カテゴリー

全件表示 (5082) 福袋 (16) 新入荷商品 (116) 祝新入学・新入社フェア (136) みどりの日フェア (84) アウガルテン (89) アビランド (395) アラビア (5) ウェッジウッド (1087) エインズレイ (50) エルメス (146) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (25) スポード/ダッチェス (27) スワロフスキー (88) バカラ (244) ビレロイボッホ (10) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (59) ブルガリ・ローゼンタール (36) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (434) ボヘミア (65) ホヤ (17) マイセン (486) 赤葡萄・白葡萄/ その他 (1) 青い花 (15) アフロディテ (6) アラビアンナイト千夜一夜 (8) アルペンフローラ/ フローラ (14) イヤーズプレート (22) 1996年復刻イヤープレート (8) 記念/ メモリアル・プレート (8) イェロー・オレンジローズ・バラと忘れな草 (2) インドの花・各色 柿右衛門写し (13) ヴァインリーフ/ 柊南天染付ゴールド (2) X / B・フォーム (13) 花鳥虎文・402110  (1) 果物模様/ 花と果実/ フルーツと花 (8) 御所車花模様 (6) シノワズリ緑龍/ ミング(明代)ドラゴン (4) 写実的な花/ ドイツの花 (3) シャドウフラワー/ 柊南天金彩 (8) ジャポネズリ・ストローフラワー (4) 祝祭舞踏会/ マルガリータ (2) 松竹梅柴垣鳥文・455110  (1) 松竹梅虎文・401110  (1) スキャタードフラワー(散らし小花) (4) スワンサービス/ ワトーグリーン (4) そよ風/ ベゴニア/ 森の声 (8) 太湖石に花鳥文・341110 (1) 中国蝶文・393110  (1) 東洋の伝説動物・571310  鳥と小蝶/ マイセンバード (7) 波の戯れホワイト (15) 花と蝶/ リアルな花と蝶 (5) 昼顔/ ローゼンブーケ (5) 二つ花 (39) プラチナコバルト (4) ブルーオーキッド (19) ブルーオニオン (44) ホワイトレリーフ (6) マイセンのバラ (2) 真夏の夜の夢 (16) 三つ・四つ・五つ・六つ 花 (10) 水辺の動物・花 (7) 緑の花束 (6) メロディードラゴン (8) (様式的な花)ドイツブルメン (7) 龍と鳳凰文 (6) 和風花鳥文金彩・465110  (1) マイセンVIP/ロゴ (11) マイセン特撰・限定洋食器 (23) マイセン特撰限定ベース (20) マイセン特撰限定オブジェ・キャンドルスタンド (11) マイセン磁板画 (19) マイセン人形 (27) ミントン (41) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (846) リヤドロ (55) レイノー (5) ローゼンタール (5) ロイヤルアルバート (57) ロイヤルウースター (28) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (434) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

マイセン > ホワイトレリーフ

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • マイセン 【ホワイトレリーフ】 ティーポット 1.1L  25%Off
    マイセン 【ホワイトレリーフ】 ティーポット 1.1L  25%Off
    53,625円

    本体価格: ¥65.000


    小さい写真をクリックすると拡大します。

     
    レリーフ 
    愛する マハデヴァー寺院カジュラホ インドでは、アジアでの壁にカーマスートラを示すカップルの彫刻
    カーマスートラ2
    拡大写真
    カーマ・スートラ(サンスクリット語:)は、古代インドの性愛論書で、推定でおよそ4世紀から5世紀にかけて成立した作品といわれており、現存するもとのとしては最古の経典である。『アナンガ・ランガ』『ラティラハスヤ』と並んでインド3大性典のひとつとされ、そのうちで最も重要なものとされる。
    著者はヴァーツヤーヤナで、正式なタイトルは『ヴァーツヤーヤナ・カーマスートラ』となる。 

    左端はガネーシャですよね。
    ガネーシャは、ヒンドゥー教の神の一柱。その名はサンスクリットで「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味する。同じ意味でガナパティとも呼ばれる。また現代ヒンディー語ではガネーシュ、ガンパティなどと発音される。インドでは現世利益をもたらす神とされ、非常に人気がある。「富の神様」として商人などから絶大な信仰を集めている。
    太鼓腹の人間の身体に 片方の牙の折れた象の頭をもった神で、4本の腕をもつ。障害を取り去り、また財産をもたらすと言われ、事業開始と商業の神・学問の神とされる。インドのマハラシュトラ州を中心にデカン高原一帯で多く信仰されている。ガネーシャの像の中には杖を持っているものもおり、この杖は「アンクーシャ」と呼ばれている。
    ガネーシャ

