カテゴリー

全件表示 (5082) 福袋 (16) 新入荷商品 (116) 祝新入学・新入社フェア (136) みどりの日フェア (84) アウガルテン (89) アビランド (395) アラビア (5) ウェッジウッド (1087) エインズレイ (50) エルメス (146) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (25) スポード/ダッチェス (27) スワロフスキー (88) バカラ (244) ビレロイボッホ (10) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (59) ブルガリ・ローゼンタール (36) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (434) ボヘミア (65) ホヤ (17) マイセン (486) 赤葡萄・白葡萄/ その他 (1) 青い花 (15) アフロディテ (6) アラビアンナイト千夜一夜 (8) アルペンフローラ/ フローラ (14) イヤーズプレート (22) 1996年復刻イヤープレート (8) 記念/ メモリアル・プレート (8) イェロー・オレンジローズ・バラと忘れな草 (2) インドの花・各色 柿右衛門写し (13) ヴァインリーフ/ 柊南天染付ゴールド (2) X / B・フォーム (13) 花鳥虎文・402110  (1) 果物模様/ 花と果実/ フルーツと花 (8) 御所車花模様 (6) シノワズリ緑龍/ ミング(明代)ドラゴン (4) 写実的な花/ ドイツの花 (3) シャドウフラワー/ 柊南天金彩 (8) ジャポネズリ・ストローフラワー (4) 祝祭舞踏会/ マルガリータ (2) 松竹梅柴垣鳥文・455110  (1) 松竹梅虎文・401110  (1) スキャタードフラワー(散らし小花) (4) スワンサービス/ ワトーグリーン (4) そよ風/ ベゴニア/ 森の声 (8) 太湖石に花鳥文・341110 (1) 中国蝶文・393110  (1) 東洋の伝説動物・571310  鳥と小蝶/ マイセンバード (7) 波の戯れホワイト (15) 花と蝶/ リアルな花と蝶 (5) 昼顔/ ローゼンブーケ (5) 二つ花 (39) プラチナコバルト (4) ブルーオーキッド (19) ブルーオニオン (44) ホワイトレリーフ (6) マイセンのバラ (2) 真夏の夜の夢 (16) 三つ・四つ・五つ・六つ 花 (10) 水辺の動物・花 (7) 緑の花束 (6) メロディードラゴン (8) (様式的な花)ドイツブルメン (7) 龍と鳳凰文 (6) 和風花鳥文金彩・465110  (1) マイセンVIP/ロゴ (11) マイセン特撰・限定洋食器 (23) マイセン特撰限定ベース (20) マイセン特撰限定オブジェ・キャンドルスタンド (11) マイセン磁板画 (19) マイセン人形 (27) ミントン (41) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (846) リヤドロ (55) レイノー (5) ローゼンタール (5) ロイヤルアルバート (57) ロイヤルウースター (28) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (434) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

マイセン > 緑の花束

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • マイセン 【緑の花束・100810】  クリーマー・3763 H10cm  30%Off
    マイセン 【緑の花束・100810】  クリーマー・3763 H10cm  30%Off
    161,700円

    本体価格: ¥210.000

    小さい写真をクリックすると拡大します。


    通常20%Off みどりの日フェア (本日~ 4/29) 25%Off         

    緑の花束 の花言葉:希望。
    緑に広がる草原に 輝く池塘 咲き乱れる花たち 天上の湿原へ2
    緑に広がる草原に 輝く池塘 咲き乱れる花たち 天上の湿原へ

    ms.jpg
    ブランド箱 385円 ギフト包装用に正規代理店から購入

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが この丁寧作りの旧作新品  お熟成アインにしかありません。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で10%ffもできますか ?
    それではお熟成アインには何故あるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    あるご夫婦のお客さんから 「アインさんは 他所にない良い物をたくさんお持ちですが あまり有名にならないでいてほしい。買いたいものが色々あるのですが 自分たちは そんなに余裕がないから 少しずつしか買えないので あまり有名になられて どんどん売切れていくのが心配です。」と言われました。当店の返事は「大丈夫ですよ。宣伝広告するぐらいなら その広告代をいつか巡り合うお客さんに還元したいので 宣伝広告したことありませんから」でした。
    でも宣伝の力って凄いですね。宣伝して有名になると高くても売れるんですから !

