カテゴリー

全件表示 (5082) 福袋 (16) 新入荷商品 (116) 祝新入学・新入社フェア (136) みどりの日フェア (84) アウガルテン (89) アビランド (395) アラビア (5) ウェッジウッド (1087) エインズレイ (50) エルメス (146) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (25) スポード/ダッチェス (27) スワロフスキー (88) バカラ (244) ビレロイボッホ (10) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (59) ブルガリ・ローゼンタール (36) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (434) ボヘミア (65) ホヤ (17) マイセン (486) 赤葡萄・白葡萄/ その他 (1) 青い花 (15) アフロディテ (6) アラビアンナイト千夜一夜 (8) アルペンフローラ/ フローラ (14) イヤーズプレート (22) 1996年復刻イヤープレート (8) 記念/ メモリアル・プレート (8) イェロー・オレンジローズ・バラと忘れな草 (2) インドの花・各色 柿右衛門写し (13) ヴァインリーフ/ 柊南天染付ゴールド (2) X / B・フォーム (13) 花鳥虎文・402110  (1) 果物模様/ 花と果実/ フルーツと花 (8) 御所車花模様 (6) シノワズリ緑龍/ ミング(明代)ドラゴン (4) 写実的な花/ ドイツの花 (3) シャドウフラワー/ 柊南天金彩 (8) ジャポネズリ・ストローフラワー (4) 祝祭舞踏会/ マルガリータ (2) 松竹梅柴垣鳥文・455110  (1) 松竹梅虎文・401110  (1) スキャタードフラワー(散らし小花) (4) スワンサービス/ ワトーグリーン (4) そよ風/ ベゴニア/ 森の声 (8) 太湖石に花鳥文・341110 (1) 中国蝶文・393110  (1) 東洋の伝説動物・571310  鳥と小蝶/ マイセンバード (7) 波の戯れホワイト (15) 花と蝶/ リアルな花と蝶 (5) 昼顔/ ローゼンブーケ (5) 二つ花 (39) プラチナコバルト (4) ブルーオーキッド (19) ブルーオニオン (44) ホワイトレリーフ (6) マイセンのバラ (2) 真夏の夜の夢 (16) 三つ・四つ・五つ・六つ 花 (10) 水辺の動物・花 (7) 緑の花束 (6) メロディードラゴン (8) (様式的な花)ドイツブルメン (7) 龍と鳳凰文 (6) 和風花鳥文金彩・465110  (1) マイセンVIP/ロゴ (11) マイセン特撰・限定洋食器 (23) マイセン特撰限定ベース (20) マイセン特撰限定オブジェ・キャンドルスタンド (11) マイセン磁板画 (19) マイセン人形 (27) ミントン (41) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (846) リヤドロ (55) レイノー (5) ローゼンタール (5) ロイヤルアルバート (57) ロイヤルウースター (28) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (434) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

マイセン > 波の戯れホワイト

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • マイセン 【波の戯れホワイト000000】 エスプレッソC/S 100cc+22.5cmプレート 20%Off
    マイセン 【波の戯れホワイト000000】 エスプレッソC/S 100cc+22.5cmプレート 20%Off
    16,280円

    本体価格: ¥18.500


    小さい写真をクリックすると 拡大します。

              
    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが どうやら新品は お熟成アインにしか無いようです。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で10%ffがせいぜいです。
    それではお熟成アインには 何故 あるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お熟成アインの真骨頂 ! !

    ピカピカの 新品です。 

    1905年に出版されたスコアの表紙
    スコアの表紙
    1905年に出版されたスコアの表紙には、葛飾北斎の浮世絵である冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が使用された。これはドビュッシーの、あるいは当時のパリの東洋趣味を象徴するものとしてよく知られている。
    『海 - 管弦楽のための3つの交響的素描』は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1905年に作曲した管弦楽曲。題名の通り、海の情景を表した標題音楽であり、交響詩『海』とも呼ばれる。ドビュッシーの最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品であり、近代音楽史上最も重要な作品の1つである。この作品の次作にあたる管弦楽のための『映像』の作曲中にドビュッシーは、「音楽の本質は形式にあるのではなく色とリズムを持った時間なのだ」と語っているが、本作はこの言葉を裏付ける「音楽」である。演奏時間は約23分。
    ドビュッシーはペレアスとメリザンドの成功で作曲家としての名を楽壇に轟かせた一方、私生活では、1904年妻リリーを捨て、著名な銀行家の妻であったエマ・バルダックと駆け落ちをするというスキャンダルを起こしたのである。これはリリーの自殺未遂にまで発展し、友人の多くがドビュッシーを離れ、彼は世間の批判の矢面に立たされる結果となった。皮肉にも、この作品は、その後の生涯の伴侶となるエマとの生活における第一作となった。完成したのは1905年3月5日、ロンドン近郊、ドーヴァー海峡に面したイースト・ボーンの海辺においてである。
    初演は、1905年10月15日、カミーユ・シュヴィヤール指揮のコンセール・ラムルー管弦楽団によって行われた。 前述したエマとのスキャンダルが冷めやらぬなか、オーケストラの団員は作品に背を向けたため、演奏の出来は芳しいものではなかった。聴衆、批評家たちの反応も賛否両論であり、彼らは、この作品が「海」らしくなく、「ペレアスとメリザンド的」なドビュッシーの音楽ではないことに面食らったようである。
    しかし、3年後の1月19日、作曲者自身の指揮、コロンヌ管弦楽団によって行われた再演では、この作品の真価が認められ、以後、主要な管弦楽作品として定着するとともに、印象主義音楽、20世紀音楽を代表する傑作としての評価が確定することとなった。

    日本にもある 「波の戯れ」 箏曲
    静かな曲調、怪しい曲調、激しい曲調と表情豊か。民謡「金比羅」をモチーフにした、なんだか怪しげな雰囲気のある曲。
    前から知っていたのですがいい写真がありません。
    能登・琴ヶ浜、波のたわむれ
    ある平家の姫が、壇ノ浦の源平の戦に敗れこの地に流れ着いた。その時村人に助けられたお礼に、姫は毎日琴を奏でていた。その姫が亡くなると、砂浜が琴の音のように鳴くようになった。それ以来その姫を琴姫、この浜を琴ヶ浜と呼ぶようになったと云う。
    いい写真 ありそうでないんですねぇ。
    琴ヶ浜のイメージ
    琴ヶ浜のイメージ ? いい写真 見つけました ?

    ピカピカの 新品です。 

    ヴェレンシュピール
    ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波 一面に さざ波を表現した 作品集です。

    20151018130533_00001.jpg 
    ザビーネ・ワックス女史
    マイセンの未来を着実に描き続け ヴェレンシュピールの中で 古典的なマイセンの世界に 独自の感性で自然を表現し 彼女ならではの細やかな表情を実現させました。伝統と若い感性のコラボレートにから生まれたこのシリーズによってマイセンはまた新しい「スタンダード」を誕生させました。
    MS 2002限定 650084 ヴードゥー多彩色 
    MS 2002限定 819987 ヘロルト 拡大
    世界限定 22金ロゴ
    マイセン・ヴードゥー・650084 2002年(パーワイズ 夫婦和み年) 6ピースカップセット 世界限定 22金ロゴ  のお求めはコチラ

    偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
    新グロッサー・アウシュニット型「ブルーオーキッド」などが ここから生まれました。

    1975年には 更に若い世代による クンストラー・コレクティヴが 立ち上げられ ヴェレンシュピール型 「波の戯れ」や「青い花」を 生み出しております。

    3人の天才ヨハン-5 
    1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)
    錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 
    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 
    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。

    1817 緑色の染付顔料 酸化クロム発明
    1827 グランツゴールド 金彩を完成 H・G・キューン
    1833ごろから 銅版転写染付・印判手
    1839 焼成燃料に 石炭
    1852 虹色のシラー彩(ラスター) H・G・キューン
    1853 蒸気機関 採用
    1860~1865 新トリービッシュタール工場へ移転18世紀、中国の泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立した 此の世のものとは思えぬほど 美しいパテ・シュール・パテ技法を 1873年ウィーン博覧会で目の当たりにした ハインツェ博士は 大いなる刺激を受け 永い研鑽の末 1878年にマイセンも会得。 これは 当時 セーヴルの後塵を 拝し出していた マイセンにとって 一大事件でもありました。

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168 30%Off  のお求めはコチラ

    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大3  
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。殆どの業者さんが 仏ブルボン王朝の放蕩王ルイ15世が 寵姫ポンパドール夫人の美の追求に湯水のごとく大枚をつぎ込み 美の権化と詠われたセーヴルの名声にあやかり あたかもセーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作したかに箔付けをして高価を詠います。実際は セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺をご覧になればお判りのように 元祖 中国泥彩画と余り変わりません。マイセン・翠の月 パテ・シュール・パテをご覧になればお判りのように 発展開花は20世紀になってからですが もうこの域になると 本家中国泥彩画をはるかに凌駕しております。セーヴルに追い抜かれた恐怖からとはいえ マイセンのハインツェ博士でも セーヴルを過大視されたほどですから 商売人にあっては 名窯セーヴルのルイ・ソロンを引き合いに 誇大宣伝したいのでしょう。山高きが故に 貴からず。セーヴルが ルイソロンが故に 高貴なのではありません。多くの先史時代や産業革命前の時代の文化で、スリップウェアが作製されている。最古のものは紀元前5000年の古代中国や古代中東で作られた。その後、アフリカの多くの地域、南北アメリカ大陸の先住民の間や、初期の朝鮮半島、ミケーネ文明、古代ギリシアの陶芸、イスラームの陶芸、
    ヨーロッパなどで建築の壁の装飾に使われたズグラッフィート,
    ズグラッフィート2
    ブリュッセルの壁画は、「ズグラッフィート」2層漆喰(泥漿)を重ね塗りと、掻き落としの装飾技法。(巷にあふれる「セーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作」は誇大宣伝。この名画と言えど古代ローマのポートランドの壺やカメオと同技法)
    17~18世紀のイギリスでの重厚な陶器スリップウェアの釉薬と組み合わた 戯画風トフト皿や日本人好みの櫛目文にパテ・シュール・パテの萌芽が見られ もちろんアンダーグレースです。
    イギリス スリップウェア鳥文鉢
    イギリス スリップウェア鳥文鉢 1769
    ヘレンドでも 1860~1870年ごろには スリップ状磁土を盛り上げ鱗文(トゥッピーニーの角笛)を加飾しております。
    19世紀末 KPMのテオドールヘルマンは ズグラッフィート(パテシュールパテ)を独自に応用開発しておりました。
    20世紀のリチャードジノリでも パールブルーにある 私命名の粉彩リングは 中国の泥彩由来のパテシュールパテの転写版です。粉彩は主に水泥(スリップ状磁土)を地に施したものです。 陶器などでは普通に行われていた自然釉期待の素焼をヒントにしたのか マイセンが 18世紀の中世を席捲したウェッジウッドのジャスバーに対抗して焼き締め陶器(ハードストーンウェア)に先祖返りしたのがビスク焼と呼んでいるものです。
    市川光鶴展 「ズグラッフィート」
    21世紀 【市川光鶴展】 「ズグラッフィート」 何層にも色を重ね、掻き出して下地の色を出す手法です。
    ただ ソロンの創作ではないが より絵画的表現への進歩 ハインツェ博士から L・シユトルムに至り ついにはG・アーノルドに至る芸術への昇華 これがすばらしいのです。洋食器愛好家には 高価を詠う宣伝にまやかされず 美術品を正しく理解・鑑賞してもらうために 中傷誹謗の恐れを 敢えて言わせてもらいます。 
    豆彩 闘彩 五彩 青花染付 粉彩 雑彩 剔花 泥彩画etc.まだまだ 中国は実に懐深い。

    セーブルがパテ・シュール・パテ技法を創作といったかどうかは知りませんが マイセンのハインツェ博士も  セーブルの創作と思って 後塵を拝している決定的一大事件と思い 約10年間の研究の末 パテ・シュール・パテ技法を習得し セーヴルに追いついたとマイセンあげて喜びました。

    象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文
    中国泥彩象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文(遠景の山々は白泥) 

    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 
    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 ジュール・アンドレア作
    初期のセーブル窯パテ・シュール・パテは 中国泥彩とあまり大差はありません。

    ミントンは 大陸の王立窯 特にフランスのセーヴルから 工芸家を招聘して 腕に磨きをかけておりました。工場内では 英語に引けを取らないぐらいフランス語が飛び交っておりました。1871年 ルイ・ソロン(18世紀、中国人により編み出された泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立したパテ・シュール・パテ技法)を招聘して 美しいパテ・シュール・パテ技法を マイセンに先駆けて 自家薬籠中のものにして 更に 世界の王侯貴族をうならす 貴族趣味の芸術品をものにした 「パテ・シュール・パテのミントン」の名声は セーヴルを 出し抜くほどでした。)

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

    1918 第1次世界大戦末期 ザクセン王国瓦解 マイセンは 国立窯に

    大英博物館 「北斎ー富士を超えてー」 10月6日~11月19日 あべのハルカス美術館
    大英博物館とハルカス美術館が国際強度プロジェクトとして企画した展覧会。江戸後期の浮世絵師であり肉筆画の名手としても知られる葛飾北斎(1760-1849)。七十年に及ぶ画業から 晩年の三十年間の作品から 約二百点を紹介する。日,英,米,仏,蘭の五か国から代表作柄ばれている
    ロンドンの新聞や雑誌に競うように「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が掲載され 見出しには "The Great Wave"が躍った。大英博物館で開かれ 三か月足らずで 15万人近くを集めた感興を伝える美術評である。
    還暦を過ぎたころからは「画狂老人卍」と名乗り 傑作をものにした。絵には「百」の印(百歳まで生き 絵の道を究め神の領域を目指したい)が押され 北斎の情念が込められている。
    江戸で生まれ育ち 絵具を買う金には糸目は就けないが 衣食住には無頓着で 襤褸を着て ゴミだらけの借家で暮らした。手が付けられなくなると 引っ越し それを二十回も繰り返した。そんな晩年を三女のお栄が共に暮らした。お栄は葛飾応為と号し 父を支えた絵師であった。
    吉原格子先図
    「吉原格子先之図」 1840-54 葛飾応為

  • マイセン 【波の戯れホワイト】 コーヒーC/S 180cc・22.5cmプレート  20%Off
    マイセン 【波の戯れホワイト】 コーヒーC/S 180cc・22.5cmプレート  20%Off
    16,720円

    本体価格: ¥19.000


    小さい写真を クリックすると 拡大します。        

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか手が出ないようです。 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で10%ffがせいぜいです。
    それではお熟成アインは 何故多くの割引ができるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お熟成アインの真骨頂 ! !

    ピカピカの 新品です。 

    「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 葛飾北斎1823年~1835年
    1905年に出版されたスコアの表紙には、葛飾北斎の浮世絵である冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が使用された。これはドビュッシーの、あるいは当時のパリの東洋趣味を象徴するものとしてよく知られている。
    富嶽
    『海 - 管弦楽のための3つの交響的素描』は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1905年に作曲した管弦楽曲。題名の通り、海の情景を表した標題音楽であり、交響詩『海』とも呼ばれる。ドビュッシーの最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品であり、近代音楽史上最も重要な作品の1つである。この作品の次作にあたる管弦楽のための『映像』の作曲中にドビュッシーは、「音楽の本質は形式にあるのではなく色とリズムを持った時間なのだ」と語っているが、本作はこの言葉を裏付ける「音楽」である。演奏時間は約23分。
    この作品は1903年の夏に着手された。この頃ドビュッシーはブルゴーニュ地方にある妻リリー・テクシーの実家にいた。この年の9月12日付の手紙でアンドレ・メサジェ宛に、この作品に取りかかったこと、この作品が、「サンギネールの島々の美しい海」、「波の戯れ」、「風が海を踊らせる」という副題を持つ3つの楽章から構成されることを伝えている。同じ手紙の中で彼は、自分が今いるブルゴーニュから海は見えないが、記憶の中の海の方が現実よりも自分の感覚には合っていると述べている。尚、実際に書き上がった作品では、これらの副題は外され、「海の夜明けから真昼まで」 「波の戯れ」 「風と海との対話」というタイトルが付された。
    しかし、実際にはこの作曲は難航した。ドビュッシーはペレアスとメリザンドの成功で作曲家としての名を楽壇に轟かせた一方、私生活では、1904年妻リリーを捨て、著名な銀行家の妻であったエマ・バルダックと駆け落ちをするというスキャンダルを起こしたのである。これはリリーの自殺未遂にまで発展し、友人の多くがドビュッシーを離れ、彼は世間の批判の矢面に立たされる結果となった。皮肉にも、この作品は、その後の生涯の伴侶となるエマとの生活における第一作となった。完成したのは1905年3月5日、ロンドン近郊、ドーヴァー海峡に面したイースト・ボーンの海辺においてである。
    初演は、1905年10月15日、カミーユ・シュヴィヤール指揮のコンセール・ラムルー管弦楽団によって行われた。 前述したエマとのスキャンダルが冷めやらぬなか、オーケストラの団員は作品に背を向けたため、演奏の出来は芳しいものではなかった。聴衆、批評家たちの反応も賛否両論であり、彼らは、この作品が「海」らしくなく、「ペレアスとメリザンド的」なドビュッシーの音楽ではないことに面食らったようである。
    しかし、3年後の1月19日、作曲者自身の指揮、コロンヌ管弦楽団によって行われた再演では、この作品の真価が認められ、以後、主要な管弦楽作品として定着するとともに、印象主義音楽、20世紀音楽を代表する傑作としての評価が確定することとなった。

    美女波の戯れ
    波と戯る美女

    『一握の砂』 石川啄木
    東海の 小島の磯の 白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる  
    蟹
    頬につたふ なみだのごはず 一握の 砂を示しし 人を忘れず
    いのちなき 砂のかなしさよ さらさらと 握れば指の あひだより落つ
    たはむれに 母を背負ひて そのあまり 軽きに泣きて 三歩あゆまず
    はたらけど はたらけど猶 わが生活 楽にならざり ぢつと手を見る

    石川 啄木(いしかわ たくぼく、1886年(明治19年) - 1912年(明治45年))は、日本の歌人、詩人。
    金田一京助は、自身が結婚するまで、友人として啄木に金銭を含むさまざまな支援をしている。
    「ローマ字日記」を著す。ローマ字の記述全文が翻字され公刊されたのは、啄木死後70年近くを経た1970年代の全集出版時からである。それまで一部が伏せられていたのは、浅草に通い娼妓と遊んだ件が赤裸々に描写されていたためである。「彼の借金のほとんどはこうした遊興に費やされ、それが為の貧困だった」と、金田一春彦は語っている。
    1911年 宮崎 郁雨が妻節子に送った無記名の手紙に「君一人の写真を撮って送ってくれ」とあったのを読み、これを妻の不貞と採った啄木は節子に離縁を申し渡すと共に、郁雨と絶交することを告げた。
    啄木は所謂「たかり魔」で、困窮した生活故に頻繁に友人知人からお金をせびっていた。啄木は友人宛の手紙で蒲原有明を「余程食へぬやうな奴だがだましやすい」、薄田泣菫や与謝野鉄幹を「時代おくれの幻滅作家」と記すなど、自身が影響を受けたり世話になった作家を侮辱したほか、友人からの援助で生活を維持していたにも関わらず「一度でも我に頭を下げさせし 人みな死ねと いのりてしこと」と詠んだ句を遺すなど傲慢不遜な一面もあった。
    1912年4月13日午前9時30分頃、小石川区久堅町にて肺結核のため死去。妻、父、友人の若山牧水に看取られている。26歳没。

