カテゴリー

全件表示 (5067) 福袋 (16) 新入荷商品 (110) 祝母の日フェア (56) 祝父の日フェア (120) アウガルテン (89) アビランド (395) アラビア (5) ウェッジウッド (1083) エインズレイ (50) エルメス (146) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (25) スポード/ダッチェス (27) スワロフスキー (87) バカラ (243) ビレロイボッホ (10) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (59) ブルガリ・ローゼンタール (35) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (21) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (433) ボヘミア (65) ホヤ (17) マイセン (484) 赤葡萄・白葡萄/ その他 (1) 青い花 (15) アフロディテ (6) アラビアンナイト千夜一夜 (8) アルペンフローラ/ フローラ (14) イヤーズプレート (22) 1996年復刻イヤープレート (8) 記念/ メモリアル・プレート (8) イェロー・オレンジローズ・バラと忘れな草 (2) インドの花・各色 柿右衛門写し (13) ヴァインリーフ/ 柊南天染付ゴールド (2) X / B・フォーム (13) 花鳥虎文・402110  (1) 果物模様/ 花と果実/ フルーツと花 (8) 御所車花模様 (6) シノワズリ緑龍/ ミング(明代)ドラゴン (4) 写実的な花/ ドイツの花 (3) シャドウフラワー/ 柊南天金彩 (8) ジャポネズリ・ストローフラワー (4) 祝祭舞踏会/ マルガリータ (2) 松竹梅柴垣鳥文・455110  (1) 松竹梅虎文・401110  (1) スキャタードフラワー(散らし小花) (4) スワンサービス/ ワトーグリーン (4) そよ風/ ベゴニア/ 森の声 (8) 太湖石に花鳥文・341110 (1) 中国蝶文・393110  (1) 東洋の伝説動物・571310  鳥と小蝶/ マイセンバード (7) 波の戯れホワイト (15) 花と蝶/ リアルな花と蝶 (5) 昼顔/ ローゼンブーケ (5) 二つ花 (39) プラチナコバルト (4) ブルーオーキッド (19) ブルーオニオン (44) ホワイトレリーフ (6) マイセンのバラ (2) 真夏の夜の夢 (16) 三つ・四つ・五つ・六つ 花 (10) 水辺の動物・花 (7) 緑の花束 (6) メロディードラゴン (8) (様式的な花)ドイツブルメン (7) 龍と鳳凰文 (6) 和風花鳥文金彩・465110  (1) マイセンVIP/ロゴ (10) マイセン特撰・限定洋食器 (23) マイセン特撰限定ベース (20) マイセン特撰限定オブジェ・キャンドルスタンド (11) マイセン磁板画 (19) マイセン人形 (26) ミントン (41) メニュー(デンマーク) (8) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (843) リヤドロ (55) レイノー (5) ローゼンタール (5) ロイヤルアルバート (56) ロイヤルウースター (28) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (433) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

マイセン > 果物模様/ 花と果実/ フルーツと花

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • マイセン 【フルーツと花・249690】 コーヒーC/S・28582-4,5,6 30%Off
    マイセン 【フルーツと花・249690】 コーヒーC/S・28582-4,5,6 30%Off
    123,200円

    本体価格: ¥160.000

    小さい写真をクリックすると 拡大します。 

       
    ms.jpg
    ブランド箱 378円  ギフト包装用に正規代理店から購入                  

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    おもだったお店を調べてみましたが  フルーツと花の新品 世界中で お熟成アインにしかありません。だからお熟成アインが一番お安いです。
    それではお熟成アインには何故あるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりして上手にお高くさばいていかれました。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今ではこの手の込んだ手工芸品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    あるご夫婦のお客さんから
    「アインさんは 他所にない良い物をたくさんお持ちですが あまり有名にならないでいてほしい。買いたいものが色々あるのですが 自分たちは そんなに余裕がないから 少しずつしか買えないので あまり有名になられて どんどん売切れていくのが心配です。」と言われました。当店の返事は「大丈夫ですよ。宣伝広告したことありませんから」でした。

    当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。

    ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、
    ハロウィンコスプレ4
    ジャック・オー・ランタン
    子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
    キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある。
    ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタンを作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては トリック・オア・トリート「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。
    1833年ころのアイルランドのハロウィンの夜の様子
    1833年ころのアイルランドのハロウィンの夜の様子
    サムハイン 
    ハロウィンの始まりはケルト人
    カトリック教会の諸聖人の日がハロウィンに重なる形で設定されており、これを「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を取り込んだ」とする見解と、「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を潰すために設定した」とする見解とがある。いずれにしてもハロウィンは元々キリスト教の祭では無かったことが両見解の前提となっている。
    子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
    キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある。
    ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタンを作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては トリック・オア・トリート「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。         

    マイセン 【フルーツと花】 コーヒーC/S  6柄各1客の写真は コチラをクリック してください。

    アマルテア
    豊穣の角 アマルテア
    フローラは、ローマ神話に登場する花と春と豊穣を司る女神。
    オウィディウスの説によると、彼女はかつてクローリスという名のギリシアのニュムペーだった。しかし、春の訪れを告げる豊穣の風 西風の神であるゼピュロスによって イタリアに攫われ、誘拐後に自らの罪を悔いて 彼女を神の地位に押し上げ 以後フローラは 花の女神になったという。このクローリスこと女神フローラとの間には、果実の神カルポスを設けている。
    フローラ2
    ボッティチェリ  「フローラ ← クローリス ゼピュロス」     
    また、フローラが 夫のユーピテルが 自分でミネルウァを産んだため 正妻としての面目を失った神々の女王ユーノーに 触れた女が 自然に子を身籠もる魔法の花を与え 戦士神マールスの誕生を助けたという説話も残されている。

    (解説1)オウィディウス プブリウス・オウィディウス・ナソ(紀元前43年3月20日 - 紀元17年)は、古代ローマのアウグストゥスの時代に生きた詩人。代表作は『恋愛術』、『変身物語』など。紀元1年ごろ(一般に 紀元元年だが ISOや天文学的には 0年があるので 紀元2年になる)、ギリシア神話を参考にして『恋愛術』を書いた。しかし余に露骨な性描写が多かったため、実際に読んだアウグストゥス帝が激怒し、8年、黒海沿岸の僻地であるトミス(現在のコンスタンツァ)へ一生流された。)

    (解説2)ニュムペーは、ギリシア神話などに登場する下級女神(精霊)である。山や川、森や谷に宿り、これらを守っている。英語ではニンフと呼ばれる。なお、ギリシア語の普通名詞としては「花嫁」や「新婦」を意味する。
    その一方、粗野な妖精とする伝承もあり、人間の若者に恋をし、しばしば攫っていく。このため女性の過剰性欲を意味するニンフォマニアという言葉の語源となった。
    フランチェスコ・フリーニフランチェスコ・フリーニ 「ヒュラスと水のニンフ」 (1893)
    ギリシャ神話に登場する美少年ヒュラスは、金羊毛を求めてのアルゴ船の遠征にヘラクレスの侍童として加わりました。ある晩にミュラス島に上陸すると、彼は水差しを持って真水を汲みに行かされました。水浴していたナイアスたち(泉と川のニンフ)は、彼の美しさに魅せられ、彼を水中へと誘い込みます。こうして彼はそれっきり行方不明となってしまいました。

