カテゴリー

全件表示 (5298) 福袋 (12) 新入荷商品 (70) クリスマスフェア (115) お歳暮ギフトフェア (108) 祝 勤労感謝の日フェア (69) アウガルテン (89) アビランド (412) アラビア (4) ウェッジウッド (1174) エインズレイ (56) エルメス (143) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (26) スポード/ダッチェス (17) スワロフスキー (93) バカラ (267) ビレロイボッホ (8) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (60) ブルガリ・ローゼンタール (37) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (437) ボヘミア (66) ホヤ (18) マイセン (502) ミントン (44) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (893) その他 (1) 赤にわとり/ オロディドッチア (7) アクアレール / ストレッサー (15) イントラ/ ジオカルティン/ ジュエリー/ デルフィー (9) アガサブルーフラワー (31) アマデウスジャーダー&ブルー (27) アマデウス・トリオンフォ・イタリアーノ (12) アマデウスの唄 ジャーダー (18) アマデウスの唄 トラメ (18) アマデウスの唄 ブルー (21) アラゴスタ/ フィッシュデコー (13) アンティックローズ (8) アンティコ・エデン/ チェリー/ ミレーラ (16) イタリアンシーン(フィレンツェ) (14) イタリアンフルーツ (30) インペロフルーツ (13) ベッキオフルーツ(ペルージャ)/ ヴァル・ド・オルチャ (13) イヤー/ ナタールプレート (5) インペロカメリア (15) インペロジュリエッタ (18) インペロスカラ (8) インペロダイヤモンド (3) インペロミストラル (16) インペロメッシュ(ポルトフィノ) (5) インペロイェロー (12) インペログリーン (12) インペロブラック (21) インペロブルー (9) インペロロッソ (12) インペロ色々 (16) エルバ/ カプリ (7) オリエントエクスプレス (7) ガーデンローズ (8) カポデモンテ (4) カラーコレクション (2) グランデューカ (12) クリッパー (16) サボイア家 森の果実 (1) サンタマルガリータ/ 手作りの花 (2) ジオポンティ・ファンティニ・フィグレ・ムーゼ (4) ジャルディーノブルー (6) ジュビレオコレクション (22) シリウス座/ ヌヴォラアイリス (17) ヅッカ/ ボルドオロ (2) トスカーナ (13) パールブルー (2) ピノキオ (2) ピンク・ブルーのチューリップ/ りんごの花 (11) ファルダ / インテリアデザイン (7) ファルファッレフィオリータ (2) プリマヴェーラ (6) プリンセスローズ (11) ベッキオ・グレース (8) ベッキオ・ジェンマ(翡翠) (19) ベッキオ・フィオーリ(レバント) (11) ベッキオ・ホワイト (96) ベネチアンローズ (7) ボルドーブルー (10) ホワイトアイリス (2) ホワイト・アンティコ/ デダロ/ ヴェラ/ ラゴ (4) ボンジョルノストロベリー (3) ボンショルノチェリー (15) ボンジョルノプルーン (14) マルコポーロ・ブルー/ レッド (4) ミュージオ・クラシコ (16) ミュージオ・パストラーレ/ フィオッコ (14) ミュージオ・ドッチア/ ローマ (2) ミュラレス(壁画)  (1) メダイオン (20) ラベロ (36) ローズブルー (17) ロイヤルブルー (6) ロゼリーニ (6) リヤドロ (78) レイノー (5) ローゼンタール ロイヤルアルバート (64) ロイヤルウースター (27) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (434) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

リチャードジノリ > インペロフルーツ

輸入洋食器店アイン お宝倉庫
大阪市にある洋食器、輸入食器専門店のアイン
ウェッジウッド、マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲンなど
様々な食器を販売しております
  • リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロシュガー 150cc 30%Off
    リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロシュガー 150cc 30%Off
    34,020円

    本体価格: ¥45.000

    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。

    伊名 ペルージャ

    ドッチア窯の 金ロゴ(ジノリの 誇りの金印)

    リチャードジノリ代表高級認知品

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

    1760年頃 豊なトスカーナの別荘用にとの 貴族の注文により ボッティチエリの 「 春 」 を思わす この銘作が出来ました。

     本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 

    お店で イタリアンフルーツを 見たお客さんが 言われます。
    美しいですね。

    私は お答えします。
    コレは 二代目 ジノリ侯のお眼にかない 貴族趣味の姫妃たちに 愛用され 二百数十年生き続けた 美術品です。コレを 美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 侯や 姫妃のお眼眼と 一体です。

     

  • リチャードジノリ 【インペロフルーツ】 ポット 1.2L 30%Off
    リチャードジノリ 【インペロフルーツ】 ポット 1.2L 30%Off
    68,040円

    本体価格: ¥90.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。



    ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、
    ジャック・オー・ランタン2
    ジャック・オー・ランタン
    子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
    キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある。
    ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタンを作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては トリック・オア・トリート「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。
    カトリック教会の諸聖人の日がハロウィンに重なる形で設定されており、これを「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を取り込んだ」とする見解と、「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を潰すために設定した」とする見解とがある。いずれにしてもハロウィンは元々キリスト教の祭では無かったことが両見解の前提となっている。
    サムハインからハロウィーンまで2
    サムハインからハロウィーンまで
    古代ケルトのドルイドの信仰では、新年の始まりは冬の季節の始まりである11月1日のサムハイン祭であった。この収穫祭は毎年現在の暦で言えば10月31日の夜に始まった。アイルランドと英国のドルイド祭司たちは、かがり火を焚き、作物と動物の犠牲を捧げた。また、ドルイド祭司たちが火のまわりで踊るとともに、太陽の季節が過ぎ去り、暗闇の季節が始まった。11月1日の朝が来ると、ドルイド祭司は、各家庭にこの火から燃えさしを与えた。各家族は、この火を家に持ち帰り、かまどの火を新しくつけて家を暖め、悪いシー(ケルト神話の妖精。バンシーは女の妖精)などが入らないようにする。1年のこの時期には、この世と霊界との間に目に見えない「門」が開き、この両方の世界の間で自由に行き来が可能となると信じられていたからである。祭典ではかがり火が大きな役割を演じた。村民たちは、屠殺した牛の骨を炎の上に投げ込んだ。かがり火が燃え上がると、村人たちは他のすべての火を消した。その後、各家族は厳粛にこの共通の炎から炉床に火をつけた。
    サムハイン
    サムハインからハロウィンまで
    従来、ローマ人は11月1日頃に果実・果樹・果樹園の女神でリンゴをシンボルとしていた女神ポーモーナを讃える祭りを祝っていたと考えられており、紀元1世紀にブリテン島に侵入した以降はケルト地域にポーモーナの祭りをもたらしたと言われていた。
    ハロウィンの行事としてダック・アップル(リンゴ食い競争)が行われるのはその由縁からと考えられ、またハロウィンのシンボルカラーである黒とオレンジのうち、オレンジはポーモーナに由来するとの説がある。また古代ローマの祖霊祭パレンタリアからの影響も指摘されている。ハロウィンの習慣は、イングランド南部では17世紀以降、11月5日の火薬陰謀事件の記念日(ガイ・フォークス・ナイト)に置き換わり、廃れた。しかしながら、スコットランド・アイルランド・マン島・ウェールズでは引き続き広く普及していた。
    ハロウィンがアメリカの年鑑に祝祭日として記録されたのは19世紀初頭以降のことである。ニューイングランドのピューリタンなどはハロウィンに強く反対する立場であり、19世紀になりアイルランドおよびスコットランドから大量に移民が到着するまでは、ハロウィンが本格的に定着することはなかった。ハロウィンは19世紀半ばまで特定の移民共同体の内でだけの行事として行われていたが、徐々にアメリカの「主流社会」に受け容れられるように、20世紀初頭には、社会的、人種的、宗教的背景に関係なく、アメリカのほとんどの人々に受け入れられ、東海岸から西海岸へ広まった。そして、世界各国で軍事的・経済的に活動するアメリカ人が増えるのにともない、そうした場所で、アメリカ風のハロウィンの風習も広がることになった。

