カテゴリー

全件表示 (5298) 福袋 (12) 新入荷商品 (70) クリスマスフェア (115) お歳暮ギフトフェア (108) 祝 勤労感謝の日フェア (69) アウガルテン (89) アビランド (412) アラビア (4) ウェッジウッド (1174) エインズレイ (56) エルメス (143) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (26) スポード/ダッチェス (17) スワロフスキー (93) バカラ (267) ビレロイボッホ (8) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (60) ブルガリ・ローゼンタール (37) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (437) ボヘミア (66) ホヤ (18) マイセン (502) ミントン (44) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (893) その他 (1) 赤にわとり/ オロディドッチア (7) アクアレール / ストレッサー (15) イントラ/ ジオカルティン/ ジュエリー/ デルフィー (9) アガサブルーフラワー (31) アマデウスジャーダー&ブルー (27) アマデウス・トリオンフォ・イタリアーノ (12) アマデウスの唄 ジャーダー (18) アマデウスの唄 トラメ (18) アマデウスの唄 ブルー (21) アラゴスタ/ フィッシュデコー (13) アンティックローズ (8) アンティコ・エデン/ チェリー/ ミレーラ (16) イタリアンシーン(フィレンツェ) (14) イタリアンフルーツ (30) インペロフルーツ (13) ベッキオフルーツ(ペルージャ)/ ヴァル・ド・オルチャ (13) イヤー/ ナタールプレート (5) インペロカメリア (15) インペロジュリエッタ (18) インペロスカラ (8) インペロダイヤモンド (3) インペロミストラル (16) インペロメッシュ(ポルトフィノ) (5) インペロイェロー (12) インペログリーン (12) インペロブラック (21) インペロブルー (9) インペロロッソ (12) インペロ色々 (16) エルバ/ カプリ (7) オリエントエクスプレス (7) ガーデンローズ (8) カポデモンテ (4) カラーコレクション (2) グランデューカ (12) クリッパー (16) サボイア家 森の果実 (1) サンタマルガリータ/ 手作りの花 (2) ジオポンティ・ファンティニ・フィグレ・ムーゼ (4) ジャルディーノブルー (6) ジュビレオコレクション (22) シリウス座/ ヌヴォラアイリス (17) ヅッカ/ ボルドオロ (2) トスカーナ (13) パールブルー (2) ピノキオ (2) ピンク・ブルーのチューリップ/ りんごの花 (11) ファルダ / インテリアデザイン (7) ファルファッレフィオリータ (2) プリマヴェーラ (6) プリンセスローズ (11) ベッキオ・グレース (8) ベッキオ・ジェンマ(翡翠) (19) ベッキオ・フィオーリ(レバント) (11) ベッキオ・ホワイト (96) ベネチアンローズ (7) ボルドーブルー (10) ホワイトアイリス (2) ホワイト・アンティコ/ デダロ/ ヴェラ/ ラゴ (4) ボンジョルノストロベリー (3) ボンショルノチェリー (15) ボンジョルノプルーン (14) マルコポーロ・ブルー/ レッド (4) ミュージオ・クラシコ (16) ミュージオ・パストラーレ/ フィオッコ (14) ミュージオ・ドッチア/ ローマ (2) ミュラレス(壁画)  (1) メダイオン (20) ラベロ (36) ローズブルー (17) ロイヤルブルー (6) ロゼリーニ (6) リヤドロ (78) レイノー (5) ローゼンタール ロイヤルアルバート (64) ロイヤルウースター (27) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (434) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

リチャードジノリ > ベッキオ・ホワイト

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • リチャードジノリ 【ベッキオホワイト】  19cmラウンドディッシュ5235 17%Off
    リチャードジノリ 【ベッキオホワイト】  19cmラウンドディッシュ5235 17%Off
    2,241円

    本体価格: ¥2.500


    小さい写真をクリックすると 拡大します。

        


    通常15%Off  売り切れ 新入荷  お披露目価格 17%Off

    ヴェッキオ橋またはポンテ・ヴェッキオは、イタリアのフィレンツェを流れるアルノ川に架かる橋。イタリア語で「古い橋」の名が示すとおり、フィレンツェ最古の橋であり、先の大戦を生き延びたフィレンツェ唯一の橋である。河川の氾濫などで何度か建て直されており、現在の橋は1345年に再建されたもの。橋の上に宝飾店が建ち並んでいることで知られる。
    プッチーニのオペラ『ジャンニ・スキッキ』のアリア「私のお父さん」「お父様にお願い」で娘のラウレッタが「お父さん、もしリヌッチョと結婚できないなら、私、ポンテ・ヴェッキオからアルノ川に身投げしてしまうから」と脅すのでも有名で、フィレンツェの代表的な観光スポットになっている。
    ポンテ
    霧に包まれたポンテ・ヴェッキオ