    ピカピカの 新品です。 

    ヴェレンシュピール
    ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても
    楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波 一面に さざ波を表現した 作品集です。

    20151018130533_00001.jpg 
    ザビーネ・ワックス女史
    マイセンの未来を着実に描き続け ヴェレンシュピールの中で 古典的なマイセンの世界に 独自の感性で自然を表現し 彼女ならではの細やかな表情を実現させました。伝統と若い感性のコラボレートにから生まれたこのシリーズによってマイセンはまた新しい「スタンダード」を誕生させました。
    MS 2002限定 650084 ヴードゥー多彩色MS 2002限定 819987 ヘロルト 拡大
    世界限定 22金ロゴ 
    マイセン・ヴードゥー・650084 2002年(パーワイズ 夫婦和み年) 6ピースカップセット 世界限定 22金ロゴ  のお求めはコチラ

    偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
    新グロッサー・アウシュニット型「ブルーオーキッド」などが ここから生まれました。

    1975年には 更に若い世代による クンストラー・コレクティヴが 立ち上げられ ヴェレンシュピール型 「波の戯れ」や「青い花」を 生み出しております。

    3人の天才ヨハン-5 
    1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)
    錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 
    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 
    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。

    1817 緑色の染付顔料 酸化クロム発明
    1827 グランツゴールド 金彩を完成 H・G・キューン
    1833ごろから 銅版転写染付・印判手
    1839 焼成燃料に 石炭
    1852 虹色のシラー彩(ラスター) H・G・キューン
    1853 蒸気機関 採用
    1860~1865 新トリービッシュタール工場へ移転18世紀、中国の泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立した 此の世のものとは思えぬほど 美しいパテ・シュール・パテ技法を 1873年ウィーン博覧会で目の当たりにした ハインツェ博士は 大いなる刺激を受け 永い研鑽の末 1878年にマイセンも会得。 これは 当時 セーヴルの後塵を 拝し出していた マイセンにとって 一大事件でもありました。

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168 30%Off  のお求めはコチラ
      
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。殆どの業者さんが 仏ブルボン王朝の放蕩王ルイ15世が 寵姫ポンパドール夫人の美の追求に湯水のごとく大枚をつぎ込み 美の権化と詠われたセーヴルの名声にあやかり あたかもセーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作したかに箔付けをして高価を詠います。実際は セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺をご覧になればお判りのように 元祖 中国泥彩画と余り変わりません。マイセン・翠の月 パテ・シュール・パテをご覧になればお判りのように 発展開花は20世紀になってからですが もうこの域になると 本家中国泥彩画をはるかに凌駕しております。セーヴルに追い抜かれた恐怖からとはいえ マイセンのハインツェ博士でも セーヴルを過大視されたほどですから 商売人にあっては 名窯セーヴルのルイ・ソロンを引き合いに 誇大宣伝したいのでしょう。山高きが故に 貴からず。セーヴルが ルイソロンが故に 高貴なのではありません。多くの先史時代や産業革命前の時代の文化で、スリップウェアが作製されている。最古のものは紀元前5000年の古代中国や古代中東で作られた。その後、アフリカの多くの地域、南北アメリカ大陸の先住民の間や、初期の朝鮮半島、ミケーネ文明、古代ギリシアの陶芸、イスラームの陶芸、
    ヨーロッパなどで建築の壁の装飾に使われたズグラッフィート,
    ズグラッフィート2
    ブリュッセルの壁画は、「ズグラッフィート」2層漆喰(泥漿)を重ね塗りと、掻き落としの装飾技法。(巷にあふれる「セーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作」は誇大宣伝。この名画と言えど古代ローマのポートランドの壺やカメオと同技法)
    17~18世紀のイギリスでの重厚な陶器スリップウェアの釉薬と組み合わた 戯画風トフト皿や日本人好みの櫛目文にパテ・シュール・パテの萌芽が見られ もちろんアンダーグレースです。(イギリス スリップウェア鳥文鉢 1769)
    ヘレンドでも 1860~1870年ごろには スリップ状磁土を盛り上げ鱗文(トゥッピーニーの角笛)を加飾しております。
    19世紀末 KPMのテオドールヘルマンは ズグラッフィート(パテシュールパテ)を独自に応用開発しておりました。
    20世紀のリチャードジノリでも パールブルーにある 私命名の粉彩リングは 中国の泥彩由来のパテシュールパテの転写版です。粉彩は主に水泥(スリップ状磁土)を地に施したものです。 陶器などでは普通に行われていた自然釉期待の素焼をヒントにしたのか マイセンが 18世紀の中世を席捲したウェッジウッドのジャスバーに対抗して焼き締め陶器(ハードストーンウェア)に先祖返りしたのがビスク焼と呼んでいるものです。
    20170520MS_00001.jpg
    マイセン ウェッジウッドのネオクラシックの華 ジャスパー・エトラスカンダンサーをビスク焼で模倣。1817~24。
    ただ ソロンの創作ではないが より絵画的表現への進歩  ハインツェ博士から L・シユトルムに至り ついにはG・アーノルドに至る芸術への昇華 これがすばらしいのです。洋食器愛好家には 高価を詠う宣伝にまやかされず 美術品を正しく理解・鑑賞してもらうために 中傷誹謗の恐れを 敢えて言わせてもらいます。 
    豆彩 闘彩 五彩 青花染付 粉彩 雑彩 剔花 泥彩画etc.まだまだ 中国は実に懐深い。

    1773年頃の エトラスカン・ダンサーズ・プラクウ ウェッジウッド美術館蔵
    1773.jpg
    本日 私は大変なことに気が付きました。ヨーロッパ中を席捲したこのジャスバーウェアーこそ 紛れもなく パテシュールパテ そのものです。筆描きアンダーグレースと型押し無施釉の違いはありますが 100年も前にジョサイアは ルイ・ソロンをはるかに絵画的表現において凌駕しております。近代になってミントンの進化したパテシュールパテにも遜色はありません。ただ残念なのは 今のジャスパーはルイ・ソロン並みに退化しております。それにしてもジャスパーに痛めつけられて模倣までした(1817~24)マイセンに所属したハインツェ博士は ルイ・ソロンのパテシュールパテを見たとき(1873)に 何故気が付かなかったのでしょうか ? まさか釉薬に惑わされたというのでしょうか ? ルイ・ソロンが猛威を振るったジャスパーを知らなかったのは確かと思われますのは 知っていれば 恥ずかしくて創作などとは言えなかったでしょう。かくいう岡本もパテシュールパテの研究を始めて1年半 折に付け ジャスパーを俎上に載せながら パテシュールパテのすべてが見えていなかったようです。
    セーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作説が巷に蔓延しております。赤信号みんなで渡れば怖く無い てんで 子引き孫引きが 流布しております。「一犬 虚に吠ゆれば 万犬 実を伝う(一人がいいかげんなことを言うと、世間の多くの人はそれを真実のこととして広めてしまう)」如く 間違いが蔓延しております。もし異論 反論有ればどうぞ申し出てください。

    セーブルがパテ・シュール・パテ技法を創作といったかどうかは知りませんが マイセンのハインツェ博士も  セーブルの創作と思って 後塵を拝している決定的一大事件と思い 約10年間の研究の末 パテ・シュール・パテ技法を習得し セーヴルに追いついたとマイセンあげて喜びました。

    象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文
    中国泥彩象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文(遠景の山々は白泥) 

    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 
    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 ジュール・アンドレア作
    初期のセーブル窯パテ・シュール・パテは 中国泥彩とあまり大差はありません。

    ミントンは 大陸の王立窯 特にフランスのセーヴルから 工芸家を招聘して 腕に磨きをかけておりました。工場内では 英語に引けを取らないぐらいフランス語が飛び交っておりました。1871年 ルイ・ソロン(18世紀、中国人により編み出された泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立したパテ・シュール・パテ技法)を招聘して 美しいパテ・シュール・パテ技法を マイセンに先駆けて 自家薬籠中のものにして 更に 世界の王侯貴族をうならす 貴族趣味の芸術品をものにした 「パテ・シュール・パテのミントン」の名声は セーヴルを 出し抜くほどでした。)

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

    1918 第1次世界大戦末期 ザクセン王国瓦解 マイセンは 国立窯に


     

  • マイセン・波の戯れホワイト・000000 ベース30cm・50310 25%Off
    マイセン・波の戯れホワイト・000000 ベース30cm・50310 25%Off
    28,875円

    本体価格: ¥35.000

    ヴェレンシュピール
    ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても楽しい「用の美」を求め 口縁に白い波 一面にさざ波を表現した 作品集です。

  • マイセン 【波の戯れホワイト・000000】 ベース21cm・50226 25%Off
    マイセン 【波の戯れホワイト・000000】 ベース21cm・50226 25%Off
    24,750円

    本体価格: ¥30.000


    小さい写真をクリックすると拡大します。

                  
    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが   こんなたちものの新品在庫を持っているお店は無くて したがってお熟成アインが一番お安いことになります。それでは お熟成アインは何処にも無い珍品を何故あ安くできるのでしょう ?
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。
    お安いのは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    あるご夫婦のお客さんから
    「アインさんは 他所にない良い物をたくさんお持ちですが あまり有名にならないでいてほしい。買いたいものが色々あるのですが 自分たちは そんなに余裕がないから 少しずつしか買えないので あまり有名になられて どんどん売切れていくのが心配です。」と言われました。当店の返事は「大丈夫ですよ。宣伝広告するぐらいなら その広告代をいつか巡り合うお客さんに還元したいので 宣伝広告したことありませんから」でした。
    でも宣伝の力って凄いですね。宣伝して有名になると高くても売れるんですから

    こだわりの 岡本 笥椎(ジュンスイ)
    家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあらば 椎の葉に盛る 有間皇子 万葉集 巻二(一四二)
    (私の号する笥椎とは 華やぐ器 実用の器を意味します。まあ茶碗というところです。)

    ピカピカの 新品です。  

    美女波の戯れ
    波と戯る美女

    1905年に出版されたスコア(合奏・重奏におけるすべてのパートがまとめて書かれている楽譜)の表紙には、葛飾北斎の浮世絵である「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」1823年~1835年が使用された。これはドビュッシーの、あるいは当時のパリの東洋趣味を象徴するものとしてよく知られている。
    1905年に出版されたスコアの表紙
    1905年に出版されたスコア(総譜は、合奏・重奏におけるすべてのパートがまとめて書かれている楽譜)の表紙
    ドビュッシーは、北斎の冨嶽三十六景の「神奈川沖浪裏」を所蔵しており これにもインスピレーションを得たのか/?

    『海 - 管弦楽のための3つの交響的素描』は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1905年に作曲した管弦楽曲。題名の通り、海の情景を表した標題音楽であり、交響詩『海』とも呼ばれる。ドビュッシーの最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品であり、近代音楽史上最も重要な作品の1つである。この作品の次作にあたる管弦楽のための『映像』の作曲中にドビュッシーは、「音楽の本質は形式にあるのではなく色とリズムを持った時間なのだ」と語っているが、本作はこの言葉を裏付ける「音楽」である。演奏時間は約23分。
    この作品は1903年の夏に着手された。この頃ドビュッシーはブルゴーニュ地方にある妻リリー・テクシーの実家にいた。この年の9月12日付の手紙でアンドレ・メサジェ宛に、この作品に取りかかったこと、この作品が、「サンギネールの島々の美しい海」、「波の戯れ」、「風が海を踊らせる」という副題を持つ3つの楽章から構成されることを伝えている。同じ手紙の中で彼は、自分が今いるブルゴーニュから海は見えないが、記憶の中の海の方が現実よりも自分の感覚には合っていると述べている。尚、実際に書き上がった作品では、これらの副題は外され、「海の夜明けから真昼まで」「波の戯れ」「風と海との対話」というタイトルが付された。
    しかし、実際にはこの作曲は難航した。ドビュッシーはペレアスとメリザンドの成功で作曲家としての名を楽壇に轟かせた一方、私生活では、1904年妻リリーを捨て、著名な銀行家の妻であったエマ・バルダックと駆け落ちをするというスキャンダルを起こしたのである。これはリリーの自殺未遂にまで発展し、友人の多くがドビュッシーを離れ、彼は世間の批判の矢面に立たされる結果となった。皮肉にも、この作品は、その後の生涯の伴侶となるエマとの生活における第一作となった。完成したのは1905年3月5日、ロンドン近郊、ドーヴァー海峡に面したイースト・ボーンの海辺においてである。
    初演は、1905年10月15日、カミーユ・シュヴィヤール指揮のコンセール・ラムルー管弦楽団によって行われた。 前述したエマとのスキャンダルが冷めやらぬなか、オーケストラの団員は作品に背を向けたため、演奏の出来は芳しいものではなかった。聴衆、批評家たちの反応も賛否両論であり、彼らは、この作品が「海」らしくなく、「ペレアスとメリザンド的」なドビュッシーの音楽ではないことに面食らったようである。
    しかし、3年後の1月19日、作曲者自身の指揮、コロンヌ管弦楽団によって行われた再演では、この作品の真価が認められ、以後、主要な管弦楽作品として定着するとともに、印象主義音楽、20世紀音楽を代表する傑作としての評価が確定することとなった。
    ジョルジュ・ラコンブ ≪青い海。波の効果≫ 1894年頃
    ≪青い海。波の効果≫ ジョルジュ・ラコンブ 1894年頃 レンヌ美術館
    ジョルジュ・ラコンブ(1868年 - 1916年)は、フランスの画家、彫刻家。
    ヴェルサイユの裕福な家庭に生まれる。親から厳格な宗教教育を受ける。後に反聖職者となる。アカデミー・ジュリアンでアルフレッド・ロールやアンリ・ジェルベクスから芸術を学ぶ。そこで1892年にエミール・ベルナールやポール・セリュジエと出会いナビ派の一員になる。ナビのメンバーの多くと同じく1888年から1897年まではブルターニュに住む。ナビの彫刻チームにも所属。1916年、アランソンにて結核で死去。48歳。

    『一握の砂』 石川啄木
    東海の 小島の磯の 白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる  
    『一握の砂』
    頬につたふ なみだのごはず 一握の 砂を示しし 人を忘れず
    いのちなき 砂のかなしさよ さらさらと 握れば指の あひだより落つ
    たはむれに 母を背負ひて そのあまり 軽きに泣きて 三歩あゆまず
    はたらけど はたらけど猶 わが生活 楽にならざり ぢつと手を見る
    いたく錆びしピストル出でぬ砂山の砂を指もて掘りてありしに

    この三十一文字は ある男の人生のドラマを想像させる力を持っています。
    作詞家萩原四朗はそうした想像をかき立てられた一人で「ピストル」を「ジャックナイフ」に置き換えて「錆びたナイフ」を作りました。この詞に上原賢六が曲をつけ、石原裕次郎が主題歌「錆びたナイフ」(1957年)は、184万枚のミリオンセラーとなりました。
    砂山の砂を指で掘ってたらまっかに錆びたジャックナイフが出て来たよどこのどいつが埋めたか胸にじんとくる小島の秋だ
    薄情な奴を思い切ろうとここまで来たか男泣きしたマドロスが恋のなきがら埋めたかそんな気がする小島の磯だ
    海鳴りはしても何も言わないまっかに錆びたジャックナイフがいとしいよ俺もここまで泣きに来た同じおもいの旅路の果てだ

    『錆びたナイフ』は、1958年制作の日本のアクション映画。日活製作。
    石原慎太郎原作の小説を石原裕次郎主演で映画化。石原慎太郎は裕次郎の主演を念頭に置いて原作を書いた。
    『錆びたナイフ』

    ピカピカの 新品です。 

    ヴェレンシュピール
    ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても
    楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波 一面に さざ波を表現した 作品集です。

    20151018130533_00001.jpg 
    ザビーネ・ワックス女史
    マイセンの未来を着実に描き続け ヴェレンシュピールの中で 古典的なマイセンの世界に 独自の感性で自然を表現し 彼女ならではの細やかな表情を実現させました。伝統と若い感性のコラボレートにから生まれたこのシリーズによってマイセンはまた新しい「スタンダード」を誕生させました。
    MS 2002限定 650084 ヴードゥー多彩色 
    MS 2002限定 819987 ヘロルト 拡大
    世界限定 22金ロゴ 
    マイセン・ヴードゥー・650084 2002年(パーワイズ 夫婦和み年) 6ピースカップセット 世界限定 22金ロゴ  のお求めはコチラ

    偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
    新グロッサー・アウシュニット型「ブルーオーキッド」などが ここから生まれました。

    1975年には 更に若い世代による クンストラー・コレクティヴが 立ち上げられ ヴェレンシュピール型 「波の戯れ」や「青い花」を 生み出しております。

    3人の天才ヨハン-5 
    1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)
    錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 
    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 
    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168 30%Off  のお求めはコチラ
      
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。

     

  • マイセン 【波の戯れホワイト・000000】 ジャグ・55424 H30cm 20%Off
    マイセン 【波の戯れホワイト・000000】 ジャグ・55424 H30cm  20%Off
    30,800円

    本体価格: ¥35.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。


    頑張る貴方に ご褒美を !!


