カテゴリー

全件表示 (5058) 福袋 (16) 新入荷商品 (104) お中元ギフトフェア (84) 祝海の日フェア (99) アウガルテン (89) アビランド (394) アラビア (5) ウェッジウッド (1077) エインズレイ (50) エルメス (146) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (25) スポード/ダッチェス (27) スワロフスキー (87) バカラ (243) ビレロイボッホ (10) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (59) ブルガリ・ローゼンタール (35) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (21) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (433) ボヘミア (65) ホヤ (16) マイセン (484) 赤葡萄・白葡萄/ その他 (1) 青い花 (15) アフロディテ (6) アラビアンナイト千夜一夜 (8) アルペンフローラ/ フローラ (14) イヤーズプレート (22) 1996年復刻イヤープレート (8) 記念/ メモリアル・プレート (8) イェロー・オレンジローズ・バラと忘れな草 (2) インドの花・各色 柿右衛門写し (13) ヴァインリーフ/ 柊南天染付ゴールド (2) X / B・フォーム (13) 花鳥虎文・402110  (1) 果物模様/ 花と果実/ フルーツと花 (8) 御所車花模様 (6) シノワズリ緑龍/ ミング(明代)ドラゴン (4) 写実的な花/ ドイツの花 (3) シャドウフラワー/ 柊南天金彩 (8) ジャポネズリ・ストローフラワー (4) 祝祭舞踏会/ マルガリータ (2) 松竹梅柴垣鳥文・455110  (1) 松竹梅虎文・401110  (1) スキャタードフラワー(散らし小花) (4) スワンサービス/ ワトーグリーン (4) そよ風/ ベゴニア/ 森の声 (8) 太湖石に花鳥文・341110 (1) 中国蝶文・393110  (1) 東洋の伝説動物・571310  鳥と小蝶/ マイセンバード (7) 波の戯れホワイト (15) 花と蝶/ リアルな花と蝶 (5) 昼顔/ ローゼンブーケ (5) 二つ花 (39) プラチナコバルト (4) ブルーオーキッド (19) ブルーオニオン (44) ホワイトレリーフ (6) マイセンのバラ (2) 真夏の夜の夢 (16) 三つ・四つ・五つ・六つ 花 (10) 水辺の動物・花 (7) 緑の花束 (6) メロディードラゴン (8) (様式的な花)ドイツブルメン (7) 龍と鳳凰文 (6) 和風花鳥文金彩・465110  (1) マイセンVIP/ロゴ (10) マイセン特撰・限定洋食器 (23) マイセン特撰限定ベース (20) マイセン特撰限定オブジェ・キャンドルスタンド (11) マイセン磁板画 (19) マイセン人形 (26) ミントン (41) メニュー(デンマーク) (8) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (842) リヤドロ (55) レイノー (5) ローゼンタール (5) ロイヤルアルバート (56) ロイヤルウースター (28) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (433) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

マイセン > インドの花・各色 柿右衛門写し

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • マイセン 【インドの花・縁取・340310】   ティー23ピースセット 25%Off
    マイセン 【インドの花・縁取・340310】   ティー23ピースセット 25%Off
    1,320,000円

    本体価格: ¥1.600.000

    小さい写真をクリックすると 拡大写真が見られます。


    ティーC/S・18.5cmプレート 各6
    ティーポット・シュガー・クリーマー 各1

    インドの花ボリウッド
    インドの花 ボリウッド女優
    インダス文明を生んだドラヴィダ人と「高貴な」アーリア人の血の混交がこれほどの美女を生むのでしょうか ?
    因みに人種差別や優生学を美化したヒットラーのナチズムが想定していたような、ドイツ国民こそ最も純粋「高貴な」アーリア人であるとする見解は 現在では疑似科学(科学的方法に基づいていると誤って考えられたり、あるいは科学的事実だと間違って位置付けられてしまった一連の信念)だと見なされている。

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが  マイセンが誇る 伝統の名作を持っているお店はお熟成アインだけのようです。 したがって やはり お熟成アインが一番お安くなります。何故 お熟成アインはお安いのでしょうか ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告に金をかけ ポイントで釣ったりして上手にお高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で お熟成アインが一番お安くなりました。お熟成アインの真骨頂 ! !

    マイセンの日本代理店は インドの"花"。ヘレンドの日本代理店は インドの"華"。
    「マイセンとヘレンドのインドの華と柿右衛門」 多くのプロがこの為体(「えたい」と読まず「ていたらく」と読んでください)

    柿右衛門写し 
    オランダの東インド会社によってもたらされた白磁に 絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの花に違いないとして 柿右衛門描くところの日本の花を インドの花309310と名づけました。3で始まる柄番号は シノワズリの分類でした。しかし この多彩色を考案したアールヌーボー期には 柿右衛門と判っていたらしく 柄番号451110と 4で始まるジャポネズリに分類しており
    インドの華多彩色 451110 501 18cp 
    インドの花 多彩色 451110 アンティック
    (この451110と 当店の451110と比べてみてください。私の持論である アンティックは「古いからよいのではない」がお判りと思います。)
    高値を呼ぶ 柿右衛門名に変更したかったのですが すでに東洋風散花文 インドの花は ブランドとして知名度高く 定着しておりましたので 名称は 継続されました。初期の シノワズリ分類の不明を 糊塗するにも好都合でしたのでしょう。何せ 美への眼力自慢の アウグスト強襲王の柿右衛門贔屓が 柿右衛門と見抜けなかったのですから。シノワズリ ジャポネズリを確立したヘロルトも アウグスト強襲王とともに 同じ轍を踏んでおります。 
    今回さらに踏み込んで精査いたしました。
    391110.jpg
    391110
    より柿右衛門に忠実(余白の美)に描いておりますのに シノワズリ分類です。縁取り番号の新しさからみても柿右衛門と分かっていたのに ジャポネズリにしておりません。 
    おまけに 柿右衛門と判っていた同じアールヌーボー期のこの作品に 352110とシノワズリ番号に戻っております。流石に 誰が見ても柿右衛門ジャポネズリと判り 和名は御所車花模様と名付けています。
    MS 御所車花模様 582 兼用 (3)

    マイセン・御所車花模様・352110 兼用C/S・582 20%Off  のお求めはコチラ

    アウグスト強襲王や ヘロルトが 柿右衛門描く処のこの絵を 東洋風散花文シノワズリに分類し間違ってたのを 柿右衛門も東洋だと強弁したいのでしょうか?しかし 無理があるのは ジャポネズリの分類があります。ただ日本の文献や インターネットを見ても 総てと言ってもいいほど シノワズリになっております。ひどいのは 華と 花の混用が散見され プロとして 興ざめです。

