• ホーム
  • >全件表示
  • >サルビアティ
  • >サルビアティ・ヴェネチアン  【カスピオ】 キャビアクーラー・貝スプーン付  アクアマリン φ17cm 30%Off

サルビアティ・ヴェネチアン  【カスピオ】 キャビアクーラー・貝スプーン付  アクアマリン φ17cm 30%Off

本体価格: ¥60.000

写真をクリックして 中の写真を クリックすると 拡大します。 


 カスピオ(露 カスピ海)
カスピ海は、中央アジアと東ヨーロッパの境界にある塩湖。世界最大の湖である。カスピの名は古代に南西岸にいたカス族あるいはカスピ族に由来する。カスピ海に近い現在のイラン・ガズヴィーン州都ガズヴィーンは同じ語源であると言われる。現代のペルシア語では一般に「ハザール海」と呼ばれるが、これは7世紀から10世紀にカスピ海からコーカサスや黒海にかけて栄えたハザール王国に由来する。
カスピ海
カスピ海
この湖に接している国は、ロシア連邦(ダゲスタン共和国、カルムィク共和国、チェチェン共和国、アストラハン州)、アゼルバイジャン共和国、イラン(マーザンダラーン州など)、トルクメニスタン、カザフスタンである。
主な流入河川にはロシア平原を縦断し北西岸から流れ込むヴォルガ川、その名の通りウラル山脈に端を発し北岸へと流れ込むウラル川、西岸のアゼルバイジャンより流れ込むクラ川、西岸のダゲスタン共和国から流れ込むテレク川などがあり、流入河川は130本にも上るが、流れ出す河川は存在しない。これらの流入河川から流れ込む水量は年間300km3に及び、そのうち240km3はヴォルガ川から流入する水である。この流入分のほとんどはカスピ海上での大気中への蒸発によって失われる。カスピ海への降雨の5倍の水量が、蒸発によって空気中へと放出される。
カスピ海沿岸で最も大きな都市は、アゼルバイジャンの首都バクーである。バクーはアブシェロン半島の南岸にある港湾都市で、12世紀から都市として栄え、18世紀にはイランとロシアの争奪が繰り返された。現在でも港湾都市かつ交通の要衝であるが、バクー最大の産業は石油産業である。バクー周辺にはバクー油田が広がっており、19世紀には世界の石油産業の中心として栄え、中東地域などの油田開発によってシェアの下落した現在でも、石油はバクー経済に重要な地位を占めている。バクーはカスピ海沿岸唯一の首都、ならびに唯一の100万都市である。
ベルーガ(オオチョウザメ)
ベルーガ(オオチョウザメ)
カスピ海では漁業も盛んであり、ロシアの内水面漁業の漁獲高の4分の1を占める。イワシ類や、ニシンの近縁種であるアロサなどの漁獲が多いが、カスピ海で最も経済的価値の高い魚はチョウザメ類である。カスピ海には多くのチョウザメ類が生息するが、なかでもベルーガ(オオチョウザメ)、チョウザメ、セブルーガ の3種のチョウザメが経済的価値が高く、3種ともその卵はキャビアとして加工されている。カスピ海はキャビアの本場であり、ロシア・イラン共に名物として名高く、両国の重要な輸出品となっている。20世紀中盤頃にはカスピ海におけるチョウザメの漁獲量は全世界の80%を占めていたが、乱獲によりその個体数は減っており、専門家は数が回復するまで捕獲を完全に禁止することを提唱している。これを受け、2008年にロシアがカスピ海におけるチョウザメの5年間禁漁を提案し、2010年11月18日に5年間の禁漁でカスピ沿岸のロシア、アゼルバイジャン、イラン、トルクメニスタン、カザフスタンの5か国が合意した。

カスピ海ヨーグルト(粘り強い)
カスピ海ヨーグルト
○ コレステロールの減少(マウスのデータ)
○ 便秘改善(ヒトのデータ)
○ 食後の血糖値上昇抑制(マウスのデータ)
○ アトピー性皮膚炎(アトピー性皮膚炎モデルマウスのデータ)


シェル(貝)スプーン付

バブル吹き込み 手工芸品 100%手作り 
世界最初のクリスタル ヴェネツィアンクリスタッロ 18世紀 ナポレオン戦争の荒廃を受け 千数百年の歴史を 閉じようとしたのを惜しみ 19世紀 ムラノ島に職人養成学校を興し 復興を成し遂げたサルビアティ工房 そして今や フランスのエスプリも 加味して。