    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。


    ジャグ
    蜃気楼

    漣を見せる為に暗くしておりますが 現物は純白です。
    ピカピカの 新品です。  

    1905年に出版されたスコアの表紙 
    スコアの表紙
    1905年に出版されたスコアの表紙には、葛飾北斎の浮世絵である冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が使用された。これはドビュッシーの、あるいは当時のパリの東洋趣味を象徴するものとしてよく知られている。
    『海 - 管弦楽のための3つの交響的素描』は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1905年に作曲した管弦楽曲。題名の通り、海の情景を表した標題音楽であり、交響詩『海』とも呼ばれる。ドビュッシーの最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品であり、近代音楽史上最も重要な作品の1つである。この作品の次作にあたる管弦楽のための『映像』の作曲中にドビュッシーは、「音楽の本質は形式にあるのではなく色とリズムを持った時間なのだ」と語っているが、本作はこの言葉を裏付ける「音楽」である。演奏時間は約23分。
    ドビュッシーはペレアスとメリザンドの成功で作曲家としての名を楽壇に轟かせた一方、私生活では、1904年妻リリーを捨て、著名な銀行家の妻であったエマ・バルダックと駆け落ちをするというスキャンダルを起こしたのである。これはリリーの自殺未遂にまで発展し、友人の多くがドビュッシーを離れ、彼は世間の批判の矢面に立たされる結果となった。皮肉にも、この作品は、その後の生涯の伴侶となるエマとの生活における第一作となった。完成したのは1905年3月5日、ロンドン近郊、ドーヴァー海峡に面したイースト・ボーンの海辺においてである。
    初演は、1905年10月15日、カミーユ・シュヴィヤール指揮のコンセール・ラムルー管弦楽団によって行われた。 前述したエマとのスキャンダルが冷めやらぬなか、オーケストラの団員は作品に背を向けたため、演奏の出来は芳しいものではなかった。聴衆、批評家たちの反応も賛否両論であり、彼らは、この作品が「海」らしくなく、「ペレアスとメリザンド的」なドビュッシーの音楽ではないことに面食らったようである。
    しかし、3年後の1月19日、作曲者自身の指揮、コロンヌ管弦楽団によって行われた再演では、この作品の真価が認められ、以後、主要な管弦楽作品として定着するとともに、印象主義音楽、20世紀音楽を代表する傑作としての評価が確定することとなった。

    日本にもある 「波の戯れ」 箏曲
    静かな曲調、怪しい曲調、激しい曲調と表情豊か。民謡「金比羅」のメロディーが波の戯れとして、なんだか怪しげな雰囲気のある曲。
    前から知っていたのですがいい写真がありません。
    能登・琴ヶ浜、波のたわむれ
    ある平家の姫が、壇ノ浦の源平の戦に敗れこの地に流れ着いた。その時村人に助けられたお礼に、姫は毎日琴を奏でていた。その姫が亡くなると、砂浜が琴の音のように鳴くようになった。それ以来その姫を琴姫、この浜を琴ヶ浜と呼ぶようになったと云う。
    琴ヶ浜
    琴ヶ浜  

    『一握の砂』 石川啄木
    東海の 小島の磯の 白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる  
    蟹
    頬につたふ なみだのごはず 一握の 砂を示しし 人を忘れず
    いのちなき 砂のかなしさよ さらさらと 握れば指の あひだより落つ
    たはむれに 母を背負ひて そのあまり 軽きに泣きて 三歩あゆまず
    はたらけど はたらけど猶 わが生活 楽にならざり ぢつと手を見る

    石川 啄木(いしかわ たくぼく、1886年(明治19年) - 1912年(明治45年))は、日本の歌人、詩人。
    金田一京助は、自身が結婚するまで、友人として啄木に金銭を含むさまざまな支援をしている。
    「ローマ字日記」を著す。ローマ字の記述全文が翻字され公刊されたのは、啄木死後70年近くを経た1970年代の全集出版時からである。それまで一部が伏せられていたのは、浅草に通い娼妓と遊んだ件が赤裸々に描写されていたためである。「彼の借金のほとんどはこうした遊興に費やされ、それが為の貧困だった」と、金田一春彦は語っている。
    1911年 宮崎 郁雨が妻節子に送った無記名の手紙に「君一人の写真を撮って送ってくれ」とあったのを読み、これを妻の不貞と採った啄木は節子に離縁を申し渡すと共に、郁雨と絶交することを告げた。
    啄木は所謂「たかり魔」で、困窮した生活故に頻繁に友人知人からお金をせびっていた。啄木は友人宛の手紙で蒲原有明を「余程食へぬやうな奴だがだましやすい」、薄田泣菫や与謝野鉄幹を「時代おくれの幻滅作家」と記すなど、自身が影響を受けたり世話になった作家を侮辱したほか、友人からの援助で生活を維持していたにも関わらず「一度でも我に頭を下げさせし 人みな死ねと いのりてしこと」と詠んだ句を遺すなど傲慢不遜な一面もあった。
    1912年4月13日午前9時30分頃、小石川区久堅町にて肺結核のため死去。妻、父、友人の若山牧水に看取られている。26歳没。

    ヴェレンシュピール
    ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても
    楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波 一面に さざ波を表現した 作品集です。

    20151018130533_00001.jpg 
    ザビーネ・ワックス女史
    マイセンの未来を着実に描き続け ヴェレンシュピールの中で 古典的なマイセンの世界に 独自の感性で自然を表現し 彼女ならではの細やかな表情を実現させました。伝統と若い感性のコラボレートにから生まれたこのシリーズによってマイセンはまた新しい「スタンダード」を誕生させました。
    MS 2002限定 650084 ヴードゥー多彩色
    MS 2002限定 819987 ヘロルト 拡大
    世界限定 22金ロゴ 
    マイセン・ヴードゥー・650084 2002年(パーワイズ 夫婦和み年) 6ピースカップセット 世界限定 22金ロゴ  のお求めはコチラ

    偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
    新グロッサー・アウシュニット型「ブルーオーキッド」などが ここから生まれました。

    1975年には 更に若い世代による クンストラー・コレクティヴが 立ち上げられ ヴェレンシュピール型 「波の戯れ」や「青い花」を 生み出しております。

    3人の天才ヨハン-5 
    1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)
    錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 
    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 
    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。

    1817 緑色の染付顔料 酸化クロム発明
    1827 グランツゴールド 金彩を完成 H・G・キューン
    1833ごろから 銅版転写染付・印判手
    1839 焼成燃料に 石炭
    1852 虹色のシラー彩(ラスター) H・G・キューン
    1853 蒸気機関 採用
    1860~1865 新トリービッシュタール工場へ移転18世紀、中国の泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立した 此の世のものとは思えぬほど 美しいパテ・シュール・パテ技法を 1873年ウィーン博覧会で目の当たりにした ハインツェ博士は 大いなる刺激を受け 永い研鑽の末 1878年にマイセンも会得。 これは 当時 セーヴルの後塵を 拝し出していた マイセンにとって 一大事件でもありました。

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168 30%Off  のお求めはコチラ
      
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。殆どの業者さんが 仏ブルボン王朝の放蕩王ルイ15世が 寵姫ポンパドール夫人の美の追求に湯水のごとく大枚をつぎ込み 美の権化と詠われたセーヴルの名声にあやかり あたかもセーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作したかに箔付けをして高価を詠います。実際は セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺をご覧になればお判りのように 元祖 中国泥彩画と余り変わりません。マイセン・翠の月 パテ・シュール・パテをご覧になればお判りのように 発展開花は20世紀になってからですが もうこの域になると 本家中国泥彩画をはるかに凌駕しております。セーヴルに追い抜かれた恐怖からとはいえ マイセンのハインツェ博士でも セーヴルを過大視されたほどですから 商売人にあっては 名窯セーヴルのルイ・ソロンを引き合いに 誇大宣伝したいのでしょう。山高きが故に 貴からず。セーヴルが ルイソロンが故に 高貴なのではありません。多くの先史時代や産業革命前の時代の文化で、スリップウェアが作製されている。最古のものは紀元前5000年の古代中国や古代中東で作られた。その後、アフリカの多くの地域、南北アメリカ大陸の先住民の間や、初期の朝鮮半島、ミケーネ文明、古代ギリシアの陶芸、イスラームの陶芸、
    ヨーロッパなどで建築の壁の装飾に使われたズグラッフィート,
    ズグラッフィート2
    ブリュッセルの壁画は、「ズグラッフィート」2層漆喰(泥漿)を重ね塗りと、掻き落としの装飾技法。(巷にあふれる「セーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作」は誇大宣伝。この名画と言えど古代ローマのポートランドの壺やカメオと同技法)
    17~18世紀のイギリスでの重厚な陶器スリップウェアの釉薬と組み合わた 戯画風トフト皿や日本人好みの櫛目文にパテ・シュール・パテの萌芽が見られ もちろんアンダーグレースです。(イギリス スリップウェア鳥文鉢 1769)
    ヘレンドでも 1860~1870年ごろには スリップ状磁土を盛り上げ鱗文(トゥッピーニーの角笛)を加飾しております。
    19世紀末 KPMのテオドールヘルマンは ズグラッフィート(パテシュールパテ)を独自に応用開発しておりました。
    20世紀のリチャードジノリでも パールブルーにある 私命名の粉彩リングは 中国の泥彩由来のパテシュールパテの転写版です。粉彩は主に水泥(スリップ状磁土)を地に施したものです。 陶器などでは普通に行われていた自然釉期待の素焼をヒントにしたのか マイセンが 18世紀の中世を席捲したウェッジウッドのジャスバーに対抗して焼き締め陶器(ハードストーンウェア)に先祖返りしたのがビスク焼と呼んでいるものです。
    20170520MS_00001.jpg
    マイセン ウェッジウッドのネオクラシックの華 ジャスパー・エトラスカンダンサーをビスク焼で模倣。1817~24。
    ただ ソロンの創作ではないが より絵画的表現への進歩  ハインツェ博士から L・シユトルムに至り ついにはG・アーノルドに至る芸術への昇華 これがすばらしいのです。洋食器愛好家には 高価を詠う宣伝にまやかされず 美術品を正しく理解・鑑賞してもらうために 中傷誹謗の恐れを 敢えて言わせてもらいます。 

    1773年頃の エトラスカン・ダンサーズ・プラクウ ウェッジウッド美術館蔵
    1773.jpg
    本日 私は大変なことに気が付きました。ヨーロッパ中を席捲したこのジャスバーウェアーこそ 紛れもなく パテシュールパテ そのものです。筆描きアンダーグレースと型押し無施釉の違いはありますが 100年も前にジョサイアは ルイ・ソロンをはるかに絵画的表現において凌駕しております。近代になってミントンの進化したパテシュールパテにも遜色はありません。ただ残念なのは 今のジャスパーはルイ・ソロン並みに退化しております。それにしてもジャスパーに痛めつけられて模倣までした(1817~24)マイセンに所属したハインツェ博士は ルイ・ソロンのパテシュールパテを見たとき(1873)に 何故気が付かなかったのでしょうか ? まさか釉薬に惑わされたというのでしょうか ? ルイ・ソロンが猛威を振るったジャスパーを知らなかったのは確かと思われますのは 知っていれば 恥ずかしくて創作などとは言えなかったでしょう。かくいう岡本もパテシュールパテの研究を始めて1年半 折に付け ジャスパーを俎上に載せながら パテシュールパテのすべてが見えていなかったようです。
    セーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作説が巷に蔓延しております。赤信号みんなで渡れば怖く無い てんで 子引き孫引き 流布しております。「一犬 虚に吠ゆれば 万犬 実を伝う(一人がいいかげんなことを言うと、世間の多くの人はそれを真実のこととして広めてしまう)」如く 間違いが蔓延しております。もし異論 反論有ればどうぞ申し出てください。
    (ルイ・ソロン教の方々が陥っておられる頑迷を晴らすために ルイソロンの泥彩画のアンダーグレースをもって発明とされる方々には 既に17~18世紀のイギリスでの重厚な陶器スリップウェアはアンダーグレースですから発明とは言えない事を明記します。又 スリップウェアの最古のものは紀元前5000年以来の歴史を持ち 到底ルイ・ソロンの発明とは言えません。美術的にも勿論言えません。ルイソロンは発明だと言わず 祭り上げられたルイソロンにはいい迷惑で その彼の名誉のためにも敢えて申します。)  

    セーブルがパテ・シュール・パテ技法を創作といったかどうかは知りませんが マイセンのハインツェ博士も  セーブルの創作と思って 後塵を拝している決定的一大事件と思い 約10年間の研究の末 パテ・シュール・パテ技法を習得し セーヴルに追いついたとマイセンあげて喜びました。

    象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文
    中国泥彩象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文(遠景の山々は白泥) 
    豆彩 闘彩 五彩 青花染付 粉彩 雑彩 剔花 泥彩画etc.まだまだ 中国は実に懐深い。

    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 
    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 ジュール・アンドレア作
    初期のセーブル窯パテ・シュール・パテは 中国泥彩とあまり大差はありません。

    ミントンは 大陸の王立窯 特にフランスのセーヴルから 工芸家を招聘して 腕に磨きをかけておりました。工場内では 英語に引けを取らないぐらいフランス語が飛び交っておりました。1871年 ルイ・ソロン(18世紀、中国人により編み出された泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立したパテ・シュール・パテ技法)を招聘して 美しいパテ・シュール・パテ技法を マイセンに先駆けて 自家薬籠中のものにして 更に 世界の王侯貴族をうならす 貴族趣味の芸術品をものにした 「パテ・シュール・パテのミントン」の名声は セーヴルを 出し抜くほどでした。)

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

    1918 第1次世界大戦末期 ザクセン王国瓦解 マイセンは 国立窯に


     

  • マイセン 【波の戯れホワイト・000000】  ポット 1.3L・29694  20%Off
    マイセン 【波の戯れホワイト・000000】  ポット 1.3L・29694  20%Off
    40,480円

    本体価格: ¥46.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。


    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが  どうやらスマートな旧作の新品は お熟成アインにしか無く したがって一番安いようです。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。それではお熟成アインは 何故 一番安いのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。

    ピカピカの 新品です。 

    「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 葛飾北斎1823年~1835年
    1905年に出版されたスコアの表紙には、葛飾北斎の浮世絵である冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が使用された。これはドビュッシーの、あるいは当時のパリの東洋趣味を象徴するものとしてよく知られている。
    1905年に出版されたスコアの表紙
    『海 - 管弦楽のための3つの交響的素描』は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1905年に作曲した管弦楽曲。題名の通り、海の情景を表した標題音楽であり、交響詩『海』とも呼ばれる。ドビュッシーの最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品であり、近代音楽史上最も重要な作品の1つである。この作品の次作にあたる管弦楽のための『映像』の作曲中にドビュッシーは、「音楽の本質は形式にあるのではなく色とリズムを持った時間なのだ」と語っているが、本作はこの言葉を裏付ける「音楽」である。演奏時間は約23分。
    この作品は1903年の夏に着手された。この頃ドビュッシーはブルゴーニュ地方にある妻リリー・テクシーの実家にいた。この年の9月12日付の手紙でアンドレ・メサジェ宛に、この作品に取りかかったこと、この作品が、「サンギネールの島々の美しい海」、「波の戯れ」、「風が海を踊らせる」という副題を持つ3つの楽章から構成されることを伝えている。同じ手紙の中で彼は、自分が今いるブルゴーニュから海は見えないが、記憶の中の海の方が現実よりも自分の感覚には合っていると述べている。尚、実際に書き上がった作品では、これらの副題は外され、「海の夜明けから真昼まで」 「波の戯れ」 「風と海との対話」というタイトルが付された。
    しかし、実際にはこの作曲は難航した。ドビュッシーはペレアスとメリザンドの成功で作曲家としての名を楽壇に轟かせた一方、私生活では、1904年妻リリーを捨て、著名な銀行家の妻であったエマ・バルダックと駆け落ちをするというスキャンダルを起こしたのである。これはリリーの自殺未遂にまで発展し、友人の多くがドビュッシーを離れ、彼は世間の批判の矢面に立たされる結果となった。皮肉にも、この作品は、その後の生涯の伴侶となるエマとの生活における第一作となった。完成したのは1905年3月5日、ロンドン近郊、ドーヴァー海峡に面したイースト・ボーンの海辺においてである。
    初演は、1905年10月15日、カミーユ・シュヴィヤール指揮のコンセール・ラムルー管弦楽団によって行われた。 前述したエマとのスキャンダルが冷めやらぬなか、オーケストラの団員は作品に背を向けたため、演奏の出来は芳しいものではなかった。聴衆、批評家たちの反応も賛否両論であり、彼らは、この作品が「海」らしくなく、「ペレアスとメリザンド的」なドビュッシーの音楽ではないことに面食らったようである。
    しかし、3年後の1月19日、作曲者自身の指揮、コロンヌ管弦楽団によって行われた再演では、この作品の真価が認められ、以後、主要な管弦楽作品として定着するとともに、印象主義音楽、20世紀音楽を代表する傑作としての評価が確定することとなった。

    日本にもある 「波の戯れ」 箏曲
    静かな曲調、怪しい曲調、激しい曲調と表情豊か。民謡「金比羅」をモチーフにした、なんだか怪しげな雰囲気のある曲。
    前から知っていたのですがいい写真がありません。

    琴ヶ浜のイメージ
    能登・琴ヶ浜、波のたわむれ(犬と戯れ)
    ある平家の姫が、壇ノ浦の源平の戦に敗れこの地に流れ着いた。その時村人に助けられたお礼に、姫は毎日琴を奏でていた。その姫が亡くなると、砂浜が琴の音のように鳴くようになった。それ以来その姫を琴姫、この浜を琴ヶ浜と呼ぶようになったと云う。
    琴ヶ浜
    いい写真 ありそうでないんですねぇ。

    砂浜とは、海岸に砂が堆積している場所のことである。砂は波によってでも容易に移動しやすい粒子であるから、砂からなる海岸というのは、砂が運ばれて来て堆積した海岸、と考えるべきである。外海に面した波当たりの強い場所は岩礁海岸になりやすく、内湾は泥が貯まって干潟になりやすいから、その中間的な部分で砂浜が生じるが、実際には様々な場合がある。
    また、サンゴ礁においては、造礁サンゴの活動は新鮮な海水のあるところで活発であり、そのために外洋に向いた浅いところに発達する。海岸線近くは、むしろ死んだサンゴやサンゴ骨格の破片などが堆積した砂浜となる。サンゴに由来して出来た砂浜は、炭酸カルシウムを多く含み、白っぽいのが特徴。
    フリー写真 外国人女性 ビキニ 砂浜で 跳ぶハート
    フリー写真 外国人女性 ビキニ 砂浜で 跳ぶハート
    鳴き砂,鳴り砂とは、砂の上を歩くとキュッと鳴る砂をいう。地域によっては鳴り砂、泣き砂と表記している。島根県の琴ヶ浜のある馬路では昔から「鳴り砂」と表記し看板などに使用されている。一時期「鳴き砂」とした時があったが、また昔の表記に変わった。鳴砂は、2007年に「全国鳴き砂(鳴り砂)ネットワーク」が決定した統一表記法である。
    鳴き砂,鳴り砂は、一般的には石英粒を多く含む砂が急激な砂層の動きにより表面摩擦を起こし音を出す現象である。
    日本国内には、十八鳴浜(くぐなりはま、宮城県)、琴ヶ浜(石川県)、琴引浜(京都府)、琴ヶ浜(島根県)をはじめとして多数の鳴き砂,鳴り砂の海岸が存在する。伝説、民話の題材となったものがある。
    超一級の鳴き砂 糸島 姉子の浜
    超一級の鳴き砂 糸島 姉子の浜で遊ぶ超一級の美女2人(ハッキリお顔は許可があれば) 

    美女と波の戯れ5
    波と戯る美女

    ピカピカの 新品です。 

    ヴェレンシュピール
    ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波 一面に さざ波を表現した 作品集です。

    20151018130533_00001.jpg 
    ザビーネ・ワックス女史
    マイセンの未来を着実に描き続け ヴェレンシュピールの中で 古典的なマイセンの世界に 独自の感性で自然を表現し 彼女ならではの細やかな表情を実現させました。伝統と若い感性のコラボレートにから生まれたこのシリーズによってマイセンはまた新しい「スタンダード」を誕生させました。
    MS 2002限定 650084 ヴードゥー多彩色 
    MS 2002限定 819987 ヘロルト 拡大
    世界限定 22金ロゴ 
    マイセン・ヴードゥー・650084 2002年(パーワイズ 夫婦和み年) 6ピースカップセット 世界限定 22金ロゴ  のお求めはコチラ

    偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
    新グロッサー・アウシュニット型「ブルーオーキッド」などが ここから生まれました。

    1975年には 更に若い世代による クンストラー・コレクティヴが 立ち上げられ ヴェレンシュピール型 「波の戯れ」や「青い花」を 生み出しております。

     さざ波を見せるために暗くしておりますが 純白です。
     
    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-3」 詳しくは コチラをクリック  してください。

    日本においては小さな人形の類がフィギュアと呼ばれている。この場合 フィギュリンが相応しいのでは ?