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べまして  在庫あるお店を一軒見つけましたが お熟成アインが断然お安いです。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で30%ffがせいぜいです。
    それではお熟成アインは 何故 お安いのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    三美神 ホワイトレリーフ  H.40×W.40×D.8cm パリ・ルーブル美術館収蔵 紀元前1世紀頃制作
    三美神レリーフ

    三美神とは、ギリシア神話とローマ神話に登場する美と優雅を象徴する三人の女神。ラファエロ・サンティの作品やサンドロ・ボッティチェッリの「春」にも描かれている。
    『カリス三美神たち』
    『カリス(美と優雅を司る女神)三美神たち』 ラファエロ・サンティ、1504-05
    ギリシア神話に登場する三美神で、それぞれ魅力、美貌、創造力を司っている。一般的には、ヘーシオドスの挙げるカリスのアグライアー、エウプロシュネー、タレイアとされている。一部にはパーシテアー、カレー、エウプロシュネーの3柱を三美神とする説もある。また、パリスの審判に登場する美しさを競うヘーラー、アテーナー、アプロディーテーも指すことがあり、分別に権力、軍功、美女を象徴する。
    ローマ神話に登場する三美神で、それぞれ愛、慎み、美を司っている。ギリシア神話の美しさを競う三美神と対応させて、主にユーノー、ミネルウァ、ウェヌスが有名。

    日本の焼き物でホタルと言われているホタル焼の造り方は、本家中国と同じく 素磁が半乾きの時 ピアスに開けて、そこに釉薬を掛けて焼き上げます。明かりに透かすと、薄い釉薬の膜の米粒の跡が蛍の光るように見えることから、日本ではホタル焼きと名が付けられましたが、中国ではホタル焼とは言わず 「玲瓏(リンロン 美しく照り輝く)」と呼ばれます。
    【中国景徳鎮玲瓏磁茶器セット(白花)】
    【中国景徳鎮玲瓏磁茶器セット(白花)】 

    ピカピカの 新品です。  現品 即納

    グロッサー・アウシュニット型レリーフ 

    蛍焼き様式 
    ティーを入れると 小円の真中が 幽かにポッと 染まります。
    中国では ピアスで磁器を切り取って 釉薬をかけ うすい釉薬の膜でピアスの穴を 覆います。西洋では 磁器を 穿って 磁器の薄い部分を作り 蛍焼き効果を期待しますが 本家蛍焼きに比べれば ずいぶん見劣りします。マイセンでは レリーフを三段階ぐらいに穿って 釉薬の膜ほどではありませんが そこそこ薄い磁器を出現し 蛍焼き効果を 見せております。マイセンなら 本家蛍焼き様式ができないわけがありませんが 費用対効果を重んじる 合理主義が この辺で手を打たしめたのでしょう。
    レリーフを見せるために 写真を暗くしておりますが マイセン特有の 純白の白磁です 

    マイセン 【ホワイトレリーフ】 コーヒーC/S 20%Off
    マイセン 【ホワイトレリーフ】 コーヒーC/S  蛍焼き参考

    偉大なマンネリズムを 標榜する一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。新グロッサー・アウシュニット型に 蛍焼き様式の「ホワイトレリーフ」等のヒット作が ここから生まれました。

    3人の天才ヨハン 
    1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)
    錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 
    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 
    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。
    この3人を語らずして マイセンを語ることは出来ません。

    まず1人目は ヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。彼の名は マイセンとともに 永久不滅です。 

    錬金術師 1~5 に詳述 コチラをクリック  してください。

    「欧州磁器戦争史 3人の天才ヨハン 1」 詳しくは コチラをクリック  してください。

  • マイセン 【ホワイトレリーフ】 コーヒーポット 1.0L  20%Off
    マイセン 【ホワイトレリーフ】 コーヒーポット 1.0L  20%Off
    60,720円

    本体価格: ¥69.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。 

     
    『風景の中のバッカンテ』
    『風景の中のバッカンテ(バッカスの巫女)』 風景画で知られる カミーユ・コロー の珍しい裸婦像

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べまして  在庫あるお店を一軒見つけました(売り切れてます)が お熟成アインが断然お安いです。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で10%ffがせいぜいです。
    それではお熟成アインは 何故 お安いのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    バッカスの信女のレリーフ メトロポリタン美術館
    メトロポリタンのバッカスの信女のレリーフ
    紀元前425年から紀元前400年頃のオリジナル作品からのコピーです。このコピーは西暦1世紀から2世紀の間に作られたものです。
    マイナードとはバッカスの信女のことで、ギリシャ語になるとマイナーディとなり、複数系になるとマイナーデスになります。
    ギリシャ神話にでてくるディオニソス酒神について歩く狂乱の女性たちのことです。
    ディオ二ソス酒神はローマ神話ではバッカスことで、このバッカスはギリシャ語から来ているということです。

