サルビアティ

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • サルビアティ・ヴェネチアン・ストリンガ 16cmボウル オレンジ・グレー 30%OFF
    サルビアティ・ヴェネチアン・ストリンガ 16cmボウル オレンジ・グレー  30%OFF
    9,828円

    本体価格: ¥13.000

    写真をクリックして 中の写真を クリックすると 拡大します。

    色被せ 手工芸品 100%手作り 
    世界最初のクリスタル ヴェネツィアンクリスタッロ 18世紀 ナポレオン戦争の荒廃を受け 千数百年の歴史を 閉じようとしたのを惜しみ 19世紀 ムラノ島に職人養成学校を興し 復興を成し遂げたサルビアティ工房 そして今や フランスのエスプリも加味して。

  • サルビアティ・ヴェネチアン  【ストリンガー】 16cmボウル ブルー・グリーン 20%Off
    サルビアティ・ヴェネチアン  【ストリンガー】 16cmボウル ブルー・グリーン 20%Off
    9,828円

    本体価格: ¥13.000

    小さい写真を クリックすると 拡大します。


    ストリンガー1
    ストリンガーとは魚を引っ掛けるフックとロープ一式からできています。釣った魚を新鮮に保つために使用します。ストリンガーを魚の下顎に貫通させ、水中で泳がせておくことで、大きな魚でも新鮮な状態に保つことができます。
    ストリンガー2

    色被せ 手工芸品 100%手作り 
    世界最初のクリスタル ヴェネツィアンクリスタッロ 18世紀 ナポレオン戦争の荒廃を受け 千数百年の歴史を 閉じようとしたのを惜しみ 19世紀 ムラノ島に職人養成学校を興し 復興を成し遂げたサルビアティ工房 そして今や フランスのエスプリも 加味して。

    オレンジ・グレー 本体価格: ¥13.000→9,100円
    ストリンガ ボウル オレンジ・グレー 07433

    ヴェネツィアン・グラスは、イタリア北東部ヴェネト州の州都・ヴェネツィアで作られるガラス工芸品の地域ブランドである。
    ヴェネツィアン・グラスは鉛を含まないソーダ石灰を使用する事が特徴で、コバルトやマンガンなどの鉱物を混ぜることで様々な色合いを表現することが出来る。 混ぜた鉱物により硬度が変化し、赤色のものが最も硬度が高い。
    高い装飾性も特徴である。基本的な製法はソーダガラスを使用した吹きガラスであるが、空中で吹くことにより極薄に吹き上げる技法や、グラスを細く引き伸ばしそこに竜や花や鳥などをモチーフにした複雑な装飾を施すなど、「軽業師の妙技」と呼ばれる高度なテクニックが用いられる。グラス作成に熟練した職人をマエストロと呼ぶ。
    ヴェネツィアン・グラスの発祥は、13世紀中世ヴェネツィア共和国が ガラス製造に乗り出したことに始まる、とする見解もある。しかしトルチェッロ島からは7世紀ないし8世紀のガラス工房跡やガラスが発見されている。ヴェネツィアン・グラスの正確な起源は謎に包まれている。 ヴェネツィア共和国は当時最も進んだ技術を持っていたアンティオキアと協定を結び、原料や燃料さらにはガラス職人までをもヴェネツィアに移した。これによりローマ帝国-イスラム時代から発展してきたガラス技術を取り入れ、応用することでヴェネツィアン・グラスの技術は発展を遂げていった。
    しかし元々原材料や燃料を自国で産出できない土地柄であるヴェネツィア共和国は、ヴェネツィアン・グラスの技術が原材料の豊富な国々に漏れコピー製品が作られることを恐れたため強力な保護政策を取った。 1291年には全てのグラス工房のムラーノ島への強制移住を決定。グラス職人やその家族・販売者を島に住まわせ、島外に逃げる者は厳しく罰し功績を挙げたものには手厚い褒賞を与えるという法令を発令した。 これにより狭い島の中に工房が密集したため技術の切磋琢磨が進みグラステーブルやシャンデリア、鏡など様々な名品が作られた。
    一方でこのような厳しい保護政策の下でも逃げ出す職人はおり、各地に散らばりガラス技術を伝えた。このような職人達の教えにより他の地方で作られたヴェネツィア様式のグラスをファソン・ド・ヴニーズ(ヴェネツィア技法)と呼ぶ。
    ルネサンス期の15世紀~16世紀にはその繁栄は頂点に達した。 ヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」はムラーノ島から連れ出された12人の職人が作成したと言われている。 この時代に一番力を注いだ技法がエナメル装飾で、貴族達は華麗な絵付けの施されたガラス製品を持つことがひとつの社会的ステータスとなった。 またこの時代に透明度の高い無色透明のガラス(クリスタッロ)の製法が確立された。これは他国には無い技術であり、(その精巧な技術による薄さは毒を入れると割れるという噂も手伝って王侯貴族の間で取引されたとも言われる)。ヴェネツィアン・グラスの代表的な装飾技法となったアイス・ガラス(ア・ギアッチョ)やレース・ガラスの発明もこの時期に開発された。ただし、この時期はガラス職人が法の網の目をかいくぐって海外に流出した時期ヴェネツィアン・グラスが海外に広められた時期でもある。17世紀・18世紀には、ヴェネツィア風のガラス製品がヨーロッパ中で大流行した。 現在でもムラーノ島では多くの工房が軒を連ね、豊かな伝統技術を親から子へと受け継いでいる。

