カテゴリー

全件表示 (5109) 福袋 (6) 新入荷商品 (146) 祝敬老の日フェア (103) 祝体育の日フェア (83) アウガルテン (89) アビランド (396) アラビア (5) ウェッジウッド (1104) エインズレイ (50) エルメス (147) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (25) スポード/ダッチェス (27) スワロフスキー (88) バカラ (248) ビレロイボッホ (10) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (60) ブルガリ・ローゼンタール (36) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (429) ボヘミア (65) ホヤ (17) マイセン (488) ミントン (41) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (856) その他 (1) 赤にわとり/ オロディドッチア (7) アクアレール / ストレッサー (9) イントラ/ ジオカルティン/ ジュエリー/ デルフィー (9) アガサブルーフラワー (29) アマデウスジャーダー&ブルー (27) アマデウス・トリオンフォ・イタリアーノ (12) アマデウスの唄 ジャーダー (18) アマデウスの唄 トラメ (16) アマデウスの唄 ブルー (21) アラゴスタ/ フィッシュデコー (13) アンティックローズ (8) アンティコ・エデン/ チェリー/ ミレーラ (14) イタリアンシーン(フィレンツェ) (14) イタリアンフルーツ (31) インペロフルーツ (13) ベッキオフルーツ(ペルージャ)/ ヴァル・ド・オルチャ (13) イヤー/ ナタールプレート (1) インペロカメリア (15) インペロジュリエッタ (18) インペロスカラ (8) インペロダイヤモンド (3) インペロミストラル (16) インペロメッシュ(ポルトフィノ) (5) インペロイェロー (12) インペログリーン (12) インペロブラック (21) インペロブルー (9) インペロロッソ (12) インペロ色々 (20) エルバ/ カプリ (7) オリエントエクスプレス (7) ガーデンローズ (4) カポデモンテ (7) カラーコレクション (2) グランデューカ (12) クリッパー (16) サボイア家 森の果実 (1) サンタマルガリータ/ 手作りの花 (2) ジオポンティ・ファンティニ・フィグレ・ムーゼ (3) ジャルディーノブルー (6) ジュビレオコレクション (21) シリウス座/ ヌヴォラアイリス (16) ヅッカ/ ボルドオロ (2) トスカーナ (16) パールブルー (2) ピノキオ (2) ピンク・ブルーのチューリップ/ りんごの花 (11) ファルダ / インテリアデザイン (6) ファルファッレフィオリータ (2) プリマヴェーラ (5) プリンセスローズ (11) ベッキオ・グレース (1) ベッキオ・ジェンマ(翡翠) (21) ベッキオ・フィオーリ(レバント)/ヴェルディ (10) ベッキオ・ホワイト (89) ベネチアンローズ (7) ボルドーブルー (10) ホワイトアイリス (2) ホワイト・アンティコ/ デダロ/ ヴェラ/ ラゴ (4) ボンジョルノストロベリー (3) ボンショルノチェリー (15) ボンジョルノプルーン (10) マルコポーロ・ブルー/ レッド (4) ミュージオ・クラシコ (16) ミュージオ・パストラーレ/ フィオッコ (14) ミュージオ・ドッチア/ ローマ (2) ミュラレス(壁画)  (1) メダイオン (20) ラベロ (36) ローズブルー (15) ロイヤルブルー (2) ロゼリーニ (6) リヤドロ (55) レイノー (5) ローゼンタール (5) ロイヤルアルバート (61) ロイヤルウースター (28) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (436) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

リチャードジノリ 【アマデウスの唄 トラメ】 キャンドル H21cm 30%Off

本体価格: ¥200.000


小さい写真をクリックすると 拡大します。

   

キャンドル 女2
キャンドル 女

お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。 

18年前 ヨーロッパ最大のドイツの リチャードジノリ代理店が代理店契約終了に当たり 在庫の処理を巡り リチャードジノリ社とトラブっておりましたので アインが 40フィートコンテナ2本分の在庫を引き受けました。超一流店として アインに足らざるブランド洋食器300年の歴史と伝統を買いました。
以来 グッチジノリになるまで フィレンツェ本店から直接仕入れしておりました。中間業者のマージンのいらないのもお安く売れる秘密の一つでした。

