• ホーム
  • >全件表示
  • >ホヤ
  • >ホヤ 【クリスタル・クリスマス】 スイング・サンタクロース  W12cm 20%OFF

ホヤ 【クリスタル・クリスマス】 スイング・サンタクロース  W12cm 20%OFF

本体価格: ¥10.000

小さい写真を クリックすると拡大します。


サンタクロースは、クリスマスの前の夜に良い子のもとへプレゼントを持って訪れるとされている伝説の人物。
イギリスではファザークリスマスと言い、緑色の(近年は赤が主流)の服を着ている。
オランダではクリスマスが1シーズンに2回あり、プレゼントがもらえるのは12月6日の「聖ニコラスの日」の前日と、25日のクリスマスである。
イタリアではクリスマスが1月6日まで続き、5日に魔女が来て、良い子にお菓子を、悪い子に石炭をくれるという伝説がある。
ドイツでは、悪い子は「悪い子に罰する黒いサンタ(クネヒト・ループレヒト)」に攫われるという言い伝えがある。しかし現在では、ドイツの子供たちは「クリスマス男」と「クリストキント」(クリスマス子)とのどちらかを信じているといわれており、どちらが持ってくるかで学校では論争があるという。
<a href="http://blog-imgs-86.fc2.com/e/i/n/einsshop/20151212135816cbb.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-86.fc2.com/e/i/n/einsshop/20151212135816cbb.jpg" alt="クネヒト" border="0" width="200" height="271" /></a> ここをクリックすると 写真がでます。           左はクネヒト・ループレヒト

<a href="http://blog-imgs-86.fc2.com/e/i/n/einsshop/Ded_Moroz.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-86.fc2.com/e/i/n/einsshop/Ded_Moroz.jpg" alt="Ded_Moroz.jpg" border="0" width="200" height="225" /></a> ここをクリックすると 写真がでます。
ジェド・マロース
ロシアではマロースおじさんが孫娘のスニェグーラチカを連れて、プレゼントを配るという風習がある。
継母に虐げられる娘がいた。継母は連れ子を溺愛するあまり娘を家から冬の野に追い出してしまった。悲嘆する娘の前にジェド・マロースが現れ冷たい風を吹き付ける。ジェド・マロースは娘に「暖かいか」と問い、娘は「暖かい」と答える。問答を何度か続けた後ジェド・マロースは毛布や食料を与えた上で娘を生かす。生還した娘を見て継母は連れ子にも同じ幸運を受けさせるべく連れ子を外に放つ。先と同様ジェド・マロースが現れるが、性格の悪い連れ子は「寒い」と一点張り。連れ子は凍死する。
南半球に位置するオーストラリアでは、夏のクリスマスにサンタクロースが来る。
煙突から入ることになったのは1822年にアメリカの学者ムーアがフィンランドの言い伝え 「聖ニクラウスの訪(おとな)い」という詩「キラ星のなか、屋根から降るのは/小さい蹄の立てる爪音/引っこめ振り向いて見ると/聖なるニコラウス 煙突からどすん」を書いたからと考えられる
日本では親しみを込めて「サンタさん」
<a href="http://blog-imgs-86.fc2.com/e/i/n/einsshop/20151212135819b1d.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-86.fc2.com/e/i/n/einsshop/20151212135819b1d.jpg" alt="サンタ" border="0" width="200" height="160" /></a> ここをクリックすると 写真がでます。

<a href="http://blog-imgs-86.fc2.com/e/i/n/einsshop/2015121213582195d.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-86.fc2.com/e/i/n/einsshop/2015121213582195d.jpg" alt="ニコライ" border="0" width="200" height="221" /></a> ここをクリックすると 写真がでます。
『ミラの聖ニコライ、無実の三人を死刑から救う』(画:イリヤ・レーピン。主教の祭服姿)
4世紀頃の東ローマ帝国・小アジアのミラの主教、教父聖ニコラオスの伝説が起源である。
「ある日ニコラウスは、貧しさのあまり、三人の娘を嫁がせることになる家の存在を知った。ニコラウスは真夜中にその家を訪れ、金貨を投げ入れる。このとき暖炉には靴下が下げられていたため、金貨は靴下の中に入っていたという。この金貨のおかげで娘の身売りを避けられた」という逸話が残されている。この逸話が由来となり、「夜中に家に入って、靴下の中にプレゼントを入れる」という、今日におけるサンタクロースの伝承が生まれている。また、ニコラウスの遺骸はイタリア南部の都市であるバーリに移されたとも言われている。又 無実の罪に問われた死刑囚を救った聖伝も伝えられている。


ブランド黒箱入り


軽く触れると 揺れます。
 

ホヤ美術クリスタル(高級日本製 通電溶融による 高透明度 無条理の 軟質クリスタル)


(ライトガラスではありません。
アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに 白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を 受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな
重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)


 


8,640円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索