    ピカピカの 新品です。現品 即納

    ヴェレンシュピール
    1975年 クンストラー・コレクティヴのザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波 を表現した 作品集です。 後世に 恥じない 20世紀を代表する作を 目指した力作です。

    やはり花はマイセン。学校を出て 親方(マイスター)に弟子入した ペインターの卵たちが まず 最初に習うのが お花の絵です。一人前になっても 自然のお花を 工房に飾って 写生に 精を出します。マイセンでは お花を描くのは 旨くて当たり前なのです。フルーツも お花に負けじと 写実的 立体的に 描かれています。

    3人の天才ヨハン-5
    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689  G・アーノルド作 磁板画95168 30%Off  のお求めはコチラ

    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大3   
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。


    2019 09 22 今朝 テレビで バーナード・リーチのスリップウエアを紹介しておりましたが これこそ泥漿によるパテ・シュール・パテです。如何にもバーナード・リーチを 創作・伝承者のごとき紹介でしたが 多くの先史時代や産業革命前の時代の文化で、スリップウェアが作製されている。最古のものは紀元前5000年の古代中国や古代中東で作られた。その後、アフリカの多くの地域、南北アメリカ大陸の先住民の間や、初期の朝鮮半島、ミケーネ文明、古代ギリシアの陶芸、イスラームの陶芸、ヨーロッパなどで建築の壁の装飾に使われたズグラッフィート, 17~18世紀のイギリスでの重厚な陶器スリップウェアの釉薬と組み合わた 戯画風トフト皿や日本人好みの櫛目文にパテ・シュール・パテの萌芽が見られ もちろんアンダーグレース(早くから釉薬の下絵付けと書いています。)です。
    ちなみに英国スリップウェア、は日本でも大いに賞賛されています。バーナード・リーチ(スリップウェアをはるかに凌駕しているミントンのパテ・シュール・パテを知らなかった ? )や富本憲吉は1913年に東京の丸善で購入したチャールズ・ロマックスの『古風な英国陶器』という本の中で、初めてスリップウェアの存在を知った。リーチと濱田庄司は1920年にイギリスに渡り、セント・アイブスの彼らの窯の近くでスリップウェアの破片を見つけるとともに現存するスリップウェアを収集し、1924年に濱田が日本に持ち帰った。柳宗悦や河井寛次郎もこれを目にし、彼らの作陶や民芸運動に強い影響を与えた。(隣の華は赤い, 灯台下暗し。スリップと呼ばれる泥漿でもって筆で描いたり、スポイトから垂らす手法は日本の作陶における「筒描き」「いっちん盛り」と同じ手法であり、古くから日本の染色でも行われていた。)  



  • マイセン 【フルーツと花・249690】 コーヒーC/S・28582-3 30%Off
    マイセン 【フルーツと花・249690】 コーヒーC/S・28582-3 30%Off
    123,200円

    本体価格: ¥160.000

    小さい写真をクリックすると 拡大します。

       
    ms.jpg
    ブランド箱 378円  ギフト包装用に正規代理店から購入

    ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、
    ジャック・オー・ランタン9
    ジャック・オー・ランタン
    子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
    キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある。
    ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタンを作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては トリック・オア・トリート「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。
    カトリック教会の諸聖人の日がハロウィンに重なる形で設定されており、これを「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を取り込んだ」とする見解と、「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を潰すために設定した」とする見解とがある。いずれにしてもハロウィンは元々キリスト教の祭では無かったことが両見解の前提となっている。
    ハロウィンの始まりはケルト人
    ハロウィンの始まりはケルト人
    サムハインのケルト祭 りにはいつも激しい盛り上がりがあり、昆虫やコウモリがこの地域に集まりました。そういうわけで、私たちは火事とコウモリの両方をハロウィンの歴史に当てはめています。          

    マイセン 【フルーツと花】 コーヒーC/S  6柄各1客の写真は コチラをクリック してください。

    フローラは、ローマ神話に登場する花と春と豊穣を司る女神。
    オウィディウスの説によると、彼女はかつてクローリスという名のギリシアのニュムペーだった。しかし、春の訪れを告げる豊穣の風 西風の神であるゼピュロスによって イタリアに攫われ、誘拐後に自らの罪を悔いて 彼女を神の地位に押し上げ 以後フローラは 花の女神になったという。このクローリスこと女神フローラとの間には、果実の神カルポスを設けている。
    フローラ2
    ボッティチェリ  「フローラ ← クローリス ゼピュロス」     
    また、フローラが 夫のユーピテルが 自分でミネルウァを産んだため 正妻としての面目を失った神々の女王ユーノーに 触れた女が 自然に子を身籠もる魔法の花を与え 戦士神マールスの誕生を助けたという説話も残されている。

    (解説1)オウィディウス プブリウス・オウィディウス・ナソ(紀元前43年3月20日 - 紀元17年)は、古代ローマのアウグストゥスの時代に生きた詩人。代表作は『恋愛術』、『変身物語』など。紀元1年ごろ(一般に 紀元元年だが ISOや天文学的には 0年があるので 紀元2年になる)、ギリシア神話を参考にして『恋愛術』を書いた。しかし余に露骨な性描写が多かったため、実際に読んだアウグストゥス帝が激怒し、8年、黒海沿岸の僻地であるトミス(現在のコンスタンツァ)へ一生流された。)

    (解説2)ニュムペーは、ギリシア神話などに登場する下級女神(精霊)である。山や川、森や谷に宿り、これらを守っている。英語ではニンフと呼ばれる。なお、ギリシア語の普通名詞としては「花嫁」や「新婦」を意味する。
    その一方、粗野な妖精とする伝承もあり、人間の若者に恋をし、しばしば攫っていく。このため女性の過剰性欲を意味するニンフォマニアという言葉の語源となった。
    フランチェスコ・フリーニフランチェスコ・フリーニ 「ヒュラスと水のニンフ」 (1893)
    ギリシャ神話に登場する美少年ヒュラスは、金羊毛を求めてのアルゴ船の遠征にヘラクレスの侍童として加わりました。ある晩にミュラス島に上陸すると、彼は水差しを持って真水を汲みに行かされました。水浴していたナイアスたち(泉と川のニンフ)は、彼の美しさに魅せられ、彼を水中へと誘い込みます。こうして彼はそれっきり行方不明となってしまいました。

    ピカピカの 新品です。現品 即納

    ヴェレンシュピール
    1975年 クンストラー・コレクティヴのザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波 を表現した 作品集です。 後世に 恥じない 20世紀を代表する作を 目指した力作です。