    「遥かなるルネサンス」展 天正遣欧少年使節  神戸で開催中
    ビア・デ・メディチ(ブロンズィーノ)1542
    『ビア・デ・メディチの肖像』 アーニョロ・ブロンズィーノ 1542
    アーニョロ・ブロンズィーノ(1503年 - 1572年)は、マニエリスム期のイタリア・フィレンツェの画家。ブロンズィーノという愛称は、恐らく彼の髪の色であった「青銅」色を意味するイタリア語“ブロンゾ”に由来する。メディチ家のフィレンツェ公コジモ1世の宮廷画家として活躍する。「愛の勝利の寓意」に代表される画風は、極めて知的・技巧的で洗練された美しさに満ちている。

    愛の勝利の寓意 1545 ロンドン、ナショナル・ギャラリー
    「愛の勝利の寓意」 アーニョロ・ブロンズィーノ 1545 ロンドン、ナショナル・ギャラリー
    アレゴリー(英: Allegory)とは、抽象的なことがらを具体化する表現技法の一つで、おもに絵画、詩文などの表現芸術の分野で駆使される。 意味としては比喩(ひゆ)に近いが日本語では寓意、もしくは寓意像と訳される。 詩歌においては「諷喩」とほぼ同等の意味を持つ。 また、イソップ寓話に代表される置き換えられた象徴である。

    1760年頃 豊なトスカーナの別荘用にとの 貴族の注文により ボッティチエリの 「 春 」 を思わす この銘作が 出来ました。

    RG プリマベーラ 絵
    ボッティチエリの 『春(プリマヴェーラ)』
    『春(プリマヴェーラ)』には六人の女性と二人の男性とキューピッドが描かれている。右端には、羽を持つ男性(ゼピュロス)に背後から襲われている、透けるような白色のドレスを着用した女性(クローリス)が描かれている。この男性の頬は膨らんでおり、決然とした表情をしている。さらにこの男性のみ他の人物とは異なって、超自然的な容姿で描かれている。周りの木々は男性が巻き起こす風に煽られて左へと撓んでいる、男性に襲われている女性が身に着けるドレスも同じ方向に煽られているが、左隣の女性がまとうドレスは逆の方向にたなびいている。この花模様のドレスをまとって花冠を被った女性(後のフローラ)が、ガウンの襞に集めた花を振り撒いている。画面左側には半透明のドレスをまとい、手を取り合って踊る三人の女性(三美神)が描かれ、そのうちの二人はネックレスで身を飾っている。最上部のオレンジの木々を背景にして キューピッドが番える弓矢は、この三人の女性を狙っているかのように描かれている。さらにその左には、剣と兜を身に着けて真紅の布を身体に巻きつけた青年(マーキュリ)が、霞のような灰色の雲に向かって木の枝を突き出している。この解釈では、画面右側のゼピュロスが象徴する世俗の愛と左側の三美神とは大きく隔絶していることになる。三美神のうち、背景に目を向けている中央の女神は、自身がキューピッドに狙いをつけられていることにも無関心である。中央の女神はマーキュリーの方を向いているが、マーキュリーは画面上部の擬人化されたプリマヴェーラに関係がある雲に視線を注いている。
    三美神
    手を取り合って踊る三美神。
    画面中央には、ほかの人物たちから孤立しているような印象を与える女性(女神ヴィーナス)が描かれている。赤色のガウンと青色のドレスを身にまとったこの女性は、鑑賞者の視線をまっすぐに見つめ返している。女性の背後の木々はアーチ状に表現され、鑑賞者の視線を中央に集める役割を果たしている。周囲の風景は極めて精緻に表現されており、500種類以上の植物と190種類ほどの様々な花が描かれている。さらに描かれている190種類の花々のうち少なくとも130種類については、実在するどの花なのかを特定できると言われている。
    『春(プリマヴェーラ)』の全体的な画面構成は、当時人気があったフランドルのタペストリーによく似ている。
    フランドル3 
    フランドル タピストリー

    メインは プルーンですが 反対面のメインは 珍しいカボチャです。

    伊名 インペロペルージャ

    ドッチア窯の 金ロゴ(ジノリの 誇りの金印)
    リチャードジノリ代表高級認知品

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花
    (ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

    本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。

    「欧州磁器戦争史 (リチャードジノリ)」 詳しくは コチラをクリック してください。
    ウェッジウッド-1,2, の次に有ります。

    「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」

    そして それはヨーロッパ文化の論理的価値観の体現(具体的表現)にほかなりません。
    各々が 各々を 最善に主張しながら 全体の場を 相乗的に盛り上げます。
    洋食器は ヨーロッパの 論理的価値観が生み出した 交響楽 そのものです。
    洋食器店 そう呼べるのが アインです。
    なぜ アインが?
    それは まごうことなき洋食器が 所を得て キラ星の如くあるからです。
    作る人 商う人 購う人 この三者の 苦しくも 楽しき努力は 
    振舞われる人の いともたやすき理解 感嘆となるでしょう。
    オーケストラ それは洋食器です。
    されど洋食器の殿堂 それは黙して奏でます。
    美しき妖精達は 美しき日本の貴方の琴線に 触れずにはおかないでしょう。


  • リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロポット 510cc 30%Off
    リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロポット  510cc 30%Off
    56,700円

    本体価格: ¥75.000

    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。

    伊名 ペルージャ

    ドッチア窯の金ロゴ(ジノリの 誇りの金印)

    リチャードジノリ代表高級認知品

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

    1760年頃 豊なトスカーナの別荘用にとの 貴族の注文により ボッティチエリの 「 春 」 を思わす この銘作が出来ました。

     本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 

    お店で イタリアンフルーツを 見たお客さんが 言われます。
    美しいですね。

    私は お答えします。
    コレは 二代目 ジノリ侯のお眼にかない 貴族趣味の姫妃たちに 愛用され 二百数十年生き続けた 美術品です。コレを 美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 侯や 姫妃のお眼眼と 一体です。