    ピカピカの 新品です。現品 即納

    マイセン 人気のシノワズリ  (ジャポネズリ 柿右衛門写し)
    ヘロルトは ウィーン・パキエの窯から持ち出した フンガーの顔料や ベトガーの いがみ合う2人の高弟 ケーラーと シュテルツェルが合成した顔料に 自らも開発した顔料〔1723.4.30.秘密主義のケーラーは亡くなるのですが ヘロルトは 看病にかこつけて うまく臨終に立ち会い 彼の隠し金庫の鍵を盗み 顔料調合秘術書を 盗み写し 重要個所は 巧妙に破り盗り(この悪行は 15年後に発覚するのですが すでに 宮廷画家として確固たる地位を 確立しており マイセン委員会でも手出しならず 不問に付されました)自ら開発したマッフル窯で 柿右衛門に勝るとも劣らない 鮮やかな色彩の顔料16色を完成。〕を以って 彼独特のシノワズリを 確立していきました。ヘロルトのシノワズリは 欧州にて 高い評価を受け 果てには 本家中国にまで 影響を及ぼすほどでした。時につれ ペインターたちは 多くの バリエーションを 生み出し 王達を楽しませました。他窯でも たくさん写され ヨーロッパ中に 大流行しました。第1次世界大戦末期 1918年に ザクセン王国は 瓦解するのですが 国立窯となっても この人気作品は 1730年ごろ以来 約3世紀 折あるごとに 作り続けられ 復刻というより 「偉大なマンネリズム」 の代表作の1つとなっております。

    ピカピカの 新品です。  現品 即納

    錬金術師-5
    ベトガーは 1711年 囚われの身のまま 王より男爵に叙せられておりました。ベトガーに 自由が許されたのは 1714年4月 32歳のときでした。                           
    「欧州磁器戦争史  錬金術師 ベトガー 5」 詳しくは コチラをクリック してください。

    磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1~2世紀に 端を発します。
    古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。それまでにも アラブの玄関口であるイタリアには シルクロード経由で 先に入手していた アラブの王様から 自分の威光を 誇る 贈り物として 入ってきておりましたが 東洋からのものと 判明したのは マルコポーロによります。この時 彼は 完品は高すぎて手が出ず 破片を 持ち来ったそうです。 ヨーロッパにおける 磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが 曇ったガラス球に終わりました。同じ16世紀に フィレンツェ大公(富豪メディチ家)は 砂 ガラス水晶粉を 粘土と混ぜた見事な焼き物(軟質磁器)に成功するのですが やはり 東洋の秘法による白い黄金には とても及びませんでした。その後も 欧州各地で 白い黄金の焼成が 試みられますが 総て 陶工達によるものでした。 磁器のガラス質に 惑わされた彼らの せいぜい成功らしきものでも 随分 白い黄金には 見劣りのする 軟質磁器(ヴァンサンヌに続く セーヴルでも フリット軟質磁器)どまりでした。一方  本家中国の景徳鎮で 14世紀には 磁器最後の姿 染付の完成を見ます。東洋では 千数百年の長きにわたる 多くの職人達の 勘と経験を 積み重ねた 結晶の賜物として 花開きました。片や西洋では 憧れの白磁を 科学的に分析することで 錬金術師(中世における 科学者の呼称)ベトガーは わずか3~5年で 1710年に完成させました。ザクセン王国 宮廷科学顧問官 チルンハウス(彼とて 多くの陶工と変わらず 磁器のガラス質に惑わされ 軟質磁器の研究に 堕しておりました。化学的変成にこだわり 分析と 実験の王道により 白磁を極めたベトガーは やはり非凡の天才でした。)の 白磁研究の基礎に 助けられたとはいえ 西洋科学分析手法の 優越性は ベトガーへの個人的資質の賞賛のみにとどまらず 明治維新の日本でも 優れた西洋科学として 競って受け入れられました。今や 日本をはじめ 東洋は 西洋を 凌駕せんばかりの 勢いです。
    少し理屈っぽくなりましたが 磁器をめぐり 東洋と西洋の違いを 言ってみたかったのです。

  • マイセン・インドの花多彩色・451110 クリーマー 30%Off
    マイセン・インドの花多彩色・451110 クリーマー 30%Off
    154,000円
    本体価格: ¥200.000

    柿右衛門写し 
    オランダの東インド会社によってもたらされた白磁に 絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの花に違いないとして 柿右衛門描くところの日本の花を インドの花-309310と名づけました。3で始まる柄番号は シノワズリの分類でした。しかし この多彩色を考案した頃には 柿右衛門と判っていたらしく 柄番号451110と 4で始まるジャポネズリに分類しており 高値を呼ぶ 柿右衛門名に変更したかったのですが すでに東洋風散花文 インドの花は ブランドとして知名度高く 定着しておりましたので 名称は 継続されました。 初期の シノワズリ分類の不明を 糊塗するにも好都合でしたのでしょう。何せ 美への眼力自慢の アウグスト強襲王の柿右衛門贔屓が 柿右衛門と見抜けなかったのですから。龍と鳳凰文のヘロルトも アウグスト強襲王とともに 同じ轍を踏んでおります。

    3人の天才ヨハンによる伝統の 復刻版
    1)ヨハン・フリードリヒ・ベトガーによる ヨーロッパ 初の ポースレーン
    2)ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト原画
    3)ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型

    ジャポネズリ 柿右衛門写し 
    柿右衛門の 余白の美に傾倒する アウグスト強襲王の求めに 1730年ごろ シノワズリの細密画を よくしたヘロルトにより描かれた。王は マイセンが 遂に 柿右衛門に並んだと ご満悦。 時につれ ペインターたちは 多くの バリエーションを 生み出し 王達を楽しませました。他窯でも たくさん写され ヨーロッパ中に 大流行しました。第1次世界大戦末期 1918年に ザクセン王国は 瓦解するのですが 国立窯となっても この人気作品は 1730年ごろ以来 約3世紀 折あるごとに 作り続けられ 復刻というより 「偉大なマンネリズム」 の代表作の1つとなっております。

  • マイセン・インドの花多彩色・451110 シュガー 30%Off
    マイセン・インドの花多彩色・451110 シュガー 30%Off
    196,350円

    本体価格: ¥255.000

    柿右衛門写し 
    オランダの東インド会社によってもたらされた白磁に 絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの花に違いないとして 柿右衛門描くところの日本の花を インドの花-309310と名づけました。3で始まる柄番号は シノワズリの分類でした。しかし この多彩色を考案した頃には 柿右衛門と判っていたらしく 柄番号451110と 4で始まるジャポネズリに分類しており 高値を呼ぶ 柿右衛門名に変更したかったのですが すでに東洋風散花文 インドの花は ブランドとして知名度高く 定着しておりましたので 名称は 継続されました。 初期の シノワズリ分類の不明を 糊塗するにも好都合でしたのでしょう。何せ 美への眼力自慢の アウグスト強襲王の柿右衛門贔屓が 柿右衛門と見抜けなかったのですから。龍と鳳凰文のヘロルトも アウグスト強襲王とともに 同じ轍を踏んでおります。

