ボヘミア

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • ボヘミア  【セレクション628】 グリーンベース415(H14cm) 40%Off  
    ボヘミア  【セレクション628】 グリーンベース415(H14cm) 40%Off  
    19,440円

    本体価格 ¥30.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。

     

    ボヘミア女性和風夏トップス カーディガン
    和風ボヘミア女性

    ボヘミアは、現在のチェコの西部・中部地方を指す歴史的地名。古くはより広くポーランドの南部からチェコの北部にかけての地方を指した。西はドイツで、東は同じくチェコ領であるモラヴィア、北はポーランド(シレジア)、南はオーストリアである。
    この地方は牧畜が盛んである。牧童の黒い皮の帽子に皮のズボンにベストは、オーストリア帝国の馬術や馬を扱う人たちに気に入られた。このスタイルは、オーストリアと遠戚関係にあるスペインを経て、アメリカのカウボーイの服装になったといわれる。西欧にも伝わり、芸術家気取り、芸術家趣味と解されて、ボヘミアンやボヘミアニズムという言い方も生まれた。
    ボヘミアをチェコ語ではチェヒと呼び、チェコ共和国通称チェコをチェヒとも呼ぶ。由来は6世紀頃までに形成されたチェコ人にあり、意味は「『人々/光』の土地」である。
    テン語における『ボヘミア』は、古代にボヘミアからモラヴィア、スロバキアにかけての地域に居住していたケルト人の一派、ボイイ人に由来し、意味は「(戦士の)人々の土地」と考えられている。
    ボヘミア3
    森の国 ボヘミア
    ボヘミアにおけるガラス工芸の歴史は、13世紀に遡る。12世紀のボヘミアでは教会で使用されるステンドグラスが作られていたが、世俗社会との関係は低く、一般向けのガラス容器が作られるのは13世紀に入ってからである。
    ガラス2
    ボヘミアガラス・ミュシャ
    アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860年 - 1939年)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるものである。多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。イラストレーションとデザインの代表作として『ジスモンダ』『黄道12宮』『4芸術』『アダミテ』などが、絵画の代表作として20枚から成る連作『スラヴ叙事詩』が挙げられる。
     「スラヴ叙事詩」
    『スラヴ叙事詩』
    スラヴ叙事詩はアルフォンス・ミュシャが1910年から1928年にかけて手掛けた壁画サイズの一連の作品である。チェコおよびスラヴ民族の伝承・神話および歴史を描いた全20作品から成り、サイズは小さいものでもおよそ4 x 5メートル、大きいものでは6 x 8メートルに達する。作品は溶剤に卵を使ったテンペラを基本とし、一部には油彩も使われている。全作品が完成した後、1928年に特設の展示場を用意することを条件にこの作品はプラハ市に寄贈された。2012年以前はチェコ共和国、南モラヴィア州のモラフスキー・クルムロフの城館に展示されていた。2012年以降はプラハ国立美術館のヴェレトゥルジュニー宮殿1階に展示されている。


    紀元前エジプトで発見されたガラスは紀元初期ローマに伝わり ボヘミアでは9世紀に始まりました。13世紀 ヴェネツィアガラスの製造技術が伝えられていたが、ガラス産業の規模は小さかった。 中世のボヘミアで生産されたガラスは森林地帯で作られる厚手のヴァルトグラス(森林グラス)が中心で、技法は父子相伝のものとなっていた。14世紀に入り神聖ローマ皇帝カール4世(ボヘミア王としてはカレル1世)の治下でプラハがヨーロッパ文化の中心地として繁栄していた時代に、ボヘミアガラスの骨組みが出来上がる。カール4世の時代にボヘミアとヴェネツィアの関係が深まると、徐々にヴェネツィアン・グラスを手本としたガラスが製造されるようになる。しかし、当時のボヘミアガラスは工芸品としては未成熟で、優れた技術はもっぱらステンドグラスの製造に生かされていた。15世紀末までにチェコ・ドイツ国境の森林地帯でガラス工房が発展していき、14世紀末には既に約20のガラス工房がボヘミアに存在していた。
    14世紀末から15世紀初頭のボヘミアでは、主にビザンチングラスの様式を継承したグラスが製造されていた。15世紀半ばにビザンツ帝国(東ローマ帝国)が滅亡、この頃からヴェネツィアのムラーノ島から抜け出してボヘミアに移住するガラス職人が増え始める。16世紀には約90の工房がボヘミアに存在し、ビザンツ、ヴェネツィア、ドイツといった外国の様式を模したグラスが作られていた。17世紀のバロック時代まではヴェネツィアがヨーロッパのガラス容器の生産の中心地であり、ボヘミアのガラス製品もヴェネツィアの影響を受けていた。プラハを帝国の首都とした神聖ローマ皇帝ルドルフ2世は学芸の保護者として知られ、特にガラス工芸を熱心に保護した。17世紀前半にプラハの宝石カッティング職人カスパル・レーマンによって、銅やブロンズ製の回転砥石で宝石をカットするエングレーヴィング技術のガラス細工への応用が考案される。従来のヴェネツィア式のエナメルを使用した絵柄の描画に代わってガラスに直接絵柄が掘り込まれるようになり(グラヴィール彫刻の始まり)、レーマンはルドルフ2世からグラヴィールの独占権を認められた。グラヴィール彫刻はボヘミアとシレジアに普及し、レーマンの弟子ゲオルグ・シュヴァンハルトによってニュルンベルクに伝えられ、ドイツ、オーストリアにも技術が広まった。それ以降、従来の加工法を結合させ、装飾的なバロック様式が施されたガラス細工がヨーロッパの市場で知られるようになった。プラハの宮廷で流行したボヘミアガラスはハプスブルク家の愛用品となり、ヨーロッパ各国の宮廷で珍重された。レーマンら初期のガラス職人の作品は、ガラスを面ごと削ぎ取ったとも思える大胆なカットと、緻密な掘り込みが共存しており、彼らが培った伝統は後世の最高級品の中にも根付いている。


    レッドクリスタル(純硬質人工水晶)
    (ライトガラスではありません。
    アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)


    今や 時代は ボヘミアライトガラスへ 到っております中で アインは  レッドクリスタル(純硬質人工水晶)を頑固に 取り扱っております。


     

  • ボヘミア・レッドラスター ワイン105 40%Off
    ボヘミア・レッドラスター ワイン105 40%Off
    10,368円

    本体価格 ¥16.000

    500PKをカッティング ラスター彩をステイニング その上にエナメル絵付け 切子を入れた上にライズドゴールドによる絵付け 実に盛りだくさんの手工芸品 

    レッドクリスタル(純硬質)
    (ライトガラスではありません。
    アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)

  • ボヘミア 【ブルーラスター・レッドクリスタル】 ワイン 105 30%Off
    ボヘミア 【ブルーラスター・レッドクリスタル】 ワイン 105 30%Off
    12,096円

    本体価格 ¥16.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。

     

    裸婦
    ボヘミアガラス 裸婦

    ボヘミアは、現在のチェコの西部・中部地方を指す歴史的地名。古くはより広くポーランドの南部からチェコの北部にかけての地方を指した。西はドイツで、東は同じくチェコ領であるモラヴィア、北はポーランド(シレジア)、南はオーストリアである。
    ボヘミア2
    ボヘミア
    この地方は牧畜が盛んである。牧童の黒い皮の帽子に皮のズボンにベストは、オーストリア帝国の馬術や馬を扱う人たちに気に入られた。このスタイルは、オーストリアと遠戚関係にあるスペインを経て、アメリカのカウボーイの服装になったといわれる。西欧にも伝わり、芸術家気取り、芸術家趣味と解されて、ボヘミアンやボヘミアニズムという言い方も生まれた。
    ボヘミアにおけるガラス工芸の歴史は、13世紀に遡る。12世紀のボヘミアでは教会で使用されるステンドグラスが作られていたが、世俗社会との関係は低く、一般向けのガラス容器が作られるのは13世紀に入ってからである。

    ボヘミア女性・ミュシャ
    ボヘミア女性・ミュシャ
    アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860年 - 1939年)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるものである。多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。イラストレーションとデザインの代表作として『ジスモンダ』『黄道12宮』『4芸術』『アダミテ』などが、挙げられる。
     「アダミテ」 の挿絵
    「アダミテ」 の挿絵には、緻密でドラマチックな表現とアール・ヌーヴォーの華ミュシャらしい優美さがあらわれています。 
    スヴァトプルク・チェフの叙事詩 「アダミテ」 は、15世紀ボヘミア (チェコ) のフス派宗教改革の混乱の中で生まれた復古的キリスト教のアダム派の悲劇を詠んだ長編詩です。彼らは人類創造のアダムの時代を理想として無人島であらゆるものを共有して裸で原始共産的生活をしていましたが、アダム派を行き過ぎとみたフス派からも攻撃されて滅びました。
    「アダミテ」 の挿絵は、後の 「スラブ叙事詩」 にもつながる、ミュシャ独自の歴史表現の代表的な作品です。
    『スラヴ叙事詩』 はアルフォンス・ミュシャが1910年から1928年にかけて手掛けた壁画サイズの一連の作品である。チェコおよびスラヴ民族の伝承・神話および歴史を描いた全20作品から成り、サイズは小さいものでもおよそ4 x 5メートル、大きいものでは6 x 8メートルに達する。作品は溶剤に卵を使ったテンペラを基本とし、一部には油彩も使われている。全作品が完成した後、1928年に特設の展示場を用意することを条件にこの作品はプラハ市に寄贈された。2012年以前はチェコ共和国、南モラヴィア州のモラフスキー・クルムロフの城館に展示されていた。2012年以降はプラハ国立美術館のヴェレトゥルジュニー宮殿1階に展示されている。

