カテゴリー

全件表示 (5298) 福袋 (12) 新入荷商品 (70) クリスマスフェア (88) お歳暮ギフトフェア (108) 祝 勤労感謝の日フェア (76) アウガルテン (89) アビランド (412) アラビア (4) ウェッジウッド (1174) エインズレイ (56) エルメス (143) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (26) スポード/ダッチェス (17) スワロフスキー (93) バカラ (267) ビレロイボッホ (8) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (60) ブルガリ・ローゼンタール (37) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (437) ボヘミア (66) ホヤ (18) マイセン (502) ミントン (44) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (893) その他 (1) 赤にわとり/ オロディドッチア (7) アクアレール / ストレッサー (15) イントラ/ ジオカルティン/ ジュエリー/ デルフィー (9) アガサブルーフラワー (31) アマデウスジャーダー&ブルー (27) アマデウス・トリオンフォ・イタリアーノ (12) アマデウスの唄 ジャーダー (18) アマデウスの唄 トラメ (18) アマデウスの唄 ブルー (21) アラゴスタ/ フィッシュデコー (13) アンティックローズ (8) アンティコ・エデン/ チェリー/ ミレーラ (16) イタリアンシーン(フィレンツェ) (14) イタリアンフルーツ (30) インペロフルーツ (13) ベッキオフルーツ(ペルージャ)/ ヴァル・ド・オルチャ (13) イヤー/ ナタールプレート (5) インペロカメリア (15) インペロジュリエッタ (18) インペロスカラ (8) インペロダイヤモンド (3) インペロミストラル (16) インペロメッシュ(ポルトフィノ) (5) インペロイェロー (12) インペログリーン (12) インペロブラック (21) インペロブルー (9) インペロロッソ (12) インペロ色々 (16) エルバ/ カプリ (7) オリエントエクスプレス (7) ガーデンローズ (8) カポデモンテ (4) カラーコレクション (2) グランデューカ (12) クリッパー (16) サボイア家 森の果実 (1) サンタマルガリータ/ 手作りの花 (2) ジオポンティ・ファンティニ・フィグレ・ムーゼ (4) ジャルディーノブルー (6) ジュビレオコレクション (22) シリウス座/ ヌヴォラアイリス (17) ヅッカ/ ボルドオロ (2) トスカーナ (13) パールブルー (2) ピノキオ (2) ピンク・ブルーのチューリップ/ りんごの花 (11) ファルダ / インテリアデザイン (7) ファルファッレフィオリータ (2) プリマヴェーラ (6) プリンセスローズ (11) ベッキオ・グレース (8) ベッキオ・ジェンマ(翡翠) (19) ベッキオ・フィオーリ(レバント) (11) ベッキオ・ホワイト (96) ベネチアンローズ (7) ボルドーブルー (10) ホワイトアイリス (2) ホワイト・アンティコ/ デダロ/ ヴェラ/ ラゴ (4) ボンジョルノストロベリー (3) ボンショルノチェリー (15) ボンジョルノプルーン (14) マルコポーロ・ブルー/ レッド (4) ミュージオ・クラシコ (16) ミュージオ・パストラーレ/ フィオッコ (14) ミュージオ・ドッチア/ ローマ (2) ミュラレス(壁画)  (1) メダイオン (20) ラベロ (36) ローズブルー (17) ロイヤルブルー (6) ロゼリーニ (6) リヤドロ (78) レイノー (5) ローゼンタール ロイヤルアルバート (64) ロイヤルウースター (27) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (434) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

リチャードジノリ > ミュージオ・クラシコ

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • リチャードジノリ・ミュージオクラシコ シュガー305cc 30%Off
    リチャードジノリ・ミュージオクラシコ シュガー305cc 30%Off
    22,680円
    本体価格: ¥30.000

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。

    初代 ジノリ侯のお眼にかない 3世紀生き続けた 美術品です。西洋における磁器の黎明期 東洋への憧憬が生み出した美ですが 残念ながら廃盤です。私見ですが ミュージオシェイプは 続行されてることから 多分 この名作は 復刻するのではと 期待します。それにしても 東洋的でもある美形 ミュージオシェイプに 東洋の美 レース模様を置いた この器を見て 美しいと言われる 貴方のお眼眼は 時空を超えて 侯のお眼眼と 一体です。

    古典 を名乗る高品質磁器
    ルネサンス芸術の粋 ミュージオシェイプに
    ポースレーンの源 東洋の美をレース模様にして
    スクロール文・レリーフ

  • リチャードジノリ・ミュージオクラシコ シュガー200cc 30%Off
    リチャードジノリ・ミュージオクラシコ シュガー200cc 30%Off
    17,388円
    本体価格: ¥23.000

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。

    初代 ジノリ侯のお眼にかない 3世紀生き続けた 美術品です。西洋における磁器の黎明期 東洋への憧憬が生み出した美ですが 残念ながら廃盤です。私見ですが ミュージオシェイプは 続行されてることから 多分 この名作は 復刻するのではと 期待します。それにしても 東洋的でもある美形 ミュージオシェイプに 東洋の美 レース模様を置いた この器を見て 美しいと言われる 貴方のお眼眼は 時空を超えて 侯のお眼眼と 一体です。

    古典 を名乗る高品質磁器
    ルネサンス芸術の粋 ミュージオシェイプに
    ポースレーンの源 東洋の美をレース模様にして
    スクロール文・レリーフ

  • リチャードジノリ・ミュージオクラシコ クリーマー165cc 30%Off
    リチャードジノリ・ミュージオクラシコ クリーマー165cc 30%Off
    16,632円
    希望小売価格: ¥23.100