    3人の天才ヨハンによる伝統の 復刻版
    1)ヨハン・フリードリヒ・ベトガーによる ヨーロッパ 初の ポースレーン
    2)ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト原画
    3)ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型

    ジャポネズリ 柿右衛門写し 
    柿右衛門の 余白の美に傾倒する アウグスト強襲王の求めに 1730年ごろ シノワズリの細密画を よくしたヘロルトにより描かれた。王は マイセンが 遂に 柿右衛門に並んだと ご満悦。 時につれ ペインターたちは 多くの バリエーションを 生み出し 王達を楽しませました。他窯でも たくさん写され ヨーロッパ中に 大流行しました。第1次世界大戦末期 1918年に ザクセン王国は 瓦解するのですが 国立窯となっても この人気作品は 1730年ごろ以来 約3世紀 折あるごとに 作り続けられ 復刻というより 「偉大なマンネリズム」 の代表作の1つとなっております。

  • マイセン・インドの花多彩色・451110 ポット 30%Off
    マイセン・インドの花多彩色・451110 ポット 30%Off
    446,600円

    本体価格: ¥580.000

    柿右衛門写し 
    オランダの東インド会社によってもたらされた白磁に 絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの花に違いないとして 柿右衛門描くところの日本の花を インドの花-309310と名づけました。3で始まる柄番号は シノワズリの分類でした。しかし この多彩色を考案した頃には 柿右衛門と判っていたらしく 柄番号451110と 4で始まるジャポネズリに分類しており 高値を呼ぶ 柿右衛門名に変更したかったのですが すでに東洋風散花文 インドの花は ブランドとして知名度高く 定着しておりましたので 名称は 継続されました。 初期の シノワズリ分類の不明を 糊塗するにも好都合でしたのでしょう。何せ 美への眼力自慢の アウグスト強襲王の柿右衛門贔屓が 柿右衛門と見抜けなかったのですから。龍と鳳凰文のヘロルトも アウグスト強襲王とともに 同じ轍を踏んでおります。

    3人の天才ヨハンによる伝統の 復刻版
    1)ヨハン・フリードリヒ・ベトガーによる ヨーロッパ 初の ポースレーン
    2)ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト原画
    3)ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型

    ジャポネズリ 柿右衛門写し 
    柿右衛門の 余白の美に傾倒する アウグスト強襲王の求めに 1730年ごろ シノワズリの細密画を よくしたヘロルトにより描かれた。王は マイセンが 遂に 柿右衛門に並んだと ご満悦。 時につれ ペインターたちは 多くの バリエーションを 生み出し 王達を楽しませました。他窯でも たくさん写され ヨーロッパ中に 大流行しました。第1次世界大戦末期 1918年に ザクセン王国は 瓦解するのですが 国立窯となっても この人気作品は 1730年ごろ以来 約3世紀 折あるごとに 作り続けられ 復刻というより 「偉大なマンネリズム」 の代表作の1つとなっております。

  • マイセン・インドの花多彩色・451110 ポット・シュガー・クリーマー 35%Off
    マイセン・インドの花多彩色・451110 ポット・シュガー・クリーマー 35%Off
    740,025円

    本体価格: ¥1.035.000

    柿右衛門写し 
    オランダの東インド会社によってもたらされた白磁に 絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの花に違いないとして 柿右衛門描くところの日本の花を インドの花-309310と名づけました。3で始まる柄番号は シノワズリの分類でした。しかし この多彩色を考案した頃には 柿右衛門と判っていたらしく 柄番号451110と 4で始まるジャポネズリに分類しており 高値を呼ぶ 柿右衛門名に変更したかったのですが すでに東洋風散花文 インドの花は ブランドとして知名度高く 定着しておりましたので 名称は 継続されました。 初期の シノワズリ分類の不明を 糊塗するにも好都合でしたのでしょう。何せ 美への眼力自慢の アウグスト強襲王の柿右衛門贔屓が 柿右衛門と見抜けなかったのですから。龍と鳳凰文のヘロルトも アウグスト強襲王とともに 同じ轍を踏んでおります。

    3人の天才ヨハンによる伝統の 復刻版
    1)ヨハン・フリードリヒ・ベトガーによる ヨーロッパ 初の ポースレーン
    2)ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト原画
    3)ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型

    ジャポネズリ 柿右衛門写し 
    柿右衛門の 余白の美に傾倒する アウグスト強襲王の求めに 1730年ごろ シノワズリの細密画を よくしたヘロルトにより描かれた。王は マイセンが 遂に 柿右衛門に並んだと ご満悦。 時につれ ペインターたちは 多くの バリエーションを 生み出し 王達を楽しませました。他窯でも たくさん写され ヨーロッパ中に 大流行しました。第1次世界大戦末期 1918年に ザクセン王国は 瓦解するのですが 国立窯となっても この人気作品は 1730年ごろ以来 約3世紀 折あるごとに 作り続けられ 復刻というより 「偉大なマンネリズム」 の代表作の1つとなっております。

  • マイセン・インドの花多彩色・451110 18cmプレート・501  30%Off
    マイセン・インドの花多彩色・451110 18cmプレート・501  30%Off
    100,100円

    本体価格: ¥130.000


    柿右衛門写し 
    オランダの東インド会社によってもたらされた白磁に 絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの花に違いないとして 柿右衛門描くところの日本の花を インドの花309310と名づけました。3で始まる柄番号は シノワズリの分類でした。しかし この多彩色を考案した頃には 柿右衛門と判っていたらしく 柄番号451110と 4で始まるジャポネズリに分類しており 高値を呼ぶ 柿右衛門名に変更したかったのですが すでに東洋風散花文 インドの花は ブランドとして知名度高く 定着しておりましたので 名称は 継続されました。初期の シノワズリ分類の不明を 糊塗するにも好都合でしたのでしょう。何せ 美への眼力自慢の アウグスト強襲王の柿右衛門贔屓が 柿右衛門と見抜けなかったのですから。シノワズリ ジャポネズリを確立したヘロルトも アウグスト強襲王とともに 同じ轍を踏んでおります。 
    今回さらに踏み込んで精査いたしました。
    39110  (写真参照)
    より柿右衛門に忠実に描いておりますのに シノワズリ分類です。縁取り番号の新しさからみても柿右衛門と分かっていたのに ジャポネズリにしてないのは アウグスト強襲王や ヘロルトが 柿右衛門描く処のこの絵を 東洋風散花文シノワズリに分類してたのを 柿右衛門も東洋だと強弁したいのでしょうか?しかし 無理があるのは ジャポネズリの分類があります。ただ日本の文献や インターネットを見ても 総てと言ってもいいほど シノワズリになっております。ひどいのは 華と 花の混用が散見され プロとして 興ざめです。