    バロック 絵画
    パリスの審判は、ギリシア神話の一挿話で、トロイア戦争の発端とされる事件である。
    イリオス(トロイア)王プリアモスの息子パリス(アレクサンドロス)が、神々の女王ヘーラー・知恵の女神アテーナー・愛と美の女神アプロディーテー(ローマ神話においては、ユーノー・ミネルウァ・ウェヌス)という天界での抜群の三美神のうちで誰が最も美しいかを判定させられた。この時、女神たちは様々な賄賂による約束をしてパリスを買収しようとした。ヘーラーは「アシアの君主の座」、アテーナーは「戦いにおける勝利」を与えることを申し出た。しかし、結局「最も美しい女を与える」としたアプロディーテーが勝ちを得た。「最も美しい女」とはすでにスパルタ王メネラーオスの妻となっていたヘレネーのことで、これがイリオス攻め(トロイア戦争)の原因となった。トロイア戦争の間にパリスを憎むヘーラーとアテーナーとはギリシア側に肩入れした。なお古い伝承ではパリスがアプロディーテーの加護の下に置かれ、ヘレネーが連れ去られたとするが、後にゼウスの娘であるヘレネーは半神とみなされ、不敬を避けるためパリスが略奪したのは、ヘレネーに似せて作られた雲で出来た像であったとする説ができた。
    『パリスの審判』 ジャン=バプティスト・ルニョー作 (1820年頃) シュツットガルト州立美術館蔵
    『パリスの審判』 ジャン=バプティスト・ルニョー作 (1820年頃) シュツットガルト州立美術館蔵

    ヘレネーとパリス、ジャック=ルイ・ダヴィッド(1788)
    「ヘレネーとパリス」 ジャック=ルイ・ダヴィッド(1788) ルーヴル美術館

    バロック様式 華やかなホワイト 
    優に300年の古きにわたり 愛され続けた エンボス模様と シェイプは 世界中の プロから アマチュアまでに 大人気

    ベッキオシェープ
    ベッキオとは 古い伝統の という意味です。今でこそ ベッキオシェイプは ジノリの十八番と なっておりますが 洋食器ファンの ご明察どおり 昔から たくさんの 銘窯で焼かれており マイセン(#02)や ロイヤルコペンハーゲン(カーブ) ヘレンド(ロカイユ)等でも 現在まで 継続 存在しており 慣れ親しまれたシェイプです。 

    「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」 詳しくは コチラをクリック してください。

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。

    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」

    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。

  • リチャードジノリ・ベッキオホワイト 30cmオーバルワインクーラー 5456 30%Off
    リチャードジノリ・ベッキオホワイト 30cmオーバルワインクーラー  5456 30%Off
    42,336円

    本体価格: ¥56.000

    正式には ジノリホワイト

    バロック様式 華やかなホワイト 
    優に300年の古きにわたり 愛され続けた エンボス模様と 
    シェイプは 世界中の プロから アマチュアまでに 大人気

    ベッキオシェープ
    ベッキオとは 古い伝統の という意味です。今でこそ ベッキオシェイプは ジノリの
    十八番と なっておりますが 洋食器ファンの ご明察どおり 昔から たくさんの 銘
    窯で焼かれており マイセン(#02)や ロイヤルコペンハーゲン(カーブ) ヘレンド(ロ
    カイユ)等でも 現在まで 継続 存在しており 慣れ親しまれたシェイプです。 

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯
    によって 開窯されました。

  • リチャードジノリ・ベッキオホワイト 21cmオーバルトレイ 5277 30%Off
    リチャードジノリ・ベッキオホワイト 21cmオーバルトレイ 5277 30%Off
    4,536円
    本体価格: ¥6.000
  • リチャードジノリ・ベッキオホワイト 16cmオーバルトレイ 5275 30%Off
    リチャードジノリ・ベッキオホワイト 16cmオーバルトレイ 5275 30%Off
    2,646円
    本体価格: ¥3.500
  • リチャードジノリ 【ベッキオホワイト】  21cmスクェアディッシュ5269 25%Off 
    リチャードジノリ 【ベッキオホワイト】  21cmスクェアディッシュ5269 25%Off 
    8,100円

    本体価格: ¥10.000


    小さい写真を クリックすると 拡大します。


    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。



    ヴェッキオ橋またはポンテ・ヴェッキオは、イタリアのフィレンツェを流れるアルノ川に架かる橋。イタリア語で「古い橋」の名が示すとおり、フィレンツェ最古の橋であり、先の大戦を生き延びたフィレンツェ唯一の橋である。河川の氾濫などで何度か建て直されており、現在の橋は1345年に再建されたもの。橋の上に宝飾店が建ち並んでいることで知られる。
    プッチーニのオペラ『ジャンニ・スキッキ』のアリア「私のお父さん」「お父様にお願い」で娘のラウレッタが「お父さん、もしリヌッチョと結婚できないなら、私、ポンテ・ヴェッキオからアルノ川に身投げしてしまうから」と脅すのでも有名で、フィレンツェの代表的な観光スポットになっている。
    ポンテ
    霧に包まれたポンテ・ヴェッキオ

