カテゴリー

全件表示 (5298) 福袋 (12) 新入荷商品 (70) クリスマスフェア (115) お歳暮ギフトフェア (108) 祝 勤労感謝の日フェア (69) アウガルテン (89) アビランド (412) アラビア (4) ウェッジウッド (1174) エインズレイ (56) エルメス (143) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (26) スポード/ダッチェス (17) スワロフスキー (93) バカラ (267) ビレロイボッホ (8) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (60) ブルガリ・ローゼンタール (37) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (437) ボヘミア (66) ホヤ (18) マイセン (502) ミントン (44) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (893) その他 (1) 赤にわとり/ オロディドッチア (7) アクアレール / ストレッサー (15) イントラ/ ジオカルティン/ ジュエリー/ デルフィー (9) アガサブルーフラワー (31) アマデウスジャーダー&ブルー (27) アマデウス・トリオンフォ・イタリアーノ (12) アマデウスの唄 ジャーダー (18) アマデウスの唄 トラメ (18) アマデウスの唄 ブルー (21) アラゴスタ/ フィッシュデコー (13) アンティックローズ (8) アンティコ・エデン/ チェリー/ ミレーラ (16) イタリアンシーン(フィレンツェ) (14) イタリアンフルーツ (30) インペロフルーツ (13) ベッキオフルーツ(ペルージャ)/ ヴァル・ド・オルチャ (13) イヤー/ ナタールプレート (5) インペロカメリア (15) インペロジュリエッタ (18) インペロスカラ (8) インペロダイヤモンド (3) インペロミストラル (16) インペロメッシュ(ポルトフィノ) (5) インペロイェロー (12) インペログリーン (12) インペロブラック (21) インペロブルー (9) インペロロッソ (12) インペロ色々 (16) エルバ/ カプリ (7) オリエントエクスプレス (7) ガーデンローズ (8) カポデモンテ (4) カラーコレクション (2) グランデューカ (12) クリッパー (16) サボイア家 森の果実 (1) サンタマルガリータ/ 手作りの花 (2) ジオポンティ・ファンティニ・フィグレ・ムーゼ (4) ジャルディーノブルー (6) ジュビレオコレクション (22) シリウス座/ ヌヴォラアイリス (17) ヅッカ/ ボルドオロ (2) トスカーナ (13) パールブルー (2) ピノキオ (2) ピンク・ブルーのチューリップ/ りんごの花 (11) ファルダ / インテリアデザイン (7) ファルファッレフィオリータ (2) プリマヴェーラ (6) プリンセスローズ (11) ベッキオ・グレース (8) ベッキオ・ジェンマ(翡翠) (19) ベッキオ・フィオーリ(レバント) (11) ベッキオ・ホワイト (96) ベネチアンローズ (7) ボルドーブルー (10) ホワイトアイリス (2) ホワイト・アンティコ/ デダロ/ ヴェラ/ ラゴ (4) ボンジョルノストロベリー (3) ボンショルノチェリー (15) ボンジョルノプルーン (14) マルコポーロ・ブルー/ レッド (4) ミュージオ・クラシコ (16) ミュージオ・パストラーレ/ フィオッコ (14) ミュージオ・ドッチア/ ローマ (2) ミュラレス(壁画)  (1) メダイオン (20) ラベロ (36) ローズブルー (17) ロイヤルブルー (6) ロゼリーニ (6) リヤドロ (78) レイノー (5) ローゼンタール ロイヤルアルバート (64) ロイヤルウースター (27) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (434) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

リチャードジノリ > ピノキオ

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • リチャードジノリ・ピノキオ マグ 25%Off
    リチャードジノリ・ピノキオ マグ 25%Off
    4,860円