    清水で買う 焼き物の 99%は 清水焼ではないと言っても 過言ではありません。銘は 「清水」であって 「清水焼」ではありません。本当の清水窯(現在 窯の1部は 丹波に移っています。)で焼かれたものは お湯呑1つで 2~3万以上もします。
    同じく ヴェネツィアで売られている ヴェネツィアンクリスタッロも ほとんどが 量産された お土産品です。本当の100%手作りの手工芸品は  ムラノ島に有る4軒の工房と フランスに移ったサルビアティ工房だけです。奇しくも 1000年の歴史を同じくするボヘミアクリスタルも ブランクから作れる工房は ボヘミアに4軒しかありません。 

  • サルビアティ・ヴェネチアン・オーナメント・和(なごみ) W7cm 30%OFF
    サルビアティ・ヴェネチアン・オーナメント・和(なごみ) W7cm 30%OFF
    15,120円
    本体価格: ¥20.000

    文鎮

    カッティング 手工芸品 100%手作り 
    世界最初のクリスタル ヴェネツィアンクリスタッロ。18世紀 ナポレオン戦争の荒廃を受け 千数百年の歴史を閉じようとしたのを惜しみ 19世紀 ムラノ島に職人養成学校を興し 復興を成し遂げたサルビアティ工房。そして今や フランスのエスプリも 加味して。

  • サルビアティ・コリアンドリ・ハイボール・ブルー・グリーン ・ペア 30%OFF
    サルビアティ・コリアンドリ・ハイボール・ブルー・グリーン ・ペア 30%OFF
    16,632円

    本体価格: 22.000

    写真をクリックして 中の写真を クリックすると 拡大します。

    100%手作り 被せガラスの逸品

    ナポレオン戦争の疲弊から 滅びかけた ベネチアンを救うべく ムラノ島に職人養成学校を設立 復興を遂げた サルビアティは 1000年の歴史を誇る ベネチアの中興の祖との 位置づけ。そして 今や フランスのエスプリも加味して。

  • サルビアティ・ヴェネチアン・デュナ フロステッドキャンドルスタンド H21cm 30%OFF
    サルビアティ・ヴェネチアン・デュナ フロステッドキャンドルスタンド H21cm 30%OFF
    18,144円

    本体価格: ¥24.000

    フロステッドカッティング 手工芸品 100%手作り 
    世界最初のクリスタル ヴェネツィアンクリスタッロ 18世紀 ナポレオン戦争の荒廃を受け 千数百年の歴史を 閉じようとしたのを惜しみ 19世紀 ムラノ島に職人養成学校を興し 復興を成し遂げたサルビアティ工房 そして今や フランスのエスプリも加味して。

    14cmフロステッドトレイ 26250→18375円

  • サルビアティ・ヴェネチアン・ピュウメ 14cmクーペル 30%OFF
    サルビアティ・ヴェネチアン・ピュウメ 14cmクーペル 30%OFF
    18,144円

    本体価格: ¥24.000

    写真をクリックして 中の写真を クリックすると 拡大します。

    フロステッドカッティング 手工芸品 100%手作り 
    世界最初のクリスタル ヴェネツィアンクリスタッロ 18世紀 ナポレオン戦争の荒廃を受け 千数百年の歴史を 閉じようとしたのを惜しみ 19世紀 ムラノ島に職人養成学校を興し 復興を成し遂げたサルビアティ工房 そして今や フランスのエスプリも加味して。

  • サルビアティ・ヴェネチアン・オンプロッジ キャンドルホルダー H10cm  30%OFF
    サルビアティ・ヴェネチアン・オンプロッジ キャンドルホルダー H10cm  30%OFF
    18,144円

    本体価格: ¥24.000


    小さい写真を クリックすると 拡大します。


    ピンク
    ホワイト
    ブルー カート


    <a href="http://eins-shop.com/products/list.php?category_id=265" target="_blank" title="バカラ・キャンドル三燈2103 601ミルニュイ・千の夜 20%Off">バカラ・キャンドル三燈2103 601ミルニュイ・千の夜 20%Off</a> のお求めはコチラ
    <a href="http://blog-imgs-85.fc2.com/e/i/n/einsshop/20151203163136e02.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-85.fc2.com/e/i/n/einsshop/20151203163136e02.jpg" alt="BC 2103-601 千の夜" border="0" width="350" height="267" /></a> ここをクリックすると 写真がでます。
     マティアス デザイン
    2007年 某有名百貨店 限定 1
    今作は サンドブラストで ほとんどの表面を擦りガラス状にしたものです。
    当店所蔵の 昔作りの丁寧品は クリアクリスタルで アクセサリーもルビークリスタルという大変凝った美術工芸品です。光を入れた時の輝きは 今作の比ではありません。今作ると果たして幾らかかりますか 途方もない値段でしょう。それでも当店は 今作の本体価格¥840.000より20%Offもするというのですから これぞ お熟成(ねかせ)の真骨頂。アインの安さの秘密です。