  • マイセン 【インドの花・多彩色 451110】 兼用C/S 20%Off
    マイセン 【インドの花・多彩色 451110】 兼用C/S 20%Off
    176,000円

    本体価格: ¥200.000

                                                                
    通常15%Off  お中元ギフトフェア (本日~07/15) 20%Off                               

    ms.jpg
    ブランド箱 385円  ギフト包装用に正規代理店から購入                    
    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが 予約注文店の写真があるくらいで  マイセンが誇る 伝統の名作を持っているお店はお熟成アインだけのようです。 したがって やはり お熟成アインが一番お安くなります。何故 お熟成アインはお安いのでしょうか ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告に金をかけ ポイントで釣ったりして上手にお高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で お熟成アインが一番お安くなりました。お熟成アインの真骨頂 ! !

    マイセンの日本代理店は インドの"花"。ヘレンドの日本代理店は インドの"華"。
    「マイセンとヘレンドのインドの華と柿右衛門」 多くのプロがこの為体(「えたい」と読まず「ていたらく」と読んでください)

    インドの花ボリウッド
    インドの花 ボリウッド女優
    インダス文明を生んだドラヴィダ人と「高貴な」アーリア人の血の混交がこれほどの美女を生むのでしょうか ?
    因みに人種差別や優生学を美化したヒットラーのナチズムが想定していたような、ドイツ国民こそ最も純粋「高貴な」アーリア人であるとする見解は 現在では疑似科学(科学的方法に基づいていると誤って考えられたり、あるいは科学的事実だと間違って位置付けられてしまった一連の信念)だと見なされている。

    柿右衛門写し 
    オランダの東インド会社によってもたらされた白磁に 絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの花に違いないとして 柿右衛門描くところの日本の花を インドの花309310と名づけました。3で始まる柄番号は シノワズリの分類でした。しかし この多彩色を考案したアールヌーボー期には 柿右衛門と判っていたらしく 柄番号451110と 4で始まるジャポネズリに分類しており
    インドの華多彩色 451110 501 18cp 
    インドの花 多彩色 451110 アンティック
    (この451110と 当店の451110と比べてみてください。私の持論である アンティックは「古いからよいのではない」がお判りと思います。)
    高値を呼ぶ 柿右衛門名に変更したかったのですが すでに東洋風散花文 インドの花は ブランドとして知名度高く 定着しておりましたので 名称は 継続されました。初期の シノワズリ分類の不明を 糊塗するにも好都合でしたのでしょう。何せ 美への眼力自慢の アウグスト強襲王の柿右衛門贔屓が 柿右衛門と見抜けなかったのですから。シノワズリ ジャポネズリを確立したヘロルトも アウグスト強襲王とともに 同じ轍を踏んでおります。 
    今回さらに踏み込んで精査いたしました。
    391110.jpg
    391110
    より柿右衛門に忠実(余白の美)に描いておりますのに シノワズリ分類です。縁取り番号の新しさからみても柿右衛門と分かっていたのに ジャポネズリにしておりません。 
    おまけに 柿右衛門と判っていた同じアールヌーボー期のこの作品に 352110とシノワズリ番号に戻っております。流石に 誰が見ても柿右衛門ジャポネズリと判り 和名は御所車花模様と名付けています。
    MS 御所車花模様 582 兼用 (3)

    マイセン・御所車花模様・352110 兼用C/S・582 20%Off  のお求めはコチラ

    アウグスト強襲王や ヘロルトが 柿右衛門描く処のこの絵を 東洋風散花文シノワズリに分類し間違ってたのを 柿右衛門も東洋だと強弁したいのでしょうか?しかし 無理があるのは ジャポネズリの分類があります。ただ日本の文献や インターネットを見ても 総てと言ってもいいほど シノワズリになっております。ひどいのは 華と 花の混用が散見され プロとして 興ざめです。

    ピカピカの 新品です。現品 即納

    マイセン 人気のシノワズリ  (ジャポネズリ 柿右衛門写し)
    ヘロルトは ウィーン・パキエの窯から持ち出した フンガーの顔料や ベトガーの いがみ合う2人の高弟 ケーラーと シュテルツェルが合成した顔料に 自らも開発した顔料〔1723.4.30.秘密主義のケーラーは亡くなるのですが ヘロルトは 看病にかこつけて うまく臨終に立ち会い 彼の隠し金庫の鍵を盗み 顔料調合秘術書を 盗み写し 重要個所は 巧妙に破り盗り(この悪行は 15年後に発覚するのですが すでに 宮廷画家として確固たる地位を 確立しており マイセン委員会でも手出しならず 不問に付されました)自ら開発したマッフル窯で 柿右衛門に勝るとも劣らない 鮮やかな色彩の顔料16色を完成。〕を以って 彼独特のシノワズリを 確立していきました。ヘロルトのシノワズリは 欧州にて 高い評価を受け 果てには 本家中国にまで 影響を及ぼすほどでした。時につれ ペインターたちは 多くの バリエーションを 生み出し 王達を楽しませました。他窯でも たくさん写され ヨーロッパ中に 大流行しました。第1次世界大戦末期 1918年に ザクセン王国は 瓦解するのですが 国立窯となっても この人気作品は 1730年ごろ以来 約3世紀 折あるごとに 作り続けられ 復刻というより 「偉大なマンネリズム」 の代表作の1つとなっております。

    RC インドの華多彩色 451110 582 兼用 (1)予約注文店の写真
    予約注文店の写真 451110:インディアンフラワー
     
    RC インドの華多彩色 451110 582 兼用 (3)
    上掲のアンティック451110と 当店のこの451110と比べてみてください。私の持論である アンティックは「古いからよいのではない」がお判りと思います。

    3人の天才ヨハン-5 
    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168  20%Off  のお求めはコチラ
      
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月2    
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明しております。

  • マイセン 【インドの花ライラック・343710】   ティーC/S・633   20%Off  
    マイセン 【インドの花ライラック・343710】   ティーC/S・633   20%Off  
    105,600円

    本体価格: ¥120.000

    小さい写真を クリックすると 拡大写真がでます。

                                    
         


    通常15%Off  お中元フェア (本日 ~ 7/15)  20%Off                               

    ms.jpg
    ブランド箱 385円  ギフト包装用に正規代理店から購入                     

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが  マイセンが誇る 伝統の名作を持っているお店はお熟成アインだけのようです。 したがって お熟成アインが一番お安くなります。何故 お熟成アインはお安いのでしょうか ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告に金をかけ ポイントで釣ったりして上手にお高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で お熟成アインが一番お安くなりました。お熟成アインの真骨頂 ! !