    手持ちの不動産を売っては 洋食器を仕込み 耐震力のある店舗倉庫ビルを買い求め 大好きな洋食器を大切に展示備蓄しておりますが 一生の仕事と一所懸命「楽しく」頑張っております。今では この高級ブランド洋食器の世界では 品揃え世界一と羨ましがられております。

    当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。

    こだわりの 岡本 笥椎(ジュンスイ)
    家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあらば 椎の葉に盛る 有間皇子 万葉集 巻二(一四二)
    (私の号する笥椎とは 華やぐ器 実用の器を意味します。まあ茶碗というところです。)

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    マイセン 【緑の花束・100810】 コーヒーC/S 六画各1客 写真 ここを クリックしてください。

    「緑の花束」と言えば 第一に思いつくのは
    AU マリアテレジア062 530 ティー(A)
    アウガルテン 【マリアテレジア】 ティーC/S・モーツァルト型 A  45%Off のお求めはコチラ 

    『習作:水際にて』 1864年
    『習作:緑 水際にて』 ベルト・モリゾ 1864年
    ベルト・モリゾ(1841年 – 1895年)は、マネの絵画のモデルとしても知られる、19世紀印象派の女性画家。
    ストッキング2
    《ストッキング》、  ベルト・モリゾ            マネ《ベルト・モリゾ》、オルセー美術館蔵 

    『草上の昼食』 エドゥアール・マネ 1862年~1863年。パリのオルセー美術館所蔵。G
    『草上の昼食』 エドゥアール・マネ 1862年~1863年。パリのオルセー美術館所蔵。
    マネは題名を『水浴』(1867年にマネ自身によって『草上の昼食』に改題。)として1863年のサロン(官展)に出品したが、「現実の裸体の女性」を描いたことが「不道徳」とされ落選。その後、同サロンに落選した作品を集めた落選展にも展示されたが、同様の理由で批評家たちに批判されるなどスキャンダルを巻き起こした。当時主流であったアカデミック絵画及びそれ以前の西洋絵画史において、裸体の女性は神話や歴史上の出来事を描いた作品において登場するものであったため、マネが当作品で描いた「現実の裸体の女性」は画期的なものであり、同時に批判の対象となった。
    エドゥアール・マネ(1832年 - 1883年)は、19世紀のフランスの画家。
    ギュスターヴ・クールベと並び、西洋近代絵画史の冒頭を飾る画家の一人である。マネは1860年代後半、パリ、バティニョール街の「カフェ・ゲルボワ」に集まって芸術論を戦わせ、後に「印象派」となる画家グループの中心的存在であった。しかし、マネ自身が印象派展には一度も参加していないことからも分かるように、近年の研究ではマネと印象派は各々の創作活動を行っていたと考えられている。

    バイカラーガーベラ キラキラかすみ草の花束 
    バイカラーガーベラ キラキラかすみ草の花束

    マイセン 【緑の花束】  ピカピカの 新品です。現品 即納

    繊細なエンボスの窓枠の中に 描かれたグリーンのブーケ。
    エンツゥイステッド・ハンドル
    ソーサーの深さが 古式を物語っています。

    安物 安いのは当たり前
    良いもの安いのが アインさん     

    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。
    業を煮やしたマイセン特別委員会はキルヒナーを解雇決定しました。

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-3」 詳しくは コチラをクリック  してください。

    日本においては小さな人形の類がフィギュアと呼ばれている。この場合 フィギュリンが相応しいのでは ?