    インドサイ
    インドサイ 1732年原作。2010年 復刻  H28cm。 \3.780.000
    アブラハム・デ・ブルンの銅版画を手本にしたので「デューラーのちび角」がある。

    マイセン 【2005年世界限定】 マイスター限定作品 踊る白狐 H33cm 30%Off  のお求めはコチラ

    MS 2005限定 999984 78955 ダンシングフォックス(raku)
    当店所蔵 マックス・エッサー作 H33cm \793.800 比べてみてください。

    マイセン 【フィギュリン】  天球上の穢れ無きマリア・72075 H44cm 30%Off  のお求めはコチラ  

    MS 天球上のけがれなきマリア(raku)
    天球上の穢れ無きマリア H44cm  当店所蔵
    これがキルヒナーのインドサイと同値(\3.780.000)と聞けば どう思いますか ?
    それもここから30%Offするんですよ。

  • マイセン・波の戯れホワイト・000000 23.5cmスーププレート・29488 25%Off
    マイセン・波の戯れホワイト・000000 23.5cmスーププレート・29488 25%Off
    9,900円
    本体価格: ¥12.000

    ヴェレンシュピール
    ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを
    失う事無く 使っても楽しい「用の美」を求め 
    口縁に白い波 一面にさざ波を表現した 作品集です。

    偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。新グロッサー・アウシュニット型が ここから生まれました。

    1975年には 更に若い世代によるクンストラー・コレクティヴが立ち上げられ ヴェレンシュピール型「波の戯れ」や「青い花」を生み出しております。

  • マイセン 【波の戯れホワイト】 28.5cmプレート 31%Off
    マイセン 【波の戯れホワイト】 28.5cmプレート 31%Off
    11,385円

    本体価格: ¥15.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。


    通常30%Off  売り切れ 旧作再入荷 お披露目価格 31%Off

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが  今作をセール中(25%Off, 30%OFF )のお店はあるのですが 美しい旧作の新品在庫を 不鮮明な今作よりお安くしてますので お熟成アインが一番お安いです。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。
    それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    あるご夫婦のお客さんから
    「アインさんは 他所にない良い物をたくさんお持ちですが あまり有名にならないでいてほしい。買いたいものが色々あるのですが 自分たちは そんなに余裕がないから 少しずつしか買えないので あまり有名になられて どんどん売切れていくのが心配です。」と言われました。当店の返事は「大丈夫ですよ。宣伝広告するぐらいなら その広告代をいつか巡り合うお客さんに還元したいので 宣伝広告したことありませんから」でした。
    でも宣伝の力って凄いですね。宣伝して有名になると高くても売れるんですから

    こだわりの 岡本 笥椎(ジュンスイ)
    家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあらば 椎の葉に盛る 有間皇子 万葉集 巻二(一四二)
    (私の号する笥椎とは 華やぐ器 実用の器を意味します。まあ茶碗というところです。)

    ピカピカの 新品です。 

    「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 葛飾北斎1823年~1835年
    1905年に出版されたスコアの表紙には、葛飾北斎の浮世絵である冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が使用された。これはドビュッシーの、あるいは当時のパリの東洋趣味を象徴するものとしてよく知られている。
    富嶽
    『海 - 管弦楽のための3つの交響的素描』は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1905年に作曲した管弦楽曲。題名の通り、海の情景を表した標題音楽であり、交響詩『海』とも呼ばれる。ドビュッシーの最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品であり、近代音楽史上最も重要な作品の1つである。この作品の次作にあたる管弦楽のための『映像』の作曲中にドビュッシーは、「音楽の本質は形式にあるのではなく色とリズムを持った時間なのだ」と語っているが、本作はこの言葉を裏付ける「音楽」である。演奏時間は約23分。
    この作品は1903年の夏に着手された。この頃ドビュッシーはブルゴーニュ地方にある妻リリー・テクシーの実家にいた。この年の9月12日付の手紙でアンドレ・メサジェ宛に、この作品に取りかかったこと、この作品が、「サンギネールの島々の美しい海」、「波の戯れ」、「風が海を踊らせる」という副題を持つ3つの楽章から構成されることを伝えている。同じ手紙の中で彼は、自分が今いるブルゴーニュから海は見えないが、記憶の中の海の方が現実よりも自分の感覚には合っていると述べている。尚、実際に書き上がった作品では、これらの副題は外され、「海の夜明けから真昼まで」 「波の戯れ」 「風と海との対話」というタイトルが付された。
    しかし、実際にはこの作曲は難航した。ドビュッシーはペレアスとメリザンドの成功で作曲家としての名を楽壇に轟かせた一方、私生活では、1904年妻リリーを捨て、著名な銀行家の妻であったエマ・バルダックと駆け落ちをするというスキャンダルを起こしたのである。これはリリーの自殺未遂にまで発展し、友人の多くがドビュッシーを離れ、彼は世間の批判の矢面に立たされる結果となった。皮肉にも、この作品は、その後の生涯の伴侶となるエマとの生活における第一作となった。完成したのは1905年3月5日、ロンドン近郊、ドーヴァー海峡に面したイースト・ボーンの海辺においてである。
    初演は、1905年10月15日、カミーユ・シュヴィヤール指揮のコンセール・ラムルー管弦楽団によって行われた。 前述したエマとのスキャンダルが冷めやらぬなか、オーケストラの団員は作品に背を向けたため、演奏の出来は芳しいものではなかった。聴衆、批評家たちの反応も賛否両論であり、彼らは、この作品が「海」らしくなく、「ペレアスとメリザンド的」なドビュッシーの音楽ではないことに面食らったようである。
    しかし、3年後の1月19日、作曲者自身の指揮、コロンヌ管弦楽団によって行われた再演では、この作品の真価が認められ、以後、主要な管弦楽作品として定着するとともに、印象主義音楽、20世紀音楽を代表する傑作としての評価が確定することとなった。

    日本にもある 「波の戯れ」 箏曲
    静かな曲調、怪しい曲調、激しい曲調と表情豊か。民謡「金比羅」をモチーフにした、なんだか怪しげな雰囲気のある曲。
    前から知っていたのですがいい写真がありません。

    琴ヶ浜のイメージ
    能登・琴ヶ浜、波のたわむれ(犬と戯れ)
    ある平家の姫が、壇ノ浦の源平の戦に敗れこの地に流れ着いた。その時村人に助けられたお礼に、姫は毎日琴を奏でていた。その姫が亡くなると、砂浜が琴の音のように鳴くようになった。それ以来その姫を琴姫、この浜を琴ヶ浜と呼ぶようになったと云う。
    琴ヶ浜
    琴姫、琴ヶ浜。

    砂浜とは、海岸に砂が堆積している場所のことである。砂は波によってでも容易に移動しやすい粒子であるから、砂からなる海岸というのは、砂が運ばれて来て堆積した海岸、と考えるべきである。外海に面した波当たりの強い場所は岩礁海岸になりやすく、内湾は泥が貯まって干潟になりやすいから、その中間的な部分で砂浜が生じるが、実際には様々な場合がある。
    また、サンゴ礁においては、造礁サンゴの活動は新鮮な海水のあるところで活発であり、そのために外洋に向いた浅いところに発達する。海岸線近くは、むしろ死んだサンゴやサンゴ骨格の破片などが堆積した砂浜となる。サンゴに由来して出来た砂浜は、炭酸カルシウムを多く含み、白っぽいのが特徴。
    フリー写真 外国人女性 ビキニ 砂浜で 跳ぶハート
    フリー写真 外国人女性 ビキニ 砂浜で 跳ぶハート
    鳴き砂,鳴り砂とは、砂の上を歩くとキュッと鳴る砂をいう。地域によっては鳴り砂、泣き砂と表記している。島根県の琴ヶ浜のある馬路では昔から「鳴り砂」と表記し看板などに使用されている。一時期「鳴き砂」とした時があったが、また昔の表記に変わった。鳴砂は、2007年に「全国鳴き砂(鳴り砂)ネットワーク」が決定した統一表記法である。
    鳴き砂,鳴り砂は、一般的には石英粒を多く含む砂が急激な砂層の動きにより表面摩擦を起こし音を出す現象である。
    日本国内には、十八鳴浜(くぐなりはま、宮城県)、琴ヶ浜(石川県)、琴引浜(京都府)、琴ヶ浜(島根県)をはじめとして多数の鳴き砂,鳴り砂の海岸が存在する。伝説、民話の題材となったものがある。
      
    『一握の砂』 石川啄木
    東海の 小島の磯の 白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる  
    『一握の砂』
    頬につたふ なみだのごはず 一握の 砂を示しし 人を忘れず
    いのちなき 砂のかなしさよ さらさらと 握れば指の あひだより落つ
    たはむれに 母を背負ひて そのあまり 軽きに泣きて 三歩あゆまず
    はたらけど はたらけど猶 わが生活 楽にならざり ぢつと手を見る
    いたく錆びしピストル出でぬ砂山の砂を指もて掘りてありしに

    この三十一文字は ある男の人生のドラマを想像させる力を持っています。
    作詞家萩原四朗はそうした想像をかき立てられた一人で「ピストル」を「ジャックナイフ」に置き換えて「錆びたナイフ」を作りました。
    この詞に上原賢六が曲をつけ、石原裕次郎が主題歌「錆びたナイフ」(1957年)は、184万枚のミリオンセラーとなりました。
    『錆びたナイフ』は、1958年制作の日本のアクション映画。日活製作。
    石原慎太郎原作の小説を石原裕次郎主演で映画化。石原慎太郎は裕次郎の主演を念頭に置いて原作を書いた。

    石川啄木と小奴 野口雨情
    石川は人も知る如く、その一生は貧苦と戦つて来て、ちよつとの落付いた心もなく一生を終つてしまつたが、私の考へでは釧路時代が石川の一生を通じて一番呑気であつたやうに思はれる。それといふのも相手の小奴が石川の詩才に敬慕して出来るだけの真情を尽してくれたからである。
    石川啄木「芸妓小奴」愛人2石川啄木「芸妓小奴」愛人
    「芸妓小奴」 石川啄木愛人
    かうした石川の半面を私が忌憚きたんなく発表することは、石川の人と作品を傷つける如く思ふ人があるかも知れないが私は決してさうとは思はない。妻子がありながら、しかも相愛の妻がありながら、しかもその妻子までも忘れて、流れの女と恋をすることの出来たゆとりのある心こそ詩人の心であつて、石川の作品が常に単純でしかも熱情ゆたかなのも、皆恋する事の出来る焔が絶えず心の底に燃えてゐたから、それがその作品に現れてきてゐるので、もし石川にかうした心の焔がなかつたならば、その作品は死灰しかいの如くなつて、今日世人から尊重されるやうな作品は生れて来なかつたかも知れない。
    いはば石川の釧路時代は、石川の一生中一番興味ある時代で、そこに限りなき潤ひを私は石川の上に感ずるのである。このことを石川が地下で聞いたならば苦笑をもらすか、微笑をもらすか、石川のことであるから多分苦笑をもらし乍ら煙草を輪に吹いてだまつてゐるだらうとそれが私の目に見ゆるやうに感じられてくる。
    岡本はこの書をもって 薄幸の小奴への仕打ちを許せなかったが 石川啄木も少し憐れに思えて・・・・・

    「ローマ字日記」に浅草に通い娼妓と遊んだ件が赤裸々に描写されていた。「彼の借金のほとんどはこうした遊興に費やされ、それが為の貧困だった」と、金田一春彦は語っている。
    同郷の親友・金田一京助(左)
    (左)同郷の親友・金田一京助
    啄木は各方面に借金をしており、またその事を自身で記録に残しているが、合計すると全63人から総額1372円50銭の借金をしたことになる。この金額の内、返済された金額がどれくらいあるかは定かではない(2000年頃の物価換算では1400万円ほど。この借金の記録は、宮崎郁雨(合計額として最多の150円の貸し主)によって発表されたが、発表の後には啄木の評価は「借金魔」「金にだらしない男」「社会的に無能力な男」というのが加わるようになった。
    啄木は友人宛の手紙で蒲原有明を「余程食へぬやうな奴だがだましやすい」、薄田泣菫や与謝野鉄幹を「時代おくれの幻滅作家」と記すなど、自身が影響を受けたり世話になった作家を侮辱したほか、友人からの援助で生活を維持していたにも関わらず「一度でも我に頭を下げさせし 人みな死ねと いのりてしこと」と詠んだ句を遺すなど傲慢不遜な一面もあった。9月に宮崎郁雨が妻節子に送った無記名の手紙に「君一人の写真を撮って送ってくれ」とあったのを読み、これを妻の不貞と採った啄木は節子に離縁を申し渡すと共に、郁雨と絶交することを告げた。1911年9月16日付の啄木の妹・光子宛の葉書では、この事件を「不愉快な事件」と記している。
    12月、腹膜炎と肺結核を患い、発熱が続く。
    1912年(明治45年)3月7日、母・カツ死去。4月9日、土岐 善麿は第二歌集出版の話を啄木に伝える。4月13日午前9時30分頃、小石川区久堅町にて肺結核のため死去。妻、父、友人の若山牧水に看取られている。享年26。 

    ピカピカの 新品です。 

    ヴェレンシュピール
    ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても
    楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波 一面に さざ波を表現した 作品集です。

    20151018130533_00001.jpg 
    ザビーネ・ワックス女史
    マイセンの未来を着実に描き続け ヴェレンシュピールの中で 古典的なマイセンの世界に 独自の感性で自然を表現し 彼女ならではの細やかな表情を実現させました。伝統と若い感性のコラボレートにから生まれたこのシリーズによってマイセンはまた新しい「スタンダード」を誕生させました。

    MS 2002限定 650084 ヴードゥー多彩色MS 2002限定 819987 ヘロルト 拡大 
    ヴードゥー (パーワイズ) 6ピースカップセット 世界限定 22金ロゴ

    マイセン・ヴードゥー・650084 2002年(パーワイズ 夫婦和み年) 6ピースカップセット 世界限定 22金ロゴ  のお求めはコチラ

    偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
    新グロッサー・アウシュニット型「ブルーオーキッド」などが ここから生まれました。

    1975年には 更に若い世代による クンストラー・コレクティヴが 立ち上げられ ヴェレンシュピール型 「波の戯れ」や「青い花」を 生み出しております。

    MS 白い波の戯れ 29479 285cp他店
    今作 土が違う 不鮮明

    MS 白い波の戯れ 29479 285cp
    旧作 当店

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-3」 詳しくは コチラをクリック  してください。

    日本においては小さな人形の類がフィギュアと呼ばれている。この場合 フィギュリンが相応しいのでは ?

    インドサイ
    インドサイ 1732年原作。2010年 復刻  H28cm。 \3.780.000
    アブラハム・デ・ブルンの銅版画を手本にしたので「デューラーのちび角」がある。

    マイセン 【2005年世界限定】 マイスター限定作品 踊る白狐 H33cm 25%Off  のお求めはコチラ

    MS 2005限定 999984 78955 ダンシングフォックス(raku)
    当店所蔵 マックス・エッサー作 H33cm 850,500 円 比べてみてください。

    マイセン 【フィギュリン】  天球上の穢れ無きマリア・72075 H44cm 25%Off  のお求めはコチラ     

    MS 天球上のけがれなきマリア(raku)
    天球上の穢れ無きマリア H44cm  当店所蔵
    これがキルヒナーのインドサイと同値(\3.780.000)と聞けば どう思いますか ?
    それもここから25%Offするんですよ。  

  • マイセン 【波の戯れホワイト・000000】  22.5cmプレート・29472 20%Off
    マイセン 【波の戯れホワイト・000000】  22.5cmプレート・29472 20%Off
    7,920円

    本体価格: ¥9.000

    小さい写真を クリックすると拡大します。


    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    ピカピカの 新品です。  

    1905年に出版されたスコアの表紙 
    スコアの表紙
    1905年に出版されたスコアの表紙には、葛飾北斎の浮世絵である冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が使用された。これはドビュッシーの、あるいは当時のパリの東洋趣味を象徴するものとしてよく知られている。
    『海 - 管弦楽のための3つの交響的素描』は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1905年に作曲した管弦楽曲。題名の通り、海の情景を表した標題音楽であり、交響詩『海』とも呼ばれる。ドビュッシーの最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品であり、近代音楽史上最も重要な作品の1つである。この作品の次作にあたる管弦楽のための『映像』の作曲中にドビュッシーは、「音楽の本質は形式にあるのではなく色とリズムを持った時間なのだ」と語っているが、本作はこの言葉を裏付ける「音楽」である。演奏時間は約23分。
    ドビュッシーはペレアスとメリザンドの成功で作曲家としての名を楽壇に轟かせた一方、私生活では、1904年妻リリーを捨て、著名な銀行家の妻であったエマ・バルダックと駆け落ちをするというスキャンダルを起こしたのである。これはリリーの自殺未遂にまで発展し、友人の多くがドビュッシーを離れ、彼は世間の批判の矢面に立たされる結果となった。皮肉にも、この作品は、その後の生涯の伴侶となるエマとの生活における第一作となった。完成したのは1905年3月5日、ロンドン近郊、ドーヴァー海峡に面したイースト・ボーンの海辺においてである。
    初演は、1905年10月15日、カミーユ・シュヴィヤール指揮のコンセール・ラムルー管弦楽団によって行われた。 前述したエマとのスキャンダルが冷めやらぬなか、オーケストラの団員は作品に背を向けたため、演奏の出来は芳しいものではなかった。聴衆、批評家たちの反応も賛否両論であり、彼らは、この作品が「海」らしくなく、「ペレアスとメリザンド的」なドビュッシーの音楽ではないことに面食らったようである。
    しかし、3年後の1月19日、作曲者自身の指揮、コロンヌ管弦楽団によって行われた再演では、この作品の真価が認められ、以後、主要な管弦楽作品として定着するとともに、印象主義音楽、20世紀音楽を代表する傑作としての評価が確定することとなった。

    日本にもある 「波の戯れ」 箏曲
    静かな曲調、怪しい曲調、激しい曲調と表情豊か。民謡「金比羅」をモチーフにした、なんだか怪しげな雰囲気のある曲。
    前から知っていたのですがいい写真がありません。
    能登・琴ヶ浜、波のたわむれ
    ある平家の姫が、壇ノ浦の源平の戦に敗れこの地に流れ着いた。その時村人に助けられたお礼に、姫は毎日琴を奏でていた。その姫が亡くなると、砂浜が琴の音のように鳴くようになった。それ以来その姫を琴姫、この浜を琴ヶ浜と呼ぶようになったと云う。
    いい写真 ありそうでないんですねぇ。
    琴ヶ浜のイメージ
    琴ヶ浜のイメージ ? いい写真 見つけました ? 

