• ホーム
  • >全件表示
  • >ホヤ
  • >ホヤ 【クリスタル・クリスマス】 スイング・サンタクロース  W12cm 30%Off

ホヤ 【クリスタル・クリスマス】 スイング・サンタクロース  W12cm 30%Off

本体価格: ¥10.000

小さい写真を クリックすると拡大します。


通常20%Off クリスマスフェア (本日~12/25)  30%Off

HOYA 2300 月と地球箱
ブランド黒箱

主だったお店を調べましたが サンタさんをもっているお店は ありません。従ってお熟成アインが一番お安くなります。
それではアインは 何故 お安いのでしょう ?  それは 売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告に金をかけたり ポイントで釣ったりして上手にお高く売られます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。だからいつの間にか 一番お安くなるのです。お熟成アインの真骨頂 ! !

お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

誰もが一度はお父さんやお母さんに聞いたことがある質問。
サンタさん
「サンタさんは本当にいるの?」
今から約120年前のニューヨークに住んでいたバージニアという女の子も、そんな子供のひとりでした。
ある日学校で友達に「サンタさんなんていないんだよ」と聞いたバージニアちゃんは、お父さんに尋ねてみました。すると「ザ・サン(新聞社)にそう書くのなら、そうなんだろうね」と、お父さん。それを聞いたバージニアちゃんはさっそく「サンタさんはいるのですか? 本当のことを教えてください」と、新聞社に手紙を書きました。
この手紙に返事を書いたのが、新聞記者であったフランシス・チャーチ。
ザ・サン紙の社説として1897年9月21日に掲載されたバージニアちゃんへの返事は、人々の心を打つ感動作として120年近く経った今でも世界中で語り継がれています。

「サンタさんがいないんだって?! サンタさんがいない世界はバージニアみたいな子がいない、さみしい世界。人生を楽しいものにしてくれる、何かを信じる純粋な心、風流を解する心、人を愛する心がなくなった世界のようなものなんだ。」
「そう、バージニア。愛や寛容、深い思いやりの心があるように、サンタさんは確かにいる。それは人生を最高に美しく、喜びに満ちたものにしてくれるんだ。」
「この世の中は目に見えないものや、自分たちが理解できないものは信じないという人が多い」
「サンタさんを見た人がいなくても、サンタさんがいないというわけではないんだよ。この世界の真実の中の真実は、大人にも子供にも見えないんだ。」
「目に見えない世界を覆うベールは、世界中の強い強い男たちが束になってかかったって引き裂けやしない。何かを信じる心、風流を解する心、誰かを愛する気持ち、ロマンスだけがそのカーテンを開き、その向こう側にある、この世のものとは思えない素晴らしく美しい世界を見せてくれるんだ。」
「サンタさんはずっとずっと、永遠に生きるんだ。千年経っても、いや、十万年経っても、サンタさんは子供達の心を喜ばせ続けてくれるんだよ。」

南のサンタさん
サンタさん夏
4世紀頃の東ローマ帝国・小アジアのミラの司教、教父聖ニコラオスの伝説が起源である。
司祭であった時には、かつて豪商であったが財産を失い貧しくなったために娘を売春させなければならないところであった商人の家に、夜中に窓(あるいは煙突とも)から密かに2度、多額の金を投げ入れた。このとき暖炉には靴下が下げられていており、金貨はその靴下の中に入ったという。このため持参金も用意して娘達は正式な結婚を行なうことができた。父親は大変喜び、誰が金を投げ入れたのかを知ろうとして見張った。すると3度目に金を投げ入れているニコラオスを見つけたので、父親は足下にひれ伏して涙を流して感謝した。という逸話が残されている。この逸話が由来となり、「夜中に家に入って、靴下の中にプレゼントを入れる」という、今日におけるサンタクロースの伝承が生まれている。
三人の娘が居る貧しい家に金を投げ入れるニコラオス(画:ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ)
ニコラオス
『ミラの聖ニコライ、無実の三人を死刑から救う』(画:イリヤ・レーピン)
ニコラオス大主教の不在の隙に、悪漢に与したミラの市長によって三人の善良な市民が処刑されそうになっており、なんとか大主教に助けて欲しいという知らせがあった。人々はこのような不法な審判が行われる筈は無いと信じていた。ニコラオスは直ちに三人の将軍とともに急いでミラに帰った。そしてまさに処刑が行われるところであった刑場に赴き、処刑人から剣を奪い、冤罪の市民の縄を解いた。彼等はニコラオスの足下にひれ伏して泣いて喜んだ。
また、ニコラウスの遺骸はイタリア南部の都市であるバーリに移されたとも言われている。

煙突から入ることになったのは1822年にアメリカの学者クレメント・クラーク・ムーアがフィンランドの言い伝えを伝承した「聖ニクラウスの訪い」という詩「キラ星のなか、屋根から降るのは/小さい蹄の立てる爪音/引っこめ振り向いて見ると/聖なるニコラウス煙突からどすん」を書いたからと考えられる。
また、ニコラオスは学問の守護聖人として崇められており、アリウス異端と戦った偉大な教父でもあった。教会では聖人として列聖されているため、「聖ニコラオス」という呼称が使われる。これをオランダ語にすると「シンタクラース」である。オランダでは14世紀頃から聖ニコラウスの命日の12月6日を「シンタクラース祭」として祝う慣習があった。その後、17世紀アメリカに植民したオランダ人が「サンタクロース」と伝え、サンタクロースの語源になったようだ。
正教会系の国では、サンタクロースは厳密に「奇蹟者」の称号をもつ聖人たる聖聖ニコライであり、聖ニコラオスの祭日は12月6日である。子供たちがこの日に枕元に靴下を吊るしておくと、翌朝に入っているのはお菓子である。尚、クリスマスである12月25日は聖体礼儀に行く日で、プレゼントはない。
 
軽く触れると 揺れます。
 
ホヤ美術クリスタル(高級日本製 通電溶融による 高透明度 無条理の 軟質クリスタル)

(ライトガラスではありません。
アメリカ進駐軍が 日本に駐留した時 日本政府に 自分達用の グラスを作れと 要求しました。戦時中 潜水艦の潜望鏡レンズを得意とした 技術の高い ホヤに 白羽の矢が立ちました。戦後 旧軍需産業は 進駐軍から 厳しい統制を 受けておりました。ホヤは 進駐軍のご機嫌伺いに バカラに負けない 高級レッドクリスタルグラスを 試験納品しました。進駐軍の言うには こんな
重たいのは 土方のグラスだと。ホヤは 何だ 通電溶融による ガラスコップでよいのかと 安く量産して 面目を保ったそうです。)

7,560円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索