    古典 を名乗る高品質磁器
    ルネサンス芸術の粋 ミュージオシェイプに
    ポースレーンの源 東洋の美をレース模様にして
  • リチャードジノリ・ミュージオクラシコ ティーポット1.35L 30%Off
    リチャードジノリ・ミュージオクラシコ ティーポット1.35L 30%Off
    42,336円
    本体価格: ¥56.000

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。

    初代 ジノリ侯のお眼にかない 3世紀生き続けた 美術品です。西洋における磁器の黎明期 東洋への憧憬が生み出した美ですが 残念ながら廃盤です。私見ですが ミュージオシェイプは 続行されてることから 多分 この名作は 復刻するのではと 期待します。それにしても 東洋的でもある美形 ミュージオシェイプに 東洋の美 レース模様を置いた この器を見て 美しいと言われる 貴方のお眼眼は 時空を超えて 侯のお眼眼と 一体です。

    古典 を名乗る高品質磁器
    ルネサンス芸術の粋 ミュージオシェイプに
    ポースレーンの源 東洋の美をレース模様にして
    スクロール文・レリーフ

  • リチャードジノリ・ミュージオクラシコ ティーポット870cc 30%Off
    リチャードジノリ・ミュージオクラシコ ティーポット870cc 30%Off
    37,800円
    本体価格: ¥50.000

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。

    初代 ジノリ侯のお眼にかない 3世紀生き続けた 美術品です。西洋における磁器の黎明期 東洋への憧憬が生み出した美ですが 残念ながら廃盤です。私見ですが ミュージオシェイプは 続行されてることから 多分 この名作は 復刻するのではと 期待します。それにしても 東洋的でもある美形 ミュージオシェイプに 東洋の美 レース模様を置いた この器を見て 美しいと言われる 貴方のお眼眼は 時空を超えて 侯のお眼眼と 一体です。

    古典 を名乗る高品質磁器
    ルネサンス芸術の粋 ミュージオシェイプに
    ポースレーンの源 東洋の美をレース模様にして
    スクロール文・レリーフ

  • リチャードジノリ・ミュージオクラシコ ポット740cc 30%Off
    リチャードジノリ・ミュージオクラシコ ポット740cc 30%Off
    30,240円

    本体価格: ¥40.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。


    ジノリは言います。この【ミュージオクラシコ】作品をルネサンス芸術の粋と!
    ルネサンスは「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。また、これらの時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。
    日本では長らく文芸復興と訳されており、ルネサンスの時代を「復興期」と呼ぶこともあったが、(文芸のみでなく広義に使われるため)現在では余り使われない。ルネッサンスとも表記され、通俗的に「復興」「再生」を指す言葉として用いられている場合、例えばカルロス・ゴーン著『ルネッサンス』などは、ルネッサンスと表記されることが多い。現在の歴史学、美術史等ではルネサンスという表記が一般的である。
    ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(ダナエ 1553)
    ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 『ダナエ 』 1553  エルミタージュ美術館

    ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(1488年/1490年頃- 1576年)は、盛期ルネサンスのイタリア人画家。ヴェネツィア派で最も重要な画家の一人である。ヴェネツィア共和国のピエーヴェ・ディ・カドーレに生まれ、その生誕地から「ダ・カドーレ」とも呼ばれた。
    ティツィアーノは同時代の人々からダンテ・アリギエーリの著作『神曲』からの引用である『星々を従える太陽』と呼ばれていた。肖像、風景、古代神話、宗教などあらゆる絵画分野に秀でている。ティツィアーノの絵画技法は筆使いと色彩感覚に特徴があり、イタリアルネサンスの芸術家だけではなく、次世代以降の西洋絵画にも大きな影響を与えた。ティツィアーノは長命な画家で、その作風は年代とともに大きく変化しているが、その生涯を通じて独特の色彩感覚は変わることがなかった。円熟期のティツィアーノの絵画は色鮮やかとはいえないものもあるが、初期の作品の色調は明るく、奔放な筆使いと繊細で多様な色使いは、それまでの西洋絵画に前例のない革新的なものだった。


    『ダナエ』  当時オウィディウスの詩によって知られていたダナエに関するギリシア神話のエピソードは次のようなものである。
    アルゴス王アクリシオスが男児を授かるかどうかの神託を受けたところ、王自身は男児に恵まれないが娘のダナエが息子を産み、そしてその息子にアクリシオスは殺されるという予言が下った。この神託を恐れたアクリシオスは男性が近づかないようにダナエを地下室に幽閉する。ダナエは自身の息子が父王を殺害するという神託を知っていたが、黄金の雨に化身したゼウスに誘惑され、男児を妊娠してしまった。
    ダナエが男児ペルセウスを出産したことを知ったアクリシオスは、自身の孫ペルセウスがゼウス神の子供であることを無視して、母子を箱に閉じ込めて海へと流してしまう。母子が閉じ込められた箱はセリーポス島に漂着し、ペルセウスはその島のディクテュスによって育てられた。その後成長したペルセウスは、事故とはいえ神託通りにアクリシオスを殺害することになる。アクリシオスの死因については文献によって様々な説がある。古代ローマ時代の著作家アポロドーロスの作品とも言われる『ビブリオテーケー』によれば、神託の内容をペルセウスが知ったことが分かると、ペルセウスを恐れたアクリシオスはテッサリアへと亡命した。テッサリアではラリサ王テウタミデスが亡くなった父のための追悼競技大会を開催しており、その競技大会の円盤投げ競技に出場したペルセウスが投擲した円盤の軌道が逸れて観客席のアクリシオスに命中し、即死したとされている。
    中世からルネサンス期を通じてダナエは上流階級の堕落の象徴であり、女性美や道徳を汚す存在と見なされていた。