    インドサイ
    インドサイ 1732年原作。2010年 復刻  H28cm。 \3.780.000
    アブラハム・デ・ブルンの銅版画を手本にしたので「デューラーのちび角」がある。

    マイセン 【2005年世界限定】 マイスター限定作品 踊る白狐 H33cm 25%Off  のお求めはコチラ

    MS 2005限定 999984 78955 ダンシングフォックス(raku)
    当店所蔵 マックス・エッサー作 H33cm 850,500 円 比べてみてください。

    マイセン 【フィギュリン】  天球上の穢れ無きマリア・72075 H44cm 25%Off  のお求めはコチラ  

    MS 天球上のけがれなきマリア(raku)
    天球上の穢れ無きマリア H44cm  当店所蔵
    これがキルヒナーのインドサイと同値(\3.780.000)と聞けば どう思いますか ?
    それもここから25%Offするんですよ。

  • マイセン 【緑の花束・100810】  シュガー・3821 H7cm 25%Off
    マイセン 【緑の花束・100810】  シュガー・3821 H7cm 25%Off
    206,250円

    本体価格: ¥250.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。


    通常20%Off みどりの日フェア (本日~ 4/29) 25%Off

    繊細なエンボスの窓枠の中に 描かれたグリーンのブーケ。

    緑の花束 の花言葉:希望。

    ゴーギャン 白い馬 1898 オルセー美術館 - コピー
    緑のジャングル ゴーギャン            ポール・ゴーギャン 白い馬 1898 オルセー美術館 
    ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(1848年- 1903年)は、フランスのポスト印象派の画家。ゴーギャンは、印象派に至る伝統的なヨーロッパの絵画が余りに写実を重視し、象徴的な深みを欠いていることに反発していた。これに対し、アフリカやアジアの美術は、神話的な象徴性と活力に満ちあふれているように見えた。折しも、当時のヨーロッパでは、ジャポニズムに代表されるように、他文化への関心が高まっていた。
    緑のジャングル 本当にコーギャンかと疑い調べてみましたが判りませんてした。
    今回 フェイク画と断定します。

    『純潔の喪失(春の目覚め)』 ポール・ゴーギャン 1890年~1891年 クライスラー美術館
    ポール・ゴーギャンの『純潔の喪失(春の目覚め)』
    『純潔の喪失(春の目覚め)』に描かれている裸の女性は、ゴーギャンの当時の恋人であったジュリエット・ユエです。
    彼女は、この時20歳で、ゴーギャンの子どもを身ごもっていたそうです。
    ジュリエット・ユエが手に持っている1本のシクラメンの花は、純潔の喪失(処女の喪失)を意味しています。
    またジュリエット・ユエの上に描かれた1匹の狐は、誘惑を象徴していて、ゴーギャン自身ではないかともいわれています。
    作品の右側に描かれている、山の方に向かって歩く人々の列は、結婚式に参列するための人々だそうです。
                   
    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    この丁寧作りの旧作新品  お熟成アインにしかありません。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で10%ffもできますか ?
    それではお熟成アインには何故あるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    マイセン 【緑の花束・100810】 コーヒーC/S 六画各1客 写真 ここを クリックしてください。

    「緑の花束」と言えば 第一に思いつくのは
    AU マリアテレジア062 530 ティー(A)
    アウガルテン 【マリアテレジア】 ティーC/S・モーツァルト型 A  45%Off のお求めはコチラ

    『習作:水際にて』 1864年 
    『習作:緑 水際にて』 ベルト・モリゾ 1864年
    ベルト・モリゾ(1841年 – 1895年)は、マネの絵画のモデルとしても知られる、19世紀印象派の女性画家。
    Before the Mirror 1890
    鏡の前で  ベルト・モリゾ 1890年