    白濁手捻り 手工芸品 100%手作り  
    世界最初のクリスタル ヴェネツィアンクリスタッロ。
    18世紀 ナポレオン戦争の荒廃を受け 千数百年の歴史を 閉じようとしたのを惜しみ 19世紀 ムラノ島に職人養成学校を興し 復興を成し遂げたサルビアティ工房。そして 今や フランスのエスプリも 加味して。


    清水で買う 焼き物の 99%は 清水焼ではないと言っても 過言ではありません。銘は 「清水」であって 清水焼ではありません。本当の清水窯(現在 窯の1部は 丹波に移っています。)で焼かれたものは お湯呑1つで 2~3万以上もします。


    同じく ヴェネツィアで売られている ヴェネツィアンクリスタッロも ほとんどが 量産された お土産品です。本当の100%手作りの手工芸品は  ムラノ島に有る4軒の工房と フランスに移ったサルビアティ工房だけです。奇しくも 1000年の歴史を同じくするボヘミアクリスタルも ブランクから作れる工房は 4軒しかありません。 


  • サルビアティ・ヴェネチアン・フェニーチェ グラス オレンジ・ブルー ペア 30%OFF
    サルビアティ・ヴェネチアン・フェニーチェ グラス オレンジ・ブルー  ペア 30%OFF
    18,900円

    本体価格: ¥25.000

    小さい写真をクリックすると 拡大します。


    フェニーチェ劇場は、イタリア・ヴェネツィアにある歌劇場である。日本語でもしばしばラ・フェニーチェと表記される。開場は1792年イタリア語でフェニーチェは不死鳥を意味し(英語のフェニックスに相当)、その名は1773年に火災で焼失したヴェネツィアの他の歌劇場の後継を自負して名付けられた。その後この劇場自体、1836年と1996年の2度にわたって火災により全焼したが、その都度再建がなされ、「不死鳥」の名にふさわしい歴史を誇る。


    輝く不死鳥に触れる少女「フェニックス」 アンドラス・Gy・キッス


    フェニックスは、死んでも蘇ることで永遠の時を生きると言われる伝説上の鳥である。寿命を迎えると、自ら薪から燃え上がる炎に飛び込んで死ぬが、再び蘇るとされており、不死鳥、もしくは見た目または伝承から火の鳥とも言われる。
    フェニックスとはラテン語での呼び方であり、ギリシア語ではポイニクスと呼ばれる。この名前は、ギリシア語の赤を意味する単語(赤はすなわち炎の色)に由来するとも言われている。
    フェニックスは、古代エジプトの神話に登場する、聖なる鳥ベンヌがその原型だと考えられている。当時のエジプト人は、太陽神ラーに従うベンヌはヘリオポリスのラーの神殿で燃やされている炎へ毎夜飛び込んで死に、毎朝その炎から生まれると信じていた。ペンヌはすなわち、毎夕に沈み毎朝昇る太陽を象徴していた。 この話が、古代ギリシアの歴史家ヘロドトス(紀元前485年頃 - 紀元前420年頃)の元に伝えられると、彼はその著作『歴史』において、エジプトの東方に位置するアラビアに住む鳥フェニックスとして紹介した。そこでのフェニックスは、鷲に似た体型の、金色と赤で彩られた羽毛を持つ鳥で、父親の鳥が死ぬとその遺骸を雛鳥が没薬で出来た入れ物に入れてヘリオポリスに運ぶ習性があるとされた。
    初期キリスト教の司教であった聖クレメンス(? - 101年?)が記したところでは、フェニックスは寿命を迎えると、自分で香料や没薬などを集めて棺を準備してその中に入り、間もなく死ぬと、その遺骸から虫が生まれて遺骸を食べ尽くし、やがて虫に羽毛が生えて飛んでいくとされた。同様の記述はプリニウス(22年頃 - 79年)の『博物誌』にもすでにみられている。
    中国の伝説にある鳳凰はフェニックスに似た存在だと考えら、混同されることも多い。


    手工芸品 100%手作り 
    世界最初のクリスタル ヴェネツィアンクリスタッロ 18世紀 ナポレオン戦争の荒廃を受け 千数百年の歴史を 閉じようとしたのを惜しみ 19世紀 ムラノ島に職人養成学校を興し 復興を成し遂げたサルビアティ工房。ヴェネツィアンクリスタッロの中興の祖との 位置づけ。 そして今や フランスのエスプリも 加味して。


    清水で買う 焼き物の 99%は 清水焼ではないと言っても 過言ではありません。銘は 「清水」であって 「清水焼」ではありません。本当の清水窯(現在 窯の1部は 丹波に移っています。)で焼かれたものは お湯呑1つで 2~3万以上もします。
    同じく ヴェネツィアで売られている ヴェネツィアンクリスタッロも ほとんどが 量産された お土産品です。本当の100%手作りの手工芸品は  ムラノ島に有る4軒の工房と フランスに移ったサルビアティ工房だけです。奇しくも 1000年の歴史を同じくするボヘミアクリスタルも ブランクから作れる工房は ボヘミアに4軒しかありません。 

