カテゴリー

全件表示 (5058) 福袋 (16) 新入荷商品 (104) お中元ギフトフェア (84) 祝海の日フェア (99) アウガルテン (89) アビランド (394) アラビア (5) ウェッジウッド (1077) エインズレイ (50) エルメス (146) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (25) スポード/ダッチェス (27) スワロフスキー (87) バカラ (243) ビレロイボッホ (10) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (59) ブルガリ・ローゼンタール (35) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (21) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (433) ボヘミア (65) ホヤ (16) マイセン (484) 赤葡萄・白葡萄/ その他 (1) 青い花 (15) アフロディテ (6) アラビアンナイト千夜一夜 (8) アルペンフローラ/ フローラ (14) イヤーズプレート (22) 1996年復刻イヤープレート (8) 記念/ メモリアル・プレート (8) イェロー・オレンジローズ・バラと忘れな草 (2) インドの花・各色 柿右衛門写し (13) ヴァインリーフ/ 柊南天染付ゴールド (2) X / B・フォーム (13) 花鳥虎文・402110  (1) 果物模様/ 花と果実/ フルーツと花 (8) 御所車花模様 (6) シノワズリ緑龍/ ミング(明代)ドラゴン (4) 写実的な花/ ドイツの花 (3) シャドウフラワー/ 柊南天金彩 (8) ジャポネズリ・ストローフラワー (4) 祝祭舞踏会/ マルガリータ (2) 松竹梅柴垣鳥文・455110  (1) 松竹梅虎文・401110  (1) スキャタードフラワー(散らし小花) (4) スワンサービス/ ワトーグリーン (4) そよ風/ ベゴニア/ 森の声 (8) 太湖石に花鳥文・341110 (1) 中国蝶文・393110  (1) 東洋の伝説動物・571310  鳥と小蝶/ マイセンバード (7) 波の戯れホワイト (15) 花と蝶/ リアルな花と蝶 (5) 昼顔/ ローゼンブーケ (5) 二つ花 (39) プラチナコバルト (4) ブルーオーキッド (19) ブルーオニオン (44) ホワイトレリーフ (6) マイセンのバラ (2) 真夏の夜の夢 (16) 三つ・四つ・五つ・六つ 花 (10) 水辺の動物・花 (7) 緑の花束 (6) メロディードラゴン (8) (様式的な花)ドイツブルメン (7) 龍と鳳凰文 (6) 和風花鳥文金彩・465110  (1) マイセンVIP/ロゴ (10) マイセン特撰・限定洋食器 (23) マイセン特撰限定ベース (20) マイセン特撰限定オブジェ・キャンドルスタンド (11) マイセン磁板画 (19) マイセン人形 (26) ミントン (41) メニュー(デンマーク) (8) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (842) リヤドロ (55) レイノー (5) ローゼンタール (5) ロイヤルアルバート (56) ロイヤルウースター (28) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (433) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

マイセン > 写実的な花/ ドイツの花

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • マイセン 【ドイツの花ロイヤルパープル金彩】  兼用C/S 30%Off
    マイセン 【ドイツの花ロイヤルパープル金彩】  兼用C/S 30%Off
    142,450円

    本体価格: ¥185.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。

       ドイツ盤セクシーヌード極美
    ドイツの花 セクシーヌード極美


    マイセン 【ドイツの花ブルー金彩】  兼用C/S 1客 の写真は こちらをクリック してください。


    MS ドイツの花金彩 ブルー 120222 582 兼用 (1)


    ドイツブルメン マイスターへの永い道

    ドイツでは子供たちは10歳くらいで自分が大学に進むのか、職人の道へ進むのか決めます。大学へ進学する子供はギムナジウムへ。職人の道へ進む子供はハウプトシューレ等へ進みます。ハウプトシューレを卒業後、それぞれの職種の職業訓練校へ通います。ミュンヘンでは、見習いの子はアツビと呼ばれ、3年間、週に2~3日職業訓練校へ通い、学校のない日は花屋で働きます。
    「マイスター」は直訳すると「親方」となり、マイスターのいる花屋だけが見習いの子を雇えます。この教育システムはドイツの特徴で、学校と現場での勉強を同時に出来るようなシステムになっています。3年見習いとして勉強し、最後にフローリストの試験に合格するとフローリストの資格が得ます。職業訓練校への入学はマイスターのいる花屋のオーナーが手続きを取ってくれるので、マイスターのいない花屋からは学校の入学許可をとる事はできません。見習いの報酬は毎日働いて日本円にして3万円程です。