    本体価格: ¥6.000

    小さい写真を クリックすると 拡大します。


    『ピノキオ』は、1940年2月7日に公開されたディズニーによるアニメーション映画。
    カルロ・コッローディ作のイタリア児童文学の名作童話 100年の永きにわたり 世界の子供に愛された いたずら者の 操り人形『ピノッキオの冒険』を原作とする。
    前作『白雪姫』が大ヒット後、「再び同じような映画を」という依頼がウォルトに多数寄せられたが彼はそれを拒否し、前作とは異なる冒険物語である「ピノキオ」を選んだ。しかし、原作は社会風刺小説であり、ピノキオは悪戯っ子で、子供っぽい性格がみられ、白雪姫のような華がなかったため、夢のある物語にするのは容易ではなかった。ウォルトはストーリー作りに数ヶ月も悩み、すでにアーティストたちは作業に入っていたにもかかわらず制作を一時中断する。その間にピノキオは無邪気な性格に変更され、さらに原作ではピノキオにハンマーをぶつけられすぐに死んでしまうコオロギをピノキオの良心、そしてストーリーテラーとしての役割も持つ重要なキャラクター、ジミニー・クリケットとして登場させる事になった。制作が再開された後も熟考を重ね、2年の歳月を経てついにテンポのよい夢と希望にあふれた冒険物語が完成した。
    『星に願いを』
    輝く星に 心の夢を  祈ればいつか叶うでしょう
    きらきら星は不思議な力 あなたの夢を満たすでしょう

    人は誰もひとり 哀しい夜を過ごしてる
    星に祈れば淋しい日々を 光り照らしてくれるでしょう
    <a href="http://blog-imgs-90.fc2.com/e/i/n/einsshop/2016031511352002a.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-90.fc2.com/e/i/n/einsshop/2016031511352002a.jpg" alt="り『星に願いを』" border="0" width="500" height="375" /></a> ここをクリックすると 写真がでます。
    前作『白雪姫』のように大ヒットには至らならなかったが、劇中でジミニー・クリケットが歌った『星に願いを』は第13回アカデミー賞で歌曲賞を受賞し、アメリカ映画協会による、「映画史における偉大な歌100選」でも第7位に入るなど、古典アニメーションの傑作として今日も愛され続けている。
    日本でのセルビデオ出荷本数は100万本。原作とは異なる場面が多い。ゼペットとピノキオを呑みこむのが鯨ではなく巨大なサメであることや、ものをいうコオロギが洒落ていない、ブルー・フェアリー(仙女)の性格だけでなく、原作がかなり残酷でするどい皮肉に満ちていることなどがあげられる。
    ストーリー
    時計職人のゼペットが作った人形ピノキオ。子供のいないゼペットはピノキオが「自分の子供だったら」と、星に願いをかける。
    すると皆が寝静まった頃、ブルー・フェアリーが現れ、ピノキオに生命を授けるとコオロギのジミニー・クリケットを良心役に任命し「正直で優しい性格になれば人間になれる」と言い残し去った。生命を授かったピノキオを見て大喜びのゼペットは、翌日ピノキオを学校へ送り出すが、ファウルフェローとギデオンの「スターの暮らし」の甘言に乗せられ、ストロンボリ一座に売り飛ばされる。糸の無い人形ということで一座のスターになったが、ストロンボリに鳥籠に閉じ込められてしまう。そこへ、ブルー・フェアリーが現れ、ピノキオを問いただすが、嘘をついたピノキオの鼻は伸びはじめてしまう。ジミニーの説得もあり、ブルー・フェアリーの手助けでピノキオはストロンボリ一座を逃げ出して家に帰ろうとする。しかし、家に帰る途中で再びファウルフェローとギデオンに呼び止められ、今度は、遊びの島「プレジャー・アイランド」へ行こうと誘われる。
    <a href="http://blog-imgs-90.fc2.com/e/i/n/einsshop/20160315113521bfc.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-90.fc2.com/e/i/n/einsshop/20160315113521bfc.jpg" alt="いたずら2" border="0" width="400" height="300" /></a> ここをクリックすると 写真がでます。
    またしても誘惑に乗ってしまったピノキオは馬車に乗り、島へ向かう。ジミニーはプレジャー・アイランドにいる子供がロバになっていき、最後にはロバとして町に売り飛ばされることを知ると、ピノキオの救出に向かった。仲良くなっていた悪童ランプウィックが既にロバになってしまい、ピノキオにもロバの耳としっぽが生えていたことから、ピノキオはジミニーの説得を受け入れ、プレジャー・アイランドを脱出し、家へと帰っていった。ところが、ピノキオを心配して探しに行ったゼペットが、クジラの王様・モンストロに飲み込まれてしまっていたのだ。ピノキオとジミニーはゼペットを救出しようと尻尾に石を縛り付けて海に飛び込むも、モンストロに飲まれ、腹の中で再会を果たす。ピノキオの知恵と勇気でゼペットといっしょにモンストロの腹の中から脱出することに成功するが、怒ったモンストロに追いかけられることになる。
    <a href="http://blog-imgs-90.fc2.com/e/i/n/einsshop/201603151135230ec.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-90.fc2.com/e/i/n/einsshop/201603151135230ec.jpg" alt="モンストロ" border="0" width="454" height="246" /></a> ここをクリックすると 写真がでます。
    ピノキオは、モンストロからゼペットをかばって死んでしまう。
    動かなくなったピノキオを前にゼペットとジミニーは悲しみにくれる。そこへ、ブルー・フェアリーが現れ、ピノキオの行動を讃えると、本当の人間の子にする。ピノキオは目を覚まし、ゼペットと喜びを分かち合う。
    <a href="http://blog-imgs-90.fc2.com/e/i/n/einsshop/20160315113524661.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-90.fc2.com/e/i/n/einsshop/20160315113524661.jpg" alt="ピノキオ" border="0" width="400" height="267" /></a> ここをクリックすると 写真がでます。