     

  • リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロモーニングC/S 30%Off
    リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロモーニングC/S 30%Off
    28,728円

    本体価格: ¥38.000

    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。

    伊名 ペルージャ

    ドッチア窯の金ロゴ(ジノリの 誇りの金印)

    リチャードジノリ代表高級認知品

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

    1760年頃 豊なトスカーナの別荘用にとの 貴族の注文により ボッティチエリの 「 春 」 を思わす この銘作が出来ました。

     本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 

    お店で イタリアンフルーツを 見たお客さんが 言われます。
    美しいですね。

    私は お答えします。
    コレは 二代目 ジノリ侯のお眼にかない 貴族趣味の姫妃たちに 愛用され 二百数十年生き続けた 美術品です。コレを 美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 侯や 姫妃のお眼眼と 一体です。

     

  • リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロマスタードポット&スプーン 30%Off
    リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロマスタードポット&スプーン 30%Off
    37,044円

    本体価格: ¥49.000

    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。

    伊名 ペルージャ

    ドッチア窯の金ロゴ(ジノリの 誇りの金印)

    リチャードジノリ代表高級認知品

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

    1760年頃 豊なトスカーナの別荘用にとの 貴族の注文により ボッティチエリの 「 春 」 を思わす この銘作が出来ました。

     本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 

    お店で イタリアンフルーツを 見たお客さんが 言われます。
    美しいですね。

    私は お答えします。
    コレは 二代目 ジノリ侯のお眼にかない 貴族趣味の姫妃たちに 愛用され 二百数十年生き続けた 美術品です。コレを 美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 侯や 姫妃のお眼眼と 一体です。


  • リチャードジノリ 【インペロフルーツ】 23cmソースボート&スタンド 30%Off
    リチャードジノリ 【インペロフルーツ】 23cmソースボート&スタンド 30%Off
    53,676円

    本体価格: ¥71.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。



    ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、

    ジャック・オー・ランタン
    ジャック・オー・ランタン
    子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
    キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある。
    ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタンを作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては トリック・オア・トリート「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい「トリック・オア・トリート」。
    カトリック教会の諸聖人の日がハロウィンに重なる形で設定されており、これを「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を取り込んだ」とする見解と、「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を潰すために設定した」とする見解とがある。いずれにしてもハロウィンは元々キリスト教の祭では無かったことが両見解の前提となっている。
    ハロウィン2
    ハロウィン
    サムハインからハロウィーンまで
    古代ケルトのドルイドの信仰では、新年の始まりは冬の季節の始まりである11月1日のサムハイン祭であった。この収穫祭は毎年現在の暦で言えば10月31日の夜に始まった。アイルランドと英国のドルイド祭司たちは、かがり火を焚き、作物と動物の犠牲を捧げた。また、ドルイド祭司たちが火のまわりで踊るとともに、太陽の季節が過ぎ去り、暗闇の季節が始まった。11月1日の朝が来ると、ドルイド祭司は、各家庭にこの火から燃えさしを与えた。各家族は、この火を家に持ち帰り、かまどの火を新しくつけて家を暖め、悪いシー(ケルト神話の妖精。バンシーは女の妖精)などが入らないようにする。1年のこの時期には、この世と霊界との間に目に見えない「門」が開き、この両方の世界の間で自由に行き来が可能となると信じられていたからである。祭典ではかがり火が大きな役割を演じた。村民たちは、屠殺した牛の骨を炎の上に投げ込んだ。かがり火が燃え上がると、村人たちは他のすべての火を消した。その後、各家族は厳粛にこの共通の炎から炉床に火をつけた。
    サムハイン
    サムハインからハロウィンまで
    従来、ローマ人は11月1日頃に果実・果樹・果樹園の女神でリンゴをシンボルとしていた女神ポーモーナを讃える祭りを祝っていたと考えられており、紀元1世紀にブリテン島に侵入した以降はケルト地域にポーモーナの祭りをもたらしたと言われていた。
    ハロウィンの行事としてダック・アップル(リンゴ食い競争)が行われるのはその由縁からと考えられ、またハロウィンのシンボルカラーである黒とオレンジのうち、オレンジはポーモーナに由来するとの説がある。また古代ローマの祖霊祭パレンタリアからの影響も指摘されている。ハロウィンの習慣は、イングランド南部では17世紀以降、11月5日の火薬陰謀事件の記念日(ガイ・フォークス・ナイト)に置き換わり、廃れた。しかしながら、スコットランド・アイルランド・マン島・ウェールズでは引き続き広く普及していた。
    ハロウィンがアメリカの年鑑に祝祭日として記録されたのは19世紀初頭以降のことである。ニューイングランドのピューリタンなどはハロウィンに強く反対する立場であり、19世紀になりアイルランドおよびスコットランドから大量に移民が到着するまでは、ハロウィンが本格的に定着することはなかった。ハロウィンは19世紀半ばまで特定の移民共同体の内でだけの行事として行われていたが、徐々にアメリカの「主流社会」に受け容れられるように、20世紀初頭には、社会的、人種的、宗教的背景に関係なく、アメリカのほとんどの人々に受け入れられ、東海岸から西海岸へ広まった。そして、世界各国で軍事的・経済的に活動するアメリカ人が増えるのにともない、そうした場所で、アメリカ風のハロウィンの風習も広がることになった。

    メインには 珍しいカボチャです。 反対面にはプルーンもあります。

    伊名 インペロペルージャ

    ドッチア窯の 金ロゴ(ジノリの 誇りの金印)
    リチャードジノリ代表高級認知品

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花
    (ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)


    「遥かなるルネサンス」展 天正遣欧少年使節  神戸で開催中 (巡回展 青森 東京) 

  • リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロ23cmオーバルディッシュ 30%Off
    リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロ23cmオーバルディッシュ 30%Off
    21,924円

    本体価格: ¥29.000

    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。

    伊名 ペルージャ

    ドッチア窯の 金ロゴ(ジノリの 誇りの金印)

    リチャードジノリ代表高級認知品

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)


     1760年頃 豊なトスカーナの別荘用にとの 貴族の注文により ボッティチエリの 「 春 」 を思わす この銘作が出来ました。

     本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 

    お店で イタリアンフルーツを 見たお客さんが 言われます。
    美しいですね。

    私は お答えします。
    コレは 二代目 ジノリ侯のお眼にかない 貴族趣味の姫妃たちに 愛用され 二百数十年生き続けた 美術品です。コレを 美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 侯や 姫妃のお眼眼と 一体です。

  • リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロ 25cmカバードベジタブル 30%Off
    リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロ 25cmカバードベジタブル 30%Off
    120,960円