    500PKをハンドカッティング
    ラスター彩をステイニング
    その上にエナメル絵付け
    切子を入れた上にライズドゴールドによる絵付け
    実に盛りだくさんの手工芸品

    レッドクリスタル(純硬質 酸化鉛を24%以上含み 屈折率1.545以上の透明度の高い人工水晶)
    (今作のライトガラスではありません。
    アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)

    ボヘミアをチェコ語ではチェヒと呼び、チェコ共和国通称チェコをチェヒとも呼ぶ。由来は6世紀頃までに形成されたチェコ人にあり、意味は「『人々/光』の土地」である。ラテン語における『ボヘミア』は、古代にボヘミアからモラヴィア、スロバキアにかけての地域に居住していたケルト人の一派、ボイイ人に由来し、意味は「(戦士の)人々の土地」と考えられている。

    紀元前エジプトで発見されたガラスは紀元初期ローマに伝わり ボヘミアでは9世紀に始まりました。13世紀 ヴェネツィアガラスの製造技術が伝えられていたが、ガラス産業の規模は小さかった。 中世のボヘミアで生産されたガラスは森林地帯で作られる厚手のヴァルトグラス(森林グラス)が中心で、技法は父子相伝のものとなっていた。14世紀に入り神聖ローマ皇帝カール4世(ボヘミア王としてはカレル1世)の治下でプラハがヨーロッパ文化の中心地として繁栄していた時代に、ボヘミアガラスの骨組みが出来上がる。カール4世の時代にボヘミアとヴェネツィアの関係が深まると、徐々にヴェネツィアン・グラスを手本としたガラスが製造されるようになる。しかし、当時のボヘミアガラスは工芸品としては未成熟で、優れた技術はもっぱらステンドグラスの製造に生かされていた。15世紀末までにチェコ・ドイツ国境の森林地帯でガラス工房が発展していき、14世紀末には既に約20のガラス工房がボヘミアに存在していた。
    14世紀末から15世紀初頭のボヘミアでは、主にビザンチングラスの様式を継承したグラスが製造されていた。15世紀半ばにビザンツ帝国(東ローマ帝国)が滅亡、この頃からヴェネツィアのムラーノ島から抜け出してボヘミアに移住するガラス職人が増え始める。16世紀には約90の工房がボヘミアに存在し、ビザンツ、ヴェネツィア、ドイツといった外国の様式を模したグラスが作られていた。17世紀のバロック時代まではヴェネツィアがヨーロッパのガラス容器の生産の中心地であり、ボヘミアのガラス製品もヴェネツィアの影響を受けていた。プラハを帝国の首都とした神聖ローマ皇帝ルドルフ2世は学芸の保護者として知られ、特にガラス工芸を熱心に保護した。17世紀前半にプラハの宝石カッティング職人カスパル・レーマンによって、銅やブロンズ製の回転砥石で宝石をカットするエングレーヴィング技術のガラス細工への応用が考案される。従来のヴェネツィア式のエナメルを使用した絵柄の描画に代わってガラスに直接絵柄が掘り込まれるようになり(グラヴィール彫刻の始まり)、レーマンはルドルフ2世からグラヴィールの独占権を認められた。グラヴィール彫刻はボヘミアとシレジアに普及し、レーマンの弟子ゲオルグ・シュヴァンハルトによってニュルンベルクに伝えられ、ドイツ、オーストリアにも技術が広まった。それ以降、従来の加工法を結合させ、装飾的なバロック様式が施されたガラス細工がヨーロッパの市場で知られるようになった。プラハの宮廷で流行したボヘミアガラスはハプスブルク家の愛用品となり、ヨーロッパ各国の宮廷で珍重された。レーマンら初期のガラス職人の作品は、ガラスを面ごと削ぎ取ったとも思える大胆なカットと、緻密な掘り込みが共存しており、彼らが培った伝統は後世の最高級品の中にも根付いている。

  • ボヘミア 【ブルーラスター・レッドクリスタル】 ハイボール 280cc 30%Off
    ボヘミア 【ブルーラスター・レッドクリスタル】 ハイボール 280cc 30%Off
    11,340円

    本体価格 ¥15.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。



    ルソー 眠るボヘミア女
    「眠るボヘミアジプシー女」 アンリ・ルソー 1897 ニューヨーク近代美術館
    アンリ・ジュリアン・フェリックス・ルソー(1844-1910)は、19世紀~20世紀フランスの素朴派の画家。

    ボヘミアは、現在のチェコの西部・中部地方を指す歴史的地名。古くはより広くポーランドの南部からチェコの北部にかけての地方を指した。西はドイツで、東は同じくチェコ領であるモラヴィア、北はポーランド(シレジア)、南はオーストリアである。
    チェスキー・クルムロフ城
    チェスキー・クルムロフ城
    この地方は牧畜が盛んである。牧童の黒い皮の帽子に皮のズボンにベストは、オーストリア帝国の馬術や馬を扱う人たちに気に入られた。このスタイルは、オーストリアと遠戚関係にあるスペインを経て、アメリカのカウボーイの服装になったといわれる。西欧にも伝わり、芸術家気取り、芸術家趣味と解されて、ボヘミアンやボヘミアニズムという言い方も生まれた。
    ボヘミアにおけるガラス工芸の歴史は、13世紀に遡る。12世紀のボヘミアでは教会で使用されるステンドグラスが作られていたが、世俗社会との関係は低く、一般向けのガラス容器が作られるのは13世紀に入ってからである。

    エッチング ガラス ミュシャ 女性
    エッチング ガラス ミュシャ 女性
    アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860年 - 1939年)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるものである。多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。イラストレーションとデザインの代表作として『ジスモンダ』『黄道12宮』『4芸術』『アダミテ』などが、絵画の代表作として20枚から成る連作『スラヴ叙事詩』が挙げられる。
    スラヴ叙事詩
    『スラヴ叙事詩』
    スラヴ叙事詩はアルフォンス・ミュシャが1910年から1928年にかけて手掛けた壁画サイズの一連の作品である。チェコおよびスラヴ民族の伝承・神話および歴史を描いた全20作品から成り、サイズは小さいものでもおよそ4 x 5メートル、大きいものでは6 x 8メートルに達する。作品は溶剤に卵を使ったテンペラを基本とし、一部には油彩も使われている。全作品が完成した後、1928年に特設の展示場を用意することを条件にこの作品はプラハ市に寄贈された。2012年以前はチェコ共和国、南モラヴィア州のモラフスキー・クルムロフの城館に展示されていた。2012年以降はプラハ国立美術館のヴェレトゥルジュニー宮殿1階に展示されている。

    500PKをハンドカッティング
    ラスター彩をステイニング
    その上にエナメル絵付け
    切子を入れた上にライズドゴールドによる絵付け
    実に盛りだくさんの手工芸品

    レッドクリスタル(純硬質 酸化鉛を24%以上含み 屈折率1.545以上の透明度の高い人工水晶)
    (今作のライトガラスではありません。
    アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)

    ボヘミアをチェコ語ではチェヒと呼び、チェコ共和国通称チェコをチェヒとも呼ぶ。由来は6世紀頃までに形成されたチェコ人にあり、意味は「『人々/光』の土地」である。ラテン語における『ボヘミア』は、古代にボヘミアからモラヴィア、スロバキアにかけての地域に居住していたケルト人の一派、ボイイ人に由来し、意味は「(戦士の)人々の土地」と考えられている。