サルビアティ・ヴェネチアン   

【カスピオ】 キャビアクーラー アメジスト φ17cm 本体価格: ¥60.000→¥42,000
カスピオ キャビアクーラー ライラック 64627



ヴェネツィアン・グラスは、イタリア北東部ヴェネト州の州都・ヴェネツィアで作られるガラス工芸品の地域ブランドである。
ヴェネツィアン・グラスは鉛を含まないソーダ石灰を使用する事が特徴で、コバルトやマンガンなどの鉱物を混ぜることで様々な色合いを表現することが出来る。 混ぜた鉱物により硬度が変化し、赤色のものが最も硬度が高い。
高い装飾性も特徴である。基本的な製法はソーダガラスを使用した吹きガラスであるが、空中で吹くことにより極薄に吹き上げる技法や、グラスを細く引き伸ばしそこに竜や花や鳥などをモチーフにした複雑な装飾を施すなど、「軽業師の妙技」と呼ばれる高度なテクニックが用いられる。グラス作成に熟練した職人をマエストロと呼ぶ。
ヴェネツィアン・グラスの発祥は、13世紀中世ヴェネツィア共和国が ガラス製造に乗り出したことに始まる、とする見解もある。しかしトルチェッロ島からは7世紀ないし8世紀のガラス工房跡やガラスが発見されている。ヴェネツィアン・グラスの正確な起源は謎に包まれている。 ヴェネツィア共和国は当時最も進んだ技術を持っていたアンティオキアと協定を結び、原料や燃料さらにはガラス職人までをもヴェネツィアに移した。これによりローマ帝国-イスラム時代から発展してきたガラス技術を取り入れ、応用することでヴェネツィアン・グラスの技術は発展を遂げていった。
しかし元々原材料や燃料を自国で産出できない土地柄であるヴェネツィア共和国は、ヴェネツィアン・グラスの技術が原材料の豊富な国々に漏れコピー製品が作られることを恐れたため強力な保護政策を取った。 1291年には全てのグラス工房のムラーノ島への強制移住を決定。グラス職人やその家族・販売者を島に住まわせ、島外に逃げる者は厳しく罰し功績を挙げたものには手厚い褒賞を与えるという法令を発令した。 これにより狭い島の中に工房が密集したため技術の切磋琢磨が進みグラステーブルやシャンデリア、鏡など様々な名品が作られた。
一方でこのような厳しい保護政策の下でも逃げ出す職人はおり、各地に散らばりガラス技術を伝えた。このような職人達の教えにより他の地方で作られたヴェネツィア様式のグラスをファソン・ド・ヴニーズ(ヴェネツィア技法)と呼ぶ。
ルネサンス期の15世紀~16世紀にはその繁栄は頂点に達した。 ヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」はムラーノ島から連れ出された12人の職人が作成したと言われている。 この時代に一番力を注いだ技法がエナメル装飾で、貴族達は華麗な絵付けの施されたガラス製品を持つことがひとつの社会的ステータスとなった。 またこの時代に透明度の高い無色透明のガラス(クリスタッロ)の製法が確立された。これは他国には無い技術であり、(その精巧な技術による薄さは毒を入れると割れるという噂も手伝って王侯貴族の間で取引されたとも言われる)。ヴェネツィアン・グラスの代表的な装飾技法となったアイス・ガラス(ア・ギアッチョ)やレース・ガラスの発明もこの時期に開発された。ただし、この時期はガラス職人が法の網の目をかいくぐって海外に流出した時期ヴェネツィアン・グラスが海外に広められた時期でもある。17世紀・18世紀には、ヴェネツィア風のガラス製品がヨーロッパ中で大流行した。 現在でもムラーノ島では多くの工房が軒を連ね、豊かな伝統技術を親から子へと受け継いでいる。

清水で買う 焼き物の 99%は 清水焼ではないと言っても 過言ではありません。銘は 「清水」であって 「清水焼」ではありません。本当の清水窯(現在 窯の1部は 丹波に移っています。)で焼かれたものは お湯呑1つで 2~3万以上もします。
同じく ヴェネツィアで売られている ヴェネツィアンクリスタッロも ほとんどが 量産された お土産品です。本当の100%手作りの手工芸品は  ムラノ島に有る4軒の工房と フランスに移ったサルビアティ工房だけです。奇しくも 1000年の歴史を同じくするボヘミアクリスタルも ブランクから作れる工房は ボヘミアに4軒しかありません。 

45,360円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索