     


  • サルビアティ・ヴェネチアン  【フェニーチェ】 オレンジ・グレー ペア  30%OFF
    サルビアティ・ヴェネチアン  【フェニーチェ】 オレンジ・グレー ペア  30%OFF
    18,900円

    本体価格: ¥25.000

    小さい写真を クリックすると 拡大します。    


    当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり ブランド箱のついてないものがありますので その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。B品 ブランド箱無しありません。


    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。      


    代理店さんが一部上場の商社へ 大きな箱入りだから 借りている営業倉庫代が高くついてかなわない。お安くするからなんとかならないか ? ということで 自社倉庫のお熟成アインさんに 白羽の矢が立ちました。50坪ぐらいのスペースが要りましたが 本物のヴェネチアンとあらば見過ごせません。それがどこよりお安くできる お熟成アインの真骨頂 ! !


    ヴェネチアカーニバル
    ヴェネチアカーニバル

    フェニーチェ劇場は、イタリア・ヴェネツィアにある歌劇場である。
    フェニーチェフェニーチェ内
    フェニーチェ劇場               劇場内
    日本語でもしばしばラ・フェニーチェと表記される。開場は1792年イタリア語でフェニーチェは不死鳥を意味し(英語のフェニックスに相当)、その名は1773年に火災で焼失したヴェネツィアの他の歌劇場の後継を自負して名付けられた。その後この劇場自体、1836年と1996年の2度にわたって火災により全焼したが、その都度再建がなされ、「不死鳥」の名にふさわしい歴史を誇る。
    火の鳥鳳凰を持つ少女
    火の鳥鳳凰を持つ少女
    フェニックスは、死んでも蘇ることで永遠の時を生きると言われる伝説上の鳥である。寿命を迎えると、自ら薪から燃え上がる炎に飛び込んで死ぬが、再び蘇るとされており、不死鳥、もしくは見た目または伝承から火の鳥とも言われる。
    フェニックスとはラテン語での呼び方であり、ギリシア語ではポイニクスと呼ばれる。この名前は、ギリシア語の赤を意味する単語(赤はすなわち炎の色)に由来するとも言われている。
    フェニックスは、古代エジプトの神話に登場する、聖なる鳥ベンヌがその原型だと考えられている。当時のエジプト人は、太陽神ラーに従うベンヌはヘリオポリスのラーの神殿で燃やされている炎へ毎夜飛び込んで死に、毎朝その炎から生まれると信じていた。ペンヌはすなわち、毎夕に沈み毎朝昇る太陽を象徴していた。 この話が、古代ギリシアの歴史家ヘロドトス(紀元前485年頃 - 紀元前420年頃)の元に伝えられると、彼はその著作『歴史』において、エジプトの東方に位置するアラビアに住む鳥フェニックスとして紹介した。そこでのフェニックスは、鷲に似た体型の、金色と赤で彩られた羽毛を持つ鳥で、父親の鳥が死ぬとその遺骸を雛鳥が没薬で出来た入れ物に入れてヘリオポリスに運ぶ習性があるとされた。
    初期キリスト教の司教であった聖クレメンス(? - 101年?)が記したところでは、フェニックスは寿命を迎えると、自分で香料や没薬などを集めて棺を準備してその中に入り、間もなく死ぬと、その遺骸から虫が生まれて遺骸を食べ尽くし、やがて虫に羽毛が生えて飛んでいくとされた。同様の記述はプリニウス(22年頃 - 79年)の『博物誌』にもすでにみられている。
    中国の伝説にある鳳凰はフェニックスに似た存在だと考えら、混同されることも多い。

    手工芸品 100%手作り 
    世界最初のクリスタル ヴェネツィアンクリスタッロ 18世紀 ナポレオン戦争の荒廃を受け 千数百年の歴史を 閉じようとしたのを惜しみ 19世紀 ムラノ島に職人養成学校を興し 復興を成し遂げたサルビアティ工房。ヴェネツィアンクリスタッロの中興の祖
    との 位置づけ。 そして今や フランスのエスプリも 加味して。