    古代ギリシアのある警句家はダナエとゼウスのエピソードについて次のように書き残している。
    オリンポスの主神ゼウスが黄金の雨となってダナエのもとを訪れ、ゼウスの誘惑に屈した結果ダナエは身篭った。ダナエが幽閉されていた青銅で囲まれた部屋に忍び込んだゼウスがダナエの純潔を奪ったということは、ゼウスがダナエを黄金で買ったと同義である。このエピソードは、全てのものを上回る黄金の価値が青銅の壁や桎梏を無効化することを意味する。黄金はいかなる束縛からも解放する能力、あらゆる錠前をこじ開ける力を持ち、自分を軽蔑している女性をも平伏させることができる。ダナエも黄金の力の前に屈服した女性であり、金さえあれば恋人を得るために愛と美の女神アプロディーテーに祈りを捧げる必要はない。


    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。

    初代 ジノリ侯のお眼にかない 3世紀生き続けた 美術品です。西洋における磁器の黎明期 東洋への憧憬が生み出した美ですが 残念ながら廃盤です。私見ですが ミュージオシェイプは 続行されていることから 多分 この名作は 復刻するのではと 期待します。それにしても 東洋的でもある美形 ミュージオシェイプに 東洋の美 レース模様を置いた この器を見て 美しいと言われる 貴方のお眼眼は 時空を超えて 侯のお眼眼と 一体です。


    古典 を名乗る高品質磁器
    ルネサンス芸術の粋 ミュージオシェイプに
    ポースレーンの源 東洋の美をレース模様にして


    高級品の象徴 ドッチア窯の金ロゴがないのが不思議です?これだけのお品 なくてもわかるでしょとの皮肉かな?


    雄雄しく 歴史に名を連ねた 覇者達 彼らが 歴史の頂点を 極めた時 王者に相応しい 王者の尊厳に そむかぬものを求めて 白い黄金にたどり着く。


    「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」 コチラをクリック してください。

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。

    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。



  • リチャードジノリ・ミュージオクラシコ ティーC/S 30%Off
    リチャードジノリ・ミュージオクラシコ ティーC/S 30%Off
    11,340円

    本体価格: ¥15.000

    小さい写真を クリックすると 拡大します。


    ジノリは言います。この作品をルネサンス芸術の粋と!
    ルネサンスは「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。また、これらの時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。
    日本では長らく文芸復興と訳されており、ルネサンスの時代を「復興期」と呼ぶこともあったが、(文芸のみでなく広義に使われるため)現在では余り使われない。ルネッサンスとも表記され、通俗的に「復興」「再生」を指す言葉として用いられている場合、例えばカルロス・ゴーン著『ルネッサンス』などは、ルネッサンスと表記されることが多い。現在の歴史学、美術史等ではルネサンスという表記が一般的である。
    <a href="http://blog-imgs-85.fc2.com/e/i/n/einsshop/2015112210582596f.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-85.fc2.com/e/i/n/einsshop/2015112210582596f.jpg" alt="アテナイの学堂(ラファエロ・サンティ作)" border="0" width="500" height="388" /></a> ここをクリックすると    写真がでます。
    アテナイの学堂(ラファエロ・サンティ作 1509年 – 1510年) 所蔵バチカン宮殿
    上段右端 ラファエロ 下段左端 ピュタゴラス  他にアレクサンドロス大王,ソクラテス,ヘラクレイトス,ミケランジェロ,プラトン,レオナルド・ダ・ヴィンチ,アリストテレス,アルキメデス,ゾロアスター,プトレマイオス,ラファエロの愛人マルゲリータetc.
    ラファエロが絵のモデルにしたと思われるラファエロと同時代の人物。この絵に描かれている人々は有名な古代ギリシアの哲学者たちである。研究者たちは、ギリシアの学者(哲学者・科学者)のほとんどをこの絵の中で見つけることができるはずだと言い続けてきた。しかし、ラファエロははっきりと誰を描いたと言っていなかったので、絵の中に描かれている人物が誰か、正確に言い当てることははなはだ難しい(持っている本からプラトン、アリストテレスに異論はないらしい)。それを説明する同時代の記録も存在していない。さらに問題を悪化させるのは、ラファエロは、絵の中の哲学者・科学者が誰なのかを読み解いてもらうための全員分の仕掛け(図像学)を作っていたはずだが、それを記録として残していなかったことだ。とはいっても、絵の中に誰を描くかの選択をするのに、多くの人の承認が要ったはずと思われる。


    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが 
    お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。


    初代 ジノリ侯のお眼にかない 3世紀生き続けた 美術品です。西洋における磁器の黎明期 東洋への憧憬が生み出した美ですが 残念ながら廃盤です。私見ですが ミュージオシェイプは 続行されていることから 多分 この名作は 復刻するのではと 期待します。それにしても 東洋的でもある美形 ミュージオシェイプに 東洋の美 レース模様を置いた この器を見て 美しいと言われる 貴方のお眼眼は 時空を超えて 侯のお眼眼と 一体です。


    古典 を名乗る高品質磁器
    ルネサンス芸術の粋 ミュージオシェイプに
    ポースレーンの源 東洋の美をレース模様にして
    スクロール文・レリーフ  唐草様把手


    高級品の象徴 ドッチア窯の金ロゴがないのが不思議です?これだけのお品 なくてもわかるでしょとの皮肉かな?