    『草上の昼食』 エドゥアール・マネ 1862年~1863年。パリのオルセー美術館所蔵。
    『草上の昼食』 エドゥアール・マネ 1862年~1863年。パリのオルセー美術館所蔵。
    マネは題名を『水浴』(1867年にマネ自身によって『草上の昼食』に改題。)として1863年のサロン(官展)に出品したが、「現実の裸体の女性」を描いたことが「不道徳」とされ落選。その後、同サロンに落選した作品を集めた落選展にも展示されたが、同様の理由で批評家たちに批判されるなどスキャンダルを巻き起こした。当時主流であったアカデミック絵画及びそれ以前の西洋絵画史において、裸体の女性は神話や歴史上の出来事を描いた作品において登場するものであったため、マネが当作品で描いた「現実の裸体の女性」は画期的なものであり、同時に批判の対象となった。
    エドゥアール・マネ(1832年 - 1883年)は、19世紀のフランスの画家。
    ギュスターヴ・クールベと並び、西洋近代絵画史の冒頭を飾る画家の一人である。マネは1860年代後半、パリ、バティニョール街の「カフェ・ゲルボワ」に集まって芸術論を戦わせ、後に「印象派」となる画家グループの中心的存在であった。しかし、マネ自身が印象派展には一度も参加していないことからも分かるように、近年の研究ではマネと印象派は各々の創作活動を行っていたと考えられている。

    MS 緑の花束
    緑のバラ キラキラかすみ草の花束

    マイセン 【緑の花束】  ピカピカの 新品です。現品 即納

    繊細なエンボスの窓枠の中に 描かれたグリーンのブーケ。

    安物 安いのは当たり前
    良いもの安いのが アインさん     

    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。
    1727年 アウグスト強襲王は 磁器宮殿内の2階回廊に 磁器動物園を思い立ちました。さてそうなると ベテラン造形師が必要になります。そこで ヨハン・ゴットリーブ・キルヒナーやヨハン・クリストフ・リュッケなどの彫刻家を 招聘して 動物造形に挑ましたのです。1728年 21歳の彫刻士キルヒナーの自信は 数ヶ月で造形士たちの侮辱の的と化した。嘲笑と不評化に耐えられなくなったキルヒナーは 売春宿通いで憂さを晴らすのですが悪いことに重い性病に侵されるのです。

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-3」 詳しくは コチラをクリック  してください。

    インドサイ
    インドサイ 1732年原作。2010年 復刻  H28cm。 \3.780.000
    アブラハム・デ・ブルンの銅版画を手本にしたので「デューラーのちび角」がある。

    マイセン 【2005年世界限定】 マイスター限定作品 踊る白狐 H33cm 25%Off  のお求めはコチラ

    MS 2005限定 999984 78955 ダンシングフォックス(raku)
    当店所蔵 マックス・エッサー作 H33cm \793.800 比べてみてください。

    2010年 落第生のキルヒナーをもてはやし 落第作のインドサイを鳴り物入りで復刻するに至っては 無知の露呈か はたまた売らんかなの商人根性か いずれにしろ偉大な3人のヨハンのマイセンを貶めるものです。7年間 書くべきか 書かざるべきか煩悶してきましたが 当店の周りでこのインドサイをつかまされた人が出るに及んで ついに意を決して公表するに及びました。

    マイセン 【フィギュリン】  天球上の穢れ無きマリア・72075 H44cm 25%Off  のお求めはコチラ   

    MS 天球上のけがれなきマリア(raku)
    天球上の穢れ無きマリア H44cm  当店所蔵
    これがキルヒナーのインドサイと同値(\3.780.000)と聞けば どう思いますか ?
    それもここから25%Offするんですよ。 \2.646.000

  • マイセン・緑の花束・100810 ポット・3726 H12cm 20%Off
    マイセン・緑の花束・100810 ポット・3726 H12cm   20%Off
    475,200円

    本体価格: ¥540.000

    繊細なエンボスの窓枠の中に 描かれたグリーンのブーケ。

    H12cm


  • マイセン 【緑の花束・100810】  ポット・シュガー・クリーマー 25%Off
    マイセン 【緑の花束・100810】  ポット・シュガー・クリーマー 25%Off
    825,000円

    本体価格: ¥1.000.000

    小さい写真をクリックすると 拡大します。

          
    緑の花束 の花言葉:希望。

    ゴーギャン 白い馬 1898 オルセー美術館 - コピー
    緑のジャングル ゴーギャン            ポール・ゴーギャン 白い馬 1898 オルセー美術館 
    ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(1848年- 1903年)は、フランスのポスト印象派の画家。ゴーギャンは、印象派に至る伝統的なヨーロッパの絵画が余りに写実を重視し、象徴的な深みを欠いていることに反発していた。これに対し、アフリカやアジアの美術は、神話的な象徴性と活力に満ちあふれているように見えた。折しも、当時のヨーロッパでは、ジャポニズムに代表されるように、他文化への関心が高まっていた。
    緑のジャングル 本当にコーギャンかと疑い調べてみましたが判りませんてした。
    今回 フェイク画と断定します。

