カテゴリー

全件表示 (5058) 福袋 (16) 新入荷商品 (104) お中元ギフトフェア (84) 祝海の日フェア (99) アウガルテン (89) アビランド (394) アラビア (5) ウェッジウッド (1077) エインズレイ (50) エルメス (146) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (25) スポード/ダッチェス (27) スワロフスキー (87) バカラ (243) ビレロイボッホ (10) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (59) ブルガリ・ローゼンタール (35) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (21) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (433) ボヘミア (65) ホヤ (16) マイセン (484) 赤葡萄・白葡萄/ その他 (1) 青い花 (15) アフロディテ (6) アラビアンナイト千夜一夜 (8) アルペンフローラ/ フローラ (14) イヤーズプレート (22) 1996年復刻イヤープレート (8) 記念/ メモリアル・プレート (8) イェロー・オレンジローズ・バラと忘れな草 (2) インドの花・各色 柿右衛門写し (13) ヴァインリーフ/ 柊南天染付ゴールド (2) X / B・フォーム (13) 花鳥虎文・402110  (1) 果物模様/ 花と果実/ フルーツと花 (8) 御所車花模様 (6) シノワズリ緑龍/ ミング(明代)ドラゴン (4) 写実的な花/ ドイツの花 (3) シャドウフラワー/ 柊南天金彩 (8) ジャポネズリ・ストローフラワー (4) 祝祭舞踏会/ マルガリータ (2) 松竹梅柴垣鳥文・455110  (1) 松竹梅虎文・401110  (1) スキャタードフラワー(散らし小花) (4) スワンサービス/ ワトーグリーン (4) そよ風/ ベゴニア/ 森の声 (8) 太湖石に花鳥文・341110 (1) 中国蝶文・393110  (1) 東洋の伝説動物・571310  鳥と小蝶/ マイセンバード (7) 波の戯れホワイト (15) 花と蝶/ リアルな花と蝶 (5) 昼顔/ ローゼンブーケ (5) 二つ花 (39) プラチナコバルト (4) ブルーオーキッド (19) ブルーオニオン (44) ホワイトレリーフ (6) マイセンのバラ (2) 真夏の夜の夢 (16) 三つ・四つ・五つ・六つ 花 (10) 水辺の動物・花 (7) 緑の花束 (6) メロディードラゴン (8) (様式的な花)ドイツブルメン (7) 龍と鳳凰文 (6) 和風花鳥文金彩・465110  (1) マイセンVIP/ロゴ (10) マイセン特撰・限定洋食器 (23) マイセン特撰限定ベース (20) マイセン特撰限定オブジェ・キャンドルスタンド (11) マイセン磁板画 (19) マイセン人形 (26) ミントン (41) メニュー(デンマーク) (8) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (842) リヤドロ (55) レイノー (5) ローゼンタール (5) ロイヤルアルバート (56) ロイヤルウースター (28) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (433) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

マイセン > スワンサービス/ ワトーグリーン

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • マイセン 【ワトー(ヴァトー)グリーン】  兼用C/S C 15%Off
    マイセン 【ワトー(ヴァトー)グリーン】  兼用C/S C 15%Off
    327,250円

    本体価格: ¥350.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。

                                 
    ms.jpg
    ブランド箱 385円 ギフト包装用に 正規代理店から購入しております。

    アントワーヌ・ヴァトー(1684年 - 1721年)は、ロココ時代のフランスの画家。
    18世紀のヨーロッパはロココの時代であり、前世紀のバロック様式に代わって、曲線的、装飾的で甘美なロココ様式が全盛となった。絵画の主題においても歴史画や宗教画から、男女の愛の駆け引きを主題にした風俗画が目立つようになる。
    「雅びな宴」(フェート・ギャラント)の画家と呼ばれるヴァトーは、若くして亡くなったが、18世紀フランスのロココ様式を代表する画家と見なされている。
    アントワーヌ・ヴァトー - 水浴するディアナ 1715 - 1716
    アントワーヌ・ヴァトー - 水浴するディアナ 1715 - 1716

