カテゴリー

全件表示 (5082) 福袋 (16) 新入荷商品 (116) 祝新入学・新入社フェア (136) みどりの日フェア (84) アウガルテン (89) アビランド (395) アラビア (5) ウェッジウッド (1087) エインズレイ (50) エルメス (146) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (25) スポード/ダッチェス (27) スワロフスキー (88) バカラ (244) ビレロイボッホ (10) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (59) ブルガリ・ローゼンタール (36) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (434) ボヘミア (65) ホヤ (17) マイセン (486) 赤葡萄・白葡萄/ その他 (1) 青い花 (15) アフロディテ (6) アラビアンナイト千夜一夜 (8) アルペンフローラ/ フローラ (14) イヤーズプレート (22) 1996年復刻イヤープレート (8) 記念/ メモリアル・プレート (8) イェロー・オレンジローズ・バラと忘れな草 (2) インドの花・各色 柿右衛門写し (13) ヴァインリーフ/ 柊南天染付ゴールド (2) X / B・フォーム (13) 花鳥虎文・402110  (1) 果物模様/ 花と果実/ フルーツと花 (8) 御所車花模様 (6) シノワズリ緑龍/ ミング(明代)ドラゴン (4) 写実的な花/ ドイツの花 (3) シャドウフラワー/ 柊南天金彩 (8) ジャポネズリ・ストローフラワー (4) 祝祭舞踏会/ マルガリータ (2) 松竹梅柴垣鳥文・455110  (1) 松竹梅虎文・401110  (1) スキャタードフラワー(散らし小花) (4) スワンサービス/ ワトーグリーン (4) そよ風/ ベゴニア/ 森の声 (8) 太湖石に花鳥文・341110 (1) 中国蝶文・393110  (1) 東洋の伝説動物・571310  鳥と小蝶/ マイセンバード (7) 波の戯れホワイト (15) 花と蝶/ リアルな花と蝶 (5) 昼顔/ ローゼンブーケ (5) 二つ花 (39) プラチナコバルト (4) ブルーオーキッド (19) ブルーオニオン (44) ホワイトレリーフ (6) マイセンのバラ (2) 真夏の夜の夢 (16) 三つ・四つ・五つ・六つ 花 (10) 水辺の動物・花 (7) 緑の花束 (6) メロディードラゴン (8) (様式的な花)ドイツブルメン (7) 龍と鳳凰文 (6) 和風花鳥文金彩・465110  (1) マイセンVIP/ロゴ (11) マイセン特撰・限定洋食器 (23) マイセン特撰限定ベース (20) マイセン特撰限定オブジェ・キャンドルスタンド (11) マイセン磁板画 (19) マイセン人形 (27) ミントン (41) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (846) リヤドロ (55) レイノー (5) ローゼンタール (5) ロイヤルアルバート (57) ロイヤルウースター (28) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (434) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

マイセン > 御所車花模様

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • マイセン・御所車花模様・352110 クリーマー・763 30%Off
    マイセン・御所車花模様・352110 クリーマー・763 30%Off
    184,800円
    本体価格: ¥240.000

    ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型
    アウグスト強襲王は 余白の美が素晴らしい 柿右衛門 を最高作と絶賛されておりました。 シノワズリの細密画を 得意としておりました ヘロルトは 王の好む シャポネズリ・柿右衛門写し(ロイヤルクラウンダービーの伊万里金襴手と共に 欧州二大ジャポネズリ)にも 多くの銘作を 残しました。偉大なマンネリズムを標榜する マイセンは 現代まで延々と 踏襲しております。
  • マイセン・御所車花模様・352110 シュガー・822 H10cm 30%Off
    マイセン・御所車花模様・352110 シュガー・822 H10cm 30%Off
    223,300円
    本体価格: ¥290.000

    ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型

    アウグスト強襲王は 余白の美が素晴らしい 柿右衛門 を最高作と絶賛されておりました。 シノワズリの細密画を 得意としておりました ヘロルトは 王の好む シャポネズリ・柿右衛門写し(ロイヤルクラウンダービーの伊万里金襴手と共に 欧州二大ジャポネズリ)にも 多くの銘作を 残しました。偉大なマンネリズムを標榜する マイセンは 現代まで延々と 踏襲しております。

  • マイセン 【御所車花模様・352110】 ティーポット・726 1L 30%Off
    マイセン 【御所車花模様・352110】 ティーポット・726  1L 30%Off
    500,500円

    本体価格: ¥650.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。

              
    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが この丁寧作りの旧作新品  お熟成アインにしかありません。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で10%ffもできますか ?
    それではお熟成アインには何故あるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりして上手に高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    「御所車花模様」
    MS 御所車2
    「御所車」
    平安時代の高貴な身分の方の乗り物を「牛車」という。別名「御所車」ともいう。「牛車」は奈良時代に皇族だけの乗り物だった。段々皇族だけでなく一般貴族も使うようになり身分によって御所車の様式も色々段階が有った。平安の世に牛車に乗った女性たちは十二単の装束を車の簾からのぞかせて「出衣」の艶やかないでたちを競っていた。
    「出衣(いだしぎぬ)」
    延喜御時、女蔵人内匠、白馬節会見けるに、車よりくれなゐの衣を出だしたりけるを、検非違使のたださんとしければ、いひつかはしける  「大空に照る日の色をいさめても天の下にはたれか住むべき」  新古今和歌集 千七百四十三番  女蔵人内匠

    延喜の御代に女蔵人内匠が正月七日「白馬(あおうま)の節会」を見ていたときに、牛車から禁色の紅色の衣が出ていたのを糺そうとした検非違使 藤原中正に歌ったものである。
    「大空に照る日の色を禁ずるとして、それでは天の下に誰が住むことができましょう。」
    大空・照る・ひ(緋色と日)・天の下と縁語、掛詞を用いた技巧的な歌に検非違使はその才覚に合った位の衣装と 粋に計らいお咎めなくその場を離れました。歌への絶対的な信頼が確認される。