    『純潔の喪失(春の目覚め)』 ポール・ゴーギャン 1890年~1891年 クライスラー美術館
    ポール・ゴーギャンの『純潔の喪失(春の目覚め)』
    『純潔の喪失(春の目覚め)』に描かれている裸の女性は、ゴーギャンの当時の恋人であったジュリエット・ユエです。
    彼女は、この時20歳で、ゴーギャンの子どもを身ごもっていたそうです。
    ジュリエット・ユエが手に持っている1本のシクラメンの花は、純潔の喪失(処女の喪失)を意味しています。
    またジュリエット・ユエの上に描かれた1匹の狐は、誘惑を象徴していて、ゴーギャン自身ではないかともいわれています。
    作品の右側に描かれている、山の方に向かって歩く人々の列は、結婚式に参列するための人々だそうです。
                   
    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    この丁寧作りの旧作新品  お熟成アインにしかありません。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で10%ffもできますか ?
    それではお熟成アインには何故あるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    マイセン 【緑の花束・100810】 コーヒーC/S 六画各1客 写真 ここを クリックしてください。

    「緑の花束」と言えば 第一に思いつくのは
    AU マリアテレジア062 530 ティー(A)
    アウガルテン 【マリアテレジア】 ティーC/S・モーツァルト型 A  45%Off のお求めはコチラ

    『習作:水際にて』 1864年 
    『習作:緑 水際にて』 ベルト・モリゾ 1864年
    ベルト・モリゾ(1841年 – 1895年)は、マネの絵画のモデルとしても知られる、19世紀印象派の女性画家。
    Before the Mirror 1890
    鏡の前で  ベルト・モリゾ 1890年

    『草上の昼食』 エドゥアール・マネ 1862年~1863年。パリのオルセー美術館所蔵。
    『草上の昼食』 エドゥアール・マネ 1862年~1863年。パリのオルセー美術館所蔵。
    マネは題名を『水浴』(1867年にマネ自身によって『草上の昼食』に改題。)として1863年のサロン(官展)に出品したが、「現実の裸体の女性」を描いたことが「不道徳」とされ落選。その後、同サロンに落選した作品を集めた落選展にも展示されたが、同様の理由で批評家たちに批判されるなどスキャンダルを巻き起こした。当時主流であったアカデミック絵画及びそれ以前の西洋絵画史において、裸体の女性は神話や歴史上の出来事を描いた作品において登場するものであったため、マネが当作品で描いた「現実の裸体の女性」は画期的なものであり、同時に批判の対象となった。
    エドゥアール・マネ(1832年 - 1883年)は、19世紀のフランスの画家。
    ギュスターヴ・クールベと並び、西洋近代絵画史の冒頭を飾る画家の一人である。マネは1860年代後半、パリ、バティニョール街の「カフェ・ゲルボワ」に集まって芸術論を戦わせ、後に「印象派」となる画家グループの中心的存在であった。しかし、マネ自身が印象派展には一度も参加していないことからも分かるように、近年の研究ではマネと印象派は各々の創作活動を行っていたと考えられている。

    MS 緑の花束
    緑のバラ キラキラかすみ草の花束

    マイセン 【緑の花束】  ピカピカの 新品です。現品 即納

    繊細なエンボスの窓枠の中に 描かれたグリーンのブーケ。

    安物 安いのは当たり前
    良いもの安いのが アインさん     

    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。
    1727年 アウグスト強襲王は 磁器宮殿内の2階回廊に 磁器動物園を思い立ちました。さてそうなると ベテラン造形師が必要になります。そこで ヨハン・ゴットリーブ・キルヒナーやヨハン・クリストフ・リュッケなどの彫刻家を 招聘して 動物造形に挑ましたのです。1728年 21歳の彫刻士キルヒナーの自信は 数ヶ月で造形士たちの侮辱の的と化した。嘲笑と不評化に耐えられなくなったキルヒナーは 売春宿通いで憂さを晴らすのですが悪いことに重い性病に侵されるのです。