    ジャン=アントワーヌ・ヴァトー アントワーヌ・ド・ラ・ロックの肖像1718
    ジャン=アントワーヌ・ヴァトー アントワーヌ・ド・ラ・ロックの肖像 1718
    アントワーヌ・ド・ラ・ロックは、ヴァトーの友人で、戦争で片足を失ったのを機に、その文才を生かして雑誌『メルキュール・ド・フランス』誌の編集長やオペラの台本作家として活躍した人物。彼の傍らにある楽器や書物は、彼のこの第二の人生を連想させる。また、画面右側に描かれたミューズやファウヌスによって、寓意的・神話的な雰囲気が生まれている。友人の肖像であると同時に神話画的な雰囲気も併せ持つユニークな作品。田園牧歌趣味をロココ的に発展させ、雅宴画のジャンルを開いたヴァトーの確かな腕が光る名作。

    メズタン 『メズタン』 1717-19頃 メトロポリタン美術館(ニューヨーク)蔵
    イタリア喜劇やオペラに傾倒しており、友人らをモデルにし、喜劇の登場人物として描いた『ジル』(別名をピエロ)、『メズタン』のような作品もある。

    ワトー(ヴァトー)の「トワレ(生理的)身繕い インタイム」
    ワトー(ヴァトー)の「トワレ(生理的)身繕い インタイム」
    『風姿花伝』 室町時代初期の猿楽師世阿弥が父観阿弥の教えにもとづいて書いた理論書です。世阿弥は「花と 面白きと めづらしきと、これ三つは同じ心なり」と書いています。
    曰く 秘する花を知ること。秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず、となり。
    利休は 茶室に続く小道の落ち葉を掃き清めて客を迎えるに 掃き清めた後に2.3枚の落ち葉をさりげなく散らしたそうです。利休の侘び寂びの心です。谷崎潤一郎の「陰影礼賛」 皆然り。
    間仕切りのないトイレがあったり モーツァルトのスカトロジーは有名です。日本人から見れば露悪趣味としか言えません。
    と言いたいところですが今の東洋人に 慎みは無縁になってきているのでは・・・・・・・。素人の女の子が平気でポルノに出演します。まるで出演のお誘いがないと自分はそれほどのブスかと僻むがおち?  今 巷を騒がすリベンジ(雪辱を知らず ら抜き言葉が主流の若人。昨日の新聞発表)ポルノてなんですか。愛は永遠と信じてたというのですか? 離婚率が高いのを知りませんか? 東洋人の恥の文化 一概に良いとは言いませんが 少しはねー。きりがないのでここらでやめときます。

    マイセン 【ワトー(ヴァトー)グリーン】 兼用C/S 3幅各1客の  写真は コチラをクリック してください。

    手描き本金彩(セーヴルでも 金彩は 銅版転写です)
    フランス・ロココの大家 アントワーヌ・ワトー原画
    ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 窓枠レリーフ エンツゥィーステッドハンドル
     
    安物 安いのは当たり前
    良いもの安いのが アインさん     

    セーヴルとしては フリット軟質磁器で シノワズリを追っても 中国は勿論 マイセンにも 勝ち目の無いのは 明らかです。やがて時代は セーヴルの欧風ロココが シノワズリ・バロックのマイセンを旧となし 新潮流となっていきました。(結局 セーヴルは 捜し求めた カオリンを 1768年に リモージュ近郊の サン・イリョーで 発見するまで 硬質磁器を 焼成出来ませんでした)
    マリアテレジアのウィーン窯も フランスロココの模倣から 独自のウィーン様式を確立し18世紀中葉には マイセンに代わり セーヴルと並んで  時代をリードしていきました。磁器において先行したアウグスト3世も 美術に造詣の深い王で 逸早く ロココの時代を予見しておりました。1750年 3世は 娘マリア・ヨゼファが フランス王太子に嫁ぐ時 マイセンの贈り物を制作したケンドラーを 設置者名目で 偵察に出しました。ケンドラーは ロココの資料を持ち帰り 模倣を始めるのですが それは遂に セーヴルを超える事はありませんでした。

    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。
    業を煮やしたマイセン特別委員会はキルヒナーを解雇決定しました。

    「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-3」 詳しくは コチラをクリック  してください。

    日本においては小さな人形の類がフィギュアと呼ばれている。この場合 フィギュリンが相応しいのでは ?