    「冥府のオルフェウス」 カミーユ・コロー 作
    「冥府のオルフェウス」 カミーユ・コロー 作
    ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(1796年 - 1875年)は、19世紀のフランスの画家。
    オルフェウスはエウリュディケがついて来ているかどうかと、つい振り返ってしまった。すると、たちまち彼女は黄泉の国へ吸い込まれるように消えてしまった。以後オルフェウスは、女というものをさけていた。トラキアの乙女たち(マイナーデス)は、オルフェウスをとりこにしようとしたが、彼は見向きもしなかった。ディオニュソス(バッカス)の儀式の時に、女たちは興奮して、「あそこに私たちを馬鹿にする人がいる」と、狂乱した。
    ディオニュソス
    オルフェウスの死 エミール・レヴィ作  1866年
    エミール・レヴィ(1826年 - 1890年)は、 フランスの ジャンル・肖像画家でした 。
    オルフェウスは手足を裂かれ、頭と竪琴はヘブルス川へ投げ込まれた。ミューズの女神たちは、切れ切れの身体を集めて、リベトラに葬った。竪琴はゼウスが星の中においた。幽霊となったオルフェウスは再び黄泉の国へ行って、エウリュディケに出会う。


    三美神 ホワイトレリーフ H.40×W.40×D.8cm パリ・ルーブル美術館収蔵 紀元前1世紀頃制作
    三美神レリーフ

    三美神とは、ギリシア神話とローマ神話に登場する美と優雅を象徴する三人の女神。ラファエロ・サンティの作品やサンドロ・ボッティチェッリの「春」にも描かれている。
    ジーン・エティエン・リオタール作「三美神」
    「三美神」 ジーン・エティエン・リオタール作
    18世紀のスイスの巨匠ジーン・エティエン・リオタールの作品
    ギリシア神話に登場する三美神で、それぞれ魅力、美貌、創造力を司っている。一般的には、ヘーシオドスの挙げるカリスのアグライアー、エウプロシュネー、タレイアとされている。一部にはパーシテアー、カレー、エウプロシュネーの3柱を三美神とする説もある。また、パリスの審判に登場する美しさを競うヘーラー、アテーナー、アプロディーテーも指すことがあり、分別に権力、軍功、美女を象徴する。
    ローマ神話に登場する三美神で、それぞれ愛、慎み、美を司っている。ギリシア神話の美しさを競う三美神と対応させて、主にユーノー、ミネルウァ、ウェヌスが有名。

    日本の焼き物でホタルと言われているホタル焼の造り方は、本家中国と同じく 素磁が半乾きの時 ピアスに開けて、そこに釉薬を掛けて焼き上げます。明かりに透かすと、薄い釉薬の膜の米粒の跡が蛍の光るように見えることから、日本ではホタル焼きと名が付けられましたが、中国ではホタル焼とは言わず 「玲瓏(リンロン 美しく照り輝く)」と呼ばれます。
    【中国景徳鎮玲瓏磁茶器セット(白花)】
    【中国景徳鎮玲瓏磁茶器セット(白花)】

    ピカピカの 新品です。  現品 即納

    グロッサー・アウシュニット型レリーフ 

    蛍焼き様式 
    ティーを入れると 小円の真中が 幽かにポッと 染まります。
    中国では ピアスで磁器を切り取って 釉薬をかけ うすい釉薬の膜でピアスの穴を 覆います。西洋では 磁器を 穿って 磁器の薄い部分を作り 蛍焼き効果を期待しますが 本家蛍焼きに比べれば ずいぶん見劣りします。マイセンでは レリーフを三段階ぐらいに穿って 釉薬の膜ほどではありませんが そこそこ薄い磁器を出現し 蛍焼き効果を 見せております。マイセンなら 本家蛍焼き様式ができないわけがありませんが 費用対効果を重んじる 合理主義が この辺で手を打たしめたのでしょう。
    レリーフを見せるために 写真を暗くしておりますが マイセン特有の 純白の白磁です 

