カテゴリー

全件表示 (5109) 福袋 (6) 新入荷商品 (145) 祝体育の日フェア (83) 祝ハロウィンフェア (25) アウガルテン (89) アビランド (396) アラビア (5) ウェッジウッド (1104) エインズレイ (50) エルメス (147) クラダリング/クリスタルダルク (6) クリストフル (92) サルビアティ (59) ジョルジュボワイエ (25) スポード/ダッチェス (27) スワロフスキー (88) バカラ (248) ビレロイボッホ (10) ビングオーグレンダール (18) フッチェンロイター (60) ブルガリ・ローゼンタール (36) フュルステンベルグ (3) ヘキスト (22) ヴェルサーチ・ローゼンタール (48) ヘレンド (429) ボヘミア (65) ホヤ (17) マイセン (488) ミントン (41) メニュー(デンマーク) (7) ラリック (6) リーデル (5) リチャードジノリ (856) その他 (1) 赤にわとり/ オロディドッチア (7) アクアレール / ストレッサー (9) イントラ/ ジオカルティン/ ジュエリー/ デルフィー (9) アガサブルーフラワー (29) アマデウスジャーダー&ブルー (27) アマデウス・トリオンフォ・イタリアーノ (12) アマデウスの唄 ジャーダー (18) アマデウスの唄 トラメ (16) アマデウスの唄 ブルー (21) アラゴスタ/ フィッシュデコー (13) アンティックローズ (8) アンティコ・エデン/ チェリー/ ミレーラ (14) イタリアンシーン(フィレンツェ) (14) イタリアンフルーツ (31) インペロフルーツ (13) ベッキオフルーツ(ペルージャ)/ ヴァル・ド・オルチャ (13) イヤー/ ナタールプレート (1) インペロカメリア (15) インペロジュリエッタ (18) インペロスカラ (8) インペロダイヤモンド (3) インペロミストラル (16) インペロメッシュ(ポルトフィノ) (5) インペロイェロー (12) インペログリーン (12) インペロブラック (21) インペロブルー (9) インペロロッソ (12) インペロ色々 (20) エルバ/ カプリ (7) オリエントエクスプレス (7) ガーデンローズ (4) カポデモンテ (7) カラーコレクション (2) グランデューカ (12) クリッパー (16) サボイア家 森の果実 (1) サンタマルガリータ/ 手作りの花 (2) ジオポンティ・ファンティニ・フィグレ・ムーゼ (3) ジャルディーノブルー (6) ジュビレオコレクション (21) シリウス座/ ヌヴォラアイリス (16) ヅッカ/ ボルドオロ (2) トスカーナ (16) パールブルー (2) ピノキオ (2) ピンク・ブルーのチューリップ/ りんごの花 (11) ファルダ / インテリアデザイン (6) ファルファッレフィオリータ (2) プリマヴェーラ (5) プリンセスローズ (11) ベッキオ・グレース (1) ベッキオ・ジェンマ(翡翠) (21) ベッキオ・フィオーリ(レバント)/ヴェルディ (10) ベッキオ・ホワイト (89) ベネチアンローズ (7) ボルドーブルー (10) ホワイトアイリス (2) ホワイト・アンティコ/ デダロ/ ヴェラ/ ラゴ (4) ボンジョルノストロベリー (3) ボンショルノチェリー (15) ボンジョルノプルーン (10) マルコポーロ・ブルー/ レッド (4) ミュージオ・クラシコ (16) ミュージオ・パストラーレ/ フィオッコ (14) ミュージオ・ドッチア/ ローマ (2) ミュラレス(壁画)  (1) メダイオン (20) ラベロ (36) ローズブルー (15) ロイヤルブルー (2) ロゼリーニ (6) リヤドロ (55) レイノー (5) ローゼンタール (5) ロイヤルアルバート (61) ロイヤルウースター (28) ロイヤルクラウンダービー (21) ロイヤルコペンハーゲン (436) ロイヤルドルトン (37) ロイヤルベルリン・KPM (8)