    ヴェレンシュピール
    ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても
    楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波 一面に さざ波を表現した 作品集です。

    20151018130533_00001.jpg 
    ザビーネ・ワックス女史
    マイセンの未来を着実に描き続け ヴェレンシュピールの中で 古典的なマイセンの世界に 独自の感性で自然を表現し 彼女ならではの細やかな表情を実現させました。伝統と若い感性のコラボレートにから生まれたこのシリーズによってマイセンはまた新しい「スタンダード」を誕生させました。
    MS 2002限定 650084 ヴードゥー多彩色
    MS 2002限定 819987 ヘロルト 拡大
    世界限定 22金ロゴ 
    マイセン・ヴードゥー・650084 2002年(パーワイズ 夫婦和み年) 6ピースカップセット 世界限定 22金ロゴ  のお求めはコチラ

    偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
    新グロッサー・アウシュニット型「ブルーオーキッド」などが ここから生まれました。

    1975年には 更に若い世代による クンストラー・コレクティヴが 立ち上げられ ヴェレンシュピール型 「波の戯れ」や「青い花」を 生み出しております。

    3人の天才ヨハン-5 
    1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)
    錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 
    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 
    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。

    1817 緑色の染付顔料 酸化クロム発明
    1827 グランツゴールド 金彩を完成 H・G・キューン
    1833ごろから 銅版転写染付・印判手
    1839 焼成燃料に 石炭
    1852 虹色のシラー彩(ラスター) H・G・キューン
    1853 蒸気機関 採用
    1860~1865 新トリービッシュタール工場へ移転18世紀、中国の泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立した 此の世のものとは思えぬほど 美しいパテ・シュール・パテ技法を 1873年ウィーン博覧会で目の当たりにした ハインツェ博士は 大いなる刺激を受け 永い研鑽の末 1878年にマイセンも会得。 これは 当時 セーヴルの後塵を 拝し出していた マイセンにとって 一大事件でもありました。

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168 30%Off  のお求めはコチラ
      
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。殆どの業者さんが 仏ブルボン王朝の放蕩王ルイ15世が 寵姫ポンパドール夫人の美の追求に湯水のごとく大枚をつぎ込み 美の権化と詠われたセーヴルの名声にあやかり あたかもセーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作したかに箔付けをして高価を詠います。実際は セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺をご覧になればお判りのように 元祖 中国泥彩画と余り変わりません。マイセン・翠の月 パテ・シュール・パテをご覧になればお判りのように 発展開花は20世紀になってからですが もうこの域になると 本家中国泥彩画をはるかに凌駕しております。セーヴルに追い抜かれた恐怖からとはいえ マイセンのハインツェ博士でも セーヴルを過大視されたほどですから 商売人にあっては 名窯セーヴルのルイ・ソロンを引き合いに 誇大宣伝したいのでしょう。山高きが故に 貴からず。セーヴルが ルイソロンが故に 高貴なのではありません。多くの先史時代や産業革命前の時代の文化で、スリップウェアが作製されている。最古のものは紀元前5000年の古代中国や古代中東で作られた。その後、アフリカの多くの地域、南北アメリカ大陸の先住民の間や、初期の朝鮮半島、ミケーネ文明、古代ギリシアの陶芸、イスラームの陶芸、
    ヨーロッパなどで建築の壁の装飾に使われたズグラッフィート,
    ズグラッフィート2
    ブリュッセルの壁画は、「ズグラッフィート」2層漆喰(泥漿)を重ね塗りと、掻き落としの装飾技法。(巷にあふれる「セーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作」は誇大宣伝。この名画と言えど古代ローマのポートランドの壺やカメオと同技法)
    17~18世紀のイギリスでの重厚な陶器スリップウェアの釉薬と組み合わた 戯画風トフト皿や日本人好みの櫛目文にパテ・シュール・パテの萌芽が見られ もちろんアンダーグレースです。(イギリス スリップウェア鳥文鉢 1769)
    ヘレンドでも 1860~1870年ごろには スリップ状磁土を盛り上げ鱗文(トゥッピーニーの角笛)を加飾しております。
    19世紀末 KPMのテオドールヘルマンは ズグラッフィート(パテシュールパテ)を独自に応用開発しておりました。
    20世紀のリチャードジノリでも パールブルーにある 私命名の粉彩リングは 中国の泥彩由来のパテシュールパテの転写版です。粉彩は主に水泥(スリップ状磁土)を地に施したものです。 陶器などでは普通に行われていた自然釉期待の素焼をヒントにしたのか マイセンが 18世紀の中世を席捲したウェッジウッドのジャスバーに対抗して焼き締め陶器(ハードストーンウェア)に先祖返りしたのがビスク焼と呼んでいるものです。
    20170520MS_00001.jpg
    マイセン ウェッジウッドのネオクラシックの華 ジャスパー・エトラスカンダンサーをビスク焼で模倣。1817~24。
    ただ ソロンの創作ではないが より絵画的表現への進歩  ハインツェ博士から L・シユトルムに至り ついにはG・アーノルドに至る芸術への昇華 これがすばらしいのです。洋食器愛好家には 高価を詠う宣伝にまやかされず 美術品を正しく理解・鑑賞してもらうために 中傷誹謗の恐れを 敢えて言わせてもらいます。 
    豆彩 闘彩 五彩 青花染付 粉彩 雑彩 剔花 泥彩画etc.まだまだ 中国は実に懐深い。

    1773年頃の エトラスカン・ダンサーズ・プラクウ ウェッジウッド美術館蔵
    1773.jpg
    本日 私は大変なことに気が付きました。ヨーロッパ中を席捲したこのジャスバーウェアーこそ 紛れもなく パテシュールパテ そのものです。筆描きアンダーグレースと型押し無施釉の違いはありますが 100年も前にジョサイアは ルイ・ソロンをはるかに絵画的表現において凌駕しております。近代になってミントンの進化したパテシュールパテにも遜色はありません。ただ残念なのは 今のジャスパーはルイ・ソロン並みに退化しております。それにしてもジャスパーに痛めつけられて模倣までした(1817~24)マイセンに所属したハインツェ博士は ルイ・ソロンのパテシュールパテを見たとき(1873)に 何故気が付かなかったのでしょうか ? まさか釉薬に惑わされたというのでしょうか ? ルイ・ソロンが猛威を振るったジャスパーを知らなかったのは確かと思われますのは 知っていれば 恥ずかしくて創作などとは言えなかったでしょう。かくいう岡本もパテシュールパテの研究を始めて1年半 折に付け ジャスパーを俎上に載せながら パテシュールパテのすべてが見えていなかったようです。
    セーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作説が巷に蔓延しております。赤信号みんなで渡れば怖く無い てんで 子引き孫引き 流布しております。「一犬 虚に吠ゆれば 万犬 実を伝う(一人がいいかげんなことを言うと、世間の多くの人はそれを真実のこととして広めてしまう)」如く 間違いが蔓延しております。もし異論 反論有ればどうぞ申し出てください。

    セーブルがパテ・シュール・パテ技法を創作といったかどうかは知りませんが マイセンのハインツェ博士も  セーブルの創作と思って 後塵を拝している決定的一大事件と思い 約10年間の研究の末 パテ・シュール・パテ技法を習得し セーヴルに追いついたとマイセンあげて喜びました。

    象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文
    中国泥彩象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文(遠景の山々は白泥) 

    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 
    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 ジュール・アンドレア作
    初期のセーブル窯パテ・シュール・パテは 中国泥彩とあまり大差はありません。

    ミントンは 大陸の王立窯 特にフランスのセーヴルから 工芸家を招聘して 腕に磨きをかけておりました。工場内では 英語に引けを取らないぐらいフランス語が飛び交っておりました。1871年 ルイ・ソロン(18世紀、中国人により編み出された泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立したパテ・シュール・パテ技法)を招聘して 美しいパテ・シュール・パテ技法を マイセンに先駆けて 自家薬籠中のものにして 更に 世界の王侯貴族をうならす 貴族趣味の芸術品をものにした 「パテ・シュール・パテのミントン」の名声は セーヴルを 出し抜くほどでした。)

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

    1918 第1次世界大戦末期 ザクセン王国瓦解 マイセンは 国立窯に


     

  • マイセン・波の戯れホワイト・000000 35cmオーバルディッシュ・29307 25%Off
    マイセン・波の戯れホワイト・000000 35cmオーバルディッシュ・29307 25%Off
    16,500円
    本体価格: ¥20.000

    ヴェレンシュピール
    ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても楽しい「用の美」を求め 口縁に白い波 一面にさざ波を表現した 作品集です。

    偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。新グロッサー・アウシュニット型が ここから生まれました。

    1975年には 更に若い世代によるクンストラー・コレクティヴが立ち上げられ ヴェレンシュピール型「波の戯れ」や「青い花」を生み出しております。
     
  • マイセン 【波の戯れホワイト・000000】 バターボックス・29147 W25cm 20%Off
    マイセン 【波の戯れホワイト・000000】 バターボックス・29147 W25cm  20%Off
    31,680円

    本体価格: ¥36.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。 


    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げてるからです。


    漣を見せる為に暗くしておりますが 現物は純白です。
    ピカピカの 新品です。  


    1905年に出版されたスコアの表紙 
    スコアの表紙
    1905年に出版されたスコアの表紙には、葛飾北斎の浮世絵である冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が使用された。これはドビュッシーの、あるいは当時のパリの東洋趣味を象徴するものとしてよく知られている。
    『海 - 管弦楽のための3つの交響的素描』は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1905年に作曲した管弦楽曲。題名の通り、海の情景を表した標題音楽であり、交響詩『海』とも呼ばれる。ドビュッシーの最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品であり、近代音楽史上最も重要な作品の1つである。この作品の次作にあたる管弦楽のための『映像』の作曲中にドビュッシーは、「音楽の本質は形式にあるのではなく色とリズムを持った時間なのだ」と語っているが、本作はこの言葉を裏付ける「音楽」である。演奏時間は約23分。
    ドビュッシーはペレアスとメリザンドの成功で作曲家としての名を楽壇に轟かせた一方、私生活では、1904年妻リリーを捨て、著名な銀行家の妻であったエマ・バルダックと駆け落ちをするというスキャンダルを起こしたのである。これはリリーの自殺未遂にまで発展し、友人の多くがドビュッシーを離れ、彼は世間の批判の矢面に立たされる結果となった。皮肉にも、この作品は、その後の生涯の伴侶となるエマとの生活における第一作となった。完成したのは1905年3月5日、ロンドン近郊、ドーヴァー海峡に面したイースト・ボーンの海辺においてである。
    初演は、1905年10月15日、カミーユ・シュヴィヤール指揮のコンセール・ラムルー管弦楽団によって行われた。 前述したエマとのスキャンダルが冷めやらぬなか、オーケストラの団員は作品に背を向けたため、演奏の出来は芳しいものではなかった。聴衆、批評家たちの反応も賛否両論であり、彼らは、この作品が「海」らしくなく、「ペレアスとメリザンド的」なドビュッシーの音楽ではないことに面食らったようである。
    しかし、3年後の1月19日、作曲者自身の指揮、コロンヌ管弦楽団によって行われた再演では、この作品の真価が認められ、以後、主要な管弦楽作品として定着するとともに、印象主義音楽、20世紀音楽を代表する傑作としての評価が確定することとなった。

    日本にもある 「波の戯れ」 箏曲
    静かな曲調、怪しい曲調、激しい曲調と表情豊か。民謡「金比羅」をのメロディーが波の戯れとして、なんだか怪しげな雰囲気のある曲。
    前から知っていたのですがいい写真がありません。
    能登・琴ヶ浜、波のたわむれ
    ある平家の姫が、壇ノ浦の源平の戦に敗れこの地に流れ着いた。その時村人に助けられたお礼に、姫は毎日琴を奏でていた。その姫が亡くなると、砂浜が琴の音のように鳴くようになった。それ以来その姫を琴姫、この浜を琴ヶ浜と呼ぶようになったと云う。
    琴ヶ浜
    琴ヶ浜


    琴ヶ浜のイメージ
    琴ヶ浜のイメージ ? いい写真 見つけました ? 


    『一握の砂』 石川啄木
    東海の 小島の磯の 白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる  
    蟹
    頬につたふ なみだのごはず 一握の 砂を示しし 人を忘れず
    いのちなき 砂のかなしさよ さらさらと 握れば指の あひだより落つ
    たはむれに 母を背負ひて そのあまり 軽きに泣きて 三歩あゆまず
    はたらけど  はたらけど猶  わが生活  楽にならざり  ぢつと手を見る

    石川 啄木(いしかわ たくぼく、1886年(明治19年) - 1912年(明治45年))は、日本の歌人、詩人。
    金田一京助は、自身が結婚するまで、友人として啄木に金銭を含むさまざまな支援をしている。
    「ローマ字日記」を著す。ローマ字の記述全文が翻字され公刊されたのは、啄木死後70年近くを経た1970年代の全集出版時からである。それまで一部が伏せられていたのは、浅草に通い娼妓と遊んだ件が赤裸々に描写されていたためである。「彼の借金のほとんどはこうした遊興に費やされ、それが為の貧困だった」と、金田一春彦は語っている。
    1911年 宮崎 郁雨が妻節子に送った無記名の手紙に「君一人の写真を撮って送ってくれ」とあったのを読み、これを妻の不貞と採った啄木は節子に離縁を申し渡すと共に、郁雨と絶交することを告げた。
    啄木は所謂「たかり魔」で、困窮した生活故に頻繁に友人知人からお金をせびっていた。啄木は友人宛の手紙で蒲原有明を「余程食へぬやうな奴だがだましやすい」、薄田泣菫や与謝野鉄幹を「時代おくれの幻滅作家」と記すなど、自身が影響を受けたり世話になった作家を侮辱したほか、友人からの援助で生活を維持していたにも関わらず「一度でも我に頭を下げさせし 人みな死ねと いのりてしこと」と詠んだ句を遺すなど傲慢不遜な一面もあった。
    1912年4月13日午前9時30分頃、小石川区久堅町にて肺結核のため死去。妻、父、友人の若山牧水に看取られている。26歳没。

    ヴェレンシュピール
    ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても
    楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波 一面に さざ波を表現した 作品集です。

    20151018130533_00001.jpg 
    ザビーネ・ワックス女史
    マイセンの未来を着実に描き続け ヴェレンシュピールの中で 古典的なマイセンの世界に 独自の感性で自然を表現し 彼女ならではの細やかな表情を実現させました。伝統と若い感性のコラボレートにから生まれたこのシリーズによってマイセンはまた新しい「スタンダード」を誕生させました。
    MS 2002限定 650084 ヴードゥー多彩色
    MS 2002限定 819987 ヘロルト 拡大
    世界限定 22金ロゴ 
    マイセン・ヴードゥー・650084 2002年(パーワイズ 夫婦和み年) 6ピースカップセット 世界限定 22金ロゴ  のお求めはコチラ

    偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
    新グロッサー・アウシュニット型「ブルーオーキッド」などが ここから生まれました。

    1975年には 更に若い世代による クンストラー・コレクティヴが 立ち上げられ ヴェレンシュピール型 「波の戯れ」や「青い花」を 生み出しております。

    3人の天才ヨハン-5 
    1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)
    錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 
    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 
    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。

    1817 緑色の染付顔料 酸化クロム発明
    1827 グランツゴールド 金彩を完成 H・G・キューン
    1833ごろから 銅版転写染付・印判手
    1839 焼成燃料に 石炭
    1852 虹色のシラー彩(ラスター) H・G・キューン
    1853 蒸気機関 採用
    1860~1865 新トリービッシュタール工場へ移転18世紀、中国の泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立した 此の世のものとは思えぬほど 美しいパテ・シュール・パテ技法を 1873年ウィーン博覧会で目の当たりにした ハインツェ博士は 大いなる刺激を受け 永い研鑽の末 1878年にマイセンも会得。 これは 当時 セーヴルの後塵を 拝し出していた マイセンにとって 一大事件でもありました。

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168 30%Off  のお求めはコチラ
      
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。殆どの業者さんが 仏ブルボン王朝の放蕩王ルイ15世が 寵姫ポンパドール夫人の美の追求に湯水のごとく大枚をつぎ込み 美の権化と詠われたセーヴルの名声にあやかり あたかもセーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作したかに箔付けをして高価を詠います。実際は セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺をご覧になればお判りのように 元祖 中国泥彩画と余り変わりません。マイセン・翠の月 パテ・シュール・パテをご覧になればお判りのように 発展開花は20世紀になってからですが もうこの域になると 本家中国泥彩画をはるかに凌駕しております。セーヴルに追い抜かれた恐怖からとはいえ マイセンのハインツェ博士でも セーヴルを過大視されたほどですから 商売人にあっては 名窯セーヴルのルイ・ソロンを引き合いに 誇大宣伝したいのでしょう。山高きが故に 貴からず。セーヴルが ルイソロンが故に 高貴なのではありません。多くの先史時代や産業革命前の時代の文化で、スリップウェアが作製されている。最古のものは紀元前5000年の古代中国や古代中東で作られた。その後、アフリカの多くの地域、南北アメリカ大陸の先住民の間や、初期の朝鮮半島、ミケーネ文明、古代ギリシアの陶芸、イスラームの陶芸、
    ヨーロッパなどで建築の壁の装飾に使われたズグラッフィート,
    ズグラッフィート2
    ブリュッセルの壁画は、「ズグラッフィート」2層漆喰(泥漿)を重ね塗りと、掻き落としの装飾技法。(巷にあふれる「セーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作」は誇大宣伝。この名画と言えど古代ローマのポートランドの壺やカメオと同技法)
    17~18世紀のイギリスでの重厚な陶器スリップウェアの釉薬と組み合わた 戯画風トフト皿や日本人好みの櫛目文にパテ・シュール・パテの萌芽が見られ もちろんアンダーグレースです。(イギリス スリップウェア鳥文鉢 1769)
    ヘレンドでも 1860~1870年ごろには スリップ状磁土を盛り上げ鱗文(トゥッピーニーの角笛)を加飾しております。
    19世紀末 KPMのテオドールヘルマンは ズグラッフィート(パテシュールパテ)を独自に応用開発しておりました。
    20世紀のリチャードジノリでも パールブルーにある 私命名の粉彩リングは 中国の泥彩由来のパテシュールパテの転写版です。粉彩は主に水泥(スリップ状磁土)を地に施したものです。 陶器などでは普通に行われていた自然釉期待の素焼をヒントにしたのか マイセンが 18世紀の中世を席捲したウェッジウッドのジャスバーに対抗して焼き締め陶器(ハードストーンウェア)に先祖返りしたのがビスク焼と呼んでいるものです。
    20170520MS_00001.jpg
    マイセン ウェッジウッドのネオクラシックの華 ジャスパー・エトラスカンダンサーをビスク焼で模倣。1817~24。
    ただ ソロンの創作ではないが より絵画的表現への進歩  ハインツェ博士から L・シユトルムに至り ついにはG・アーノルドに至る芸術への昇華 これがすばらしいのです。洋食器愛好家には 高価を詠う宣伝にまやかされず 美術品を正しく理解・鑑賞してもらうために 中傷誹謗の恐れを 敢えて言わせてもらいます。 