    御所車は 応仁の乱以降は 御所の儀式だけに使われた。

    御所車上臈之図喜多川歌麿 1753年 - 1806年
    御所車上臈之図喜多川歌麿 1753年 - 1806年

    春画 - コピー
    歌麿さん 海女だから バストを出していますが
    逸品! 喜多川歌麿 
    一般女性でバストを出しているのは珍しい。逸品! 喜多川歌麿と紹介されていますが 絵の稚拙さからも もしかして後世の作かも ? 構図も上掲の歌麿さんから拝借したものとみられます。
    春画2
    浮世絵春画では一般女性でバストを出しているのは珍しいが これは土佐派の春画で 朝廷の絵所を世襲し 女性器が、祖霊として信仰の対象であったため 淫靡性なく おおらかである。江戸の武家の謹厳性とは少し異にする。 
    喜多川歌麿「鮑取り」喜多川 歌麿 「山姥と金太郎」
    「鮑取り」      喜多川 歌麿       「山姥と金太郎」
    喜多川 歌麿 宝暦3年(1753年)頃? - 文化3年(1806年)は、江戸時代の日本で活躍した浮世絵師。画名の読みは「うたまる」が正しいが見出しは慣例に従う。
    歌麿は遊女、花魁、さらに茶屋の娘(三河の出のたかが有名で歌麿の死に水をとったとされる)など無名の女性ばかりを作品の対象としたが、歌麿の浮世絵によってモデルの名前はたちまち江戸中に広まるなどし、歌麿の浮世絵は一つのメディアへと育っていった。これに対して江戸幕府は世を乱すものとして度々制限を加えたが、歌麿は判じ絵などで対抗し美人画を書き続けた。
    太閤五妻洛東遊観之図
    浮世絵「太閤五妻洛東遊観之図」
    しかし文化元年(1804年)5月、豊臣秀吉の醍醐の花見を題材にした浮世絵「太閤五妻洛東遊観之図」(大判三枚続)を描いたことがきっかけとなり、幕府に捕縛され手鎖50日の処分を受ける。これは当時、豊臣秀吉を芝居や浮世絵などにそのまま扱うことは禁じられていたことに加え、北の政所や淀殿、その他側室に囲まれて花見酒にふける秀吉の姿が当代の将軍・徳川家斉を揶揄する意図があったと見なされたためである。この刑の後、歌麿は非常にやつれ、病気になったとされる。しかし歌麿の人気は衰えず、版元たちは病から回復する見込みがないと知ると、これが最後と版下絵の依頼が殺到し、まるで他に描ける人がいないかのようだったという[1]。その過労からか二年後の文化3年(1806年)死去した。享年54。墓所は世田谷区烏山の専光寺。法名は秋円了教信士。
    開国後、他の例に漏れず多くが国外に流出した。特にボストン美術館のスポルディング・コレクションは歌麿の浮世絵383点を所蔵。公開を長く禁止したため非常に保存状態が良く、すぐに退色するツユクサの紫色もよく残っている。

    春画の歴史は古く、平安時代から存在し、女性器が風水学・陰陽 五行説による龍穴に似ていることから、祖霊として信仰の対象と されてきました。江戸期以前はすべて当時の画壇の最高峰というべき画家の一点物の肉筆画であり、特別な富裕層しか所有できな い富の象徴でもあったのですが、江戸時代には浮世絵とともに風 俗画として急速に庶民に広まりました。享保の改革で禁止されな がらも、需要は衰えず、水面下で浮世絵の最新技法を取り入れた 極彩色画として進化を続け、最高レベルの浮世絵となったのです。世界各国の権威ある著名美術館・博物館にも所蔵されており、海 外で歌麿といえば春画が連想されるほど代名詞となった、
    「ねがひの糸ぐち」
    名浮世 絵師・喜多川歌麿の代表的作品集「ねがひの糸ぐち」 歌麿さんの一般女性の珍しいバスト絵。

    歌麿さんは美しい裸婦が描きたかったのでしょうが 何かと締め付けたい幕府の手前 皮肉にも裸にならざるを得ない春画・枕絵(ペニスやヴァギナの拡大誇張)はゆるせても 美人画には必然性が無いとして裸を許さず 必然として許されていた裸の海女 妖怪(山姥)を等を好んで画題としております。美人画の歌麿は夙に有名ですが 衣服をまとった姿態に興味なく「美人大首絵」に人気を博しました。数少ない姿態図「青楼仁和嘉女芸者部」も知られています。
    青楼仁和嘉女芸者之部 大万度2青楼仁和嘉女芸者之部 大万度
    青楼仁和嘉女芸者之部 大万度

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが この丁寧作りの旧作新品  お熟成アインにしかありません。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で10%ffもできますか ?
    それではお熟成アインには何故あるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりして上手に高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    江戸時代の小袖や能装束にも「源氏物語」を象徴するモチーフとして使われていたことから別名「源氏車」とも呼ばれる。同様に御所車の車輪だけを文様としているものも「源氏車」と呼ぶ。

    MS 御所車6源氏車
    「源氏車」

    「玉子(卵)」のこと。おでんの隠語等
    御所車は昔の帝が乗っていた物で、玉子の黄身を「大君」に掛けた物。
    「君(黄身)を護る。中に君がござる」という駄洒落。

    俺とお前は 卵の仲よ 俺が白身で黄身(君)を抱く

    江戸時代にできた四十八手の性行為の体位を表す言葉で、体位の数を示すものではない。相撲をまねて代表的な体位を集めて名付けられた。別名「ナイアガラの滝落とし,花時計」 。
    卑猥が過ぎない写真を探しています。見つけました。
    御所車

    ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型

    アウグスト強襲王は 余白の美が素晴らしい 柿右衛門 を最高作と絶賛されておりました。シノワズリの細密画を 得意としておりました ヘロルトは 王の好む シャポネズリ・柿右衛門写し(ロイヤルクラウンダービーの伊万里金襴手と共に 欧州二大ジャポネズリ)にも 多くの銘作を 残しました。偉大なマンネリズムを標榜する マイセンは 現代まで延々と 踏襲しております。

    シノワズリ
    鮮やかな柿朱は 柿右衛門を思わせましたが 余白の美を伴いません。マイセンでもシノワズリ 352110 分類です。
    ここに訂正します。 2015. 04. 27

    更によく調べますと インドの花を アールヌーボー期に 表現したものです。マイセンでは 既に インドの花は 柿右衛門に分類(ジャポネズリ451110)し直しておきながら あえて また シノワズリ分類(352110)に戻しております。日本では この分類を 知ってか知らいでか ジャポネズリ風の御所車花模様と命名しております。352110も 451110も 同じ アールヌーボー期の作と思われますので 352110の作者は 意図的に間違えております。アウグスト強襲王や 天才ヘロルトに敬意を表してか 敢えて間違いに与しております。作者の意図が那辺に有れ やはり 柿右衛門に 端を発するなら ジャポネズリになるでしょう。 
    ここに再訂正します。2015.04.28.

