カテゴリー

全件表示 (5298) 福袋 (12) 新入荷商品 (70) クリスマスフェア (115) お歳暮ギフトフェア (108) 祝 勤労感謝の日フェア (69) アウガルテン (89) アビランド (412) アラビア (4) ウェッジウッド (1174) エインズレイ (56) エルメス (143) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (26) スポード/ダッチェス (17) スワロフスキー (93) バカラ (267) ビレロイボッホ (8) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (60) ブルガリ・ローゼンタール (37) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (437) ボヘミア (66) ホヤ (18) マイセン (502) ミントン (44) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (893) その他 (1) 赤にわとり/ オロディドッチア (7) アクアレール / ストレッサー (15) イントラ/ ジオカルティン/ ジュエリー/ デルフィー (9) アガサブルーフラワー (31) アマデウスジャーダー&ブルー (27) アマデウス・トリオンフォ・イタリアーノ (12) アマデウスの唄 ジャーダー (18) アマデウスの唄 トラメ (18) アマデウスの唄 ブルー (21) アラゴスタ/ フィッシュデコー (13) アンティックローズ (8) アンティコ・エデン/ チェリー/ ミレーラ (16) イタリアンシーン(フィレンツェ) (14) イタリアンフルーツ (30) インペロフルーツ (13) ベッキオフルーツ(ペルージャ)/ ヴァル・ド・オルチャ (13) イヤー/ ナタールプレート (5) インペロカメリア (15) インペロジュリエッタ (18) インペロスカラ (8) インペロダイヤモンド (3) インペロミストラル (16) インペロメッシュ(ポルトフィノ) (5) インペロイェロー (12) インペログリーン (12) インペロブラック (21) インペロブルー (9) インペロロッソ (12) インペロ色々 (16) エルバ/ カプリ (7) オリエントエクスプレス (7) ガーデンローズ (8) カポデモンテ (4) カラーコレクション (2) グランデューカ (12) クリッパー (16) サボイア家 森の果実 (1) サンタマルガリータ/ 手作りの花 (2) ジオポンティ・ファンティニ・フィグレ・ムーゼ (4) ジャルディーノブルー (6) ジュビレオコレクション (22) シリウス座/ ヌヴォラアイリス (17) ヅッカ/ ボルドオロ (2) トスカーナ (13) パールブルー (2) ピノキオ (2) ピンク・ブルーのチューリップ/ りんごの花 (11) ファルダ / インテリアデザイン (7) ファルファッレフィオリータ (2) プリマヴェーラ (6) プリンセスローズ (11) ベッキオ・グレース (8) ベッキオ・ジェンマ(翡翠) (19) ベッキオ・フィオーリ(レバント) (11) ベッキオ・ホワイト (96) ベネチアンローズ (7) ボルドーブルー (10) ホワイトアイリス (2) ホワイト・アンティコ/ デダロ/ ヴェラ/ ラゴ (4) ボンジョルノストロベリー (3) ボンショルノチェリー (15) ボンジョルノプルーン (14) マルコポーロ・ブルー/ レッド (4) ミュージオ・クラシコ (16) ミュージオ・パストラーレ/ フィオッコ (14) ミュージオ・ドッチア/ ローマ (2) ミュラレス(壁画)  (1) メダイオン (20) ラベロ (36) ローズブルー (17) ロイヤルブルー (6) ロゼリーニ (6) リヤドロ (78) レイノー (5) ローゼンタール ロイヤルアルバート (64) ロイヤルウースター (27) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (434) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

リチャードジノリ > ロイヤルブルー

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • リチャードジノリ・ロイヤルブルー シュガー 30%Off
    リチャードジノリ・ロイヤルブルー シュガー 30%Off
    7,560円

    本体価格: ¥10.000

    アンティコシェィプ
    ルネッサンス期の 銀器のシェープから 生まれました。

    ジノリは 1735年 フィレンツェ郊外のドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。
    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年ごろからリモージュのカオリンを 用いることで完璧な白磁を完成させております。
    1834年には スペイン王カルロ3世の カポデモンテ窯の 閉窯に際し モールド類を引き取り 以後 ジノリが カポデモンテを 引き継いでおります。
    1869年には リチャード社を 合併して 今の リチャードジノリ社になりました。
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して 新しい 芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。 