    <a href="http://einsshop.blog43.fc2.com/blog-entry-25874.html" target="_blank" title="「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」 詳しくは コチラをクリック">「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」 詳しくは コチラをクリック</a> してください。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでも カオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。
    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年ごろからリモージュのカオリンを 用いることで完璧な白磁を完成させております。
    1771年 ナポリ窯創設される。ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国 フェルディナンド3世治世下の(ナポリ窯)カポデモンテ(マリア・アマリアのカポデモンテではない)を 1834年 ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印Ginoriを施したものは正当です。
    ただここからが問題ですがジノリは ナポリを訪れる観光客への街道沿いのお土産屋からの依頼で モニュメント的なベースや キャンドルスタンドなどのモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginoriの施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる 中国製の清水焼に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。
    1869年には リチャード社を 合併して 今の リチャードジノリ社になりました。(真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して 新しい 芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。

     

  • リチャードジノリ・ミュージオクラシコ コーヒーC/S 30%Off
    リチャードジノリ・ミュージオクラシコ コーヒーC/S 30%Off
    10,584円

    本体価格: ¥14.000

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。
    初代 ジノリ侯のお眼にかない 3世紀生き続けた 美術品です。西洋における磁器の黎明期 東洋への憧憬が生み出した美ですが 残念ながら廃盤です。私見ですが ミュージオシェイプは 続行されてることから 多分 この名作は 復刻するのではと 期待します。それにしても 東洋的でもある美形 ミュージオシェイプに 東洋の美 レース模様を置いた この器を見て 美しいと言われる 貴方のお眼眼は 時空を超えて 侯のお眼眼と 一体です。

    古典 を名乗る高品質磁器
    ルネサンス芸術の粋 ミュージオシェイプに
    ポースレーンの源 東洋の美をレース模様にして
    スクロール文・レリーフ

  • リチャードジノリ 【ミュージオクラシコ】 24cmクレセント 30%Off
    リチャードジノリ 【ミュージオクラシコ】 24cmクレセント 30%Off
    12,852円

    本体価格: ¥17.000

    小さい写真をクリックすると 拡大します。

     

    ジノリは言います。この作品をルネサンス芸術の粋と!
    ルネサンスは「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。また、これらの時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。
    日本では長らく文芸復興と訳されており、ルネサンスの時代を「復興期」と呼ぶこともあったが、(文芸のみでなく広義に使われるため)現在では余り使われない。ルネッサンスとも表記され、通俗的に「復興」「再生」を指す言葉として用いられている場合、例えばカルロス・ゴーン著『ルネッサンス』などは、ルネッサンスと表記されることが多い。現在の歴史学、美術史等ではルネサンスという表記が一般的である。ティツィアーノの《白い衣装をつけた婦人の肖像》1555年頃
    正 :  『眠れるヴィーナス』 1510年 ジョルジョーネ

    誤 :  ティツィアーノ 《白い衣装をつけた婦人の肖像》 1555年頃

    ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(1488年/1490年頃- 1576年)は、盛期ルネサンスのイタリア人画家。ヴェネツィア派で最も重要な画家の一人である。ヴェネツィア共和国のピエーヴェ・ディ・カドーレに生まれ、その生誕地から「ダ・カドーレ」とも呼ばれた。
    ティツィアーノは同時代の人々からダンテ・アリギエーリの著作『神曲』からの引用である『星々を従える太陽』と呼ばれていた。肖像、風景、古代神話、宗教などあらゆる絵画分野に秀でている。ティツィアーノの絵画技法は筆使いと色彩感覚に特徴があり、イタリアルネサンスの芸術家だけではなく、次世代以降の西洋絵画にも大きな影響を与えた。ティツィアーノは長命な画家で、その作風は年代とともに大きく変化しているが、その生涯を通じて独特の色彩感覚は変わることがなかった。円熟期のティツィアーノの絵画は色鮮やかとはいえないものもあるが、初期の作品の色調は明るく、奔放な筆使いと繊細で多様な色使いは、それまでの西洋絵画に前例のない革新的なものだった。
    ここまで書いたところで ある異変?に気付きました。ある方のブログの「そのティツィアーノの《白い衣装をつけた婦人の肖像》」をコンピュータが拾ったようです。正しくは 次のようになります(直 ティツィアーノに 《白い衣装をつけた婦人の肖像》 1555年頃作の存在は この連休の日がな一日 探しましたが見つかりませんでした。)