    例外的な試験

    グリューンベルグという小さな町に、FDF主催のフローリストのための学校があります。そこでフローリストの資格を持っていなくても、実務経験6年以上ある人対象に例外的試験)が行われています。ドイツのヘッセン州が例外的に認めている試験です。半年間のコースを受けた後、試験に合格するとフローリストの資格を得られるというプログラムです。
    カリキュラムの前半は机上でドイツフローリスト理論を学びます。花 色の選び方 花の位置 高さ 角度 そうあらねばならぬ理由を学びます。このコースを終えると 次に マイスター学校へ進みます。「フラワーアレンジメント」から「フラワーデザイン」に進みます。マイスター学校には 自然志向の高い作品や、異質素材を用いた現代的なモダンな作品スタイルなどがあります。

    バイエンステファンの自然志向のデザイン
    バイエンステファンの自然志向のデザイン

    グリューンべルグのモダンなデザイン
    グリューンべルグのモダンなデザイン

    2年間マイスター学校で学びますが、科目はフローリストの時よりも多岐に亘ります。
    教員資格
    毒物取扱資格
    造形学
    色彩学
    実技
    スケッチ
    経済学
    植物学
    簿記
    マーケティング
    Stillkunde
    建築学
    上記がマイスター学校で学ぶ科目です。
    毒物取扱資格は危険な農薬を販売、使用出来る資格です。教員資格は職業訓練校の学校の先生になるため、見習いの子を雇うための資格です。15歳くらいの子が見習いで入ってくるので少年心理学等の勉強もあります。マイスター学校では、より踏み込んだ理論を勉強し、実技ではより造形的な作品に取り組みます。ドイツフローリストは フラワーデザインを学べるシステムが確立しています。マイスターの授業は講義3分の2、実技3分の1くらいの割合です。実技では材料探しから始めます。ホームセンターや、石屋、木材屋 森から材料を調達します。
    マイスター試験は 筆記試験と実技試験。実技試験は実際作品を制作する数カ月前のプレゼンテーションから始まります。クライアントにプレゼンして作成するという設定で、まずプレゼンの資料をパワーポイント等で作ります。この時のプレゼンスキルも試験の点数になります。プレゼンが通ると作品作りの準備を始めます。作品の中では高さ3.5Mもあるものもあり建築に使う足場を組み作品を制作します。
    マイスターの試験は同じ合格でも1~4までレベルがあります。1で合格しても 何かが約束されてるわけではありません。

    エンツゥィーステッドハンドル
    ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型

    ドイツブルメン No.33
    王者の紫の濃淡で 立体的な ドイツブルメンを描き 手描き金彩で 加飾しております。縁飾の金彩も 銅板転写でなく 根気良く 丁寧に 手描きして おります。


    紫が高貴の色とされるのは 大変貴重な 貝紫に由来する。


    やはり花はマイセン。学校を出て 親方(マイスター)に弟子入りした ペインターの卵達が まず 最初に習うのが お花の絵です。一人前になっても 自然のお花を 工房に飾って写生に精を出します。マイセンでは お花を描くのは 旨くて当たり前なのです。


    錬金術師-5
    ベトガーにとって 世俗的な白い黄金の 秘法成就は ある達成感は 有りましたが 彼が求める 賢者の石を思えば 科学的才能の浪費であり 心から喜べなかったようです。彼は 実験室の壁に 自虐的に書いております。「創造主たる神は 錬金術師を 陶工にしたもうた」