    391110.jpg
    マイセン 391110 この時期のヘロルトは インドの花だと思っていた。
    あるお店が ご予約注文の写真に 柿右衛門と命名されているものが 実は ヘロルトは シノワズリ分類 391110 にしております。このお店は 例にもれず マイセン代理店ファーストのお店ですから 多分 代理店の命名をなぞっておられるのでしょう。デコーナンバーを391110とされていますが マイセンでは シノワズリ分類だということをご存じでしょうか ?
    「相棒」の杉下右京さんじゃないけれど 小さなことが気になる岡本 笥椎の悪い癖。

    こだわりの 岡本 笥椎(ジュンスイ)
    家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあらば 椎の葉に盛る 有間皇子 万葉集 巻二(一四二)
    (私の号する笥椎とは 華やぐ器 実用の器を意味します。まあ茶碗というところです。)

    マイセン 【インドの花多彩色・451110】  ティーポット・726 1L 30%Off のお求めはコチラ

    RC インドの華多彩色 451110 727 ティPot
    柿右衛門に分類(ジャポネズリ451110)

    3人の天才ヨハン-5 
    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

    1860~1865 新トリービッシュタール工場へ移転18世紀、中国の泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立した 此の世のものとは思えぬほど 美しいパテ・シュール・パテ技法を 1873年ウィーン博覧会で目の当たりにした ハインツェ博士は 大いなる刺激を受け 永い研鑽の末 1878年にマイセンも会得。 これは 当時 セーヴルの後塵を 拝し出していた マイセンにとって 一大事件でもありました。

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168 30%Off  のお求めはコチラ
      
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。

    最近ある同業者から「泥漿で絵を描き釉薬をかけた絵付けがルイソロンの発明ですよ」と言われましたが 間違っています。
    未だに多くのパテシュールパテ ソロン党の方に 蒙昧な信仰から目を覚ましてもらいたい。

  • マイセン 【御所車花模様 352110】 ポット・シュガー・クリーマー 35%Off
    マイセン 【御所車花模様 352110】 ポット・シュガー・クリーマー 35%Off
    843,700円

    本体価格: ¥1.180.000

    小さい写真をクリックすると 拡大します。


    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが この丁寧作りの旧作新品  お熟成アインにしかありません。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で10%ffもできますか ?
    それではお熟成アインには何故あるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりして上手に高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    「御所車花模様」
    MS 御所車2
    「御所車」
    平安時代の高貴な身分の方の乗り物を「牛車」という。別名「御所車」ともいう。「牛車」は奈良時代に皇族だけの乗り物だった。段々皇族だけでなく一般貴族も使うようになり身分によって御所車の様式も色々段階が有った。平安の世に牛車に乗った女性たちは十二単の装束を車の簾からのぞかせて「出衣」の艶やかないでたちを競っていた。
    「出衣(いだしぎぬ)」
    正月七日「白馬(あおうま)の節会」を見物する牛車の中に、濃い紅色の衣装を簾から出衣している車があった。牛車の身分様式と衣冠束帯による衣の色が身分違いであるのを検非違使 藤原中正が見つけた。検非違使は すぐに車に近寄り身分違いの禁色を着ている女性(にょしょう)を咎めました。

    新古今和歌集 千七百四十三番  女蔵人内匠

      大空に 照るひの色を いさめても  天の下には 誰か住むべき

    延喜の御代に女蔵人内匠が白馬節会を見ていたときに、牛車から禁色の紅色の衣が出ていたのを糺そうとした検非違使 藤原中正に歌ったものである。大空・照る・ひ(緋色と日)・天の下と縁語、掛詞を用いた技巧的な歌に検非違使はその才覚に合った位の衣装と 粋に計らいお咎めなくその場を離れました。歌への絶対的な信頼が確認される。

    御所車は 応仁の乱以降は 御所の儀式だけに使われた。

    御所車上臈之図喜多川歌麿 1753年 - 1806年
    御所車上臈之図喜多川歌麿 1753年 - 1806年

    春画 - コピー
    歌麿さん 海女だから バストを出していますが
    春画2
    浮世絵春画では一般女性でバストを出しているのは珍しいが これは土佐派の春画で 朝廷の絵所を世襲し 女性器が、祖霊として信仰の対象であったため 淫靡性なく おおらかである。江戸の武家の謹厳性とは少し異にする。
    喜多川歌麿「鮑取り」喜多川 歌麿 「山姥と金太郎」
    「鮑取り」      喜多川 歌麿       「山姥と金太郎」
    喜多川 歌麿 宝暦3年(1753年)頃? - 文化3年(1806年)は、江戸時代の日本で活躍した浮世絵師。画名の読みは「うたまる」が正しいが見出しは慣例に従う。
    歌麿は遊女、花魁、さらに茶屋の娘(三河の出のたかが有名で歌麿の死に水をとったとされる)など無名の女性ばかりを作品の対象としたが、歌麿の浮世絵によってモデルの名前はたちまち江戸中に広まるなどし、歌麿の浮世絵は一つのメディアへと育っていった。これに対して江戸幕府は世を乱すものとして度々制限を加えたが、歌麿は判じ絵などで対抗し美人画を書き続けた。しかし文化元年(1804年)5月、豊臣秀吉の醍醐の花見を題材にした浮世絵「太閤五妻洛東遊観之図」(大判三枚続)を描いたことがきっかけとなり、幕府に捕縛され手鎖50日の処分を受ける。これは当時、豊臣秀吉を芝居や浮世絵などにそのまま扱うことは禁じられていたことに加え、北の政所や淀殿、その他側室に囲まれて花見酒にふける秀吉の姿が当代の将軍・徳川家斉を揶揄する意図があったと見なされたためである。この刑の後、歌麿は非常にやつれ、病気になったとされる。しかし歌麿の人気は衰えず、版元たちは病から回復する見込みがないと知ると、これが最後と版下絵の依頼が殺到し、まるで他に描ける人がいないかのようだったという[1]。その過労からか二年後の文化3年(1806年)死去した。享年54。墓所は世田谷区烏山の専光寺。法名は秋円了教信士。
    開国後、他の例に漏れず多くが国外に流出した。特にボストン美術館のスポルディング・コレクションは歌麿の浮世絵383点を所蔵。公開を長く禁止したため非常に保存状態が良く、すぐに退色するツユクサの紫色もよく残っている。

    春画の歴史は古く、平安時代から存在し、女性器が風水学・陰陽 五行説による龍穴に似ていることから、祖霊として信仰の対象と されてきました。江戸期以前はすべて当時の画壇の最高峰というべき画家の一点物の肉筆画であり、特別な富裕層しか所有できな い富の象徴でもあったのですが、江戸時代には浮世絵とともに風 俗画として急速に庶民に広まりました。享保の改革で禁止されな がらも、需要は衰えず、水面下で浮世絵の最新技法を取り入れた 極彩色画として進化を続け、最高レベルの浮世絵となったのです。世界各国の権威ある著名美術館・博物館にも所蔵されており、海 外で歌麿といえば春画が連想されるほど代名詞となった、
    「ねがひの糸ぐち」
    名浮世 絵師・喜多川歌麿の代表的作品集「ねがひの糸ぐち」 歌麿さんの一般女性の珍しいバスト絵。