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-3」 詳しくは コチラをクリック  してください。

    インドサイ
    インドサイ 1732年原作。2010年 復刻  H28cm。 \3.780.000
    アブラハム・デ・ブルンの銅版画を手本にしたので「デューラーのちび角」がある。

    マイセン 【2005年世界限定】 マイスター限定作品 踊る白狐 H33cm 25%Off  のお求めはコチラ

    MS 2005限定 999984 78955 ダンシングフォックス(raku)
    当店所蔵 マックス・エッサー作 H33cm \793.800 比べてみてください。

    2010年 落第生のキルヒナーをもてはやし 落第作のインドサイを鳴り物入りで復刻するに至っては 無知の露呈か はたまた売らんかなの商人根性か いずれにしろ偉大な3人のヨハンのマイセンを貶めるものです。7年間 書くべきか 書かざるべきか煩悶してきましたが 当店の周りでこのインドサイをつかまされた人が出るに及んで ついに意を決して公表するに及びました。

    マイセン 【フィギュリン】  天球上の穢れ無きマリア・72075 H44cm 25%Off  のお求めはコチラ   

    MS 天球上のけがれなきマリア(raku)
    天球上の穢れ無きマリア H44cm  当店所蔵
    これがキルヒナーのインドサイと同値(\3.780.000)と聞けば どう思いますか ?
    それもここから25%Offするんですよ。 \2.646.000

  • マイセン 【緑の花束・100810】  兼用C/S・3582-1 満水160cc 20%Off
    マイセン 【緑の花束・100810】  兼用C/S・3582-1 満水160cc 20%Off
    158,400円

    本体価格 ¥180.000

    小さい写真をクリックすると 拡大します              

            
    緑の花束 の花言葉:希望。
    緑に広がる草原に 輝く池塘 咲き乱れる花たち 天上の湿原へ2
    緑に広がる草原に 輝く池塘 咲き乱れる花たち 天上の湿原へ

    ms.jpg
    ブランド箱 378円 ギフト包装用に正規代理店から購入

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    主だったお店を調べましたが この丁寧作りの旧作新品  お熟成アインにしかありません。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で10%ffもできますか ?
    それではお熟成アインには何故あるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    あるご夫婦のお客さんから 「アインさんは 他所にない良い物をたくさんお持ちですが あまり有名にならないでいてほしい。買いたいものが色々あるのですが 自分たちは そんなに余裕がないから 少しずつしか買えないので あまり有名になられて どんどん売切れていくのが心配です。」と言われました。当店の返事は「大丈夫ですよ。宣伝広告するぐらいなら その広告代をいつか巡り合うお客さんに還元したいので 宣伝広告したことありませんから」でした。
    でも宣伝の力って凄いですね。宣伝して有名になると高くても売れるんですから !

    手持ちの不動産を売っては 洋食器を仕込み 耐震力のある店舗倉庫ビルを買い求め 大好きな洋食器を大切に展示備蓄しておりますが 一生の仕事と一所懸命「楽しく」頑張っております。今では この高級ブランド洋食器の世界では 品揃え世界一と羨ましがられております。

    当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。

    こだわりの 岡本 笥椎(ジュンスイ)
    家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあらば 椎の葉に盛る 有間皇子 万葉集 巻二(一四二)
    (私の号する笥椎とは 華やぐ器 実用の器を意味します。まあ茶碗というところです。)

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    マイセン 【緑の花束・100810】 コーヒーC/S 六画各1客 写真 ここを クリックしてください。

    「緑の花束」と言えば 第一に思いつくのは
    AU マリアテレジア062 530 ティー(A)
    アウガルテン 【マリアテレジア】 ティーC/S・モーツァルト型 A  45%Off のお求めはコチラ 