    バロック 絵画
    ヨアヒム・ウテワール - パリスの審判 (1615)
    ヨアヒム・ウテワール (1566年 - 1638年)は、オランダの画家・銅版画家。
    ウテワールはユトレヒトで生まれ、ステンドグラス職人の父の工房で働くことで芸術家としてのキャリアをスタートさせた。1586年、最後のマニエリスム画家の一人であるウテワールは、多くの画家たちが自然主義的な様式を採用したときにマニエリスムの伝統を守った。(バロックに分類されていましたが 間違いとも言えません。最後のマニエリスム ほとんどバロック)
    バロック様式の魅力は、16世紀のマニエリスム芸術の繊細さや知的な特質から、感覚に向けられた直感的なものへと意識的に移行した。今日では「初期バロック」と分類されることもある芸術家たちの影響も見出される。
    バロック様式は1580年頃に始まった。16世紀末から17世紀初頭にかけイタリアのローマ、マントヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェで誕生し、ヨーロッパの大部分へと急速に広まった美術・文化の様式である。バロック芸術は秩序と運動の矛盾を超越するための大胆な試みとしてルネサンスの芸術運動の後に始まった。カトリック教会の対抗改革(反宗教改革運動)や、ヨーロッパ諸国の絶対王政を背景に、影響は彫刻、絵画、文学、建築、音楽などあらゆる芸術領域に及び、誇張された動き、凝った装飾の多用、強烈な光の対比のような劇的な効果、緊張、時として仰々しいまでの豊饒さや壮大さなどによって特徴づけられる。18世紀後半には新古典主義(文学、音楽は古典主義)へと移行した。
    ルーベンス,レンブラント,フェルメール,ベラスケス,ニコラ・プッサン,ジョルジュ・ド・ラ・トゥール,カラヴァッジオ
    バロックを代表する画家達の絵は 人気のパリスの審判 (ルーベンス  この画題を気に入ってか 5作品を残している。)等で拝借しておりますので 本日は ルネッサンスーマニエリスムーバロックへの流れと重なりに少し触れてみました。

    パリスの審判は、ギリシア神話の一挿話で、トロイア戦争の発端とされる事件である。
    イリオス(トロイア)王プリアモスの息子パリス(アレクサンドロス)が、神々の女王ヘーラー・知恵の女神アテーナー・愛と美の女神アプロディーテー(ローマ神話においては、ユーノー・ミネルウァ・ウェヌス)という天界での抜群の三美神のうちで誰が最も美しいかを判定させられた。この時、女神たちは様々な賄賂による約束をしてパリスを買収しようとした。ヘーラーは「アシアの君主の座」、アテーナーは「戦いにおける勝利」を与えることを申し出た。しかし、結局「最も美しい女を与える」としたアプロディーテーが勝ちを得た。「最も美しい女」とはすでにスパルタ王メネラーオスの妻となっていたヘレネーのことで、これがイリオス攻め(トロイア戦争)の原因となった。トロイア戦争の間にパリスを憎むヘーラーとアテーナーとはギリシア側に肩入れした。なお古い伝承ではパリスがアプロディーテーの加護の下に置かれ、ヘレネーが連れ去られたとするが、後にゼウスの娘であるヘレネーは半神とみなされ、不敬を避けるためパリスが略奪したのは、ヘレネーに似せて作られた雲で出来た像であったとする説ができた。
    『パリスの審判』 ジャン=バプティスト・ルニョー作 (1820年頃) シュツットガルト州立美術館蔵
    『パリスの審判』 ジャン=バプティスト・ルニョー作 (1820年頃) シュツットガルト州立美術館蔵
    ジャン=バプティスト・ルニョー(1754年~1829年) フランスの画家

    ヘレネーとパリス、ジャック=ルイ・ダヴィッド(1788)
    「ヘレネーとパリス」 ジャック=ルイ・ダヴィッド (1788) ルーヴル美術館
    ジャック=ルイ・ダヴィッド(1748年 - 1825年)は、フランスの新古典主義の画家。18世紀後半から19世紀前半にかけて、フランス史の激動期に活躍した、新古典主義を代表する画家である。
    『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』(1801年、美術史美術館所蔵)
    『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』 (ダヴィッド 1801年、美術史美術館所蔵)


    バロック様式 華やかなホワイト 
    優に300年の古きにわたり 愛され続けた エンボス模様と シェイプは 世界中の プロから アマチュアまでに 大人気


    ベッキオシェープ
    ベッキオとは 古い伝統の という意味です。今でこそ ベッキオシェイプは ジノリの十八番と なっておりますが 洋食器ファンの ご明察どおり 昔から たくさんの 銘窯で焼かれており マイセン(#02)や ロイヤルコペンハーゲン(カーブ) ヘレンド(ロカイユ)等でも 現在まで 継続 存在しており 慣れ親しまれたシェイプです。 


    <a href="http://einsshop.blog43.fc2.com/blog-entry-25874.html" target="_blank" title="「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」 詳しくは コチラをクリック">「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」 詳しくは コチラをクリック</a> してください。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。

     


  • リチャードジノリ・ベッキオホワイト 16cmスクェアディッシュ5268 30%Off
    リチャードジノリ・ベッキオホワイト 16cmスクェアディッシュ5268 30%Off
    4,536円
    本体価格: ¥6.000

    バロック様式 華やかなホワイト 
    優に300年の古きにわたり 愛され続けた エンボス模様と 
    シェイプは 世界中の プロから アマチュアまでに 大人気