    ベトガーは 工場監督に任命され 休む間もなく 赤色磁器(朱泥器)や白磁の商品化に 追い回されました。王としては 戦費などで 枯渇した国家財政を 立て直す必要から ベトガーに注ぎ込んだ投資金の回収と あがるべき莫大な利益を 目論んだのです。しかし 商品化には これまでの 苦労以上のものが待ち受けておりました。赤色磁器は 今までの窯業界が 経験したことのない 硬質性を有し ベトガーは 新しい強力な研磨機の 開発に迫られ これを 成し遂げました。この研磨機は その後 宝石業界にも 寄与する所となりました。


    白磁を焼くのにも 従来の窯では 安定した高温を得がたく ベトガーは 新耐火煉瓦を使った 大型の窯を 開発しました。それから1世紀 この窯を しのぐものの 出現はありませんでした。この2例を見ても やはりベトガーは 素晴らしい 科学技術者でありました・・・・・・・
                               

    <a href="http://einsshop.blog43.fc2.com/blog-entry-12574.html" target="_blank" title="「欧州磁器戦争史  錬金術師 ベトガー 5」 詳しくは コチラをクリック">「欧州磁器戦争史  錬金術師 ベトガー 5」 詳しくは コチラをクリック</a> してください。


  • マイセン 【ドイツの花ブルー金彩】  兼用C/S 30%Off
     マイセン 【ドイツの花ブルー金彩】  兼用C/S 30%Off
    142,450円

    本体価格: ¥185.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。 

         
    ms.jpg
    ブランド箱 378円 ギフト包装用に正規代理店から購入

    お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

    立体的な ドイツブルメン青花の名画は お熟成アインにしかありません。
    マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。 一般ペインターさんの今作ですら 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で10%ffもできますか ?
    それではお熟成アインは世界に一つしかない逸品を 何故お安く売れるんでしょう。? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりして上手に高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !       
    こだわりの 岡本 笥椎(ジュンスイ)
    家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあらば 椎の葉に盛る 有間皇子 万葉集 巻二(一四二)
    (私の号する笥椎とは 華やぐ器 実用の器を意味します。まあ茶碗というところです。)


    日本へ来てました。
    ルーカス・クラナッハ(1472年 - 1553年)は、ルネサンス期のドイツの画家。同名の息子も画家であるため、ルーカス・クラナッハ (父) と表記されることが多い。クラナハ、クラーナハとも表記される。彼が芸術家として最初に製作した絵画は1504年のものである。1508年以前に、彼はアルブレヒト・デューラーやハンス・ブルクマイアーらと競いながら、ヴィッテンベルクにあるCastle Churchの数多くの祭壇画を描いていた。ヴィッテンベルクに工房を構え、当地の領主ザクセン選帝侯フリードリヒ3世に御用絵師として仕えた。主に宗教画で多数の作品を残したほか、同時代人の宗教改革者マルティン・ルターの友人であったため、彼とその家族の肖像画を多く残している。
    ルーカス・クラーナハ ヴィーナス (1532年) シュテーデル美術館
                                                      ドイツの花 「ヴィーナス」  ルーカス・クラーナハ (1532年) シュテーデル美術館

    クラナッハの描く、腰の細くくびれた独特なプロポーションのヴィーナス像は、ティツィアーノやジョルジョーネのヴィーナスとはまた異なった、独特の官能美をかもし出している。


    マイセン 【ドイツの花パープル金彩】  兼用C/S 1客 の写真は こちらをクリック してください。


    MS ドイツの花金彩 パープル 120422 582 兼用 (1)


    ドイツブルメン マイスターへの永い道

    ドイツでは子供たちは10歳くらいで自分が大学に進むのか、職人の道へ進むのか決めます。大学へ進学する子供はギムナジウムへ。職人の道へ進む子供はハウプトシューレ等へ進みます。ハウプトシューレを卒業後、それぞれの職種の職業訓練校へ通います。ミュンヘンでは、見習いの子はアツビと呼ばれ、3年間、週に2~3日職業訓練校へ通い、学校のない日は花屋で働きます。
    「マイスター」は直訳すると「親方」となり、マイスターのいる花屋だけが見習いの子を雇えます。この教育システムはドイツの特徴で、学校と現場での勉強を同時に出来るようなシステムになっています。3年見習いとして勉強し、最後にフローリストの試験に合格するとフローリストの資格が得られます。職業訓練校への入学はマイスターのいる花屋のオーナーが手続きを取ってくれるので、マイスターのいない花屋からは学校の入学許可をとる事はできません。見習いの報酬は毎日働いて日本円にして3万円程です。