リチャードジノリ 【インペロフルーツ】 23cmソースボート&スタンド 30%Off

  • 反対面 プルーン

    反対面 プルーン

  • ドッチア窯の金ロゴ

    ドッチア窯の金ロゴ

本体価格: ¥71.000


小さい写真をクリックすると 拡大します。

   
カレーソース用にも

ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、
ジャック・オー・ランタン
ジャック・オー・ランタン
子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある。
ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタンを作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては トリック・オア・トリート「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい「トリック・オア・トリート」。
カトリック教会の諸聖人の日がハロウィンに重なる形で設定されており、これを「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を取り込んだ」とする見解と、「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を潰すために設定した」とする見解とがある。いずれにしてもハロウィンは元々キリスト教の祭では無かったことが両見解の前提となっている。
ハロウィーンコスプレハロウィンコスプレ
ハロウィンコスプレ

サムハインからハロウィーンまで
古代ケルトのドルイドの信仰では、新年の始まりは冬の季節の始まりである11月1日のサムハイン祭であった。この収穫祭は毎年現在の暦で言えば10月31日の夜に始まった。アイルランドと英国のドルイド祭司たちは、かがり火を焚き、作物と動物の犠牲を捧げた。また、ドルイド祭司たちが火のまわりで踊るとともに、太陽の季節が過ぎ去り、暗闇の季節が始まった。11月1日の朝が来ると、ドルイド祭司は、各家庭にこの火から燃えさしを与えた。各家族は、この火を家に持ち帰り、かまどの火を新しくつけて家を暖め、悪いシー(ケルト神話の妖精。バンシーは女の妖精)などが入らないようにする。1年のこの時期には、この世と霊界との間に目に見えない「門」が開き、この両方の世界の間で自由に行き来が可能となると信じられていたからである。祭典ではかがり火が大きな役割を演じた。村民たちは、屠殺した牛の骨を炎の上に投げ込んだ。かがり火が燃え上がると、村人たちは他のすべての火を消した。その後、各家族は厳粛にこの共通の炎から炉床に火をつけた。
サムハインのケルト祭
サムハイン 
従来、ローマ人は11月1日頃に果実・果樹・果樹園の女神でリンゴをシンボルとしていた女神ポーモーナを讃える祭りを祝っていたと考えられており、紀元1世紀にブリテン島に侵入した以降はケルト地域にポーモーナの祭りをもたらしたと言われていた。
ハロウィンの行事としてダック・アップル(リンゴ食い競争)が行われるのはその由縁からと考えられ、またハロウィンのシンボルカラーである黒とオレンジのうち、オレンジはポーモーナに由来するとの説がある。また古代ローマの祖霊祭パレンタリアからの影響も指摘されている。ハロウィンの習慣は、イングランド南部では17世紀以降、11月5日の火薬陰謀事件の記念日(ガイ・フォークス・ナイト)に置き換わり、廃れた。しかしながら、スコットランド・アイルランド・マン島・ウェールズでは引き続き広く普及していた。
ハロウィンがアメリカの年鑑に祝祭日として記録されたのは19世紀初頭以降のことである。ニューイングランドのピューリタンなどはハロウィンに強く反対する立場であり、19世紀になりアイルランドおよびスコットランドから大量に移民が到着するまでは、ハロウィンが本格的に定着することはなかった。ハロウィンは19世紀半ばまで特定の移民共同体の内でだけの行事として行われていたが、徐々にアメリカの「主流社会」に受け容れられるように、20世紀初頭には、社会的、人種的、宗教的背景に関係なく、アメリカのほとんどの人々に受け入れられ、東海岸から西海岸へ広まった。そして、世界各国で軍事的・経済的に活動するアメリカ人が増えるのにともない、そうした場所で、アメリカ風のハロウィンの風習も広がることになった。

