マイセン 【マイセンのバラ古作】  兼用C/S 26%Off  

  • ソーサー絵

    ソーサー絵

  • 反対面

    反対面

  • 把手面

    把手面

本体価格: ¥75.000


小さい写真をクリックすると 拡大します。                     

              
通常25%Off   祝新入学・入社フェア  (本日~04/15) 26%Off  

                
ms.jpg
ブランド箱 385円   ギフト包装用に正規代理店から購入      

フローラは、ローマ神話に登場する花と春と豊穣を司る女神。
オウィディウスの説によると、彼女はかつてクローリスという名のギリシアのニュムペーだった。しかし、春の訪れを告げる豊穣の風 西風の神であるゼピュロスによって イタリアに攫われ、誘拐後に自らの罪を悔いて 彼女を神の地位に押し上げ 以後フローラは 花の女神になったという。
ゼフィアとフローラの勝利 ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ 1734〜1735年
ゼフィアとフローラの勝利
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ(1696年 - 1770年)は、バロック最後期のイタリアの画家。彼は18世紀のイタリアを代表する偉大な画家であり、ヴェネツィア共和国の美術絵画の伝統を締めくくる最後の巨匠である。

また、フローラが 夫のユーピテルが 自分でミネルウァを産んだため 正妻としての面目を失った神々の女王ユーノーに 触れた女が 自然に子を身籠もる魔法の花を与え 戦士神マールスの誕生を助けたという説話も残されている。

(解説1) ユーピテルは、ローマ神話の主神である。また最高位の女神であるユーノーの夫である。 時として女性化・女体化して女神となり、その姿がディアーナであるという言い伝えもある。ユピテルとも表記され、英語読みのジュピターでも呼ばれている。
ラテン語のユーピテルは、比較言語学の研究により、インド=ヨーロッパ祖語の父なるディェーウス〔天空神〕からの派生と推定されている。本来は天空の神、転じて気象現象(特に雷)を司る神とされた。
ユーピテル ユーノーティティス
『ユピテルとテティス』 ジャン=オーギュスト・ドミニク・アングル 1811年 グラネ美術館
(テティスは、ギリシア神話に登場する海の女神である。英雄アキレウスの母である。テティスはアキレウスの名誉のために、ゼウスにトロイア軍の味方をするよう懇願するのである。オリンポスにやって来たテティスはゼウスの前に座り、左手で膝に触れ、右手でゼウスのあごに触れながら懇願した。テティスはゼウスの気を惹くために自身の魅力を最大限に利用しており、衣服がはだけた身体は上半身だけでなく臀部もほとんど露わになっている。彼女の乳房はゼウスの膝の上にあり、上目づかいにゼウスを見上げているが、ゼウスは心を動かされる様子はなく、彼女を見ようとしない。2人の背後にはゼウスの正妃ヘラ(ユノ)が描かれており、2人の様子に気づいたヘラは何事かと見守っている。ゼウスはしばらく沈黙していたが、テティスが再び懇願すると、困った顔をしながらもそれを聞き届けたという)
ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル(1780年- 1867年)は、フランスの画家。19世紀前半、当時台頭してきたドラクロワらのロマン主義絵画に対抗し、ダヴィッドから新古典主義を継承、特にダヴィッドがナポレオンの没落後の1816年にブリュッセルに亡命した後、注目され、古典主義的な絵画の牙城を守った。
ユピテルは後にギリシア神話のゼウスと同一視される。実際、ともに古いインド・ヨーロッパ語系神話の天空神に起源を有する。『リグ・ヴェーダ』のディヤウスや北欧神話のテュールとも起源を同じくするとされている。
ローマ神話においては主神として扱われ、古代ローマではローマ市の中心にユーピテル神殿が建立されて永くローマの守護神として崇められた。戦争においては、特にユーピテル・フェレトリウスという呼称で一騎討ちを守護する神として崇敬され、一騎討ちで敵の将軍を破ったローマの将軍は、スポリア・オピーマという敵の将軍の鎧を樫の木に縛った勲章をユーピテルに奉献した。ローマ帝国皇帝ディオクレティアヌスは国への帰属心が薄れつつあることを危惧し、皇帝権力の強化と愛国心の定着を図るため、自らをユーピテルの子であると宣言、皇帝礼拝と合わせ民衆にローマの神々を礼拝することも義務づけた。
死を汚れとみなす考え方があったため、ユーピテルの祭司長は死体を見ることを禁止されていた。