    やはり花はマイセン。学校を出て 親方(マイスター)に弟子入した ペインターの卵たちが まず 最初に習うのが お花の絵です。一人前になっても 自然のお花を 工房に飾って 写生に 精を出します。マイセンでは お花を描くのは 旨くて当たり前なのです。フルーツも お花に負けじと 写実的 立体的に 描かれています。

    3人の天才ヨハン-5 
    1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)
    錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 
    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 
    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。


    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168 20%Off  のお求めはコチラ

    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大3  
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

  • マイセン 【フルーツと花・249690】 コーヒーC/S・28582-6 30%Off
    マイセン 【フルーツと花・249690】 コーヒーC/S・28582-6 30%Off
    123,200円

    本体価格: ¥160.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。    

      
    ms.jpg
    ブランド箱 378円  ギフト包装用に正規代理店から購入                  

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    おもだったお店を調べてみましたが  フルーツと花の新品 世界中で お熟成アインにしかありません。だからお熟成アインが一番お安いです。
    それではお熟成アインには何故あるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりして上手にお高くさばいていかれました。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今ではこの手の込んだ手工芸品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    あるご夫婦のお客さんから
    「アインさんは 他所にない良い物をたくさんお持ちですが あまり有名にならないでいてほしい。買いたいものが色々あるのですが 自分たちは そんなに余裕がないから 少しずつしか買えないので あまり有名になられて どんどん売切れていくのが心配です。」と言われました。当店の返事は「大丈夫ですよ。宣伝広告したことありませんから」でした。

    当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。

    ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、
    ハロウィンコスプレ4
    ジャック・オー・ランタン
    子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
    キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある。
    ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタンを作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては トリック・オア・トリート「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。
    1833年ころのアイルランドのハロウィンの夜の様子
    1833年ころのアイルランドのハロウィンの夜の様子
    サムハイン 
    ハロウィンの始まりはケルト人
    カトリック教会の諸聖人の日がハロウィンに重なる形で設定されており、これを「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を取り込んだ」とする見解と、「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を潰すために設定した」とする見解とがある。いずれにしてもハロウィンは元々キリスト教の祭では無かったことが両見解の前提となっている。
    子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
    キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある。
    ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタンを作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては トリック・オア・トリート「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。      

    マイセン 【フルーツと花】 コーヒーC/S  6柄各1客の写真は コチラをクリック してください。

    オランダ花卉果物画
    17世紀初頭の花卉画は、ブーケは花の集合体としての描き方で、ポートレートスタイル、平面的でしたが、次第に明暗法を取り入れ立体的になり、光と影の遠近効果が表れます。 その後は、さらにいくつかの花にスポットライトをあて、際立った陰影をつけるライティング効果で描きます。茎の曲げや向きなど、自由自在に思うようにつくりあげ(プラスチック効果)、更なる陰影で奥行きを深めて宇宙空間をも表現します。 デザインにエレガンスが加わり、花はたおやかに、動きはキャスケードにえがかれ、芸術的にリズミカルなアラベスク、18世紀には超現実主義な絵となりました。
    ヤン・ダーフィッツ・デ・ヘーム (1606-1683) 
    ≪花と果物と蝶≫ ヤン・ダーフィッツ・デ・ヘーム (1606-1683)
    オランダでこの時代に活躍した画家の一部は、マイセンで磁器の花の絵付けに携わることになります。

    フローラは、ローマ神話に登場する花と春と豊穣を司る女神。
    オウィディウスの説によると、彼女はかつてクローリスという名のギリシアのニュムペーだった。しかし、春の訪れを告げる豊穣の風 西風の神であるゼピュロスによって イタリアに攫われ、誘拐後に自らの罪を悔いて 彼女を神の地位に押し上げ 以後フローラは 花の女神になったという。このクローリスこと女神フローラとの間には、果実の神カルポスを設けている。
    ジャン・フランソワ・ド・トロイ - ゼファーとフローラ
    ゼファーとフローラ  ジャン・フランソワ・ド・トロワ
    ジャン=フランソワ・ド・トロワ (1679-1752) フランス  ロココ美術・新古典主義
    ロココ萌芽期の画家。装飾的で演劇性に富んだ画面展開と、光輝性を帯びた独特の色彩描写で貴族好みの絵画作品を制作。特に品格と高ぶる感情が混在した人物表現は当時のフランスの画家の中でも高い評価を得る。神話画、歴史画、宗教画などが中心であるものの、画家の卓越した力量を感じさせる女性肖像画でも名を馳せた。画家の一族であったトロワ家に生まれ  祖父アントワーヌ・ヴァトーは ロココを代表する画家で有名。  
    また、フローラが 夫のユーピテルが 自分でミネルウァを産んだため 正妻としての面目を失った神々の女王ユーノーに 触れた女が 自然に子を身籠もる魔法の花を与え 戦士神マールスの誕生を助けたという説話も残されている。

    (解説1)オウィディウス プブリウス・オウィディウス・ナソ(紀元前43年3月20日 - 紀元17年)は、古代ローマのアウグストゥスの時代に生きた詩人。代表作は『恋愛術』、『変身物語』など。紀元1年ごろ(一般に 紀元元年だが ISOや天文学的には 0年があるので 紀元2年になる)、ギリシア神話を参考にして『恋愛術』を書いた。しかし余に露骨な性描写が多かったため、実際に読んだアウグストゥス帝が激怒し、8年、黒海沿岸の僻地であるトミス(現在のコンスタンツァ)へ一生流された。)

    (解説2)ニュムペーは、ギリシア神話などに登場する下級女神(精霊)である。山や川、森や谷に宿り、これらを守っている。英語ではニンフと呼ばれる。なお、ギリシア語の普通名詞としては「花嫁」や「新婦」を意味する。
    その一方、粗野な妖精とする伝承もあり、人間の若者に恋をし、しばしば攫っていく。このため女性の過剰性欲を意味するニンフォマニアという言葉の語源となった。
    ニンフォマニアック ウィリアム・ブグロー1873
    『ニンフとサテュロス』 ウィリアム・ブグロー 1873
    ウィリアム・アドルフ・ブグロー(1825年 - 1905年)は、フランスの画家。19世紀フランスのアカデミズム絵画を代表する画家で、画風は新古典主義の流れを汲む伝統的なもので、キリスト教、神話、文学などに題材をとった構想画のほか、肖像画を数多く残している。構図や技法はアカデミックなものだが、官能的な裸婦像、可憐な子どもの像、憂愁を帯びた若い女性の像などに独特の世界を築いている。甘美で耽美的な彼の画風は当時の人々の好みに合ったと見え、生前には彼の名声は非常に高かったが、20世紀以降、さまざまな絵画革新運動の勃興とともにブグローの名は次第に忘れられていった。再評価されるようになるのは20世紀末のことである。

    サテュロスは、ギリシア神話に登場する半人半獣の自然の精霊「欲情の塊」である。そのサテュロスでさえニンフォマニアの欲情の嵐を前にして 尻込みをするかにブグローさんは描いています。

    ピカピカの 新品です。
    現品 即納

    ヴェレンシュピール
    1975年 クンストラー・コレクティヴのザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波 を表現した 作品集です。 後世に 恥じない 20世紀を代表する作を 目指した力作です。