    ベッキオシェープ
    ベッキオとは 古い伝統の という意味です。今でこそ ベッキオシェイプは ジノリの十八番と なっておりますが 洋食器ファンの ご明察どおり 昔から たくさんの 銘窯で焼かれており マイセン(#02)や ロイヤルコペンハーゲン(カーブ) ヘレンド(ロ
    カイユ)等でも 現在まで 継続 存在しており 慣れ親しまれたシェイプです。
  • リチャードジノリ・ベッキオホワイト 14cmスクェアディッシュ5267 30%Off
    リチャードジノリ・ベッキオホワイト 14cmスクェアディッシュ5267 30%Off
    3,780円
    本体価格: ¥5.000
  • リチャードジノリ・ベッキオホワイト 12cmスクェアディッシュ5266 30%Off
    リチャードジノリ・ベッキオホワイト 12cmスクェアディッシュ5266 30%Off
    3,024円
    本体価格: ¥4.000

    バロック様式 華やかなホワイト 
    優に300年の古きにわたり 愛され続けた エンボス模様と 
    シェイプは 世界中の プロから アマチュアまでに 大人気

    ベッキオシェープ
    ベッキオとは 古い伝統の という意味です。今でこそ ベッキオシェイプは ジノリの十八番と なっておりますが 洋食器ファンの ご明察どおり 昔から たくさんの 銘窯で焼かれており マイセン(#02)や ロイヤルコペンハーゲン(カーブ) ヘレンド(ロ
    カイユ)等でも 現在まで 継続 存在しており 慣れ親しまれたシェイプです。
  • リチャードジノリ・ベッキオホワイト 24cmシェルディッシュ5253 30%Off
    リチャードジノリ・ベッキオホワイト 24cmシェルディッシュ5253 30%Off
    6,048円
    本体価格: ¥8.000
  • リチャードジノリ・ベッキオホワイト 20cmシェルディッシュ5251 30%Off
    リチャードジノリ・ベッキオホワイト 20cmシェルディッシュ5251 30%Off
    5,292円

    正式には ジノリホワイト

    (グッチ)ジノリ 廃盤になりました。


  • リチャードジノリ・ベッキオホワイト 19cmラウンドディッシュ5235 30%Of
    リチャードジノリ・ベッキオホワイト 19cmラウンドディッシュ5235 30%Of
    1,890円
    本体価格: ¥2.500
  • リチャードジノリ 【ベッキオホワイト】  13cmラウンドディッシュ 17%Off
    リチャードジノリ 【ベッキオホワイト】  13cmラウンドディッシュ 17%Off
    1,344円

    本体価格: ¥1.500


    小さい写真をクリックすると 拡大します。


    通常15%Off  お中元ギフトフェア ( 本日~ 7/10) 17%Off  

    ヴェッキオ橋またはポンテ・ヴェッキオは、イタリアのフィレンツェを流れるアルノ川に架かる橋。イタリア語で「古い橋」の名が示すとおり、フィレンツェ最古の橋であり、先の大戦を生き延びたフィレンツェ唯一の橋である。河川の氾濫などで何度か建て直されており、現在の橋は1345年に再建されたもの。橋の上に宝飾店が建ち並んでいることで知られる。
    プッチーニのオペラ『ジャンニ・スキッキ』のアリア「私のお父さん」「お父様にお願い」で娘のラウレッタが「お父さん、もしリヌッチョと結婚できないなら、私、ポンテ・ヴェッキオからアルノ川に身投げしてしまうから」と脅すのでも有名で、フィレンツェの代表的な観光スポットになっている。
    ポンテV
    ポンテ・ヴェッキオ

    バロック様式芸術の特徴 ダヴィデ像比較
    ダビデは、古代イスラエルの王(在位:前1000年 - 前961年頃)。ダヴィデ、ダヴィドとも。
    羊飼いから身をおこして初代イスラエル王サウルに仕え、サウルがペリシテ人と戦って戦死したのちにユダで王位に着くと、ペリシテ人を撃破し要害の地エルサレムに都を置いて全イスラエルの王となった。旧約聖書の『サムエル記』および『列王記』に登場し、伝統的に『詩篇』の作者とされてきた。イスラム教においても預言者の一人に位置づけられている。英語の男性名デイヴィッド(David)などは彼の名に由来する。
    ミケランジェロ作《ダヴィデ像》ベルニーニ作《ダヴィデ像》
    ミケランジェロ作 ルネサンス期   《ダヴィデ像》  ベルニーニ作 バロック
    静的で直線的なミケランジェロの《ダヴィデ像》と、身体をひねることでうまれる躍動感、斜めのラインや曲線、"瞬間"感や表情のあるベルニーニの《ダヴィデ像》。

    バロック様式 華やかなホワイト 
    優に300年の古きにわたり 愛され続けた エンボス模様と シェイプは 世界中の プロから アマチュアまでに 大人気

    ベッキオシェープ
    ベッキオとは 古い伝統の という意味です。今でこそ ベッキオシェイプは ジノリの十八番と なっておりますが 洋食器ファンの ご明察どおり 昔から たくさんの 銘窯で焼かれており マイセン(#02)や ロイヤルコペンハーゲン(カーブ) ヘレンド(ロカイユ)等でも 現在まで 継続 存在しており 慣れ親しまれたシェイプです。 