    歌麿さんは美しい裸婦が描きたかったのでしょうが 何かと締め付けたい幕府の手前 皮肉にも裸にならざるを得ない春画・枕絵(ペニスやヴァギナの拡大誇張)はゆるせても 美人画には必然性が無いとして裸を許さず 必然として許されていた裸の海女 妖怪(山姥)を等を好んで画題としております。美人画の歌麿は夙に有名ですが 衣服をまとった姿態に興味なく「美人大首絵」に人気を博しました。数少ない姿態図「青楼仁和嘉女芸者部」も知られています。
    青楼仁和嘉女芸者之部 大万度2青楼仁和嘉女芸者之部 大万度
    青楼仁和嘉女芸者之部 大万度

    江戸時代の小袖や能装束にも「源氏物語」を象徴するモチーフとして使われていたことから別名「源氏車」とも呼ばれる。同様に御所車の車輪だけを文様としているものも「源氏車」と呼ぶ。

    MS 御所車6源氏車
    「源氏車」

    江戸時代の小袖や能装束にも「源氏物語」を象徴するモチーフとして使われていたことから別名「源氏車」とも呼ばれる。同様に御所車の車輪だけを文様としているものも「源氏車」と呼ぶ。

    「玉子(卵)」のこと。おでんの隠語等
    御所車は昔の帝が乗っていた物で、玉子の黄身を「大君」に掛けた物。
    「君(黄身)を護る。中に君がござる」という駄洒落。

    俺とお前は 卵の仲よ 俺が白身で黄身(君)を抱く

    江戸時代にできた四十八手の性行為の体位を表す言葉で、体位の数を示すものではない。相撲をまねて代表的な体位を集めて名付けられた。別名「ナイアガラの滝落とし,花時計」 。
    卑猥が過ぎない写真を探しています。見つけました。
    御所車

    ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型

    アウグスト強襲王は 余白の美が素晴らしい 柿右衛門 を最高作と絶賛されておりました。シノワズリの細密画を 得意としておりました ヘロルトは 王の好む シャポネズリ・柿右衛門写し(ロイヤルクラウンダービーの伊万里金襴手と共に 欧州二大ジャポネズリ)にも 多くの銘作を 残しました。偉大なマンネリズムを標榜する マイセンは 現代まで延々と 踏襲しております。

    シノワズリ
    鮮やかな柿朱は 柿右衛門を思わせましたが 余白の美を伴いません。
    ここに訂正します。 2015. 04. 27

    更によく調べますと インドの花を アールヌーボー期に 表現したものです。マイセンでは 既に インドの花は 柿右衛門に分類(ジャポネズリ451110)し直しておきながら あえて また シノワズリ分類(352110)に戻しております。日本では この分類を 知ってか知らいでか ジャポネズリ風の御所車花模様と命名しております。352110も 451110も 同じ アールヌーボー期の作と思われますので 352110の作者は 意図的に間違えております。アウグスト強襲王や 天才ヘロルトに敬意を表してか 敢えて間違いに与しております。作者の意図が那辺に有れ やはり 柿右衛門に 端を発するなら ジャポネズリになるでしょう。 
    ここに再訂正します。2015.04.28.
    インドの華多彩色 451110 501 18cp
    柿右衛門に分類(ジャポネズリ451110) 古マイセン

    流石に ポット・シュガー・クリーマーまで持ってるお店はない様です。
    今作MS 御所車花模様 582 兼用 (3)
    今作 他店 色淡く 筆勢弱く 朧気        ソーサ絵・ティーカップ正面

    MS 御所車花模様 582 兼用 (3)
    旧作 当店 色濃く 筆勢強く 鮮明        ソーサ絵・兼用カップ正面

    18世紀、中国人により編み出され 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立した 此の世のものとは思えぬほど 美しいパテ・シュール・パテ技法を 1873年ウィーン博覧会で目の当たりにした ハインツェ博士(マイセン ウェッジウッドのネオクラシックの華 ジャスパー・エトラスカンダンサーをビスク焼で模倣。1817~24。博士はこの事実を知らなかったのか もしくは知っていたがこれもパテ・シュール・パテだと気が付かなかったのか ? 隣の華は赤い, 灯台下暗し。)は 大いなる刺激を受け 永い研鑽の末 1878年にマイセンも会得。 これは 当時 セーヴルの後塵を 拝し出していた マイセンにとって 一大事件でもありました。
    20170520MS_00001.jpg
    マイセン ジャスパー・エトラスカンダンサーをビスク焼で模倣。1817~24。

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。殆どの業者さんが 仏ブルボン王朝の放蕩王ルイ15世が 寵姫ポンパドール夫人の美の追求に湯水のごとく大枚をつぎ込み 美の権化と詠われたセーヴルの名声にあやかり あたかもセーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作したかに箔付けをして高価を詠います。実際は セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺をご覧になればお判りのように 元祖 中国泥彩画と余り変わりません。マイセン・翠の月 パテ・シュール・パテをご覧になればお判りのように 発展開花は20世紀になってからですが もうこの域になると 本家中国泥彩画をはるかに凌駕しております。セーヴルに追い抜かれた恐怖からとはいえ マイセンのハインツェ博士でも セーヴルを過大視されたほどですから 商売人にあっては 名窯セーヴルのルイ・ソロンを引き合いに 誇大宣伝したいのでしょう。山高きが故に 貴からず。セーヴルが ルイソロンが故に 高貴なのではありません。多くの先史時代や産業革命前の時代の文化で、スリップウェアが作製されている。最古のものは紀元前5000年の古代中国や古代中東で作られた。その後、アフリカの多くの地域、南北アメリカ大陸の先住民の間や、初期の朝鮮半島、ミケーネ文明、古代ギリシアの陶芸、イスラームの陶芸、ヨーロッパなどで建築の壁の装飾に使われたズグラッフィート, 17~18世紀のイギリスでの重厚な陶器スリップウェアの釉薬と組み合わた 戯画風トフト皿や日本人好みの櫛目文にパテ・シュール・パテの萌芽が見られ もちろんアンダーグレース(早くから釉薬の下絵付けと書いています。)です。