    『眠れるヴィーナス』は 1510年 イタリア、ルネッサンス期の巨匠ジョルジョーネが描いた絵画。ドレスデンのアルテ・マイスター絵画館の所蔵。『ドレスデンのヴィーナス』とも呼ばれる。後世の絵画に多大な影響を与えた絵画で、ヴァザーリが最初に指摘したように、風景や空の表現は1510年の彼の死後にティツィアーノによって加筆され完成を見た。この作品はジョルジョーネの最晩年の作品の一つで、背景に描かれている丘に溶け込むような輪郭を持つ裸の女性の肖像画であり、背景の細部と陰影の表現も非常に注意深く描写されている。ただ一人の裸の女性を主題に選んだことは絵画史上の大変革となり、この作品は何人もの権威を持つ学者によって近代美術の出発点であると考えられている。官能性を感じさせる要素は、ヴィーナスがかかげている右腕と下腹部に置かれている左手である。シーツは寒色のシルバーで、それまでの絵画でリンネルを表現するときに使われていた暖色系の彩色とは異なっている。このシーツの表現は、後のティツィアーノやベラスケスの絵画にその影響を見ることができる。背景の風景はヴィーナスの肢体のラインをなぞるように描かれ、それは同時に、人の身体が本来自然と一体のものであるということをも表現している。ヴィーナスのポーズは1499年のヒュプネロトマキア・ポリフィリの木版画との関連が指摘されているが、単独の人物を描いた絵画で、かつこれだけの大きさの裸婦画は西洋でも前例がなく、当時のイタリア人版画家ジョヴァンニ・バッティスタ・パルンバの官能性表現とともに、その後数世紀にわたって西洋裸婦画の方向性を決定づけた。それまでにも裸婦を題材にした版画は存在したが、絵画としては『ヴィーナス誕生』(1482年 - 1486年 ウフィツィ美術館蔵)、『プリマヴェーラ』(1482年 ウフィツィ美術館蔵)というボッティチェリの有名な両作品が年代的に最も近い。自然と女性美を静謐に描き出した、ジョルジョーネの典型的とも言える作品である。この絵画の構成はアングルやルーベンスなどの後世の画家たちにも影響を与えた。このヴィーナスはティツィアーノの『ウルビーノのヴィーナス』(1538年 ウフィツィ美術館蔵)と直接結びついており、


    『ウルビーノのヴィーナス』

    ウルビーノのヴィーナス ティツィアーノ・ヴェチェッリオ - コピーエドゥアール・マネ「オランピアと芍薬」1864オルセー美術館 - コピー

    『オランピア』 1864年 エドゥアール・マネ  オルセー美術館 

     
    さらにティツィアーノのヴィーナスはエドゥアール・マネの『オランピア』(1863年 オルセー美術館蔵)へとつながっている。                              


    時代は下って 『裸のマハ』(1797-1800)は、ゴヤによって描かれた有名な油絵であるが 無縁とは言えないのでは?
    裸のマハ - ゴヤ
    フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス(1746年- 1828年)は、スペインの画家。ディエゴ・ベラスケスとともにスペイン最大の画家と謳われる。ベラスケス同様、宮廷画家として重きをなした。


    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。


    初代 ジノリ侯のお眼にかない 3世紀生き続けた 美術品です。西洋における磁器の黎明期 東洋への憧憬が生み出した美ですが 残念ながら廃盤です。私見ですが ミュージオシェイプは 続行されていることから 多分 この名作は 復刻するのではと 期待します。それにしても 東洋的でもある美形 ミュージオシェイプに 東洋の美 レース模様を置いた この器を見て 美しいと言われる 貴方のお眼眼は 時空を超えて 侯のお眼眼と 一体です。


    古典 を名乗る高品質磁器
    ルネサンス芸術の粋 ミュージオシェイプに
    ポースレーンの源 東洋の美をレース模様にして
    スクロール文・レリーフ


    高級品の象徴 ドッチア窯の金ロゴがないのが不思議です?これだけのお品 なくてもわかるでしょとの皮肉かな?


    <a href="http://einsshop.blog43.fc2.com/blog-entry-25874.html" target="_blank" title="「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」 詳しくは コチラをクリック">「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」 詳しくは コチラをクリック</a> してください。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。

     

  • リチャードジノリ・ミュージオクラシコ 18.5cmフルーツソーサー 30%Off
    リチャードジノリ・ミュージオクラシコ 18.5cmフルーツソーサー 30%Off
    6,426円
    希望小売価格: ¥8.925
  • リチャードジノリ 【ミュージオクラシコ】 28cmオーバルピクルス 30%Off
    リチャードジノリ 【ミュージオクラシコ】 28cmオーバルピクルス 30%Off
    17,388円

    本体価格: ¥23.000

    小さい写真をクリックすると 拡大します


    ジノリは言います。この【ミュージオクラシコ】作品をルネサンス芸術の粋と!
    ルネサンスは「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。また、これらの時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。
    日本では長らく文芸復興と訳されており、ルネサンスの時代を「復興期」と呼ぶこともあったが、(文芸のみでなく広義に使われるため)現在では余り使われない。ルネッサンスとも表記され、通俗的に「復興」「再生」を指す言葉として用いられている場合、例えばカルロス・ゴーン著『ルネッサンス』などは、ルネッサンスと表記されることが多い。現在の歴史学、美術史等ではルネサンスという表記が一般的である。


    シモネッタ・カッタネオ・ヴェスプッチ (1453年 - 1476年)は、ジュリアーノ・デ・メディチの愛人。フィレンツェ一の美女として讃えられ、長らくサンドロ・ボッティチェッリ作『ヴィーナスの誕生』のヴィーナスのモデル、他の彼の作品でもモデルとなったといわれてきた。ピエロ・ディ・コジモも彼女の肖像画を描いた。存命中、彼女に触発され詩や絵画が創り出された。
    彼女の出生地については諸説あり、ポルトヴェーネレやジェノヴァが挙がっている。15歳で、マルコ・ヴェスプッチ(探検家アメリゴ・ヴェスプッチの遠縁にあたる)と結婚した。1475年4月にフィレンチェのサンタ・クローチェ広場で行われたジオストラ(騎芸協議会)で、ジュリアーノ・デ・メディチは騎士がその名誉のために戦う、イナモラータ(「愛人」)にシモネッタを選び、ボッティチェッリが彼女をモデルに描いた女神の旗印を掲げて入場した。旗印をボッティチェッリに描かせるよう助言したのは夫のマルコ・ヴェスプッチであったという
    ヴェスプッチ家を通してボッティチェッリに見いだされ、彼女を描くために多くの画家たちがフィレンツェにやってきた。2人が出会ってわずか1年後に、シモネッタは肺結核で死んだ。ボッティチェッリが『ヴィーナスの誕生』を完成させたのは、それから9年後のことであった。
    ピエロ・ディ・コジモ シモネッタ・ヴェスプッチの肖像 1480代 フランス・コンデ美術館蔵
    シモネッタ・ヴェスプッチの肖像  ピエロ・ディ・コジモ 1480代 フランス・コンデ美術館蔵。