    本体価格: ¥160.000

    スープチュューリンにも

    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。

    伊名 ペルージャ

    ドッチア窯の 金ロゴ(ジノリの 誇りの金印)

    リチャードジノリ代表高級認知品

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)


     1760年頃 豊なトスカーナの別荘用にとの 貴族の注文により ボッティチエリの 「 春 」 を思わす この銘作が出来ました。

     本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 

    お店で イタリアンフルーツを 見たお客さんが 言われます。
    美しいですね。

    私は お答えします。
    コレは 二代目 ジノリ侯のお眼にかない 貴族趣味の姫妃たちに 愛用され 二百数十年生き続けた 美術品です。コレを 美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 侯や 姫妃のお眼眼と 一体です。

     

  • リチャードジノリ 【インペロフルーツ】 26cmケーキトレイ 30%Off
    リチャードジノリ 【インペロフルーツ】 26cmケーキトレイ 30%Off
    64,260円

    本体価格: ¥85.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。



    ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、

    ジャック・オー・ランタン
    ジャック・オー・ランタン
    子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
    キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある。
    ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタンを作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては トリック・オア・トリート「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい「トリック・オア・トリート」。
    カトリック教会の諸聖人の日がハロウィンに重なる形で設定されており、これを「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を取り込んだ」とする見解と、「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を潰すために設定した」とする見解とがある。いずれにしてもハロウィンは元々キリスト教の祭では無かったことが両見解の前提となっている。
    ハロウィン
    ハロウィン
    サムハインからハロウィーンまで
    古代ケルトのドルイドの信仰では、新年の始まりは冬の季節の始まりである11月1日のサムハイン祭であった。この収穫祭は毎年現在の暦で言えば10月31日の夜に始まった。アイルランドと英国のドルイド祭司たちは、かがり火を焚き、作物と動物の犠牲を捧げた。また、ドルイド祭司たちが火のまわりで踊るとともに、太陽の季節が過ぎ去り、暗闇の季節が始まった。11月1日の朝が来ると、ドルイド祭司は、各家庭にこの火から燃えさしを与えた。各家族は、この火を家に持ち帰り、かまどの火を新しくつけて家を暖め、悪いシー(ケルト神話の妖精。バンシーは女の妖精)などが入らないようにする。1年のこの時期には、この世と霊界との間に目に見えない「門」が開き、この両方の世界の間で自由に行き来が可能となると信じられていたからである。祭典ではかがり火が大きな役割を演じた。村民たちは、屠殺した牛の骨を炎の上に投げ込んだ。かがり火が燃え上がると、村人たちは他のすべての火を消した。その後、各家族は厳粛にこの共通の炎から炉床に火をつけた。
    サムハイン
    サムハインからハロウィンまで
    従来、ローマ人は11月1日頃に果実・果樹・果樹園の女神でリンゴをシンボルとしていた女神ポーモーナを讃える祭りを祝っていたと考えられており、紀元1世紀にブリテン島に侵入した以降はケルト地域にポーモーナの祭りをもたらしたと言われていた。
    ハロウィンの行事としてダック・アップル(リンゴ食い競争)が行われるのはその由縁からと考えられ、またハロウィンのシンボルカラーである黒とオレンジのうち、オレンジはポーモーナに由来するとの説がある。また古代ローマの祖霊祭パレンタリアからの影響も指摘されている。ハロウィンの習慣は、イングランド南部では17世紀以降、11月5日の火薬陰謀事件の記念日(ガイ・フォークス・ナイト)に置き換わり、廃れた。しかしながら、スコットランド・アイルランド・マン島・ウェールズでは引き続き広く普及していた。
    ハロウィンがアメリカの年鑑に祝祭日として記録されたのは19世紀初頭以降のことである。ニューイングランドのピューリタンなどはハロウィンに強く反対する立場であり、19世紀になりアイルランドおよびスコットランドから大量に移民が到着するまでは、ハロウィンが本格的に定着することはなかった。ハロウィンは19世紀半ばまで特定の移民共同体の内でだけの行事として行われていたが、徐々にアメリカの「主流社会」に受け容れられるように、20世紀初頭には、社会的、人種的、宗教的背景に関係なく、アメリカのほとんどの人々に受け入れられ、東海岸から西海岸へ広まった。そして、世界各国で軍事的・経済的に活動するアメリカ人が増えるのにともない、そうした場所で、アメリカ風のハロウィンの風習も広がることになった。

    メインには 珍しいカボチャです。

    伊名 インペロペルージャ

    ドッチア窯の 金ロゴ(ジノリの 誇りの金印)
    リチャードジノリ代表高級認知品

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花
    (ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

    ナポレオン皇帝は ロシア遠征の途上 若く美しいポーランド貴族の夫人マリア・ヴァレフスカを 愛人にした。
    マリア・ヴァレフスカ
    マリア・ヴァレフスカ 
    マリア・ヴァレフスカ(1786年 - 1817年)は、ナポレオン1世の愛人として知られる人物。由緒正しい名門貴族ウォンチニスキ家の4人目の子供として生まれたが 1772年の第一回ポーランド分割でほとんどの領地をプロイセン王国に取られてしまい 生活に困窮するウォンチニスキ家の借金を肩代わりする代わり 16歳にしてポーランドの名門貴族62歳のヴァレフスキ老伯爵の妻になった。不幸な国が招いた不幸な結婚をした彼女は、信仰と愛国心に心の慰めを見出していたようである。やがて彼女に大きな転機が訪れる。1806年12月18日にナポレオンがワルシャワを訪れた。自分で愛人になることを望んだわけではなかったが、次第にマリアはナポレオンを本当に愛するようになっていった。彼女はおだやかで慎ましく、欲がなく純真な性格で、ナポレオンもそれまでの愛人たちとは違う彼女を深く愛するようになった。ナポレオンは彼女を「ポーランドの妻」と呼んだ。しかし、自分とナポレオンとの先行きに何か不安を感じたらしく、「たとえあなたが私を愛さなくなっても、私はあなたを愛していることを忘れないでいて」と彫らせた、金とエナメルでできた指輪を贈った。その指輪には自分の髪の毛も一筋巻きつけていた。マリアの不安は的中し、ナポレオンはジョゼフィーヌと12月に離婚した後、オーストリア皇女マリー・ルイーズと結婚するつもりでいることを知った。マリアは彼の計画の邪魔になってはと、ポーランドに帰った。ナポレオンは自分の野心のためにマリアを捨てたのであった。それでもマリアは 1814年、皇帝を退位したナポレオンが部屋で毒薬自殺を計ったのを見舞うが 自分の姿が人に見られてはと黙って帰っていった。1814年8月31日にはエルバ島のナポレオンに呼ばれ、エルバ島に行ったが、マリー・ルイーズの件があるため、すぐに帰らなければならなかった。
    復位の後1815年、ワーテルローの戦いで敗れたナポレオンと最後の別れをするため、マリアはアレクサンドル(ナポレオンとの息子)を連れてマルメゾン城を訪れた。マリアは1時間ほどナポレオンと過ごした。そして彼女は涙ながら、セント・ヘレナ島に連れて行って欲しいと言った。ナポレオンはセント・ヘレナ島に流されてから、マリアの肖像画を飾っていたという。そしてマリアが贈った指輪は、最後までナポレオンの指にはめられていた。
    マリアは腎機能の悪化と、ナポレオンとの別れによる心痛から、食べものを殆ど食べようとせず、やせ細り、死期が近いことを悟ったマリアは、フランスのブローニュの森にナポレオンを偲んで行った。
    1970年には、マリア・ヴァレフスカは偉大な愛国者の1人として、ポーランドで切手になった。