    ヴェネツィアン・グラスは、イタリア北東部ヴェネト州の州都・ヴェネツィアで作られるガラス工芸品の地域ブランドである。
    ヴェネツィアン・グラスは鉛を含まないソーダ石灰を使用する事が特徴で、コバルトやマンガンなどの鉱物を混ぜることで様々な色合いを表現することが出来る。 混ぜた鉱物により硬度が変化し、赤色のものが最も硬度が高い。
    高い装飾性も特徴である。基本的な製法はソーダガラスを使用した吹きガラスであるが、空中で吹くことにより極薄に吹き上げる技法や、グラスを細く引き伸ばしそこに竜や花や鳥などをモチーフにした複雑な装飾を施すなど、「軽業師の妙技」と呼ばれる高度なテクニックが用いられる。グラス作成に熟練した職人をマエストロと呼ぶ。
    ヴェネツィアン・グラスの発祥は、13世紀中世ヴェネツィア共和国が ガラス製造に乗り出したことに始まる、とする見解もある。しかしトルチェッロ島からは7世紀ないし8世紀のガラス工房跡やガラスが発見されている。ヴェネツィアン・グラスの正確な起源は謎に包まれている。 ヴェネツィア共和国は当時最も進んだ技術を持っていたアンティオキアと協定を結び、原料や燃料さらにはガラス職人までをもヴェネツィアに移した。これによりローマ帝国-イスラム時代から発展してきたガラス技術を取り入れ、応用することでヴェネツィアン・グラスの技術は発展を遂げていった。
    しかし元々原材料や燃料を自国で産出できない土地柄であるヴェネツィア共和国は、ヴェネツィアン・グラスの技術が原材料の豊富な国々に漏れコピー製品が作られることを恐れたため強力な保護政策を取った。 1291年には全てのグラス工房のムラーノ島への強制移住を決定。グラス職人やその家族・販売者を島に住まわせ、島外に逃げる者は厳しく罰し功績を挙げたものには手厚い褒賞を与えるという法令を発令した。 これにより狭い島の中に工房が密集したため技術の切磋琢磨が進みグラステーブルやシャンデリア、鏡など様々な名品が作られた。
    一方でこのような厳しい保護政策の下でも逃げ出す職人はおり、各地に散らばりガラス技術を伝えた。このような職人達の教えにより他の地方で作られたヴェネツィア様式のグラスをファソン・ド・ヴニーズ(ヴェネツィア技法)と呼ぶ。
    ルネサンス期の15世紀~16世紀にはその繁栄は頂点に達した。 ヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」はムラーノ島から連れ出された12人の職人が作成したと言われている。 この時代に一番力を注いだ技法がエナメル装飾で、貴族達は華麗な絵付けの施されたガラス製品を持つことがひとつの社会的ステータスとなった。 またこの時代に透明度の高い無色透明のガラス(クリスタッロ)の製法が確立された。これは他国には無い技術であり、(その精巧な技術による薄さは毒を入れると割れるという噂も手伝って王侯貴族の間で取引されたとも言われる)。ヴェネツィアン・グラスの代表的な装飾技法となったアイス・ガラス(ア・ギアッチョ)やレース・ガラスの発明もこの時期に開発された。ただし、この時期はガラス職人が法の網の目をかいくぐって海外に流出した時期ヴェネツィアン・グラスが海外に広められた時期でもある。17世紀・18世紀には、ヴェネツィア風のガラス製品がヨーロッパ中で大流行した。 現在でもムラーノ島では多くの工房が軒を連ね、豊かな伝統技術を親から子へと受け継いでいる。

    清水で買う 焼き物の 99%は 清水焼ではないと言っても 過言ではありません。銘は 「清水」であって 「清水焼」ではありません。本当の清水窯(現在 窯の1部は 丹波に移っています。)で焼かれたものは お湯呑1つで 2~3万以上もします。
    同じく ヴェネツィアで売られている ヴェネツィアンクリスタッロも ほとんどが 量産された お土産品です。本当の100%手作りの手工芸品は  ムラノ島に有る4軒の工房と フランスに移ったサルビアティ工房だけです。奇しくも 1000年の歴史を同じくするボヘミアクリスタルも ブランクから作れる工房は ボヘミアに4軒しかありません。 

  • サルビアティ・ヴェネチアン  【フェニーチェ ブランド箱】 グラス ブルー・グリーン ペア  35%OFF
    サルビアティ・ヴェネチアン  【フェニーチェ ブランド箱】 グラス ブルー・グリーン ペア  35%OFF
    18,900円

    本体価格: ¥25.000

    小さい写真をクリックすると 拡大します。 


    当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり ブランド箱のついてないものがありますので その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。B品 ブランド箱無しありません。


    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

       
    代理店さんが一部上場の商社へ 大きな箱入りだから 借りている営業倉庫代が高くついてかなわない。お安くするからなんとかならないか ? ということで 自社倉庫のお熟成アインさんに 白羽の矢が立ちました。50坪ぐらいのスペースが要りましたが 本物のヴェネチアンとあらば見過ごせません。それがどこよりお安くできる お熟成アインの真骨頂 ! !