    イギリス スリップウェア鳥文鉢
    イギリス スリップウェア鳥文鉢 1769

    最近ある同業者から「泥漿で絵を描き釉薬をかけた絵付けがルイソロンの発明ですよ」と言われましたが 間違っています。
    未だに多くのパテシュールパテ ソロン党の方に 蒙昧な信仰から目を覚ましてもらいたい。
    17~18世紀のイギリスでの重厚な陶器スリップウェアの釉薬と組み合わた 戯画風トフト皿があります。泥漿と釉薬の組み合わせはイギリス スリップウェア鳥文鉢 1769をご覧になればお判りの様に 1860年代のマリク・ルイ・ソロンの発明でも何でもありません。ただ彼の名誉のために言いますが 道半ばとはいえ 芸術への進歩 それが素晴らしいのです。
    ルイ・ソロンの功績は本家英国陶器のスリップウェアをさておいて 新手法でもあるかの如く磁器世界ミントンにパテ・シュール・パテを持ち込みました。ご存知のようにミントンで花開き素晴らしい芸術への昇華を遂げるのです。その先鞭をつけた功績です。
    ちなみに英国スリップウェア、は日本でも大いに賞賛されています。バーナード・リーチ(スリップウェアをはるかに凌駕しているミントンのパテ・シュール・パテを知らなかった ? )や富本憲吉は1913年に東京の丸善で購入したチャールズ・ロマックスの『古風な英国陶器』という本の中で、初めてスリップウェアの存在を知った。リーチと濱田庄司は1920年にイギリスに渡り、セント・アイブスの彼らの窯の近くでスリップウェアの破片を見つけるとともに現存するスリップウェアを収集し、1924年に濱田が日本に持ち帰った。柳宗悦や河井寛次郎もこれを目にし、彼らの作陶や民芸運動に強い影響を与えた。(隣の華は赤い, 灯台下暗し。スリップと呼ばれる泥漿でもって筆で描いたり、スポイトから垂らす手法は日本の作陶における「筒描き」「いっちん盛り」と同じ手法であり、古くから日本の染色でも行われていた。)
    1900年初頭
    1900年初頭 ミントンのパテ・シュール・パテ

    ヘレンドでも 1860~1870年ごろには スリップ状磁土を盛り上げ鱗文(トゥッピーニーの角笛) を加飾しております。20世紀のリチャードジノリでも パールブルーにある 私命名の粉彩リングは 中国の泥彩由来のパテシュールパテの転写版です。粉彩は主に水泥(スリップ状磁土)を地に施したものです。 陶器などでは普通に行われていた自然釉期待の素焼をヒントにしたのか マイセンが 18世紀の中世を席捲したウェッジウッドのジャスバーに対抗して焼き締め陶器(ハードストーンウェア)に先祖返りしたのがビスク焼と呼んでいるものです。ただ ソロンの創作ではないが より絵画的表現への進歩 ハインツェ博士から L・シユトルムに至り ついにはG・アーノルドに至る芸術への昇華 これがすばらしいのです。洋食器愛好家には 高価を詠う宣伝にまやかされず 美術品を正しく理解・鑑賞してもらうために 中傷誹謗の恐れを 敢えて言わせてもらいます。 
    豆彩 闘彩 五彩 青花染付 粉彩 雑彩 剔花 泥彩画etc.まだまだ 中国は実に懐深い。 

    セーブルがパテ・シュール・パテ技法を創作といったかどうかは知りませんが マイセンのハインツェ博士も  セーブルの創作と思って 後塵を拝している決定的一大事件と思い 約10年間の研究の末 パテ・シュール・パテ技法を習得し セーヴルに追いついたとマイセンあげて喜びました。

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168 30%Off  のお求めはコチラ

    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン 翠の月 拡大 当店所蔵 これも釉薬の下絵付
    セーブルがパテ・シュール・パテ技法を創作といったかどうかは知りませんが マイセンのハインツェ博士も  セーブルの創作と思って 後塵を拝している決定的一大事件と思い 約10年間の研究の末 セーヴルに追いついたとマイセンあげて喜びました。
    象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文
    中国泥彩象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文(遠景の山々は白泥)  

    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 

    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 ジュール・アンドレア作初期のセーブル窯パテ・シュール・パテは 中国泥彩とあまり大差はありません。

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

  • マイセン 【御所車花模様 352110】 18cmプレート・501 25%Off
    マイセン 【御所車花模様 352110】 18cmプレート・501 25%Off
    115,500円

    本体価格: ¥140.000


    小さい写真を クリックすると 拡大します。              


    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが この丁寧作りの旧作新品  お熟成アインにしかありません。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で10%ffもできますか ?
    それではお熟成アインには何故あるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりして上手に高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    「御所車花模様」
    MS 御所車2
    「御所車」
    平安時代の高貴な身分の方の乗り物を「牛車」という。別名「御所車」ともいう。「牛車」は奈良時代に皇族だけの乗り物だった。段々皇族だけでなく一般貴族も使うようになり身分によって御所車の様式も色々段階が有った。平安の世に牛車に乗った女性たちは十二単の装束を車の簾からのぞかせて「出衣」の艶やかないでたちを競っていた。
    「出衣(いだしぎぬ)」
    延喜御時、女蔵人内匠、白馬節会見けるに、車よりくれなゐの衣を出だしたりけるを、検非違使のたださんとしければ、いひつかはしける  「大空に照る日の色をいさめても天の下にはたれか住むべき」  新古今和歌集 千七百四十三番  女蔵人内匠

    延喜の御代に女蔵人内匠が正月七日「白馬(あおうま)の節会」を見ていたときに、牛車から禁色の紅色の衣が出ていたのを糺そうとした検非違使 藤原中正に歌ったものである。
    「大空に照る日の色を禁ずるとして、それでは天の下に誰が住むことができましょう。」
    大空・照る・ひ(緋色と日)・天の下と縁語、掛詞を用いた技巧的な歌に検非違使はその才覚に合った位の衣装と 粋に計らいお咎めなくその場を離れました。歌への絶対的な信頼が確認される。