    1760年頃 豊なトスカーナの別荘用にとの 貴族の注文により 
    ボッティチエリの 「 春 」 を思わす この銘作が出来ました。

    本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。

    欧州磁器戦争史 (リチャードジノリ)」 詳しくは コチラをクリック してください。
    ウェッジウッド-1,2, の次に有ります。

    「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」

    そして それはヨーロッパ文化の論理的価値観の体現(具体的表現)にほかなりません。
    各々が 各々を 最善に主張しながら 全体の場を 相乗的に盛り上げます。
    洋食器は ヨーロッパの 論理的価値観が生み出した 交響楽 そのものです。
    洋食器店 そう呼べるのが アインです。
    なぜ アインが?
    それは まごうことなき洋食器が 所を得て キラ星の如くあるからです。
    作る人 商う人 購う人 この三者の 苦しくも 楽しき努力は 
    振舞われる人の いともたやすき理解 感嘆となるでしょう。
    オーケストラ それは洋食器です。
    されど洋食器の殿堂 それは黙して奏でます。
    美しき妖精達は 美しき日本の貴方の琴線に 触れずにはおかないでしょう。


  • リチャードジノリ 【インペロイタリアンフルーツ】  24.5cmパスタプレート 30%Off  
    リチャードジノリ 【インペロイタリアンフルーツ】  24.5cmパスタプレート 30%Off   
    18,900円

    本体価格: ¥25.000


    小さい写真をクリックすれば 拡大します。

          

    ルツ
    旧約聖書「ルツ記」落ち穂をひろって姑を養うルツ。フランチェスコ・アイエツ 1835年
    19世紀イタリアのロマン主義を代表する画家フランチェスコ・アイエツ(1791−1882)
    旧約聖書でもっとも短い書である『ルツ記』はヘブライ聖書におさめられたモアブ人女性・ルツの物語。『ルツ記』は、異邦人であるルツがダビデ王にいたる家系の中で重要な役割を果たすことを語ることで、救いの歴史において「自らの民」ユダヤ人にとらわれない神の意図の壮大さを語っている。
    『士師記』の時代、ユダのベツレヘム出身者であるエリメレクは、妻であるナオミと二人の息子を伴ってモアブの地に移り住んだ。二人の息子はその地の娘達と結婚するが、やがてエリメレクはその妻ナオミを、二人の息子達もそれぞれの妻オルパとルツを残したまま死んでしまう。そこでナオミは夫の故郷ユダに帰ることを決意し、息子達の寡婦となった二人に対し、それぞれの故郷に帰るようすすめる。しかし、ルツだけはナオミのそばにいることを望み、こうして二人はエリメレクの故郷、ベツレヘムへと帰郷した。
    ルツは畑で麦の落穂を拾った(古代パレスチナでは貧しい人が刈り入れ時の落穂を拾うことは一種の権利として認められていた)。その畑の所有者は、エリメレクの遠縁の親戚にあたる、ボアズという人物だった。ボアズは姑に尽くすルツに感心して、彼女のために便宜を図る。
    ナオミはボアズが請戻しの権利(兄が子供を残さず、死んだ場合に弟が兄の妻をめとることで家系を存続させるこの仕組みを、レビラト婚という)を有する人物であることに気づき、ルツを自分自身の代わりに請戻させるため、彼女にボアズの床に入るよう勧め、ルツはその言葉に従う。全ての事情を察したボアズは、自分よりも請戻しの権利が高いもう一人の人物がいることをルツに明かし、彼女には一切触れず、ナオミへの贈り物をルツに持たせて彼女を家に帰らせる。その日、ボアズは請戻しの権利を持つもう一人の親族に掛け合い、親族としての責任の履行権を譲り受ける。これによってボアズはルツを正式な妻として迎え入れることとなった。ボアズの妻となったルツは息子オベデを生む。オベデはダビデの祖父にあたる人物である。
    この『ルツ記』のポイントは、モアブ人であるルツがイスラエル人の慣習に従い、その律法に従ってイスラエルの子孫存続をなした、という事柄にある。神は人類を創り出したとき「生めよ、増えよ、地に満ちよ」と宣言しており、レビラト婚の習慣はまさに、それを実現するための手段なのである。ルツ自身は既に寡婦であり、姑から再婚の承認も得ていながら、それを謝絶してイスラエル人として生きることを選択した。これが、彼女が聖書中の一篇に名を冠することのできた理由である。聖書的な解釈では更に、その子孫がイスラエルの世襲の王となり、ひいては救世主を出す恩寵につながるとされる。

    勿論 スープ にも。

    ドッチア窯の 金ロゴ(ジノリの 誇りの金印)
    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花
    (ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)
    リチャードジノリ代表高級認知品