  • リチャードジノリ・ロイヤルブルー クリーマー 30%Off
    リチャードジノリ・ロイヤルブルー クリーマー 30%Off
    6,048円

    本体価格: ¥8.000

    アンティコシェィプ
    ルネッサンス期の 銀器のシェープから 生まれました。

    ジノリは 1735年 フィレンツェ郊外のドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。
    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年ごろからリモージュのカオリンを 用いることで完璧な白磁を完成させております。
    1834年には スペイン王カルロ3世の カポデモンテ窯の 閉窯に際し モールド類を引き取り 以後 ジノリが カポデモンテを 引き継いでおります。
    1869年には リチャード社を 合併して 今の リチャードジノリ社になりました。
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して 新しい 芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。 

  • リチャードジノリ・ロイヤルブルー マグ 30%Off
    リチャードジノリ・ロイヤルブルー マグ 30%Off
    3,024円
    希望小売価格: ¥4.200
  • リチャードジノリ 【ロイヤルブルー】 ティーC/S 20%Off
    リチャードジノリ 【ロイヤルブルー】 ティーC/S 20%Off
    6,912円

    本体価格: ¥8.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。     


    王家の印 百合の花の紋章


    ロイヤルとは 王。 ローマの王中の王 ジュリアス・シーザー
    ガイウス・ユリウス・カエサル(英:ジュリアス・シーザー)紀元前100年 - 紀元前44年3月15日)は、女神ヴィーナスを祖神とする共和政ローマ期の政治家、軍人であり、文筆家。また暦で彼の名称が使用されていた(ユリウス暦)時期が存在していた。
    紀元前60年、マルクス・リキニウス・クラッスス及びグナエウス・ポンペイウスとの第一回三頭政治成立。
    ガリア戦争 最大の戦いは 紀元前52年、アレシアの戦い(アレシア包囲戦は、ガリア総督ガイウス・ユリウス・カエサル率いるローマ軍と、アルウェルニ族のウェルキンゲトリクス率いるガリア人連合軍との間で行われた戦闘である。古代ローマにおける包囲戦の中では、最も大規模なものの1つであった。この戦いの結果、紀元前58年から続いたガリア戦争は実質的に終結し、ガリア全土(現:フランス、ベルギー、スイス等)はローマの属州となってその版図に組み込まれることとなった。
    フランス人画家リオネル・ロワイエ1899年の作(クロザティエ博物館所蔵)
    カエサルの足元に武器を投げ落とすウェルキンゲトリクス (仏)リオネル・ロワイエ1899年の作(クロザティエ博物館)

    これらのガリア征服を通して蓄えられた実力は、カエサルが内戦を引き起こす際の後ろ盾となった。紀元前53年、パルティアへ遠征していた三頭政治の一角であるクラッススの軍が壊滅(カルラエの戦い)し、クラッススが戦死したことにより三頭政治は崩壊した。共和政ローマ期内戦 紀元前49年から紀元前45年の間 イタリア、ギリシア、エジプト、北アフリカ及びヒスパニアで争い、カエサル派が最終的に元老院派とポンペイウスを打倒し 独裁体制を確立 紀元前44年 ルキウス・コルネリウス・スッラに次ぐ終身独裁官(ディクタトル) やがて元首政(プリンキパトゥス)となり、後の帝政の基礎を築いた。


    「賽は投げられた」 49B.C.シーザー、ルビコン河を渡る。
    共和政ローマは当時、本土と属州ガリア・キサルピナをルビコン川で分けており、それ故にルビコン川は北の防衛線であったため、軍団を率いてルビコン川以南へ向かうことは法により禁じられていた。これに背くことはローマに対する反逆とみなされた。
    紀元前49年、カエサルのガリア属州総督解任および本国召還を命じる『元老院最終勧告』が発布された。カエサルは自派の護民官がローマを追われたことを名目に、前49年1月10日に軍を率いてルビコン川を越えたことで、ポンペイウス及び元老院派との内戦に突入した。「ここを渡れば人間世界の悲惨、渡らなければわが破滅。進もう、神々の待つところへ! 我々を侮辱した敵の待つところへ!賽は投げられた!」と檄を飛ばしたという。(スエトニウス「ローマ皇帝伝」)


    クレオパトラ

    紀元前48年 軍勢を伴ってアレクサンドリアに上陸した。エジプトでは、先王プトレマイオス12世の子であるクレオパトラ7世とプトレマイオス13世の姉弟が争っており、両者の仲介を模索したものの、プトレマイオス13世派から攻撃を受けた為、クレオパトラ7世の側に立って政争に介入し、ナイルの戦いで、カエサル麾下のローマ軍はプトレマイオス13世派を打ち破った。カエサルは この戦いで敗死した13世に変わり共同ファラオの地位に就けたクレオパトラ7世との間に カエサリオンを儲けた。
    クレオパトラとシーザー (ジャン=レオン・ジェローム作 1866年)
    クレオパトラとシーザー (ジャン=レオン・ジェローム作 1866年)