    ピエロ・ディ・コジモ(1462年頃 - 1521年)は、イタリア・ルネサンス期のフィレンツェで活動した画家。宗教画のほか、古代の神話などに想を得た幻想的な作品を多数残しており、イタリア盛期ルネサンスにおける異色の画家である。


    ユディトは、旧約聖書外典の1つである『ユディト記』に登場するユダヤ人女性。
    メラリの娘ユディトはマナセと結婚したが、夫を日射病で失って寡婦となった。彼女は美しく魅力的な女性で多くの財産をもっていたが、唯一の神に対して強い信仰をもっていたため、人々から尊敬されていた。
    アッシリアの王ネブカドネツァルはメディア王との戦いにおいて自分に協力しなかった諸民族を攻撃するため、司令官ホロフェルネスを派遣する。ホロフェルネスは軍勢をひきいてユダヤへやってくるとベトリアという町を囲んだ。水源をたたれたため町の指導者オジアは降伏を決意するが、ベトリアにすんでいたユディトはオジアと民を励まし、神への信頼を訴える。
    ユディトはそこである作戦をたてる。それはユディト自身が着飾ってホロフェルネスのもとに赴くというものだった。ユディトは神に祈って、ホロフェルネスのもとへ向かう。エルサレム進軍の道案内を申し出た美しいユディトをホロフェルネスは喜んで迎えた。ユディトは陣中で出される異邦人の食べ物を決して口にせず、四日待った。
    四日目にホロフェルネスは酒宴にユディトを呼び出した。ホロフェルネスは泥酔し、やがて天幕のうちにユディトは眠るホロフェルネスと二人だけで残された。ユディトは眠っていたホロフェルネスの短剣をとって彼の首を切り落とした。
    ユディトは侍女と共に、首を携えてベトリアの町へ戻り、事の次第を報告した。やがて、司令官殺害は包囲軍の知るところになり、激しい動揺を引き起こす。ユダヤ人はこの機会を逃さず、出撃し、敗走するアッシリア軍を打ち破った。
    ユディトは105歳でなくなるまで、静かにベトリアの町で一人暮らした。
    『ユディト記』の内容には歴史的に正確でない箇所がみられる。まず、ネブカドネツァルはバビロンの王であってアッシリア王ではない。またベトリアという町もどこにあったのか特定することができていない。
    カラヴァッジョ「ホロフェネスの首を斬るユーディト」1598年頃ローマ国立絵画館(バルベリーニ宮)
    ルネサンスを超えた男。
    「バロック絵画の祖」とも呼ばる近世のイタリアが生んだ俊傑の画家ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ(1571年 – 1610年)


    ティツィアーノの《海から上がるヴィーナス》
    ティツィアーノの《海から上がるヴィーナス》

    ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(1488年/1490年頃- 1576年)は、盛期ルネサンスのイタリア人画家。ヴェネツィア派で最も重要な画家の一人である。ヴェネツィア共和国のピエーヴェ・ディ・カドーレに生まれ、その生誕地から「ダ・カドーレ」とも呼ばれた。
    ティツィアーノは同時代の人々からダンテ・アリギエーリの著作『神曲』からの引用である『星々を従える太陽』と呼ばれていた。肖像、風景、古代神話、宗教などあらゆる絵画分野に秀でている。ティツィアーノの絵画技法は筆使いと色彩感覚に特徴があり、イタリアルネサンスの芸術家だけではなく、次世代以降の西洋絵画にも大きな影響を与えた。ティツィアーノは長命な画家で、その作風は年代とともに大きく変化しているが、その生涯を通じて独特の色彩感覚は変わることがなかった。円熟期のティツィアーノの絵画は色鮮やかとはいえないものもあるが、初期の作品の色調は明るく、奔放な筆使いと繊細で多様な色使いは、それまでの西洋絵画に前例のない革新的なものだった。


    ミロのヴィーナスは、1820年4月8日に小作農であったヨルゴス・ケントロタスによってオスマン帝国統治下のミロス島で発見された。彼は最初、官吏に見つからぬようにヴィーナス像を隠していたが、トルコ人の官吏に発見され没収された。後に、フランス海軍提督ジュール・デュモン・デュルヴィルは、この像を見て価値を認め、フランス大使に頼みこんでトルコ政府から買い上げた。これは修復された後に、ルイ18世に献上された。ルイ18世は、これをルーヴル美術館に寄付し、現在でもそこで管理されている。
    この門外不出の国宝が 後にも先にも たったの1度 東京(国立西洋美術館)と京都(京都市美術館)で 特別展示されております。人口に膾炙する話ですが 歌舞伎役者 十五代市村羽左衛門が ルーヴルで ミロのヴィーナス像を前に 感想を聞かれた際 「手の切れた女に 用はない」と述べたのを さすがは洒脱な人柄と 持て囃されたそうですが それもそうでしょうが 何のことはない 美術的批評に窮し 手の切れた女=別れた女と掛けた ただの駄洒落だったのでしょう。
    3ヴィーナス
    ミロのヴィーナスは ギリシア神話におけるアフロディテの像と考えられている。さて昔から ヴィーナスの手の行く先が 色々取りざたされてきましたが ほぼ定説は トロイア戦争の際、アテーナーとヘーラーを出し抜いて パリスから得た黄金の林檎を持っていたのだろうとされております。