    1760年頃 豊なトスカーナの別荘用にとの 貴族の注文により ボッティチエリの 「 春 」 を思わす この銘作が 出来ました。

    RG プリマベーラ 絵

    『春 (プリマヴェーラ) ボッティチエリ』には六人の女性と二人の男性とキューピッドが描かれている。右端には、羽を持つ男性(ゼピュロス)に背後から襲われている、透けるような白色のドレスを着用した女性(クローリス)が描かれている。
    クローリスとゼピュロス
    この男性の頬は膨らんでおり、決然とした表情をしている。さらにこの男性のみ他の人物とは異なって、超自然的な容姿で描かれている。この場面はオウィディウスの『祭暦』を下敷きとしている。『祭暦』に記されている物語では、樹木のニンフであるクローリスが生来の魅力で春を告げる西風の神ゼピュロスを魅了した。ゼピュロスはクローリスにつきまとって力ずくで自分のものにしてしまう。このときクローリスの口から花々が溢れだし、クローリスは花の女神フローラへと姿を変えたというものである。そして『祭暦』では「これ以来、世界は様々な色彩であふれるようになった」と続いている。ギリシア語で「khloros」は緑色という意味で、クロロフィルの語源にもなっている。「クローリス (Chloris)」という名前も緑色を連想させ、このことがボッティチェッリがゼピュロスを青緑色で表現した理由ではないかとされている。周りの木々は男性が巻き起こす風に煽られて左へと撓んでいる、男性に襲われている女性が身に着けるドレスも同じ方向に煽られているが、左隣の女性がまとうドレスは逆の方向にたなびいている。この花模様のドレスをまとって花冠を被った女性(後のフローラ)が、ガウンの襞に集めた花を振り撒いている(フローラのドレスの花柄模様に偽装されたメッセージが存在することが判明した。そのほかの証拠とともに『プリマヴェーラ』は、ルネサンス期フィレンツェの哲学者の中で第一人者だったマルシリオ・フィチーノが主導していた、古代ギリシア・ローマの神々の復活も意図していた)。画面左側には半透明のドレスをまとい、手を取り合って踊る三人の女性(三美神)が描かれ、そのうちの二人はネックレスで身を飾っている。最上部のオレンジの木々を背景にして キューピッドが番える弓矢は、この三人の女性を狙っているかのように描かれている。さらにその左には、剣と兜を身に着けて真紅の布を身にまとった青年(マーキュリ)が、霞のような灰色の荒天をもたらす雲に向かって杖を突き出し オレンジ園を守っている。マーキュリーはピエルフランチェスコ(依頼人?)を、フローラもしくはヴィーナスはその妻セミラミデを、それぞれモデルとしているとされることが多い。
    画面中央には、ほかの人物たちから孤立しているような印象を与える女性(女神ヴィーナス)が描かれている。赤色のガウンと青色のドレスを身にまとったこの女性は、鑑賞者の視線をまっすぐに見つめ返している。女性の背後の木々はアーチ状に表現され、鑑賞者の視線を中央に集める役割を果たしている。周囲の風景は極めて精緻に表現されており、500種類以上の植物と190種類ほどの様々な花が描かれている。さらに描かれている190種類の花々のうち少なくとも130種類については、実在するどの花なのかを特定できると言われている。描かれている人物像について様々な説が唱えられてきたが「精妙な神話世界に肥沃や多産の寓意が込められている」という解釈が主流となっている。
    『春(プリマヴェーラ)』の全体的な画面構成は、当時人気があったフランドルのタペストリーによく似ている。
    フランドル3
    フランドル タピストリー
    お店で イタリアンフルーツを 見たお客さんが 言われます。
    美しいですね。

    私は お答えします。
    コレは 2代目 ジノリ侯が ジノリ窯継承の威信を世に問うた佳品で  貴族趣味の姫妃たちに 愛用され 二百数十年生き続けた 美術品です。コレを 美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 侯や 姫妃のお眼眼と 一体です。


    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。


    ジノリ カポデモンテ ナポリ窯 の真贋について
    スペイン・ブルボン家のカルロス王子・パルマ公(1716年 - 1788年)は ポーランド継承戦争(1733年 - 1735年)が起こると、フランス王ルイ15世の支援を受け、兵を集めて1734年、オーストリア領シチリアとナポリを占領した。南イタリアは 13世紀から代々スペイン領であったが、先のスペイン継承戦争(1701年 - 1713年)でオーストリアに 奪われた土地であった。1735年 ナポリ王、シチリア王(在位:1735年 - 1759年)に即位してカルロ7世およびカルロ5世となる。当時、ナポリとシチリアは 別々の王国として扱われたが、実質的にはこの時 両シチリア王国が成立したといえる。1738年、ザクセン選帝侯兼ポーランド王アウグスト3世の長女マリア・アマリア・フォン・ザクセン(神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世の孫でもある)と結婚した。彼女は王に愛され 生涯にわたり13人の子をなすのですが 初めの40,42年の2人の娘は 喜びも束の間に夭折します。1743年 3人目の娘が無事に生まれ 喜びの中 マリア・アマリアは 磁器王女(マイセン創窯のアウグスト強襲王・ポーランド王の孫娘)に相応しいカポディモンテ窯を創設させました。(蝶よ花よと育てられたこの姫も6歳にしてなくなるのですが 前年には後継ぎのカルロス4世を儲けております。更に前年の長男フェリペは 病により継承辞退。)
    1759年、カルロスは 異母兄フェルナンド6世の死去によりスペイン王即位の為、スペインに帰国し カルロス3世に就く。カルロス3世は、ブルボン朝のスペイン王(在位:1759年 - 1788年)スペインの啓蒙専制君主と言われる。帰国に際し、カポディモンテ窯はモールドは 勿論 職人も含めて、総てを スペインのBuen Retiro (1808年まで生産が続けられた。)に譲渡されました。両シチリア王国の王位は 8歳の三男フェルナンド(フェルディナンド1世)に譲られた。


    1771年 王妃マリア・カロリーナ ナポリ窯創設の根拠。
    フェルディナンド1世(1751年 - 1825年)は、両シチリア王国の最初の王(在位:1815年 - 1825年)。シチリア王としてはフェルディナンド3世(在位:1759年 - 1815年)、ナポリ王としてはフェルディナンド4世(在位:1759年 - 1806年、1815年)を名乗っていた。
    スペイン王カルロス3世とマリア・アマリア・フォン・ザクセンの三男、カルロス4世の弟。妻は神聖ローマ皇帝フランツ1世とマリア・テレジアの娘でフランス王妃マリー・アントワネットの姉であるマリア・カロリーナである。
    マリア・カロリーナ
    当初はフランス王ルイ16世との縁組みが考えられていたが、ナポリ王と婚約していたすぐ上の姉マリア・ヨーゼファが1767年、結婚直前に急死したため、翌1768年に急遽マリア・カロリーナがナポリのフェルディナンド4世へ嫁ぐことになった。突然の結婚に、同じ部屋で暮らし非常に親しかった妹マリア・アントーニア(マリー・アントワネット)は大変悲しんだという。
    婚前の約束から、政治に興味を持たなかった夫フェルディナンドに代わって政治の実権を握った。長きにわたって続いたスペインの政治的干渉からナポリ王国を解放し、前国王時代から政治を牛耳っていたベルナルド・タヌッチを追放、兄レオポルト2世にならい士官学校を作り、軍隊の再編をしている。また、多くの子にも恵まれ、母マリア・テレジアに最も似た人生を送った。軽率なマリー・アントワネットではなくマリア・カロリーナが当初の予定通りフランス王妃となっていたら、歴史は大きく異なっていたと言われている。
    フェルディナンド1世は アウグスト強襲王(強精と強力は 夙に有名で 両手で 馬の蹄鉄をへし折って 驚く人にご満悦)血筋ゆえか 体力に恵まれ性格も非常に善良であったが、王族としての正式な教育を受けておらず、若い頃から重要な書類には家臣に自分のサインのスタンプを押させ、自らは狩りやスポーツに明け暮れた。性格が正反対と言ってもいいマリア・カロリーナ妃が嫁ぐとすぐに妃に夢中になった。妃からは教養の無さや行儀作法の悪さを「かわいいおばかさん」と呼ばれていた。しかし夫婦仲は良好であり、子に恵まれ家庭生活は幸せなものであった。結婚時の約束の一つに、妃が王子を産めば摂政になれるという約束があり、王子誕生後は政治的実権は完全にマリア・カロリーナが握っており、フェルディナンドは狩りや社交に徹していた。
    フェルディナンド1世は女性の手、特に手袋をした手を偏愛しており、マリア・カロリーナは何か頼みごとがある時は長手袋の手をすっと彼に差し出していた。フェルディナンドはうっとりとし、何でも妃の願い事を聞いたという。
    庶民の食べ物であった細打ちのパスタ(いわゆるスパゲティ)を気に入り、宮廷で供するよう命じたが、当時スパゲティは手づかみで食べるものであり、マリア・カロリーナから下品であると反対された。このことからパスタを食べるための道具としてフォークが採用されたという。1820年のカルボナリによって引き起こされたナポリ革命後は妃の故里ウィーンに亡命。晩年はアブルッツォやリエーティで暮らし、ナポリで亡くなった。