    マイセンの日本代理店は インドの"花"。ヘレンドの日本代理店は インドの"華"。
    「マイセンとヘレンドのインドの華と柿右衛門」 多くのプロがこの為体(「えたい」と読まず「ていたらく」と読んでください)

    インドの花 5
    インドの花                         
    インダス文明を生んだドラヴィダ人と「高貴な」アーリア人の血の混交がこれほどの美女を生むのでしょうか ?
    因みに人種差別や優生学を美化したヒットラーのナチズムが想定していたような、ドイツ国民こそ最も純粋「高貴な」アーリア人であるとする見解は 現在では疑似科学(科学的方法に基づいていると誤って考えられたり、あるいは科学的事実だと間違って位置付けられてしまった一連の信念)だと見なされている。
                            
    ライラックは モクセイ科ハシドイ属の落葉樹。ライラックの呼称は英語の仮名転写に由来し、他にフランス語由来のリラでも呼ばれる。和名はムラサキハシドイ(紫丁香花)。ヨーロッパ原産。春(日本では4-5月)に紫色・白色などの花を咲かせ、香りがよく香水の原料ともされる。日本には近縁種ハシドイが野生する。開花はライラックより遅く、6-7月に花が咲く。ハシドイは、俗称としてドスナラ(癩楢、材としてはナラより役に立ちにくい意味)とも呼ばれることがある。
    ライラック色の女
    「ライラック色の女」 

    花言葉は友情・青春の思い出・純潔・初恋・大切な友達、 西洋では「pride(誇り)」・「beauty(美)」
    ハシドイの名は、木曽方言に由来する。属の学名 Syringa は笛の意で、この木の材で笛を作ったことによるという。

    「紫色」パープルは、巻貝の一種"purpura"に由来する。この巻貝の出す分泌液が染色の原料とされた。この染色法を発明したのは現代のイスラエルやレバノンの地域に住んでいた古代のカナーン人であるといわれる。巻貝1個から出る分泌液はわずかであったため、この染色布が貴重なものであり、ローマ帝国の頃より西洋では高貴な身分の者が身に着けていた。
    「紫禁城」天帝(創造主)が住んでいる星とされる北極星を紫微星とし 天子の住まうところを 紫の禁裏の城(世界最大)とする。
    紫禁城
    北側の景山公園からの紫禁城の眺め(中央手前は神武門)

    紫禁城夜

    「紫衣」大化3年(647年)の七色十三階冠で、大織と大繍が深紫、大紫が浅紫の服色。前近代の日本や中国では、高官が身に付けるべき高貴な色とされた。
    「紫袈裟」は天皇の勅許が必要な 法皇や 高僧にのみ許される。
    「紫式部」由来のムラサキシキブ - クマツヅラ科の観賞用植物。『源氏物語』を 別名『紫物語』とも言い 主要登場人物 紫の上や藤壺の宮など 矢張り高貴を象徴。

    シノワズリ
    ヘロルトは ウィーン・パキエの窯から持ち出した フンガーの顔料や ベトガーの いがみ合う2人の高弟 ケーラーと シュテルツェルが合成した顔料に 自らも開発した顔料〔1723.4.30.秘密主義のケーラーは亡くなるのですが ヘロルトは 看病にかこつけて うまく臨終に立ち会い 彼の隠し金庫の鍵を盗み 顔料調合秘術書を 盗み写し 重要個所は 巧妙に破り盗り(この悪行は 15年後に発覚するのですが すでに 宮廷画家として確固たる地位を 確立しており マイセン委員会でも手出しならず 不問に付されました)自ら開発したマッフル窯で 柿右衛門に勝るとも劣らない 鮮やかな色彩の顔料16色を完成。〕を以って 彼独特のシノワズリを 確立していきました。

    柿右衛門写しのシノワズリ? 
    オランダの東インド会社によってもたらされた白磁に 絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの花に違いないとして 柿右衛門描くところの日本の花を インドの花-343310と名づけました。3で始まる柄番号は シノワズリの分類でした。しかし 多彩色を考案した頃には 柿右衛門と判っていたらしく 柄番号451110と 4で始まるジャポネズリに分類しており
    インドの華多彩色 451110 501 18cp 
    インドの花 多彩色 451110 アンティック
    マイセン 【インドの花・多彩色 451110】 兼用C/S 25%Off  のお求めはコチラ
    RC インドの華多彩色 451110 582 兼用 (3)
    高値を呼ぶ 柿右衛門名に変更したかったのですが すでに東洋風散花文 インドの花は ブランドとして知名度高く 定着しておりましたので 名称は 継続されました。 初期の シノワズリ分類の不明を 糊塗するにも好都合でしたのでしょう。何せ 美への眼力自慢の アウグスト強襲王の柿右衛門贔屓が 柿右衛門と見抜けなかったのですから。シノワズリ ジャポネズリを確立したヘロルトも アウグスト強襲王とともに 同じ轍を踏んでおります。
    柿右衛門と判ってからも インドの花としてペインターたちは 時につれ  多くの バリエーションを 生み出し 王達を楽しませました。他窯でも たくさん写され ヨーロッパ中に 大流行しました。第1次世界大戦末期 1918年に ザクセン王国は 瓦解するのですが 国立窯となっても この人気作品は 1730年ごろ以来 約3世紀 折あるごとに 作り続けられ 復刻というより 「偉大なマンネリズム」 の代表作の1つとなっております。
     
    3人の天才ヨハンによる伝統の 復刻版
    1)ヨハン・フリードリヒ・ベトガーによる ヨーロッパ 初の ポースレーン
    2)ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト原画
    3)ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型 

    ピカピカの 新品です。  現品 即納

    マイセン 【インドの花ロイヤルパープル・343410】  兼用C/S・582 20%Off  のお求めはコチラ

    RC インドの華ピンク 343410 582 兼用-1
     
    インドの華 他店
    他店 中古品 ? もう売り切れてましたが 何方が購入されたのやら ?