    やはり花はマイセン。学校を出て 親方(マイスター)に弟子入した ペインターの卵たちが まず 最初に習うのが お花の絵です。一人前になっても 自然のお花を 工房に飾って 写生に 精を出します。マイセンでは お花を描くのは 旨くて当たり前なのです。フルーツも お花に負けじと 写実的 立体的に 描かれています。


    錬金術師-2
    アウグスト王は フリードリヒ王の奪還を警戒して ベトガーを ドレスデン王宮の 黄金の館に 幽閉しました。王宮内に 実験室が整えられ 監視人つきで ベドガーは 賢者の石の発見に 追い立てられました。錬金術師ベトガーの触れ込みに アウグスト王は 大金をつぎ込み 秘法賢者の石を 待ちました。ベトガーは 失敗が 詐術師の烙印を押され 処刑にいたる恐怖に 苛まれました。恐怖から逃れる為に 次第に酒におぼれていきました。アウグスト王は 懲らしめの為 人の恐れる 断崖にそびえる ケーニヒシュタイン要塞に ベドガーを幽閉しました。死の恐怖から 荒れるベトガーは 更に深く酒に溺れていきました。
    逆効果に ベトガーが 狂ってしまわないかと 危惧したアウグスト王は 王宮の黄金の館に 呼び戻しました。監視の緩んだのを見計らって ベトガーは今度は アウグスト王からの逃亡を 企てました。又も 失敗するのですが  ・・・・・・・
                              
    「欧州磁器戦争史  錬金術師 2」 詳しくは コチラをクリック してください。

    磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1~2世紀に 端を発します。
    古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。それまでにも アラブの玄関口であるイタリアには シルクロード経由で 先に入手していた アラブの王様から 自分の威光を 誇る 贈り物として 入ってきておりましたが 東洋からのものと 判明したのは マルコポーロによります。この時 彼は 完品は高すぎて手が出ず 破片を 持ち来ったそうです。 ヨーロッパにおける 磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが 曇ったガラス球に終わりました。同じ16世紀に フィレンツェ大公(富豪メディチ家)は 砂 ガラス水晶粉を 粘土と混ぜた見事な焼き物(軟質磁器)に成功するのですが やはり 東洋の秘法による白い黄金には とても及びませんでした。その後も 欧州各地で 白い黄金の焼成が 試みられますが 総て 陶工達によるものでした。 磁器のガラス質に 惑わされた彼らの せいぜい成功らしきものでも 随分 白い黄金には 見劣りのする 軟質磁器(ヴァンサンヌに続く セーヴルでも フリット軟質磁器)どまりでした。一方  本家中国の景徳鎮で 14世紀には 磁器最後の姿 染付の完成を見ます。東洋では 千数百年の長きにわたる 多くの職人達の 勘と経験を 積み重ねた 結晶の賜物として 花開きました。片や西洋では 憧れの白磁を 科学的に分析することで 錬金術師(中世における 科学者の呼称)ベトガーは わずか3~5年で 1710年に完成させました。ザクセン王国 宮廷科学顧問官 チルンハウス(彼とて 多くの陶工と変わらず 磁器のガラス質に惑わされ 軟質磁器の研究に 堕しておりました。化学的変成にこだわり 分析と 実験の王道により 白磁を極めたベトガーは やはり非凡の天才でした。)の 白磁研究の基礎に 助けられたとはいえ 西洋科学分析手法の 優越性は ベトガーへの個人的資質の賞賛のみにとどまらず 明治維新の日本でも 優れた西洋科学として 競って受け入れられました。今や 日本をはじめ 東洋は 西洋を 凌駕せんばかりの 勢いです。
    少し理屈っぽくなりましたが 磁器をめぐり 東洋と西洋の違いを 言ってみたかったのです。


  • マイセン 【花と果実】  兼用C/S-5 20%Off
    マイセン 【花と果実】  兼用C/S-5 20%Off
    224,400円

    本体価格: ¥255.000


    小さい写真をクリックすると拡大します。

       
    通常15%Off  祝母の日フェア  (本日~ 5/10) 20%Off

       
    ms.jpg
    ブランド箱 385円  ギフト包装用に正規代理店から購入

    「花と果実」は石坂洋次郎の小説作品。後に映画化、テレビドラマ化も為された。
    西伊豆から上京してきた女子大生・のぶ子の明るい学生生活と、その仲間・友人たちの成長過程と共に、浮気、親子の問題、学生結婚の問題、女同士の友情など様々な問題が絡む青春群像を描く。
    フルーツとフラワー清川
    花と果実

    アルフォンス・ミュシャ 花と果物 春アルフォンス・ミュシャ 花と果物 秋
    春      アルフォンス・ミュシャ 花と果物     秋 
    アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860年 - 1939年)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるものである。多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。絵画の代表作として20枚から成る連作『スラヴ叙事詩』が挙げられる。

    マイセン 【花と果実】  兼用C/S 5柄各1客 の写真は こちらをクリック  してください。

    花と果実
    リンゴはバラ科の植物です。バラ科の植物には、私たちが「食用にする実」をつくるものがたくさん知られています。有名なものとしてはリンゴ、モモ、イチゴなどがあります。
    果実とは、種子植物の花部が発達して生じた、種子を作る、多汁な果肉部分を持つ器官の一般的名称です。心皮と胚珠のみが発達したモモ、ウメ、やサクランボなどのような果実を真果、心皮や胚珠以外の部分も加わってできたリンゴやナシなどの果実を偽果と言って区別する場合もあります。

    「ヤン・ダーフィッツゾーン・デ・ヘーム作  花束と果実とプットー」
    「花束と果実とプットー」 ヤン・ダーフィッツゾーン・デ・ヘーム作  
    ヤン・ダーフィッツゾーン・デ・ヘーム(1606年 - 1684年)は、17世紀のオランダで活躍したバロックの画家。豊かな色彩と精密さが際立つ静物画で知られている。

    17世紀初頭の花卉・果物画は、ブーケは花の集合体としての描き方で、ポートレートスタイル、平面的でしたが、次第に明暗法を取り入れ立体的になり、光と影の遠近効果が表れます。 その後は、さらにいくつかの花にスポットライトをあて、際立った陰影をつけるライティング効果で描きます。茎の曲げや向きなど、自由自在に思うようにつくりあげ(プラスチック効果)、更なる陰影で奥行きを深めて宇宙空間をも表現します。 デザインにエレガンスが加わり、花はたおやかに、動きはキャスケードにえがかれ、芸術的にリズミカルなアラベスク、18世紀には超現実主義な絵となりました。
    ヤン・ブリューゲル バン・バレン 「花と果実の輪に囲まれた聖家族」
    「花と果実の輪に囲まれた聖家族」 ヤン・ブリューゲル、バン・バレン 黄金期の作品。
    ヤン・ブリューゲル (父)(1568年 – 1625年)はブラバント公国 (現在のベルギー)の画家。「ビロードのブリューゲル」(ビロードを思わせる色調から)、「花のブリューゲル」(好んで取り上げた)等とも呼ばれる

    オランダでこの時代に活躍した画家の一部は、マイセンで磁器の花果の絵付けに携わることになります。

    エンツゥィーステッドハンドル
    ケンドラー作 ノイエ・アウスシュニット型

    やはり花はマイセン。学校を出て 親方(マイスター)に弟子入した ペインターの卵たちが まず 最初に習うのが お花の絵です。一人前になっても 自然のお花を 工房に飾って 写生に 精を出します。マイセンでは お花を描くのは 旨くて当たり前なのです。果実も 花に負けてならじと 見事に写生されております。  

    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。
    業を煮やしたマイセン特別委員会はキルヒナーを解雇決定しました。

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-3」 詳しくは コチラをクリック  してください。

    日本においては小さな人形の類がフィギュアと呼ばれている。この場合 フィギュリンが相応しいのでは ?