    1773年頃の エトラスカン・ダンサーズ・プラクウ ウェッジウッド美術館蔵
    1773.jpg
    本日 私は大変なことに気が付きました。ヨーロッパ中を席捲したこのジャスバーウェアーこそ 紛れもなく パテシュールパテ そのものです。筆描きアンダーグレースと型押し無施釉の違いはありますが 100年も前にジョサイアは ルイ・ソロンをはるかに絵画的表現において凌駕しております。近代になってミントンの進化したパテシュールパテにも遜色はありません。ただ残念なのは 今のジャスパーはルイ・ソロン並みに退化しております。それにしてもジャスパーに痛めつけられて模倣までした(1817~24)マイセンに所属したハインツェ博士は ルイ・ソロンのパテシュールパテを見たとき(1873)に 何故気が付かなかったのでしょうか ? まさか釉薬に惑わされたというのでしょうか ? ルイ・ソロンが猛威を振るったジャスパーを知らなかったのは確かと思われますのは 知っていれば 恥ずかしくて創作などとは言えなかったでしょう。かくいう岡本もパテシュールパテの研究を始めて1年半 折に付け ジャスパーを俎上に載せながら パテシュールパテのすべてが見えていなかったようです。
    セーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作説が巷に蔓延しております。赤信号みんなで渡れば怖く無い てんで 子引き孫引き 流布しております。「一犬 虚に吠ゆれば 万犬 実を伝う(一人がいいかげんなことを言うと、世間の多くの人はそれを真実のこととして広めてしまう)」如く 間違いが蔓延しております。もし異論 反論有ればどうぞ申し出てください。
    (ルイ・ソロン教の方が陥っておられる頑迷を晴らすために ルイソロンの泥彩画のアンダーグレースをもって発明とされる方々には 既に17~18世紀のイギリスでの重厚な陶器スリップウェアはアンダーグレースですから発明とは言えない事を明記します。又 スリップウェアの最古のものは紀元前5000年以来の歴史を持ち 到底ルイ・ソロンの発明とは言えません。美術的にも勿論言えません。ルイソロンは発明だと言わず 祭り上げられたルイソロンにはいい迷惑で その彼の名誉のためにも敢えて申します。)  

    セーブルがパテ・シュール・パテ技法を創作といったかどうかは知りませんが マイセンのハインツェ博士も  セーブルの創作と思って 後塵を拝している決定的一大事件と思い 約10年間の研究の末 パテ・シュール・パテ技法を習得し セーヴルに追いついたとマイセンあげて喜びました。

    象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文
    中国泥彩象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文(遠景の山々は白泥) 
    豆彩 闘彩 五彩 青花染付 粉彩 雑彩 剔花 泥彩画etc.まだまだ 中国は実に懐深い。

    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 
    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 ジュール・アンドレア作
    初期のセーブル窯パテ・シュール・パテは 中国泥彩とあまり大差はありません。

    ミントンは 大陸の王立窯 特にフランスのセーヴルから 工芸家を招聘して 腕に磨きをかけておりました。工場内では 英語に引けを取らないぐらいフランス語が飛び交っておりました。1871年 ルイ・ソロン(18世紀、中国人により編み出された泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立したパテ・シュール・パテ技法)を招聘して 美しいパテ・シュール・パテ技法を マイセンに先駆けて 自家薬籠中のものにして 更に 世界の王侯貴族をうならす 貴族趣味の芸術品をものにした 「パテ・シュール・パテのミントン」の名声は セーヴルを 出し抜くほどでした。)

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

    1918 第1次世界大戦末期 ザクセン王国瓦解 マイセンは 国立窯に


     

  • マイセン 【波の戯れホワイト・000000】  マグ・29576  300cc H8cm  21%Off
    マイセン 【波の戯れホワイト・000000】  マグ・29576  300cc H8cm  21%Off
    7,386円

    本体価格: ¥8.500


    小さい写真をクリックすると 拡大します。

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げてるからです。


    ピカピカの 新品です。 

    「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 葛飾北斎1823年~1835年
    1905年に出版されたスコアの表紙には、葛飾北斎の浮世絵である冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が使用された。これはドビュッシーの、あるいは当時のパリの東洋趣味を象徴するものとしてよく知られている。
    富嶽
    『海 - 管弦楽のための3つの交響的素描』は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1905年に作曲した管弦楽曲。題名の通り、海の情景を表した標題音楽であり、交響詩『海』とも呼ばれる。ドビュッシーの最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品であり、近代音楽史上最も重要な作品の1つである。この作品の次作にあたる管弦楽のための『映像』の作曲中にドビュッシーは、「音楽の本質は形式にあるのではなく色とリズムを持った時間なのだ」と語っているが、本作はこの言葉を裏付ける「音楽」である。演奏時間は約23分。
    この作品は1903年の夏に着手された。この頃ドビュッシーはブルゴーニュ地方にある妻リリー・テクシーの実家にいた。この年の9月12日付の手紙でアンドレ・メサジェ宛に、この作品に取りかかったこと、この作品が、「サンギネールの島々の美しい海」、「波の戯れ」、「風が海を踊らせる」という副題を持つ3つの楽章から構成されることを伝えている。同じ手紙の中で彼は、自分が今いるブルゴーニュから海は見えないが、記憶の中の海の方が現実よりも自分の感覚には合っていると述べている。尚、実際に書き上がった作品では、これらの副題は外され、「海の夜明けから真昼まで」 「波の戯れ」 「風と海との対話」というタイトルが付された。
    しかし、実際にはこの作曲は難航した。ドビュッシーはペレアスとメリザンドの成功で作曲家としての名を楽壇に轟かせた一方、私生活では、1904年妻リリーを捨て、著名な銀行家の妻であったエマ・バルダックと駆け落ちをするというスキャンダルを起こしたのである。これはリリーの自殺未遂にまで発展し、友人の多くがドビュッシーを離れ、彼は世間の批判の矢面に立たされる結果となった。皮肉にも、この作品は、その後の生涯の伴侶となるエマとの生活における第一作となった。完成したのは1905年3月5日、ロンドン近郊、ドーヴァー海峡に面したイースト・ボーンの海辺においてである。
    初演は、1905年10月15日、カミーユ・シュヴィヤール指揮のコンセール・ラムルー管弦楽団によって行われた。 前述したエマとのスキャンダルが冷めやらぬなか、オーケストラの団員は作品に背を向けたため、演奏の出来は芳しいものではなかった。聴衆、批評家たちの反応も賛否両論であり、彼らは、この作品が「海」らしくなく、「ペレアスとメリザンド的」なドビュッシーの音楽ではないことに面食らったようである。
    しかし、3年後の1月19日、作曲者自身の指揮、コロンヌ管弦楽団によって行われた再演では、この作品の真価が認められ、以後、主要な管弦楽作品として定着するとともに、印象主義音楽、20世紀音楽を代表する傑作としての評価が確定することとなった。

    美女と波の戯れ3
    波と戯る美女

    ピカピカの 新品です。 

    ヴェレンシュピール
    ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波 一面に さざ波を表現した 作品集です。

    20151018130533_00001.jpg 
    ザビーネ・ワックス女史
    マイセンの未来を着実に描き続け ヴェレンシュピールの中で 古典的なマイセンの世界に 独自の感性で自然を表現し 彼女ならではの細やかな表情を実現させました。伝統と若い感性のコラボレートにから生まれたこのシリーズによってマイセンはまた新しい「スタンダード」を誕生させました。
    MS 2002限定 650084 ヴードゥー多彩色
    MS 2002限定 819987 ヘロルト 拡大
    世界限定 22金ロゴ 
    マイセン・ヴードゥー・650084 2002年(パーワイズ 夫婦和み年) 6ピースカップセット 世界限定 22金ロゴ  のお求めはコチラ

    偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
    新グロッサー・アウシュニット型「ブルーオーキッド」などが ここから生まれました。

    1975年には 更に若い世代による クンストラー・コレクティヴが 立ち上げられ ヴェレンシュピール型 「波の戯れ」や「青い花」を 生み出しております。

    漣を見せる為に暗くしておりますが 現物は純白です。

    3人の天才ヨハン-5 
    1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)
    錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 
    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 
    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。

    1817 緑色の染付顔料 酸化クロム発明
    1827 グランツゴールド 金彩を完成 H・G・キューン
    1833ごろから 銅版転写染付・印判手
    1839 焼成燃料に 石炭
    1852 虹色のシラー彩(ラスター) H・G・キューン
    1853 蒸気機関 採用
    1860~1865 新トリービッシュタール工場へ移転18世紀、中国の泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立した 此の世のものとは思えぬほど 美しいパテ・シュール・パテ技法を 1873年ウィーン博覧会で目の当たりにした ハインツェ博士は 大いなる刺激を受け 永い研鑽の末 1878年にマイセンも会得。 これは 当時 セーヴルの後塵を 拝し出していた マイセンにとって 一大事件でもありました。

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168 30%Off  のお求めはコチラ
      
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。殆どの業者さんが 仏ブルボン王朝の放蕩王ルイ15世が 寵姫ポンパドール夫人の美の追求に湯水のごとく大枚をつぎ込み 美の権化と詠われたセーヴルの名声にあやかり あたかもセーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作したかに箔付けをして高価を詠います。実際は セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺をご覧になればお判りのように 元祖 中国泥彩画と余り変わりません。マイセン・翠の月 パテ・シュール・パテをご覧になればお判りのように 発展開花は20世紀になってからですが もうこの域になると 本家中国泥彩画をはるかに凌駕しております。セーヴルに追い抜かれた恐怖からとはいえ マイセンのハインツェ博士でも セーヴルを過大視されたほどですから 商売人にあっては 名窯セーヴルのルイ・ソロンを引き合いに 誇大宣伝したいのでしょう。山高きが故に 貴からず。セーヴルが ルイソロンが故に 高貴なのではありません。多くの先史時代や産業革命前の時代の文化で、スリップウェアが作製されている。最古のものは紀元前5000年の古代中国や古代中東で作られた。その後、アフリカの多くの地域、南北アメリカ大陸の先住民の間や、初期の朝鮮半島、ミケーネ文明、古代ギリシアの陶芸、イスラームの陶芸、
    ヨーロッパなどで建築の壁の装飾に使われたズグラッフィート,
    ズグラッフィート2
    ブリュッセルの壁画は、「ズグラッフィート」2層漆喰(泥漿)を重ね塗りと、掻き落としの装飾技法。(巷にあふれる「セーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作」は誇大宣伝。この名画と言えど古代ローマのポートランドの壺やカメオと同技法)
    17~18世紀のイギリスでの重厚な陶器スリップウェアの釉薬と組み合わた 戯画風トフト皿や日本人好みの櫛目文にパテ・シュール・パテの萌芽が見られ もちろんアンダーグレースです。(イギリス スリップウェア鳥文鉢 1769)
    ヘレンドでも 1860~1870年ごろには スリップ状磁土を盛り上げ鱗文(トゥッピーニーの角笛)を加飾しております。
    19世紀末 KPMのテオドールヘルマンは ズグラッフィート(パテシュールパテ)を独自に応用開発しておりました。
    20世紀のリチャードジノリでも パールブルーにある 私命名の粉彩リングは 中国の泥彩由来のパテシュールパテの転写版です。粉彩は主に水泥(スリップ状磁土)を地に施したものです。 陶器などでは普通に行われていた自然釉期待の素焼をヒントにしたのか マイセンが 18世紀の中世を席捲したウェッジウッドのジャスバーに対抗して焼き締め陶器(ハードストーンウェア)に先祖返りしたのがビスク焼と呼んでいるものです。
    20170520MS_00001.jpg
    マイセン ウェッジウッドのネオクラシックの華 ジャスパー・エトラスカンダンサーをビスク焼で模倣。1817~24。
    ただ ソロンの創作ではないが より絵画的表現への進歩  ハインツェ博士から L・シユトルムに至り ついにはG・アーノルドに至る芸術への昇華 これがすばらしいのです。洋食器愛好家には 高価を詠う宣伝にまやかされず 美術品を正しく理解・鑑賞してもらうために 中傷誹謗の恐れを 敢えて言わせてもらいます。 

    1773年頃の エトラスカン・ダンサーズ・プラクウ ウェッジウッド美術館蔵
    1773.jpg
    本日 私は大変なことに気が付きました。ヨーロッパ中を席捲したこのジャスバーウェアーこそ 紛れもなく パテシュールパテ そのものです。筆描きアンダーグレースと型押し無施釉の違いはありますが 100年も前にジョサイアは ルイ・ソロンをはるかに絵画的表現において凌駕しております。近代になってミントンの進化したパテシュールパテにも遜色はありません。ただ残念なのは 今のジャスパーはルイ・ソロン並みに退化しております。それにしてもジャスパーに痛めつけられて模倣までした(1817~24)マイセンに所属したハインツェ博士は ルイ・ソロンのパテシュールパテを見たとき(1873)に 何故気が付かなかったのでしょうか ? まさか釉薬に惑わされたというのでしょうか ? ルイ・ソロンが猛威を振るったジャスパーを知らなかったのは確かと思われますのは 知っていれば 恥ずかしくて創作などとは言えなかったでしょう。かくいう岡本もパテシュールパテの研究を始めて1年半 折に付け ジャスパーを俎上に載せながら パテシュールパテのすべてが見えていなかったようです。
    セーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作説が巷に蔓延しております。赤信号みんなで渡れば怖く無い てんで 子引き孫引き 流布しております。「一犬 虚に吠ゆれば 万犬 実を伝う(一人がいいかげんなことを言うと、世間の多くの人はそれを真実のこととして広めてしまう)」如く 間違いが蔓延しております。もし異論 反論有ればどうぞ申し出てください。
    (ルイ・ソロン教の方々が陥っておられる頑迷を晴らすために ルイソロンの泥彩画のアンダーグレースをもって発明とされる方々には 既に17~18世紀のイギリスでの重厚な陶器スリップウェアはアンダーグレースですから発明とは言えない事を明記します。又 スリップウェアの最古のものは紀元前5000年以来の歴史を持ち 到底ルイ・ソロンの発明とは言えません。美術的にも勿論言えません。ルイソロンは発明だと言わず 祭り上げられたルイソロンにはいい迷惑でその彼の名誉のためにも敢えて申します。)  
    セーブルがパテ・シュール・パテ技法を創作といったかどうかは知りませんが マイセンのハインツェ博士も  セーブルの創作と思って 後塵を拝している決定的一大事件と思い 約10年間の研究の末 パテ・シュール・パテ技法を習得し セーヴルに追いついたとマイセンあげて喜びました。

    象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文
    中国泥彩象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文(遠景の山々は白泥) 
    豆彩 闘彩 五彩 青花染付 粉彩 雑彩 剔花 泥彩画etc.まだまだ 中国は実に懐深い。

    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 
    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 ジュール・アンドレア作
    初期のセーブル窯パテ・シュール・パテは 中国泥彩とあまり大差はありません。

    ミントンは 大陸の王立窯 特にフランスのセーヴルから 工芸家を招聘して 腕に磨きをかけておりました。工場内では 英語に引けを取らないぐらいフランス語が飛び交っておりました。1871年 ルイ・ソロン(18世紀、中国人により編み出された泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立したパテ・シュール・パテ技法)を招聘して 美しいパテ・シュール・パテ技法を マイセンに先駆けて 自家薬籠中のものにして 更に 世界の王侯貴族をうならす 貴族趣味の芸術品をものにした 「パテ・シュール・パテのミントン」の名声は セーヴルを 出し抜くほどでした。)

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

    1918 第1次世界大戦末期 ザクセン王国瓦解 マイセンは 国立窯に


     

  • マイセン 【波の戯れホワイト】 エスプレッソC/S  100cc 15%Off  
    マイセン 【波の戯れホワイト】 エスプレッソC/S  100cc 15%Off  
    8,882円
    本体価格: ¥9.500

    小さい写真を クリックすると 拡大します。                                               


    ms.jpg
    ブランド箱 378円 ギフト包装用に正規代理店から購入

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが 8~10ヶ月後お渡し 予約注文店の写真があるくらいで どうやらスマートな旧作の新品は お熟成アインにしか無く したがって一番安いようです。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。それではお熟成アインは 何故 一番安いのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。

    ピカピカの 新品です。 

    「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 葛飾北斎1823年~1835年
    1905年に出版されたスコアの表紙には、葛飾北斎の浮世絵である冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が使用された。これはドビュッシーの、あるいは当時のパリの東洋趣味を象徴するものとしてよく知られている。
    富嶽
    『海 - 管弦楽のための3つの交響的素描』は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1905年に作曲した管弦楽曲。題名の通り、海の情景を表した標題音楽であり、交響詩『海』とも呼ばれる。ドビュッシーの最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品であり、近代音楽史上最も重要な作品の1つである。この作品の次作にあたる管弦楽のための『映像』の作曲中にドビュッシーは、「音楽の本質は形式にあるのではなく色とリズムを持った時間なのだ」と語っているが、本作はこの言葉を裏付ける「音楽」である。演奏時間は約23分。
    この作品は1903年の夏に着手された。この頃ドビュッシーはブルゴーニュ地方にある妻リリー・テクシーの実家にいた。この年の9月12日付の手紙でアンドレ・メサジェ宛に、この作品に取りかかったこと、この作品が、「サンギネールの島々の美しい海」、「波の戯れ」、「風が海を踊らせる」という副題を持つ3つの楽章から構成されることを伝えている。同じ手紙の中で彼は、自分が今いるブルゴーニュから海は見えないが、記憶の中の海の方が現実よりも自分の感覚には合っていると述べている。尚、実際に書き上がった作品では、これらの副題は外され、「海の夜明けから真昼まで」 「波の戯れ」 「風と海との対話」というタイトルが付された。
    しかし、実際にはこの作曲は難航した。ドビュッシーはペレアスとメリザンドの成功で作曲家としての名を楽壇に轟かせた一方、私生活では、1904年妻リリーを捨て、著名な銀行家の妻であったエマ・バルダックと駆け落ちをするというスキャンダルを起こしたのである。これはリリーの自殺未遂にまで発展し、友人の多くがドビュッシーを離れ、彼は世間の批判の矢面に立たされる結果となった。皮肉にも、この作品は、その後の生涯の伴侶となるエマとの生活における第一作となった。完成したのは1905年3月5日、ロンドン近郊、ドーヴァー海峡に面したイースト・ボーンの海辺においてである。
    初演は、1905年10月15日、カミーユ・シュヴィヤール指揮のコンセール・ラムルー管弦楽団によって行われた。 前述したエマとのスキャンダルが冷めやらぬなか、オーケストラの団員は作品に背を向けたため、演奏の出来は芳しいものではなかった。聴衆、批評家たちの反応も賛否両論であり、彼らは、この作品が「海」らしくなく、「ペレアスとメリザンド的」なドビュッシーの音楽ではないことに面食らったようである。
    しかし、3年後の1月19日、作曲者自身の指揮、コロンヌ管弦楽団によって行われた再演では、この作品の真価が認められ、以後、主要な管弦楽作品として定着するとともに、印象主義音楽、20世紀音楽を代表する傑作としての評価が確定することとなった。