(解説2)オウィディウス プブリウス・オウィディウス・ナソ(紀元前43年3月20日 - 紀元17年)は、古代ローマのアウグストゥスの時代に生きた詩人。代表作は『恋愛術』、『変身物語』など。紀元1年ごろ(一般に 紀元元年だが ISOや天文学的には 0年があるので 紀元2年になる)、ギリシア神話を参考にして『恋愛術』を書いた。しかし余に露骨な性描写が多かったため、実際に読んだアウグストゥス帝が激怒し、8年、黒海沿岸の僻地であるトミス(現在のコンスタンツァ)へ一生流された。)

(解説3)ニュムペーは、ギリシア神話などに登場する下級女神(精霊)である。山や川、森や谷に宿り、これらを守っている。英語ではニンフと呼ばれる。なお、ギリシア語の普通名詞としては「花嫁」や「新婦」を意味する。
その一方、粗野な妖精とする伝承もあり、人間の若者に恋をし、しばしば攫っていく。このため女性の過剰性欲を意味するニンフォマニアという言葉の語源となった。
「ニンフとサテュロス「ウィリアム・アドルフ・ブグローニンフの誘惑
 「ニンフの誘惑 サテュロス(半人半獣)」 19世紀フランスの画家 ウィリアム・アドルフ・ブグロー
ウィリアム・アドルフ・ブグロー(1825年 - 1905年)は、フランスの画家。19世紀フランスのアカデミズム絵画を代表する画家で、画風は新古典主義の流れを汲む伝統的なもので、キリスト教、神話、文学などに題材をとった構想画のほか、肖像画を数多く残している。構図や技法はアカデミックなものだが、官能的な裸婦像、可憐な子どもの像、憂愁を帯びた若い女性の像などに独特の世界を築いている。甘美で耽美的な彼の画風は当時の人々の好みに合ったと見え、生前には彼の名声は非常に高かったが、20世紀以降、さまざまな絵画革新運動の勃興とともにブグローの名は次第に忘れられていった。再評価されるようになるのは20世紀末のことである。

サテュロスは、ギリシア神話に登場する半人半獣の自然の精霊「欲情の塊」である。そのサテュロスでさえニンフォマニアの欲情の嵐を前にして 尻込みをするかにブグローさんは描いています。

バラの女性 エミール・ヴァーノン
「バラと女性」 エミール・ヴァーノン (1872–1919) フランスの画家        

お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

先日 長野県・松本のお客さんがお買い求められお送りしたところ 
客) 百貨店のカタログに載っているピンクのバラは54.000円なのに アインさんのは 81000の3割引きで56700円で買いました.。
店) アインのはマイセンのバラで 一般店は勿論百貨店でも買えないものです。(もし違いが判らないのなら)どうぞ返品してください。
客) 折角送ってもらったのだから48.000円にして欲しい。
店) この作家さんのマイセンのバラは 一般のピンクのバラより倍ほどする美術品です。どうか返してください。
   無事帰ってきました.。嬉しかったです。これは今では作ってもらえないかもしれませんから !!

こだわりの 岡本 笥椎(ジュンスイ)
家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあらば 椎の葉に盛る 有間皇子 万葉集 巻二(一四二)
(私の号する笥椎とは 華やぐ器 実用の器を意味します。まあ茶碗というところです。)

あるご夫婦のお客さんから
「アインさんは 他所にない良い物をたくさんお持ちですが あまり有名にならないでいてほしい。買いたいものが色々あるのですが 自分たちは そんなに余裕がないから 少しずつしか買えないので あまり有名になられて どんどん売切れていくのが心配です。」と言われました。当店の返事は「大丈夫ですよ。宣伝広告するぐらいなら その広告代をいつか巡り合うお客さんに還元したいので 宣伝広告したことありませんから」でした。
でも宣伝の力って凄いですね。宣伝して有名になると高くても売れるんですから !