    インドサイ
    インドサイ 1732年原作。2010年 復刻  H28cm。 \3.780.000
    アブラハム・デ・ブルンの銅版画を手本にしたので「デューラーのちび角」がある。

    マイセン 【2005年世界限定】 マイスター限定作品 踊る白狐 H33cm 25%Off  のお求めはコチラ

    MS 2005限定 999984 78955 ダンシングフォックス(raku)
    当店所蔵 マックス・エッサー作 H33cm 850,500 円 比べてみてください。

    マイセン 【フィギュリン】  天球上の穢れ無きマリア・72075 H44cm 25%Off  のお求めはコチラ  

    MS 天球上のけがれなきマリア(raku)
    天球上の穢れ無きマリア H44cm  当店所蔵
    これがキルヒナーのインドサイと同値(\3.780.000)と聞けば どう思いますか ?
    それもここから25%Offするんですよ。

  • マイセン 【花と果実】  兼用C/S-3 30%Off
    マイセン 【花と果実】  兼用C/S-3 30%Off
    173,250円

    本体価格: ¥255.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。                                        

       
    ms.jpg
    ブランド箱 378円  ギフト包装用に正規代理店から購入

    ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、
    ハロウィンコスプレ
    ジャック・オー・ランタン
    子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
    キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある。
    ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタンを作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては トリック・オア・トリート「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。
    カトリック教会の諸聖人の日がハロウィンに重なる形で設定されており、これを「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を取り込んだ」とする見解と、「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を潰すために設定した」とする見解とがある。いずれにしてもハロウィンは元々キリスト教の祭では無かったことが両見解の前提となっている。
    ハロウィンの始まりはケルト人
    ハロウィンの始まりはケルト人
    サムハインのケルト祭 りにはいつも激しい盛り上がりがあり、昆虫やコウモリがこの地域に集まりました。そういうわけで、私たちは火事とコウモリの両方をハロウィンの歴史に当てはめています。
       

    「花と果実」は石坂洋次郎の小説作品。後に映画化、テレビドラマ化も為された。
    石坂洋次郎
    西伊豆から上京してきた女子大生・のぶ子の明るい学生生活と、その仲間・友人たちの成長過程と共に、浮気、親子の問題、学生結婚の問題、女同士の友情など様々な問題が絡む青春群像を描く。

    アルフォンス・ミュシャ 花と果物 春アルフォンス・ミュシャ 花と果物 秋
    春          アルフォンス・ミュシャ 花と果物             秋 
    アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860年 - 1939年)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるものである。多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。絵画の代表作として20枚から成る連作『スラヴ叙事詩』が挙げられる。

    マイセン 【花と果実】  兼用C/S 5柄各1客 の写真は こちらをクリック  してください。

    花と果実
    リンゴはバラ科の植物です。バラ科の植物には、私たちが「食用にする実」をつくるものがたくさん知られています。有名なものとしてはリンゴ、モモ、イチゴなどがあります。
    果実とは、種子植物の花部が発達して生じた、種子を作る、多汁な果肉部分を持つ器官の一般的名称です。心皮と胚珠のみが発達したモモ、ウメ、やサクランボなどのような果実を真果、心皮や胚珠以外の部分も加わってできたリンゴやナシなどの果実を偽果と言って区別する場合もあります。

    「ヤン・ダーフィッツゾーン・デ・ヘーム作  花束と果実とプットー」
    「花束と果実とプットー」 ヤン・ダーフィッツゾーン・デ・ヘーム作  
    ヤン・ダーフィッツゾーン・デ・ヘーム(1606年 - 1684年)は、17世紀のオランダで活躍したバロックの画家。豊かな色彩と精密さが際立つ静物画で知られている。

    17世紀初頭の花卉・果物画は、ブーケは花の集合体としての描き方で、ポートレートスタイル、平面的でしたが、次第に明暗法を取り入れ立体的になり、光と影の遠近効果が表れます。 その後は、さらにいくつかの花にスポットライトをあて、際立った陰影をつけるライティング効果で描きます。茎の曲げや向きなど、自由自在に思うようにつくりあげ(プラスチック効果)、更なる陰影で奥行きを深めて宇宙空間をも表現します。 デザインにエレガンスが加わり、花はたおやかに、動きはキャスケードにえがかれ、芸術的にリズミカルなアラベスク、18世紀には超現実主義な絵となりました。
    『四季の精から贈り物を受け取るケレスと果実の花輪』(1621-22年) ヤン・ブリューゲルとヘンドリック・ファン・パーレン(共作) 
    『四季の精から贈物を受けるケレスと果実の花輪』(1622年) ヤン・ブリューゲルとH・F・パーレン(共作)黄金期作品
    ヤン・ブリューゲル (父)(1568年 – 1625年)はブラバント公国 (現在のベルギー)の画家。「ビロードのブリューゲル」(ビロードを思わせる色調から)、「花のブリューゲル」(好んで取り上げた)等とも呼ばれる

    オランダでこの時代に活躍した画家の一部は、マイセンで磁器の花果の絵付けに携わることになります。

    エンツゥィーステッドハンドル
    ケンドラー作 ノイエ・アウスシュニット型

    やはり花はマイセン。学校を出て 親方(マイスター)に弟子入した ペインターの卵たちが まず 最初に習うのが お花の絵です。一人前になっても 自然のお花を 工房に飾って 写生に 精を出します。マイセンでは お花を描くのは 旨くて当たり前なのです。果実も 花に負けてならじと 見事に写生されております。  

    3人の天才ヨハン-5 
    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168  20%Off  のお求めはコチラ
      
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。

      
     