    「来た、見た、勝った」

    エジプト平定後、カエサルは親密になったクレオパトラ7世とエジプトで過ごしたが、小アジアに派遣していたカルウィヌスがポントス王ファルナケス2世に敗北したという報せが届いた。紀元前47年6月、カエサルはエジプトを発ち、途中でポンペイウスの勢力下を抑えつつ進軍、8月2日にゼラの戦いでファルナケス2世を破った。この時、ローマにいる腹心のマティウスに送った戦勝報告に「来た、見た、勝った 」との言葉があった。

    「ブルータス、お前もか」

    以前「『3月15日』に注意せよ」と予言した腸卜官(占い師)のスプリンナに元老院への道中で出会い、カエサルは「何も無かったではないか」と語ったが、スプリンナは「『3月15日』は未だ終わっていない」と返答した。
    それ以前にカエサルは身体の不可侵性を保障される護民官職権を得ていたが、それに加えて元老院議員から安全に関する誓約「紳士協定」を取った上で、独裁官に付属する護衛隊を解散していた。カエサルは「身の安寧に汲々としているようでは生きている甲斐がない」といったことを述べている。ポンペイウス劇場で開かれた元老院会議は、パルティア遠征を前にカエサル不在中のローマの統治体制を協議する予定であった。終身独裁官であったカエサルに随行するリクトルは元老院の慣習により元老院外で待機、腹心のマルクス・アントニウスはガイウス・トレボニウスによって引き離されていた。事件は元老院の開会前に起こったとされ、ポンペイウス劇場に隣接する列柱廊(現在のトッレ・アルジェンティーナ広場内)でマルクス・ブルトゥスやカッシウスらに23もの刺し傷で暗殺された。暗殺された際、カエサルは「ブルトゥス、お前もか」と叫んだとされ、これはシェイクスピアの戯曲『ジュリアス・シーザー』の中の台詞として有名である。
    (Death of Julius Caesar) by Vincenzo Camuccini 1798
    「カエサルの死」(ヴィンチェンツォ・カムッチーニ)1798年作


    ルクレティアの敵を討ち その後成立した共和政ローマの最初の執政官には 実質的な設立者ブルトゥスが就いた。共和制維持のために尽力し また防戦のため、自ら軍を率いて出征を重ねるも、その途上で戦死した。死後も共和政ローマの理念を象徴する者とされ、ガイウス・ユリウス・カエサル(シーザー)が王位への野心を露にしたときには、ルキウスの像に「ブルトゥスは最初の執政官となって王を追放したのに、こいつ(シーザー)は執政官を追放して、ついに我々の王位に上り詰めた」と書かれたと伝わっている。ちなみに 後のシーザー暗殺の立役者 ブルータスはブルトゥスの末裔です。「因果はめぐる糸車、明日はわからぬ風車、臼で粉引く水車、我が家の家計は火の車、車は急には止まれない、すべて世の中堂々巡り・・・」


    紀元前81年に小アジア、アカエアへ亡命した。ビテュニア遠征の際に支援したビテュニア王ニコメデス4世のもとに非常に長期間滞在する。この時に王と若いカエサルは男色関係にあったのではないかという噂が立った。この噂は生涯に渡って付いて回り、「ビテュニアの女王」と政敵より攻撃される材料となった。

    頭髪が薄いことを政敵から攻撃されたため、はげた部分を隠すのに苦労していた。このため、内戦を終結させた業績を認められたことにより、いつ、どこでも月桂冠を被る特権を与えられたときは、大変喜んだという。なお、当時のカエサルが前髪の薄さを隠すためにしていた髪型は、シーザーカット(英語版)(カエサルカット)と呼ばれており、ヨーロッパでは古くから典型的な男性の髪型の一種となっている。また、てんかんの症状があったとも伝わっている。


    今話題のドナルド・トランプさんも  シーザーカット  風の悪戯
    シーザードナルドトランプ
     トランプさんは『米国は 今や貧乏国だから 米軍はNATOやアジアから撤退する。日本は核武装をしてもよいから 核武装をした国から 自国を自分で守れ』と絶叫します。日本は 在日米軍駐留経費の大半を思いやり予算で負担しており 米軍のプレゼンスが 米国の国益に寄与ゼロというのでしょうか?風もあきれて怒っています!!
                   

