カテゴリー

全件表示 (5298) 福袋 (12) 新入荷商品 (70) クリスマスフェア (88) お歳暮ギフトフェア (108) 祝 勤労感謝の日フェア (76) アウガルテン (89) アビランド (412) アラビア (4) ウェッジウッド (1174) エインズレイ (56) エルメス (143) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (26) スポード/ダッチェス (17) スワロフスキー (93) バカラ (267) ビレロイボッホ (8) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (60) ブルガリ・ローゼンタール (37) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (437) ボヘミア (66) ホヤ (18) マイセン (502) ミントン (44) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (893) その他 (1) 赤にわとり/ オロディドッチア (7) アクアレール / ストレッサー (15) イントラ/ ジオカルティン/ ジュエリー/ デルフィー (9) アガサブルーフラワー (31) アマデウスジャーダー&ブルー (27) アマデウス・トリオンフォ・イタリアーノ (12) アマデウスの唄 ジャーダー (18) アマデウスの唄 トラメ (18) アマデウスの唄 ブルー (21) アラゴスタ/ フィッシュデコー (13) アンティックローズ (8) アンティコ・エデン/ チェリー/ ミレーラ (16) イタリアンシーン(フィレンツェ) (14) イタリアンフルーツ (30) インペロフルーツ (13) ベッキオフルーツ(ペルージャ)/ ヴァル・ド・オルチャ (13) イヤー/ ナタールプレート (5) インペロカメリア (15) インペロジュリエッタ (18) インペロスカラ (8) インペロダイヤモンド (3) インペロミストラル (16) インペロメッシュ(ポルトフィノ) (5) インペロイェロー (12) インペログリーン (12) インペロブラック (21) インペロブルー (9) インペロロッソ (12) インペロ色々 (16) エルバ/ カプリ (7) オリエントエクスプレス (7) ガーデンローズ (8) カポデモンテ (4) カラーコレクション (2) グランデューカ (12) クリッパー (16) サボイア家 森の果実 (1) サンタマルガリータ/ 手作りの花 (2) ジオポンティ・ファンティニ・フィグレ・ムーゼ (4) ジャルディーノブルー (6) ジュビレオコレクション (22) シリウス座/ ヌヴォラアイリス (17) ヅッカ/ ボルドオロ (2) トスカーナ (13) パールブルー (2) ピノキオ (2) ピンク・ブルーのチューリップ/ りんごの花 (11) ファルダ / インテリアデザイン (7) ファルファッレフィオリータ (2) プリマヴェーラ (6) プリンセスローズ (11) ベッキオ・グレース (8) ベッキオ・ジェンマ(翡翠) (19) ベッキオ・フィオーリ(レバント) (11) ベッキオ・ホワイト (96) ベネチアンローズ (7) ボルドーブルー (10) ホワイトアイリス (2) ホワイト・アンティコ/ デダロ/ ヴェラ/ ラゴ (4) ボンジョルノストロベリー (3) ボンショルノチェリー (15) ボンジョルノプルーン (14) マルコポーロ・ブルー/ レッド (4) ミュージオ・クラシコ (16) ミュージオ・パストラーレ/ フィオッコ (14) ミュージオ・ドッチア/ ローマ (2) ミュラレス(壁画)  (1) メダイオン (20) ラベロ (36) ローズブルー (17) ロイヤルブルー (6) ロゼリーニ (6) リヤドロ (78) レイノー (5) ローゼンタール ロイヤルアルバート (64) ロイヤルウースター (27) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (434) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

リチャードジノリ > パールブルー

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • リチャードジノリ 【パールブルー作家限定】 ティーC/S 30%Off
    リチャードジノリ 【パールブルー作家限定】 ティーC/S 30%Off
    10,584円

    本体価格:¥14.000


    小さい写真を クリックすると 拡大します。

     
     