    『習作:水際にて』 1864年
    『習作:緑 水際にて』 ベルト・モリゾ 1864年
    ベルト・モリゾ(1841年 – 1895年)は、マネの絵画のモデルとしても知られる、19世紀印象派の女性画家。

    『草上の昼食』 エドゥアール・マネ 1862年~1863年。パリのオルセー美術館所蔵。G
    『草上の昼食』 エドゥアール・マネ 1862年~1863年。パリのオルセー美術館所蔵。
    マネは題名を『水浴』(1867年にマネ自身によって『草上の昼食』に改題。)として1863年のサロン(官展)に出品したが、「現実の裸体の女性」を描いたことが「不道徳」とされ落選。その後、同サロンに落選した作品を集めた落選展にも展示されたが、同様の理由で批評家たちに批判されるなどスキャンダルを巻き起こした。当時主流であったアカデミック絵画及びそれ以前の西洋絵画史において、裸体の女性は神話や歴史上の出来事を描いた作品において登場するものであったため、マネが当作品で描いた「現実の裸体の女性」は画期的なものであり、同時に批判の対象となった。
    エドゥアール・マネ(1832年 - 1883年)は、19世紀のフランスの画家。
    ギュスターヴ・クールベと並び、西洋近代絵画史の冒頭を飾る画家の一人である。マネは1860年代後半、パリ、バティニョール街の「カフェ・ゲルボワ」に集まって芸術論を戦わせ、後に「印象派」となる画家グループの中心的存在であった。しかし、マネ自身が印象派展には一度も参加していないことからも分かるように、近年の研究ではマネと印象派は各々の創作活動を行っていたと考えられている。

    バイカラーガーベラ キラキラかすみ草の花束 
    バイカラーガーベラ キラキラかすみ草の花束

    マイセン 【緑の花束】  ピカピカの 新品です。現品 即納

    繊細なエンボスの窓枠の中に 描かれたグリーンのブーケ。
    エンツゥイステッド・ハンドル
    ソーサーの深さが 古式を物語っています。

    安物 安いのは当たり前
    良いもの安いのが アインさん     

    マイセン 【緑の花束・100810】  兼用C/S・3582-1 満水160cc 30%Off   のお求めはコチラ

    MS 緑の花束 3582 ティー (1)1
    MS 緑の花束 3582 ティー (1)5MS 緑の花束 3582 ティー (1)2MS 緑の花束 3582 ティー (1)3 写真はクリック拡大
    カップ拡大          反対面      ソーサー絵

    MS 緑の花束 3582 ティー (1)4 どの小さい写真もクリックで拡大
    把手面拡大

    マイセン 【 緑の花束・100810 】 祝父の日フェア お宝倉庫に 買い物篭 あります。
    どの写真もクリックで拡大

    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。
    業を煮やしたマイセン特別委員会はキルヒナーを解雇決定しました。

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-3」 詳しくは コチラをクリック  してください。

    日本においては小さな人形の類がフィギュアと呼ばれている。この場合 フィギュリンが相応しいのでは ?

    インドサイ
    インドサイ 1732年原作。2010年 復刻  H28cm。 \3.780.000
    アブラハム・デ・ブルンの銅版画を手本にしたので「デューラーのちび角」がある。

    マイセン 【2005年世界限定】 マイスター限定作品 踊る白狐 H33cm 25%Off  のお求めはコチラ

    MS 2005限定 999984 78955 ダンシングフォックス(raku)
    当店所蔵 マックス・エッサー作 H33cm 850,500 円 比べてみてください。

    マイセン 【フィギュリン】  天球上の穢れ無きマリア・72075 H44cm 25%Off  のお求めはコチラ  

    MS 天球上のけがれなきマリア(raku)
    天球上の穢れ無きマリア H44cm  当店所蔵
    これがキルヒナーのインドサイと同値(\3.780.000)と聞けば どう思いますか ?
    それもここから25%Offするんですよ。 

  • マイセン 【緑の花束・100810】  兼用C/S・3582-2 満水160cc 25%Off 
    マイセン 【緑の花束・100810】  兼用C/S・3582-2 満水160cc  25%Off 
    148,500円