もう一人の遣欧使節 支倉 常長
支倉 常長は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。桓武天皇を祖先とする血筋でありながらも伊達氏の家臣として活躍。慶長遣欧使節団を率いてヨーロッパまで渡航し、アジア人として唯一無二のローマ貴族、及びフランシスコ派カトリック教徒となった。洗礼名はドン・フィリッポ・フランシスコ。
「支倉常長像」 17世紀 アルキータ・リッチ筆
「支倉常長像」 17世紀 アルキータ・リッチ筆(ボルゲーゼ宮保管)
慶長14年(1609年)、前フィリピン総督ドン・ロドリゴの一行(サン・フランシスコ号)がヌエバ・エスパーニャ副王領(現在のメキシコ)への帰途台風に遭い、上総国岩和田村(現在の千葉県御宿町)の海岸で座礁難破した。地元民に救助された一行に、徳川家康がウィリアム・アダムスの建造したガレオン船サン・ブエナ・ベントゥーラを贈りヌエバ・エスパーニャ副王領へ送還した。この事をきっかけに、日本とエスパーニャ(スペイン)との交流が始まった。
こうしたエスパーニャとの交流ができたことにより、常長の主君である独眼竜伊達政宗はヨーロッパに遣欧使節を送ることを決定した。遣欧使節はエスパーニャ人のフランシスコ会宣教師ルイス・ソテロを副使とし、常長は正使となり、180人から組織され、エスパーニャを経由してローマに赴くことになった。遣欧の目的は通商交渉とされているが、エスパーニャとの軍事同盟によって伊達政宗が倒幕を行おうとした説も存在している。
慶長17年(1612年)、常長は第一回目の使節としてサン・セバスチャン号でソテロとともに浦賀より出航するも、暴風に遭い座礁し遭難。再度 座礁したサン・セバスチャン号を譲り受けて修理し、ガレオン船サン・ファン・バウティスタ号として 慶長18年(1613年10月28日)に月ノ浦(現・石巻市)を出帆した。
慶長20年(1615年1月30日)にはエスパーニャ国王フェリペ3世に謁見している。その後、元和元年(1615年11月3日)にはローマ教皇パウルス5世に謁見した。また、その後もマドリードに戻ってフェリペ3世との交渉を続けている。
しかし、エスパーニャやローマまで訪れた常長であったが、この時すでに日本国内ではキリスト教の弾圧が始まっており、そのこともあって通商交渉は成功することはなかった。常長は数年間のヨーロッパ滞在の後、元和6年(1620年9月20日)に帰国した。
こうしてはるばるローマまで往復した常長であったが、その交渉は成功せず、そればかりか帰国時には日本ではすでに禁教令が出されていた。そして、2年後に失意のうちに死去した。 

ドッチア窯の 金ロゴ(ジノリの 誇りの金印)
リチャードジノリ代表高級認知品

インペロシェープ
ジノリを 代表する アンピール様式の花(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

メインには プルーンと 珍しいカボチャです。

カボチャ(南瓜)は、ウリ科カボチャ属に属する果菜の総称である。原産は南北アメリカ大陸。主要生産地は中国、インド、ウクライナ、アフリカ。果実を食用とし、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類を多く含む緑黄色野菜。
日本語における呼称は、この果菜が国外から渡来したことに関連するものが多い。一般にはポルトガル語由来であるとされ、通説として「カンボジア」を意味する Cambojaの転訛であるとされる。方言では「ぼうぶら」「ボーボラ」などの名を用いる地方もあり、これはやはりポルトガル語で、「カボチャ」や「ウリ類」を意味する abóbora (アボボラ)に由来するとされる。ほかに「唐茄子」「南京」などの名もある。 漢字表記「南瓜」は中国語: 南瓜 (ナングァ)によるもの。
英名は pumpkin (パンプキン)であると理解されている場合が少なくないが、実際には、少なくとも北米では、果皮がオレンジ色の種類のみが pumpkin であり、その他のカボチャ類は全て squash (スクウォッシュ)と総称される。したがって日本のカボチャは、kabocha squash (カボチャ・スクウォッシュ)などと呼ばれている。