    紀元前エジプトで発見されたガラスは紀元初期ローマに伝わり ボヘミアでは9世紀に始まりました。13世紀 ヴェネツィアガラスの製造技術が伝えられていたが、ガラス産業の規模は小さかった。 中世のボヘミアで生産されたガラスは森林地帯で作られる厚手のヴァルトグラス(森林グラス)が中心で、技法は父子相伝のものとなっていた。14世紀に入り神聖ローマ皇帝カール4世(ボヘミア王としてはカレル1世)の治下でプラハがヨーロッパ文化の中心地として繁栄していた時代に、ボヘミアガラスの骨組みが出来上がる。カール4世の時代にボヘミアとヴェネツィアの関係が深まると、徐々にヴェネツィアン・グラスを手本としたガラスが製造されるようになる。しかし、当時のボヘミアガラスは工芸品としては未成熟で、優れた技術はもっぱらステンドグラスの製造に生かされていた。15世紀末までにチェコ・ドイツ国境の森林地帯でガラス工房が発展していき、14世紀末には既に約20のガラス工房がボヘミアに存在していた。
    14世紀末から15世紀初頭のボヘミアでは、主にビザンチングラスの様式を継承したグラスが製造されていた。15世紀半ばにビザンツ帝国(東ローマ帝国)が滅亡、この頃からヴェネツィアのムラーノ島から抜け出してボヘミアに移住するガラス職人が増え始める。16世紀には約90の工房がボヘミアに存在し、ビザンツ、ヴェネツィア、ドイツといった外国の様式を模したグラスが作られていた。17世紀のバロック時代まではヴェネツィアがヨーロッパのガラス容器の生産の中心地であり、ボヘミアのガラス製品もヴェネツィアの影響を受けていた。プラハを帝国の首都とした神聖ローマ皇帝ルドルフ2世は学芸の保護者として知られ、特にガラス工芸を熱心に保護した。17世紀前半にプラハの宝石カッティング職人カスパル・レーマンによって、銅やブロンズ製の回転砥石で宝石をカットするエングレーヴィング技術のガラス細工への応用が考案される。従来のヴェネツィア式のエナメルを使用した絵柄の描画に代わってガラスに直接絵柄が掘り込まれるようになり(グラヴィール彫刻の始まり)、レーマンはルドルフ2世からグラヴィールの独占権を認められた。グラヴィール彫刻はボヘミアとシレジアに普及し、レーマンの弟子ゲオルグ・シュヴァンハルトによってニュルンベルクに伝えられ、ドイツ、オーストリアにも技術が広まった。それ以降、従来の加工法を結合させ、装飾的なバロック様式が施されたガラス細工がヨーロッパの市場で知られるようになった。プラハの宮廷で流行したボヘミアガラスはハプスブルク家の愛用品となり、ヨーロッパ各国の宮廷で珍重された。レーマンら初期のガラス職人の作品は、ガラスを面ごと削ぎ取ったとも思える大胆なカットと、緻密な掘り込みが共存しており、彼らが培った伝統は後世の最高級品の中にも根付いている。 

  • ボヘミア・ピン・PK500 13cm4スロット灰皿128 40%Off
    ボヘミア・ピン・PK500 13cm4スロット灰皿128 40%Off
    12,960円

    本体価格 ¥20.000

    レッドクリスタル(純硬質)
    (ライトガラスではありません。
    アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)

    チェコのボヘミア地方には 2~300社のカッティングメーカがありまして ピン・キリ乍ら 皆ボヘミアを呼称しております。しかしブランク(加工前のボディ)を作れるのは たった四軒しかありません。(ムラノ島に 手作りの ヴェネツィアンクリスタッロ工房が 4軒しか残っていないのも 共に千数百年を今に生きる 両者の奇しき偶然でしょうか) その中でもニズボウル村の リックル社が 最高だとチェコの人は申します。あるんですよ!アインには!その最高のニズボウルが! 人呼んでボヘミアNo.1(ピン)細密・鋭角なハンドカットです。

    4スロット灰皿128に 貼付されていたラベルは 今は無き在りし日のグラスエキスポート社のものでした。チェコスロヴァキアが 共産主義国であった時 国立のグラスエキスポート社は ボヘミアンクリスタルの輸出独占権を保持し 日本代理店へは 最高のニズボウルのみを 厳選輸出しておりました。チェコの共産政権が瓦解して 自由主義国になると共に 独占権は 放棄さされました。雨後の筍のように 林立するコンペチターは 値段競争から 安価な品を 堰を切った如く世界へ 日本へと 送り出したのです。「悪貨は 良貨を駆逐する」 正に地を行く如く 哀れ ニズボウルを死守せんとする グラスエキスポート社は 自由化後 1年を経ずして 倒産の憂き目を見ました。アインはニズボウル村のリックル社に 発注するのですが 日本代理店に未練のあるニズボウルは アインのオーダーも捨て難く グラスエキスポート社のラベル(箱だけニズボウル)を貼付して 出荷してきました。やがて 煮え切らぬ代理店に 業を煮やしたリックル社は 高価なニズボウルに拘る アインに ニズボウルラベルを 貼付する決断を下しました。アインにはその時から ニズボウル・シグネチャー・クリスタルが 睥睨しております。今や時代は ボヘミアライトガラスへ 到っております中で アインは 2段階上の ニズボウルを頑固に取り扱っております。


  • ボヘミア・ピン・ニズボウルPK500 ハイボール260ペア 40%Off
    ボヘミア・ピン・ニズボウルPK500 ハイボール260ペア 40%Off
    15,552円

    本体価格 ¥24.000

    写真をクリックすると グラスエキスポートラベルが見られます。
    中の写真を クリックすると 拡大します。

    レッドクリスタル(純硬質  人工水晶)
    (今作のライトガラスではありません。
    アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)

    チェコのボヘミア地方では 2~300社のクリスタルカッティング業者が ボヘミアンクリスタルを 名乗っておりますが ブランクから制作できるのは 4軒しかなく ムラノ島に 手作りの ヴェネツィアンクリスタッロ工房が 4軒しかのこってないのも 共に千数百年を今に生きる 両者の奇しき偶然でしょうか ボヘミアンNo.1(ピン)が「ニズボウル」であるのはクリスタルファンの常識

    ハイボール260ペアに 貼付されていたラベルは 今は無き グラスエキスポート社のものでした。チェコスロヴァキアが 共産主義国であった時 国立のグラスエキスポート社は ボヘミアンクリスタルの輸出独占権を保持し 日本代理店へは 最高のニズボウルのみを 厳選輸出しておりました。チェコの共産政権が瓦解して 自由主義国になると共に 独占権は 放棄さされました。雨後の筍のように 林立するコンペチターは 値段競争から 安価な品を 堰を切った如く世界へ 日本へと 送り出したのです。「悪貨は 良貨を駆逐する」 正に地を行く如く 哀れ ニズボウルを死守せんとする グラスエキスポート社は 自由化後 1年を経ずして 倒産の憂き目を見ました。アインはニズボウル村のリックル社に 発注するのですが 日本代理店に未練のあるニズボウルは アインのオーダーも捨て難く グラスエキスポート社のラベル(箱だけニズボウル)を貼付して 出荷してきました。やがて 煮え切らぬ代理店に 業を煮やしたリックル社は高価なニズボウルに拘る アインに ニズボウルラベルを 貼付する決断を下しました。アインにはその時から ニズボウル・シグネチャー・クリスタルが 睥睨しております。今や時代はボヘミアライトガラスへ 到っております中で アインは 2段階上の ニズボウルを頑固に取り扱っております。
     

  • ボヘミア 【PK500レッドクリスタル】  OF250ccペア 40%Off
    ボヘミア 【PK500レッドクリスタル】  OF250ccペア 40%Off
    14,256円

    本体価格 ¥22.000


    小さい写真を クリックすると 拡大します。

     

    ボヘミア女性
    ボヘミア女性

    ボヘミアは、現在のチェコの西部・中部地方を指す歴史的地名。古くはより広くポーランドの南部からチェコの北部にかけての地方を指した。西はドイツで、東は同じくチェコ領であるモラヴィア、北はポーランド(シレジア)、南はオーストリアである。
    ボヘミア
    ボヘミア
    この地方は牧畜が盛んである。牧童の黒い皮の帽子に皮のズボンにベストは、オーストリア帝国の馬術や馬を扱う人たちに気に入られた。このスタイルは、オーストリアと遠戚関係にあるスペインを経て、アメリカのカウボーイの服装になったといわれる。西欧にも伝わり、芸術家気取り、芸術家趣味と解されて、ボヘミアンやボヘミアニズムという言い方も生まれた。
    ボヘミアにおけるガラス工芸の歴史は、13世紀に遡る。12世紀のボヘミアでは教会で使用されるステンドグラスが作られていたが、世俗社会との関係は低く、一般向けのガラス容器が作られるのは13世紀に入ってからである。
    ボヘミアガラス・ミュシャ
    ボヘミアガラス・ミュシャ
    アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860年 - 1939年)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるものである。多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。イラストレーションとデザインの代表作として『ジスモンダ』『黄道12宮』『4芸術』『アダミテ』などが、絵画の代表作として20枚から成る連作『スラヴ叙事詩』が挙げられる。
    アダミテアダミテ2
    「アダミテ」 の挿絵には、緻密でドラマチックな表現とアール・ヌーヴォーの華ミュシャらしい優美さがあらわれています。 
    スヴァトプルク・チェフの叙事詩 「アダミテ」 は、15世紀ボヘミア (チェコ) のフス派宗教改革の混乱の中で生まれた復古的キリスト教のアダム派の悲劇を詠んだ長編詩です。彼らは人類創造のアダムの時代を理想として無人島であらゆるものを共有して裸で原始共産的生活をしていましたが、アダム派を行き過ぎとみたフス派からも攻撃されて滅びました。
    「アダミテ」 の挿絵は、後の 「スラブ叙事詩」 にもつながる、ミュシャ独自の歴史表現の代表的な作品です。。