    マイセン 【ホワイトレリーフ】 コーヒーC/S 20%Off
    マイセン 【ホワイトレリーフ】 コーヒーC/S  蛍焼き参考

    偉大なマンネリズムを 標榜する一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。新グロッサー・アウシュニット型に 蛍焼き様式の「ホワイトレリーフ」等のヒット作が ここから生まれました。

    錬金術師-5
    ベトガーは 1711年 囚われの身のまま 王より男爵に叙せられておりました。
    ベトガーに 自由が許されたのは 1714年4月 32歳のときでした。
                               
    「欧州磁器戦争史  錬金術師 ベトガー 5」 詳しくは コチラをクリック してください。

    磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1~2世紀に 端を発します。
    古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。それまでにも アラブの玄関口であるイタリアには シルクロード経由で 先に入手していた アラブの王様から 自分の威光を 誇る 贈り物として 入ってきておりましたが 東洋からのものと 判明したのは マルコポーロによります。この時 彼は 完品は高すぎて手が出ず 破片を 持ち来ったそうです。 ヨーロッパにおける 磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが 曇ったガラス球に終わりました。同じ16世紀に フィレンツェ大公(富豪メディチ家)は 砂 ガラス水晶粉を 粘土と混ぜた見事な焼き物(軟質磁器)に成功するのですが やはり 東洋の秘法による白い黄金には とても及びませんでした。その後も 欧州各地で 白い黄金の焼成が 試みられますが 総て 陶工達によるものでした。 磁器のガラス質に 惑わされた彼らの せいぜい成功らしきものでも 随分 白い黄金には 見劣りのする 軟質磁器(ヴァンサンヌに続く セーヴルでも フリット軟質磁器)どまりでした。一方  本家中国の景徳鎮で 14世紀には 磁器最後の姿 染付の完成を見ます。東洋では 千数百年の長きにわたる 多くの職人達の 勘と経験を 積み重ねた 結晶の賜物として 花開きました。片や西洋では 憧れの白磁を 科学的に分析することで 錬金術師(中世における 科学者の呼称)ベトガーは わずか3~5年で 1710年に完成させました。ザクセン王国 宮廷科学顧問官 チルンハウス(彼とて 多くの陶工と変わらず 磁器のガラス質に惑わされ 軟質磁器の研究に 堕しておりました。化学的変成にこだわり 分析と 実験の王道により 白磁を極めたベトガーは やはり非凡の天才でした。)の 白磁研究の基礎に 助けられたとはいえ 西洋科学分析手法の 優越性は ベトガーへの個人的資質の賞賛のみにとどまらず 明治維新の日本でも 優れた西洋科学として 競って受け入れられました。今や 日本をはじめ 東洋は 西洋を 凌駕せんばかりの 勢いです。
    少し理屈っぽくなりましたが 磁器をめぐり 東洋と西洋の違いを 言ってみたかったのです。

  • マイセン・ホワイトレリーフ 26cmプレート・26475 20%Off
    マイセン・ホワイトレリーフ 26cmプレート・26475 20%Off
    13,200円
    本体価格: ¥15.000

    グロッサー・アウシュニット型レリーフ 

    蛍焼き様式 

    偉大なマンネリズムを 標榜する一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。新グロッサー・アウシュニット型に 蛍焼き様式の「ホワイトレリーフ」等のヒット作が ここから生まれました。



  • マイセン・ホワイトレリーフ 18cmプレート・26501 20%Off
    マイセン・ホワイトレリーフ 18cmプレート・26501 20%Off
    7,480円
    本体価格: ¥8.500

    グロッサー・アウシュニット型レリーフ 

    蛍焼き様式 

    偉大なマンネリズムを 標榜する一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。新グロッサー・アウシュニット型に 蛍焼き様式の「ホワイトレリーフ」等のヒット作が ここから生まれました。



  • マイセン 【ホワイトレリーフ】 兼用C/S 21%Off
    マイセン 【ホワイトレリーフ】 兼用C/S 21%Off
    17,380円

    本体価格: ¥20.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。  

      
    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べまして 10~12ヶ月 後お渡し予約店を一軒 在庫あるお店一軒を見つけましたが どうやらお熟成アインがお安い様です。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で20%ffがせいぜいです。
    それではお熟成アインには何故お安いのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    レリーフ 
    愛する マハデヴァー寺院カジュラホ インドでは、アジアでの壁にカーマスートラを示すカップルの彫刻
    カーマスートラ
    拡大写真
    カーマ・スートラ(サンスクリット語:)は、古代インドの性愛論書で、推定でおよそ4世紀から5世紀にかけて成立した作品といわれており、現存するもとのとしては最古の経典である。『アナンガ・ランガ』『ラティラハスヤ』と並んでインド3大性典のひとつとされ、そのうちで最も重要なものとされる。
    著者はヴァーツヤーヤナで、正式なタイトルは『ヴァーツヤーヤナ・カーマスートラ』となる。