    インドサイ
    インドサイ 1732年原作。2010年 復刻  H28cm。 \3.780.000
    アブラハム・デ・ブルンの銅版画を手本にしたので「デューラーのちび角」がある。

    マイセン 【2005年世界限定】 マイスター限定作品 踊る白狐 H33cm 25%Off  のお求めはコチラ

    MS 2005限定 999984 78955 ダンシングフォックス(raku)
    当店所蔵 マックス・エッサー作 H33cm 850,500 円 比べてみてください。

    マイセン 【フィギュリン】  天球上の穢れ無きマリア・72075 H44cm 25%Off  のお求めはコチラ  

    MS 天球上のけがれなきマリア(raku)
    天球上の穢れ無きマリア H44cm  当店所蔵
    これがキルヒナーのインドサイと同値(\3.780.000)と聞けば どう思いますか ?
    それもここから25%Offするんですよ。

  • マイセン 【ワトー(ヴァトー)グリーン】  兼用C/S B 15%Off
    マイセン 【ワトー(ヴァトー)グリーン】  兼用C/S B 15%Off
    327,250円

    本体価格: ¥350.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。

                                 
    ms.jpg
    ブランド箱 385円 ギフト包装用に 正規代理店から購入しております。 

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。 

    主だったお店を調べましたが ロココを代表する画家ヴァトーさんの銘作を 知ってか知らいでか どこにも有りません。いずれにしろ マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。 お熟成アインでは重厚な旧作新品を 精一杯お安くしております。
    それではお熟成アインは 何故 お安いのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。

    ・フラゴナールジャン・オノレ1732年から1806年
    「ラ・Gimblette」 フラゴナール、ジャン・オノレ1775年
    ジャン・オノレ・フラゴナール(1732年 - 1806年)は、ロココ期のフランスの画家。西洋美術史において、18世紀はロココの世紀であった。フラゴナールは、その18世紀の後半のフランスを代表する画家である。フランス・ロココ美術の典型的な画家であるとともに、時代の変化のなかで、ロココ時代の最後を飾った画家ともいえる。有名な 『ブランコ』 がある。

    アントワーヌ・ヴァトー(1684年 - 1721年)は、ロココ時代のフランスの画家。
    18世紀のヨーロッパはロココの時代であり、前世紀のバロック様式に代わって、曲線的、装飾的で甘美なロココ様式が全盛となった。絵画の主題においても歴史画や宗教画から、男女の愛の駆け引きを主題にした風俗画が目立つようになる。
    「雅びな宴」(フェート・ギャラント、fêtes galantes)の画家と呼ばれるヴァトーは、若くして亡くなったが、18世紀フランスのロココ様式を代表する画家と見なされている。
    シテール 
    『シテール島への巡礼』 (1717年) ルーヴル美術館
    ヴァトーの典型的な作品は、『シテール島の巡礼』のような、田園に集い愛を語り合う若い男女の群れを描いたもので、これらは「雅びな宴」の絵と呼ばれた。

    メズタン
    『メズタン』 1717-19頃 メトロポリタン美術館(ニューヨーク)蔵
    イタリア喜劇やオペラに傾倒しており、友人らをモデルにし、喜劇の登場人物として描いた『ジル』(別名をピエロ)、『メズタン』のような作品もある。