    フルトヴェングラーによる両腕復元像『ヴィーナスの誕生』(1879年)
    フルトヴェングラー 両腕復元像  『ヴィーナス誕生』(1879年)W・ブーグロー オルセー美術館蔵


    ギリシア神話のアフロディテは ウゥルカーヌスの妻ですが、性に大らかな時代 マールス、メルクリウス、アドーニス、アンキセスたちとも浮名を流していました。このうちのアンキセスとの間の子アイネイアースは ローマ建国の祖にして、ガイウス・ユリウス・カエサルの属するユリウス氏族の祖とされた。ここからカエサルは ヴィーナスを祖神として、彼女を祀る為の壮麗な神殿を奉献したという。 また、カエサルの祖神として 軍神ともされました。


    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。


    初代 ジノリ侯のお眼にかない 3世紀生き続けた 美術品です。西洋における磁器の
    黎明期 東洋への憧憬が生み出した美ですが 残念ながら廃盤です。
    私見ですが ミュージオシェイプは 続行されていることから 多分 この名作は 復刻するのではと 期待します。それにしても 東洋的でもある美形 ミュージオシェイプに 東洋の美 レース模様を置いた この器を見て 美しいと言われる 貴方のお眼眼は 時空を超えて 侯のお眼眼と 一体です。


    古典 を名乗る高品質磁器

    ルネサンス芸術の粋 ミュージオシェイプに

    ポースレーンの源 東洋の美をレース模様にして

    スクロール文・レリーフ



    高級品の象徴 ドッチア窯の金ロゴがないのが不思議です?これだけのお品 なくてもわかるでしょとの皮肉かな?


    「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」 詳しくは コチラをクリック してください。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでも カオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。


    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。

    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国 フェルディナンド3世治世下の(ナポリ窯)カポデモンテを 1834年 ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印Ginoriを施したものは正当です。ただここからが問題ですがジノリは ナポリを訪れる観光客への街道沿いのお土産屋からの依頼で モニュメント的なベースや キャンドルスタンドなどのモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginoriの施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる 中国製の清水焼に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテの継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」
    (カポデモンテとジノリについては 群盲 象を撫でるごとく 諸説紛々 入り乱れております。街の学者さんたちは ジノリに問い合わせたり 真実を求めて努力をされておられます。そこで今回 真贋の作品の収集・検証後 史実に基づき 正論を開陳します。 詳説は ブログ 洋食器に魅せられて 欧州磁器戦争史 リチャードジノリ http://einsshop.blog43.fc2.com/blog-entry-9026.html ここをクリックしてください。ご意見 ご異論ある方は 是非 ご遠慮なくご批判 ご教導ください。)



    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年ごろからリモージュのカオリンを 用いることで完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を 合併して 今の リチャードジノリ社になりました。(真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して 新しい 芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。



  • リチャードジノリ 【ミュージオクラシコ】 33cmオープンベジタブル 30%Off
    リチャードジノリ 【ミュージオクラシコ】 33cmオープンベジタブル 30%Off
    31,752円

    本体価格: ¥42.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。

     ジノリは言います。この【ミュージオクラシコ】作品をルネサンス芸術の粋と!
    ルネサンスは「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。また、これらの時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。
    日本では長らく文芸復興と訳されており、ルネサンスの時代を「復興期」と呼ぶこともあったが、(文芸のみでなく広義に使われるため)現在では余り使われない。ルネッサンスとも表記され、通俗的に「復興」「再生」を指す言葉として用いられている場合、例えばカルロス・ゴーン著『ルネッサンス』などは、ルネッサンスと表記されることが多い。現在の歴史学、美術史等ではルネサンスという表記が一般的である。
    ダナエーと金の雨 コレッジョ
    『ダナエと金の雨』 コレッジョ 1530頃 ボルゲーゼ美術館蔵

    アントニオ・アッレグリ・ダ・コレッジョ(1489年頃–1534年)は、ルネサンス期のイタリアの画家。北イタリアのモデナの近くのコレッジョで生まれ、同地で没した。生地の町の名にちなんでコレッジョと呼ばれる。コレッジョは1519年頃にはパルマに移り、同地のサン・パオロ尼僧院の天井画、サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ聖堂の天井画などを手がけている。パルマのサンタントニオ聖堂の祭壇画として描かれた『聖ヒエロニムスのいる聖母』(1527年–1528年)は、聖母、幼児キリスト、マグダラのマリア、天使らの甘美な表情のなかに宗教的崇高さをも表現した代表作である。スフマートを生かした作風にはレオナルド・ダ・ヴィンチの影響が見て取れる。この作品は「イル・ジョルノ(昼)」と通称され、「ラ・ノッテ(夜)」の通称をもつ『キリストの降誕』(1529年–1530年頃)と対で紹介されることが多い。注目すべき作品群としては、『神々の愛』の連作(1530年–1531年頃)がある。連作の中でも「ダナエ」や「イオ」に見られるエロティシズムには、次世代のバロック絵画につながるものが感じられる。