    御所車は 応仁の乱以降は 御所の儀式だけに使われた。

    御所車上臈之図喜多川歌麿 1753年 - 1806年
    御所車上臈之図喜多川歌麿 1753年 - 1806年

    春画 - コピー
    歌麿さん 海女だから バストを出していますが
    逸品! 喜多川歌麿
    一般女性でバストを出しているのは珍しい。逸品! 喜多川歌麿と紹介されていますが 絵の稚拙さからも もしかして後世の作かも ? 構図も上掲の歌麿さんから拝借したものとみられます。
    喜多川歌麿「鮑取り」喜多川 歌麿 「山姥と金太郎」
    「鮑取り」      喜多川 歌麿       「山姥と金太郎」
    喜多川 歌麿 宝暦3年(1753年)頃? - 文化3年(1806年)は、江戸時代の日本で活躍した浮世絵師。画名の読みは「うたまる」が正しいが見出しは慣例に従う。
    歌麿は遊女、花魁、さらに茶屋の娘(三河の出のたかが有名で歌麿の死に水をとったとされる)など無名の女性ばかりを作品の対象としたが、歌麿の浮世絵によってモデルの名前はたちまち江戸中に広まるなどし、歌麿の浮世絵は一つのメディアへと育っていった。これに対して江戸幕府は世を乱すものとして度々制限を加えたが、歌麿は判じ絵などで対抗し美人画を書き続けた。
    太閤五妻洛東遊観之図
    浮世絵「太閤五妻洛東遊観之図」
    しかし文化元年(1804年)5月、豊臣秀吉の醍醐の花見を題材にした浮世絵「太閤五妻洛東遊観之図」(大判三枚続)を描いたことがきっかけとなり、幕府に捕縛され手鎖50日の処分を受ける。これは当時、豊臣秀吉を芝居や浮世絵などにそのまま扱うことは禁じられていたことに加え、北の政所や淀殿、その他側室に囲まれて花見酒にふける秀吉の姿が当代の将軍・徳川家斉を揶揄する意図があったと見なされたためである。この刑の後、歌麿は非常にやつれ、病気になったとされる。しかし歌麿の人気は衰えず、版元たちは病から回復する見込みがないと知ると、これが最後と版下絵の依頼が殺到し、まるで他に描ける人がいないかのようだったという。その過労からか二年後の文化3年(1806年)死去した。享年54。墓所は世田谷区烏山の専光寺。法名は秋円了教信士。
    開国後、他の例に漏れず多くが国外に流出した。特にボストン美術館のスポルディング・コレクションは歌麿の浮世絵383点を所蔵。公開を長く禁止したため非常に保存状態が良く、すぐに退色するツユクサの紫色もよく残っている。

    春画の歴史は古く、平安時代から存在し、女性器が風水学・陰陽 五行説による龍穴に似ていることから、祖霊として信仰の対象と されてきました。江戸期以前はすべて当時の画壇の最高峰というべき画家の一点物の肉筆画であり、特別な富裕層しか所有できな い富の象徴でもあったのですが、江戸時代には浮世絵とともに風 俗画として急速に庶民に広まりました。享保の改革で禁止されな がらも、需要は衰えず、水面下で浮世絵の最新技法を取り入れた 極彩色画として進化を続け、最高レベルの浮世絵となったのです。世界各国の権威ある著名美術館・博物館にも所蔵されており、海 外で歌麿といえば春画が連想されるほど代名詞となった、
    「ねがひの糸ぐち」
    名浮世 絵師・喜多川歌麿の代表的作品集「ねがひの糸ぐち」 歌麿さんの一般女性の珍しいバスト絵。

    歌麿さんは美しい裸婦が描きたかったのでしょうが 何かと締め付けたい幕府の手前 皮肉にも裸にならざるを得ない春画・枕絵(ペニスやヴァギナの拡大誇張)はゆるせても 美人画には必然性が無いとして裸を許さず 必然として許されていた裸の海女 妖怪(山姥)を等を好んで画題としております。美人画の歌麿は夙に有名ですが 衣服をまとった姿態に興味なく「美人大首絵」に人気を博しました。数少ない姿態図「青楼仁和嘉女芸者部」も知られています。
    青楼仁和嘉女芸者之部 大万度2青楼仁和嘉女芸者之部 大万度
    青楼仁和嘉女芸者之部 大万度

    江戸時代の小袖や能装束にも「源氏物語」を象徴するモチーフとして使われていたことから別名「源氏車」とも呼ばれる。同様に御所車の車輪だけを文様としているものも「源氏車」と呼ぶ。

    MS 御所車6源氏車
    「源氏車」

    「玉子(卵)」のこと。おでんの隠語等
    御所車は昔の帝が乗っていた物で、玉子の黄身を「大君」に掛けた物。
    「君(黄身)を護る。中に君がござる」という駄洒落。

    俺とお前は 卵の仲よ 俺が白身で黄身(君)を抱く

    『御所車』 江戸時代にできた四十八手の性行為の体位を表す言葉で、体位の数を示すものではない。相撲をまねて代表的な体位を集めて名付けられた。別名「ナイアガラの滝落とし,花時計」 。
    『御所車』 体位 どの小さい写真もクリックで拡大 
    『御所車』は騎乗位の一種ですから、正常位とは違った挿入感が楽しめると言うのが最大のメリットです。特に男性は、女性がグルグル回る事によって、複雑な膣の感触を味わう事ができるでしょう。女性の回転が早くなれば、それだけ気持ち良さもあがります。上手な女性がこの技を行うと、膣内がトルネード状態になり、まるでペニスが吸い上げられるような気持ち良さを感じられるかもしれません。

    ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型

    アウグスト強襲王は 余白の美が素晴らしい 柿右衛門 を最高作と絶賛されておりました。シノワズリの細密画を 得意としておりました ヘロルトは 王の好む シャポネズリ・柿右衛門写し(ロイヤルクラウンダービーの伊万里金襴手と共に 欧州二大ジャポネズリ)にも 多くの銘作を 残しました。偉大なマンネリズムを標榜する マイセンは 現代まで延々と 踏襲しております。

    シノワズリ
    鮮やかな柿朱は 柿右衛門を思わせましたが 余白の美を伴いません。
    ここに訂正します。 2015. 04. 27

    更によく調べますと インドの花を アールヌーボー期に 表現したものです。マイセンでは 既に インドの花は 柿右衛門に分類(ジャポネズリ451110)し直しておきながら あえて また シノワズリ分類(352110)に戻しております。日本では この分類を 知ってか知らいでか ジャポネズリ風の御所車花模様と命名しております。352110も 451110も 同じ アールヌーボー期の作と思われますので 352110の作者は 意図的に間違えております。アウグスト強襲王や 天才ヘロルトに敬意を表してか 敢えて間違いに与しております。作者の意図が那辺に有れ やはり 柿右衛門に 端を発するなら ジャポネズリになるでしょう。 
    ここに再訂正します。2015.04.28.
    インドの華多彩色 451110 501 18cp
    柿右衛門に分類(ジャポネズリ451110) 古マイセン

    MS 御所車花模様 501 18cp (1) 今作
    今作 他店 色淡く :軽薄 

    MS 御所車花模様 501 18cp (1)
    旧作 当店 色濃く 重厚

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。

    パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。

    隣の華は赤い, 灯台下暗し。スリップと呼ばれる泥漿でもって筆で描いたり、スポイトから垂らす手法は日本の作陶における「筒描き」「いっちん盛り」と同じ手法であり、古くから日本の染色でも行われていた。)

