カテゴリー

全件表示 (5058) 福袋 (16) 新入荷商品 (104) お中元ギフトフェア (84) 祝海の日フェア (99) アウガルテン (89) アビランド (394) アラビア (5) ウェッジウッド (1077) エインズレイ (50) エルメス (146) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (25) スポード/ダッチェス (27) スワロフスキー (87) バカラ (243) ビレロイボッホ (10) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (59) ブルガリ・ローゼンタール (35) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (21) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (433) ボヘミア (65) ホヤ (16) マイセン (484) 赤葡萄・白葡萄/ その他 (1) 青い花 (15) アフロディテ (6) アラビアンナイト千夜一夜 (8) アルペンフローラ/ フローラ (14) イヤーズプレート (22) 1996年復刻イヤープレート (8) 記念/ メモリアル・プレート (8) イェロー・オレンジローズ・バラと忘れな草 (2) インドの花・各色 柿右衛門写し (13) ヴァインリーフ/ 柊南天染付ゴールド (2) X / B・フォーム (13) 花鳥虎文・402110  (1) 果物模様/ 花と果実/ フルーツと花 (8) 御所車花模様 (6) シノワズリ緑龍/ ミング(明代)ドラゴン (4) 写実的な花/ ドイツの花 (3) シャドウフラワー/ 柊南天金彩 (8) ジャポネズリ・ストローフラワー (4) 祝祭舞踏会/ マルガリータ (2) 松竹梅柴垣鳥文・455110  (1) 松竹梅虎文・401110  (1) スキャタードフラワー(散らし小花) (4) スワンサービス/ ワトーグリーン (4) そよ風/ ベゴニア/ 森の声 (8) 太湖石に花鳥文・341110 (1) 中国蝶文・393110  (1) 東洋の伝説動物・571310  鳥と小蝶/ マイセンバード (7) 波の戯れホワイト (15) 花と蝶/ リアルな花と蝶 (5) 昼顔/ ローゼンブーケ (5) 二つ花 (39) プラチナコバルト (4) ブルーオーキッド (19) ブルーオニオン (44) ホワイトレリーフ (6) マイセンのバラ (2) 真夏の夜の夢 (16) 三つ・四つ・五つ・六つ 花 (10) 水辺の動物・花 (7) 緑の花束 (6) メロディードラゴン (8) (様式的な花)ドイツブルメン (7) 龍と鳳凰文 (6) 和風花鳥文金彩・465110  (1) マイセンVIP/ロゴ (10) マイセン特撰・限定洋食器 (23) マイセン特撰限定ベース (20) マイセン特撰限定オブジェ・キャンドルスタンド (11) マイセン磁板画 (19) マイセン人形 (26) ミントン (41) メニュー(デンマーク) (8) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (842) リヤドロ (55) レイノー (5) ローゼンタール (5) ロイヤルアルバート (56) ロイヤルウースター (28) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (433) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

マイセン > 太湖石に花鳥文・341110

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • マイセン 【太湖石に花鳥文341110】  兼用C/S 00582 15%Off
    マイセン 【太湖石に花鳥文341110】  兼用C/S 00582 15%Off
    140,250円

    本体価格: ¥150.000

    小さい写真を クリックすると 拡大します。

       

    瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても末に逢はむとぞ思ふ 崇徳院  百人一首

    瀬をはやみ岩にせかるる コとロとナ われても末に 君 になるなり 岡本笥椎 (コロナは君)          


    ms.jpg
    ブランド箱 385円  ギフト包装用に正規代理店から購入     

    主だったお店を調べましたが どうやら新品在庫は お熟成アインにしかなく 従って一番お安くなります。
    それではお熟成アインには何故あるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は もし入れたとしても 色々な宣伝広告に金をかけたり ポイントで釣ったたりして上手にお高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では せいぜい今作簡易 インドの鳥位で ここまでの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

    太湖石とは、中国蘇州 太湖周辺の丘陵に産する穴の多い複雑な形の奇石。太湖付近の丘や湖に浮かぶ島は 青白い石灰岩でできているが、かつて内海だった太湖の水による 長年の侵食によって岩 には多くの穴が開き、複雑な形と化した。
    太湖石は 蘇州はじめ 中国各地の庭園で 鑑賞や瞑想などのために置かれている。北宋末期の第8代徽宗皇帝は人民を徴用して、太湖石などを都に運ばせた。これを、花石綱(庭園を造るための珍花・名木・奇石などのこと)という。(鳥の下の石)
    太湖石
    太湖石庭園

    色絵花鳥文深鉢(酒井田柿右衛門)
    色絵(和風染付繋ぎ文)花鳥文深鉢 酒井田柿右衛門
    マイセン 【太湖石に花鳥文341110】はシノワズリ分類ですから 中国の【太湖石に花鳥文】を写したものでしょう。
    柿右衛門の「色絵(太湖石)花鳥文」もあまりにも同じ写しですから たぶんマイセンと同じ中国の【太湖石に花鳥文】絵付けを写したものでしょう。それにしても 洋の東西 同じものを見ていたとは 磁器の世界は広い様で狭かったのですね。
    ところで これの簡易絵付け版に インドの鳥341410 とのネーミングを散見しますが 随分 貧相なネーミングですね。名は体を表すといいますから しっかり名付けないと 名作が泣きますよ。簡易絵付け版は随分見劣りしますから いいのかな。只 柿右衛門でも(太湖石)を外したネーミングになっているのが気がかりですが 気持ちは判りますので許しましょう。(私見ですが 傾向として 最初期は本家支那作を騙っていたのが やがて本家支那を超えた独自性を言うために太湖石を 和風染付繋ぎ文と呼称し始めました。)