    RC インドの華ライラック 343710 633 ティー (1)
    当店

    錬金術師-3
    ベトガーは 処刑を免れる為の 時間稼ぎに 何らかの成果を あげざるを得ませんでした。磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが ・・・・・・・ 

    「欧州磁器戦争史  錬金術師-3」 詳しくは コチラをクリック してください。

    磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1~2世紀に 端を発します。
    古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。

  • マイセン・インドの花ロイヤルパープル・343410 モカC/S・580 25%Off
    マイセン・インドの花ロイヤルパープル・343410 モカC/S・580 25%Off
    77,962円
    希望小売価格: ¥94.500

    柿右衛門写し 
    オランダの東インド会社によってもたらされた白磁に 絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの花に違いないとして この柿右衛門描くところの日本の花を インドの花と名づけました。

    3人の天才ヨハンによる伝統の 復刻版
    1)ヨハン・フリードリヒ・ベトガーによる ヨーロッパ 初の ポースレーン
    2)ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト原画
    3)ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型 エンツゥイステッド・ハンドル 

    ジャポネズリ 柿右衛門写し 
    柿右衛門の 余白の美に傾倒する アウグスト強襲王の求めに 1730年ごろ シノワズリの細密画を よくしたヘロルトにより描かれた。王は マイセンが 遂に 柿右衛門に並んだと ご満悦。 時につれ ペインターたちは 多くの バリエーションを 生み出し 王達を楽しませました。他窯でも たくさん写され ヨーロッパ中に 大流行しました。第1次世界大戦末期 1918年に ザクセン王国は 瓦解するのですが 国立窯となっても この人気作品は 1730年ごろ以来 約3世紀 折あるごとに 作り続けられ 復刻というより 「偉大なマンネリズム」 の代表作の1つとなっております。
  • マイセン・インドの花ロイヤルパープル・343410 兼用C/S・582 25%Off
    マイセン・インドの花ロイヤルパープル・343410 兼用C/S・582 25%Off
    99,000円
    本体価格: ¥120.000

    柿右衛門写し 
    オランダの東インド会社によってもたらされた白磁に 絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの花に違いないとして この柿右衛門描くところの日本の花を インドの花-343410と名づけました。3で始まる柄番号は シノワズリの分類でした。続く4は縁取り番号です。しかし インドの花・多彩色を考案した頃には 柿右衛門と判っていたらしく 柄番号451110と 4で始まるジャポネズリに分類しております。

    3人の天才ヨハンによる伝統の 復刻版
    1)ヨハン・フリードリヒ・ベトガーによる ヨーロッパ 初の ポースレーン
    2)ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト原画
    3)ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型 エンツゥイステッド・ハンドル 

    ジャポネズリ 柿右衛門写し 
    柿右衛門の 余白の美に傾倒する アウグスト強襲王の求めに 1730年ごろ シノワズリの細密画を よくしたヘロルトにより描かれた。王は マイセンが 遂に 柿右衛門に並んだと ご満悦。 時につれ ペインターたちは 多くの バリエーションを 生み出し 王達を楽しませました。他窯でも たくさん写され ヨーロッパ中に 大流行しました。第1次世界大戦末期 1918年に ザクセン王国は 瓦解するのですが 国立窯となっても この人気作品は 1730年ごろ以来 約3世紀 折あるごとに 作り続けられ 復刻というより 「偉大なマンネリズム」 の代表作の1つとなっております。

  • マイセン・インドの花グリーン・343310 18cmプレート・501 30%Off
    マイセン・インドの花グリーン・343310 18cmプレート・501 30%Off
    77,000円
    本体価格: ¥100.000
  • マイセン 【インドの花グリーン・343310】  モカC/S・580   25%Off
    マイセン 【インドの花グリーン・343310】  モカC/S・580   25%Off
    90,750円

    本体価格: ¥110.000

    小さい写真を クリックすると 拡大します。       

                       
    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが  マイセンが誇る 伝統の名作を持っているお店はお熟成アインだけのようです。 したがって お熟成アインが一番お安くなります。何故 お熟成アインはお安いのでしょうか ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告に金をかけ ポイントで釣ったりして上手にお高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で お熟成アインが一番お安くなりました。お熟成アインの真骨頂 ! !

    マイセンの日本代理店は インドの"花"。ヘレンドの日本代理店は インドの"華"。
    「マイセンとヘレンドのインドの華と柿右衛門」 多くのプロがこの為体(「えたい」と読まず「ていたらく」と読んでください)

    インドの花3ミス・インターナショナル
    インドの花                       ミス・インターナショナル インド代表
    インダス文明を生んだドラヴィダ人と「高貴な」アーリア人の血の混交がこれほどの美女を生むのでしょうか ?
    因みに人種差別や優生学を美化したヒットラーのナチズムが想定していたような、ドイツ国民こそ最も純粋「高貴な」アーリア人であるとする見解は 現在では疑似科学(科学的方法に基づいていると誤って考えられたり、あるいは科学的事実だと間違って位置付けられてしまった一連の信念)だと見なされている。

    シノワズリ
    ヘロルトは ウィーン・パキエの窯から持ち出した フンガーの顔料や ベトガーの いがみ合う2人の高弟 ケーラーと シュテルツェルが合成した顔料に 自らも開発した顔料〔1723.4.30.秘密主義のケーラーは亡くなるのですが ヘロルトは 看病にかこつけて うまく臨終に立ち会い 彼の隠し金庫の鍵を盗み 顔料調合秘術書を 盗み写し 重要個所は 巧妙に破り盗り(この悪行は 15年後に発覚するのですが すでに 宮廷画家として確固たる地位を 確立しており マイセン委員会でも手出しならず 不問に付されました)自ら開発したマッフル窯で 柿右衛門に勝るとも劣らない 鮮やかな色彩の顔料16色を完成。〕を以って 彼独特のシノワズリを 確立していきました。

    柿右衛門写しのシノワズリ? 
    オランダの東インド会社によってもたらされた白磁に 絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの花に違いないとして 柿右衛門描くところの日本の花を インドの花-343310と名づけました。3で始まる柄番号は シノワズリの分類でした。しかし 多彩色を考案した頃には 柿右衛門と判っていたらしく 柄番号451110と 4で始まるジャポネズリに分類しており
    インドの華多彩色 451110 501 18cp 
    インドの花 多彩色 451110 アンティック
    高値を呼ぶ 柿右衛門名に変更したかったのですが すでに東洋風散花文 インドの花は ブランドとして知名度高く 定着しておりましたので 名称は 継続されました。 初期の シノワズリ分類の不明を 糊塗するにも好都合でしたのでしょう。何せ 美への眼力自慢の アウグスト強襲王の柿右衛門贔屓が 柿右衛門と見抜けなかったのですから。シノワズリ ジャポネズリを確立したヘロルトも アウグスト強襲王とともに 同じ轍を踏んでおります。
    柿右衛門と判ってからも インドの花としてペインターたちは 時につれ  多くの バリエーションを 生み出し 王達を楽しませました。他窯でも たくさん写され ヨーロッパ中に 大流行しました。第1次世界大戦末期 1918年に ザクセン王国は 瓦解するのですが 国立窯となっても この人気作品は 1730年ごろ以来 約3世紀 折あるごとに 作り続けられ 復刻というより 「偉大なマンネリズム」 の代表作の1つとなっております。
     