    カエサルには多くの愛人がいた。一説によれば元老院議員の3分の1が妻をカエサルに寝取られたと伝えられている。このためカエサルには「ハゲの女たらし」と渾名された。古代ローマでは凱旋式の際に、軍団兵たちが将軍をからかう野次を飛ばす習慣があったが、カエサルの凱旋式においての軍団兵たちは「夫たちよ、妻を隠せ。薬缶頭(ハゲ)の女たらしのお通りだ」と叫んだ。


    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。

    売り切れ 再入荷  

    新品在庫 僅かですが見つけました。
    世界で最後の新品在庫です。


    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが 
    お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    アンティコシェィプ
    ルネッサンス期の 銀器のシェープから ロココ調に生まれました   

    「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」 詳しくは コチラをクリック してください。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。


    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。



  • リチャードジノリ・ロイヤルブルー コーヒーC/S 30%Off
    リチャードジノリ・ロイヤルブルー コーヒーC/S 30%Off
    4,914円
    本体価格: ¥6.500

    アンティコシェィプ
    ルネッサンス期の 銀器のシェープから 生まれました
     
    ジノリは 1735年 フィレンツェ郊外のドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。
    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年ごろからリモージュのカオリンを 用いることで完璧な白磁を完成させております。
    1834年には スペイン王カルロ3世の カポデモンテ窯の 閉窯に際し モールド類を引き取り 以後 ジノリが カポデモンテを 引き継いでおります。
    1869年には リチャード社を 合併して 今の リチャードジノリ社になりました。
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して 新しい 芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。
  • リチャードジノリ・ロイヤルブルー 25cmプレート 30%Off
    リチャードジノリ・ロイヤルブルー 25cmプレート 30%Off
    4,914円

    本体価格: ¥6.500


    小さい写真をクリックすると 拡大します。


    ロイヤルとは 王。 ローマの王中の王 
    ガイウス・ユリウス・カエサル(英:ジュリアス・シーザー 紀元前100年 - 紀元前44年)は、女神ヴィーナスを祖神とする共和政ローマ期の政治家、軍人であり、文筆家。また暦で彼の名称が使用されていた(ユリウス暦)時期が存在していた。
    紀元前60年、マルクス・リキニウス・クラッスス及びグナエウス・ポンペイウスとの第一回三頭政治成立。
    ガリア戦争 最大の戦いは 紀元前52年、アレシアの戦いで ほとんどのガリアの部族を下し カエサルはガリア全土(現:フランス、ベルギー、スイス等)をローマ属州とした。
    これらのガリア征服を通して蓄えられた実力は、カエサルが内戦を引き起こす際の後ろ盾となった。紀元前53年、パルティアへ遠征していた三頭政治の一角であるクラッススの軍が壊滅(カルラエの戦い)し、クラッススが戦死したことにより三頭政治は崩壊した。共和政ローマ期内戦 紀元前49年から紀元前45年の間 イタリア、ギリシア、エジプト、北アフリカ及びヒスパニアで争い、カエサル派が最終的に元老院派とポンペイウスを打倒し 独裁体制を確立 紀元前44年 ルキウス・コルネリウス・スッラに次ぐ終身独裁官(ディクタトル) やがて元首政(プリンキパトゥス)となり、後の帝政の基礎を築いた。



    「賽は投げられた」
    49BC シーザー ルビコン河を渡る
    49B.C.シーザー、ルビコン河を渡る。共和政ローマは当時、本土と属州ガリア・キサルピナをルビコン川で分けており、それ故にルビコン川は北の防衛線であったため、軍団を率いてルビコン川以南へ向かうことは法により禁じられていた。これに背くことはローマに対する反逆とみなされた。
    紀元前49年、カエサルのガリア属州総督解任および本国召還を命じる『元老院最終勧告』が発布された。カエサルは自派の護民官がローマを追われたことを名目に、前49年1月10日に軍を率いてルビコン川を越えたことで、ポンペイウス及び元老院派との内戦に突入した。「ここを渡れば人間世界の悲惨、渡らなければわが破滅。進もう、神々の待つところへ! 我々を侮辱した敵の待つところへ!賽は投げられた!」と檄を飛ばしたという。(スエトニウス「ローマ皇帝伝」)