    「ヴェネチア仮面祭」
    「ヴェネチア仮面祭」

    フェニーチェ劇場は、イタリア・ヴェネツィアにある歌劇場である。
    フェニーチェフェニーチェ内
    フェニーチェ劇場               劇場内
    日本語でもしばしばラ・フェニーチェと表記される。開場は1792年イタリア語でフェニーチェは不死鳥を意味し(英語のフェニックスに相当)、その名は1773年に火災で焼失したヴェネツィアの他の歌劇場の後継を自負して名付けられた。その後この劇場自体、1836年と1996年の2度にわたって火災により全焼したが、その都度再建がなされ、「不死鳥」の名にふさわしい歴史を誇る。
    輝く不死鳥に触れる少女「フェニックス」 
    輝く不死鳥に触れる少女「フェニックス」 アンドラス・Gy・キッス
    フェニックスは、死んでも蘇ることで永遠の時を生きると言われる伝説上の鳥である。寿命を迎えると、自ら薪から燃え上がる炎に飛び込んで死ぬが、再び蘇るとされており、不死鳥、もしくは見た目または伝承から火の鳥とも言われる。
    フェニックスとはラテン語での呼び方であり、ギリシア語ではポイニクスと呼ばれる。この名前は、ギリシア語の赤を意味する単語(赤はすなわち炎の色)に由来するとも言われている。
    フェニックスは、古代エジプトの神話に登場する、聖なる鳥ベンヌがその原型だと考えられている。当時のエジプト人は、太陽神ラーに従うベンヌはヘリオポリスのラーの神殿で燃やされている炎へ毎夜飛び込んで死に、毎朝その炎から生まれると信じていた。ペンヌはすなわち、毎夕に沈み毎朝昇る太陽を象徴していた。 この話が、古代ギリシアの歴史家ヘロドトス(紀元前485年頃 - 紀元前420年頃)の元に伝えられると、彼はその著作『歴史』において、エジプトの東方に位置するアラビアに住む鳥フェニックスとして紹介した。そこでのフェニックスは、鷲に似た体型の、金色と赤で彩られた羽毛を持つ鳥で、父親の鳥が死ぬとその遺骸を雛鳥が没薬で出来た入れ物に入れてヘリオポリスに運ぶ習性があるとされた。
    初期キリスト教の司教であった聖クレメンス(? - 101年?)が記したところでは、フェニックスは寿命を迎えると、自分で香料や没薬などを集めて棺を準備してその中に入り、間もなく死ぬと、その遺骸から虫が生まれて遺骸を食べ尽くし、やがて虫に羽毛が生えて飛んでいくとされた。同様の記述はプリニウス(22年頃 - 79年)の『博物誌』にもすでにみられている。
    中国の伝説にある鳳凰はフェニックスに似た存在だと考えら、混同されることも多い。

    手工芸品 100%手作り 
    世界最初のクリスタル ヴェネツィアンクリスタッロ 18世紀 ナポレオン戦争の荒廃を受け 千数百年の歴史を 閉じようとしたのを惜しみ 19世紀 ムラノ島に職人養成学校を興し 復興を成し遂げたサルビアティ工房。ヴェネツィアンクリスタッロの中興の祖
    との 位置づけ。 そして今や フランスのエスプリも 加味して。

    ヴェネツィアン・グラスは、イタリア北東部ヴェネト州の州都・ヴェネツィアで作られるガラス工芸品の地域ブランドである。
    ヴェネツィアン・グラスは鉛を含まないソーダ石灰を使用する事が特徴で、コバルトやマンガンなどの鉱物を混ぜることで様々な色合いを表現することが出来る。 混ぜた鉱物により硬度が変化し、赤色のものが最も硬度が高い。
    高い装飾性も特徴である。基本的な製法はソーダガラスを使用した吹きガラスであるが、空中で吹くことにより極薄に吹き上げる技法や、グラスを細く引き伸ばしそこに竜や花や鳥などをモチーフにした複雑な装飾を施すなど、「軽業師の妙技」と呼ばれる高度なテクニックが用いられる。グラス作成に熟練した職人をマエストロと呼ぶ。
    ヴェネツィアン・グラスの発祥は、13世紀中世ヴェネツィア共和国が ガラス製造に乗り出したことに始まる、とする見解もある。しかしトルチェッロ島からは7世紀ないし8世紀のガラス工房跡やガラスが発見されている。ヴェネツィアン・グラスの正確な起源は謎に包まれている。 ヴェネツィア共和国は当時最も進んだ技術を持っていたアンティオキアと協定を結び、原料や燃料さらにはガラス職人までをもヴェネツィアに移した。これによりローマ帝国-イスラム時代から発展してきたガラス技術を取り入れ、応用することでヴェネツィアン・グラスの技術は発展を遂げていった。
    しかし元々原材料や燃料を自国で産出できない土地柄であるヴェネツィア共和国は、ヴェネツィアン・グラスの技術が原材料の豊富な国々に漏れコピー製品が作られることを恐れたため強力な保護政策を取った。 1291年には全てのグラス工房のムラーノ島への強制移住を決定。グラス職人やその家族・販売者を島に住まわせ、島外に逃げる者は厳しく罰し功績を挙げたものには手厚い褒賞を与えるという法令を発令した。 これにより狭い島の中に工房が密集したため技術の切磋琢磨が進みグラステーブルやシャンデリア、鏡など様々な名品が作られた。
    一方でこのような厳しい保護政策の下でも逃げ出す職人はおり、各地に散らばりガラス技術を伝えた。このような職人達の教えにより他の地方で作られたヴェネツィア様式のグラスをファソン・ド・ヴニーズ(ヴェネツィア技法)と呼ぶ。
    ルネサンス期の15世紀~16世紀にはその繁栄は頂点に達した。 ヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」はムラーノ島から連れ出された12人の職人が作成したと言われている。 この時代に一番力を注いだ技法がエナメル装飾で、貴族達は華麗な絵付けの施されたガラス製品を持つことがひとつの社会的ステータスとなった。 またこの時代に透明度の高い無色透明のガラス(クリスタッロ)の製法が確立された。これは他国には無い技術であり、(その精巧な技術による薄さは毒を入れると割れるという噂も手伝って王侯貴族の間で取引されたとも言われる)。ヴェネツィアン・グラスの代表的な装飾技法となったアイス・ガラス(ア・ギアッチョ)やレース・ガラスの発明もこの時期に開発された。ただし、この時期はガラス職人が法の網の目をかいくぐって海外に流出した時期ヴェネツィアン・グラスが海外に広められた時期でもある。17世紀・18世紀には、ヴェネツィア風のガラス製品がヨーロッパ中で大流行した。 現在でもムラーノ島では多くの工房が軒を連ね、豊かな伝統技術を親から子へと受け継いでいる。