    例外的な試験

    グリューンベルグという小さな町に、FDF主催のフローリストのための学校があります。そこでフローリストの資格を持っていなくても、実務経験6年以上ある人対象に例外的試験)が行われています。ドイツのヘッセン州が例外的に認めている試験です。半年間のコースを受けた後、試験に合格するとフローリストの資格を得られるというプログラムです。
    カリキュラムの前半は机上でドイツフローリスト理論を学びます。花 色の選び方 花の位置 高さ 角度 そうあらねばならぬ理由を学びます。このコースを終えると 次に マイスター学校へ進みます。「フラワーアレンジメント」から「フラワーデザイン」に進みます。マイスター学校には 自然志向の高い作品や、異質素材を用いた現代的なモダンな作品スタイルなどがあります。
    ドイツフローリスト 花匠美
    ドイツフローリスト 花匠美


    2年間マイスター学校で学びますが、科目はフローリストの時よりも多岐に亘ります。
    教員資格

    毒物取扱資格

    造形学

    色彩学

    実技
    スケッチ

    経済学

    植物学

    簿記

    マーケティング

    Stillkunde

    建築学

    上記がマイスター学校で学ぶ科目です。

    毒物取扱資格は危険な農薬を販売、使用出来る資格です。教員資格は職業訓練校の学校の先生になるため、見習いの子を雇うための資格です。15歳くらいの子が見習いで入ってくるので少年心理学等の勉強もあります。マイスター学校では、より踏み込んだ理論を勉強し、実技ではより造形的な作品に取り組みます。ドイツフローリストは フラワーデザインを学べるシステムが確立しています。マイスターの授業は講義3分の2、実技3分の1くらいの割合です。実技では材料探しから始めます。ホームセンターや、石屋、木材屋 森から材料を調達します。
    マイスター試験は 筆記試験と実技試験。実技試験は実際作品を制作する数カ月前のプレゼンテーションから始まります。クライアントにプレゼンして作成するという設定で、まずプレゼンの資料をパワーポイント等で作ります。この時のプレゼンスキルも試験の点数になります。プレゼンが通ると作品作りの準備を始めます。作品の中では高さ3.5Mもあるものもあり 建築に使う足場を組み作品を制作します。
    マイスターの試験は同じ合格でも1~4までレベルがあります。1で合格しても 何かが約束されてるわけではありません。


    エンツゥィーステッドハンドル
    ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型


    ドイツブルメン No.8

    ブルーの濃淡で 立体的な ドイツブルメンを描き 手描き金彩で 加飾しております。縁飾の金彩も 銅板転写でなく 根気良く 丁寧に 手描きして おります。


    やはり花はマイセン。学校を出て 親方(マイスター)に弟子入りした ペインターの卵達が まず 最初に習うのが お花の絵です。一人前になっても 自然のお花を 工房に飾って 写生に精を出します。マイセンでは お花を描くのは 旨くて当たり前なのです。


    3人の天才ヨハン 

    1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父) 錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 

    2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 

    3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。

    この3人を語らずして マイセンを語ることは出来ません。


    まず1人目は ヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。

    彼の名は マイセンとともに 永久不滅です。


    錬金術師 1~5 に詳述 コチラをクリック  してください。



    「欧州磁器戦争史 3人の天才ヨハン 1」 詳しくは コチラをクリック  してください。




  • マイセン 【写実的な花・200110】  兼用C/S・582 30%Off
    マイセン 【写実的な花・200110】  兼用C/S・582 30%Off
    192,500円