    日本にもある 「波の戯れ」 箏曲
    静かな曲調、怪しい曲調、激しい曲調と表情豊か。民謡「金比羅」をモチーフにした、なんだか怪しげな雰囲気のある曲。
    前から知っていたのですがいい写真がありません。

    琴ヶ浜のイメージ
    能登・琴ヶ浜、波のたわむれ(犬と戯れ)
    ある平家の姫が、壇ノ浦の源平の戦に敗れこの地に流れ着いた。その時村人に助けられたお礼に、姫は毎日琴を奏でていた。その姫が亡くなると、砂浜が琴の音のように鳴くようになった。それ以来その姫を琴姫、この浜を琴ヶ浜と呼ぶようになったと云う。
    琴ヶ浜
    いい写真 ありそうでないんですねぇ。

    美女と波の戯れ3
    波と戯る美女

    砂浜とは、海岸に砂が堆積している場所のことである。砂は波によってでも容易に移動しやすい粒子であるから、砂からなる海岸というのは、砂が運ばれて来て堆積した海岸、と考えるべきである。外海に面した波当たりの強い場所は岩礁海岸になりやすく、内湾は泥が貯まって干潟になりやすいから、その中間的な部分で砂浜が生じるが、実際には様々な場合がある。
    また、サンゴ礁においては、造礁サンゴの活動は新鮮な海水のあるところで活発であり、そのために外洋に向いた浅いところに発達する。海岸線近くは、むしろ死んだサンゴやサンゴ骨格の破片などが堆積した砂浜となる。サンゴに由来して出来た砂浜は、炭酸カルシウムを多く含み、白っぽいのが特徴。
    フリー写真 外国人女性 ビキニ 砂浜で 跳ぶハート
    フリー写真 外国人女性 ビキニ 砂浜で 跳ぶハート
    鳴き砂,鳴り砂とは、砂の上を歩くとキュッと鳴る砂をいう。地域によっては鳴り砂、泣き砂と表記している。島根県の琴ヶ浜のある馬路では昔から「鳴り砂」と表記し看板などに使用されている。一時期「鳴き砂」とした時があったが、また昔の表記に変わった。鳴砂は、2007年に「全国鳴き砂(鳴り砂)ネットワーク」が決定した統一表記法である。
    鳴き砂,鳴り砂は、一般的には石英粒を多く含む砂が急激な砂層の動きにより表面摩擦を起こし音を出す現象である。
    日本国内には、十八鳴浜(くぐなりはま、宮城県)、琴ヶ浜(石川県)、琴引浜(京都府)、琴ヶ浜(島根県)をはじめとして多数の鳴き砂,鳴り砂の海岸が存在する。伝説、民話の題材となったものがある。
    超一級の鳴き砂 糸島 姉子の浜
    超一級の鳴き砂 糸島 姉子の浜で遊ぶ超一級の美女2人(ハッキリお顔は許可があれば)

    『一握の砂』 石川啄木
    東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる (国木田独歩の死を函館で知り、その悲しみを詠んだ歌)
    砂山の 砂に腹這い 初恋の いたみを遠く おもひ出づる日
    いのちなき 砂のかなしさよ さらさらと 握れば指の あひだより落つ
    頬につたふ なみだのごはず 一握の砂を示しし人を忘れず
    いたく錆びしピストル出でぬ砂山の砂を指もて掘りてありしに

    この三十一文字は ある男の人生のドラマを想像させる力を持っています。
    作詞家萩原四朗はそうした想像をかき立てられた一人で「ピストル」を「ジャックナイフ」に置き換えて「錆びたナイフ」を作りました。
    この詞に上原賢六が曲をつけ、石原裕次郎が主題歌「錆びたナイフ」(1957年)は、184万枚のミリオンセラーとなりました。
    砂山の砂を指で掘ってたらまっかに錆びたジャックナイフが出て来たよどこのどいつが埋めたか胸にじんとくる小島の秋だ
    薄情な奴を思い切ろうとここまで来たか男泣きしたマドロスが恋のなきがら埋めたかそんな気がする小島の磯だ
    海鳴りはしても何も言わないまっかに錆びたジャックナイフがいとしいよ俺もここまで泣きに来た同じおもいの旅路の果てだ

    『錆びたナイフ』は、1958年制作の日本のアクション映画。日活製作。
    石原慎太郎原作の小説を石原裕次郎主演で映画化。石原慎太郎は裕次郎の主演を念頭に置いて原作を書いた。

    石川啄木と小奴 野口雨情
    石川は人も知る如く、その一生は貧苦と戦つて来て、ちよつとの落付いた心もなく一生を終つてしまつたが、私の考へでは釧路時代が石川の一生を通じて一番呑気であつたやうに思はれる。それといふのも相手の小奴が石川の詩才に敬慕して出来るだけの真情を尽してくれたからである。
    石川啄木「芸妓小奴」愛人2石川啄木「芸妓小奴」愛人
    「芸妓小奴」 石川啄木愛人
    かうした石川の半面を私が忌憚きたんなく発表することは、石川の人と作品を傷つける如く思ふ人があるかも知れないが私は決してさうとは思はない。妻子がありながら、しかも相愛の妻がありながら、しかもその妻子までも忘れて、流れの女と恋をすることの出来たゆとりのある心こそ詩人の心であつて、石川の作品が常に単純でしかも熱情ゆたかなのも、皆恋する事の出来る焔が絶えず心の底に燃えてゐたから、それがその作品に現れてきてゐるので、もし石川にかうした心の焔がなかつたならば、その作品は死灰しかいの如くなつて、今日世人から尊重されるやうな作品は生れて来なかつたかも知れない。
    いはば石川の釧路時代は、石川の一生中一番興味ある時代で、そこに限りなき潤ひを私は石川の上に感ずるのである。このことを石川が地下で聞いたならば苦笑をもらすか、微笑をもらすか、石川のことであるから多分苦笑をもらし乍ら煙草を輪に吹いてだまつてゐるだらうとそれが私の目に見ゆるやうに感じられてくる。
    岡本はこの書をもって 薄幸の小奴への仕打ちを許せなかったが 石川啄木も少し憐れに思えて・・・・・

    「ローマ字日記」に浅草に通い娼妓と遊んだ件が赤裸々に描写されていた。「彼の借金のほとんどはこうした遊興に費やされ、それが為の貧困だった」と、金田一春彦は語っている。
    同郷の親友・金田一京助(左)
    (左)同郷の親友・金田一京助
    啄木は各方面に借金をしており、またその事を自身で記録に残しているが、合計すると全63人から総額1372円50銭の借金をしたことになる。この金額の内、返済された金額がどれくらいあるかは定かではない(2000年頃の物価換算では1400万円ほど。この借金の記録は、宮崎郁雨(合計額として最多の150円の貸し主)によって発表されたが、発表の後には啄木の評価は「借金魔」「金にだらしない男」「社会的に無能力な男」というのが加わるようになった。
    啄木は友人宛の手紙で蒲原有明を「余程食へぬやうな奴だがだましやすい」、薄田泣菫や与謝野鉄幹を「時代おくれの幻滅作家」と記すなど、自身が影響を受けたり世話になった作家を侮辱したほか、友人からの援助で生活を維持していたにも関わらず「一度でも我に頭を下げさせし 人みな死ねと いのりてしこと」と詠んだ句を遺すなど傲慢不遜な一面もあった。9月に宮崎郁雨が妻節子に送った無記名の手紙に「君一人の写真を撮って送ってくれ」とあったのを読み、これを妻の不貞と採った啄木は節子に離縁を申し渡すと共に、郁雨と絶交することを告げた。1911年9月16日付の啄木の妹・光子宛の葉書では、この事件を「不愉快な事件」と記している。
    12月、腹膜炎と肺結核を患い、発熱が続く。
    1912年(明治45年)3月7日、母・カツ死去。4月9日、土岐 善麿は第二歌集出版の話を啄木に伝える。4月13日午前9時30分頃、小石川区久堅町にて肺結核のため死去。妻、父、友人の若山牧水に看取られている。享年26。

    ピカピカの 新品です。 

    ヴェレンシュピール
    ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても
    楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波 一面に さざ波を表現した 作品集です。

    20151018130533_00001.jpg 
    ザビーネ・ワックス女史
    マイセンの未来を着実に描き続け ヴェレンシュピールの中で 古典的なマイセンの世界に 独自の感性で自然を表現し 彼女ならではの細やかな表情を実現させました。伝統と若い感性のコラボレートにから生まれたこのシリーズによってマイセンはまた新しい「スタンダード」を誕生させました。
    MS 2002限定 650084 ヴードゥー多彩色MS 2002限定 819987 ヘロルト 拡大
    マイセン ヴードゥー パーワイズ 6ピースカップセット 世界限定 22金ロゴ 
    マイセン・ヴードゥー・650084 2002年(パーワイズ 夫婦和み年) 6ピースカップセット 世界限定 22金ロゴ  のお求めはコチラ

    偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
    新グロッサー・アウシュニット型「ブルーオーキッド」などが ここから生まれました。

    1975年には 更に若い世代による クンストラー・コレクティヴが 立ち上げられ ヴェレンシュピール型 「波の戯れ」や「青い花」を 生み出しております。

    MS 白い波の戯れ 29579デミ (1)他店
    今作 予約注文店の写真 カップ 口径6.7cm 高さ5.5cm

    MS 白い波の戯れ 29579デミ (1)
    旧作 当店 カップ 口径6.4cm 高さ6cm

    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。
    1727年 アウグスト強襲王は 磁器宮殿内の2階回廊に 磁器動物園を思い立ちました。さてそうなると ベテラン造形師が必要になります。当時マイセンには 絵付け師ヘロルトが シノワズリ ジャポネズリを確立し 権威をふるっておりました。造形は 絵付けの引き立て役程度に 抑えられておりました。そこで ヨハン・ゴットリーブ・キルヒナーやヨハン・クリストフ・リュッケなどの彫刻家を 招聘して 動物造形に挑ましたのですが 磁器の扱いは難しく 思うようにはいきませんでした。1728年 21歳の彫刻士キルヒナーの自信は 数ヶ月で造形士たちの侮辱の的と化した。嘲笑と不評化に耐えられなくなったキルヒナーは 売春宿通いで憂さを晴らすのですが悪いことに重い性病に侵されるのです。業を煮やしたマイセン特別委員会はキルヒナーを解雇決定しました。

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-3」 詳しくは コチラをクリック  してください。

    日本においては小さな人形の類がフィギュアと呼ばれている。この場合 フィギュリンが相応しいのでは ?

    ローマ皇帝ティトゥスによって初めてヨーロッパにもたらされたインドサイの銅版画 ?
    インドサイ原画

    1583年 アブラハム・デ・ブルンの銅版画 デューラーを手本にしたのか「デューラーのちび角」がある。
    インドサイ原画ドゥ・ブリュン

    1728年 マイセンを首になったキルヒナーは ワイマール公爵邸で石造彫刻師の職を得 性病も治ったのか 妻をめとりそれなりの幸せにあった。マイセンはキルヒナーの代わりに入れたリュッケも ものの役に立たず首にしており 困った工場査察官のラインハルトは まだましなキルヒナーを呼び戻そうと画策しました。造形の親方の地位を餌に復帰にこぎつけました。親方になってようやく作り上げたライオン エレファントやインドサイも実物を知らぬとはいえ 静的で精彩を欠いたもので滑稽でさえありました。

    インドサイ
    インドサイ 1732年原作。2010年 復刻  H28cm。 \3.780.000
    アブラハム・デ・ブルンの銅版画を手本にしたので「デューラーのちび角」がある。

    マイセン 【2005年世界限定】 マイスター限定作品 踊る白狐 H33cm 30%Off  のお求めはコチラ

    MS 2005限定 999984 78955 ダンシングフォックス(raku)
    当店所蔵 マックス・エッサー作 H33cm \793.800 比べてみてください。

    (2010年 落第生のキルヒナーをもてはやし 落第作のインドサイを鳴り物入りで復刻するに至っては 無知の露呈か はたまた売らんかなの商人根性か いずれにしろ偉大な3人のヨハンのマイセンを貶めるものです。7年間 書くべきか 書かざるべきか煩悶してきましたが 当店の周りでこのインドサイをつかまされた人が出るに及んで ついに意を決して公表するに及びました。) 
    キルヒナーにつづきリュッケもマイセン特別委員会が解雇通知するにいたり 不甲斐なさに立腹するアウグスト強襲王は  灯台下暗し 宝物庫「緑の丸天井」で 宮廷彫刻家の若い助手 ヨハン・ヨアヒム・ケンドラーの仕事ぶりに マイセンの造形問題解決への閃きを 見出しました。1731年 アルブレヒト城に やってきたケンドラーは  たちどころに 如何なく天分を発揮し 成功を収めていきました。王は 自らの先見の明を立証した この若者を 親方に任じ 寵遇しました。王は 己の眼の確かさに満足し 若きケンドラーを 親方に抜擢しました。
    格下の親方であったケンドラーが 次々に成功をおさめ 王の覚え芽出度いうえ 給料が少なかったことに憤慨して キルヒナーは1733年 自らマイセンを去りました。ケンドラーに満足するマイセンからは体の良い厄介払いと 慰留の声もかかりませんでした。

    マイセン 【フィギュリン】  天球上の穢れ無きマリア・72075 H44cm 30%Off  のお求めはコチラ  

    MS 天球上のけがれなきマリア(raku)
    天球上の穢れ無きマリア H44cm  当店所蔵
    これがキルヒナーのインドサイと同値(\3.780.000)と聞けば どう思いますか ?
    それもここから30%Offするんですよ。

  • マイセン 【波の戯れホワイト】 コーヒーC/S 29582  20%Off
    マイセン 【波の戯れホワイト】 コーヒーC/S 29582  20%Off
    8,800円

    本体価格: ¥10.000

    小さい写真を クリックすると 拡大します。

                                                      
    ms.jpg
    ブランド箱 385円 ギフト包装用に 正規代理店から購入しております。


    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが  予約注文店や 今作を入れた店はあるのですが 美しい旧作の新品在庫を持っているお店は無くて しかも今作よりお安いのは 流石はお熟成アインさん。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。無理をして入れても 損を覚悟で10%Offがせいぜいです。
    それでは美しい旧作を何故お安くできるんですか ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    あるご夫婦のお客さんから
    「アインさんは 他所にない良い物をたくさんお持ちですが あまり有名にならないでいてほしい。買いたいものが色々あるのですが 自分たちは そんなに余裕がないから 少しずつしか買えないので あまり有名になられて どんどん売切れていくのが心配です。」と言われました。当店の返事は「大丈夫ですよ。宣伝広告するぐらいなら その広告代をいつか巡り合うお客さんに還元したいので 宣伝広告したことありませんから」でした。
    でも宣伝の力って凄いですね。宣伝して有名になると高くても売れるんですから

    こだわりの 岡本 笥椎(ジュンスイ)
    家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあらば 椎の葉に盛る 有間皇子 万葉集 巻二(一四二)
    (私の号する笥椎とは 華やぐ器 実用の器を意味します。まあ茶碗というところです。)

    ピカピカの 新品です。 

    「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 葛飾北斎1823年~1835年
    1905年に出版されたスコアの表紙には、葛飾北斎の浮世絵である冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が使用された。これはドビュッシーの、あるいは当時のパリの東洋趣味を象徴するものとしてよく知られている。
    富嶽
    『海 - 管弦楽のための3つの交響的素描』は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1905年に作曲した管弦楽曲。題名の通り、海の情景を表した標題音楽であり、交響詩『海』とも呼ばれる。ドビュッシーの最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品であり、近代音楽史上最も重要な作品の1つである。この作品の次作にあたる管弦楽のための『映像』の作曲中にドビュッシーは、「音楽の本質は形式にあるのではなく色とリズムを持った時間なのだ」と語っているが、本作はこの言葉を裏付ける「音楽」である。演奏時間は約23分。
    この作品は1903年の夏に着手された。この頃ドビュッシーはブルゴーニュ地方にある妻リリー・テクシーの実家にいた。この年の9月12日付の手紙でアンドレ・メサジェ宛に、この作品に取りかかったこと、この作品が、「サンギネールの島々の美しい海」、「波の戯れ」、「風が海を踊らせる」という副題を持つ3つの楽章から構成されることを伝えている。同じ手紙の中で彼は、自分が今いるブルゴーニュから海は見えないが、記憶の中の海の方が現実よりも自分の感覚には合っていると述べている。尚、実際に書き上がった作品では、これらの副題は外され、「海の夜明けから真昼まで」 「波の戯れ」 「風と海との対話」というタイトルが付された。
    しかし、実際にはこの作曲は難航した。ドビュッシーはペレアスとメリザンドの成功で作曲家としての名を楽壇に轟かせた一方、私生活では、1904年妻リリーを捨て、著名な銀行家の妻であったエマ・バルダックと駆け落ちをするというスキャンダルを起こしたのである。これはリリーの自殺未遂にまで発展し、友人の多くがドビュッシーを離れ、彼は世間の批判の矢面に立たされる結果となった。皮肉にも、この作品は、その後の生涯の伴侶となるエマとの生活における第一作となった。完成したのは1905年3月5日、ロンドン近郊、ドーヴァー海峡に面したイースト・ボーンの海辺においてである。
    初演は、1905年10月15日、カミーユ・シュヴィヤール指揮のコンセール・ラムルー管弦楽団によって行われた。 前述したエマとのスキャンダルが冷めやらぬなか、オーケストラの団員は作品に背を向けたため、演奏の出来は芳しいものではなかった。聴衆、批評家たちの反応も賛否両論であり、彼らは、この作品が「海」らしくなく、「ペレアスとメリザンド的」なドビュッシーの音楽ではないことに面食らったようである。
    しかし、3年後の1月19日、作曲者自身の指揮、コロンヌ管弦楽団によって行われた再演では、この作品の真価が認められ、以後、主要な管弦楽作品として定着するとともに、印象主義音楽、20世紀音楽を代表する傑作としての評価が確定することとなった。