    本体価格 ¥180.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。


    各柄 一客        
            

    繊細なエンボスの窓枠の中に 描かれたグリーンのブーケ。

    緑の花束3

    緑の花束 の花言葉:希望。

    ゴーギャン 白い馬 1898 オルセー美術館 - コピー
    緑のジャングル ゴーギャン            ポール・ゴーギャン 白い馬 1898 オルセー美術館 
    ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(1848年- 1903年)は、フランスのポスト印象派の画家。ゴーギャンは、印象派に至る伝統的なヨーロッパの絵画が余りに写実を重視し、象徴的な深みを欠いていることに反発していた。これに対し、アフリカやアジアの美術は、神話的な象徴性と活力に満ちあふれているように見えた。折しも、当時のヨーロッパでは、ジャポニズムに代表されるように、他文化への関心が高まっていた。
    緑のジャングル 本当にコーギャンかと疑い調べてみましたが判りませんてした。
    筆が若く 今回 フェイク画と断定します。

    『純潔の喪失(春の目覚め)』 ポール・ゴーギャン 1890年~1891年 クライスラー美術館
    ポール・ゴーギャンの『純潔の喪失(春の目覚め)』
    『純潔の喪失(春の目覚め)』に描かれている裸の女性は、ゴーギャンの当時の恋人であったジュリエット・ユエです。
    彼女は、この時20歳で、ゴーギャンの子どもを身ごもっていたそうです。また横たわる裸婦の表現にはエドゥアール・マネの問題作『オランピア』との関連性が指摘されているほか、裸婦の上に描かれる草むらの段段した先端の不安定的な様子は処女喪失への不安感を意味していると推測されています。
    ジュリエット・ユエが手に持っている1本のシクラメンの花は、純潔の喪失(処女の喪失)を意味しています。
    またジュリエット・ユエの上に描かれた1匹の狐は、誘惑を象徴していて、ゴーギャン自身ではないかともいわれています。
    作品の右側に描かれている、山の方に向かって歩く人々の列は、結婚式に参列するための人々だそうです。

    『オランピア』 エドゥアール・マネ 1863年 オルセー美術館
    オランピア
    1862年から1863年に描かれた『草上の昼食』と共に、マネの代表作といわれる。
    マネはこの作品を1865年のサロン(官展)に出品し、作品自体は入選したが、『草上の昼食』と同様に「現実の裸体の女性」を描いた事が批判された。その理由として、『オランピア』という名が当時の娼婦の通称であったこと、花束を持った黒人の女性が裸体の女性の召使として描かれていること、当作品でベッドに横たわっている裸体の女性はサンダルと首に巻いたひもを身につけているが、このような表現は当時主流のアカデミック絵画において考えられていた神話や歴史上の出来事を描いた絵画に登場する裸体の女性とは異なっており、裸体の女性が当時の娼婦を表している事が明らかであった事が批判の対象となった。
    ナポレオン3世の時代は空前の売春時代だった。また、右側で尻尾を立てている黒猫は1865年のサロン出品の直前にマネ自身によって加筆されたものである。 黒猫は「女性器」をも意味した。また、マネは日本の浮世絵の影響によって、ルネサンス以来の奥行きのある空間表現や立体感をつけるための陰影を切り捨てた。奥にいるはずの黒人とオランピアは同じ大きさになっている。ラファエロのような伝統的絵画が賞賛された時代にあっては裸体が理想化されておらず平坦なために、下品なメスゴリラなどと酷評された。
    ティツィアーノ作『ウルビーノのヴィーナス』
    ティツィアーノ作『ウルビーノのヴィーナス』
    全体的な構図は、1538年にティツィアーノが描いた『ウルビーノのヴィーナス』の構図を借用したものである。
    なお、裸体の女性のモデルは、『草上の昼食』などの1860年代~1870年代前半のマネの多くの作品でモデルを務めたヴィクトリーヌ・ムーラン、のちに著名な画家となった女性だ。

1

(カテゴリー内 : 6点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索