    雄雄しく 歴史に名を連ねた 覇者達 彼らが 歴史の頂点を 極めた時 王者に相応しい 王者の尊厳に そむかぬものを求めて 白い黄金にたどり着く。

    「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」 コチラをクリック してください。

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。

    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」

    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。

  • リチャードジノリ 【ベッキオホワイト】  御飯茶碗  12cm 30%Off
    リチャードジノリ 【ベッキオホワイト】  御飯茶碗  12cm 30%Off
    2,268円

     本体価格: ¥3.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。


    通常25%オフ 売り切れ 再入荷 アナウンス価格 30%Off 

    ピーテル・パウル・ルーベンス - パリスの審判 1597 - 1599
    ピーテル・パウル・ルーベンス - パリスの審判 1597 - 1599年 (この画題を気に入ってか 5作品を残している。)
    ピーテル・パウル・ルーベンス、(1577年 - 1640年)は、バロック期のフランドルの画家、外交官。祭壇画、肖像画、風景画、神話画や寓意画も含む歴史画など、様々なジャンルの絵画作品を残した。
    バロック 絵画
    パリスの審判は、ギリシア神話の一挿話で、トロイア戦争の発端とされる事件である。
    イリオス(トロイア)王プリアモスの息子パリスが、神々の女王ヘーラー・知恵の女神アテーナー・愛と美の女神アプロディーテという天界での抜群の三美神のうちで誰が最も美しいかを判定させられた。この時、女神たちは様々な賄賂による約束をしてパリスを買収しようとした。ヘーラーは「アシアの君主の座」、アテーナーは「戦いにおける勝利」を与えることを申し出た。しかし、結局「最も美しい女を与える」としたアプロディーテーが勝ちを得た。「最も美しい女」とはすでにスパルタ王メネラーオスの妻となっていたヘレネーのことで、これがトロイア戦争の原因となった。トロイア戦争の間にパリスを憎むヘーラーとアテーナーとはギリシア側に肩入れした。なお古い伝承ではパリスがアプロディーテの加護の下に置かれ、ヘレネーが連れ去られたとするが、後にゼウスの娘であるヘレネーは半神とみなされ、不敬を避けるためパリスが略奪したのは、ヘレネーに似せて作られた雲で出来た像であったとする説ができた。

    トロイアの木馬は、ギリシア神話に登場する装置である。トロイの木馬とも言われる。トロイア戦争において、トロイア(イーリオス)を陥落させる決め手となった。木でできており、中に人が隠れることができるようになっていた。 転じて、内通者や巧妙に相手を陥れる罠を指して「トロイの木馬」と呼ぶようになったのはここからです。
    トロイア戦争において、ギリシア勢の攻撃が手詰まりになってきたとき、オデュッセウスが木馬を作って人を潜ませ、それをイーリオス市内に運び込ませることを提案した。トロイア戦争の始まる前には、3つの神託がギリシア勢に下されていた。その神託とは、ネオプトレモスの戦争への参加、イーリオスにあるアテーナー神殿にある神像(パラディオン)がトロイアの外に持ち出されること、イーリオス城正門の鴨居が壊されることで、この3つが果たされなければイーリオス城が陥落することは無いとのものであった。ネオプトレモスは戦争に参加し、オデュッセウスとディオメーデースがパラディオンを盗み出し、巨大な木馬を製作して、トロイア人がこれを城内に入れる際、自ら進んで門を破壊するよう仕向ける事にしたのである。このため、大工の技に長けていたエペイオスが木馬の製作を指揮することとなった。エペイオスはイーデー山から木を切り出させ(自軍の船の木材を転用したとも)それを材料に木馬を組み立てた。木馬が完成すると、オデュッセウス達諸将らが乗り込み、最後にエペイオスが乗り込んで扉を閉じた。木馬をイーリオス市内に運び込ませるためには、トロイア人に顔を知られていない者が1人で残り、敵を欺く必要があった。この役にはシノーンが立候補した。残りのギリシア勢は寝泊りしていた小屋を焼き払い、船で近くのテネドス島に移動した。夜が明けると、トロイア人は、ギリシア人が消えうせ、後に木馬が残されていることに気がついた。勝利がもたらされたと信じたトロイア人は、市内から出てきて木馬の周りに集まり、シノーンを発見した。トロイア人たちはシノーンを拷問し、ギリシア人の行方や木馬の作られたいきさつを問いただした。シノーンは 「ギリシア人は逃げ去った。木馬はアテーナーの怒りを鎮めるために作ったものだ。そして、なぜこれほど巨大なのかといえば、この木馬がイーリオス城内に入ると、この戦争にギリシア人が負けると予言者カルカースに予言されたため 入れられないほど大きくした。」としてトロイア人を欺き通した。
    ジョヴァンニ・ドメニコ・ティエポロ - トロイアの木馬の行進
    トロイアの木馬の行進 ジョヴァンニ・ドメニコ・ティエポロ
    ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ(1696年、ヴェネツィア - 1770年、マドリード)は、ルネサンス最後期のイタリアの画家。本名はジャンバッティスタ・ティエポロ。彼は18世紀のイタリアを代表する偉大な画家であり、ルネサンス期の美術絵画の伝統を締めくくる最後の巨匠である。ティエポロは稀代のフレスコ画の名手であり、瑞々しく壮麗な作風は底抜けに明るくきらびやかで バロック的な躍動感とロロコ的な優美な装飾性を兼ね備えていた画風。
    欺かれたトロイア人たちは 木馬を引いて市内に運び込んだ。ラーオコオーンらが市民たちをいさめ、木馬に槍を投げつけた。その直後、海から2匹の大蛇が現れ、ラーオコオーンとその二人の息子をくびり殺したため、市民たちは考えを変えた。門は木馬を通すには狭かったので、壊して通した。そして、アテーナーの神殿に奉納した。トロイア人はその後、市を挙げて宴会を開き、全市民が酔いどれ眠りこけた。守衛さえも手薄になっていた。
    市民たちが寝静まった夜、木馬からオデュッセウスたちが出てきた。そして計画どおり松明でテネドス島のギリシア勢に合図を送り、彼らを引き入れた。その後ギリシア勢はイーリオス市内をあばれまわった。酔って眠りこけていたトロイア人たちは反撃することができず、アイネイアースなどの例外を除いて討たれてしまった。トロイアの王プリアモスも殺され、ここにトロイアは滅亡した。