    紀元前エジプトで発見されたガラスは紀元初期ローマに伝わり ボヘミアでは9世紀に始まりました。13世紀 ヴェネツィアガラスの製造技術が伝えられていたが、ガラス産業の規模は小さかった。 中世のボヘミアで生産されたガラスは森林地帯で作られる厚手のヴァルトグラス(森林グラス)が中心で、技法は父子相伝のものとなっていた。14世紀に入り神聖ローマ皇帝カール4世(ボヘミア王としてはカレル1世)の治下でプラハがヨーロッパ文化の中心地として繁栄していた時代に、ボヘミアガラスの骨組みが出来上がる。カール4世の時代にボヘミアとヴェネツィアの関係が深まると、徐々にヴェネツィアン・グラスを手本としたガラスが製造されるようになる。しかし、当時のボヘミアガラスは工芸品としては未成熟で、優れた技術はもっぱらステンドグラスの製造に生かされていた。15世紀末までにチェコ・ドイツ国境の森林地帯でガラス工房が発展していき、14世紀末には既に約20のガラス工房がボヘミアに存在していた。
    14世紀末から15世紀初頭のボヘミアでは、主にビザンチングラスの様式を継承したグラスが製造されていた。15世紀半ばにビザンツ帝国(東ローマ帝国)が滅亡、この頃からヴェネツィアのムラーノ島から抜け出してボヘミアに移住するガラス職人が増え始める。16世紀には約90の工房がボヘミアに存在し、ビザンツ、ヴェネツィア、ドイツといった外国の様式を模したグラスが作られていた。17世紀のバロック時代まではヴェネツィアがヨーロッパのガラス容器の生産の中心地であり、ボヘミアのガラス製品もヴェネツィアの影響を受けていた。プラハを帝国の首都とした神聖ローマ皇帝ルドルフ2世は学芸の保護者として知られ、特にガラス工芸を熱心に保護した。17世紀前半にプラハの宝石カッティング職人カスパル・レーマンによって、銅やブロンズ製の回転砥石で宝石をカットするエングレーヴィング技術のガラス細工への応用が考案される。従来のヴェネツィア式のエナメルを使用した絵柄の描画に代わってガラスに直接絵柄が掘り込まれるようになり(グラヴィール彫刻の始まり)、レーマンはルドルフ2世からグラヴィールの独占権を認められた。グラヴィール彫刻はボヘミアとシレジアに普及し、レーマンの弟子ゲオルグ・シュヴァンハルトによってニュルンベルクに伝えられ、ドイツ、オーストリアにも技術が広まった。それ以降、従来の加工法を結合させ、装飾的なバロック様式が施されたガラス細工がヨーロッパの市場で知られるようになった。プラハの宮廷で流行したボヘミアガラスはハプスブルク家の愛用品となり、ヨーロッパ各国の宮廷で珍重された。レーマンら初期のガラス職人の作品は、ガラスを面ごと削ぎ取ったとも思える大胆なカットと、緻密な掘り込みが共存しており、彼らが培った伝統は後世の最高級品の中にも根付いている。

    ボヘミアをチェコ語ではチェヒと呼び、チェコ共和国通称チェコをチェヒとも呼ぶ。由来は6世紀頃までに形成されたチェコ人にあり、意味は「『人々/光』の土地」である。ラテン語における『ボヘミア』は、古代にボヘミアからモラヴィア、スロバキアにかけての地域に居住していたケルト人の一派、ボイイ人に由来し、意味は「(戦士の)人々の土地」と考えられている。

    レッドクリスタル(純硬質 酸化鉛を24%以上含み 屈折率1.545以上の透明度の高い人工水晶)
    (今作のライトガラスではありません。
    アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)


    ボヘミア・ピン・ニズボウルは ライトガラスでないレッドクリスタルの分厚いブランクに ハンドで 深く切り込みますから 山谷が鋭く ために 青火が走り キラキラと 眩い光の芸術を 演出します。


    チェコのボヘミア地方には 2~300社のカッティングメーカがありまして ピン・キリ乍ら 皆ボヘミアを呼称しております。しかしブランク(加工前のボディ)を作れるのは たった四軒しかありません。(ムラノ島に 手作りの ヴェネツィアンクリスタッロ工房が 4軒しか残っていないのも 共に千数百年を今に生きる 両者の奇しき偶然でしょうか) その中でもニズボウル村の リックル社が 最高だとチェコの人は申します。あるんですよ!アインには!その最高のニズボウルが! 人呼んでボヘミアNo.1(ピン)細密・鋭角なハンドカットです。

    このOF250ccペアに 貼付されていたラベルは 今は無き グラスエキスポート社のものです(ボックスのみ ニズボウル)。チェコスロヴァキアが 共産主義国であった時 国立のグラスエキスポート社は ボヘミアン・クリスタルの輸出独占権を 保持し 日本代理店へは 最高のニズボウルのみを厳選輸出しておりました。チェコの共産政権が瓦解して 自由主義国になると共に独占権は 放棄さされました。雨後の筍のように 林立するコンペチターは 値段競争から 安価な品を 堰を切った如く世界へ 日本へと 送り出したのです。「悪貨は 良貨を駆逐する」 正に地を行く如く 哀れ ニズボウルを 死守せんとする グラスエキスポート社は 自由化後 1年を経ずして 倒産の憂き目を見ました。アインはニズボウル村のリックル社に 発注するのですが 日本代理店に未練のあるニズボウルは アインのオーダーも捨て難く グラスエキスポート社のラベルを貼付して(ボックスのみ ニズボウル) 出荷してきました。やがて 煮え切らぬ代理店に業を煮やした リックル社は 高価な ニズボウルに 拘リ続ける アインに ニズ
    ボウルラベルを 貼付する決断を下しました。アインにはその時から ニズボウル・シグネチャー・クリスタルが 睥睨しております。今や 時代は ボヘミアライトガラスへ 到っております中で アインは  2段階上の ニズボウルを頑固に 取り扱っております。

  • ボヘミア・ピン・ニズボウルPK500 ピルスナー145ペア 40%Off
    ボヘミア・ピン・ニズボウルPK500 ピルスナー145ペア 40%Off
    16,200円

    本体価格 ¥25.000

    シャンパンフルート

    写真をクリックして 中の写真をクリックすると 拡大写真が見られます。

    レッドクリスタル(純硬質)
    (ライトガラスではありません。
    アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)

    チェコのボヘミア地方では 2~300社のクリスタルカッティング業者が ボヘミアンクリスタルを 名乗っておりますが ブランクから制作できるのは 4軒しかなく ムラノ島に 手作りの ヴェネツィアンクリスタッロ工房が 4軒しかのこってないのも 共に千数百年を今に生きる 両者の奇しき偶然でしょうか ボヘミアンNo.1(ピン)が「ニズボウル」であるのはクリスタルファンの常識

    ピルスナー145ペアに 貼付されていたラベルは 今は無き グラスエキスポート社のものでした。チェコスロヴァキアが 共産主義国であった時 国立のグラスエキスポート社は ボヘミアンクリスタルの輸出独占権を保持し 日本代理店へは 最高のニズボウルのみを 厳選輸出しておりました。チェコの共産政権が瓦解して 自由主義国になると共に 独占権は 放棄さされました。雨後の筍のように 林立するコンペチターは 値段競争から 安価な品を 堰を切った如く世界へ 日本へと 送り出したのです。「悪貨は 良貨を駆逐する」 正に地を行く如く 哀れ ニズボウルを死守せんとする グラスエキスポート社は 自由化後 1年を経ずして 倒産の憂き目を見ました。アインはニズボウル村のリックル社に 発注するのですが 日本代理店に未練のあるニズボウルは アインのオーダーも捨て難く グラスエキスポート社のラベル(箱だけニズボウル)を貼付して 出荷してきました。やがて 煮え切らぬ代理店に 業を煮やしたリックル社は高価なニズボウルに拘る アインに ニズボウルラベルを 貼付する決断を下しました。アインにはその時から ニズボウル・シグネチャー・クリスタルが 睥睨しております。今や時代はボヘミアライトガラスへ 到っております中で アインは 2段階上の ニズボウルを頑固に取り扱っております。

  • ボヘミア・ピン・ニズボウルPK500 ワイングラス100 35%Off
    ボヘミア・ピン・ニズボウルPK500 ワイングラス100 35%Off
    7,020円
    希望小売価格 ¥10.500

    レッドクリスタル(純硬質)
    (ライトガラスではありません。
    アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による 安物のガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)

    チェコのボヘミア地方では 2~300社のクリスタルカッティング業者が ボヘミアンクリスタルを 名乗っておりますが ブランクから制作できるのは 4軒しかなく ムラノ島に 手作りの ヴェネツィアンクリスタッロ工房が 4軒しかのこってないのも 共に千数百年を今に生きる 両者の奇しき偶然でしょうか ボヘミアンNo.1(ピン)が「ニズボウル」であるのはクリスタルファンの常識
  • ボヘミア 【PK500レッドクリスタル】  ワイングラス130ペア 40%Off
    ボヘミア 【PK500レッドクリスタル】  ワイングラス130ペア 40%Off
    14,904円

    本体価格 ¥23.000

     
    小さい写真をクリックすると 拡大します。

     

    ボヘミアセクシー
    ボヘミアセクシー女性

    ビールでも 水でも 何でもござれ ワイン シャンパン ジュースも もちろんOK!

