリーズが ありますが この小旗シリーズは 多分 ジノリだけだと思います。

    モダーンなシェイプの使い勝手の良さと シンプルでスポーティーなデザインが 世界中に受けて ジノリを代表する 一作となっておりました。

  • リチャードジノリ・クリッパー 27cmラウンドディッシュ 20%Off
    リチャードジノリ・クリッパー 27cmラウンドディッシュ 20%Off
    19,008円

    本体価格: ¥22.000

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    アルモニアシェープ (現在は エコーシェープ)

    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。

    18世紀後半 喫茶の習慣が ひろまり アルコール類が 退廃的とされ ますます 紅茶葉が 求められ 快速船ティー・クリッパーの 登場するところと なりました。沢山の名窯に よく似た共通の シリーズが ありますが この小旗シリーズは 多分 ジノリだけだと思います。
    モダーンなシェイプの使い勝手の良さと シンプルでスポーティーなデザインが 世界中に受けて ジノリを代表する 一作となっておりました。

     

  • リチャードジノリ・クリッパー 26cmプレート 20%Off
    リチャードジノリ・クリッパー 26cmプレート 20%Off
    5,184円

    本体価格: ¥6.000

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが 
    お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    アルモニアシェープ (現在は エコーシェープ)

    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。

    18世紀後半 喫茶の習慣が ひろまり アルコール類が 退廃的とされ ますます 紅茶葉が 求められ 快速船ティー・クリッパーの 登場するところと なりました。沢山の名窯に よく似た共通の シリーズが ありますが この小旗シリーズは 多分 ジノリだけだと思います。
    モダーンなシェイプの使い勝手の良さと シンプルでスポーティーなデザインが 世界中に受けて ジノリを代表する 一作となっておりました。

     

  • リチャードジノリ・クリッパー 21cmプレート 30%Off
    リチャードジノリ・クリッパー 21cmプレート 30%Off
    3,024円
    本体価格: ¥4.000

    24cmプレート 5000→3500円(本体価格) 

(カテゴリー内:16点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索