    ワトー(ヴァトー)の「トワレ(生理的)身繕い インタイム」
    ワトー(ヴァトー)の「トワレ(生理的)身繕い インタイム」
    『風姿花伝』 室町時代初期の猿楽師世阿弥が父観阿弥の教えにもとづいて書いた理論書です。世阿弥は「花と 面白きと めづらしきと、これ三つは同じ心なり」と書いています。
    曰く 秘する花を知ること。秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず、となり。
    利休は 茶室に続く小道の落ち葉を掃き清めて客を迎えるに 掃き清めた後 2.3枚の落ち葉をさりげなく散らしたそうです。利休 侘び寂びの心です。谷崎潤一郎の「陰影礼賛」 皆然り。
    間仕切りのないトイレがあったり モーツァルトのスカトロジーは有名です。日本人から見れば露悪趣味としか言えません。
    と言いたいところですが今の東洋人に 慎みは無縁になってきているのでは・・・・・・・。素人の女の子が平気でポルノに出演します。まるで出演のお誘いがないと自分はそれほどのブスかと僻むがおち? 今 巷を騒がすリベンジ(雪辱を知らず ら抜き言葉が主流の若人。昨日の新聞発表)ポルノてなんですか。愛は永遠と信じていたというのですか? 離婚率が高いのを知りませんか? 東洋人の恥の文化 一概に良いとは言いませんが 少しはねー。きりがないのでここらでやめときます。

    手描き本金彩(セーヴルでも 金彩は 銅版転写です)

    フランス・ロココの大家 アントワーヌ・ワトー原画

    ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 
    窓枠レリーフ エンツゥィーステッドハンドル
    レリーフのあるこったシェープに 更にふんだんな金彩花を添えて フランスはセーブルに 負けじとの大力作
     
    1720年 ヘロルトが パキエの窯を抜けてきた頃の マイセンの絵付けは 一流とは言い難く ベトガーや シュテルツェルらが 開発した顔料の色数も 貧相なものでした。(ベトガーが 持て余した白磁の多くは 磁器街道と呼ばれた水路を通って アウグスブルグのハウスマーレライ・無所属の絵付師らに 売り渡されておりました。マイセン社史では 贋作に手を貸す この不名誉な事は あえて触れられておりません。) ヘロルトは パキエの窯から持ち出した フンガーの顔料に 自らも開発した顔料を以って 彼独特のシノワズリを確立していきました。ヘロルトのシノワズリは 欧州にて高い評価を受け 果てには 本家中国にまで 影響を及ぼすほどでした。さらに進み アウグスト王が 余白の美が美しいと 絶賛する柿右衛門(ヨーロッパにおいて高値を呼んだ)にも 臆せず挑み 王の満足するヘロルトの柿右衛門は マイセンの名声を弥が上にも高めました。
    セーヴルとしては フリット軟質磁器で シノワズリを追っても 中国は勿論 マイセンにも 勝ち目の無いのは 明らかです。やがて時代は セーヴルの欧風ロココが シノワズリ・バロックのマイセンを旧となし 新潮流となっていきました。(結局 セーヴルは 捜し求めた カオリンを 1768年に リモージュ近郊の サン・イリョーで 発見するまで 硬質磁器を 焼成出来ませんでした)

    マリアテレジアのウィーン窯も フランスロココの模倣から 独自のウィーン様式を確立し18世紀中葉には マイセンに代わり セーヴルと並んで  時代をリードしていきました。磁器において先行したアウグスト3世も 美術に造詣の深い王で 逸早く ロココの時代を予見しておりました。1750年 3世は 娘マリア・ヨゼファが フランス王太子に嫁ぐ時 マイセンの贈り物を制作したケンドラーを 設置者名目で 偵察に出しました。ケンドラーは ロココの資料を持ち帰り 模倣を始めるのですが それは遂に セーヴルを超える事はありませんでした。

    錬金術師-3
    磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが 曇ったガラス球に終わりました。

