カテゴリー

全件表示 (5067) 福袋 (16) 新入荷商品 (110) 祝母の日フェア (56) 祝父の日フェア (120) アウガルテン (89) アビランド (395) アラビア (5) ウェッジウッド (1083) エインズレイ (50) エルメス (146) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (25) スポード/ダッチェス (27) スワロフスキー (87) バカラ (243) ビレロイボッホ (10) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (59) ブルガリ・ローゼンタール (35) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (21) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (433) ボヘミア (65) ホヤ (17) マイセン (484) 赤葡萄・白葡萄/ その他 (1) 青い花 (15) アフロディテ (6) アラビアンナイト千夜一夜 (8) アルペンフローラ/ フローラ (14) イヤーズプレート (22) 1996年復刻イヤープレート (8) 記念/ メモリアル・プレート (8) イェロー・オレンジローズ・バラと忘れな草 (2) インドの花・各色 柿右衛門写し (13) ヴァインリーフ/ 柊南天染付ゴールド (2) X / B・フォーム (13) 花鳥虎文・402110  (1) 果物模様/ 花と果実/ フルーツと花 (8) 御所車花模様 (6) シノワズリ緑龍/ ミング(明代)ドラゴン (4) 写実的な花/ ドイツの花 (3) シャドウフラワー/ 柊南天金彩 (8) ジャポネズリ・ストローフラワー (4) 祝祭舞踏会/ マルガリータ (2) 松竹梅柴垣鳥文・455110  (1) 松竹梅虎文・401110  (1) スキャタードフラワー(散らし小花) (4) スワンサービス/ ワトーグリーン (4) そよ風/ ベゴニア/ 森の声 (8) 太湖石に花鳥文・341110 (1) 中国蝶文・393110  (1) 東洋の伝説動物・571310  鳥と小蝶/ マイセンバード (7) 波の戯れホワイト (15) 花と蝶/ リアルな花と蝶 (5) 昼顔/ ローゼンブーケ (5) 二つ花 (39) プラチナコバルト (4) ブルーオーキッド (19) ブルーオニオン (44) ホワイトレリーフ (6) マイセンのバラ (2) 真夏の夜の夢 (16) 三つ・四つ・五つ・六つ 花 (10) 水辺の動物・花 (7) 緑の花束 (6) メロディードラゴン (8) (様式的な花)ドイツブルメン (7) 龍と鳳凰文 (6) 和風花鳥文金彩・465110  (1) マイセンVIP/ロゴ (10) マイセン特撰・限定洋食器 (23) マイセン特撰限定ベース (20) マイセン特撰限定オブジェ・キャンドルスタンド (11) マイセン磁板画 (19) マイセン人形 (26) ミントン (41) メニュー(デンマーク) (8) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (843) リヤドロ (55) レイノー (5) ローゼンタール (5) ロイヤルアルバート (56) ロイヤルウースター (28) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (433) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

マイセン 【マイセンロゴ ブランド箱】 歴代ロゴゴブレット 150cc 7代. 3%Off

  • ブランド箱

    ブランド箱

本体価格: ¥210.000


小さい写真をクリックすると 拡大します。

                    

お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

主だったお店を調べましたが  マイセンファン必携の歴代ロゴゴブレットを持っているお店はお熟成アインだけのようです。 したがって お熟成アインが一番お安くなります。何故 お熟成アインはお安いのでしょうか ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告に金をかけ ポイントで釣ったりして上手にお高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で お熟成アインが一番お安くなりました。お熟成アインの真骨頂 ! !

ピカピカの 新品です。
現品 即納

マイセンで お水も飲むかや 大甘露

778809・55464 歴代ロゴゴブレット 150cc 7代

ロゴの歴史的変遷
1722年 シュタインブリュツク(ベトガーに次ぐ2代目工場長 ベトガーの妹婿でもあります)双剣(アウグスト強襲王紋章)を 贋作防止の為 マイセンロゴ(染付)に採用。その後も 贋作絶えず 工場責任者の新任(1774・マルコリニー伯の星,1924・ファイファーの点)や 転機(1763・7年戦争終敗戦,1815・ナポレオン戦争,1934・ナチス台頭、1972・250周年)などの 機会あるごとに 双剣に変化をもたせて 贋作対策としました。
又一方で 双剣ロゴを 専門に絵付けする人シュベルターに 慣れからか 乱雑なものが現れたために 変化する必要があったのです。
マイセンの誇り 双剣を カップに!