    清水で買う 焼き物の 99%は 清水焼ではないと言っても 過言ではありません。銘は 「清水」であって 「清水焼」ではありません。本当の清水窯(現在 窯の1部は 丹波に移っています。)で焼かれたものは お湯呑1つで 2~3万以上もします。
    同じく ヴェネツィアで売られている ヴェネツィアンクリスタッロも ほとんどが 量産された お土産品です。本当の100%手作りの手工芸品は  ムラノ島に有る4軒の工房と フランスに移ったサルビアティ工房だけです。奇しくも 1000年の歴史を同じくするボヘミアクリスタルも ブランクから作れる工房は ボヘミアに4軒しかありません。 

  • サルビアティ・ヴェネチアン・デュナ 14cmフロステッドトレイ 30%OFF
    サルビアティ・ヴェネチアン・デュナ 14cmフロステッドトレイ  30%OFF
    18,900円

    本体価格: ¥25.000

    写真をクリックして 中の写真を クリックすると 拡大します。

    フロステッドカッティング 手工芸品 100%手作り 
    世界最初のクリスタル ヴェネツィアンクリスタッロ 18世紀 ナポレオン戦争の荒廃を受け 千数百年の歴史を 閉じようとしたのを惜しみ 19世紀 ムラノ島に職人養成学校を興し 復興を成し遂げたサルビアティ工房 そして今や フランスのエスプリも加味して。

  • サルビアティ・コリアンドリ・フルート・ブルー・グリーン ・ペア 30%OFF
    サルビアティ・コリアンドリ・フルート・ブルー・グリーン ・ペア 30%OFF
    18,900円

    本体価格: 25.000

    写真をクリックして 中の写真を クリックすると 拡大します。

    100%手作り 被せガラスの逸品

    ナポレオン戦争の疲弊から 滅びかけた ベネチアンを救うべく ムラノ島に職人養成学校を設立 復興を遂げた サルビアティは 1000年の歴史を誇る ベネチアの中興の祖との 位置づけ。そして 今や フランスのエスプリも加味して。

  • サルビアティ・ヴェネチアン 【グラフィアッティ】 ベース H21.5cm 30%Off
    サルビアティ・ヴェネチアン 【グラフィアッティ】 ベース H21.5cm 30%Off
    18,900円
    本体価格: ¥25.000   

    フロステッド カッティング 手工芸品 100%手作り世界最初のクリスタル ヴェネツィアンクリスタッロ。18世紀 ナポレオン戦争の荒廃を受け 千数百年の歴史を閉じようとしたのを惜しみ 19世紀 ムラノ島に職人養成学校を興し 復興を成し遂げたサルビアティ工房。そして今や フランスのエスプリも 加味して。
  • サルビアティ・ヴェネチアン・トルチェロ ゴブレット・エッグプラント・ペア 30%OFF
    サルビアティ・ヴェネチアン・トルチェロ  ゴブレット・エッグプラント・ペア 30%OFF
    22,680円

    本体価格: ¥30.000

    写真をクリックして 中の写真を クリックすると 拡大します。

    手工芸品 100%手作り 
    世界最初のクリスタル ヴェネツィアンクリスタッロ。18世紀 ナポレオン戦争の荒廃を受け 千数百年の歴史を閉じようとしたのを惜しみ 19世紀 ムラノ島に職人養成学校を興し 復興を成し遂げたサルビアティ工房。そして今や フランスのエスプリも 加味して。

  • サルビアティ・ヴェネチアン  【トルチェロ】 ゴブレット・アクアマリン・ペア 30%Off
    サルビアティ・ヴェネチアン  【トルチェロ】   ゴブレット・アクアマリン・ペア 30%Off
    22,680円

    本体価格: ¥30.000


    小さな写真を クリックすると 拡大します。



    トルチェロ島
    トルチェロ島
    イタリア北東部,ベネチアの東郊,ベネタ潟湖の小入江にある島。 452年にアッチラの襲撃により本土から逃れてきた人々が建設。中世初期には人口が多かったが,現在はほとんど無人。 639年に建てられた大聖堂をはじめ,14世紀頃までの聖堂,宮殿などが残る。
    サンタマリア・アッスンタ大聖堂
    サンタマリア・アッスンタ大聖堂。
    サンマルコ大聖堂より2世紀も前に造られたもの。

