カテゴリー

全件表示 (5298) 福袋 (12) 新入荷商品 (70) クリスマスフェア (115) お歳暮ギフトフェア (108) 祝 勤労感謝の日フェア (69) アウガルテン (89) アビランド (412) アラビア (4) ウェッジウッド (1174) エインズレイ (56) エルメス (143) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (26) スポード/ダッチェス (17) スワロフスキー (93) バカラ (267) ビレロイボッホ (8) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (60) ブルガリ・ローゼンタール (37) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (437) ボヘミア (66) ホヤ (18) マイセン (502) ミントン (44) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (893) その他 (1) 赤にわとり/ オロディドッチア (7) アクアレール / ストレッサー (15) イントラ/ ジオカルティン/ ジュエリー/ デルフィー (9) アガサブルーフラワー (31) アマデウスジャーダー&ブルー (27) アマデウス・トリオンフォ・イタリアーノ (12) アマデウスの唄 ジャーダー (18) アマデウスの唄 トラメ (18) アマデウスの唄 ブルー (21) アラゴスタ/ フィッシュデコー (13) アンティックローズ (8) アンティコ・エデン/ チェリー/ ミレーラ (16) イタリアンシーン(フィレンツェ) (14) イタリアンフルーツ (30) インペロフルーツ (13) ベッキオフルーツ(ペルージャ)/ ヴァル・ド・オルチャ (13) イヤー/ ナタールプレート (5) インペロカメリア (15) インペロジュリエッタ (18) インペロスカラ (8) インペロダイヤモンド (3) インペロミストラル (16) インペロメッシュ(ポルトフィノ) (5) インペロイェロー (12) インペログリーン (12) インペロブラック (21) インペロブルー (9) インペロロッソ (12) インペロ色々 (16) エルバ/ カプリ (7) オリエントエクスプレス (7) ガーデンローズ (8) カポデモンテ (4) カラーコレクション (2) グランデューカ (12) クリッパー (16) サボイア家 森の果実 (1) サンタマルガリータ/ 手作りの花 (2) ジオポンティ・ファンティニ・フィグレ・ムーゼ (4) ジャルディーノブルー (6) ジュビレオコレクション (22) シリウス座/ ヌヴォラアイリス (17) ヅッカ/ ボルドオロ (2) トスカーナ (13) パールブルー (2) ピノキオ (2) ピンク・ブルーのチューリップ/ りんごの花 (11) ファルダ / インテリアデザイン (7) ファルファッレフィオリータ (2) プリマヴェーラ (6) プリンセスローズ (11) ベッキオ・グレース (8) ベッキオ・ジェンマ(翡翠) (19) ベッキオ・フィオーリ(レバント) (11) ベッキオ・ホワイト (96) ベネチアンローズ (7) ボルドーブルー (10) ホワイトアイリス (2) ホワイト・アンティコ/ デダロ/ ヴェラ/ ラゴ (4) ボンジョルノストロベリー (3) ボンショルノチェリー (15) ボンジョルノプルーン (14) マルコポーロ・ブルー/ レッド (4) ミュージオ・クラシコ (16) ミュージオ・パストラーレ/ フィオッコ (14) ミュージオ・ドッチア/ ローマ (2) ミュラレス(壁画)  (1) メダイオン (20) ラベロ (36) ローズブルー (17) ロイヤルブルー (6) ロゼリーニ (6) リヤドロ (78) レイノー (5) ローゼンタール ロイヤルアルバート (64) ロイヤルウースター (27) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (434) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

リチャードジノリ > ミュラレス(壁画) 

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • リチャードジノリ 【ミュラレス(壁画)】 エスプレッソC/S・6客セット 35%Off
    リチャードジノリ 【ミュラレス(壁画)】 エスプレッソC/S・6客セット 35%Off
    12,636円

    本体価格: ¥18.000


    小さい写真をクリックすれば 拡大します。


    高松塚古墳は、奈良県高市郡明日香村に存在する古墳。藤原京期(694年~710年)に築造された終末期古墳で、直径23m(下段)及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳である。1972年に極彩色の壁画が発見されたことで一躍注目されるようになった。
    2009年に本来の形状に復元され、一般に公開されている。
    1970年の10月ごろ村人がショウガを貯蔵しようと穴を掘ったところ、穴の奥に古い切石が見つかったことである。奈良県立橿原考古学研究所が1972年3月1日から発掘調査することになり 関西大学と龍谷大学の研究者・学生グループによって行われた。石室が検出され、鮮やかに彩色された壁画が発見されたのは同年3月21日のことである。古墳は1973年4月23日、特別史跡に、また極彩色壁画は、1974年4月17日に国宝に指定されている。
    古墳は鎌倉時代頃に盗掘を受けており、石室の南壁には盗掘孔が開けられていたが、壁画の彩色は鮮やかに残り、盗掘をまぬがれた副葬品の一部もこの時検出された。極彩色壁画の出現は考古学史上まれにみる大発見としてトップニュースとなり、文化庁はさっそく壁画の保存対策および研究調査にとりかかった。なお、高松塚古墳の埋葬施設は考古学的分類では「横口式石槨と呼ばれるものである。
    古墳の年代は 盗掘を逃れて残っていた銅鏡などから7世紀末から8世紀初めの終末期と推定されていたが、2005年の発掘調査により、藤原京期694年~710年の間だと確定された。
    被葬者については忍壁皇子、高市皇子、弓削皇子ら、天武天皇の皇子 朝鮮半島系王族を被葬者とする諸説あり特定されていない。そもそも飛鳥地域の古墳群で被葬者が特定されているものが稀である。
    石室は凝灰岩の切石を組み立てたもので、南側に墓道があり、南北方向に長い平面をもっている。石室の寸法(南北の長さが約265cm、東西の幅が約103cm、高さが約113cm)は、大人2人がかがんでやっと入れる程度の狭小な空間であり 壁画は 石室の東壁・西壁・北壁・天井の4面に存在し、切石の上に厚さ数ミリの漆喰を塗った上に描かれている。壁画の題材は人物像、日月、四方四神および星辰である。東壁には手前から男子群像、四神のうちの青龍とその上の日、女子群像が描かれ、西壁にはこれと対称的に、手前から男子群像、四神のうちの白虎とその上の月、女子群像が描かれている。男子・女子の群像はいずれも4人一組で、計16人の人物が描かれている。中でも西壁の女子群像は色彩鮮やかで、歴史の教科書をはじめさまざまな場所でカラー写真が紹介され、「飛鳥美人」のニックネームで親しまれている。