    ボヘミアは、現在のチェコの西部・中部地方を指す歴史的地名。古くはより広くポーランドの南部からチェコの北部にかけての地方を指した。西はドイツで、東は同じくチェコ領であるモラヴィア、北はポーランド(シレジア)、南はオーストリアである。 ボヘミア4この地方は牧畜が盛んである。牧童の黒い皮の帽子に皮のズボンにベストは、オーストリア帝国の馬術や馬を扱う人たちに気に入られた。このスタイルは、オーストリアと遠戚関係にあるスペインを経て、アメリカのカウボーイの服装になったといわれる。西欧にも伝わり、芸術家気取り、芸術家趣味と解されて、ボヘミアンやボヘミアニズムという言い方も生まれた。
    ボヘミアにおけるガラス工芸の歴史は、13世紀に遡る。12世紀のボヘミアでは教会で使用されるステンドグラスが作られていたが、世俗社会との関係は低く、一般向けのガラス容器が作られるのは13世紀に入ってからである。
     ガラス2
    ボヘミアガラス・ミュシャ
    アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860年 - 1939年)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるものである。多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。イラストレーションとデザインの代表作として『ジスモンダ』『黄道12宮』『4芸術』『アダミテ』などが、絵画の代表作として20枚から成る連作『スラヴ叙事詩』が挙げられる。
     「アダミテ」 の挿絵
    「アダミテ」 の挿絵には、緻密でドラマチックな表現とアール・ヌーヴォーの華ミュシャらしい優美さがあらわれています。 
    スヴァトプルク・チェフの叙事詩 「アダミテ」 は、15世紀ボヘミア (チェコ) のフス派宗教改革の混乱の中で生まれた復古的キリスト教のアダム派の悲劇を詠んだ長編詩です。彼らは人類創造のアダムの時代を理想として無人島であらゆるものを共有して裸で原始共産的生活をしていましたが、アダム派を行き過ぎとみたフス派からも攻撃されて滅びました。
    「アダミテ」 の挿絵は、後の 「スラブ叙事詩」 にもつながる、ミュシャ独自の歴史表現の代表的な作品です。。

    紀元前エジプトで発見されたガラスは紀元初期ローマに伝わり ボヘミアでは9世紀に始まりました。13世紀 ヴェネツィアガラスの製造技術が伝えられていたが、ガラス産業の規模は小さかった。 中世のボヘミアで生産されたガラスは森林地帯で作られる厚手のヴァルトグラス(森林グラス)が中心で、技法は父子相伝のものとなっていた。14世紀に入り神聖ローマ皇帝カール4世(ボヘミア王としてはカレル1世)の治下でプラハがヨーロッパ文化の中心地として繁栄していた時代に、ボヘミアガラスの骨組みが出来上がる。カール4世の時代にボヘミアとヴェネツィアの関係が深まると、徐々にヴェネツィアン・グラスを手本としたガラスが製造されるようになる。しかし、当時のボヘミアガラスは工芸品としては未成熟で、優れた技術はもっぱらステンドグラスの製造に生かされていた。15世紀末までにチェコ・ドイツ国境の森林地帯でガラス工房が発展していき、14世紀末には既に約20のガラス工房がボヘミアに存在していた。
    14世紀末から15世紀初頭のボヘミアでは、主にビザンチングラスの様式を継承したグラスが製造されていた。15世紀半ばにビザンツ帝国(東ローマ帝国)が滅亡、この頃からヴェネツィアのムラーノ島から抜け出してボヘミアに移住するガラス職人が増え始める。16世紀には約90の工房がボヘミアに存在し、ビザンツ、ヴェネツィア、ドイツといった外国の様式を模したグラスが作られていた。17世紀のバロック時代まではヴェネツィアがヨーロッパのガラス容器の生産の中心地であり、ボヘミアのガラス製品もヴェネツィアの影響を受けていた。プラハを帝国の首都とした神聖ローマ皇帝ルドルフ2世は学芸の保護者として知られ、特にガラス工芸を熱心に保護した。17世紀前半にプラハの宝石カッティング職人カスパル・レーマンによって、銅やブロンズ製の回転砥石で宝石をカットするエングレーヴィング技術のガラス細工への応用が考案される。従来のヴェネツィア式のエナメルを使用した絵柄の描画に代わってガラスに直接絵柄が掘り込まれるようになり(グラヴィール彫刻の始まり)、レーマンはルドルフ2世からグラヴィールの独占権を認められた。グラヴィール彫刻はボヘミアとシレジアに普及し、レーマンの弟子ゲオルグ・シュヴァンハルトによってニュルンベルクに伝えられ、ドイツ、オーストリアにも技術が広まった。それ以降、従来の加工法を結合させ、装飾的なバロック様式が施されたガラス細工がヨーロッパの市場で知られるようになった。プラハの宮廷で流行したボヘミアガラスはハプスブルク家の愛用品となり、ヨーロッパ各国の宮廷で珍重された。レーマンら初期のガラス職人の作品は、ガラスを面ごと削ぎ取ったとも思える大胆なカットと、緻密な掘り込みが共存しており、彼らが培った伝統は後世の最高級品の中にも根付いている。

    ボヘミアをチェコ語ではチェヒと呼び、チェコ共和国通称チェコをチェヒとも呼ぶ。由来は6世紀頃までに形成されたチェコ人にあり、意味は「『人々/光』の土地」である。ラテン語における『ボヘミア』は、古代にボヘミアからモラヴィア、スロバキアにかけての地域に居住していたケルト人の一派、ボイイ人に由来し、意味は「(戦士の)人々の土地」と考えられている。

    レッドクリスタル(純硬質 酸化鉛を24%以上含み 屈折率1.545以上の透明度の高い人工水晶)
    (今作のライトガラスではありません。
    アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)

    チェコのボヘミア地方には 2~300社のカッティングメーカがありまして ピン・キリ乍ら 皆ボヘミアを呼称しております。しかしブランク(加工前のボディ)を作れるのは たった四軒しかありません。(ムラノ島に 手作りの ヴェネツィアンクリスタッロ工房が 4軒しか残っていないのも 共に千数百年を今に生きる 両者の奇しき偶然でしょうか) その中でもニズボウル村の リックル社が 最高だとチェコの人は申します。あるんですよ!アインには!その最高のニズボウルが! 人呼んでボヘミアNo.1(ピン)細密・鋭角なハンドカットです。

    このワイングラス130ペアに 貼付されていたラベルは 今は無き グラスエキスポート社のものです(ボックスのみ ニズボウル)。チェコスロヴァキアが 共産主義国であった時 国立のグラスエキスポート社は ボヘミアン・クリスタルの輸出独占権を 保持し 日本代理店へは 最高のニズボウルのみを厳選輸出しておりました。チェコの共産政権が瓦解して 自由主義国になると共に独占権は 放棄さされました。雨後の筍のように 林立するコンペチターは 値段競争から 安価な品を 堰を切った如く世界へ 日本へと 送り出したのです。「悪貨は 良貨を駆逐する」 正に地を行く如く 哀れ ニズボウルを 死守せんとする グラスエキスポート社は 自由化後 1年を経ずして 倒産の憂き目を見ました。アインはニズボウル村のリックル社に 発注するのですが 日本代理店に未練のあるニズボウルは アインのオーダーも捨て難く グラスエキスポート社のラベルを貼付して(ボックスのみ ニズボウル) 出荷してきました。やがて 煮え切らぬ代理店に業を煮やした リックル社は 高価な ニズボウルに 拘リ続ける アインに ニズ
    ボウルラベルを 貼付する決断を下しました。アインにはその時から ニズボウル・シグネチャー・クリスタルが 睥睨しております。今や 時代は ボヘミアライトガラスへ 到っております中で アインは  2段階上の ニズボウルを頑固に 取り扱っております。

  • ボヘミア  【PK500レッドクリスタル】  ワイングラス 150ペア 40%Off
    ボヘミア  【PK500レッドクリスタル】  ワイングラス 150ペア 40%Off
    15,552円

    本体価格 ¥24.000

     
    小さい写真をクリックすると 拡大します。

     

    ボヘミア女性・ミュシャ
    ボヘミア女性・ミュシャ

    ビールでも 水でも 何でもござれ ワイン シャンパン ジュースも もちろんOK!