  • マイセン 【花と果実】  兼用C/S-1 30%Off
    マイセン 【花と果実】  兼用C/S-1 30%Off
    196,350円

    本体価格: ¥255.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。

         
    ms.jpg
    ブランド箱 378円  ギフト包装用に正規代理店から購入

    ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、
    ジャック・オー・ランタン9
    ジャック・オー・ランタン
    子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
    キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある。
    ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタンを作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては トリック・オア・トリート「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。
    カトリック教会の諸聖人の日がハロウィンに重なる形で設定されており、これを「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を取り込んだ」とする見解と、「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を潰すために設定した」とする見解とがある。いずれにしてもハロウィンは元々キリスト教の祭では無かったことが両見解の前提となっている。
    ハロウィンの始まりはケルト人
    ハロウィンの始まりはケルト人
    サムハインのケルト祭 りにはいつも激しい盛り上がりがあり、昆虫やコウモリがこの地域に集まりました。そういうわけで、私たちは火事とコウモリの両方をハロウィンの歴史に当てはめています。

    「花と果実」は石坂洋次郎の小説作品。後に映画化、テレビドラマ化も為された。
    西伊豆から上京してきた女子大生・のぶ子の明るい学生生活と、その仲間・友人たちの成長過程と共に、浮気、親子の問題、学生結婚の問題、女同士の友情など様々な問題が絡む青春群像を描く。

    アルフォンス・ミュシャ 花と果物 春アルフォンス・ミュシャ 花と果物 秋
    春          アルフォンス・ミュシャ 花と果物             秋 
    アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860年 - 1939年)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるものである。多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。絵画の代表作として20枚から成る連作『スラヴ叙事詩』が挙げられる。

    マイセン 【花と果実】  兼用C/S 5柄各1客 の写真は こちらをクリック  してください。

    花と果実
    リンゴはバラ科の植物です。バラ科の植物には、私たちが「食用にする実」をつくるものがたくさん知られています。有名なものとしてはリンゴ、モモ、イチゴなどがあります。
    果実とは、種子植物の花部が発達して生じた、種子を作る、多汁な果肉部分を持つ器官の一般的名称です。心皮と胚珠のみが発達したモモ、ウメ、やサクランボなどのような果実を真果、心皮や胚珠以外の部分も加わってできたリンゴやナシなどの果実を偽果と言って区別する場合もあります。

    「ヤン・ダーフィッツゾーン・デ・ヘーム作  花束と果実とプットー」
    「花束と果実とプットー」 ヤン・ダーフィッツゾーン・デ・ヘーム作  
    ヤン・ダーフィッツゾーン・デ・ヘーム(1606年 - 1684年)は、17世紀のオランダで活躍したバロックの画家。豊かな色彩と精密さが際立つ静物画で知られている。

    17世紀初頭の花卉・果物画は、ブーケは花の集合体としての描き方で、ポートレートスタイル、平面的でしたが、次第に明暗法を取り入れ立体的になり、光と影の遠近効果が表れます。 その後は、さらにいくつかの花にスポットライトをあて、際立った陰影をつけるライティング効果で描きます。茎の曲げや向きなど、自由自在に思うようにつくりあげ(プラスチック効果)、更なる陰影で奥行きを深めて宇宙空間をも表現します。 デザインにエレガンスが加わり、花はたおやかに、動きはキャスケードにえがかれ、芸術的にリズミカルなアラベスク、18世紀には超現実主義な絵となりました。
    ヤン・ブリューゲル バン・バレン 「花と果実の輪に囲まれた聖家族」
    「花と果実の輪に囲まれた聖家族」 ヤン・ブリューゲル、バン・バレン 黄金期の作品。
    ヤン・ブリューゲル (父)(1568年 – 1625年)はブラバント公国 (現在のベルギー)の画家。「ビロードのブリューゲル」(ビロードを思わせる色調から)、「花のブリューゲル」(好んで取り上げた)等とも呼ばれる

    オランダでこの時代に活躍した画家の一部は、マイセンで磁器の花果の絵付けに携わることになります。

    エンツゥィーステッドハンドル
    ケンドラー作 ノイエ・アウスシュニット型

    やはり花はマイセン。学校を出て 親方(マイスター)に弟子入した ペインターの卵たちが まず 最初に習うのが お花の絵です。一人前になっても 自然のお花を 工房に飾って 写生に 精を出します。マイセンでは お花を描くのは 旨くて当たり前なのです。果実も 花に負けてならじと 見事に写生されております。  

    マイセン 【花と果実】  兼用C/S-1 35%Off   のお求めはコチラ

    MS 花と果実 210110 582 兼用 (1)1
    MS 花と果実 210110 582 兼用 (1)3 
    MS 花と果実 210110 582 兼用 (1)2MS 花と果実 210110 582 兼用 (1)4 どの小さい写真もクリックで拡大
    反対面         把手面

    マイセン 【  花 と 果実  】  ハロウィンフェア   お宝倉庫 に買い物籠  有ります。
    どの写真もクリックで拡大

    3人の天才ヨハン-5 
    1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)
    錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 
    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 
    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。


    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168 30%Off  のお求めはコチラ

    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大3  
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

  • マイセン 【果物模様・240210】  無花果 兼用C/S・582 20%Off
    マイセン 【果物模様・240210】  無花果 兼用C/S・582 20%Off
    96,800円

    本体価格: ¥110.000

    小さい写真をクリックすると 拡大します。


    各柄一客

      
    ms.jpg
    ブランド箱 385円  ギフト包装用に正規代理店から購入  

    マイセン 【果物模様】 白葡萄とプルーン,洋梨,  各1客の写真は こちらをクリック してください。

    イチジクの美容効果
    いちじく美ジュレ
    いちじく美ジュレサプリメント
    イチジクの栄養と効能
    おもな栄養成分(可食部100g中) カリウム(170mg)、食物繊維総量(1.9g)
    期待される効能
    高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、便秘改善
    イチジクは比較的多くカリウムを含んでいます。カリウムは血圧を下げる効果があるので、高血圧や動脈硬化などの予防に役立つでしょう。ペクチンをはじめとした食物繊維も多く含まれているので便秘改善にも期待できます。
    また、イチジクにはフィシンというタンパク質分解酵素が含まれています。食後のデザートとして食べれば消化を促進してくれるでしょう。切断部から出てくる白い液体にもタンパク質分解酵素は含まれていて、イボ取りなどの民間療法に使われています。

    いちじくは聖書で、一番はじめに名前の出る植物です。創世記の、アダムとエバが自分たちが裸であるのを知り、腰を覆ったその葉がいちじくの木の葉でした(創世記3章7節)。エデンの園の知恵の樹の実は「りんご」というのが一般的ですが、アダムとエバが腰を覆ったのがいちじくの葉であったことから、ユダヤ人は 知恵の樹の実は「いちじく」であるそうです。
    アダムとイブ

    イチジク(無花果、映日果)は、クワ科イチジク属の落葉高木、またはその果実のことである。原産地はアラビア南部。不老長寿の果物とも呼ばれる。
    「無花果」の字は、花を咲かせずに実をつけるように見えることに由来する漢語で、日本語ではこれに「イチジク」という熟字訓を与えている。
    「映日果」は、中世ペルシア語「アンジール」を当時の中国語で音写した「映日」に「果」を補足したもの。通説として、日本語名「イチジク」はこれの音読「エイジツカ」の転訛とする。
    伝来当時の日本では「蓬莱柿」「南蛮柿」「唐柿」などと呼ばれた。いずれも“異国の果物”といった含みを当時の言葉で表現したものである。
    属名 Ficus はイチジクを意味するラテン語。 ヨーロッパの多くの言語の「イチジク」はこの語に由来するものである。
    日本で栽培されているイチジクはほとんどが果実肥大に日本に分布しないイチジクコバチによる受粉を必要としない単為結果性品種である。
    殆どの種類の果実は秋に熟すと濃い紫色になる。食用とする部分は果肉ではなく小果と花托である。