    ヨハネス・フェルメール(1632年 - 1675年)は、ネーデルラント連邦共和国の画家で、バロック期を代表する画家の1人である。映像のような写実的な手法と綿密な空間構成そして光による巧みな質感表現を特徴とする。フェルメールの通称で広く知られる。本名ヤン・ファン・デル・メール・ファン・デルフト。フェルメールは、同じオランダのレンブラント、イタリアのカラヴァッジョ、フランドルのルーベンス、スペインのベラスケスなどと共に、バロック絵画を代表する画家の1人である。また、レンブラントと並ぶ17世紀オランダ黄金時代の代表画家である。
    真珠の耳飾りの少女
    『真珠の耳飾りの少女』 ヨハネス・フェルメール 1665年 マウリッツハイス美術館(オランダ)
    『青いターバンの少女』・『ターバンを巻いた少女』とも呼ばれ、口元にかすかな笑みを湛えるかのようにも見えるところから「北のモナ・リザ」「オランダのモナ・リザ」とも称される。この少女のモデルをフェルメールの娘マーリアであるとして1670年代とする意見もあるが、可能性は低い。その後、フェルメールはフェルメールは1675年に43歳で破産同然で死去したので、『真珠の耳飾りの少女』も、他の絵とともに1696年に競売された目録が残っている。その後、1881年まで所有者は転々としたが、1881年にハーグのオークションにてわずか2ギルダー30セント(およそ1万円)でこの絵は競落された。1881年にマウリッツハイス美術館に寄贈され、以後ここに所蔵されている。数回補修されたが、1994年から2年間の修復は入念かつ徹底的に実施され、その結果、絵はフェルメールによって描かれた当時に非常に近いものとなっている。現在取引きされるなら、その価格は100億円とも150億円とも言われる。
    第2次世界大戦中にドイツの首脳ゲーリング(ヒトラーの後継者とされていた大物軍人・政治家)に贋作を売ったことが 戦後に犯行が発覚、逮捕された有名な贋作家は、ナチの大物をだましたというので刑は軽かった。


    ポール・ボードリー 波と真珠
    ポール・ボードリー  「波と真珠」 

    ポール・ジャック・エメ・ボードリー(1828年 - 1886年)はフランスの画家。フランス第二帝政期を代表するアカデミック絵画の画家の一人。フランス国立高等美術学校で絵を学び、1850年、『アラス川の川岸で発見されたゼノビア』でウィリアム・アドルフ・ブグローと共にローマ賞を受賞。イタリアではコレッジョの絵に強く関心を持つ。主に壁画を描くが、肖像画や歴史画も描いた。ナポレオン3世からガルニエ宮の装飾を依頼され、10年間、それに従事した。1863年にはシャンティイ城の装飾を手掛けた。1870年には芸術アカデミーの会員となった。オリエントに旅行し、パンテオンの装飾計画に参加するつもりだったが、死去。遺体はペール・ラシェーズ墓地に埋葬された。