    バロックとは、16世紀末から17世紀初頭にかけイタリアのローマ、マントヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェで誕生し、ヨーロッパの大部分へと急速に広まった美術・文化の様式である。バロック芸術は秩序と運動の矛盾を超越するための大胆な試みとしてルネサンスの芸術運動の後に始まった。カトリック教会の対抗改革(反宗教改革運動)や、ヨーロッパ諸国の絶対王政を背景に、影響は彫刻、絵画、文学、建築、音楽などあらゆる芸術領域に及び、誇張された動き、凝った装飾の多用、強烈な光の対比のような劇的な効果、緊張、時に仰々しい豊饒や 壮大さによって特徴づけられる。18世紀半ばにロココ(バロックの延長とも) 18世紀後半には新古典主義へと移行した。
    バロックという概念の誕生と発展
    バロックという語は、真珠や宝石のいびつな形を指すポルトガル語のbarrocoから来ている。現在の意味での「バロック」という語は、様式の時期や呼称の大半がそうであるように、後世の美術評論家によって作り出されものであり、17-18世紀の当事者によるものではなかった。当時の芸術家は自身を「バロック」ではなく古典主義であると考えていた。彼らは中世のフォルムや、建築のオーダーや、ペディメントや、古典的なモデナチュールといったギリシア・ローマの題材を利用していた。「バロック」の語は16世紀末のローマで生まれた。フランスでは、この語は1531年には真珠について用いられており、17世紀末には比喩的な意味で用いられるようになった。また、中世の学者が論理体系を構築するうえで複雑で難解な論法を指すのに使ったラテン語のBarocoからきたともされる。
    バロックの巨匠、ジョバンニ・ロレンツォ・ベルニーニの『アポロンとダフネ』
    バロックの巨匠、ジョバンニ・ロレンツォ・ベルニーニの『アポロンとダフネ』
    ある日、アポロンはエロス(キューピッド)が弓矢で遊んでいるのを見て、子供がおもちゃにするものではないよ、とからかった。
    エロスは、怒って、恋に陥る金の矢をアポロンに向かって放ち そして、恋を拒む鉛の矢を川の神の娘、ダフネに射た。二本の矢が、二人の胸にささった瞬間から、アポロンはダフネを恋し、ダフネはアポロンを拒否した。アポロンはダフネを追いかけ ダフネはどこまでも逃げた。ダフネは父親の川の神のところへ駆け込み、「助けてください、お父様、私の姿を変えてください。」と言った。彼女の姿が変っていき 足元から月桂樹の木になっていった。アポロンが追いついたとき、ダフネは最後の人の心臓の鼓動を鳴らせていた。アポロンは、ダフネへの愛のしるしに、ダフネの月桂樹の葉で冠を作り、生涯それを頭にかぶっていた。

    アポローンは、ギリシア神話に登場する男神。オリュンポス十二神の一人であり、ゼウスの息子である。詩歌や音楽などの芸能・芸術の神として名高いが、羊飼いの守護神にして光明の神でもあり、イーリアスにおいてはギリシア兵を次々と倒した「遠矢の神」であり、疫病の矢を放ち男を頓死させる神であるとともに病を払う治療神でもあり、神託を授ける予言の神としての側面も持つなど、付与された性格は多岐に亘る。もとは小アジアに起源をもつ神格で、本来は繁茂する植物の精霊神から転じて牧畜を司る神となったという説や、北方の遊牧民に起源を求める説など、アポローンの出自については諸説あり、複数の神格の習合を経て成立したものとも考えられている。古典期のギリシアにおいては理想の青年像と考えられ、また、ヘーリオス(太陽)と同一視されるようにもなった。日本語のカタカナ表記ではアポローン、または長母音を省略してアポロンとするのが通例である。