    「欧州磁器戦争史  錬金術師-3」 詳しくは コチラをクリック してください。

    磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1~2世紀に 端を発します。
    古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。それまでにも アラブの玄関口であるイタリアには アラブの王様から 自分の威光を 誇る 贈り物として 入ってきておりましたが 東洋からのものと 判明したのは マルコポーロによります。この時 彼は 完品は高すぎて手が出ず 破片を 持ち来ったそうです。 やがて 14世紀には やはり 景徳鎮で 磁器最後の姿 染付の完成を見ます。東洋では 千数百年の長きにわたる 多くの職人達の 勘と経験を 積み重ねた 結晶の賜物として 花開きました。片や西洋では 憧れの白磁を 科学的に分析することで 錬金術師(中世における 科学者の呼称)ベトガーは わずか3~5年で 1710年に完成させました。ザクセン王国 宮廷科学顧問官 チルンハウス(彼とて 磁器のガラス質に惑わされ 軟質磁器の研究に 堕しておりました。化学的変成にこだわり 分析と 実験の王道により 白磁を極めたベトガーは やはり非凡の天才でした。)の白磁研究の基礎に 助けられたとはいえ 西洋科学分析手法の優越性は ベトガーへの個人的資質の賞賛のみにとどまらず 明治維新の日本でも 優れた西洋科学として 競って受け入れられました。今や 日本をはじめ 東洋は 西洋を 凌駕せんばかりの 勢いです。

  • マイセン 【ワトー(ヴァトー)グリーン】  兼用C/S A 15%Off
    マイセン 【ワトー(ヴァトー)グリーン】  兼用C/S A 15%Off
    327,250円

    本体価格: ¥350.000

    小さい写真をクリックすると 拡大します。     

                                 
    ms.jpg
    ブランド箱 385円 ギフト包装用に 正規代理店から購入しております。 

    アントワーヌ・ヴァトー(1684年 - 1721年)は、ロココ時代のフランスの画家。
    18世紀のヨーロッパはロココの時代であり、前世紀のバロック様式に代わって、曲線的、装飾的で甘美なロココ様式が全盛となった。絵画の主題においても歴史画や宗教画から、男女の愛の駆け引きを主題にした風俗画が目立つようになる。
    「雅びな宴」(フェート・ギャラント)の画家と呼ばれるヴァトーは、若くして亡くなったが、18世紀フランスのロココ様式を代表する画家と見なされている。
    シテール
    『シテール島への巡礼』 (1717年) ルーヴル美術館                  
    ヴァトーの典型的な作品は、 『シテール島の巡礼』のような、田園に集い愛を語り合う若い男女の群れを描いたもので、これらは「雅びな宴」の絵と呼ばれた。

    「ユピテルとアンティオペ」 ジャン・アントワーヌ・バトー (1715年)
    「ユピテルとアンティオペ」 ジャン・アントワーヌ・バトー (1715年)
    「天なる父」ローマの主神ユピテルは、ユーノという正妻がありながら、多くの女神や人間の女性たちを誘惑して、数え切れないほどの子供をもうけている「懲りない」神でした。ギリシア神話では ゼウス。そのユピテルが今度は、テバイの摂政の娘のアンティオペを見初めてしまいます。ユピテルは森の精サテュロス(半人半獣)に化けて、眠っているアンティオペの背後から近づき、彼女の美しい裸身に見とれています。さて次は・・・・・・・

    ワトー(ヴァトー)の「トワレ(生理的)身繕い インタイム」
    ワトー(ヴァトー)の「トワレ(生理的)身繕い インタイム」
    『風姿花伝』 室町時代初期の猿楽師世阿弥が父観阿弥の教えにもとづいて書いた理論書です。世阿弥は「花と 面白きと めづらしきと、これ三つは同じ心なり」と書いています。
    曰く 秘する花を知ること。秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず、となり。
    利休は 茶室に続く小道の落ち葉を掃き清めて客を迎えるに 掃き清めた後 2.3枚の落ち葉をさりげなく散らしたそうです。利休の侘び寂びの心です。谷崎潤一郎の「陰影礼賛」 皆然り。
    間仕切りのないトイレがあったり モーツァルトのスカトロジーは有名です。日本人から見れば露悪趣味としか言えません。
    と言いたいところですが今の東洋人に 慎みは無縁になってきているのでは・・・・・・・。素人の女の子が平気でポルノに出演します。まるで出演のお誘いがないと自分はそれほどのブスかと僻むがおち? 今 巷を騒がすリベンジ(雪辱を知らず ら抜き言葉が主流の若人。昨日の新聞発表)ポルノてなんですか。愛は永遠と信じていたというのですか? 離婚率が高いのを知りませんか? 東洋人の恥の文化 一概に良いとは言いませんが 少しはねー。きりがないのでここらでやめときます。