    天然では産出が稀であり 「月のしずく」「人魚の涙」とも呼ばれ 美しい光沢に富むため 世界各地で古くから宝石として珍重されてきた。またその希少性から薬としての効能を期待し、服用される例がしばしば見られる。日本では 昔から 解熱剤として 現在でも風邪薬として販売されている。エジプトでは紀元前3200年頃から既に知られて 宝飾品として 後には薬として珍重された。クレオパトラが酢に溶かして飲んでいたと伝えられる[実際には溶けない]。中国では紀元前2300年頃 ペルシャで紀元前7世紀頃 ローマでは紀元前3世紀頃から真珠が用いられていた記録がある。
    日本は古来から、真珠の産地として有名であった。日本書紀や古事記、万葉集には すでに真珠の記述が見られ 『魏志倭人伝』にも 邪馬台国の台与が曹魏に白珠(真珠)5000を送ったと記されている。万葉集には真珠を詠み込んだ歌が56首含まれる。当時は三重県の英虞湾や愛媛県の宇和海でアコヤガイから小粒の真珠が採取されていた。日本の真珠の美しさはヨーロッパまで伝えられ、コロンブスも憧れたという。
    真珠は貝の体内で生成される宝石で 生体鉱物(バイオミネラル)と呼ばれる。貝殻成分を分泌する外套膜が 貝の体内に 偶然 入りこみ 天然真珠(貝殻成分)が生成される。
    養殖貝による真珠生産の歴史は古く 11世紀の中国などで既に行われていたが 量産は難しかった。スペイン人たちは アメリカ大陸を侵略し ベネズエラで真珠の一大産地を見つけたが その採掘のために現地の先住民を酷使し 絶滅させた。
    世界に先駆けて 1893年 御木本幸吉が 英虞湾神明浦で養殖アコヤガイの半円真珠 1905年、英虞湾の多徳島で真円真珠の生産に成功している。1907年 養殖貝による真珠量産の発明者は 西川藤吉(御木本幸吉の次女の夫)・見瀬辰平の2人(Mise-Nishikawa Method)があげられる。後にイギリスで養殖貝真珠が偽物だと吹聴され パリで真珠裁判が行われ 1924年5月24日 天然と養殖には全く違いが無く 全面勝訴した。20世紀初頭 ヨーロッパ資本の真珠価格のコントロール下 真珠はダイヤモンドより高価な宝石となっていたが 養殖真珠が市場に出回るようになって、真珠価格は暴落した。1930年代 クウェートやバーレーンなど真珠を重要な産業としていた国は 養殖貝による真珠の出現に伴う真珠価格の暴落によって 真珠産業が成り立たなくなり、世界恐慌の時期と重なり 経済に大打撃を受けた。一方 真珠の養殖技術と それを売り込むビジネスモデルを確立した日本は 真珠市場に進出 ヨーロッパ勢に代わり 世界の9割のシェアを誇るようになり 御木本の「真珠のネックレスで世界中の女性の首をしめる」という言葉を 現実のものとした。しかし、1967年、ミニスカートの流行を境に 従来のファッションの流行が変わり 世界の真珠需要が激減し 今や 国内市場が 主戦場となっております
    真珠の重量の計量単位には、養殖真珠の産業化に成功した日本に敬意を表して 尺貫法単位匁(3.75グラム)や貫(3.75キログラム)が用いられるが、グラム、カラット(200ミリグラム)やグレーン(50ミリグラム)も用いられる。真珠の大きさの単位はミリメートルであるが、真珠のネックレスの長さは 業者間の取引では主にインチが使われている。


    アワビ真珠(アバロンパール)は限られた条件の海から生まれる最高の贈り物です。天アワビ真珠(アバロンパール)
    アワビ真珠(アバロンパール)

    あわび真珠・・それは限られた条件の海から生まれる最高の贈り物です。
    水が澄んできれいな事、
    流れが激しく海中の温度が冷たく一定な事、
    あわび貝の主食である昆布が大量に有る
    この条件を有する場所は世界の海でも限定されており 日本、中国、朝鮮、北米、メキシコ、南米、ニュージーランド、英国海峡などです。日本で初めて、あこや真珠の養殖に成功すると、あわび貝でも養殖ができるのではと考える者が 養殖に挑みますが、あわび貝は他の二枚貝と異なり一枚貝(巻貝)のため、運動性に富み挿入された核を簡単に排除してしまい、養殖は大変難しいものでした。核入れした貝の生存率は約1/2、半分が死滅し残ったうちの二割ほどが製品として使われ、虹色の美しい輝きを有した巻きがきれいなものはこのうちの1~3%しかありません。あわび真珠がいかに希少で高価な物かがおわかりいただけると思います。この養殖に成功しているところは数少なく世界でも、日本、北米、メキシコ、ニュージーランド、の4カ国しかありません。半球体真珠の美しいものとなるとさらに難しく、日本、ニュージーランドのみで、他の国はバロックなどです。  日本のあわび真珠の特徴は12mm~16mmぐらいと比較的大きく、淡い青、緑、桃色、紫など上品で優しい色あいをしています。ニュージーランドのあわび真珠は9mm~14mmと比較的小粒で、濃いグリーンからブルーが主体となります。