    ボヘミアは、現在のチェコの西部・中部地方を指す歴史的地名。古くはより広くポーランドの南部からチェコの北部にかけての地方を指した。西はドイツで、東は同じくチェコ領であるモラヴィア、北はポーランド(シレジア)、南はオーストリアである。
    チェスキー・クルムロフ城
    チェスキー・クルムロフ城
    この地方は牧畜が盛んである。牧童の黒い皮の帽子に皮のズボンにベストは、オーストリア帝国の馬術や馬を扱う人たちに気に入られた。このスタイルは、オーストリアと遠戚関係にあるスペインを経て、アメリカのカウボーイの服装になったといわれる。西欧にも伝わり、芸術家気取り、芸術家趣味と解されて、ボヘミアンやボヘミアニズムという言い方も生まれた。
    ボヘミアにおけるガラス工芸の歴史は、13世紀に遡る。12世紀のボヘミアでは教会で使用されるステンドグラスが作られていたが、世俗社会との関係は低く、一般向けのガラス容器が作られるのは13世紀に入ってからである。
    裸婦 
    ボヘミアガラス
    アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860年 - 1939年)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるものである。多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。イラストレーションとデザインの代表作として『ジスモンダ』『黄道12宮』『4芸術』『アダミテ』などが、絵画の代表作として20枚から成る連作『スラヴ叙事詩』が挙げられる。
    スラヴ叙事詩
    『スラヴ叙事詩』
    スラヴ叙事詩はアルフォンス・ミュシャが1910年から1928年にかけて手掛けた壁画サイズの一連の作品である。チェコおよびスラヴ民族の伝承・神話および歴史を描いた全20作品から成り、サイズは小さいものでもおよそ4 x 5メートル、大きいものでは6 x 8メートルに達する。作品は溶剤に卵を使ったテンペラを基本とし、一部には油彩も使われている。全作品が完成した後、1928年に特設の展示場を用意することを条件にこの作品はプラハ市に寄贈された。2012年以前はチェコ共和国、南モラヴィア州のモラフスキー・クルムロフの城館に展示されていた。2012年以降はプラハ国立美術館のヴェレトゥルジュニー宮殿1階に展示されている。

    紀元前エジプトで発見されたガラスは紀元初期ローマに伝わり ボヘミアでは9世紀に始まりました。13世紀 ヴェネツィアガラスの製造技術が伝えられていたが、ガラス産業の規模は小さかった。 中世のボヘミアで生産されたガラスは森林地帯で作られる厚手のヴァルトグラス(森林グラス)が中心で、技法は父子相伝のものとなっていた。14世紀に入り神聖ローマ皇帝カール4世(ボヘミア王としてはカレル1世)の治下でプラハがヨーロッパ文化の中心地として繁栄していた時代に、ボヘミアガラスの骨組みが出来上がる。カール4世の時代にボヘミアとヴェネツィアの関係が深まると、徐々にヴェネツィアン・グラスを手本としたガラスが製造されるようになる。しかし、当時のボヘミアガラスは工芸品としては未成熟で、優れた技術はもっぱらステンドグラスの製造に生かされていた。15世紀末までにチェコ・ドイツ国境の森林地帯でガラス工房が発展していき、14世紀末には既に約20のガラス工房がボヘミアに存在していた。
    14世紀末から15世紀初頭のボヘミアでは、主にビザンチングラスの様式を継承したグラスが製造されていた。15世紀半ばにビザンツ帝国(東ローマ帝国)が滅亡、この頃からヴェネツィアのムラーノ島から抜け出してボヘミアに移住するガラス職人が増え始める。16世紀には約90の工房がボヘミアに存在し、ビザンツ、ヴェネツィア、ドイツといった外国の様式を模したグラスが作られていた。17世紀のバロック時代まではヴェネツィアがヨーロッパのガラス容器の生産の中心地であり、ボヘミアのガラス製品もヴェネツィアの影響を受けていた。プラハを帝国の首都とした神聖ローマ皇帝ルドルフ2世は学芸の保護者として知られ、特にガラス工芸を熱心に保護した。17世紀前半にプラハの宝石カッティング職人カスパル・レーマンによって、銅やブロンズ製の回転砥石で宝石をカットするエングレーヴィング技術のガラス細工への応用が考案される。従来のヴェネツィア式のエナメルを使用した絵柄の描画に代わってガラスに直接絵柄が掘り込まれるようになり(グラヴィール彫刻の始まり)、レーマンはルドルフ2世からグラヴィールの独占権を認められた。グラヴィール彫刻はボヘミアとシレジアに普及し、レーマンの弟子ゲオルグ・シュヴァンハルトによってニュルンベルクに伝えられ、ドイツ、オーストリアにも技術が広まった。それ以降、従来の加工法を結合させ、装飾的なバロック様式が施されたガラス細工がヨーロッパの市場で知られるようになった。プラハの宮廷で流行したボヘミアガラスはハプスブルク家の愛用品となり、ヨーロッパ各国の宮廷で珍重された。レーマンら初期のガラス職人の作品は、ガラスを面ごと削ぎ取ったとも思える大胆なカットと、緻密な掘り込みが共存しており、彼らが培った伝統は後世の最高級品の中にも根付いている。

    ボヘミアをチェコ語ではチェヒと呼び、チェコ共和国通称チェコをチェヒとも呼ぶ。由来は6世紀頃までに形成されたチェコ人にあり、意味は「『人々/光』の土地」である。ラテン語における『ボヘミア』は、古代にボヘミアからモラヴィア、スロバキアにかけての地域に居住していたケルト人の一派、ボイイ人に由来し、意味は「(戦士の)人々の土地」と考えられている。

    レッドクリスタル(純硬質 酸化鉛を24%以上含み 屈折率1.545以上の透明度の高い人工水晶)
    (今作のライトガラスではありません。
    アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)

    ボヘミア・ピン・ニズボウルは ライトガラスでないレッドクリスタルの分厚いブランクに ハンドで 深く切り込みますから 山谷が鋭く ために 青火が走り キラキラと 眩い光の芸術を 演出します。

    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。

    チェコのボヘミア地方には 2~300社のカッティングメーカがありまして ピン・キリ乍ら 皆ボヘミアを呼称しております。しかしブランク(加工前のボディ)を作れるのは たった四軒しかありません。(ムラノ島に 手作りの ヴェネツィアンクリスタッロ工房が 4軒しか残っていないのも 共に千数百年を今に生きる 両者の奇しき偶然でしょうか) その中でもニズボウル村の リックル社が 最高だとチェコの人は申します。あるんですよ!アインには!その最高のニズボウルが! 人呼んでボヘミアNo.1(ピン)細密・鋭角なハンドカットです。

    ワイングラス150ペア に 貼付されていたラベルは 今は無き在りし日の グラスエキスポート社のものでした。チェコスロヴァキアが 共産主義国であった時 国立のグラスエキスポート社は ボヘミアンクリスタルの輸出独占権を保持し 日本代理店へは 最高のニズボウルのみを 厳選輸出しておりました。チェコの共産政権が瓦解して 自由主義国になると共に 独占権は 放棄さされました。雨後の筍のように 林立するコンペチターは 値段競争から 安価な品を 堰を切った如く世界へ 日本へと 送り出したのです。「悪貨は 良貨を駆逐する」 正に地を行く如く 哀れ ニズボウルを死守せんとする グラスエキスポート社は 自由化後 1年を経ずして 倒産の憂き目を見ました。
    アインはニズボウル村のリックル社に 発注するのですが 日本代理店に未練のあるニズボウルは アインのオーダーも捨て難く グラスエキスポート社のラベル(箱だけニズボウル)を貼付して 出荷してきました。やがて 煮え切らぬ代理店に 業を煮やしたリックル社は 高価なニズボウルに拘る アインに ニズボウルラベルを 貼付する決断を下しました。アインにはその時から ニズボウル・シグネチャー・クリスタルが 睥睨しております。今や 時代は ボヘミアライトガラスへ 到っております中で アインは 2段階上の ニズボウルを頑固に取り扱っております。

  • ボヘミア・ピン・ニズボウルPK500 ゴブレット180ペア 40%Off
    ボヘミア・ピン・ニズボウルPK500 ゴブレット180ペア 40%Off
    16,200円

    本体価格 ¥25.000

    レッドクリスタル(純硬質)
    (ライトガラスではありません。
    アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)

    チェコのボヘミア地方では 2~300社のクリスタルカッティング業者が ボヘミアンクリスタルを 名乗っておりますが ブランクから制作できるのは 4軒しかなく ムラノ島に 手作りの ヴェネツィアンクリスタッロ工房が 4軒しかのこってないのも 共に千数百年を今に生きる 両者の奇しき偶然でしょうか ボヘミアンNo.1(ピン)が「ニズボウル」であるのはクリスタルファンの常識

    ゴブレット180ccペアに 貼付されていたラベルは 今は無き グラスエキスポート社のものでした。チェコスロヴァキアが 共産主義国であった時 国立のグラスエキスポート社は ボヘミアンクリスタルの輸出独占権を保持し 日本代理店へは 最高のニズボウルのみを 厳選輸出しておりました。チェコの共産政権が瓦解して 自由主義国になると共に 独占権は 放棄さされました。雨後の筍のように 林立するコンペチターは 値段競争から 安価な品を 堰を切った如く世界へ 日本へと 送り出したのです。「悪貨は 良貨を駆逐する」 正に地を行く如く 哀れ ニズボウルを死守せんとする グラスエキスポート社は 自由化後 1年を経ずして 倒産の憂き目を見ました。アインはニズボウル村のリックル社に 発注するのですが 日本代理店に未練のあるニズボウルは アインのオーダーも捨て難く グラスエキスポート社のラベル(箱だけニズボウル)を貼付して 出荷してきました。やがて 煮え切らぬ代理店に 業を煮やしたリックル社は高価なニズボウルに拘る アインに ニズボウルラベルを 貼付する決断を下しました。アインにはその時から ニズボウル・シグネチャー・クリスタルが 睥睨しております。今や時代はボヘミアライトガラスへ 到っております中で アインは 2段階上の ニズボウルを頑固に取り扱っております。

  • ボヘミア 【PK500レッドクリスタル】  ゴブレット220ペア 40%Off
    ボヘミア 【PK500レッドクリスタル】  ゴブレット220ペア 40%Off
    17,496円

    本体価格 ¥27.000

    小さい写真を クリックすると拡大します。

     

    ジプシードレス ボヘミア女性
    ジプシードレス ボヘミア女性

    ビールでも 水でも 何でもござれ ワイン シャンパン ジュースも もちろんOK!