    3人の天才ヨハンによる伝統の 復刻版
    1)ヨハン・フリードリヒ・ベトガーによる ヨーロッパ 初の ポースレーン
    2)ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト原画
    3)ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型 エンツゥイステッド・ハンドル 

    ピカピカの 新品です。  現品 即納

    3人の天才ヨハン-5 
    1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)
    錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 
    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 
    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。

    1817 緑色の染付顔料 酸化クロム発明
    1827 グランツゴールド 金彩を完成 H・G・キューン
    1833ごろから 銅版転写染付・印判手
    1839 焼成燃料に 石炭
    1852 虹色のシラー彩(ラスター) H・G・キューン
    1853 蒸気機関 採用
    1860~1865 新トリービッシュタール工場へ移転18世紀、中国の泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立した 此の世のものとは思えぬほど 美しいパテ・シュール・パテ技法を 1873年ウィーン博覧会で目の当たりにした ハインツェ博士は 大いなる刺激を受け 永い研鑽の末 1878年にマイセンも会得。 これは 当時 セーヴルの後塵を 拝し出していた マイセンにとって 一大事件でもありました。

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168 30%Off  のお求めはコチラ
      
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。殆どの業者さんが 仏ブルボン王朝の放蕩王ルイ15世が 寵姫ポンパドール夫人の美の追求に湯水のごとく大枚をつぎ込み 美の権化と詠われたセーヴルの名声にあやかり あたかもセーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作したかに箔付けをして高価を詠います。実際は セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺をご覧になればお判りのように 元祖 中国泥彩画と余り変わりません。マイセン・翠の月 パテ・シュール・パテをご覧になればお判りのように 発展開花は20世紀になってからですが もうこの域になると 本家中国泥彩画をはるかに凌駕しております。セーヴルに追い抜かれた恐怖からとはいえ マイセンのハインツェ博士でも セーヴルを過大視されたほどですから 商売人にあっては 名窯セーヴルのルイ・ソロンを引き合いに 誇大宣伝したいのでしょう。山高きが故に 貴からず。セーヴルが ルイソロンが故に 高貴なのではありません。多くの先史時代や産業革命前の時代の文化で、スリップウェアが作製されている。最古のものは紀元前5000年の古代中国や古代中東で作られた。その後、アフリカの多くの地域、南北アメリカ大陸の先住民の間や、初期の朝鮮半島、ミケーネ文明、古代ギリシアの陶芸、イスラームの陶芸、
    ヨーロッパなどで建築の壁の装飾に使われたズグラッフィート,
    ズグラッフィート2
    ブリュッセルの壁画は、「ズグラッフィート」2層漆喰(泥漿)を重ね塗りと、掻き落としの装飾技法。(巷にあふれる「セーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作」は誇大宣伝。この名画と言えど古代ローマのポートランドの壺やカメオと同技法)
    17~18世紀のイギリスでの重厚な陶器スリップウェアの釉薬と組み合わた 戯画風トフト皿や日本人好みの櫛目文にパテ・シュール・パテの萌芽が見られ もちろんアンダーグレースです。(イギリス スリップウェア鳥文鉢 1769)
    ヘレンドでも 1860~1870年ごろには スリップ状磁土を盛り上げ鱗文(トゥッピーニーの角笛)を加飾しております。
    19世紀末 KPMのテオドールヘルマンは ズグラッフィート(パテシュールパテ)を独自に応用開発しておりました。
    20世紀のリチャードジノリでも パールブルーにある 私命名の粉彩リングは 中国の泥彩由来のパテシュールパテの転写版です。粉彩は主に水泥(スリップ状磁土)を地に施したものです。 陶器などでは普通に行われていた自然釉期待の素焼をヒントにしたのか マイセンが 18世紀の中世を席捲したウェッジウッドのジャスバーに対抗して焼き締め陶器(ハードストーンウェア)に先祖返りしたのがビスク焼と呼んでいるものです。
    20170520MS_00001.jpg
    マイセン ウェッジウッドのネオクラシックの華 ジャスパー・エトラスカンダンサーをビスク焼で模倣。1817~24。
    ただ ソロンの創作ではないが より絵画的表現への進歩  ハインツェ博士から L・シユトルムに至り ついにはG・アーノルドに至る芸術への昇華 これがすばらしいのです。洋食器愛好家には 高価を詠う宣伝にまやかされず 美術品を正しく理解・鑑賞してもらうために 中傷誹謗の恐れを 敢えて言わせてもらいます。 

    1773年頃の エトラスカン・ダンサーズ・プラクウ ウェッジウッド美術館蔵
    1773.jpg
    本日 私は大変なことに気が付きました。ヨーロッパ中を席捲したこのジャスバーウェアーこそ 紛れもなく パテシュールパテ そのものです。筆描きアンダーグレースと型押し無施釉の違いはありますが 100年も前にジョサイアは ルイ・ソロンをはるかに絵画的表現において凌駕しております。近代になってミントンの進化したパテシュールパテにも遜色はありません。ただ残念なのは 今のジャスパーはルイ・ソロン並みに退化しております。それにしてもジャスパーに痛めつけられて模倣までした(1817~24)マイセンに所属したハインツェ博士は ルイ・ソロンのパテシュールパテを見たとき(1873)に 何故気が付かなかったのでしょうか ? まさか釉薬に惑わされたというのでしょうか ? ルイ・ソロンが猛威を振るったジャスパーを知らなかったのは確かと思われますのは 知っていれば 恥ずかしくて創作などとは言えなかったでしょう。かくいう岡本もパテシュールパテの研究を始めて1年半 折に付け ジャスパーを俎上に載せながら パテシュールパテのすべてが見えていなかったようです。
    セーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作説が巷に蔓延しております。赤信号みんなで渡れば怖く無い てんで 子引き孫引き 流布しております。「一犬 虚に吠ゆれば 万犬 実を伝う(一人がいいかげんなことを言うと、世間の多くの人はそれを真実のこととして広めてしまう)」如く 間違いが蔓延しております。もし異論 反論有ればどうぞ申し出てください。
    (ルイ・ソロン教の方々が陥っておられる頑迷を晴らすために ルイソロンの泥彩画のアンダーグレースをもって発明とされる方々には 既に17~18世紀のイギリスでの重厚な陶器スリップウェアはアンダーグレースですから発明とは言えない事を明記します。又 スリップウェアの最古のものは紀元前5000年以来の歴史を持ち 到底ルイ・ソロンの発明とは言えません。美術的にも勿論言えません。ルイソロンは発明だと言わず 祭り上げられたルイソロンにはいい迷惑で その彼の名誉のためにも敢えて申します。)  
    セーブルがパテ・シュール・パテ技法を創作といったかどうかは知りませんが マイセンのハインツェ博士も  セーブルの創作と思って 後塵を拝している決定的一大事件と思い 約10年間の研究の末 パテ・シュール・パテ技法を習得し セーヴルに追いついたとマイセンあげて喜びました。