    春爛漫の万歳山。玉清教主微妙道君皇帝は“天界”にいた。
    春爛漫の万歳山。 
    万歳山とは、宮城の東北に築かれた、人工の築山である。その山裾は十余里、高さは九十歩。江南から取り寄せた太湖石や、珍奇な花鳥草木で飾り、この世ならぬ壮麗幻想な景観を呈している。まさに、この世の仙界──であった。

    HE ソング SG3364 ラージ (1)中国四大美女
    中国四大美女 一 太湖石
    四人の美女とは、「西施、王昭君、貂嬋、楊貴妃」である。
    西施はその筆頭とされる。
    その西施は紀元前五世紀の春秋時代の越の人である。「呉越同舟」「臥薪嘗胆」の熟語で知られる通り、不仲の典型とされる二国の争いに登場する。庶民の出ながら、河辺で布を洗うその美貌を見出され、貴人として教育を受け宮中に上がる。そして呉越の争いに関して越国の救い主、呉国にとっては傾国の悪女ということになる。
    彼女が布を洗う姿の美しさ見とれた河の魚さえも泳ぐことを忘れて水底に沈んだということで「沈魚美人」と称される。そのため「西施浣紗」という画題で洗い物をする姿で描かれる。彼女の美しさは「西施の顰みに倣う」という成語でも知られる。胸の痛みに苦しみ顰めたその顔が美しいと女達が顔を顰めて真似をする。
    HE ソング SG3364 ラージ (1)西施浣紗
    西施浣紗
     
    これをヘレンド流に 焼き直したのが ヘレンドのソングです。
    HE ソング SG3364 ラージ (1)

    ヘレンド・ソングSG ラージC/S 3364 200cc  31%Off  のお求めはコチラ

    マイセン 人気のシノワズリ 
    ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。
    1720年 ヘロルトが パキエの窯を抜けてきた頃の マイセンの絵付けは 一流とは言い難く ベトガーや シュテルツェルやケラーらが 開発した顔料の色数も 貧相なものでした。(ベトガーが 持て余した白磁の多くは 磁器街道と呼ばれた水路を通って アウクスブルクのハウスマーレライ・無所属の絵付師らに 売り渡されておりました。マイセン社史では 贋作に手を貸す この不名誉な事は あえて触れられておりません。) ヘロルトは パキエの窯から持ち出した フンガーの顔料に 自らも開発した顔料を以って 彼独特のシノワズリを確立していきました。ヘロルトのシノワズリは 欧州にて高い評価を受け 果てには 本家中国にまで 影響を及ぼすほどでした。さらに進み アウグスト王が 余白の美が美しいと 絶賛する柿右衛門(ヨーロッパにおいて高値を呼んだ)にも 臆せず挑み 王の満足するヘロルトの「柿右衛門写し」は 欧州二大ジャポネズリの筆頭として マイセンの名声を 弥が上にも高めました。ちなみに もう一方は ロイヤルクラウンダービーの 伊万里金襴手写しです。

    エンツゥィーステッドハンドル(把手は後)
    ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型

    インドの鳥
    341410 今作簡易 インドの鳥 他店

    MS 太湖石に花鳥文 582 兼用 (3)
    太湖石に花鳥文 当店

    錬金術師-5
    ベトガーは 1711年 囚われの身のまま 王より男爵に叙せられておりました。ベトガーに 自由が許されたのは 1714年4月 32歳のときでした。                           
    「欧州磁器戦争史  錬金術師 ベトガー 5」 詳しくは コチラをクリック してください。

    磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1~2世紀に 端を発します。
    古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。それまでにも アラブの玄関口であるイタリアには シルクロード経由で 先に入手していた アラブの王様から 自分の威光を 誇る 贈り物として 入ってきておりましたが 東洋からのものと 判明したのは マルコポーロによります。この時 彼は 完品は高すぎて手が出ず 破片を 持ち来ったそうです。 ヨーロッパにおける 磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが 曇ったガラス球に終わりました。同じ16世紀に フィレンツェ大公(富豪メディチ家)は 砂 ガラス水晶粉を 粘土と混ぜた見事な焼き物(軟質磁器)に成功するのですが やはり 東洋の秘法による白い黄金には とても及びませんでした。その後も 欧州各地で 白い黄金の焼成が 試みられますが 総て 陶工達によるものでした。 磁器のガラス質に 惑わされた彼らの せいぜい成功らしきものでも 随分 白い黄金には 見劣りのする 軟質磁器(ヴァンサンヌに続く セーヴルでも フリット軟質磁器)どまりでした。一方  本家中国の景徳鎮で 14世紀には 磁器最後の姿 染付の完成を見ます。東洋では 千数百年の長きにわたる 多くの職人達の 勘と経験を 積み重ねた 結晶の賜物として 花開きました。片や西洋では 憧れの白磁を 科学的に分析することで 錬金術師(中世における 科学者の呼称)ベトガーは わずか3~5年で 1710年に完成させました。ザクセン王国 宮廷科学顧問官 チルンハウス(彼とて 多くの陶工と変わらず 磁器のガラス質に惑わされ 軟質磁器の研究に 堕しておりました。化学的変成にこだわり 分析と 実験の王道により 白磁を極めたベトガーは やはり非凡の天才でした。)の 白磁研究の基礎に 助けられたとはいえ 西洋科学分析手法の 優越性は ベトガーへの個人的資質の賞賛のみにとどまらず 明治維新の日本でも 優れた西洋科学として 競って受け入れられました。今や 日本をはじめ 東洋は 西洋を 凌駕せんばかりの 勢いです。
    少し理屈っぽくなりましたが 磁器をめぐり 東洋と西洋の違いを 言ってみたかったのです。

1

(カテゴリー内 : 1点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索