    ジャン=アントワーヌ・ヴァトー アントワーヌ・ド・ラ・ロックの肖像1718
    アントワーヌ・ド・ラ・ロックの肖像  ジャン=アントワーヌ・ヴァトー  1718
    アントワーヌ・ド・ラ・ロックは、ヴァトーの友人で、戦争で片足を失ったのを機に、その文才を生かして雑誌『メルキュール・ド・フランス』誌の編集長やオペラの台本作家として活躍した人物。彼の傍らにある楽器や書物は、彼のこの第二の人生を連想させる。また、画面右側に描かれたミューズやファウヌスによって、寓意的・神話的な雰囲気が生まれている。友人の肖像であると同時に神話画的な雰囲気も併せ持つユニークな作品。田園牧歌趣味をロココ的に発展させ、雅宴画のジャンルを開いたヴァトーの確かな腕が光る名作。

    マイセン 【ワトー(ヴァトー)グリーン】 兼用C/S 3幅各1客の  写真は コチラをクリック してください。

    手描き本金彩(セーヴルでも 金彩は 銅版転写です)
    フランス・ロココの大家 アントワーヌ・ワトー原画
    ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 窓枠レリーフ エンツゥィーステッドハンドル
     
    安物 安いのは当たり前
    良いもの安いのが アインさん     

    セーヴルとしては フリット軟質磁器で シノワズリを追っても 中国は勿論 マイセンにも 勝ち目の無いのは 明らかです。やがて時代は セーヴルの欧風ロココが シノワズリ・バロックのマイセンを旧となし 新潮流となっていきました。(結局 セーヴルは 捜し求めた カオリンを 1768年に リモージュ近郊の サン・イリョーで 発見するまで 硬質磁器を 焼成出来ませんでした)
    マリアテレジアのウィーン窯も フランスロココの模倣から 独自のウィーン様式を確立し18世紀中葉には マイセンに代わり セーヴルと並んで  時代をリードしていきました。磁器において先行したアウグスト3世も 美術に造詣の深い王で 逸早く ロココの時代を予見しておりました。1750年 3世は 娘マリア・ヨゼファが フランス王太子に嫁ぐ時 マイセンの贈り物を制作したケンドラーを 設置者名目で 偵察に出しました。ケンドラーは ロココの資料を持ち帰り 模倣を始めるのですが それは遂に セーヴルを超える事はありませんでした。

    3人の天才ヨハン-2
    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。
    天才は 狂気なり。
    ヘロルトは 出世欲の権化でした。出世のための 名誉であり 守銭奴でもありました。マイセン ひいては 窯業界に与えた 今に生きる功績は 一将功成り 万骨枯る 功罪相半ばするでしょう。

    「欧州磁器戦争史 3人の天才ヨハン-2 ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト」 詳しくは コチラをクリック してください。

    磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1~2世紀に 端を発します。
    古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。

  • マイセン 【スワンサービス・397152】 コーヒーC/S・5585 20%Off  
    マイセン 【スワンサービス・397152】 コーヒーC/S・5585 20%Off  
    171,600円

    本体価格: ¥195.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。



    わけありセール 開催 50%Off~80%Off  
    期間 7/23(木)~7/27(月)
    於 : 本店前(大阪市中央区北久宝寺町1-5-10) 最寄り駅 地下鉄 堺筋本町駅 徒歩3分
    各店舗写真3
    本店内もごついでに
         
    通常15%Off  お中元フェア (本日 ~ 7/15)  20%Off           

    「レダと白鳥」
    レダトスワン イタリア ルネッサンス パオロ・ヴェロネーゼ(1528-88)