    アルモニアシェープ (現在は エコーシェープ)


    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。
     今や新品は アインにあるのみ! 


    <a href="http://einsshop.blog43.fc2.com/blog-entry-9026.html" target="_blank" title="「欧州磁器戦争史 (リチャードジノリ)」 詳しくは コチラをクリック">「欧州磁器戦争史 (リチャードジノリ)」 詳しくは コチラをクリック</a> してください。


    「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」


    そして それはヨーロッパ文化の論理的価値観の体現(具体的表現)にほかなりません。
    各々が 各々を 最善に主張しながら 全体の場を 相乗的に盛り上げます。
    洋食器は ヨーロッパの 論理的価値観が生み出した 交響楽 そのものです。
    洋食器店 そう呼べるのが アインです。
    なぜ アインが?
    それは まごうことなき洋食器が 所を得て キラ星の如くあるからです。
    作る人 商う人 購う人 この三者の 苦しくも 楽しき努力は 
    振舞われる人の いともたやすき理解 感嘆となるでしょう。
    オーケストラ それは洋食器です。
    されど洋食器の殿堂 それは黙して奏でます。
    美しき妖精達は 美しき日本の貴方の琴線に 触れずにはおかないでしょう。



  • リチャードジノリ  【ピノキオ】  ティーC/S 25%Off
    リチャードジノリ  【ピノキオ】  ティーC/S 25%Off
    6,885円

    本体価格: ¥8.500

    小さい写真をクリックすると 拡大します。        


    ヘレンド 【メルヘン】 ピノキオ H10cm  35%Off  のお求めはコチラ


    HE CD_VH15694 ピノキオ


    『ピノキオ』は、1940年2月7日に公開されたディズニーによるアニメーション映画。
    カルロ・コッローディ作のイタリア児童文学の名作童話 100年の永きにわたり 世界の子供に愛された いたずら者の 操り人形『ピノッキオの冒険』を原作とするが ピノキオは悪戯っ子で、子供っぽい性格から 無邪気な性格に変更され テンポのよい夢と希望にあふれた冒険物語となり 原作とは異なる場面が多い。ピノキオにハンマーをぶつけられすぐに死んでしまうコオロギをピノキオの良心、そしてストーリーテラーとしての役割も持つ重要なキャラクター、ジミニー・クリケットとして登場させ ゼペットとピノキオを呑みこむのが巨大なサメではなく鯨であることや、ブルー・フェアリー(仙女)の性格だけでなく、原作が社会風刺小説であり、かなり残酷でするどい皮肉に満ちていることなどがあげられる。
    『ピノキオ』は 前作『白雪姫』のように大ヒットには至らならなかったが、劇中でジミニー・クリケットが歌った『星に願いを』は第13回アカデミー賞で歌曲賞を受賞し、アメリカ映画協会による、「映画史における偉大な歌100選」でも第7位に入るなど、古典アニメーションの傑作として今日も愛され続けている。