    ナポレオン戦争の疲弊から 滅びかけた ベネチアンを救うべく ムラノ島に職人養成学校を設立 復興を遂げた サルビアティは 1000年の歴史を誇る ベネチアの中興の祖との 位置づけ。 そして 今や フランスのエスプリも加味して。100%手作り 被せガラスの逸品

    【トルチェロ】  ゴブレット・エッグプラント 本体価格: ¥30.000→21.000
    トルチェロ トルチェロ ゴブレット エッグプラント 60019

    ヴェネツィアン・グラスは、イタリア北東部ヴェネト州の州都・ヴェネツィアで作られるガラス工芸品の地域ブランドである。
    ヴェネツィアン・グラスは鉛を含まないソーダ石灰を使用する事が特徴で、コバルトやマンガンなどの鉱物を混ぜることで様々な色合いを表現することが出来る。 混ぜた鉱物により硬度が変化し、赤色のものが最も硬度が高い。
    高い装飾性も特徴である。基本的な製法はソーダガラスを使用した吹きガラスであるが、空中で吹くことにより極薄に吹き上げる技法や、グラスを細く引き伸ばしそこに竜や花や鳥などをモチーフにした複雑な装飾を施すなど、「軽業師の妙技」と呼ばれる高度なテクニックが用いられる。グラス作成に熟練した職人をマエストロと呼ぶ。
    ヴェネツィアン・グラスの発祥は、13世紀中世ヴェネツィア共和国が ガラス製造に乗り出したことに始まる、とする見解もある。しかしトルチェッロ島からは7世紀ないし8世紀のガラス工房跡やガラスが発見されている。ヴェネツィアン・グラスの正確な起源は謎に包まれている。 ヴェネツィア共和国は当時最も進んだ技術を持っていたアンティオキアと協定を結び、原料や燃料さらにはガラス職人までをもヴェネツィアに移した。これによりローマ帝国-イスラム時代から発展してきたガラス技術を取り入れ、応用することでヴェネツィアン・グラスの技術は発展を遂げていった。
    しかし元々原材料や燃料を自国で産出できない土地柄であるヴェネツィア共和国は、ヴェネツィアン・グラスの技術が原材料の豊富な国々に漏れコピー製品が作られることを恐れたため強力な保護政策を取った。 1291年には全てのグラス工房のムラーノ島への強制移住を決定。グラス職人やその家族・販売者を島に住まわせ、島外に逃げる者は厳しく罰し功績を挙げたものには手厚い褒賞を与えるという法令を発令した。 これにより狭い島の中に工房が密集したため技術の切磋琢磨が進みグラステーブルやシャンデリア、鏡など様々な名品が作られた。
    一方でこのような厳しい保護政策の下でも逃げ出す職人はおり、各地に散らばりガラス技術を伝えた。このような職人達の教えにより他の地方で作られたヴェネツィア様式のグラスをファソン・ド・ヴニーズ(ヴェネツィア技法)と呼ぶ。
    ルネサンス期の15世紀~16世紀にはその繁栄は頂点に達した。 ヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」はムラーノ島から連れ出された12人の職人が作成したと言われている。 この時代に一番力を注いだ技法がエナメル装飾で、貴族達は華麗な絵付けの施されたガラス製品を持つことがひとつの社会的ステータスとなった。 またこの時代に透明度の高い無色透明のガラス(クリスタッロ)の製法が確立された。これは他国には無い技術であり、(その精巧な技術による薄さは毒を入れると割れるという噂も手伝って王侯貴族の間で取引されたとも言われる)。ヴェネツィアン・グラスの代表的な装飾技法となったアイス・ガラス(ア・ギアッチョ)やレース・ガラスの発明もこの時期に開発された。ただし、この時期はガラス職人が法の網の目をかいくぐって海外に流出した時期ヴェネツィアン・グラスが海外に広められた時期でもある。17世紀・18世紀には、ヴェネツィア風のガラス製品がヨーロッパ中で大流行した。 現在でもムラーノ島では多くの工房が軒を連ね、豊かな伝統技術を親から子へと受け継いでいる。

    清水で買う 焼き物の 99%は 清水焼ではないと言っても 過言ではありません。銘は 「清水」であって 「清水焼」ではありません。本当の清水窯(現在 窯の1部は 丹波に移っています。)で焼かれたものは お湯呑1つで 2~3万以上もします。
    同じく ヴェネツィアで売られている ヴェネツィアンクリスタッロも ほとんどが 量産された お土産品です。本当の100%手作りの手工芸品は  ムラノ島に有る4軒の工房と フランスに移ったサルビアティ工房だけです。奇しくも 1000年の歴史を同じくするボヘミアクリスタルも ブランクから作れる工房は ボヘミアに4軒しかありません。 

(カテゴリー内 : 59点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索