    レダとスワン

    ウィリアム・B・イェイツの詩集「塔」から「レダとスワン」(壺齋散人訳)

    一陣の風とともに巨大なスワンが よろめく少女に飛び掛ると 水かきで少女のふとともを愛撫し くちばしでうなじをくわえ 力ない少女の胸を その胸に抱いた
    恐怖でしびれた指が どうしてこじ開けられた太ももから獣の手を払いのけられようか
    白いイグサの中にねじ伏せられた身体が どうして獣の心臓の音を聞く以上のことができようか
    少女が腰をうごめかすと そこからは 壊れた壁 燃え盛る屋根と塔 そして死せるアガメムノンが生み落とされた 
    とらわれの身となり 王者の血によって征服されたものは その力と知恵を獲得できるだろうか その不遜なくちばしから放り出される前に

    レダとスワンの物語はギリシャ神話に出てくる。レダを愛したゼウスがスワンの姿になってレダを誘惑し、子どもを生ませる。その子とはトロイアを滅亡に導いたヘレナである。

    神話では、スワンは鷹に追われるふりをして、レダに救いを求めることになっているが、この詩ではスワンは荒々しくレダを強姦する。その結果生まれてきたものはトロイアの廃墟だ。

    アガメムノンは ミュケーナイの王であり、トロイア戦争におけるギリシア軍の総大将である。

    バロック様式を偉観なく発揮し 白磁器の極致美を 謳歌した大作です。

    バロックとは、16世紀末から17世紀初頭にかけイタリアのローマ、マントヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェで誕生し、ヨーロッパの大部分へと急速に広まった美術・文化の様式である。バロック芸術は秩序と運動の矛盾を超越するための大胆な試みとしてルネサンスの芸術運動の後に始まった。カトリック教会の対抗改革(反宗教改革運動)や、ヨーロッパ諸国の絶対王政を背景に、影響は彫刻、絵画、文学、建築、音楽などあらゆる芸術領域に及び、誇張された動き、凝った装飾の多用、強烈な光の対比のような劇的な効果、緊張、時に仰々しい豊饒や 壮大さによって特徴づけられる。18世紀半ばにロココ(バロックの延長とも) 18世紀後半には新古典主義へと移行した。

    ピーテル・パウル・ルーベンス作「バッコスとケレスがいないとヴィーナスは凍えてしまう」(1615年頃) 
    ピーテル・パウル・ルーベンス作「バッコスとケレスがいないとヴィーナスは凍えてしまう」(1615年頃)
    ピーテル・パウル・ルーベンス[1](蘭: 1577年 - 1640年)は、バロック期のフランドルの大画家、外交官。祭壇画、肖像画、風景画、神話画や寓意画も含む歴史画など、様々なジャンルの絵画作品を残した。

    (ケレス ローマ神話の女神で,作物の生育と成熟を司る母神として,地母神テルスと密接に結びつけられていた。ギリシア神話のデメーテルとまったく同化した。)

    (バッコス ギリシア神話のディオニュソスの別名。その祭礼をバッカナリア,女性信徒をバッカイといい,その恍惚・狂乱のさまが文学や美術に好んで描かれる。)
    ティツィアーノアンドロス島のバッカナリア 1520 プラド美術館
    アンドロス島のバッカナリア  ティツィアーノ 1520 プラド美術館
    ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(1488年/1490年頃- 1576年)は、盛期ルネサンスのイタリア人画家。ヴェネツィア派で最も重要な画家の一人である。バロックの萌芽を見ます。