    クレオパトラ
    紀元前48年 軍勢を伴ってアレクサンドリアに上陸した。エジプトでは、先王プトレマイオス12世の子であるクレオパトラ7世とプトレマイオス13世の姉弟が争っており、両者の仲介を模索したものの、プトレマイオス13世派から攻撃を受けた為、クレオパトラ7世の側に立って政争に介入し、ナイルの戦いで、カエサル麾下のローマ軍はプトレマイオス13世派を打ち破った。カエサルは この戦いで敗死した13世に変わり共同ファラオの地位に就けたクレオパトラ7世との間に カエサリオンを儲けた。
    クレオパトラとシーザー (ジャン=レオン・ジェローム作 1866年)
    クレオパトラとシーザー (ジャン=レオン・ジェローム作 1866年)


    「来た、見た、勝った」

    エジプト平定後、カエサルは親密になったクレオパトラ7世とエジプトで過ごしたが、小アジアに派遣していたカルウィヌスがポントス王ファルナケス2世に敗北したという報せが届いた。紀元前47年6月、カエサルはエジプトを発ち、途中でポンペイウスの勢力下を抑えつつ進軍、8月2日にゼラの戦いでファルナケス2世を破った。この時、ローマにいる腹心のマティウスに送った戦勝報告に「来た、見た、勝った 」との言葉があった。


    「ブルータス、お前もか」

    以前「『3月15日』に注意せよ」と予言した腸卜官(占い師)のスプリンナに元老院への道中で出会い、カエサルは「何も無かったではないか」と語ったが、スプリンナは「『3月15日』は未だ終わっていない」と返答した。
    それ以前にカエサルは身体の不可侵性を保障される護民官職権を得ていたが、それに加えて元老院議員から安全に関する誓約「紳士協定」を取った上で、独裁官に付属する護衛隊を解散していた。カエサルは「身の安寧に汲々としているようでは生きている甲斐がない」といったことを述べている。ポンペイウス劇場で開かれた元老院会議は、パルティア遠征を前にカエサル不在中のローマの統治体制を協議する予定であった。終身独裁官であったカエサルに随行するリクトルは元老院の慣習により元老院外で待機、腹心のマルクス・アントニウスはガイウス・トレボニウスによって引き離されていた。事件は元老院の開会前に起こったとされ、ポンペイウス劇場に隣接する列柱廊(現在のトッレ・アルジェンティーナ広場内)でマルクス・ブルトゥスやカッシウスらに23もの刺し傷で暗殺された。暗殺された際、カエサルは「ブルトゥス、お前もか」と叫んだとされ、これはシェイクスピアの戯曲『ジュリアス・シーザー』の中の台詞として有名である。
    「カエサルの死」(ヴィンチェンツォ・カムッチーニ)1798年作
    「カエサルの死」(ヴィンチェンツォ・カムッチーニ)1798年作


    紀元前81年に小アジア、アカエアへ亡命した。ビテュニア遠征の際に支援したビテュニア王ニコメデス4世のもとに非常に長期間滞在する。この時に王と若いカエサルは男色関係にあったのではないかという噂が立った。この噂は生涯に渡って付いて回り、「ビテュニアの女王」と政敵より攻撃される材料となった。


    頭髪が薄いことを政敵から攻撃されたため、はげた部分を隠すのに苦労していた。このため、内戦を終結させた業績を認められたことにより、いつ、どこでも月桂冠を被る特権を与えられたときは、大変喜んだという。なお、当時のカエサルが前髪の薄さを隠すためにしていた髪型は、シーザーカット(英語版)(カエサルカット)と呼ばれており、ヨーロッパでは古くから典型的な男性の髪型の一種となっている。また、てんかんの症状があったとも伝わっている。


    今話題のドナルド・トランプさんも  シーザーカット  風の悪戯
    シーザードナルドトランプ
     

    カエサルには多くの愛人がいた。一説によれば元老院議員の3分の1が妻をカエサルに寝取られたと伝えられている。このためカエサルには「ハゲの女たらし」と渾名された。古代ローマでは凱旋式の際に、軍団兵たちが将軍をからかう野次を飛ばす習慣があったが、カエサルの凱旋式においての軍団兵たちは「夫たちよ、妻を隠せ。薬缶頭(ハゲ)の女たらしのお通りだ」と叫んだ。


    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。


    世界で最後の新品在庫です。


    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが 
    お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    アンティコシェィプ
    ルネッサンス期の 銀器のシェープから ロココ調に生まれました


    「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」 詳しくは コチラをクリック してください。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。




1

(カテゴリー内:6点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索