    当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。このお品も 作家サインロゴ のついた由緒正しきお品です。
    RG パールブルー ロゴ

    由緒正しき ジャン・ヴァティスタ・ヴァノッティ 作家サインロゴ
    リチャードジノリ社認知の世界の一流店のみに この特別制品が提供されております。一般店には普通のジノリロゴの製品です。しかし それすら一般店に 最早 新品はございません。

    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。


    高品質磁器
    ルネサンス芸術の粋 
    スクロール文様レリーフの ミュージオシェイプに
    立体的な青い真珠に 粉彩リングをあしらっています。

    由緒正しき ジャン・ヴァティスタ・ヴァノッティ 作家サインロゴ


    粉彩リング は 私の命名ですが むしろ中国の泥彩由来のパテシュールパテの転写版です。
    粉彩は主に水泥(スリップ状磁土)を地に施したものです。 陶器などでは普通に行われていた自然釉期待の素焼をヒントにしたのか マイセンがウェッジウッドのジャスバーに対抗して陶器に先祖返りしたのがビスク焼と呼んでいるものです。
    種を明かすと簡単なようですが ジノリは手描きの味を出すために実に凝った仕事をしています。

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが 
    お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    雄雄しく 歴史に名を連ねた 覇者達 彼らが 歴史の頂点を 極めた時 王者に相応しい 王者の尊厳に そむかぬものを求めて 白い黄金にたどり着く。


    「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」 コチラをクリック してください。

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。


    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。



  • リチャードジノリ 【パールブルー・作家限定】  20cmプレート 30%Off
    リチャードジノリ 【パールブルー・作家限定】  20cmプレート 30%Off
    6,048円

    本体価格:¥8.000


    小さい写真を クリックすると 拡大します。


    ウィリアム・アドルフ・ブグロー 真珠 (1894)
    ウィリアム・アドルフ・ブグロー  「真珠 」 (1894)


    ウィリアム・アドルフ・ブグロー(1825年 - 1905年)は、フランスの画家。ラ・ロシェルに生まれる。19世紀フランスのアカデミズム絵画を代表する画家で、神話や天使、少女を題材とした絵画を多く残した。