主だったお店を調べました 日本未入荷らしく お熟成アインにしかありません。今や リチャードジノリの中興の祖と評価されるジオ・ポンティ氏とクラウディオ・ラ・ヴィオラ女史共作のこの作品は ドッチアミュージアムにでも出向かねば 出会えぬ名作です。ヨーロッパのジオ・ポンティ特集カタログ必携の 人気作品ですが バター臭くて日本風土に不向き手なのか でも今の洋風日本では受けると思いませんか ?
それでは何処にもない新品がお熟成アインには何故あるのでしょう ?  それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告に金をかけたり ポイントで釣ったたりして上手にお高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今ではこの手の込んだ手工芸品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

虎目石(タイガーズアイ)とは、金褐色に黒いスジのような縞模様シャトヤンシー効果(きらびやかな輝き)を持つ宝石である。宝石の中では比較的廉価で、半貴石に分類されるため、天然石として扱われる場合もある。産地は南アフリカ共和国、ナミビア、西オーストラリアなどである。
虎目石タイガー 
虎目石タイガー 
石英化途中のアスベスト。タイガーズアイは、角閃石の一種であるクロシドライト(青石綿)に石英が染み込んで硬化した混合石である。青石綿に含まれる鉄分が酸化して、独特の色と縞模様を形作っている。青石綿には危険性が指摘されているが、虎目石に含まれるものは、極度に風化するか、もしくは完全に石英化していない個体などでない限り、そのままの状態では飛散しない。社団法人日本ジュエリー協会技術部会は、「わざわざ微粉砕しなければ心配ありません」「しかし、原石取り扱い業や研磨業の方は今後も注意を払うことが必要」としている。
石言葉は「浄化」。古代ローマ人は、吉運を招くとしてこの石で護符を作ったとされる。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756年 - 1791年)はオーストリアの作曲家、演奏家。古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。
『後宮からの誘拐』K.384は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1782年に作曲した三幕からなるドイツ語オペラである。
クリストフ・フリードリヒ・ブレッツナーが前年に発表した戯曲「ベルモンテとコンスタンツェ」を、ゴットリープ・シュテファニーが改作したものによる(ただし、シュテファニーはブレッツナーに無断で改作して曲を付けさせたため、ブレッツナーから激しく抗議された)。オペラの筋は、主人公ベルモンテが召使ペドリッロの助けを借りながら、恋人のコンスタンツェをトルコ人の太守セリムの後宮(ハレム)から救い出すというもの。
モーツァルト五大オペラ 『後宮からの誘拐』、『フィガロの結婚』、『ドン・ジョヴァンニ』、『コジ・ファン・トゥッテ』、『魔笛』のひとつとして高い人気を誇る。中ではもっとも若い時期の作であり、溌剌としたリズムと親しみやすいメロディにあふれ、標準的な台詞をふくめた上演時間もやや短めである。
オーストリア皇帝ヨーゼフ2世の依頼により作曲された。1781年7月30日にステファニーから台本を受け取ったのちに作曲を開始した。同年9月にウィーンを訪問するロシアの大公の歓迎式典で演奏される予定だったが、大公の訪問が11月に延期されたうえ別の曲が使われることになったため、モーツァルトは曲の構成を練り直して翌1782年5月19日に完成。そして7月16日、ウィーンのブルク劇場で初演された。モーツァルトは前年に故郷のザルツブルクからウィーンに移住したばかりであったが、初演の成功によりウィーンでの名声を確立した。このオペラは、ブルク劇場でドイツ語オペラを成功させるという、皇帝の長年の望みを果たすものであった。それ以前にこの劇場で成功したドイツ語オペラは、外国語作品の模倣や翻訳によるものだけだったのである。
このオペラは、ジングシュピールと呼ばれるジャンルに属する。劇はセリフによって進行し、レチタティーヴォを欠いている。気楽な娯楽作品であり、モーツァルトの後期のオペラのような深い人物造形や深刻な側面はない。「エキゾチックな」トルコ文化の流行を反映しているのが特徴である。
『後宮からの誘拐』
『後宮からの誘拐』
コンスタンツェとセリム太守 絵画
第1幕
ベルモンテは婚約者コンスタンツェを探している。コンスタンツェはイギリス人の女中ブロンデとともに海賊の手に落ち、太守セリムに売られたのだった。太守の家来オスミンが庭にイチジクを摘みにやってくるが、ベルモンテのあいさつを無視する。ベルモンテは召使ペドリッロの情報を聞き出そうとする。オスミンは怒り出す。ベルモンテはペドリッロと再会し、コンスタンツェを誘拐することにする。イェニチェリ(オスマン帝国常備歩兵軍団)の合唱に伴われて、セリムがコンスタンツェと登場する。コンスタンツェはセリムの求愛を拒む。ペドリッロの勧めによって、セリムはベルモンテをイタリアの建築家として雇う。しかし、オスミンはベルモンテを王宮に入れようとしない。
第2幕
ブロンデはオスミンの荒っぽい求愛を拒絶する。コンスタンツェは悲嘆に暮れながらブロンデを迎える。セリムは暴力を使うと脅すが、コンスタンツェは苦痛も死も恐れないと答える。ペドリッロは恋人のブロンデに会い、ベルモンテが来て逃亡の用意をしていることを伝える。ブロンデは大喜びする。ペドリッロはオスミンを誘って酒を飲ませ、眠らせようとする。この作戦は成功し、ベルモンテはコンスタンツェと再会する。ベルモンテとペドリッロは、コンスタンツェとブロンデの貞節を疑うが、誤解が解けて和解する。
第3幕
ベルモンテとペドリッロがはしごを持って庭にやってくる。ベルモンテはコンスタンツェを連れ出すことに成功するが、ペドリッロがブロンデと逃げ出そうとするときにオスミンに捕まる。ベルモンテとコンスタンツェも衛兵に連行される。セリムはベルモンテが仇敵の息子であると知り、死刑を命令しようとする。しかし、セリムは二人の悲嘆を聞いて改心し、全員を釈放する。残忍な処刑を楽しみにしていたオスミンはろうばいする。
後宮からの誘拐

アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

アマデウスシェープ アール・デコ様式

ミュージオ・ドッチア
ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
ジオ・ポンティ原型 
建築家としても知られた アート・ディレクターの 
ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名

RG アマデウストラーメ キャンドルスタンド 6604 (2)
声楽家 クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金サイン・バックロゴ
ギリシャ神話や アマデウス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。 
手描きを思わせますが 価格からみて 精巧な 手塗 銅板転写 ハンドトランスファー 手描き金彩でしょう。
重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。
アマデウス三部作は 二昔前 ジオ・ポンティ氏 クラウディオ・ラ・ヴィオラ女史 の両巨匠を前面に 小冊子にもなり 鳴り物入りで喧伝された ジノリ渾身の自信作です。欲しかったんですねー。今は無きワーネッケンさんのおかげです。 

本金は 古色が付きます。
風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。

お店で アマデウスの唄・トラメを 見たお客さんが 言われます。
美しいですね。

私は お答えします。
 コレはよく お部屋の飾りとして 買われます。
ジノリ 中興の祖 ジオ・ポンティ造型に ヴィオラさん原画の 手工芸・美術品です。
それにしても 二人の巨匠による この逸品を 
美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 両巨匠のお眼眼と 一体です。         

雄雄しく 歴史に名を連ねた 覇者達 彼らが 歴史の頂点を 極めた時 王者に相応しい 王者の尊厳に そむかぬものを求めて 白い黄金にたどり着く。

「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」 コチラをクリック してください。

イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでもカオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。
次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は 帝立ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。

ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国フェルディナンド1世治世下のナポリ窯 (カポデモンテ)を 1834年ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印 Ginori を施したものは 正当です。ただここからが問題ですが ジノリは ナポリを訪れる観光客への 街道沿いのお土産屋からの注文依頼で モニュメント的なオブジェ,ベースや キャンドルスタンド等のモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginori の施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる中国製の清水焼?に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテ窯の継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」

当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年頃からリモージュのカオリンを 用いる事で完璧な白磁を完成させております。
1869年には リチャード社を合併して 今のリチャードジノリ社になりました。(とジノリ社史はいいますが 真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)
特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して新しい芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。

 

151,200円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索