1760年頃 豊なトスカーナの別荘用にとの 貴族の注文により ボッティチエリの 「 春 」 を思わす この銘作が 出来ました。
サンドロ・ボッティチェッリ1445年 - 1510年)は、ルネサンス期のイタリアのフィレンツェ生まれの画家で、本名はアレッサンドロ・ディ・マリアーノ・フィリペーピ といい、ボッティチェッリは兄が太っていたことから付いた「小さな樽」という意味のあだ名である。
初期ルネサンスで最も業績を残したフィレンツェ派の代表的画家。メディチ家の保護を受け、宗教画、神話画などの傑作を残した。
「プリマヴェーラ(春)」
『春(プリマヴェーラ)』には六人の女性と二人の男性とキューピッドが描かれている。右端には、羽を持つ男性(ゼピュロス)に背後から襲われている、透けるような白色のドレスを着用した女性(クローリス)が描かれている。この男性の頬は膨らんでおり、決然とした表情をしている。さらにこの男性のみ他の人物とは異なって、超自然的な容姿で描かれている。周りの木々は男性が巻き起こす風に煽られて左へと撓んでいる、男性に襲われている女性が身に着けるドレスも同じ方向に煽られているが、左隣の女性がまとうドレスは逆の方向にたなびいている。この花模様のドレスをまとって花冠を被った女性(後のフローラ)が、ガウンの襞に集めた花を振り撒いている(フローラのドレスの花柄模様に偽装されたメッセージが存在することが判明した。そのほかの証拠とともに『プリマヴェーラ』は、ルネサンス期フィレンツェの哲学者の中で第一人者だったマルシリオ・フィチーノが主導していた、古代ギリシア・ローマの神々の復活も意図していた)。
画面左側には半透明のドレスをまとい、手を取り合って踊る三人の女性(三美神)が描かれ、そのうちの二人はネックレスで身を飾っている。最上部のオレンジの木々を背景にして キューピッドが番える弓矢は、この三人の女性を狙っているかのように描かれている。さらにその左には、剣と兜を身に着けて真紅の布を身体に巻きつけた青年(マーキュリ)が、霞のような灰色の雲に向かって木の枝を突き出している。
画面中央には、ほかの人物たちから孤立しているような印象を与える女性(女神ヴィーナス)が描かれている。赤色のガウンと青色のドレスを身にまとったこの女性は、鑑賞者の視線をまっすぐに見つめ返している。女性の背後の木々はアーチ状に表現され、鑑賞者の視線を中央に集める役割を果たしている。周囲の風景は極めて精緻に表現されており、500種類以上の植物と190種類ほどの様々な花が描かれている。さらに描かれている190種類の花々のうち少なくとも130種類については、実在するどの花なのかを特定できると言われている。描かれている人物像について様々な説が唱えられてきたが「精妙な神話世界に肥沃や多産の寓意が込められている」という解釈が主流となっている。エレーナ・カプレッティは2002年の著書「ボッティチェッリ」で、現在の主流となっている『プリマヴェーラ』の解釈を次のように要約している。
この作品を鑑賞する流れは向かって右から左である。(春を告げる西風の神)ゼピュロスが3月の冷気を吹き飛ばし、ニンフのクローリスを拉致して自分のものにしようとしている。後に彼(ゼピュロス)と結婚した彼女(クローリス)は神の地位へと引き上げられ、春の女神となってバラの花を大地へと撒き散らしているのである。この場面はオウィディウスの『祭暦』を下敷きとしている。
パラケン
ボッティチェッリが描いた『パラスとケンタウルス』(1482年)。『プリマヴェーラ』と対になっていた作品

『春(プリマヴェーラ)』の全体的な画面構成は、当時人気があったフランドルのタペストリーによく似ている。
フランドル3
16世紀頃のフランス製と推測されるタピストリー

お店で イタリアンフルーツのソースボート&スタンドを 見たお客さんが 言われます。
美しいですね。カレーソースボートにしてもおしゃれですね

私は お答えします。
二人の甘い ? カレーソース用にもピッタリのサイズですね。ソースレードルがあれば二人のカレータイムはもっとゴージャス !
コレは 2代目 ジノリ侯が ジノリ窯継承の威信を世に問うた佳品で  貴族趣味の姫妃たちに 愛用され 二百数十年生き続けた 美術品です。コレを 美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 侯や 姫妃のお眼眼と 一体です。

知ってました ? ヨーロッパ大陸では ボートとスタンドがくっついてたって どこかの誰かさん二人みたいに !

【インペロゴールド】 18cmソースレードル
RG インペロホワイト ソースレードル

リチャードジノリ 【インペロゴールド】 18cmソースレードル 30%Off  のお求めはコチラ


類稀な 美貌と知性の女性は 鄙に生まれながら 自らの運命に従い 皇帝の妃に。
生まれながら 王家の姫は 運命られし縁に 時の王妃へと。

「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」 コチラをクリック してください。

「欧州磁器戦争史 (リチャードジノリ)」 詳しくは コチラをクリック してください。

53,676円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索