    天然では産出が稀であり 「月のしずく」「人魚の涙」とも呼ばれ 美しい光沢に富むため 世界各地で古くから宝石として珍重されてきた。またその希少性から薬としての効能を期待し、服用される例がしばしば見られる。日本では 昔から 解熱剤として 現在でも風邪薬として販売されている。エジプトでは紀元前3200年頃から既に知られて 宝飾品として 後には薬として珍重された。クレオパトラが酢に溶かして飲んでいたと伝えられる[実際には溶けない]。中国では紀元前2300年頃 ペルシャで紀元前7世紀頃 ローマでは紀元前3世紀頃から真珠が用いられていた記録がある。
    日本は古来から、真珠の産地として有名であった。日本書紀や古事記、万葉集には すでに真珠の記述が見られ 『魏志倭人伝』にも 邪馬台国の台与が曹魏に白珠(真珠)5000を送ったと記されている。万葉集には真珠を詠み込んだ歌が56首含まれる。当時は三重県の英虞湾や愛媛県の宇和海でアコヤガイから小粒の真珠が採取されていた。日本の真珠の美しさはヨーロッパまで伝えられ、コロンブスも憧れたという。
    真珠は貝の体内で生成される宝石で 生体鉱物(バイオミネラル)と呼ばれる。貝殻成分を分泌する外套膜が 貝の体内に 偶然 入りこみ 天然真珠(貝殻成分)が生成される。
    養殖貝による真珠生産の歴史は古く 11世紀の中国などで既に行われていたが 量産は難しかった。スペイン人たちは アメリカ大陸を侵略し ベネズエラで真珠の一大産地を見つけたが その採掘のために現地の先住民を酷使し 絶滅させた。
    世界に先駆けて 1893年 御木本幸吉が 英虞湾神明浦で養殖アコヤガイの半円真珠 1905年、英虞湾の多徳島で真円真珠の生産に成功している。1907年 養殖貝による真珠量産の発明者は 西川藤吉(御木本幸吉の次女の夫)・見瀬辰平の2人があげられる。後にイギリスで養殖貝真珠が偽物だと吹聴され パリで真珠裁判が行われ 1924年5月24日 天然と養殖には全く違いが無く 全面勝訴した。20世紀初頭 ヨーロッパ資本の真珠価格のコントロール下 真珠はダイヤモンドより高価な宝石となっていたが 養殖真珠が市場に出回るようになって、真珠価格は暴落した。1930年代 クウェートやバーレーンなど真珠を重要な産業としていた国は 養殖貝による真珠の出現に伴う真珠価格の暴落によって 真珠産業が成り立たなくなり、世界恐慌の時期と重なり 経済に大打撃を受けた。一方 真珠の養殖技術と それを売り込むビジネスモデルを確立した日本は 真珠市場に進出 ヨーロッパ勢に代わり 世界の9割のシェアを誇るようになり 御木本の「真珠のネックレスで世界中の女性の首をしめる」という言葉を 現実のものとした。しかし、1967年、ミニスカートの流行を境に 従来のファッションの流行が変わり 世界の真珠需要が激減し 今や 国内市場が 主戦場となっております
    真珠の重量の計量単位には、養殖真珠の産業化に成功した日本に敬意を表して 尺貫法単位匁(3.75グラム)や貫(3.75キログラム)が用いられるが、グラム、カラット(200ミリグラム)やグレーン(50ミリグラム)も用いられる。真珠の大きさの単位はミリメートルであるが、真珠のネックレスの長さは 業者間の取引では主にインチが使われている。

    奄美大島産マベ真珠 パライバトルマリン
    奄美大島産 マベ真珠 パライバトルマリン

    地球の始原的元素のエネルギーを与えることにより偶然産まれた青い真珠 貴重な天然ブルーであると共に、生体活性エネルギーを放射する機能ジュエリー、少量生産による希少価値で地域の観光資源として認知される。この海を映したような綺麗な青色の真珠は「願いが叶うパール」として、自然の恵みそのままの美しさです。


    当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。このお品も 作家サインロゴ のついた由緒正しきお品です。
    RG パールブルー ロゴ
    由緒正しき ジャン・ヴァティスタ・ヴァノッティ 作家サインロゴ

    リチャードジノリ社認知の世界の一流店のみに この特別制品が提供されております。一般店には普通のジノリロゴの製品です。しかし それすら一般店に 最早 新品はございません。


    (グッチ)ジノリで廃盤になりました。


    高品質磁器
    ルネサンス芸術の粋 


    スクロール文様レリーフの ミュージオシェイプに

    立体的な青い真珠に 粉彩リングをあしらっています。

    ジャン・ヴァティスタ・ヴァノッティ 作家サインロゴ


    粉彩リング は 私の命名ですが むしろ中国の泥彩由来のパテシュールパテの転写版です。
    粉彩は主に水泥(スリップ状磁土)を地に施したものです。 陶器などでは普通に行われていた自然釉期待の素焼をヒントにしたのか マイセンがウェッジウッドのジャスバーに対抗して陶器に先祖返りしたのがビスク焼と呼んでいるものです。
    種を明かすと簡単なようですが ジノリは手描きの味を出すために実に凝った仕事をしています。

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    雄雄しく 歴史に名を連ねた 覇者達 彼らが 歴史の頂点を 極めた時 王者に相応しい 王者の尊厳に そむかぬものを求めて 白い黄金にたどり着く。


    「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」 コチラをクリック してください。

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。


    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。


1

(カテゴリー内:2点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索