    美女波の戯れ - コピー
    波と戯る美女

    日本にもある 「波の戯れ」 箏曲
    静かな曲調、怪しい曲調、激しい曲調と表情豊か。民謡「金比羅」をモチーフにした、なんだか怪しげな雰囲気のある曲。
    前から知っていたのですがいい写真がありません。

    琴ヶ浜のイメージ
    その姫を琴姫、この浜を琴ヶ浜
    ある平家の姫が、壇ノ浦の源平の戦に敗れこの地に流れ着いた。その時村人に助けられたお礼に、姫は毎日琴を奏でていた。その姫が亡くなると、砂浜が琴の音のように鳴くようになった。それ以来その姫を琴姫、この浜を琴ヶ浜と呼ぶようになったと云う。

    『一握の砂』 石川啄木
    東海の 小島の磯の 白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる  
    『一握の砂』
    頬につたふ なみだのごはず 一握の 砂を示しし 人を忘れず
    いのちなき 砂のかなしさよ さらさらと 握れば指の あひだより落つ
    たはむれに 母を背負ひて そのあまり 軽きに泣きて 三歩あゆまず
    はたらけど はたらけど猶 わが生活 楽にならざり ぢつと手を見る
    いたく錆びしピストル出でぬ砂山の砂を指もて掘りてありしに

    この三十一文字は ある男の人生のドラマを想像させる力を持っています。
    作詞家萩原四朗はそうした想像をかき立てられた一人で「ピストル」を「ジャックナイフ」に置き換えて「錆びたナイフ」を作りました。
    この詞に上原賢六が曲をつけ、石原裕次郎が主題歌「錆びたナイフ」(1957年)は、184万枚のミリオンセラーとなりました。
    砂山の砂を指で掘ってたらまっかに錆びたジャックナイフが出て来たよどこのどいつが埋めたか胸にじんとくる小島の秋だ
    薄情な奴を思い切ろうとここまで来たか男泣きしたマドロスが恋のなきがら埋めたかそんな気がする小島の磯だ
    海鳴りはしても何も言わないまっかに錆びたジャックナイフがいとしいよ俺もここまで泣きに来た同じおもいの旅路の果てだ

    『錆びたナイフ』は、1958年制作の日本のアクション映画。日活製作。
    石原慎太郎原作の小説を石原裕次郎主演で映画化。石原慎太郎は裕次郎の主演を念頭に置いて原作を書いた。

    石川啄木と小奴 野口雨情
    石川は人も知る如く、その一生は貧苦と戦つて来て、ちよつとの落付いた心もなく一生を終つてしまつたが、私の考へでは釧路時代が石川の一生を通じて一番呑気であつたやうに思はれる。それといふのも相手の小奴が石川の詩才に敬慕して出来るだけの真情を尽してくれたからである。
    石川啄木「芸妓小奴」愛人2石川啄木「芸妓小奴」愛人
    「芸妓小奴」 石川啄木愛人
    かうした石川の半面を私が忌憚きたんなく発表することは、石川の人と作品を傷つける如く思ふ人があるかも知れないが私は決してさうとは思はない。妻子がありながら、しかも相愛の妻がありながら、しかもその妻子までも忘れて、流れの女と恋をすることの出来たゆとりのある心こそ詩人の心であつて、石川の作品が常に単純でしかも熱情ゆたかなのも、皆恋する事の出来る焔が絶えず心の底に燃えてゐたから、それがその作品に現れてきてゐるので、もし石川にかうした心の焔がなかつたならば、その作品は死灰しかいの如くなつて、今日世人から尊重されるやうな作品は生れて来なかつたかも知れない。
    いはば石川の釧路時代は、石川の一生中一番興味ある時代で、そこに限りなき潤ひを私は石川の上に感ずるのである。このことを石川が地下で聞いたならば苦笑をもらすか、微笑をもらすか、石川のことであるから多分苦笑をもらし乍ら煙草を輪に吹いてだまつてゐるだらうとそれが私の目に見ゆるやうに感じられてくる。
    岡本はこの書をもって 薄幸の小奴への仕打ちを許せなかったが 石川啄木も少し憐れに思えて・・・・・

    「ローマ字日記」に浅草に通い娼妓と遊んだ件が赤裸々に描写されていた。「彼の借金のほとんどはこうした遊興に費やされ、それが為の貧困だった」と、金田一春彦は語っている。
    同郷の親友・金田一京助(左)
    (左)同郷の親友・金田一京助
    啄木は各方面に借金をしており、またその事を自身で記録に残しているが、合計すると全63人から総額1372円50銭の借金をしたことになる。この金額の内、返済された金額がどれくらいあるかは定かではない(2000年頃の物価換算では1400万円ほど。この借金の記録は、宮崎郁雨(合計額として最多の150円の貸し主)によって発表されたが、発表の後には啄木の評価は「借金魔」「金にだらしない男」「社会的に無能力な男」というのが加わるようになった。
    啄木は友人宛の手紙で蒲原有明を「余程食へぬやうな奴だがだましやすい」、薄田泣菫や与謝野鉄幹を「時代おくれの幻滅作家」と記すなど、自身が影響を受けたり世話になった作家を侮辱したほか、友人からの援助で生活を維持していたにも関わらず「一度でも我に頭を下げさせし 人みな死ねと いのりてしこと」と詠んだ句を遺すなど傲慢不遜な一面もあった。9月に宮崎郁雨が妻節子に送った無記名の手紙に「君一人の写真を撮って送ってくれ」とあったのを読み、これを妻の不貞と採った啄木は節子に離縁を申し渡すと共に、郁雨と絶交することを告げた。1911年9月16日付の啄木の妹・光子宛の葉書では、この事件を「不愉快な事件」と記している。
    12月、腹膜炎と肺結核を患い、発熱が続く。
    1912年(明治45年)3月7日、母・カツ死去。4月9日、土岐 善麿は第二歌集出版の話を啄木に伝える。4月13日午前9時30分頃、小石川区久堅町にて肺結核のため死去。妻、父、友人の若山牧水に看取られている。享年26。

    ピカピカの 新品です。 

    ヴェレンシュピール
    ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても
    楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波 一面に さざ波を表現した 作品集です。

    20151018130533_00001.jpg 
    ザビーネ・ワックス女史
    マイセンの未来を着実に描き続け ヴェレンシュピールの中で 古典的なマイセンの世界に 独自の感性で自然を表現し 彼女ならではの細やかな表情を実現させました。伝統と若い感性のコラボレートにから生まれたこのシリーズによってマイセンはまた新しい「スタンダード」を誕生させました。

    MS 2002限定 650084 ヴードゥー多彩色MS 2002限定 819987 ヘロルト 拡大 
    ヴードゥー (パーワイズ) 6ピースカップセット 世界限定 22金ロゴ

    マイセン・ヴードゥー・650084 2002年(パーワイズ 夫婦和み年) 6ピースカップセット 世界限定 22金ロゴ  のお求めはコチラ

    偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
    新グロッサー・アウシュニット型「ブルーオーキッド」などが ここから生まれました。

    1975年には 更に若い世代による クンストラー・コレクティヴが 立ち上げられ ヴェレンシュピール型 「波の戯れ」や「青い花」を 生み出しております。

    MS 白い波の戯れ 29582 コーヒー-1今作
    今作 版の摩耗からか 小波が不鮮明。カーブ甘く 寸胴。  

    MS 白い波の戯れ 29582 コーヒー-1
    旧作 口縁の波広く カーブ 優美

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168 20%Off  のお求めはコチラ

    MS 2000限定 931689 額装 翠の月2  
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン 翠の月 拡大 当店所蔵 これも釉薬の下絵付

  • マイセン 【波の戯れホワイト・000000】  ティーC/S・29633  170cc 15%Off
    マイセン 【波の戯れホワイト・000000】  ティーC/S・29633  170cc 15%Off
    9,350円

    本体価格: ¥10.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します


    漣を見せる為に暗くしておりますが 現物は純白です。

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げてるからです。


    ピカピカの 新品です。 

    「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 葛飾北斎1823年~1835年
    1905年に出版されたスコアの表紙には、葛飾北斎の浮世絵である冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が使用された。これはドビュッシーの、あるいは当時のパリの東洋趣味を象徴するものとしてよく知られている。
    富嶽
    『海 - 管弦楽のための3つの交響的素描』は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1905年に作曲した管弦楽曲。題名の通り、海の情景を表した標題音楽であり、交響詩『海』とも呼ばれる。ドビュッシーの最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品であり、近代音楽史上最も重要な作品の1つである。この作品の次作にあたる管弦楽のための『映像』の作曲中にドビュッシーは、「音楽の本質は形式にあるのではなく色とリズムを持った時間なのだ」と語っているが、本作はこの言葉を裏付ける「音楽」である。演奏時間は約23分。
    この作品は1903年の夏に着手された。この頃ドビュッシーはブルゴーニュ地方にある妻リリー・テクシーの実家にいた。この年の9月12日付の手紙でアンドレ・メサジェ宛に、この作品に取りかかったこと、この作品が、「サンギネールの島々の美しい海」、「波の戯れ」、「風が海を踊らせる」という副題を持つ3つの楽章から構成されることを伝えている。同じ手紙の中で彼は、自分が今いるブルゴーニュから海は見えないが、記憶の中の海の方が現実よりも自分の感覚には合っていると述べている。尚、実際に書き上がった作品では、これらの副題は外され、「海の夜明けから真昼まで」 「波の戯れ」 「風と海との対話」というタイトルが付された。
    しかし、実際にはこの作曲は難航した。ドビュッシーはペレアスとメリザンドの成功で作曲家としての名を楽壇に轟かせた一方、私生活では、1904年妻リリーを捨て、著名な銀行家の妻であったエマ・バルダックと駆け落ちをするというスキャンダルを起こしたのである。これはリリーの自殺未遂にまで発展し、友人の多くがドビュッシーを離れ、彼は世間の批判の矢面に立たされる結果となった。皮肉にも、この作品は、その後の生涯の伴侶となるエマとの生活における第一作となった。完成したのは1905年3月5日、ロンドン近郊、ドーヴァー海峡に面したイースト・ボーンの海辺においてである。
    初演は、1905年10月15日、カミーユ・シュヴィヤール指揮のコンセール・ラムルー管弦楽団によって行われた。 前述したエマとのスキャンダルが冷めやらぬなか、オーケストラの団員は作品に背を向けたため、演奏の出来は芳しいものではなかった。聴衆、批評家たちの反応も賛否両論であり、彼らは、この作品が「海」らしくなく、「ペレアスとメリザンド的」なドビュッシーの音楽ではないことに面食らったようである。
    しかし、3年後の1月19日、作曲者自身の指揮、コロンヌ管弦楽団によって行われた再演では、この作品の真価が認められ、以後、主要な管弦楽作品として定着するとともに、印象主義音楽、20世紀音楽を代表する傑作としての評価が確定することとなった。

    美女と波の戯れ6
    波と戯る美女

    ピカピカの 新品です。 

    ヴェレンシュピール
    ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを 失う事無く 使っても
    楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波 一面に さざ波を表現した 作品集です。

    20151018130533_00001.jpg 
    ザビーネ・ワックス女史
    マイセンの未来を着実に描き続け ヴェレンシュピールの中で 古典的なマイセンの世界に 独自の感性で自然を表現し 彼女ならではの細やかな表情を実現させました。伝統と若い感性のコラボレートにから生まれたこのシリーズによってマイセンはまた新しい「スタンダード」を誕生させました。
    MS 2002限定 650084 ヴードゥー多彩色
    MS 2002限定 819987 ヘロルト 拡大
    世界限定 22金ロゴ 
    マイセン・ヴードゥー・650084 2002年(パーワイズ 夫婦和み年) 6ピースカップセット 世界限定 22金ロゴ  のお求めはコチラ

    偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
    新グロッサー・アウシュニット型「ブルーオーキッド」などが ここから生まれました。

    1975年には 更に若い世代による クンストラー・コレクティヴが 立ち上げられ ヴェレンシュピール型 「波の戯れ」や「青い花」を 生み出しております。

    3人の天才ヨハン-5 
    1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)
    錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 
    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 
    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。

    1817 緑色の染付顔料 酸化クロム発明
    1827 グランツゴールド 金彩を完成 H・G・キューン
    1833ごろから 銅版転写染付・印判手
    1839 焼成燃料に 石炭
    1852 虹色のシラー彩(ラスター) H・G・キューン
    1853 蒸気機関 採用
    1860~1865 新トリービッシュタール工場へ移転18世紀、中国の泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立した 此の世のものとは思えぬほど 美しいパテ・シュール・パテ技法を 1873年ウィーン博覧会で目の当たりにした ハインツェ博士は 大いなる刺激を受け 永い研鑽の末 1878年にマイセンも会得。 これは 当時 セーヴルの後塵を 拝し出していた マイセンにとって 一大事件でもありました。

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168 30%Off  のお求めはコチラ
      
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。殆どの業者さんが 仏ブルボン王朝の放蕩王ルイ15世が 寵姫ポンパドール夫人の美の追求に湯水のごとく大枚をつぎ込み 美の権化と詠われたセーヴルの名声にあやかり あたかもセーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作したかに箔付けをして高価を詠います。実際は セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺をご覧になればお判りのように 元祖 中国泥彩画と余り変わりません。マイセン・翠の月 パテ・シュール・パテをご覧になればお判りのように 発展開花は20世紀になってからですが もうこの域になると 本家中国泥彩画をはるかに凌駕しております。セーヴルに追い抜かれた恐怖からとはいえ マイセンのハインツェ博士でも セーヴルを過大視されたほどですから 商売人にあっては 名窯セーヴルのルイ・ソロンを引き合いに 誇大宣伝したいのでしょう。山高きが故に 貴からず。セーヴルが ルイソロンが故に 高貴なのではありません。多くの先史時代や産業革命前の時代の文化で、スリップウェアが作製されている。最古のものは紀元前5000年の古代中国や古代中東で作られた。その後、アフリカの多くの地域、南北アメリカ大陸の先住民の間や、初期の朝鮮半島、ミケーネ文明、古代ギリシアの陶芸、イスラームの陶芸、
    ヨーロッパなどで建築の壁の装飾に使われたズグラッフィート,
    ズグラッフィート2
    ブリュッセルの壁画は、「ズグラッフィート」2層漆喰(泥漿)を重ね塗りと、掻き落としの装飾技法。(巷にあふれる「セーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作」は誇大宣伝。この名画と言えど古代ローマのポートランドの壺やカメオと同技法)
    17~18世紀のイギリスでの重厚な陶器スリップウェアの釉薬と組み合わた 戯画風トフト皿や日本人好みの櫛目文にパテ・シュール・パテの萌芽が見られ もちろんアンダーグレースです。(イギリス スリップウェア鳥文鉢 1769)
    ヘレンドでも 1860~1870年ごろには スリップ状磁土を盛り上げ鱗文(トゥッピーニーの角笛)を加飾しております。
    19世紀末 KPMのテオドールヘルマンは ズグラッフィート(パテシュールパテ)を独自に応用開発しておりました。
    20世紀のリチャードジノリでも パールブルーにある 私命名の粉彩リングは 中国の泥彩由来のパテシュールパテの転写版です。粉彩は主に水泥(スリップ状磁土)を地に施したものです。 陶器などでは普通に行われていた自然釉期待の素焼をヒントにしたのか マイセンが 18世紀の中世を席捲したウェッジウッドのジャスバーに対抗して焼き締め陶器(ハードストーンウェア)に先祖返りしたのがビスク焼と呼んでいるものです。
    20170520MS_00001.jpg
    マイセン ウェッジウッドのネオクラシックの華 ジャスパー・エトラスカンダンサーをビスク焼で模倣。1817~24。
    ただ ソロンの創作ではないが より絵画的表現への進歩  ハインツェ博士から L・シユトルムに至り ついにはG・アーノルドに至る芸術への昇華 これがすばらしいのです。洋食器愛好家には 高価を詠う宣伝にまやかされず 美術品を正しく理解・鑑賞してもらうために 中傷誹謗の恐れを 敢えて言わせてもらいます。 
    豆彩 闘彩 五彩 青花染付 粉彩 雑彩 剔花 泥彩画etc.まだまだ 中国は実に懐深い。

    1773年頃の エトラスカン・ダンサーズ・プラクウ ウェッジウッド美術館蔵
    1773.jpg
    本日 私は大変なことに気が付きました。ヨーロッパ中を席捲したこのジャスバーウェアーこそ 紛れもなく パテシュールパテ そのものです。筆描きアンダーグレースと型押し無施釉の違いはありますが 100年も前にジョサイアは ルイ・ソロンをはるかに絵画的表現において凌駕しております。近代になってミントンの進化したパテシュールパテにも遜色はありません。ただ残念なのは 今のジャスパーはルイ・ソロン並みに退化しております。それにしてもジャスパーに痛めつけられて模倣までした(1817~24)マイセンに所属したハインツェ博士は ルイ・ソロンのパテシュールパテを見たとき(1873)に 何故気が付かなかったのでしょうか ? まさか釉薬に惑わされたというのでしょうか ? ルイ・ソロンが猛威を振るったジャスパーを知らなかったのは確かと思われますのは 知っていれば 恥ずかしくて創作などとは言えなかったでしょう。かくいう岡本もパテシュールパテの研究を始めて1年半 折に付け ジャスパーを俎上に載せながら パテシュールパテのすべてが見えていなかったようです。
    セーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作説が巷に蔓延しております。赤信号みんなで渡れば怖く無い てんで 子引き孫引き 流布しております。「一犬 虚に吠ゆれば 万犬 実を伝う(一人がいいかげんなことを言うと、世間の多くの人はそれを真実のこととして広めてしまう)」如く 間違いが蔓延しております。もし異論 反論有ればどうぞ申し出てください。

    セーブルがパテ・シュール・パテ技法を創作といったかどうかは知りませんが マイセンのハインツェ博士も  セーブルの創作と思って 後塵を拝している決定的一大事件と思い 約10年間の研究の末 パテ・シュール・パテ技法を習得し セーヴルに追いついたとマイセンあげて喜びました。

    象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文
    中国泥彩象嵌鶴文水指 高さ18、8cm 白泥鉄絵緑彩松樹鶴文(遠景の山々は白泥) 

    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 
    セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺 1880年 ジュール・アンドレア作
    初期のセーブル窯パテ・シュール・パテは 中国泥彩とあまり大差はありません。

    ミントンは 大陸の王立窯 特にフランスのセーヴルから 工芸家を招聘して 腕に磨きをかけておりました。工場内では 英語に引けを取らないぐらいフランス語が飛び交っておりました。1871年 ルイ・ソロン(18世紀、中国人により編み出された泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立したパテ・シュール・パテ技法)を招聘して 美しいパテ・シュール・パテ技法を マイセンに先駆けて 自家薬籠中のものにして 更に 世界の王侯貴族をうならす 貴族趣味の芸術品をものにした 「パテ・シュール・パテのミントン」の名声は セーヴルを 出し抜くほどでした。)

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

    1918 第1次世界大戦末期 ザクセン王国瓦解 マイセンは 国立窯に


     

1

(カテゴリー内 : 15点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索