    ボヘミアは、現在のチェコの西部・中部地方を指す歴史的地名。古くはより広くポーランドの南部からチェコの北部にかけての地方を指した。西はドイツで、東は同じくチェコ領であるモラヴィア、北はポーランド(シレジア)、南はオーストリアである。
    ボヘミア3
    この地方は牧畜が盛んである。牧童の黒い皮の帽子に皮のズボンにベストは、オーストリア帝国の馬術や馬を扱う人たちに気に入られた。このスタイルは、オーストリアと遠戚関係にあるスペインを経て、アメリカのカウボーイの服装になったといわれる。西欧にも伝わり、芸術家気取り、芸術家趣味と解されて、ボヘミアンやボヘミアニズムという言い方も生まれた。
    ボヘミアにおけるガラス工芸の歴史は、13世紀に遡る。12世紀のボヘミアでは教会で使用されるステンドグラスが作られていたが、世俗社会との関係は低く、一般向けのガラス容器が作られるのは13世紀に入ってからである。
    ガラス 
    ボヘミアガラス・ミュシャ
    アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860年 - 1939年)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるものである。多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。イラストレーションとデザインの代表作として『ジスモンダ』『黄道12宮』『4芸術』などが、絵画の代表作として20枚から成る連作『スラヴ叙事詩』が挙げられる。
    『スラヴ叙事詩』
    スラヴ叙事詩はアルフォンス・ミュシャが1910年から1928年にかけて手掛けた壁画サイズの一連の作品である。チェコおよびスラヴ民族の伝承・神話および歴史を描いた全20作品から成り、サイズは小さいものでもおよそ4 x 5メートル、大きいものでは6 x 8メートルに達する。作品は溶剤に卵を使ったテンペラを基本とし、一部には油彩も使われている。全作品が完成した後、1928年に特設の展示場を用意することを条件にこの作品はプラハ市に寄贈された。2012年以前はチェコ共和国、南モラヴィア州のモラフスキー・クルムロフの城館に展示されていた。2012年以降はプラハ国立美術館のヴェレトゥルジュニー宮殿1階に展示されている。

    紀元前エジプトで発見されたガラスは紀元初期ローマに伝わり ボヘミアでは9世紀に始まりました。13世紀 ヴェネツィアガラスの製造技術が伝えられていたが、ガラス産業の規模は小さかった。 中世のボヘミアで生産されたガラスは森林地帯で作られる厚手のヴァルトグラス(森林グラス)が中心で、技法は父子相伝のものとなっていた。14世紀に入り神聖ローマ皇帝カール4世(ボヘミア王としてはカレル1世)の治下でプラハがヨーロッパ文化の中心地として繁栄していた時代に、ボヘミアガラスの骨組みが出来上がる。カール4世の時代にボヘミアとヴェネツィアの関係が深まると、徐々にヴェネツィアン・グラスを手本としたガラスが製造されるようになる。しかし、当時のボヘミアガラスは工芸品としては未成熟で、優れた技術はもっぱらステンドグラスの製造に生かされていた。15世紀末までにチェコ・ドイツ国境の森林地帯でガラス工房が発展していき、14世紀末には既に約20のガラス工房がボヘミアに存在していた。
    14世紀末から15世紀初頭のボヘミアでは、主にビザンチングラスの様式を継承したグラスが製造されていた。15世紀半ばにビザンツ帝国(東ローマ帝国)が滅亡、この頃からヴェネツィアのムラーノ島から抜け出してボヘミアに移住するガラス職人が増え始める。16世紀には約90の工房がボヘミアに存在し、ビザンツ、ヴェネツィア、ドイツといった外国の様式を模したグラスが作られていた。17世紀のバロック時代まではヴェネツィアがヨーロッパのガラス容器の生産の中心地であり、ボヘミアのガラス製品もヴェネツィアの影響を受けていた。プラハを帝国の首都とした神聖ローマ皇帝ルドルフ2世は学芸の保護者として知られ、特にガラス工芸を熱心に保護した。17世紀前半にプラハの宝石カッティング職人カスパル・レーマンによって、銅やブロンズ製の回転砥石で宝石をカットするエングレーヴィング技術のガラス細工への応用が考案される。従来のヴェネツィア式のエナメルを使用した絵柄の描画に代わってガラスに直接絵柄が掘り込まれるようになり(グラヴィール彫刻の始まり)、レーマンはルドルフ2世からグラヴィールの独占権を認められた。グラヴィール彫刻はボヘミアとシレジアに普及し、レーマンの弟子ゲオルグ・シュヴァンハルトによってニュルンベルクに伝えられ、ドイツ、オーストリアにも技術が広まった。それ以降、従来の加工法を結合させ、装飾的なバロック様式が施されたガラス細工がヨーロッパの市場で知られるようになった。プラハの宮廷で流行したボヘミアガラスはハプスブルク家の愛用品となり、ヨーロッパ各国の宮廷で珍重された。レーマンら初期のガラス職人の作品は、ガラスを面ごと削ぎ取ったとも思える大胆なカットと、緻密な掘り込みが共存しており、彼らが培った伝統は後世の最高級品の中にも根付いている。

    ボヘミアをチェコ語ではチェヒと呼び、チェコ共和国通称チェコをチェヒとも呼ぶ。由来は6世紀頃までに形成されたチェコ人にあり、意味は「『人々/光』の土地」である。ラテン語における『ボヘミア』は、古代にボヘミアからモラヴィア、スロバキアにかけての地域に居住していたケルト人の一派、ボイイ人に由来し、意味は「(戦士の)人々の土地」と考えられている。

    レッドクリスタル(純硬質 酸化鉛を24%以上含み 屈折率1.545以上の透明度の高い人工水晶)
    (今作のライトガラスではありません。
    アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)


    チェコのボヘミア地方には 2~300社のカッティングメーカがありまして ピン・キリ乍ら 皆ボヘミアを呼称しております。しかしブランク(加工前のボディ)を作れるのは たった四軒しかありません。(ムラノ島に 手作りの ヴェネツィアンクリスタッロ工房が 4軒しか残っていないのも 共に千数百年を今に生きる 両者の奇しき偶然でしょうか) その中でもニズボウル村の リックル社が 最高だとチェコの人は申します。あるんですよ!アインには!その最高のニズボウルが! 人呼んでボヘミアNo.1(ピン)細密・鋭角なハンドカットです。

    このゴブレット220ペアに 貼付されていたラベルは 今は無き グラスエキスポート社のものです(ボックスのみ ニズボウル)。チェコスロヴァキアが 共産主義国であった時 国立のグラスエキスポート社は ボヘミアン・クリスタルの輸出独占権を 保持し 日本代理店へは 最高のニズボウルのみを厳選輸出しておりました。チェコの共産政権が瓦解して 自由主義国になると共に独占権は 放棄さされました。雨後の筍のように 林立するコンペチターは 値段競争から 安価な品を 堰を切った如く世界へ 日本へと 送り出したのです。「悪貨は 良貨を駆逐する」 正に地を行く如く 哀れ ニズボウルを 死守せんとする グラスエキスポート社は 自由化後 1年を経ずして 倒産の憂き目を見ました。アインはニズボウル村のリックル社に 発注するのですが 日本代理店に未練のあるニズボウルは アインのオーダーも捨て難く グラスエキスポート社のラベルを貼付して(ボックスのみ ニズボウル) 出荷してきました。やがて 煮え切らぬ代理店に業を煮やした リックル社は 高価な ニズボウルに 拘リ続ける アインに ニズ
    ボウルラベルを 貼付する決断を下しました。アインにはその時から ニズボウル・シグネチャー・クリスタルが 睥睨しております。今や 時代は ボヘミアライトガラスへ 到っております中で アインは  2段階上の ニズボウルを頑固に 取り扱っております。

  • ボヘミア 【PK500レッドクリスタル】 ステムショットG 50ccペア 40%Off
    ボヘミア 【PK500レッドクリスタル】 ステムショットG 50ccペア 40%Off
    11,664円

    本体価格 ¥18.000

    小さい写真を クリックすると 拡大します。

     
     
    ルソー 眠るボヘミア女
    「眠るボヘミアジプシー女」 アンリ・ルソー 1897  ニューヨーク近代美術館

    アンリ・ジュリアン・フェリックス・ルソー(1844-1910)は、19世紀~20世紀フランスの素朴派の画家。



    50cc 熱燗, 冷酒,アペリチフ,ウィスキーストレート,等を 超お洒落に! 