    花や果物のピーテル・ウィレム
    花や果物のピーテル・ウィレム
    17世紀初頭の花卉・果物画は、ブーケは花の集合体としての描き方で、ポートレートスタイル、平面的でしたが、次第に明暗法を取り入れ立体的になり、光と影の遠近効果が表れます。 その後は、さらにいくつかの花にスポットライトをあて、際立った陰影をつけるライティング効果で描きます。茎の曲げや向きなど、自由自在に思うようにつくりあげ(プラスチック効果)、更なる陰影で奥行きを深めて宇宙空間をも表現します。 デザインにエレガンスが加わり、花はたおやかに、動きはキャスケードにえがかれ、芸術的にリズミカルなアラベスク、18世紀には超現実主義な絵となりました。
    ラッヘル・ライス(1664年 - 1750年) 「フルーツと昆虫」 ウッフィツィ美術館
    ラッヘル・ライス(1664年 - 1750年) 『果物』" 黄金期の作品。

    オランダでこの時代に活躍した画家の一部は、マイセンで磁器の花果の絵付けに携わることになります。

    エンツゥィーステッドハンドル
    ケンドラー作 ノイエ・アウスシュニット型

    やはり花はマイセン。学校を出て 親方(マイスター)に弟子入した ペインターの卵たちが まず 最初に習うのが お花の絵です。一人前になっても 自然のお花を 工房に飾って 写生に 精を出します。マイセンでは お花を描くのは 旨くて当たり前なのです。メインの果物も 花に負けじと 物の見事に写生されております。

    錬金術師-1
    詐術者の横行を 生み出しました。 彼らは 各国の王より 研究資金や 原材料費の 名目で多くの黄金を せしめました。黄金変成の 約束期日が近づくと 逃亡を企てるのですが,王の厳しい追跡に ほとんどが捕まり 極刑に処せられました。ベトガーは 小さい頃から 利発な子で 語学や数学を会得すると 化学に興味を持ちました。ベルリンの 薬剤師の徒弟になった ベトガーは 師から1通りの知識を 吸収すると,周りの反対を押し切って 賢者の石の秘法 発見の道へと のめり込んで行きました。研究資金を得る為に 内輪の人に 変成実験を して見せました。実験は トリックを使ったのか 成功しました。彼の固い口止にも拘わらず いつしかプロイセン王フリードリヒ(フリードリヒ大王の祖父)の耳に 入ってしまいました。王からの呼び出しに 成功のいかがわしさが 露見するのを恐れ ザクセン領へ逃亡しました。手から黄金を 零した思いの フリードリヒは ベトガー逮捕に ザクセン領へ出兵しました。1犯人の逮捕に 兵まで出す異常をいぶかった ザクセン王アウグストは ベトガーが 有望な錬金術師と知り フリードリヒへの引渡しを 拒否しました。喧嘩腰のプロイセンに対し アウグストは ベトガーの出生地が ザクセン領であるから自分の臣民であるとの主張をし 大戦を避けた上 錬金術師を得たのです。1701年11月のことでした・・・・・・・

    「欧州磁器戦争史 錬金術師-1 」 詳しくは コチラをクリック  してください。

    磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1~2世紀に 端を発します。
    古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。それまでにも アラブの玄関口であるイタリアには シルクロード経由で 先に入手していた アラブの王様から 自分の威光を 誇る 贈り物として 入ってきておりましたが 東洋からのものと 判明したのは マルコポーロによります。この時 彼は 完品は高すぎて手が出ず 破片を 持ち来ったそうです。 ヨーロッパにおける 磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが 曇ったガラス球に終わりました。同じ16世紀に フィレンツェ大公(富豪メディチ家)は 砂 ガラス水晶粉を 粘土と混ぜた見事な焼き物(軟質磁器)に成功するのですが やはり 東洋の秘法による白い黄金には とても及びませんでした。その後も 欧州各地で 白い黄金の焼成が 試みられますが 総て 陶工達によるものでした。 磁器のガラス質に 惑わされた彼らの せいぜい成功らしきものでも 随分 白い黄金には 見劣りのする 軟質磁器(ヴァンサンヌに続く セーヴルでも フリット軟質磁器)どまりでした。一方  本家中国の景徳鎮で 14世紀には 磁器最後の姿 染付の完成を見ます。東洋では 千数百年の長きにわたる 多くの職人達の 勘と経験を 積み重ねた 結晶の賜物として 花開きました。片や西洋では 憧れの白磁を 科学的に分析することで 錬金術師(中世における 科学者の呼称)ベトガーは わずか3~5年で 1710年に完成させました。ザクセン王国 宮廷科学顧問官 チルンハウス(彼とて 多くの陶工と変わらず 磁器のガラス質に惑わされ 軟質磁器の研究に 堕しておりました。化学的変成にこだわり 分析と 実験の王道により 白磁を極めたベトガーは やはり非凡の天才でした。)の 白磁研究の基礎に 助けられたとはいえ 西洋科学分析手法の 優越性は ベトガーへの個人的資質の賞賛のみにとどまらず 明治維新の日本でも 優れた西洋科学として 競って受け入れられました。今や 日本をはじめ 東洋は 西洋を 凌駕せんばかりの 勢いです。
    少し理屈っぽくなりましたが 磁器をめぐり 東洋と西洋の違いを 言ってみたかったのです。

  • マイセン 【果物模様】  白葡萄とプルーン 20%Off
    マイセン 【果物模様】  白葡萄とプルーン 20%Off
    9,680円

    本体価格: ¥110.000

    小さい写真をクリックすると 拡大します。

                         


    通常15%Off  祝母の日フェア  (本日~ 5/10) 20%Off      

    ms.jpg
    ブランド箱 385円  ギフト包装用に正規代理店から購入

    マイセン 【果物模様】 無花果,白葡萄とプルーン,洋梨,  のお求めはコチラ  

    ヨース・ヴァン・クレーヴ
    『聖母マリアと赤子』 ヨース・ファン・クレーフェ(1485年頃 - 1540年頃)は、フランドルの画家。生涯については謎が多く、確定していることは少ない。
    聖母子像によく描かれる葡萄です。
    ヨース・ヴァン・クレーヴ 聖母子
    『聖母マリアと赤子』 ヨース・ファン・クレーヴ ナショナル・ギャラリー  これが正解とすると上掲はフェイク
    16世紀初頭にフランドル地方で活躍した:ヨース・ファン・クレーヴ (1480-1540/41 ) バロック