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168 20%Off   のお求めはコチラ

    MS 2000限定 931689 額装 翠の月2 
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン 翠の月 拡大 当店所蔵 これも釉薬の下絵付

  • マイセン 【御所車花模様・352110】 兼用C/S・582 20%Off
    マイセン 【御所車花模様・352110】 兼用C/S・582 20%Off
    193,600円

    本体価格: ¥220.000

    小さい写真を クリックすると 拡大します。

              

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    ms.jpg
    ブランド箱 385円 ギフト包装用に正規代理店から購入

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    この丁寧作りの旧作新品  お熟成アインにしかありません。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で10%ffもできますか ?
    それではお熟成アインには何故あるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりして上手に高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    【御所車花模様】 
    平安時代の高貴な身分の方の乗り物を「牛車」という。別名「御所車」ともいう。「牛車」は奈良時代に皇族だけの乗り物だった。段々皇族だけでなく一般貴族も使うようになり身分によって御所車の様式も色々段階が有った。
    MS 御所車4
    「御所車」
    平安の世に牛車に乗った女性たちは十二単の装束を車の簾からのぞかせて「出衣」の艶やかないでたちを競っていた。
    「出衣(いだしぎぬ)」
    正月七日「白馬(あおうま)の節会」を見物する牛車の中に、濃い紅色の衣装を簾から出衣している車があった。牛車の身分様式と衣冠束帯による衣の色が身分違いであるのを検非違使 藤原中正が見つけた。検非違使は すぐに車に近寄り身分違いの禁色を着ている女性(にょしょう)を咎めました。

    新古今和歌集 千七百四十三番  女蔵人内匠

      大空に 照るひの色を いさめても  天の下には 誰か住むべき
    「大空に照る日の色を禁ずるとして、それでは天の下に誰が住むことができましょう。」

    延喜の御代に女蔵人内匠が白馬節会を見ていたときに、牛車から禁色の紅色の衣が出ていたのを糺そうとした検非違使 藤原中正に歌ったものである。大空・照る・ひ(緋色と日)・天の下と縁語、掛詞を用いた技巧的な歌に検非違使はその才覚に合った位の衣装と 粋に計らいお咎めなくその場を離れました。歌への絶対的な信頼が確認される。

    「御所車」 応仁の乱以降は 御所の儀式だけに使われた。

    御所車上臈之図喜多川歌麿 1753年 - 1806年
    御所車上臈之図喜多川歌麿 1753年 - 1806年

    春画 - コピー
    歌麿さん 海女だから バストを出していますが
     
    喜多川歌麿「鮑取り」喜多川 歌麿 「山姥と金太郎」
    「鮑取り」      喜多川 歌麿       「山姥と金太郎」
    喜多川 歌麿 宝暦3年(1753年)頃? - 文化3年(1806年)は、江戸時代の日本で活躍した浮世絵師。画名の読みは「うたまる」が正しいが見出しは慣例に従う。
    歌麿は遊女、花魁、さらに茶屋の娘(三河の出のたかが有名で歌麿の死に水をとったとされる)など無名の女性ばかりを作品の対象としたが、歌麿の浮世絵によってモデルの名前はたちまち江戸中に広まるなどし、歌麿の浮世絵は一つのメディアへと育っていった。これに対して江戸幕府は世を乱すものとして度々制限を加えたが、歌麿は判じ絵などで対抗し美人画を書き続けた。しかし文化元年(1804年)5月、豊臣秀吉の醍醐の花見を題材にした浮世絵「太閤五妻洛東遊観之図」(大判三枚続)を描いたことがきっかけとなり、幕府に捕縛され手鎖50日の処分を受ける。これは当時、豊臣秀吉を芝居や浮世絵などにそのまま扱うことは禁じられていたことに加え、北の政所や淀殿、その他側室に囲まれて花見酒にふける秀吉の姿が当代の将軍・徳川家斉を揶揄する意図があったと見なされたためである。この刑の後、歌麿は非常にやつれ、病気になったとされる。しかし歌麿の人気は衰えず、版元たちは病から回復する見込みがないと知ると、これが最後と版下絵の依頼が殺到し、まるで他に描ける人がいないかのようだったという。その過労からか二年後の文化3年(1806年)死去した。享年54。墓所は世田谷区烏山の専光寺。法名は秋円了教信士。
    開国後、他の例に漏れず多くが国外に流出した。特にボストン美術館のスポルディング・コレクションは歌麿の浮世絵383点を所蔵。公開を長く禁止したため非常に保存状態が良く、すぐに退色するツユクサの紫色もよく残っている。

    春画の歴史は古く、平安時代から存在し、女性器が風水学・陰陽 五行説による龍穴に似ていることから、祖霊として信仰の対象と されてきました。江戸期以前はすべて当時の画壇の最高峰というべき画家の一点物の肉筆画であり、特別な富裕層しか所有できな い富の象徴でもあったのですが、江戸時代には浮世絵とともに風 俗画として急速に庶民に広まりました。享保の改革で禁止されな がらも、需要は衰えず、水面下で浮世絵の最新技法を取り入れた 極彩色画として進化を続け、最高レベルの浮世絵となったのです。世界各国の権威ある著名美術館・博物館にも所蔵されており、海 外で歌麿といえば春画が連想されるほど代名詞となった、
    「ねがひの糸ぐち」
    名浮世 絵師・喜多川歌麿の代表的作品集「ねがひの糸ぐち」 歌麿さんの一般女性の珍しいバスト絵。

    歌麿さんは美しい裸婦が描きたかったのでしょうが 何かと締め付けたい幕府の手前 皮肉にも裸にならざるを得ない春画・枕絵(ペニスやヴァギナの拡大誇張)はゆるせても 美人画には必然性が無いとして裸を許さず 必然として許されていた裸の海女 妖怪(山姥)を等を好んで画題としております。美人画の歌麿は夙に有名ですが 衣服をまとった姿態に興味なく「美人大首絵」に人気を博しました。数少ない姿態図「青楼仁和嘉女芸者部」も知られています。
    「美人大首絵」
    「美人大首絵」
    青楼仁和嘉女芸者之部 大万度2青楼仁和嘉女芸者之部 大万度
    青楼仁和嘉女芸者之部 大万度