    バロック様式 華やかなホワイト 
    優に300年の古きにわたり 愛され続けた エンボス模様と シェイプは 世界中の プロから アマチュアまでに 大人気

    ベッキオシェープ
    ベッキオとは 古い伝統の という意味です。今でこそ ベッキオシェイプは ジノリの十八番と なっておりますが 洋食器ファンの ご明察どおり 昔から たくさんの 銘窯で焼かれており マイセン(#02)や ロイヤルコペンハーゲン(カーブ) ヘレンド(ロカイユ)等でも 現在まで 継続 存在しており 慣れ親しまれたシェイプです。                   

    リチャードジノリ 【 ベッキオホワイト 】  売り切れ 再入荷 アナウンス価格 お宝倉庫に 買い物籠 有ります。
    どの写真もクリックで拡大

    「欧州磁器戦争史 (リチャードジノリ)」 詳しくは コチラをクリック してください。
    「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」

    そして それはヨーロッパ文化の論理的価値観の体現(具体的表現)にほかなりません。
    各々が 各々を 最善に主張しながら 全体の場を 相乗的に盛り上げます。
    洋食器は ヨーロッパの 論理的価値観が生み出した 交響楽 そのものです。
    洋食器店 そう呼べるのが アインです。
    なぜ アインが?
    それは まごうことなき洋食器が 所を得て キラ星の如くあるからです。
    作る人 商う人 購う人 この三者の 苦しくも 楽しき努力は 
    振舞われる人の いともたやすき理解 感嘆となるでしょう。
    オーケストラ それは洋食器です。
    されど洋食器の殿堂 それは黙して奏でます。
    美しき妖精達は 美しき日本の貴方の琴線に 触れずにはおかないでしょう。

  • リチャードジノリ 【ベッキオホワイト】 12cmオーバルディッシュ 5069 ペア 35%Off
    リチャードジノリ 【ベッキオホワイト】 12cmオーバルディッシュ 5069 ペア 35%Off
    4,212円

    本体価格: ¥6.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。      


    バロック 絵画
    ティツィアーノルクレティアの陵辱。
    ティツィアーノ ‘タルクィニウスとルクレティア’ ルクレティアの陵辱(1571年 フィッツウィリアム美)
    ルクレティア(紀元前509年没)は紀元前6世紀にローマを王政から共和政へと移行させる契機になったとされる女性。イタリア語ではルクレツィアとなる。他の共和政初期の人物同様実在には疑問がある。
    伝承によればルクレティアはS・ルクレティウス・Tの娘で、コッラティヌスの貞淑な妻であった。
    紀元前509年、ローマはルトゥリ人のアルデアを攻撃中で、ルクレティアの夫コッラティヌスもこの陣中に滞在していた。この陣中でL・T・スペルブス王の王子タルクィニウスらとコッラティヌスは妻を比べあった結果、陣営を抜け出し実際に妻たちのもとへ行きその貞淑を確かめることになった。王家の妻たちが宴会に興じているのに対してルクレティアだけは夫の留守を守り、貞節を守っていた。この結果を確認したのち一行は陣中に戻っていった。このときルクレティアの姿を見た王子タルクィニウスは彼女に横恋慕し、数日後今度は一人でルクレティアのもとを訪れた。夜になり、タルクィニウスはルクレティアを強姦しようとし部屋に侵入した。剣で脅したがルクレティアは死をおそれず屈しなかった。しかし殺害後に裸の奴隷の死体とともに置き姦通の最中に殺されたかのようにするとの脅しには、その恥辱に耐えることはできなかった。タルクィニウスの去った後、ルクレティアはローマの父ルクレティウスと陣営の夫コッラティヌスを呼び出した。父はV・ウァレリウスを、夫はルキウス・U・ブルトゥス(ブルータス)を伴って駆けつけた。ルクレティアはそろった4人の男の前ですべてを告白し、男たちに復讐を誓わせると短剣で自らの命を絶った。この事件が契機となり復讐を誓った男たち 伝説では、この報を聞いたブルトゥスが息絶えたルクレティアの胸に刺さった小刀を手に取り、「ただちにタルクィニウスの一族を追放させよ」とローマの民衆を煽動したと伝えられ、王家はローマから追放された。その後成立した共和政ローマの最初の執政官には 実質的な設立者ブルトゥスとコッラティヌス(妻の命を差し出しただけの無能者と揶揄され ローマから逃避する)が、その後の補充執政官としてウァレリウスとルクレティウスが就任している。その後、亡命した国王タルクィニウスが他のエトルリア人勢力と同盟を結んでローマに侵攻(レギッルス湖畔の戦い、第一次ラティウム戦争)、またローマ内でも王政復古を画策する王党派の陰謀が明るみに出るなど受難が続くが、ルキウスは陰謀に加担していた自分の息子ティトゥスを容赦無く処刑するなど断固とした態度で挑み、共和制維持のために尽力した。また防戦のため、自ら軍を率いて出征を重ねるも、その途上で戦死したと言われている。死後も共和政ローマの理念を象徴する者とされ、ガイウス・ユリウス・カエサル(シーザー)が王位への野心を露にしたときには、ルキウスの像に「ブルトゥスは最初の執政官となって王を追放したのに、こいつ(シーザー)は執政官を追放して、ついに我々の王位に上り詰めた」と書かれたと伝わっている。ちなみに 後のシーザー暗殺の立役者 ブルータスはブルトゥスの末裔です。「因果はめぐる糸車、明日はわからぬ風車、臼で粉引く水車、我が家の家計は火の車、車は急には止まれない、すべて世の中堂々巡り・・・」