    ブドウの栽培化の歴史は古く、紀元前3000年頃には原産地であるコーカサス地方やカスピ海沿岸で 既にヨーロッパブドウ栽培が開始されていた。ワイン醸造は早くから、メソポタミア文明や古代エジプトでもワインは 珍重されていた。メソポタミアでは 気候や土壌的にブドウ栽培が困難なため、ワインの多くは輸入されたものだった。古代ギリシアではワインのためのブドウ栽培が大々的に行われ、ギリシア人が植民した地域でもブドウ園が各地に開設された。ギリシアを支配したローマ帝国時代には ワインは帝国中に広まり、ブドウ栽培も帝国各地で行われた。ローマ人は特にガリアやラインラントにブドウを導入し、現在でもこの地域はブドウの主要生産地域となっている。ローマ帝国崩壊後の政治の混乱からブドウ栽培は衰退したが、各地の修道院などで少量ながら生産が維持され、やがて政情が安定すると再び栽培が盛んとなった。
    葡萄
    甲州の実(勝沼町)
    日本で古くから栽培されている甲州種は、中国から輸入された東アジア系ヨーロッパブドウが自生化したものが、鎌倉時代初期に甲斐国勝沼(現山梨県甲州市)で栽培が始められ、明治時代以前は専ら同地近辺のみの特産品として扱われてきた(ヤマブドウは古くから日本に自生していたが別種である)。文治2年(1186年)に甲斐国八代郡上岩崎村の雨宮によって発見され、栽培がはじまった。甲州の栽培は徐々に拡大し、正和5年(1316年)には岩崎に15町歩、勝沼に5町歩の農園ができた。江戸時代に入ると甲府盆地、特に勝沼町が中心となり、甲州名産の一つに数えられるようになった。松尾芭蕉が「勝沼や 馬子も葡萄を食ひながら」との句を詠んだのもこのころである。日本にあった在来の品種も栽培されていたが、少なくなっている。その後、明治時代に入ると欧米から新品種が次々と導入されるようになった。アメリカブドウの多くは 生食用果実の栽培が主で デラウェアとキャンベル・ア-リーが主要品種となった。

    17世紀初頭の花卉・果物画は、ブーケは花の集合体としての描き方で、ポートレートスタイル、平面的でしたが、次第に明暗法を取り入れ立体的になり、光と影の遠近効果が表れます。 その後は、さらにいくつかの花にスポットライトをあて、際立った陰影をつけるライティング効果で描きます。茎の曲げや向きなど、自由自在に思うようにつくりあげ(プラスチック効果)、更なる陰影で奥行きを深めて宇宙空間をも表現します。 デザインにエレガンスが加わり、花はたおやかに、動きはキャスケードにえがかれ、芸術的にリズミカルなアラベスク、18世紀には超現実主義な絵となりました。
    ラッヘル・ライス(1664年 - 1750年) 『果物』
    ラッヘル・ライス(1664年 - 1750年) 『果物』" 黄金期の作品。
    オランダでこの時代に活躍した画家の一部は、マイセンで磁器の花果の絵付けに携わることになります。

    エンツゥィーステッドハンドル
    ケンドラー作 ノイエ・アウスシュニット型

    やはり花はマイセン。学校を出て 親方(マイスター)に弟子入した ペインターの卵たちが まず 最初に習うのが お花の絵です。一人前になっても 自然のお花を 工房に飾って 写生に 精を出します。マイセンでは お花を描くのは 旨くて当たり前なのです。メインの果物も 花に負けじと 物の見事に写生されております。

    錬金術師-5
    ベトガーにとって 世俗的な白い黄金の 秘法成就は ある達成感は 有りましたが 彼が求める 賢者の石を思えば 科学的才能の浪費であり 心から喜べなかったようです。彼は 実験室の壁に 自虐的に書いております。「創造主たる神は 錬金術師を 陶工にしたもうた」

    ベトガーは 工場監督に任命され 休む間もなく 赤色磁器(朱泥セッ器)や白磁の商品化に 追い回されました。王としては 戦費などで 枯渇した国家財政を 立て直す必要から ベトガーに注ぎ込んだ投資金の回収と あがるべき莫大な利益を 目論んだのです。しかし 商品化には これまでの 苦労以上のものが待ち受けておりました。赤色磁器は 今までの窯業界が 経験したことのない 硬質性を有し ベトガーは 新しい強力な研磨機の 開発に迫られ これを 成し遂げました。この研磨機は その後 宝石業界にも 寄与する所となりました。

    白磁を焼くのにも 従来の窯では 安定した高温を得がたく ベトガーは 新耐火煉瓦を使った 大型の窯を 開発しました。それから1世紀 この窯を しのぐものの 出現はありませんでした。この2例を見ても やはりベトガーは 素晴らしい 科学技術者でありました・・・・・・
                               
    「欧州磁器戦争史  錬金術師 ベトガー 5」 詳しくは コチラをクリック してください。

    磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1~2世紀に 端を発します。
    古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。それまでにも アラブの玄関口であるイタリアには シルクロード経由で 先に入手していた アラブの王様から 自分の威光を 誇る 贈り物として 入ってきておりましたが 東洋からのものと 判明したのは マルコポーロによります。この時 彼は 完品は高すぎて手が出ず 破片を 持ち来ったそうです。 ヨーロッパにおける 磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが 曇ったガラス球に終わりました。同じ16世紀に フィレンツェ大公(富豪メディチ家)は 砂 ガラス水晶粉を 粘土と混ぜた見事な焼き物(軟質磁器)に成功するのですが やはり 東洋の秘法による白い黄金には とても及びませんでした。その後も 欧州各地で 白い黄金の焼成が 試みられますが 総て 陶工達によるものでした。 磁器のガラス質に 惑わされた彼らの せいぜい成功らしきものでも 随分 白い黄金には 見劣りのする 軟質磁器(ヴァンサンヌに続く セーヴルでも フリット軟質磁器)どまりでした。一方  本家中国の景徳鎮で 14世紀には 磁器最後の姿 染付の完成を見ます。東洋では 千数百年の長きにわたる 多くの職人達の 勘と経験を 積み重ねた 結晶の賜物として 花開きました。片や西洋では 憧れの白磁を 科学的に分析することで 錬金術師(中世における 科学者の呼称)ベトガーは わずか3~5年で 1710年に完成させました。ザクセン王国 宮廷科学顧問官 チルンハウス(彼とて 多くの陶工と変わらず 磁器のガラス質に惑わされ 軟質磁器の研究に 堕しておりました。化学的変成にこだわり 分析と 実験の王道により 白磁を極めたベトガーは やはり非凡の天才でした。)の 白磁研究の基礎に 助けられたとはいえ 西洋科学分析手法の 優越性は ベトガーへの個人的資質の賞賛のみにとどまらず 明治維新の日本でも 優れた西洋科学として 競って受け入れられました。今や 日本をはじめ 東洋は 西洋を 凌駕せんばかりの 勢いです。
    少し理屈っぽくなりましたが 磁器をめぐり 東洋と西洋の違いを 言ってみたかったのです。

1

(カテゴリー内 : 8点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索