    バロックという概念の誕生と発展
    バロックという語は、真珠や宝石のいびつな形を指すポルトガル語のbarrocoから来ている(ただし名詞barrocoはもともとはいびつな丸い大岩や、穴や、窪地などを指していた。いずれにせよ、この語にはいびつさの概念が含まれていたと思われる。)
    現在の意味での「バロック」という語は、様式の時期や呼称の大半がそうであるように、後世の美術評論家によって作り出されたものであり、17-18世紀の当事者によるものではなかった。当時の芸術家は自身を「バロック」ではなく古典主義であると考えていた。彼らは中世のフォルムや、建築のオーダーや、ペディメントや、古典的なモデナチュールといったギリシア・ローマの題材を利用していた。「バロック」の語は16世紀末のローマで生まれた。フランスでは、この語は1531年には真珠について用いられており、17世紀末には比喩的な意味で用いられるようになった。また、中世の学者が論理体系を構築するうえで複雑で難解な論法を指すのに使ったラテン語のBarocoからきたともされる。

    これを持たずして マイセンを語る無かれ!!

    ブリュール伯のご下命品。
    1731年 見出されたケンドラーは 案に違わず 見事な 鳥獣像を 王の磁器動物園の為に 完成させました。王は 己の眼の確かさに満足し 若きケンドラーを 親方に抜擢しました。写実的迫力ある 白磁像を前にして 宮廷官ヘロルトは 天才絵付師の立場が 脅かされる危機感を持ちました。眼力を賞賛された王の ケンドラーへの寵遇にも 今まで マイセンの賞賛を 一身に浴びてきた ヘロルトにとって 好ましからざる事でした。しかし ヘロルトのシノワズリも 月日を経て ケンドラーの新鮮さに 叶わなくなっていました。ケンドラーを贔屓にするブリュール伯(ヴィルトシャフテン・山羊に乗った仕立て屋さんの注文主)が 「白鳥のサービス」を 注文する頃 2人の優劣は ケンドラーに 軍配が上っておりました。この中世最大のサービスは 縦横無尽に繊細なレリーフを施し 絵付けの余地は お義理程度にしか残されませんでした。生命4大要素の一つ 水にまつわる立体的な バロック様式を偉観なく発揮し 白磁器の美を 謳歌した大作です。
    MS スワンサービス チューリン
    スワンサービス チューリン

    バロック様式を 代表する窯業界の佳作でしたが 時は これを厳格なバロックの最後の徒花となし 優雅なロココ様式のセーヴルとウィーンが マイセンに 取って代わっていきました。時代は ロココへと流れていくのです。

    スワンサービス 他店  
    今作 他店

    MS スワンサービス 5585 コーヒー (4)
    当店 旧作

    中世三大サービスの一つ。残る二つは
    ウェッジウッド フロッグサービス
    ロイヤルコペンハーゲン フローラダニカサービス

    ヘロルトの凋落 ケンドラーの興隆 エポック 両雄 並び立たず
    一世を 風靡した ケンドラーのロココ風造形に 秋風が吹き始めた頃 ネオクラシックの新進気鋭のミッシェル・ヴィクトール・アシェが 主任造型師としてパリから 迎えられました。傷心のケンドラーは アシェの立場で かって追い落とした ヘロルト(享年78歳)の後を追うように 同1775年 享年68歳で 失意のうちに この世を去りました。

    3人の天才ヨハン-5 
    1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)
    錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 
    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 
    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。

    1817 緑色の染付顔料 酸化クロム発明
    1827 グランツゴールド 金彩を完成 H・G・キューン
    1833ごろから 銅版転写染付・印判手
    1839 焼成燃料に 石炭
    1852 虹色のシラー彩(ラスター) H・G・キューン
    1853 蒸気機関 採用
    1860~1865 新トリービッシュタール工場へ移転18世紀、中国の泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立した 此の世のものとは思えぬほど 美しいパテ・シュール・パテ技法を 1873年ウィーン博覧会で目の当たりにした ハインツェ博士は 大いなる刺激を受け 永い研鑽の末 1878年にマイセンも会得。 これは 当時 セーヴルの後塵を 拝し出していた マイセンにとって 一大事件でもありました。

    マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689  G・アーノルド作 磁板画95168 30%Off  のお求めはコチラ

    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大3   
    拡大写真
    MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
    マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

    余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。

1

(カテゴリー内 : 4点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索