    本体価格: ¥250.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。


    フローラは、ローマ神話に登場する花と春と豊穣を司る女神。
    オウィディウスの説によると、彼女はかつてクローリスという名のギリシアのニュムペーだった。しかし、春の訪れを告げる豊穣の風 西風の神であるゼピュロスによって イタリアに攫われ、誘拐後に自らの罪を悔いて 彼女を神の地位に押し上げ 以後フローラは 花の女神になったという。
    また、フローラが 夫のユーピテルが 自分でミネルウァを産んだため 正妻としての面目を失った神々の女王ユーノーに 触れた女が 自然に子を身籠もる魔法の花を与え 戦士神マールスの誕生を助けたという説話も残されている。
    ウィリアム・アドルフ・ブグロー - 昼 (1881)
    ウィリアム・アドルフ・ブグロー - 昼 (1881) 


    (解説1)オウィディウス プブリウス・オウィディウス・ナソ(紀元前43年3月20日 - 紀元17年)は、古代ローマのアウグストゥスの時代に生きた詩人。代表作は『恋愛術』、『変身物語』など。紀元1年ごろ(一般に 紀元元年だが ISOや天文学的には 0年があるので 紀元2年になる)、ギリシア神話を参考にして『恋愛術』を書いた。しかし余に露骨な性描写が多かったため、実際に読んだアウグストゥス帝が激怒し、8年、黒海沿岸の僻地であるトミス(現在のコンスタンツァ)へ一生流された。)

    (解説2)ニュムペーは、ギリシア神話などに登場する下級女神(精霊)である。山や川、森や谷に宿り、これらを守っている。英語ではニンフと呼ばれる。なお、ギリシア語の普通名詞としては「花嫁」や「新婦」を意味する。
    その一方、粗野な妖精とする伝承もあり、人間の若者に恋をし、しばしば攫っていく。このため女性の過剰性欲を意味するニンフォマニアという言葉の語源となった。
    ルヌヴーの「ニンフたちに魅入られるフュラス」1865年
    ルヌヴーの「ニンフたちに魅入られるヒュラス」1865年

    ジュール・ウジェーヌ・ルヌヴー(1819年 - 1898年)はフランスの画家。歴史画や宗教画を得意とした。ローマ大賞を受賞してローマに留学し、学業を終えた。巨大なカンバスに描かれた歴史的風景で名を揚げ、とりわけパリ・オペラ座の天井画(1869年~1871年。)や、アンジェの劇場の天井画が名高い。没後2年めの1900年、プチ・パレ近代美術館の中庭にルヌヴーの記念碑が設置され、アンジェの歩行者専用街路にルヌヴーの名がつけられた。

    ギリシャ神話に登場する美少年ヒュラスは、金羊毛を求めてのアルゴ船の遠征にヘラクレスの侍童として加わりました。ある晩にミュラス島に上陸すると、彼は水差しを持って真水を汲みに行かされました。水浴していたナイアスたち(泉と川のニンフ)は、彼の美しさに魅せられ、彼を水中へと誘い込みます。こうして彼はそれっきり行方不明となってしまいました。


    17世紀初頭の花卉画は、ブーケは花の集合体としての描き方で、ポートレートスタイル、平面的でしたが、次第に明暗法を取り入れ立体的になり、光と影の遠近効果が表れます。 その後は、さらにいくつかの花にスポットライトをあて、際立った陰影をつけるライティング効果で描きます。茎の曲げや向きなど、自由自在に思うようにつくりあげ(プラスチック効果)、更なる陰影で奥行きを深めて宇宙空間をも表現します。 デザインにエレガンスが加わり、花はたおやかに、動きはキャスケードにえがかれ、芸術的にリズミカルなアラベスク、18世紀には超現実主義な絵となりました。

    「青い花瓶の花束」 1608年頃 ヤン・ブリューゲル                           
    「青い花瓶の花束」 1608年頃 ヤン・ブリューゲル 黄金期の作品


    オランダでこの時代に活躍した画家の一部は、マイセンで磁器の花の絵付けに携わることになります。


    やはり花はマイセン。学校を出て 親方(マイスター)に弟子入した ペインターの卵達が まず 最初に習うのが お花の絵です。一人前になっても 自然のお花を 工房に飾って 写生に 精を出します。マイセンでは お花を描くのは 旨くて当たり前なのです。 その中でも マイセン花絵の双肩の1人 ペインターNo.367に 絵付けしてもらいました。