当店のホームページを見て新潟から来られたお客さんが「有る筈のないものが本当にあるんですね ! ご主人様は これらをどうして集められたのですか ? 」と目を輝かせて聞かれます。
私は「売るのが下手で残っているだけですよ」と言いますと お客さんはあっけにとられた顔をしておられました。
なんかもう少し苦労話をしてあげればよかったのにと 今は反省仕切りです。本当に売りたい半分の売り惜しみは大変ですのに !!
手持ちの不動産を売っては 洋食器を仕込み 耐震力のある店舗倉庫ビルを買い求め 大好きな洋食器を大切に展示備蓄しておりますが 一生の仕事と一所懸命「楽しく」頑張っております。今では この高級ブランド洋食器の世界では 品揃え世界一と羨ましがられております。

当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。

バラと女 
バラと美女

オランダ花卉画
17世紀初頭の花卉画は、ブーケは花の集合体としての描き方で、ポートレートスタイル、平面的でしたが、次第に明暗法を取り入れ立体的になり、光と影の遠近効果が表れます。 その後は、さらにいくつかの花にスポットライトをあて、際立った陰影をつけるライティング効果で描きます。茎の曲げや向きなど、自由自在に思うようにつくりあげ(プラスチック効果)、更なる陰影で奥行きを深めて宇宙空間をも表現します。 デザインにエレガンスが加わり、花はたおやかに、動きはキャスケードにえがかれ、芸術的にリズミカルなアラベスク、18世紀には超現実主義な絵となりました。
花カゴ ヤン・ファン・ハイスム (オランダ1682-1749)
花カゴ ヤン・ファン・ハイスム (オランダ1682-1749) 黄金期の作品。

オランダでこの時代に活躍した画家の一部は、マイセンで磁器の花の絵付けに携わることになります。

エンツゥィーステッドハンドル
ケンドラー作 ノイエ・アウスシュニット型

マイセンバラ絵の中で 最もポピュラーな バラのブーケ
やはり花はマイセン。学校を出て 親方(マイスター)に弟子入した ペインターの卵達が 
まず 最初に習うのが お花の絵です。一人前になっても 自然のお花を 工房に飾って 
写生に 精を出します。マイセンでは お花を描くのは 旨くて当たり前なのです。 

ピカピカの 新品です。 現品 即納

当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。

ピンクのバラ ロゴ
「ピンクのバラ」 ロゴ
「ピンクのバラ」 他店
今作3
今作 色浅く 平面的で 絵も小さく淡いパステル調です。

「マイセンのバラ」 当店
MS マイセンのばら コーヒー (1)
古作 色濃く 立体的で 絵も大きく重厚でいて鮮明です。
マイセンのバラ ロゴ
「マイセンのバラ」 ロゴ
バラ絵名人のサインナンバー 457 (双璧のもう一人 454)
型番 印刻 
一般の染付双剣ロゴ
マイセンの誇り 金ロゴ (奥ゆかしく小さいが 見えますか ? )

3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。
業を煮やしたマイセン特別委員会はキルヒナーを解雇決定しました。

「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-3」 詳しくは コチラをクリック  してください。

日本においては小さな人形の類がフィギュアと呼ばれている。この場合 フィギュリンが相応しいのでは ?

インドサイ
インドサイ 1732年原作。2010年 復刻  H28cm。 \3.780.000
アブラハム・デ・ブルンの銅版画を手本にしたので「デューラーのちび角」がある。

マイセン 【2005年世界限定】 マイスター限定作品 踊る白狐 H33cm 25%Off  のお求めはコチラ

MS 2005限定 999984 78955 ダンシングフォックス(raku)
当店所蔵 マックス・エッサー作 H33cm 850,500 円 比べてみてください。

マイセン 【フィギュリン】  天球上の穢れ無きマリア・72075 H44cm 25%Off  のお求めはコチラ  

MS 天球上のけがれなきマリア(raku)
天球上の穢れ無きマリア H44cm  当店所蔵
これがキルヒナーのインドサイと同値(\3.780.000)と聞けば どう思いますか ?
それもここから25%Offするんですよ。


61,050円

在庫数 : 4
注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索