    『星に願いを』

    輝く星に 心の夢を 祈ればいつか叶うでしょう
    きらきら星は不思議な力 あなたの夢を満たすでしょう


    人は誰もひとり 哀しい夜を過ごしてる
    星に祈れば淋しい日々を 光り照らしてくれるでしょう

    り『星に願いを』

    ストーリー

    時計職人のゼペットが作った人形ピノキオ。子供のいないゼペットはピノキオが「自分の子供だったら」と、星に願いをかける。
    すると皆が寝静まった頃、ブルー・フェアリーが現れ、ピノキオに生命を授けるとコオロギのジミニー・クリケットを良心役に任命し「正直で優しい性格になれば人間になれる」と言い残し去った。生命を授かったピノキオを見て大喜びのゼペットは、翌日ピノキオを学校へ送り出すが、ファウルフェローとギデオンの「スターの暮らし」の甘言に乗せられ、ストロンボリ一座に売り飛ばされる。
    いたずら
    糸の無い人形ということで一座のスターになったが、ストロンボリに鳥籠に閉じ込められてしまう。そこへ、ブルー・フェアリーが現れ、ピノキオを問いただすが、嘘をついたピノキオの鼻は伸びはじめてしまう。ジミニーの説得もあり、ブルー・フェアリーの手助けでピノキオはストロンボリ一座を逃げ出して家に帰ろうとする。しかし、家に帰る途中で再びファウルフェローとギデオンに呼び止められ、今度は、遊びの島「プレジャー・アイランド」へ行こうと誘われる。またしても誘惑に乗ってしまったピノキオは馬車に乗り、島へ向かう。ジミニーはプレジャー・アイランドにいる子供がロバになっていき、最後にはロバとして町に売り飛ばされることを知ると、ピノキオの救出に向かった。仲良くなっていた悪童ランプウィックが既にロバになってしまい、ピノキオにもロバの耳としっぽが生えていたことから、ピノキオはジミニーの説得を受け入れ、プレジャー・アイランドを脱出し、家へと帰っていった。ところが、ピノキオを心配して探しに行ったゼペットが、クジラの王様・モンストロに飲み込まれてしまっていたのだ。ピノキオとジミニーはゼペットを救出しようと尻尾に石を縛り付けて海に飛び込むも、モンストロに飲まれ、腹の中で再会を果たす。ピノキオの知恵と勇気でゼペットといっしょにモンストロの腹の中から脱出することに成功するが、怒ったモンストロに追いかけられることになる。
    モンストロ
    ピノキオは、モンストロからゼペットをかばって死んでしまう。
    動かなくなったピノキオを前にゼペットとジミニーは悲しみにくれる。そこへ、ブルー・フェアリーが現れ、ピノキオの行動を讃えると、本当の人間の子にする。ピノキオは目を覚まし、ゼペットと喜びを分かち合う。


    仙女


    ロゴ
    ピノキオロゴ


    アルモニアシェープ (現在は エコーシェープ)


    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。
     今や新品は アインにあるのみ! 


    類稀な 美貌と知性の女性は 鄙に生まれながら 自らの運命に従い 皇帝の妃に。
    生まれながら 王家の姫は 運命られし縁に 時の王妃へと。


    <a href="http://einsshop.blog43.fc2.com/blog-entry-10490.html" target="_blank" title="「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」コチラをクリック">「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」コチラをクリック</a> してください。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。

     


1

(カテゴリー内:2点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索