    錬金術師-3
    ベトガーは 処刑を免れる為の 時間稼ぎに 何らかの成果を あげざるを得ませんでした。磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが 曇ったガラス球に終わりました。同じ16世紀に 
    フィレンツェ大公(富豪メディチ家)は 砂 ガラス水晶粉を 粘土と混ぜた見事な焼き物(軟質磁器)に成功するのですが やはり 東洋の秘法による白い黄金には とても及びませんでした。その後も 欧州各地で 白い黄金の焼成が 試みられますが 総て 陶工達によるものでした。 磁器のガラス質に 惑わされた彼らの せいぜい成功らしきものでも 随分 白い黄金には 見劣りのする 軟質磁器(ヴァンサンヌに続く セーヴルでも フリット軟質磁器)どまりでした。他の物質から 黄金への変成を求めた 錬金術師ベトガーは 過去のガラスの研究においても(ガラス製造技法大全)鉱物を 加熱することによる変成で 目的のものが得られる 経験をしておりました。ベトガーは 科学系統的な実験により 真理にいたることを 重んじる正当な研究者でしたから 連日 鉱物の加熱実験を 正当に繰り返しておりました。その過程において ベトガーは 中国の宜興窯に 勝るとも劣らぬ ガラス質の朱泥セッ器を 副産物として得ました。それは磁器 完成の前兆でもありました。1706年も終わろうとしておりました ・・・・・・・ 
                               

    <a href="http://einsshop.blog43.fc2.com/blog-entry-12572.html" target="_blank" title="「欧州磁器戦争史  錬金術師-3 詳しくは コチラをクリック">「欧州磁器戦争史  錬金術師-3 詳しくは コチラをクリック</a> してください。


    磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1~2世紀に 端を発します。
    古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。それまでにも アラブの玄関口であるイタリアには シルクロード経由で 先に入手していた アラブの王様から 自分の威光を 誇る 贈り物として 入ってきておりましたが 東洋からのものと 判明したのは マルコポーロによります。この時 彼は 完品は高すぎて手が出ず 破片を 持ち来ったそうです。 ヨーロッパにおける 磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが 曇ったガラス球に終わりました。同じ16世紀に フィレンツェ大公(富豪メディチ家)は 砂 ガラス水晶粉を 粘土と混ぜた見事な焼き物(軟質磁器)に成功するのですが やはり 東洋の秘法による白い黄金には とても及びませんでした。その後も 欧州各地で 白い黄金の焼成が 試みられますが 総て 陶工達によるものでした。 磁器のガラス質に 惑わされた彼らの せいぜい成功らしきものでも 随分 白い黄金には 見劣りのする 軟質磁器(ヴァンサンヌに続く セーヴルでも フリット軟質磁器)どまりでした。一方  本家中国の景徳鎮で 14世紀には 磁器最後の姿 染付の完成を見ます。東洋では 千数百年の長きにわたる 多くの職人達の 勘と経験を 積み重ねた 結晶の賜物として 花開きました。片や西洋では 憧れの白磁を 科学的に分析することで 錬金術師(中世における 科学者の呼称)ベトガーは わずか3~5年で 1710年に完成させました。ザクセン王国 宮廷科学顧問官 チルンハウス(彼とて 多くの陶工と変わらず 磁器のガラス質に惑わされ 軟質磁器の研究に 堕しておりました。化学的変成にこだわり 分析と 実験の王道により 白磁を極めたベトガーは やはり非凡の天才でした。)の 白磁研究の基礎に 助けられたとはいえ 西洋科学分析手法の 優越性は ベトガーへの個人的資質の賞賛のみにとどまらず 明治維新の日本でも 優れた西洋科学として 競って受け入れられました。今や 日本をはじめ 東洋は 西洋を 凌駕せんばかりの 勢いです。
    少し理屈っぽくなりましたが 磁器をめぐり 東洋と西洋の違いを 言ってみたかったのです。


1

(カテゴリー内 : 3点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索