    ルクレティアの物語は多くの文学・美術作品の主題となっている。

    バロックとは、16世紀末から17世紀初頭にかけイタリアのローマ、マントヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェで誕生し、ヨーロッパの大部分へと急速に広まった美術・文化の様式である。バロック芸術は秩序と運動の矛盾を超越するための大胆な試みとしてルネサンスの芸術運動の後に始まった。カトリック教会の対抗改革(反宗教改革運動)や、ヨーロッパ諸国の絶対王政を背景に、影響は彫刻、絵画、文学、建築、音楽などあらゆる芸術領域に及び、誇張された動き、凝った装飾の多用、強烈な光の対比のような劇的な効果、緊張、時に仰々しい豊饒や 壮大さによって特徴づけられる。18世紀半ばにロココ(バロックの延長とも) 18世紀後半には新古典主義へと移行した。
    バロックという概念の誕生と発展
    バロックという語は、真珠や宝石のいびつな形を指すポルトガル語のbarrocoから来ている(ただし名詞barrocoはもともとはいびつな丸い大岩や、穴や、窪地などを指していた。いずれにせよ、この語にはいびつさの概念が含まれていたと思われる。)
    現在の意味での「バロック」という語は、様式の時期や呼称の大半がそうであるように、後世の美術評論家によって作り出されたものであり、17-18世紀の当事者によるものではなかった。当時の芸術家は自身を「バロック」ではなく古典主義であると考えていた。彼らは中世のフォルムや、建築のオーダーや、ペディメントや、古典的なモデナチュールといったギリシア・ローマの題材を利用していた。「バロック」の語は16世紀末のローマで生まれた。フランスでは、この語は1531年には真珠について用いられており、17世紀末には比喩的な意味で用いられるようになった。また、中世の学者が論理体系を構築するうえで複雑で難解な論法を指すのに使ったラテン語のBarocoからきたともされる。
    ペタヤヴェシの教会
    バロック建築の最盛期 南ドイツ、ミュンヘン南南西約100km の片田舎 Wies に建てられた、バロックの中でも非常に美しいWies の教会 1746〜54(Dominicus Zimmermann 設計)

    ある方のブログ 北欧建築ゼミ において 「このペタヤヴェシの教会と同時期、ヨーロッパ大陸ではバロック建築の最盛期を迎えていました。南ドイツ、ミュンヘン南南西約100km の片田舎 Wies に建てられた」 北欧建築との対比とされた Wies の教会 を コンピューターは ペタヤヴェシの教会 と拾っており バロック建築を見ると  Wies の教会 の写真が ペタヤヴェシの教会となっております。

    本当のペタヤヴェシの教会 の説教壇
    ペタヤヴェシの教会
    「擬洋風建築を造った明治時代の日本の棟梁達のように、「オラなんかで見たけんどヨ、女が屋根サ支えてるギリシャのナンタラッツーお寺がアルッペ、あれでいぐべー」ナンテ言いながらこの説教壇を片田舎の大工さん達が楽しんで造ったのではないでしょうか・・・』面白いので原文引用

    『正式にはジノリホワイト』

    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。

    お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    バロック様式 華やかなホワイト 
    優に300年の古きにわたり 愛され続けた エンボス模様と シェイプは 世界中の プロから アマチュアまでに 大人気

    ベッキオシェープ
    ベッキオとは 古い伝統の という意味です。今でこそ ベッキオシェイプは ジノリの十八番と なっておりますが 洋食器ファンの ご明察どおり 昔から たくさんの 銘窯で焼かれており マイセン(#02)や ロイヤルコペンハーゲン(カーブ) ヘレンド(ロカイユ)等でも 現在まで 継続 存在しており 慣れ親しまれたシェイプです。 

    雄雄しく 歴史に名を連ねた 覇者達 彼らが 歴史の頂点を 極めた時 王者に相応しい 王者の尊厳に そむかぬものを求めて 白い黄金にたどり着く。

    「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」 コチラをクリック してください。

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。

    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」

    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。

  • リチャードジノリ・ベッキオホワイト 12cmオーバルディッシュ5069 30%Off
    リチャードジノリ・ベッキオホワイト 12cmオーバルディッシュ5069 30%Off
    2,268円

    本体価格: ¥3.000

    正式には ジノリホワイト
       
    バロック様式 華やかなホワイト 
    優に300年の古きにわたり 愛され続けた エンボス模様と 
    シェイプは 世界中の プロから アマチュアまでに 大人気

    ベッキオシェープ
    ベッキオとは 古い伝統の という意味です。今でこそ ベッキオシェイプは ジノリの十八番と なっておりますが 洋食器ファンの ご明察どおり 昔から たくさんの 銘窯で焼かれており マイセン(#02)や ロイヤルコペンハーゲン(カーブ) ヘレンド(ロカイユ)等でも 現在まで 継続 存在しており 慣れ親しまれたシェイプです。 

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯
    によって 開窯されました。

(カテゴリー内:96点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索