    美とユーモアに溢れる浮世絵“春画”
    蛤(はまぐり)に 嘴(はし)をしつかとはさまれて 鴫(しぎ)立ちかぬる 秋の夕ぐれ   (宿屋飯盛)
    2013年 日英交流400年を記念して、大英博物館で開催された特別展「春画 日本美術における性とたのしみ」を眺めていると、春画を「ポルノ」と形容するのがいかに不適切かを思い知らされる。この特別展のキュレーターを務める大英博物館日本セクション長のティム・クラーク氏はこう語る。「性を赤裸々に描いた作品に美とユーモアが溢れ、しかも人間性が伝わってくるので、みんな驚いたんじゃないかな」 展示作品のおよそ4割は、1865年から春画を収集してきた大英博物館の収蔵品であり、それ以外の作品の多くは、京都にある国際日本文化研究センターから借り受けた。クラーク氏が好んで使う春画の定義は「性的に露骨なアート」。重点は「アート」という語にあり、「性的に露骨でありながらこれほど高い芸術性を備えている作品は、西洋では最近になるまでなかった」と話す。
    実は当時の著名な浮世絵師は、ほとんどがこうした春画の制作に関わっており、初期の作品は上質の材料で制作されて何世代にもわたって大切に受け継がれてきた。記録によれば肉筆春画の巻物1本は銀50匁(もんめ)だったといい、これは大豆およそ165升(300リットル)に相当した。
    春画には、戦闘前の武士の士気を高めたり、火除けのお守りといった意外な用途もあった。また、若い夫婦のための性教育の教材としても使われ、描き手が男性のみだったにもかかわらず多くの女性にも楽しまれたらしい。
    春画が女性に大人気の理由の1つに「春画にはレイプなど強制的な性はまったく出てきません。好きな人と結ばれる姿が描かれているのです。だから女性にも受け入れられたのでしょう」とロンドン大学東洋アフリカ学院のタイモン・スクリーチ教授は解説する。
    葛飾北斎 喜能会之故真通
    葛飾北斎 喜能会之故真通
    だが ほっかぷりした髭面の泥棒に犯されてあえぐ春画や 大蛸や犬やキツネに襲われあえぐ有名な春画等 タブーへの憧憬を表現したものもかなり存在します。
      
    江戸時代の小袖や能装束にも「源氏物語」を象徴するモチーフとして使われていたことから別名「源氏車」とも呼ばれる。同様に御所車の車輪だけを文様としているものも「源氏車」と呼ぶ。

    MS 御所車7源氏車
    「源氏車」

    「玉子(卵)」のこと。おでんの隠語等
    御所車は昔の帝が乗っていた物で、玉子の黄身を「大君」に掛けた物。
    「君(黄身)を護る。中に君がござる」という駄洒落。

    俺とお前は 卵の仲よ 俺が白身で黄身(君)を抱く

    江戸時代にできた四十八手の性行為の体位を表す言葉で、体位の数を示すものではない。相撲をまねて代表的な体位を集めて名付けられた。別名「ナイアガラの滝落とし,花時計」 。
    『御所車』 四十八手 どの小さい写真もクリックで拡大 
    『御所車』 四十八手

    ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型

    アウグスト強襲王は 余白の美が素晴らしい 柿右衛門 を最高作と絶賛されておりました。シノワズリの細密画を 得意としておりました ヘロルトは 王の好む シャポネズリ・柿右衛門写し(ロイヤルクラウンダービーの伊万里金襴手と共に 欧州二大ジャポネズリ)にも 多くの銘作を 残しました。偉大なマンネリズムを標榜する マイセンは 現代まで延々と 踏襲しております。

    シノワズリ 352110
    鮮やかな柿朱は 柿右衛門を思わせましたが 余白の美を伴いません。
    ここに訂正します。 2015. 04. 27

    マイセン・インドの花多彩色・451110 兼用C/S・582 30%Off のお求めはコチラ

    更によく調べますと インドの花を アールヌーボー期に 表現したものです。マイセンでは 既に インドの花は 柿右衛門に分類(ジャポネズリ451110)し直しておきながら あえて また シノワズリ分類(352110)に戻しております。日本では この分類を 知ってか知らいでか ジャポネズリ風の御所車花模様と命名しております。352110も 451110も 同じ アールヌーボー期の作と思われますので 352110の作者は 意図的に間違えております。アウグスト強襲王や 天才ヘロルトに敬意を表してか 敢えて間違いに与しております。作者の意図が那辺に有れ やはり 柿右衛門に 端を発するなら ジャポネズリになるでしょう。 
    ここに再訂正します。2015.04.28.
    RC インドの華多彩色 451110 582 兼用 (3)
    柿右衛門に分類(ジャポネズリ451110)

    今作MS 御所車花模様 582 兼用 (3)
    今作 他店 色淡く 筆勢弱く 朧気        ソーサ絵・ティーカップ正面

    MS 御所車花模様 582 兼用 (3)
    旧作 当店 色濃く 筆勢強く 鮮明        ソーサ絵・兼用カップ正面

    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。
    1727年 アウグスト強襲王は 磁器宮殿内の2階回廊に 磁器動物園を思い立ちました。さてそうなると ベテラン造形師が必要になります。当時マイセンには 絵付け師ヘロルトが シノワズリ ジャポネズリを確立し 権威をふるっておりました。造形は 絵付けの引き立て役程度に 抑えられておりました。そこで ヨハン・ゴットリーブ・キルヒナーやヨハン・クリストフ・リュッケなどの彫刻家を 招聘して 動物造形に挑ましたのですが 磁器の扱いは難しく 思うようにはいきませんでした。1728年 21歳の彫刻士キルヒナーの自信は 数ヶ月で造形士たちの侮辱の的と化した。嘲笑と不評化に耐えられなくなったキルヒナーは 売春宿通いで憂さを晴らすのですが悪いことに重い性病に侵されるのです。業を煮やしたマイセン特別委員会はキルヒナーを解雇決定しました。

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-3」 詳しくは コチラをクリック  してください。

    インドサイ
    インドサイ 1732年原作。2010年 復刻  H28cm。 \3.780.000
    アブラハム・デ・ブルンの銅版画を手本にしたので「デューラーのちび角」がある。

    マイセン 【2005年世界限定】 マイスター限定作品 踊る白狐 H33cm 25%Off  のお求めはコチラ

    MS 2005限定 999984 78955 ダンシングフォックス(raku)
    当店所蔵 マックス・エッサー作 H33cm \793.800 比べてみてください。

    マイセン 【フィギュリン】  天球上の穢れ無きマリア・72075 H44cm 25%Off  のお求めはコチラ  

    MS 天球上のけがれなきマリア(raku)
    天球上の穢れ無きマリア H44cm  当店所蔵
    これがキルヒナーのインドサイと同値(\3.780.000)と聞けば どう思いますか ?
    それもここから25%Offするんですよ。

1

(カテゴリー内 : 6点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索