ロイヤルベルリンKPM 【復刻ベースコレクション】 金銀綿菅文 H27cm 25%Off

  • 背景 暗

    背景 暗

本体価格: ¥70.000


小さい写真をクリックすると 拡大します。 


ユーゲント・シュティール は、フランス・ベルギーのアール・ヌーヴォーに対応する言葉で、ドイツで刊行された美術雑誌『ユーゲント』に由来し、ドイツ圏の世紀末芸術の傾向を指す語について説明しています。広義のアール・ヌーヴォーと同じ意味の言葉でアーツ・アンド・クラフツ運動以降の世紀末美術、ガウディの建築など世紀末を中心とした各国の美術の傾向を総称する用語は「アール・ヌーヴォー」に詳しい。
ユーゲント・シュティール 1896年に刊行された雑誌『ユーゲント』に代表されるドイツ語圏の世紀末美術の傾向を指す。「青春様式」と表記されることもある。19世紀末から20世紀の初頭にかけて展開し、絵画や彫刻のほかにも、建築、室内装飾、家具デザイン、織物、印刷物から文学・音楽などに取り入れられた。
19世紀末頃になると新古典主義などに代表される歴史回帰・折衷様式は「悪趣味」と言われるようになり、芸術家たちはそれまでにない新しいスタイルを求めるようになった。フランツ・フォン・シュトゥックらによって1892年にミュンヘン分離派が結成され、旧来の芸術を批判し新たな芸術を志向する活動が展開される。この運動はその後ベルリンやオーストリアにも波及し、ウィーン分離派(1897年結成 グスタフ・クリムトら)やベルリン分離派(1899年結成)の活動につながった。
当時ドイツ世紀末芸術の中心地であったミュンヘンで刊行された『ユーゲント』は、イラストレーションの多い大衆的な雑誌であった。石版刷りの斬新な表紙や都会的で若々しい感覚のイラストレーションが評判になり、爆発的成功を収めた。ここから「ユーゲント・シュティール」(青春様式)という言葉が生まれた。やがてミュンヘンやベルリンを中心にした若い芸術家による芸術運動の傾向全体を指して「ユーゲント・シュティール」と呼ぶようになった。
1899年には、ヘッセン大公であったエルンスト・ルートヴィヒの招聘によりダルムシュタットに芸術家村「マチルダの丘」が形成され、ドイツ語圏におけるユーゲント・シュティール運動の中心的役割のひとつを担った。
ユーゲント 雑誌2
美術雑誌 『ユーゲント』
アール・ヌーヴォーという言葉はパリの美術商、サミュエル・ビングの店の名前から一般化した。この言葉で狭義にベル・エポックのフランスの装飾美術を指す場合と、広義にアーツ・アンド・クラフツ以降、世紀末美術、ガウディの建築までを含めた各国の傾向を総称する場合とがある。国によって次のようにも呼ばれているが、これらの様式の大部分にはそれほど大きな違いはない。 「ティファニー」(アメリカ合衆国。ルイス・カムフォート・ティファニーの名による)、「ユーゲント・シュティール(ドイツ。雑誌『ユーゲント』から)、「ウィーン分離派」(オーストリア)、「ネーウェ・クンスト」(オランダ)、「スティレ・リベルティ」(イタリア。リバティ百貨店から)、「モデルニスモ」(スペイン)、「スティル・サパン」(スイス)、「スティル・モデルヌ」(ロシア)、「モダン・スタイル」(イギリス)など。フランスでは、アール・ヌーヴォーは批判者からは、特徴的なアラベスクなフォルムから「ヌイユ様式」(麺類様式)、またエクトール・ギマールにより1900年に実現されたパリ地下鉄のこの様式の出入口から「メトロ様式」などとも呼ばれた。
グラッセ「三人の女と三匹の狼」
グラッセ「三人の女と三匹の狼」
ウジェーヌ・グラッセはスイス生まれのデザイナー。パリの華やかな、いわゆるベル・エポック(良き時代)に、特にポスターのデザインで活躍した。モダンで流麗な装飾性は、アール・ヌーヴォーの代名詞、ミュシャにも影響を与えたという。
アール・ヌーヴォーは、19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に開花した国際的な美術運動。「新しい芸術」を意味する。花や植物などの有機的なモチーフや自由曲線の組み合わせによる従来の様式に囚われない装飾性や、鉄やガラスといった当時の新素材の利用などが特徴。分野としては建築、工芸品、グラフィックデザインなど多岐にわたった。
第一次世界大戦を境に、装飾を否定する低コストなモダンデザインが普及するようになると、アール・デコへの移行が起き、アール・ヌーヴォーは世紀末の退廃的なデザインだとして美術史上もほとんど顧みられなくなった。しかし、1960年代のアメリカ合衆国でアール・ヌーヴォーのリバイバルが起こって以降、その豊かな装飾性、個性的な造形の再評価が進んでおり、新古典主義とモダニズムの架け橋と考えられるようになった。ブリュッセルやリガ歴史地区のアール・ヌーヴォー建築群は世界遺産に指定されている。

1880年 時代は アール・ヌーヴォーですが バロック時代の シノワズリです。
中国壷
中国壷
1880年 原作者不詳 中国壷をモデルに 1991年 復刻版 H27cm
京都にあった代理店さんが廃業のおり 当店が憧れのKPMを割愛いただきました。
このベース は 1991年 某有名百貨店で開催された「KPMベースコレクション」に復刻された選りすぐりのものです。

KPMとは 王立磁器窯 (キングス ボースレイン マヌュファクトリー)
今でこそ KPMといえば ロイヤルベルリンとイコールですが 本来 マイセンや フュルステンブルグや ニュンヘンブルグ等も 
王立磁器窯ですから KPMを 名乗っておりました。

KPM は、今日でも工場制手工業である。すべての磁器(食器セットとフィギュア)は、手作りで装飾画はフリーハンドで描かれている。

復刻作家サインロゴ 
KPM 金銀草花(ウラ)
製品マークは、選帝侯ブランデンブルクの紋章からきているコバルトブルーの 王の笏がすべての製品に付けられている。更にすべての装飾されたKPMの磁器は、絵職人のマークと絵付けマークが描かれている。

1763年 7年戦争 戦勝終結の年 フリードリヒ大王は ロイヤル・ベルリン窯を 設立しました。荒廃した国家再興に 大王は 美術磁器の制作に 自ら携わり ジャーマンロココを確立し 巨利を得たのです。

欧州磁器戦争史 KPM(王立窯) ロイヤル・ベルリン-1,2,の詳細 はこちらをクリック
ウェッジウッド 1,2, リチャードシノリの次にあります。



56,700円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索