    高松塚古墳高松塚古墳壁画再現     
    高松塚古墳 女子群像壁画   「飛鳥美人」 再現

    人物群像の持ち物が『貞観儀式』にみられる元日朝賀の儀式に列する舎人ら官人の持ち物と一致する。この元日朝賀の儀式には日月・四神の幡も立てられる。
    奥の北壁には四神のうちの玄武が描かれ、天井には星辰が描かれている。南壁には四神のうち南方に位置する朱雀が描かれていた可能性が高いが、鎌倉時代の盗掘時に失われたものと思われる。天井画は、円形の金箔で星を表し、星と星の間を朱の線でつないで星座を表したものである。中央には北極五星と四鋪四星からなる紫微垣、その周囲には二十八宿を表す。これらは古代中国の思想に基づくもので、中央の紫微垣は天帝の居所を意味している。
    壁画について、発掘当初から、高句麗古墳群と比較する研究がなされている。四神はそもそも高句麗様式の古墳に特徴的なモチーフであるが、高松塚古墳およびキトラ古墳では高句麗の画風とは異なった日本独自の画風で四神図が描かれていることが指摘されている一方で、天空図に関しては、高句麗から伝来した原図を用いた可能性が指摘されている。また、女子群像の服装は、高句麗古墳の愁撫塚や舞踊塚の壁画の婦人像の服装と相似することが指摘されている。
    石室に安置されていた棺は、わずかに残存していた残片から、漆塗り木棺であったことがわかった。石室は鎌倉時代頃に盗掘にあっていたが、副葬品や棺の一部が残っていた。出土品は漆塗り木棺の残片のほか、棺に使われていた金具類、銅釘、副葬品の大刀金具、海獣葡萄鏡、玉類(ガラス製、琥珀製)などがある。中でも隋唐鏡の様式をもつ海獣葡萄鏡と、棺の装飾に使われていた金銅製透飾金具がよく知られる。


    アルタミラ
    アルタミラ
    アルタミラ洞窟壁画
    アルタミラ2
    アルタミラ洞窟壁画拡大

    アルタミラ洞窟は、スペイン北部、カンタブリア州の州都サンタンデルから西へ30kmほどのサンティリャーナ・デル・マル近郊にある洞窟。ユネスコの世界遺産に登録されているアルタミラ洞窟壁画で知られる。洞窟の長さは約270mほど。アルタミラ洞窟壁画は、先史ヨーロッパ時代の区分で主にマドレーヌ期(約18,000年 - 10,000年前)と呼ばれる旧石器時代末期に描かれた野牛、イノシシ、馬、トナカイなどの動物を中心とする壁画である。約13,000年前に落石によって洞窟の入り口が閉ざされたと考えられ、これにより幸運にも壁画は外気から遮断され、理想状態に保存がされている。これらの壁画は、1879年にこの地の領主であり法律家でありアマチュアの考古学者でもあるマルセリーノ・デ・サウトゥオラ侯爵の12歳の娘マリアによって偶然発見された。侯爵はこれらの絵が旧石器時代のものであると考え、1880年に発表したが、当時は旧石器時代の絵が知られておらず、学界からは侯爵の捏造だと疑われた。(これを見ても 人間の進歩への過信は はなはだ心許無い。)侯爵は失意の中、1888年に57歳でこの世を去った。侯爵の死から15年後、侯爵の論文を否定したトゥルーズ大学のカルテラック教授は洞窟壁画に関する肯定的な論文を発表し、かつて侯爵の論文を否定したことを謝罪した。アルタミラ洞窟の壁画は、外気に触れて痛みがひどくなっているので、現在は公開されていない。また、他の地域のラスコー洞窟壁画等も同様の理由により現在は非公開とされている。


    ラスコー洞窟の壁画(フランス)
    ラスコー洞窟の壁画(フランス)


    廃盤品 お熟成洋食器店ならこその名物


    ジノリコレクション ミュラレス=壁画 ブランド箱入り


    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。


    雄雄しく 歴史に名を連ねた 覇者達 彼らが 歴史の頂点を 極めた時 王者に相応しい 王者の尊厳に そむかぬものを求めて 白い黄金にたどり着く。


    「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」 コチラをクリック してください。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。


1

(カテゴリー内:1点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索