    『ダナエ』 当時オウィディウスの詩によって知られていたダナエに関するギリシア神話のエピソードは次のようなものである。
    アルゴス王アクリシオスが男児を授かるかどうかの神託を受けたところ、王自身は男児に恵まれないが娘のダナエが息子を産み、そしてその息子にアクリシオスは殺されるという予言が下った。この神託を恐れたアクリシオスは男性が近づかないようにダナエを地下室に幽閉する。ダナエは自身の息子が父王を殺害するという神託を知っていたが、黄金の雨に化身したゼウスに誘惑され、男児を妊娠してしまった。
    ダナエが男児ペルセウスを出産したことを知ったアクリシオスは、自身の孫ペルセウスがゼウス神の子供であることを無視して、母子を箱に閉じ込めて海へと流してしまう。母子が閉じ込められた箱はセリーポス島に漂着し、ペルセウスはその島のディクテュスによって育てられた。その後成長したペルセウスは、事故とはいえ神託通りにアクリシオスを殺害することになる。アクリシオスの死因については文献によって様々な説がある。古代ローマ時代の著作家アポロドーロスの作品とも言われる『ビブリオテーケー』によれば、神託の内容をペルセウスが知ったことが分かると、ペルセウスを恐れたアクリシオスはテッサリアへと亡命した。テッサリアではラリサ王テウタミデスが亡くなった父のための追悼競技大会を開催しており、その競技大会の円盤投げ競技に出場したペルセウスが投擲した円盤の軌道が逸れて観客席のアクリシオスに命中し、即死したとされている。
    中世からルネサンス期を通じてダナエは上流階級の堕落の象徴であり、女性美や道徳を汚す存在と見なされていた。

    古代ギリシアのある警句家はダナエとゼウスのエピソードについて次のように書き残している。
    オリンポスの主神ゼウスが黄金の雨となってダナエのもとを訪れ、ゼウスの誘惑に屈した結果ダナエは身篭った。ダナエが幽閉されていた青銅で囲まれた部屋に忍び込んだゼウスがダナエの純潔を奪ったということは、ゼウスがダナエを黄金で買ったと同義である。このエピソードは、全てのものを上回る黄金の価値が青銅の壁や桎梏を無効化することを意味する。黄金はいかなる束縛からも解放する能力、あらゆる錠前をこじ開ける力を持ち、自分を軽蔑している女性をも平伏させることができる。ダナエも黄金の力の前に屈服した女性であり、金さえあれば恋人を得るために愛と美の女神アプロディーテーに祈りを捧げる必要はない。


    ダナエと金の雨
    ゼウス(黄金の雨) 『ダナエ』 グスタフ・クリムト 1907-1908年 Galerie Wurthle(ウィーン)蔵



    グスタフ・クリムト(1862年 - 1918年)は、19世紀末から20世紀かけて活躍 。アールデコとモダニズムの礎を築いた象徴主義を代表する帝政オーストリアの画家。




    グスタフ・クリムト - 水蛇 II (1907)
    グスタフ・クリムト - 水蛇 II (1907)


    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。


    初代 ジノリ侯のお眼にかない 3世紀生き続けた 美術品です。西洋における磁器の黎明期 東洋への憧憬が生み出した美ですが 残念ながら廃盤です。

    私見ですが ミュージオシェイプは 続行されていることから 多分 この名作は 復刻するのではと 期待します。

    それにしても 東洋的でもある美形 ミュージオシェイプに 東洋の美 レース模様を置いた この器を見て 美しいと言われる 貴方のお眼眼は 時空を超えて 侯のお眼眼と 一体です。


    古典 を名乗る高品質磁器
    ルネサンス芸術の粋 ミュージオシェイプに
    ポースレーンの源 東洋の美をレース模様にして


    高級品の象徴 ドッチア窯の金ロゴがないのが不思議です?

    これだけのお品 なくてもわかるでしょとの皮肉かな?


    「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」 詳しくは コチラをクリック してください。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。

    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」



    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。



  • リチャードジノリ・ミュージオクラシコ 32cmオーバルサラダボウル 30%Off
    リチャードジノリ・ミュージオクラシコ 32cmオーバルサラダボウル 30%Off
    27,216円
    本体価格: ¥36.000

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。
    初代 ジノリ侯のお眼にかない 3世紀生き続けた 美術品です。西洋における磁器の黎明期 東洋への憧憬が生み出した美ですが 残念ながら廃盤です。私見ですが ミュージオシェイプは 続行されてることから 多分 この名作は 復刻するのではと 期待します。それにしても 東洋的でもある美形 ミュージオシェイプに 東洋の美 レース模様を置いた この器を見て 美しいと言われる 貴方のお眼眼は 時空を超えて 侯のお眼眼と 一体です。

    古典 を名乗る高品質磁器
    ルネサンス芸術の粋 ミュージオシェイプに
    ポースレーンの源 東洋の美をレース模様にして
    スクロール文・レリーフ

  • リチャードジノリ・ミュージオクラシコ 24cmスーププレート 30%Off
    リチャードジノリ・ミュージオクラシコ 24cmスーププレート 30%Off
    9,072円

    希望小売価格: ¥12.600

    古典 を名乗る高品質磁器
    ルネサンス芸術の粋 ミュージオシェイプに
    ポースレーンの源 東洋の美をレ円ース模様にして
    スクロール文・レリーフ

  • リチャードジノリ・ミュージオクラシコ 19.5cmプレート 30%Off
    リチャードジノリ・ミュージオクラシコ 19.5cmプレート 30%Off
    5,292円
    希望小売価格: ¥7.350

    26.5cmプレート12600→8820円

(カテゴリー内:16点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索