MS 歴代ロゴ ゴブレット 55464 ブルーライン 1722
1722年アウグスト強襲王紋章双剣を マイセンロゴ(染付)に採用                      
MS 歴代ロゴ ゴブレット 55464 ブルーライン 1763
1763・7年戦争終敗戦 7年戦争で フリードリヒ大王に 完膚なきまで 打ちのめされたマイセンですが 1763年 フベルトゥスブルク和約により 敗戦終結するや 主(アウグスト強襲王)無きマイセンは ケンドラーたちの 燃える職人魂で あらゆる困難を克服し 栄光に向かって 再起するのでした。再起するに当たり 双剣の間に 心を点じたロゴに一新しました。
MS 歴代ロゴ ゴブレット 55464 ブルーライン 1774
1774・マルコリニー伯の星 ジャスパーウェアーの猛威に 苦境に陥った マイセンを復興すべく マルコリーニ伯が登用されるのですが ナポレオンの戦火拡大による 欧州の疲弊は覆いがたく マイセンも開店休業状態にまで追い込まれ 1813年 失意のうちに 伯爵はマイセンを辞しました。 
MS 歴代ロゴ ゴブレット 55464 ブルーライン 1815
1815・ナポレオン戦争終結 第七次対仏大同盟 ワーテルローの戦いにてナポレオン軍壊滅
MS 歴代ロゴ ゴブレット 55464 ブルーライン 1924
1924・ファイファーの点 第1次世界大戦末期 ドイツ革命により ザクセン王国 1918年 瓦解。マイセンは 国立窯となり ファイファーの指導の下 製品の均質化と 双剣ロゴの乱れを正し1924年より 双剣の峯の間に点を加えた。 それはファイファーの点と呼ばれ ナチスの台頭してくるまでの 10年間ほど 正式なマイセンロゴと されておりました。 
MS 歴代ロゴ ゴブレット 55464 ブルーライン 1934
1934・ナチス台頭 ユダヤの方 思い入れのロゴ
MS 歴代ロゴ ゴブレット 55464 ブルーライン 1972
1972・双剣ロゴ採用250周年を機に ナチス台頭のロゴから

MS ロゴ タンブラー
他店 数店で見ますが マイセンの風格はいずこへやら・・・・・




錬金術師-2
ベトガーは今度は アウグスト王からの逃亡を 企てました。又も 失敗するのですが 王宮の科学者達は ベトガーの非凡さを言い立て 王の処刑を免れさせました。その後も ベトガーの研究は 続くのですが 秘法は成就しませんでした。王は 3年以上だまされ続けた 今 己の威信にかけて 決断を迫られる時に有りました。
投資の失敗の不名誉から王を 又 詐術師の処刑からベトガーを 救ったのが 宮廷科学顧問官 チルンハウスでした。 彼は いくつかの科学的成果を 国に及ぼし 実績を上げ 為に王の信任厚く 1694年 王より 東洋の美しい白磁の 秘法発見を 下命されておりました。 彼は 研究半ばにして 年老いてしまった自分の後を 天才ベトガーに托したいと 王に申し出ました。王は 渡りに船と ベトガーに 白磁焼成の後継を 認めました。 1705年9月 ベトガーは ご存知 アルブレヒト城に 移されました。
アルブレヒト城(マイセン)
アルブレヒト城
                          
「欧州磁器戦争史  錬金術師 2」 詳しくは コチラをクリック してください。

磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1~2世紀に 端を発します。
古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。それまでにも アラブの玄関口であるイタリアには シルクロード経由で 先に入手していた アラブの王様から 自分の威光を 誇る 贈り物として 入ってきておりましたが 東洋からのものと 判明したのは マルコポーロによります。この時 彼は 完品は高すぎて手が出ず 破片を 持ち来ったそうです。 ヨーロッパにおける 磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが 曇ったガラス球に終わりました。同じ16世紀に フィレンツェ大公(富豪メディチ家)は 砂 ガラス水晶粉を 粘土と混ぜた見事な焼き物(軟質磁器)に成功するのですが やはり 東洋の秘法による白い黄金には とても及びませんでした。その後も 欧州各地で 白い黄金の焼成が 試みられますが 総て 陶工達によるものでした。 磁器のガラス質に 惑わされた彼らの せいぜい成功らしきものでも 随分 白い黄金には 見劣りのする 軟質磁器(ヴァンサンヌに続く セーヴルでも フリット軟質磁器)どまりでした。一方  本家中国の景徳鎮で 14世紀には 磁器最後の姿 染付の完成を見ます。東洋では 千数百年の長きにわたる 多くの職人達の 勘と経験を 積み重ねた 結晶の賜物として 花開きました。片や西洋では 憧れの白磁を 科学的に分析することで 錬金術師(中世における 科学者の呼称)ベトガーは わずか3~5年で 1710年に完成させました。ザクセン王国 宮廷科学顧問官 チルンハウス(彼とて 多くの陶工と変わらず 磁器のガラス質に惑わされ 軟質磁器の研究に 堕しておりました。化学的変成にこだわり 分析と 実験の王道により 白磁を極めたベトガーは やはり非凡の天才でした。)の 白磁研究の基礎に 助けられたとはいえ 西洋科学分析手法の 優越性は ベトガーへの個人的資質の賞賛のみにとどまらず 明治維新の日本でも 優れた西洋科学として 競って受け入れられました。今や 日本をはじめ 東洋は 西洋を 凌駕せんばかりの 勢いです。
少し理屈っぽくなりましたが 磁器をめぐり 東洋と西洋の違いを 言ってみたかったのです。

161,700円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索