    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」


    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。


  • リチャードジノリ 【インペロフルーツ】 25cmプレート 30%Off
    リチャードジノリ 【インペロフルーツ】 25cmプレート 30%Off
    18,144円

    本体価格: ¥24.000


    小さい写真をクリックすると 拡大します。



    ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、
    ハロウィン3
    ジャック・オー・ランタン
    子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
    キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある。
    ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタンを作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては トリック・オア・トリート「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい「トリック・オア・トリート」。
    ハロウィーン
    ハロウィン
    カトリック教会の諸聖人の日がハロウィンに重なる形で設定されており、これを「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を取り込んだ」とする見解と、「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を潰すために設定した」とする見解とがある。いずれにしてもハロウィンは元々キリスト教の祭では無かったことが両見解の前提となっている。

    サムハインからハロウィンまで
    古代ケルトのドルイドの信仰では、新年の始まりは冬の季節の始まりである11月1日のサムハイン祭であった。この収穫祭は毎年現在の暦で言えば10月31日の夜に始まった。アイルランドと英国のドルイド祭司たちは、かがり火を焚き、作物と動物の犠牲を捧げた。また、ドルイド祭司たちが火のまわりで踊るとともに、太陽の季節が過ぎ去り、暗闇の季節が始まった。11月1日の朝が来ると、ドルイド祭司は、各家庭にこの火から燃えさしを与えた。各家族は、この火を家に持ち帰り、かまどの火を新しくつけて家を暖め、悪いシー(ケルト神話の妖精。バンシーは女の妖精)などが入らないようにする。1年のこの時期には、この世と霊界との間に目に見えない「門」が開き、この両方の世界の間で自由に行き来が可能となると信じられていたからである。祭典ではかがり火が大きな役割を演じた。村民たちは、屠殺した牛の骨を炎の上に投げ込んだ。かがり火が燃え上がると、村人たちは他のすべての火を消した。その後、各家族は厳粛にこの共通の炎から炉床に火をつけた。
    サムハインからハロウィーンまで
    従来、ローマ人は11月1日頃に果実・果樹・果樹園の女神でリンゴをシンボルとしていた女神ポーモーナを讃える祭りを祝っていたと考えられており、紀元1世紀にブリテン島に侵入した以降はケルト地域にポーモーナの祭りをもたらしたと言われていた。
    ハロウィンの行事としてダック・アップル(リンゴ食い競争)が行われるのはその由縁からと考えられ、またハロウィンのシンボルカラーである黒とオレンジのうち、オレンジはポーモーナに由来するとの説がある。また古代ローマの祖霊祭パレンタリアからの影響も指摘されている。ハロウィンの習慣は、イングランド南部では17世紀以降、11月5日の火薬陰謀事件の記念日(ガイ・フォークス・ナイト)に置き換わり、廃れた。しかしながら、スコットランド・アイルランド・マン島・ウェールズでは引き続き広く普及していた。
    ハロウィンがアメリカの年鑑に祝祭日として記録されたのは19世紀初頭以降のことである。ニューイングランドのピューリタンなどはハロウィンに強く反対する立場であり、19世紀になりアイルランドおよびスコットランドから大量に移民が到着するまでは、ハロウィンが本格的に定着することはなかった。ハロウィンは19世紀半ばまで特定の移民共同体の内でだけの行事として行われていたが、徐々にアメリカの「主流社会」に受け容れられるように、20世紀初頭には、社会的、人種的、宗教的背景に関係なく、アメリカのほとんどの人々に受け入れられ、東海岸から西海岸へ広まった。そして、世界各国で軍事的・経済的に活動するアメリカ人が増えるのにともない、そうした場所で、アメリカ風のハロウィンの風習も広がることになった。

    「遥かなるルネサンス」展 天正遣欧少年使節  神戸で開催中 (巡回展 青森 東京)
    天正遣欧少年使節は1582年(天正10年)に九州のキリシタン大名、大友宗麟・大村純忠・有馬晴信の名代としてローマへ派遣された4名の少年を中心とした使節団。イエズス会員アレッサンドロ・ヴァリニャーノが発案。1590年(天正18年)に帰国。使節団によってヨーロッパの人々に日本の存在が知られる様になり、彼らの持ち帰ったグーテンベルク印刷機によって日本語書物の活版印刷が初めて行われキリシタン版と呼ばれる。
    ヴァリニャーノは自身の手紙の中で、使節の目的をこう説明している。
    第一はローマ教皇とスペイン・ポルトガル両王に日本宣教の経済的・精神的援助を依頼すること。
    第二は日本人にヨーロッパのキリスト教世界を見聞・体験させ、帰国後にその栄光、偉大さを少年達自ら語らせることにより、布教に役立てたいということであった。
    使節の少年たちは有馬晴信が日野江城下に建てたセミナリヨで学ぶ生徒の中から選ばれた。使節4名の正確な生年月日は不明だが、派遣当時の年齢は13~14歳であった。中浦ジュリアンが最年長、原マルティノが最年少と言われる。

    ティントレット(1518年 - 1594年)は、イタリアのルネサンス期の画家。
    師匠のティツィアーノ、そしてヴェロネーゼとともにルネサンス期のヴェネツィア派を代表する画家。ティツィアーノの色彩とミケランジェロのマニエリスムの形体を結びつけ、情熱的な宗教画を描いた。
    「天正遣欧少年使節 伊東マンショの肖像」
    《伊東マンショの肖像》 ドメニコ・ティントレット 1585年
    「天正遣欧少年使節」
    伊東マンショ(主席正使) 大友宗麟の名代。宗麟の血縁。日向国主伊東義祐の孫。後年、司祭に叙階される。1612年長崎で死去。
    千々石ミゲル(正使) 大村純忠の名代。純忠の甥で有馬晴信の従兄弟。後に棄教。
    中浦ジュリアン(副使) 後年、司祭に叙階。1633年、長崎で穴づりによって殉教。2007年に福者に列せられる。
    原マルティノ(副使)後年、司祭に叙階。1629年、追放先のマカオで死去。