    三美神 ホワイトレリーフ H.40×W.40×D.8cm パリ・ルーブル美術館収蔵 紀元前1世紀頃制作
    三美神レリーフ

    三美神とは、ギリシア神話とローマ神話に登場する美と優雅を象徴する三人の女神。ラファエロ・サンティの作品やサンドロ・ボッティチェッリの「春」にも描かれている。
    ジーン・エティエン・リオタール作「三美神」
    「三美神」 ジーン・エティエン・リオタール作
    18世紀のスイスの巨匠ジーン・エティエン・リオタールの作品
    ギリシア神話に登場する三美神で、それぞれ魅力、美貌、創造力を司っている。一般的には、ヘーシオドスの挙げるカリスのアグライアー、エウプロシュネー、タレイアとされている。一部にはパーシテアー、カレー、エウプロシュネーの3柱を三美神とする説もある。また、パリスの審判に登場する美しさを競うヘーラー、アテーナー、アプロディーテーも指すことがあり、分別に権力、軍功、美女を象徴する。
    ローマ神話に登場する三美神で、それぞれ愛、慎み、美を司っている。ギリシア神話の美しさを競う三美神と対応させて、主にユーノー、ミネルウァ、ウェヌスが有名。

    日本の焼き物でホタルと言われているホタル焼の造り方は、本家中国と同じく 素磁が半乾きの時 ピアスに開けて、そこに釉薬を掛けて焼き上げます。明かりに透かすと、薄い釉薬の膜の米粒の跡が蛍の光るように見えることから、日本ではホタル焼きと名が付けられましたが、中国ではホタル焼とは言わず 「玲瓏(リンロン 美しく照り輝く)」と呼ばれます。
    五彩磁「玲瓏」
    五彩磁「玲瓏」"

    ピカピカの 新品です。  現品 即納

    グロッサー・アウシュニット型レリーフ 

    蛍焼き様式 
    ティーを入れると 小円の真中が 幽かにポッと 染まります。
    中国では ピアスで磁器を切り取って 釉薬をかけ うすい釉薬の膜でピアスの穴を 覆います。西洋では 磁器を 穿って 磁器の薄い部分を作り 蛍焼き効果を期待しますが 本家蛍焼きに比べれば ずいぶん見劣りします。マイセンでは レリーフを三段階ぐらいに穿って 釉薬の膜ほどではありませんが そこそこ薄い磁器を出現し 蛍焼き効果を 見せております。マイセンなら 本家蛍焼き様式ができないわけがありませんが 費用対効果を重んじる 合理主義が この辺で手を打たしめたのでしょう。
    レリーフを見せるために 写真を暗くしておりますが マイセン特有の 純白の白磁です 

    マイセン 【ホワイトレリーフ】 コーヒーC/S 20%Off
    マイセン 【ホワイトレリーフ】 コーヒーC/S  蛍焼き参考

    偉大なマンネリズムを 標榜する一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。新グロッサー・アウシュニット型に 蛍焼き様式の「ホワイトレリーフ」等のヒット作が ここから生まれました。
        
    他店MS ホワイトレリーフ コーヒー
    今作 予約注文店の写真 ともらぬ蛍

    MS ホワイトレリーフ コーヒー
    旧作 当店

    錬金術師-5
    ベトガーは 1711年 囚われの身のまま 王より男爵に叙せられておりました。ベトガーに 自由が許されたのは 1714年4月 32歳のときでした。                           
    「欧州磁器戦争史  錬金術師 ベトガー 5」 詳しくは コチラをクリック してください。

    磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1~2世紀に 端を発します。
    古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。

  • マイセン・ホワイトレリーフ ティーC/S・26633 20%Off
    マイセン・ホワイトレリーフ ティーC/S・26633 20%Off
    17,600円

    本体価格: ¥20.000

    グロッサー・アウシュニット型レリーフ 

    蛍焼き様式 

    偉大なマンネリズムを 標榜する一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。新グロッサー・アウシュニット型に 蛍焼き様式の「ホワイトレリーフ」等のヒット作が ここから生まれました。

    写真をクリックすると ソーサーレリーフが見られます。

1

(カテゴリー内 : 6点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索