    象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文
    中国泥彩象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文(遠景の山々は白泥) 
    豆彩 闘彩 五彩 青花染付 粉彩 雑彩 剔花 泥彩画etc.まだまだ 中国は実に懐深い。

    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 
    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 ジュール・アンドレア作
    初期のセーブル窯パテ・シュール・パテは 中国泥彩とあまり大差はありません。

    ミントンは 大陸の王立窯 特にフランスのセーヴルから 工芸家を招聘して 腕に磨きをかけておりました。工場内では 英語に引けを取らないぐらいフランス語が飛び交っておりました。1871年 ルイ・ソロン(18世紀、中国人により編み出された泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立したパテ・シュール・パテ技法)を招聘して 美しいパテ・シュール・パテ技法を マイセンに先駆けて 自家薬籠中のものにして 更に 世界の王侯貴族をうならす 貴族趣味の芸術品をものにした 「パテ・シュール・パテのミントン」の名声は セーヴルを 出し抜くほどでした。)

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

    1918 第1次世界大戦末期 ザクセン王国瓦解 マイセンは 国立窯に  

  • マイセン 【インドの花グリーン343310】   兼用C/S・582  30%Off
    マイセン 【インドの花グリーン343310】   兼用C/S・582  30%Off
    92,400円
    本体価格: ¥120.000

    小さい写真を クリックすると 拡大します。

                     
    ms.jpg
    ブランド箱 385円  ギフト包装用に正規代理店から購入                    

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが  マイセンが誇る 伝統の名作を持っているお店はお熟成アインだけのようです。今回 よく似た今作 インドの華 ? を入れた一軒のお店(30%Off)を見つけましたが 比ぶべくもない軽薄なお品です。 重厚な旧作をその今作よりおやすくししましたので お熟成アインが一番お安くなります。何故 お熟成アインはお安いのでしょうか ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告に金をかけ ポイントで釣ったりして上手にお高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で お熟成アインが一番お安くなりました。お熟成アインの真骨頂 ! !

    マイセンの日本代理店は インドの"花"。ヘレンドの日本代理店は インドの"華"。
    「マイセンとヘレンドのインドの華と柿右衛門」 多くのプロがこの為体(「えたい」と読まず「ていたらく」と読んでください)

    HE インドの華 FV724 ティー (1)
    ヘレンド 【インドの華 FV】  ティーC/S 0724  30%Off  のお求めはコチラ
     
    インドの花 2
    インドの花                         
    インダス文明を生んだドラヴィダ人と「高貴な」アーリア人の血の混交がこれほどの美女を生むのでしょうか ?
    因みに人種差別や優生学を美化したヒットラーのナチズムが想定していたような、ドイツ国民こそ最も純粋「高貴な」アーリア人であるとする見解は 現在では疑似科学(科学的方法に基づいていると誤って考えられたり、あるいは科学的事実だと間違って位置付けられてしまった一連の信念)だと見なされている。

    シノワズリ
    ヘロルトは ウィーン・パキエの窯から持ち出した フンガーの顔料や ベトガーの いがみ合う2人の高弟 ケーラーと シュテルツェルが合成した顔料に 自らも開発した顔料〔1723.4.30.秘密主義のケーラーは亡くなるのですが ヘロルトは 看病にかこつけて うまく臨終に立ち会い 彼の隠し金庫の鍵を盗み 顔料調合秘術書を 盗み写し 重要個所は 巧妙に破り盗り(この悪行は 15年後に発覚するのですが すでに 宮廷画家として確固たる地位を 確立しており マイセン委員会でも手出しならず 不問に付されました)自ら開発したマッフル窯で 柿右衛門に勝るとも劣らない 鮮やかな色彩の顔料16色を完成。〕を以って 彼独特のシノワズリを 確立していきました。

    【15代 柿右衛門】梅竹鳥文 5寸額皿 柿右衛門窯作
    【15代 柿右衛門】梅竹鳥文 5寸額皿 柿右衛門窯作

    柿右衛門写しのシノワズリ? 
    オランダの東インド貿易会社によってもたらされた白磁に 絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの花に違いないとして 柿右衛門描くところの日本の花を インドの花-343310と名づけました。3で始まる柄番号は シノワズリの分類でした。しかし 多彩色を考案した頃には 柿右衛門と判っていたらしく 柄番号451110と 4で始まるジャポネズリに分類しており 高値を呼ぶ 柿右衛門名に変更したかったのですが すでに東洋風散花文 インドの花は ブランドとして知名度高く 定着しておりましたので 名称は 継続されました。

    マイセン 【インドの花多彩色451110】 兼用C/S・582 25%Off のお求めはコチラ

    RC インドの華多彩色 451110 582 兼用 (1)
    マイセン インドの花 多彩色 451110 ジャポネズリ 高値を呼ぶ 柿右衛門名に変更したかったのですが すでに東洋風散花文 インドの花は ブランドとして知名度高く 定着しておりましたので 名称は 継続されました。 初期の シノワズリ分類の不明を 糊塗するにも好都合でしたのでしょう。何せ 美への眼力自慢の アウグスト強襲王の柿右衛門贔屓が 柿右衛門と見抜けなかったのですから。シノワズリ ジャポネズリを確立したヘロルトも アウグスト強襲王とともに 同じ轍を踏んでおります。
    柿右衛門と判ってからも インドの花としてペインターたちは 時につれ  多くの バリエーションを 生み出し 王達を楽しませました。他窯でも たくさん写され ヨーロッパ中に 大流行しました。第1次世界大戦末期 1918年に ザクセン王国は 瓦解するのですが 国立窯となっても この人気作品は 1730年ごろ以来 約3世紀 折あるごとに 作り続けられ 復刻というより 「偉大なマンネリズム」 の代表作の1つとなっております。
     
    3人の天才ヨハンによる伝統の 復刻版
    1)ヨハン・フリードリヒ・ベトガーによる ヨーロッパ 初の ポースレーン
    2)ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト原画
    3)ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型 エンツゥイステッド・ハンドル 

    RC インドの花グリーン 343310 582 兼用 今作
    今作 インドの華 ?

    RC インドの花グリーン 343310 582 兼用 (1)
    旧作 インドの花 重厚  ピカピカの 新品。  現品 即納

    3人の天才ヨハン 
    1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)
    錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 
    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 
    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。
    この3人を語らずして マイセンを語ることは出来ません。

    まず1人目は ヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。彼の名は マイセンとともに 永久不滅です。

    錬金術師 1~5 に詳述 コチラをクリック  してください。

    欧州磁器戦争史 3人の天才ヨハン 1」 詳しくは コチラをクリック  してください。

1

(カテゴリー内 : 13点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索