    ボヘミアは、現在のチェコの西部・中部地方を指す歴史的地名。古くはより広くポーランドの南部からチェコの北部にかけての地方を指した。西はドイツで、東は同じくチェコ領であるモラヴィア、北はポーランド(シレジア)、南はオーストリアである。


    ボヘミア
    この地方は牧畜が盛んである。牧童の黒い皮の帽子に皮のズボンにベストは、オーストリア帝国の馬術や馬を扱う人たちに気に入られた。このスタイルは、オーストリアと遠戚関係にあるスペインを経て、アメリカのカウボーイの服装になったといわれる。西欧にも伝わり、芸術家気取り、芸術家趣味と解されて、ボヘミアンやボヘミアニズムという言い方も生まれた。
    ボヘミアをチェコ語ではチェヒと呼び、チェコ共和国通称チェコをチェヒとも呼ぶ。由来は6世紀頃までに形成されたチェコ人にあり、意味は「『人々/光』の土地」である。
    テン語における『ボヘミア』は、古代にボヘミアからモラヴィア、スロバキアにかけての地域に居住していたケルト人の一派、ボイイ人に由来し、意味は「(戦士の)人々の土地」と考えられている。


    ボヘミアにおけるガラス工芸の歴史は、9世紀に遡る。12世紀のボヘミアでは教会で使用されるステンドグラスが作られていたが、世俗社会との関係は低く、一般向けのガラス容器が作られるのは13世紀に入ってからである。

    ボヘミアガラス・ミュシャ
    ボヘミアガラス・ミュシャ

    アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860年 - 1939年)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるものである。多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。イラストレーションとデザインの代表作として『ジスモンダ』『黄道12宮』『4芸術』などが、絵画の代表作として20枚から成る連作『スラヴ叙事詩』が挙げられる。


    紀元前エジプトで発見されたガラスは紀元初期ローマに伝わり ボヘミアでは9世紀に始まりました。13世紀 ヴェネツィアガラスの製造技術が伝えられていたが、ガラス産業の規模は小さかった。 中世のボヘミアで生産されたガラスは森林地帯で作られる厚手のヴァルトグラス(森林グラス)が中心で、技法は父子相伝のものとなっていた。14世紀に入り神聖ローマ皇帝カール4世(ボヘミア王としてはカレル1世)の治下でプラハがヨーロッパ文化の中心地として繁栄していた時代に、ボヘミアガラスの骨組みが出来上がる。カール4世の時代にボヘミアとヴェネツィアの関係が深まると、徐々にヴェネツィアン・グラスを手本としたガラスが製造されるようになる。しかし、当時のボヘミアガラスは工芸品としては未成熟で、優れた技術はもっぱらステンドグラスの製造に生かされていた。15世紀末までにチェコ・ドイツ国境の森林地帯でガラス工房が発展していき、14世紀末には既に約20のガラス工房がボヘミアに存在していた。
    14世紀末から15世紀初頭のボヘミアでは、主にビザンチングラスの様式を継承したグラスが製造されていた。15世紀半ばにビザンツ帝国(東ローマ帝国)が滅亡、この頃からヴェネツィアのムラーノ島から抜け出してボヘミアに移住するガラス職人が増え始める。16世紀には約90の工房がボヘミアに存在し、ビザンツ、ヴェネツィア、ドイツといった外国の様式を模したグラスが作られていた。17世紀のバロック時代まではヴェネツィアがヨーロッパのガラス容器の生産の中心地であり、ボヘミアのガラス製品もヴェネツィアの影響を受けていた。プラハを帝国の首都とした神聖ローマ皇帝ルドルフ2世は学芸の保護者として知られ、特にガラス工芸を熱心に保護した。17世紀前半にプラハの宝石カッティング職人カスパル・レーマンによって、銅やブロンズ製の回転砥石で宝石をカットするエングレーヴィング技術のガラス細工への応用が考案される。従来のヴェネツィア式のエナメルを使用した絵柄の描画に代わってガラスに直接絵柄が掘り込まれるようになり(グラヴィール彫刻の始まり)、レーマンはルドルフ2世からグラヴィールの独占権を認められた。グラヴィール彫刻はボヘミアとシレジアに普及し、レーマンの弟子ゲオルグ・シュヴァンハルトによってニュルンベルクに伝えられ、ドイツ、オーストリアにも技術が広まった。それ以降、従来の加工法を結合させ、装飾的なバロック様式が施されたガラス細工がヨーロッパの市場で知られるようになった。プラハの宮廷で流行したボヘミアガラスはハプスブルク家の愛用品となり、ヨーロッパ各国の宮廷で珍重された。レーマンら初期のガラス職人の作品は、ガラスを面ごと削ぎ取ったとも思える大胆なカットと、緻密な掘り込みが共存しており、彼らが培った伝統は後世の最高級品の中にも根付いている。


    レッドクリスタル(純硬質)
    (ライトガラスではありません。
    アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)


    チェコのボヘミア地方には 2~300社のカッティングメーカがありまして ピン・キリ乍ら 皆ボヘミアを呼称しております。しかしブランク(加工前のボディ)を作れるのは たった四軒しかありません。(ムラノ島に 手作りの ヴェネツィアンクリスタッロ工房が 4軒しか残っていないのも 共に千数百年を今に生きる 両者の奇しき偶然でしょうか) その中でもニズボウル村の リックル社が 最高だとチェコの人は申します。あるんですよ!アインには!その最高のニズボウルが! 人呼んでボヘミアNo.1(ピン)細密・鋭角なハンドカットです。


    このステムショットGペアに 貼付されていたラベルは 今は無き グラスエキスポート社のものです(ボックスのみ ニズボウル)。チェコスロヴァキアが 共産主義国であった時 国立のグラスエキスポート社は ボヘミアン・クリスタルの輸出独占権を 保持し 日本代理店へは 最高のニズボウルのみを厳選輸出しておりました。チェコの共産政権が瓦解して 自由主義国になると共に独占権は 放棄さされました。雨後の筍のように 林立するコンペチターは 値段競争から 安価な品を 堰を切った如く世界へ 日本へと 送り出したのです。「悪貨は 良貨を駆逐する」 正に地を行く如く 哀れ ニズボウルを 死守せんとする グラスエキスポート社は 自由化後 1年を経ずして 倒産の憂き目を見ました。アインはニズボウル村のリックル社に 発注するのですが 日本代理店に未練のあるニズボウルは アインのオーダーも捨て難く グラスエキスポート社のラベルを貼付して(ボックスのみ ニズボウル) 出荷してきました。やがて 煮え切らぬ代理店に業を煮やした リックル社は 高価な ニズボウルに 拘リ続ける アインに ニズボウルラベルを 貼付する決断を下しました。アインにはその時から ニズボウル・シグネチャー・クリスタルが 睥睨しております。今や 時代は ボヘミアライトガラスへ 到っております中で アインは  2段階上の ニズボウルを頑固に 取り扱っております。


  • ボヘミア・ピン・ニズボウルPK500 ブランデーグラス150ペア 40%Off
    ボヘミア・ピン・ニズボウルPK500 ブランデーグラス150ペア 40%Off
    16,200円

    本体価格 ¥25.000

    写真をクリックすると 拡大写真が見られます。

    レッドクリスタル(純硬質)
    (ライトガラスではありません。
    アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)

    チェコのボヘミア地方では 2~300社のクリスタルカッティング業者が ボヘミアンクリスタルを 名乗っておりますが ブランクから制作できるのは 4軒しかなく ムラノ島に 手作りの ヴェネツィアンクリスタッロ工房が 4軒しかのこってないのも 共に千数百年を今に生きる 両者の奇しき偶然でしょうか ボヘミアンNo.1(ピン)が「ニズボウル」であるのはクリスタルファンの常識

    ブランデーグラス150ペアに 貼付されていたラベルは 今は無き グラスエキスポート社のものでした。チェコスロヴァキアが 共産主義国であった時 国立のグラスエキスポート社は ボヘミアンクリスタルの輸出独占権を保持し 日本代理店へは 最高のニズボウルのみを 厳選輸出しておりました。チェコの共産政権が瓦解して 自由主義国になると共に 独占権は 放棄さされました。雨後の筍のように 林立するコンペチターは 値段競争から 安価な品を 堰を切った如く世界へ 日本へと 送り出したのです。「悪貨は 良貨を駆逐する」 正に地を行く如く 哀れ ニズボウルを死守せんとする グラスエキスポート社は 自由化後 1年を経ずして 倒産の憂き目を見ました。アインはニズボウル村のリックル社に 発注するのですが 日本代理店に未練のあるニズボウルは アインのオーダーも捨て難く グラスエキスポート社のラベル(箱だけニズボウル)を貼付して 出荷してきました。やがて 煮え切らぬ代理店に 業を煮やしたリックル社は高価なニズボウルに拘る アインに ニズボウルラベルを 貼付する決断を下しました。アインにはその時から ニズボウル・シグネチャー・クリスタルが 睥睨しております。今や時代はボヘミアライトガラスへ 到っております中で アインは 2段階上の ニズボウルを頑固に取り扱っております。

(カテゴリー内:66点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索