    ビア・デ・メディチ(ブロンズィーノ)1542
    『ビア・デ・メディチの肖像』 アーニョロ・ブロンズィーノ 1542
    アーニョロ・ブロンズィーノ(1503年 - 1572年)は、マニエリスム期のイタリア・フィレンツェの画家。ブロンズィーノという愛称は、恐らく彼の髪の色であった「青銅」色を意味するイタリア語“ブロンゾ”に由来する。メディチ家のフィレンツェ公コジモ1世の宮廷画家として活躍する。「愛の勝利の寓意」に代表される画風は、極めて知的・技巧的で洗練された美しさに満ちている。
    愛の勝利の寓意 1545 ロンドン、ナショナル・ギャラリー
    「愛の勝利の寓意」 アーニョロ・ブロンズィーノ 1545 ロンドン、ナショナル・ギャラリー
    アレゴリーというのは抽象的な事柄を判りやすい具体的な事物に置き換えて示すこと。イソップの寓話ともいう。
    アーニョロ・ブロンズィーノ(1503年 - 1572年)は、マニエリスム期のイタリア・フィレンツェの画家。ブロンズィーノという愛称は、恐らく彼の髪の色であった「青銅」色を意味するイタリア語“ブロンゾ”に由来する。メディチ家のフィレンツェ公コジモ1世の宮廷画家として活躍する。「愛の勝利の寓意」に代表される画風は、極めて知的・技巧的で洗練された美しさに満ちている。また、肖像画にも多数の優れた作品を残している。

    1760年頃 豊なトスカーナの別荘用にとの 貴族の注文により ボッティチエリの 「 春 」 を思わす この銘作が 出来ました。

    RG プリマベーラ 絵
    ボッティチエリの 『春(プリマヴェーラ)』
    『春(プリマヴェーラ)』 画面中央には、ほかの人物たちから孤立しているような印象を与える女性(女神ヴィーナス)が描かれている。赤色のガウンと青色のドレスを身にまとったこの女性は、鑑賞者の視線をまっすぐに見つめ返している。女性の背後の木々はアーチ状に表現され、鑑賞者の視線を中央に集める役割を果たしている。周囲の風景は極めて精緻に表現されており、500種類以上の植物と190種類ほどの様々な花が描かれている。さらに描かれている190種類の花々のうち少なくとも130種類については、実在するどの花なのかを特定できると言われている。描かれている人物像について様々な説が唱えられてきたが「精妙な神話世界に肥沃や多産の寓意が込められている」という解釈が主流となっている。エレーナ・カプレッティは2002年の著書「ボッティチェッリ」で、現在の主流となっている『プリマヴェーラ』の解釈を次のように要約している。
    この作品を鑑賞する流れは向かって右から左である。(春を告げる西風の神)ゼピュロスが3月の冷気を吹き飛ばし、ニンフのクローリスを拉致して自分のものにしようとしている。後に彼(ゼピュロス)と結婚した彼女(クローリス)は神の地位へと引き上げられ、春の女神となってバラの花を大地へと撒き散らしているのである。この場面はオウィディウスの『祭暦』を下敷きとしている。

    『ヴィーナスの誕生』
    古典的な女神ヴィーナスは、水より出現して貝殻のうえに立ち、霊的情熱の象徴であるゼピュロス(西風)に乗って、岸へと吹き寄せられている。季節の女神であるホーラたちの一人が、花で覆われた外套を女神へと差し出している。ヴィーナスのポーズは、当時発見された『恥じらいのヴィーナス』タイプの古代彫刻から得たものである。
    『ヴィーナスの誕生』 サンドロボッティチェッリ 1483年頃 ウフィッツィ美術館
    『ヴィーナスの誕生』 サンドロボッティチェッリ 1483年頃 ウフィッツィ美術館
    サンドロ・ボッティチェッリ(1445年 - 1510年)は、兄が太っていたことから付いた「小さな樽」という意味のあだ名である。
    初期ルネサンスで最も業績を残したフィレンツェ派の代表的画家。フィリッポ・リッピの元で学び、メディチ家の保護を受け、宗教画、神話画などの傑作を残した。1492年、メディチ家当主ロレンツォ・デ・メディチの死後、ドメニコ会の修道士サヴォナローラがフィレンツェの腐敗を批判し、市政への影響力を強めた。そのためボッティチェッリも神秘主義的な宗教画を描くようになる。

    『春(プリマヴェーラ)』の全体的な画面構成は、当時人気があったフランドルのタペストリーによく似ている。

    フランドル2
    16世紀頃のフランス製と推測されるタピストリー

    メインには 珍しいカボチャです。

    伊名 インペロペルージャ

    ドッチア窯の 金ロゴ(ジノリの 誇りの金印)
    リチャードジノリ代表高級認知品

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花
    (ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

    本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。

    類稀な 美貌と知性の女性は 鄙に生まれながら 自らの運命に従い 皇帝の妃に。
    生まれながら 王家の姫は 運命られし縁に 時の王妃へと。

    「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」 コチラをクリック してください。

    イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
    次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。

    ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」

    当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
    1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
    特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。

  • リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロ20cmプレート 30%Off
    リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロ20cmプレート 30%Off
    13,608円

    本体価格: ¥18.000

    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。

    伊名 ペルージャ

    ドッチア窯の 金ロゴ(ジノリの 誇りの金印)

    リチャードジノリ代表高級認知品

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)


     1760年頃 豊なトスカーナの別荘用にとの 貴族の注文により ボッティチエリの 「 春 」 を思わす この銘作が出来ました。

     本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 

    お店で イタリアンフルーツを 見たお客さんが 言われます。
    美しいですね。

    私は お答えします。
    コレは 二代目 ジノリ侯のお眼にかない 貴族趣味の姫妃たちに 愛用され 二百数十年生き続けた 美術品です。コレを 美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 侯や 姫妃のお眼眼と 一体です。

  • リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロ16cmプレート 30%Off
    リチャードジノリ・イタリアンフルーツ インペロ16cmプレート 30%Off
    9,828円

    本体価格: ¥13.000

    写真をクリックすれば ドッチア窯の金ロゴ が見られます。

    伊名 ペルージャ

    ドッチア窯の 金ロゴ(ジノリの 誇りの金印)

    リチャードジノリ代表高級認知品

    インペロシェープ
    ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)


     1760年頃 豊なトスカーナの別荘用にとの 貴族の注文により ボッティチエリの 「 春 」 を思わす この銘作が出来ました。

     本金は 古色が付いています。
    風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。 

    お店で イタリアンフルーツを 見たお客さんが 言われます。
    美しいですね。

    私は お答えします。
    コレは 二代目 ジノリ侯のお眼にかない 貴族趣味の姫妃たちに 愛用され 二百数十年生き続けた 美術品です。コレを 美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 侯や 姫妃のお眼眼と 一体です。

1

(カテゴリー内:13点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索